最新閲覧日:

私は去年短大を卒業したのですが、就職できないまま卒業しました。
今、就職活動中なのです。
卒業してからこの一年、バイトもせずに家の手伝いをしながら就活してたんです。
バイトは3ヶ月ほどの短期のバイトを一度しましたが・・・

で、次受けようと思うところが、「履歴書・職務経歴書郵送」と、なっていたので
すが、実務経験のない私も職務経歴を書かなければなりませんか?

もし、職務経歴書を送らなければならないときは、何を書けばよろしいでしょうか。
お願いします

A 回答 (4件)

どうしても、わからないことはプロに相談してみてはどうでしょうか。


人材紹介サービスなり転職エージェントなり。
無料だし。面談が必要だけど、それが嫌だったら面接とかもっとしんどいかも知れないですね。ブランク有ってもOKなところもあるようですよ。参考サイトご覧ください。
    • good
    • 0

職務経歴書は近頃の就職選考には大きな検討要素になってきています。


実際に実務で何をしてきたかが採用決定に大きく響いてくるからです。

最近は就職難ですので、卒業して就職活動を続けている方は沢山いるので、新卒と同じだとして職務経歴が無いことも不思議ではないご時世ですが、どこかでアピールするには使える手は使うべきです。
たとえ3ヶ月のアルバイト経験でも、アピール材料にすべきです。
また学生時代の何かアルバイトをしていたらそれも加えてみるのも手です。
そこで重要なのは、書き方です。
アピールの仕方とでもいうのでしょうか。

例えば、マックの店員をやっていたとき
「マクドナルドにて店員」
と書くのではなく
「マクドナルドにて、接客、店舗管理、売上集計、調理補助、清掃業務、シフト管理を経験。お客様との接客に於いて接客応対スキルを得る。○年○月優良サービス認定を受ける。期間3ヶ月」
と書くことによって、貴方の得てきた能力の片鱗が見えてきます。

アメリカ式のレジュメの基本原則である「嘘をついてはいないが誇張していない部分はどこにもない」ことを心がけましょう。

そこら辺の書き方は就職情報誌や就職情報サイトに例がありますのでそれを参考にするといいと思います。
また、ワープロを使って書くことをお勧めします。

また、3ヶ月のバイト経験については、期間をあえて記入しない方法もあります。
(まあ、一年やっていましたと言ってしまえばいいと思いますけどね。そのくらいの嘘は)
    • good
    • 0

書かなければなりませんか?と、言うよりも、書かないと面接まで


たどりつけない・・・・かもしれませんよ。

A社でアルバイト3ヶ月。以上。

なんて書いたら面接の時に、「では、あとの9ヶ月は何をして過ごし
ていたのですか?」と、聞かれ、答えを用意していかないと、どん
どん”答えずらい”質問が矢継ぎ早に飛んできて・・・・・

”職務”にこだわらなくてもいいと思いますよ。面接官が知りたい
のは、この1年間。rinrin_ranranさんが、”どのように”過ごして
いたか?ということなのですから。

面接官は、面接の短い時間の間に「この人といっしょに(同じ会社
で)働いたら、充実した仕事ができるだろうか?」と、考えています。
するとおのずから、この1年間に何を経験して、何を感じて、何を
悟ったのか・・・などに興味をいだくと思うのです。

面接官は、「去年どうして就職できなかったのですか?」などと、
涼しい顔して聞いてくるでしょう。ですから、職務経歴書に、
自己PRをぎっしり書いて行きましょう。

1年前も現在も、あくまで前向きに考えているという事。
3ヶ月のバイトで何を感じたのかという事。
毎日規則正しい生活をしていたという事。(?)
就職活動でいろいろ感じた事。

とにかく面接官の質問を全て想定して、答えずらいその”答え”を
全て書いて自己PRしたらいかがでしょう。

本屋さんに行って、面接の本を立ち読みしましょう。

この際書式は無視してもいいと思いますよ。職歴が多い人の場合は、
それなりに見やすいように考えなければなりませんが。

「御社に将来性を感じまして」なんて書いたら即アウトですよ。
    • good
    • 0

3ヵ月のアルバイト内容と、パソコン技能を記入する。

この回答への補足

と、いうことはやっぱり職務経歴書を書かなければいけないんですね。
職務経歴書初めて書くもので、もっと詳しく教えてください。
自己PRも書くんですか?

補足日時:2002/02/14 23:44
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ