高校では、一般的に

  -COOH と -OH の結合

がエステル結合だと教えられるのですが、硝酸エステルのような

  酸と -OH の結合も エステル結合

だということを知りました。しかしそこで疑問に思ったのですが、

  -COOH + -OH → -COO- + H2O

において、取れた水分子に含まれる O は、-COOH に含まれていたものだと聞きました( O の同位体で構成される、 -COOH を用いた実験によるらすぃ。)

それでは、では、酸と -OH のエステル結合は、何ものなのですか?

-COOH と -OH とのエステル結合とは、違うものなんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

rei00 です。



 不適切な表現があったようですので,修正版を回答いたします。

 une_pyon さんがエステルの定義を述べられていますが,「化学辞典」(東京化学同人)及び「理化学辞典 第5版」(岩波)を調べてみました。

 これらの記載によると,「エステル」とは『酸とアルコ-ルから水を失って生成する化合物』と『理論上これに相当する構造をもつ化合物』です。で,その例としてカルボン酸エステル( RCOOR' ),スルホン酸エステル( RSO2OR' ),無機酸エステル(無機酸 HA (A = Cl, NO3, 1/2SO4, 1/3PO4, 1/2CO3 など) がアルコ-ル R'OH と脱水縮合したもの R'A)が挙がっています。

 いかがでしょうか。基本的には une_pyon さんがお書きの通りですが,ハロゲン化アルキル(R-Cl 等)も,ハロゲン化水素酸のエステルだそうです。
    • good
    • 2

No.1で回答しましたume_pyonです.



私もさきほどは多少混乱していまして,その後エステルについていろいろと調べてみました.

>つまり、エステル反応は、ちょっとひねくれてかくと、
>-OH を持った酸と ヒドロキシルキ-OH の脱水反応
>ということですか?

はい,そう捉えていただいても99.9%はOKでしょう(残りの0.1%については後述します).


Fischerが提唱したエステルの定義は,rei00さんがおっしゃっているとおり,
「アルコールのOR基がカルボン酸のOH基を置き換えてできたもの」
というものです.これは言い換えれば私がNo.1で回答したもの,そしてnininiさんが理解している内容と同じことです.


では,ここで塩酸とアルコールの反応はどうなるのか.

CH3-O-H + H-Cl --> CH3-Cl + H2O

確かにH2Oが発生していて,一見するとエステル反応にも考えられますが,上で述べた定義を考えると明らかに違うので,これはエステル反応とはいえません.

しかし,
「まてよ.硝酸とアルコールの反応でも,塩酸と同じように,硝酸のHとアルコールのOHが脱水して,
NO2-O-H + HO-CH3 --> NO2-O-CH3 + H2O
のような反応を起こすかもしれないのでは!?」

と考えてしまうかもしれません.しかし,そういうことはほとんどありえません.これについては大学レベルの知識が必要になってしまうので省略します.
結論だけいいますと,カルボニル基C=Oやその類似基N=O,S=Oをもち,かつ水酸基-OHも併せ持つ酸(つまり硫酸,硝酸,酢酸など)は,その-OHが外れやすいという傾向にあるといえます.
要するに,
「これらの酸によるエステル反応では,-Hだけが外れるよりも-OHが外れやすい」
と結論付けられます.

一方の塩酸は,塩酸自身は-OHや=Oなどを持ち合わせていないため,仕方なくアルコールの-OHをはずさざるをえませんので,エステル反応とは言えないのです.


-------------------------------------------------------------------
さて,最初で「99.9%」と申しましたよね.じゃあ残りの0.1%は何か?以下でそれについて説明します.
しかし!!
以下の内容はきわめて混乱を招きやすいので,一読して混乱してしまったら,いっそのこと忘れてしまってください.

その0.1%というのは,「三級アルコール(CH3)3COHの場合は,外れ方が異なる」
ということです.どういうことかと申しますと,
CH3COO-H + HO-C(CH3)3 --> CH3COO-C(CH3)3

となります.要するに,
「三級アルコールの場合だけは,アルコールの-OHと酸のHが脱水してエステル-COO-ができることがある」

ということです.なぜこうなるかは非常に説明が難しいので,また省略させていただきますが,これもエステルと命名されるようです.

こう考えると,エステルの広義は

「エステル結合-COO-,あるいはその類似結合-NOO-,-SOO-をもつものはエステルである」

といえるかもしれません(根拠はないのですが・・・).

しかし,これはあくまで例外です!基本定義は冒頭に述べたものでよろしいと思います.



◆いや~.エステル反応って,ホントに難しいですねぇ~◇
    • good
    • 0

 硝酸ではありませんが,硫酸で説明したペ-ジがありましたのでご覧下さい。



 なお,硝酸(HO-NO2)も硫酸(HO-SO2-OH)と類似の構造をしています。これらでは,カルボン酸の C=O 基が N=O 基(硝酸)や S=O 基(硫酸),P=O 基(リン酸)に変わっているだけで,基本的には同じ様に考える事ができます。

参考URL:http://www.geocities.com/yoshihitoshigihara/y_ch …
    • good
    • 0

結論から申しますと,-COOHと-OHのエステル結合と,硝酸エステルのようなものも,すべて同じ結合構成で,なんら変わりません.



nininiさんがおっしゃるとおり,エステル結合の基本的な定義は,
「酸に含まれるOHとアルコールに含まれるHが脱水してできたもの」
です.カルボン酸とアルコールのエステルについては理解しておられるようなので省略いたします.
同様にして,硝酸や硫酸,燐酸などの無機酸についても,エステルができます.例えば,硝酸とメタノールのエステル反応は,下のようにかけます.

NO2-OH + H-O-CH3 --> NO2-O-CH3 + H2O

この場合,たしかに-COO-は存在しませんが,上で説明した定義に従えば,確かにエステルと言えます.つまり,エステル中の-O-はアルコール由来のもの,水中の-O-は硝酸由来のものです.なぜこういうことになるかというと,硝酸の分子構造内に-OHが存在しているからです.同様に,硫酸や燐酸なども,化合物構造中にやはり-OHが含まれているので,同様の反応が予想されます.

あまりうまい文章ではありませんが,いかがでしょうか.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そういえばたしかに -OH がありますね。
ということは、酸は酸でも、塩酸などの、 O を持たない酸は
エステル反応しないのですか?つまり、エステル反応は、ちょっとひねくれてかくと、
 -OH を持った酸と ヒドロキシルキ-OH の脱水反応

ということですか?

お礼日時:2002/02/13 17:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qゾロの100人斬りっていつ?

ワンピースのゾロがバロックワークス相手に100人斬りをしたかと思いますが…あれってアニメだと何話目になりますか??

分かる方回答おまちしてます!

Aベストアンサー

65話だったと思いますが。

Wikipedia - ONE PIECE(アニメ)
http://ja.wikipedia.org/wiki/ONE_PIECE_(%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1)

| 64話 海賊歓迎の町? ウイスキーピーク上陸
| 65話 炸裂三刀流! ゾロVSバロックワークス
| 66話 真剣勝負! ルフィVSゾロ謎の大決闘!

Qα-アミノ酸は同一炭素に-NH2、-COOHが結合

質問です。

教科書、参考書を読んでα-アミノ酸は同一炭素に-NH2、-COOH、-Hが結合しているものだと理解しました。

ですが、私の持っている本では全て
「α-アミノ酸は同一炭素に-NH2、-COOHが結合したもの」
と書いてあります。

この説明だとα-アミノ酸はR-R'-C-NH2-COOHというように炭素に水素以外の炭化水素基が結合する可能性があるので不適切だと思います。

同一炭素に-Hが結合していることを意図的に説明していないように思うのですが、何か理由があるのでしょうか?

お手数ですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

kamonanbaさんのおっしゃるとおりです。若干補足しますと
天然のα-アミノ酸は20種ということを参考書などで見たことが
ありませんか?
こういった記述を裏返して意味を取れば、天然には存在しないアミノ酸
があるということです。すなわち、kamonanbaさんのおっしゃるように、
α炭素にその他の官能基がさらについたり、置換基Rが例えばエチル基
だったりしてもです。
「α-アミノ酸は同一炭素に-NH2、-COOHが結合したもの」、これがα-アミノ酸の定義となります。
つまり、α-アミノ酸の数は無限にあるということです。

Qエーテル結合 エステル結合 アミド結合

主要な官能基はだいたい~~基という名前なのに
エステル結合、エーテル結合、アミド結合 は~~結合という名前ですよね
エステル基などという場合もありますが多くはエステル結合などとよんでいますよね

これはなぜですか?
素直にエステル基、エーテル基、アミド基と呼べばいいのと思うのですが?

もしかして「エステル結合」は官能基の名前ではなく結合自体を指しているのでしょうか?

Aベストアンサー

一般的に、アルボニル基とかアミノ基というのと同列でエステルやアミドを語る時にはエステル基とかアミノ基と言うことが多いと思います。

それに対して,エステル結合とかアミド結合という場合には、たとえば、ポリエステルとかペプチドのように、小さい単位をつなげている官能基と言う主旨で使われることが多いので、それをつなげている官能基と言う意味でエステル結合とかアミド結合と使うんじゃないですか。

個人的にはエステル結合という言い方はほとんどしませんし、アミド結合にしてもタンパク質とかポリアミドの場合ぐらいです。だとすれば、生体高分子とかポリマーを扱う人はエステル結合やアミド結合という言葉の使用頻度が高くなるでしょうし、低分子を扱う人はエステル基(単にエステルと呼ぶことが多いですが)とかアミド(基)と呼ぶことが多くなると思いますよ。

要は、官能基と見るか、構成単位をつないでいる原子団としてみるかの違いじゃないですか。ある意味、単なる習慣と言ってもいいのかもしれませんけど。

Q-OHに酸クロライド(-COCl)を反応させて、エステルを作りたいと考

-OHに酸クロライド(-COCl)を反応させて、エステルを作りたいと考えています。塩基として、脱水ピリジンを用いているのですが、反応性は乏しく、強い塩基を考えています。トリメチルアミンを考えたのですが、脱水のものが販売されておらず、出来るだけ早急に対応したいので、何か購入できるもので、よい脱水塩基はありますでしょうか?

Aベストアンサー

一般的に普通のアミンはあまり好ましくありません。そもそもピリジンを使うことにはそれなりの理由があります。単なる塩基ではありません。つまり、まず、ピリジンのアシル化が起こり、それがアシル化剤として作用することが重要だからです。

立体障害などの理由で、ピリジンでは反応が進まない場合には、ピリジンにN,N-ジメチル-4-アミノピリジン(DMAP)を添加するのが、いわゆるセオリーです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/N,N-ジメチル-4-アミノピリジン

Qエステルの命名法

エステルの命名法について伺います。

大きな括りとしての「硫酸エステル」は「a sulfate ester」「a sulfuric acid ester」「a sulfuric ester」のどれが正しい、または一般的でしょうか?
同様に「酢酸エステル」「コハク酸エステル」「リン酸エステル」などについても同じ命名ルールが当てはまるのでしょうか?

ご存知の方、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>「-ate ester」という表記が正しいのか、それとも「- acid ester」、あるいはこれから「acid」を除いた表記が正しいのか

正しいかどうかと言えば、「どちらも正しい」と思います。
論文中では「-ate ester」の方が頻繁に使われるというだけです。
それは「紛らわしくなければ短い方が良い」という原則のせいです。

Q-O-O-結合について

-O-O-結合は基本的に不安定(H2O2など)と先生が言っていたのですが
詳しい理由を教えてください。

是非お願いします。

Aベストアンサー

正しい説明になるかどうかは知りませんが、電気陰性度の大きい元素は、その名のとおりマイナスの電荷を持ちやすく、それは言い方を変えればマイナスの酸化数になりやすい傾向があります。ところが、過酸化物では2個の酸素が電子を引き合うので、1本のH-O結合を通して電子を集める事しかできません。結果的に酸素原子は負電荷を持ちにくく、酸化数で言えばー1にしかなりません。そのために、何らかの化学反応を起こしてー2の負電荷を持とうとする傾向が大きいということでしょう。
同様の理由で、O2に関しても比較的不安定であり、酸素よりも電気陰性度の多きいフッ素の単体であるF2に至っては極めて不安定です。

Qショ糖脂肪酸エステルのヒートシール阻害の理由は?

食品用プラスチックフィルムのシーラントフィルム(熱融着フィルム)面にショ糖脂肪酸エステルを塗布し、シール(熱融着)して袋を作ることを考えています。
しかしショ糖脂肪酸エステルを塗布したフィルムはシールできませんでした。
グリセリン脂肪酸エステルやソルビタン脂肪酸エステルを同様の方法で塗布しましたが、こちらはどちらもシールすることができました。
何故ショ糖脂肪酸エステルだけがシールできないのでしょうか。
理由の分かる方、教えてください。
また何らかの方法によって、ショ糖脂肪酸エステルはシールすることができるようになるのでしょうか。色々用途を考えると、ショ糖脂肪酸エステルが良いので、これを使いたいと思っています。

Aベストアンサー

ショ糖脂肪酸エステルは、製造条件によって親水性から親油性までの幅広いHLB(Hydrophile-Lipophile Balance Value)のグレードが製造されています。特に高HLB品は親水性が高く、これは、ショ糖脂肪酸エステルには、脂肪酸と結合するショ糖1分子中のOH基の数が、他の乳化剤より多いためです。ショ糖脂肪酸エステルは乳化性能をはじめ、可溶化性能、油脂の結晶成長抑制能、離型性が良くなり歩留まりが向上する滑沢性能、耐熱性菌に対する抗菌性能などの多くの機能を有しています。

滑沢性能の高さあたりが、原因かと考えられます。低HLB品のショ糖脂肪酸エステルにすればシールできる可能性が高いと思われます。

QSO2+2H2O→(←)HSO3(-)+H3O(+)

SO2+2H2O→(←)HSO3(-)+H3O(+)が平衡状態にあるときに
水を加えて薄めると平衡はどちらに移動するのでしょうか????
水を少なくする方向、右向きに移動するのでしょうか????

Aベストアンサー

SO2というのは気体です。その溶解度をどう考えるかという問題がありますし、水に溶けた状態を考えるのであれば、SO2ではなくH2SO3と書くべきでしょう。
その辺りがはっきりしないので答えにくい(というより問題の妥当性に疑問がある)のですが、どうしても判断せよということであれば、右向きに移動するということになるのでしょうが、平衡定数自体が変化するわけではなく、SO2とHSO3-の比率に関して、後者が多くなる方向に変化するという意味です。

QIRで、エステル化を調べる

IR(赤外吸収分光)で、カルボニル基が存在すると、170カイザーあたりに鋭いピークが検出されるのはわかるのですが、カルボニル基がエステル化されると、その変化をスペクトルから知るにはどうすればいいでしょうか?

エステル化の前も、1700のあたりに強いピークがあり、エステル化の結果、ピークが鋭くなった気がするのですが・・。


ごちゃごちゃ書きましたが、ようは、カルボニル基(エステルではない)と、エステルの見分け方を教えてほしいんです。

お願いします。

Aベストアンサー

ka-ga-miさんこんにちは.
エステル化する前はカルボン酸だったのでしょうか.そうであれば,3000-2500の水酸基による吸収がなくなると思います.また,エステルタイプのカルボニル基の吸収の方が多少高波数側にシフトすると思います.

Qcooh-co-coohの名称

ズバリ、この構造の物質の一般名は?
ど忘れで、スッキリしません(^_^; アハハ…
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

A.No2さんのリンク先を拝見すると
別名称として「ケトマロン酸」と記載されています。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報