はじめまして。

アメリカのブッシュ大統領がイランとイラクを悪の枢軸国と名指ししたことは、ニュースで報道された通りですが、イランとイラクって何を悪い事をしたのでしょうか?

確か過去には互いに戦争(イラン・イラク戦争)をしあった国だと思うのですが、その辺りの事情は今どうなっているのでしょうか?

正直いって中近東の国情はよく分かりません。(^_^;)
今は仲がいいのでしょうか?

ちなみに北朝鮮も名指しされましたが、こちらはある程度理解しております。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ちょっと自己レス気味ですが…。

基本的な事情は、最初の方が書いている通りだと思います。イラクが攻撃されても、イランが公式にアメリカを批判することはないでしょう。イラク(アラブ人・イスラム教スンニ派)とイラン(ペルシャ人・同シーア派)は、宗教的にも民族的にも、歴史的に仲がよいとは言えません。ただ、19?20世紀初頭では、このあたりを植民地にしていたイギリスなどが、民族対立を意図的にあおってきたという事実もあります。「枢軸」というと、この3国が同盟をしているかのような意味になりますが、そういうことはありません。もっとも、「北朝鮮はイランにミサイル技術を輸出している」と、アメリカは言ってますが・・・。真実は不明です。なお、前の回答で私が言いたかったのは、「アメリカの言い分を簡単に信じない方がよい」ということです。ご質問の趣旨には必ずしも応えていなかったですね。ゴメンなさい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

katsuosさん。再度のアドバイスをありがとうございます。
かえって恐縮です。^_^;

イラクとイランは宗教的にも民族的にも違ってたんですね!
歴史的にも仲がよくないとは初めて知りました。(^_^;)
隣国なのに不思議です。
いや、隣国だからそうなのかもしれませんね。

また何かありましたら色々教えてください。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/14 22:23

悪の枢軸というのはブッシュ大統領になって言っていることで、クリントンとか、その前の政権では言ってなかった。

また、「悪」というのは、アメリカのブッシュから見て「そう見える」ということに過ぎません。現に、フランスやドイツなどからは「言い過ぎだ」という声が出ていますし、小泉首相も「認識は必ずしも同じでない」と、国会で答弁しています。「悪いこと」かどうかを決めているのは、あくまでアメリカだけであることをお忘れなく。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
ブッシュ大統領が言っているということを認識しております。

お礼日時:2002/02/14 21:16

イランはアメリカとは革命(親米的なイラン王政が倒れたイラン革命)以来仲が悪いのです。

「アメリカに死を!」というスローガンの元、過激派がアメリカ大使館を襲撃するなどの事件が相次ぎ、現在に至っても関係の修復は試みられていません。その上、近年になってイランが独自に化学兵器を開発しているとの疑惑が浮上し、新たな火種を作っています。テロ組織や中東の麻薬密売ルートの温床だともいわれています。

イラクは湾岸戦争でアメリカが同盟国だとしているサウジアラビアやクウェートに侵攻、さらにイスラエルにもミサイルを打ち込みました(ここは記憶が不確かです)。最近も国連の核、化学兵器査察団の受け入れを何度も一方的に拒否するなど、挙動不審な振る舞いが不信感を招いています。
湾岸戦争後も停戦規則をたびたび犯し、アメリカ、イラク双方が戦火を交える事もたびたび起こっています。イラク北部に居住するクルド民族(イラン、イラク、トルコ等の山岳地帯に居住する流浪の民、長年にわたる迫害を受けている)の居住区に侵攻し、報復としてアメリカがミサイル攻撃をしたことも最近の事です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お詳しい回答をありがとうございました。
おかげさまで事情が少し分かってきました。

ところで、「イラクがアメリカの再攻撃対象になるのでは?」と新聞で報道されていたのですが、その場合、同じアメリカと仲がよくないイランはイラクの味方につくのでしょうか?
それとも、イラクとイランは仲が悪いのでしょうか??

お礼日時:2002/02/14 21:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q今更ながらの質問ですが、日本とイラン、日本とイラクの関係に、ついて、わかりやすくできるだけ専門的に、

今更ながらの質問ですが、日本とイラン、日本とイラクの関係に、ついて、わかりやすくできるだけ専門的に、知りたいです。今になって、情勢などに関心がでてきたので。関連する本などがありますか?あれば、教えて下さい。

Aベストアンサー

検索してみましたか?
  以下、とりあえずの基本形
 [大昔](いまのライン川のあたりに在住していたゲルマン人が東にむけて移動開始)→(途中・小アジア<現在のトルコ領>通過→アラブ人が少しいる地域<現イラク領北部>通過→ベルシャ人がたくさんいる場所(ペルシャ帝国のち現・イラン)通過→さらに東進→やがてインド北部でアーリアン(意味はエイリアンと同じらしい)として記録され、さらにのちインド全域でカースト制度ができる。)

 上記のように、このルート全域を理解するのは、民族の数それにともなう言葉の種類などを考慮すれば、多分研究者も少ないかまたはいないでしょう。わかりやすいようにはしたつもりですが、年代のズレなどがありますから正確ではありません。(例えば、小アジアがトルコという現在の国家になったのは最近の話で、トルコ共和国を創ったトルコ民族は昔は中国大陸に居たと言われています。つまり現在の朝鮮系と同根らしく、漢民族に押されて東と西に移動した結果が東のトルコ、西の朝鮮ということです。)

 さらには上段のゲルマン人の移動時期はインド=ヨーローッパ語族としての語源分析から、ヨーロッパ中央か南部から派出した際の『海』を意味する単語が全く違うことから推測されています。(つまり現在のゲルマン人は北の海を見、インドへ向かった連中は南の海を見たというわけです)

 上段の移動ルートはのちにアレキサンダーの東征と同じルートです(というより、ゲルマン人の移動をなぞっている。)。その時はペルシャ帝国を潰してますが、最初のゲルマン人の移動時に、さてペルシャ帝国というのがあったかどうだかはっきりしません。

 少し前に起きたユーゴスラビア内戦ですが、きっかけはおそらく統合なったドイツの情報部が画策したと言われています。で、地図で見ると最初のゲルマン人の移動とわりかし、重なっているように見えます。現在、ドイツがイランと結びつきを強めているという話もありますから、アメリカのパワーダウンにともなって、なにかあるかも…?

 以上ですが、おそらく日本でどれほどの専門家がいるのか全く見当がつきません。さらには日本語では絶望的でしょう。
 なのでせめてドイツ語で検索すると出やすいかと思います。以前Youtubeで、なんだったかドイツ語で検索して見たら、アングロ族がサクソン族の集落を急襲し、やがてアングロ=サクソンが生まれる様がドラマになっている映像を見たことがあります、(このあとキリスト教がはいって、国らしくなる)。

 とりあえず思いつく限りの検索(英独日本語)で、関連した言葉を導き出し、それらの原典を探すのが結果的に早くなりそうです。(ご存知かもしれませんがドイツ語は名詞をくっつけて大きな名詞にできますから、しゃべるんじゃなかったら、知っている単語を併記するだけで色々検索できます。例えば”レーダー”というお馴染みの言葉も、もとはドイツ語の略語ですから。)

検索してみましたか?
  以下、とりあえずの基本形
 [大昔](いまのライン川のあたりに在住していたゲルマン人が東にむけて移動開始)→(途中・小アジア<現在のトルコ領>通過→アラブ人が少しいる地域<現イラク領北部>通過→ベルシャ人がたくさんいる場所(ペルシャ帝国のち現・イラン)通過→さらに東進→やがてインド北部でアーリアン(意味はエイリアンと同じらしい)として記録され、さらにのちインド全域でカースト制度ができる。)

 上記のように、このルート全域を理解するのは、民族の数それにとも...続きを読む

Qイラク駐留米軍によるイラク人虐待問題について

どうして虐待の写真があるのですか?誰が撮ったの?

Aベストアンサー

私も不思議に感じていました。報道には一種のプロパガンダがありますので・・・。

昨日、英国BBCより以下の報道がありました。
なお原文をそのまま転載すると削除対象になりますので要約します。

- 英BBC放送は2日、イラク駐留英軍がイラク人を虐待している証拠として大衆紙が掲載した写真がねつ造である可能性を示唆した。写真の疑問点として

(1)写真の兵士が携行しているライフル(SA80mk1)が、イラク駐留軍に配備されていない
(2)イラク駐留兵がかぶっているのはベレー帽かヘルメットであり、写真の兵士のようなものではない
(3)写真に写っている軍用トラックは、イラクに配備されている型では無い
なお、特ダネ写真を掲載した大衆紙デーリー・ミラーは、イラク戦争に一貫して反対してきた。

以上の点がプロパガンダを目的として作為された可能性があるとして報道されています。なおこの報道自体もその真偽が不明なのは皮肉ですが・・・。

要は報道とは伝え手の意思が強く反映されるものであり、その裏事情を考慮して間引いて考えなければ真実は見えてこないと言うことに尽きると思います。

戦争とは情報戦(大衆の扇動)も含まれていると言う点も忘れないようにしたいものです。

私も不思議に感じていました。報道には一種のプロパガンダがありますので・・・。

昨日、英国BBCより以下の報道がありました。
なお原文をそのまま転載すると削除対象になりますので要約します。

- 英BBC放送は2日、イラク駐留英軍がイラク人を虐待している証拠として大衆紙が掲載した写真がねつ造である可能性を示唆した。写真の疑問点として

(1)写真の兵士が携行しているライフル(SA80mk1)が、イラク駐留軍に配備されていない
(2)イラク駐留兵がかぶっているのはベレー帽かヘルメ...続きを読む

Qアメリカ イランとイラク

アメリカは、
イランともイラクとも仲が悪いのでしょうか?

イランとイラクも仲が悪いけど、
アメリカもどちらとも仲が悪いという事でしょうか?

Aベストアンサー

アメリカは中東をうまく治めたいだけなので、どこかの国とズッと憎み合っているというわけではありません。仲が悪くなるのは米国から見た場合のその国の政治・政策が理由です。

1。イラン:革命後のイランは反米的政策を取っています。反イスラエルの立場から密かに核兵器開発を推進したり、陰で反イスラエルのテロ組織を支援しています (武器供与などを行っている模様です)。北朝鮮から武器開発で援助を受けているようですし、(私は不勉強ですが)ロシアともつながっているかも知れません。米国は核兵器開発の疑いを晴らすよう圧力をかけて外交交渉中ですが、なかなか誠意を見せないようで経済封鎖が解かれていません。

2。イラク:フセイン大統領は反米的政策(核開発をにおわせました)と反人道政策で米国に睨まれました。フセイン亡き後の新大統領の政治は宗派対立を煽る結果となり、テロ組織 ISIS (イスラム国) の跳梁を招いたため米国から退陣を求められました。現在の大統領は米国と協調して ISIS 退治に当たっています。米国から見るとイラクは有能な指導者がいないことが問題点ですが、宗派対立以外に民族対立(クルド人)を抱えていて治めること自体が難しい国のようです。日本の戦国時代のような状態なので、日本の家康のような優れた指導者が現れて欲しいところです。

アメリカは中東をうまく治めたいだけなので、どこかの国とズッと憎み合っているというわけではありません。仲が悪くなるのは米国から見た場合のその国の政治・政策が理由です。

1。イラン:革命後のイランは反米的政策を取っています。反イスラエルの立場から密かに核兵器開発を推進したり、陰で反イスラエルのテロ組織を支援しています (武器供与などを行っている模様です)。北朝鮮から武器開発で援助を受けているようですし、(私は不勉強ですが)ロシアともつながっているかも知れません。米国は核兵器開発の...続きを読む

Qイスラエルはなぜイランを攻撃しないのですか?

イスラエルはなぜイランを攻撃しないのですか?
イスラエルはかつてイラクの核開発を阻止する為、イラクの核施設を空爆しました。
同様に今回イランが核開発しているようですが、今のところ攻撃していません。
イスラエルにとってイラクの核もイランの核も同程度に脅威だと思うのですが攻撃しない理由は?

Aベストアンサー

 no.1です。
 >イラン・イラク戦争でも引き分け
 あの頃イランはホメイニ革命の直後でした。そのため内にもつ力をほとんど結集できなかったからです。当時中東最強とうたわれた、最新鋭のトムキャットを核とする制空力や中東唯一のホバークラフトだけの高速機動力などが、革命政権との資材の奪い合いや外交を断絶したアメリカからの部品供給の停止などで機能を停止していました。それに加えて、大統領だったバニサドルが、内紛を毛嫌いして中央を離れ、国境の司令部にこもったままで、要するに国力をまとめることができませんでした。
 対するイランはあのフセインによる独裁で、国を一体的に動かすことができていたので、指揮統制という面から見ればイランの勝利の方があり得る話でしたが、結局手詰まり。
 いまのところ国力を測る物差しはありませんが、つまるところ国を束ねる(マネジメント)のが政治の重要な仕事です。そのために様々な仕組みや、ノウハウがありますが、結局自ら実行し、経験した連中、つまり長い歴史を持つ国や自力で国家を編成した国に、やはり一日の長があることは否めません。
 最近アメリカのイラン攻撃の話題がマスコミなどで出ることがありますが、アメリカの統制が及ばないユーラシアの強国と、自ら海洋国家を任ずる2つの力のせめぎ合いの、いまは助走段階のように見えます。おそらく、こんな状態がだらだらとつづき、決着まで長い時間がかかりそうです。

 no.1です。
 >イラン・イラク戦争でも引き分け
 あの頃イランはホメイニ革命の直後でした。そのため内にもつ力をほとんど結集できなかったからです。当時中東最強とうたわれた、最新鋭のトムキャットを核とする制空力や中東唯一のホバークラフトだけの高速機動力などが、革命政権との資材の奪い合いや外交を断絶したアメリカからの部品供給の停止などで機能を停止していました。それに加えて、大統領だったバニサドルが、内紛を毛嫌いして中央を離れ、国境の司令部にこもったままで、要するに国力をまとめる...続きを読む

Qイランと米国、イランとイラクは、

(1)イランと米国は、
(2)イランとイラクは、

なぜ仲良くないのですか?

(3)
アメリカのミシガン州デトロイトあたりに行くと、中東とくに、イランやイラク人が多いです。英語話す若い人たちと全然駄目な老人がいます。すごくたくさんいます。他の州にはないような割合でたくさんいます。なぜですか

Aベストアンサー

(1)過去の宗主国英国と石油メジャーを抱える米国を中心とする西欧勢力は、イランを独立させる際に由緒のない王政をもってコントロールし様としました。その後その王政は2度倒されましたが、一回目は西欧側が結束した石油禁輸により復活させ、2度目のホメイニ師の宗教革命後も同様に禁輸等の圧力をかけ、同政権転覆の企てが行なわれました。イラン側も米国大使館占拠等で徹底抗戦し、宗教による結束も在ってか戦争も含む対外圧力に耐え抜いて現在に至っていますので、イラン側は当然米国を敵視しています。
(2)中東地区は回教の影響力が強い地区ですが、回教にはシーア派とスンニー派と言う2代宗派があり、両者は数百年に亘って反目しています。一般的に同地の支配者層はスンニー派が多く、イランの旧パーレビ王もそうでしたが、国民の大多数を占めるシーア派が転覆させました。従ってサウジ等周辺諸国はイラン革命を歓迎せず、前述の米国との反目をも勘案して、スンニー派のフセインがイランに侵略した訳です。その時米国はその侵略を積極支持し、武器等も提供したので当初はイラクは優勢でしたが、結束を乱さなかったイランが人口の多さと宗教心による特攻などで戦局を挽回、イラクは全面撤退に追い込まれました。元々イラク自体も多数のシーア派をスンニー派代表のフセインが押さえ込む形で成立していて、イラン侵攻当時の米国の支持を過信してその後政権浮揚のためクウェート侵攻により自滅して行きました。新国家成立直後に米国の手先となって来たイラクは、イランにとっては米国の次に憎い相手であり、国土の割りに人口が少ないイラクにとってイランは不安の種なので、両国の関係修復も中々進んでいません。

(1)過去の宗主国英国と石油メジャーを抱える米国を中心とする西欧勢力は、イランを独立させる際に由緒のない王政をもってコントロールし様としました。その後その王政は2度倒されましたが、一回目は西欧側が結束した石油禁輸により復活させ、2度目のホメイニ師の宗教革命後も同様に禁輸等の圧力をかけ、同政権転覆の企てが行なわれました。イラン側も米国大使館占拠等で徹底抗戦し、宗教による結束も在ってか戦争も含む対外圧力に耐え抜いて現在に至っていますので、イラン側は当然米国を敵視しています。
...続きを読む

Q【イラク問題】

イラク問題としてよくニュースに挙げられますが、一般常識として知っているべきレベルの話だとどれくらいの内容を知っていれば良いでしょうか?百科事典などだとたくさん書いてありどれを覚えればよいのかがわかりません。かいつまんで話していただけるとありたいです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

以下の問題を解ける程度で良いのではないでしょうか。

・イラク(国)、バグダード、サマーワのおよその場所を示せ(ちなみにイラクの場所を地図でさせない自民党員が問題にされたことがありました)(5点×3)
・米軍のイラク人虐待が問題となった収容所の名前を答えよ(5点)
・イラク戦争で主導的立場であった2カ国と国連、日本政府の立場を概説せよ(5点×2、5点、15点)
・日本の自衛隊イラク派遣を正当化する法律を挙げよ(5点)
・911の対応とイラク戦争を中心にブッシュ政権を激しく批判した話題作『華氏911』の監督名を述べよ。(5点)
・「ハイテク戦争」について簡単に説明せよ(10点)
・イラク戦争勃発の背景を次の項目に全て触れながら概説せよ。(911事件、核兵器、テロとの戦争、アルカイダとイラクの関係、サダム・フセイン)(30点)

50点以下だと赤点です。

Qイランとイラクは悪の枢軸国?

はじめまして。

アメリカのブッシュ大統領がイランとイラクを悪の枢軸国と名指ししたことは、ニュースで報道された通りですが、イランとイラクって何を悪い事をしたのでしょうか?

確か過去には互いに戦争(イラン・イラク戦争)をしあった国だと思うのですが、その辺りの事情は今どうなっているのでしょうか?

正直いって中近東の国情はよく分かりません。(^_^;)
今は仲がいいのでしょうか?

ちなみに北朝鮮も名指しされましたが、こちらはある程度理解しております。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ちょっと自己レス気味ですが…。基本的な事情は、最初の方が書いている通りだと思います。イラクが攻撃されても、イランが公式にアメリカを批判することはないでしょう。イラク(アラブ人・イスラム教スンニ派)とイラン(ペルシャ人・同シーア派)は、宗教的にも民族的にも、歴史的に仲がよいとは言えません。ただ、19?20世紀初頭では、このあたりを植民地にしていたイギリスなどが、民族対立を意図的にあおってきたという事実もあります。「枢軸」というと、この3国が同盟をしているかのような意味になりますが、そういうことはありません。もっとも、「北朝鮮はイランにミサイル技術を輸出している」と、アメリカは言ってますが・・・。真実は不明です。なお、前の回答で私が言いたかったのは、「アメリカの言い分を簡単に信じない方がよい」ということです。ご質問の趣旨には必ずしも応えていなかったですね。ゴメンなさい。

Qイラン軍の実力のほどは?

イラン軍の実力のほどは?
イラン、ペルシャ湾のホルムズ海峡で5種類のミサイル発射試験などを含む軍事演習
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn/20100426/20100426-00000229-fnn-int.html

イラン軍の軍事演習を見て、装備が近代的なのに驚きました。
米軍もてこずるほどの実力なのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは

> イラン軍の軍事演習を見て、装備が近代的なのに驚きました。

記事の説明では国軍では無く、革命防衛隊の演習となっていましたね。
映像でちょっと気になったのは ボクハマー(ボガマール・マリン)級高速
パトロール艇から対艦ミサイルらしきものが発射され、標的の艦船に見事
命中していたかの如くみえたのと、怪しげなものを抱えたダイバーが
エントリしているところですかね。

ただ、前者はどうも編集Magicのような気がします。(-.-)
こいつは小さな船ですんで(下記URL参照)対艦ミサイルのような"どで
かい"ブツ積んだら、ノロノロとしか機動出来ませんし、いいカモになって
しまいます。
あと、あんな派手なブラスト出しながら発射したら、はたして次は使い
物になるのかな? と心配したりして・・・(^^ゞ、
対して後者はブツをなにやら大事そうに抱えてましたんで、爆発物系で
ある可能性が高いです、どうやって使うんでしょうね~?"やや不気味"
ですね。(--;)

他は既知の装備のように見えましたので、特段"あらたな脅威"を呼ぶよう
なあたらしいモノは無いように思います。

> 米軍もてこずるほどの実力なのでしょうか?

今回の映像で紹介された以外のモノ、例えば特に潜水艦は、シコシコと
装備してますんで、ちょっとイヤらしいかもしれないです。
後はMRBM(中距離弾道ミサイル)ですかね~。

てこずる、ってほどでは無いかもしれませんが"決してあなどれない"って
とこじゃないでしょうか。

参考URL:http://www.harpoondatabases.com/Encyclopedia/Entry763.aspx

こんにちは

> イラン軍の軍事演習を見て、装備が近代的なのに驚きました。

記事の説明では国軍では無く、革命防衛隊の演習となっていましたね。
映像でちょっと気になったのは ボクハマー(ボガマール・マリン)級高速
パトロール艇から対艦ミサイルらしきものが発射され、標的の艦船に見事
命中していたかの如くみえたのと、怪しげなものを抱えたダイバーが
エントリしているところですかね。

ただ、前者はどうも編集Magicのような気がします。(-.-)
こいつは小さな船ですんで(下記URL参照)対艦...続きを読む

Qサダム・フセインの権力維持 フセインはイラン・イラク戦争で奇襲攻撃をかけたのに、戦況はイラン有利に傾

サダム・フセインの権力維持

フセインはイラン・イラク戦争で奇襲攻撃をかけたのに、戦況はイラン有利に傾いていき苦しい和平を結んでいる。
さらに湾岸戦争では連合軍にコテンパンにやられている。
イラクがシーア派人民が多く、フセインのバース党支持者がもともと少数派だったことを考えると、イラン・イラク戦争に敗北した時点で既にクーデターなどで権力を失っていてもおかしくないと思うのですが、なぜフセインはイラク戦争までの長期にわたり、権力を維持できたのでしょうか?
内政では有能だった?シーア派にも実は人気だった?わかりません。2度の敗戦は経済にも大きく悪影響を与えたはずで、軍や民衆が離反しなかったのは何故でしょうか。

また、湾岸戦争後に国連軍がフセイン政権を崩壊させずに休戦したのは何故でしょうか?フセイン政権が反米の危険な政権であり、中東の不安定化や安定した石油輸入に支障をきたすのは目に見えていた(実際にイラク戦争が起こっている)のに、あえて国連軍有利の状況で休戦し、イラクにおける選挙指導もしなかったのは何故でしょうか。
のちにイラク戦争を展開することを考えると、アメリカの足並みが揃っていない感じがします。

サダム・フセインの権力維持

フセインはイラン・イラク戦争で奇襲攻撃をかけたのに、戦況はイラン有利に傾いていき苦しい和平を結んでいる。
さらに湾岸戦争では連合軍にコテンパンにやられている。
イラクがシーア派人民が多く、フセインのバース党支持者がもともと少数派だったことを考えると、イラン・イラク戦争に敗北した時点で既にクーデターなどで権力を失っていてもおかしく...続きを読む

Aベストアンサー

イラクが国もどきだからですよ
部族集団の集合体でしかなくてそれを纏めるには
強力な力とカリスマが必要だった
湾岸戦争中も戦後もフセインの支持率自体は悪くなかった
まぁ、実際の所は解りませんがそれなりに国家運営出来てたのも
確かです。ついで言えばイラクにはイラクなりの理由が有って
クウェート侵攻したりイラン、イラク戦争したりしてました

湾岸戦争後の処置に関しては現在の混迷を見たら解ると思いますよ
国もどきの独裁者や権力集団排除して民主化したら
国内はぐちゃぐちゃになるに決まってます
話し合いで解決できない集団なんだから武器片手の親分が
必要なやくざ集団なのに親分排除したら権力争いで血を見るのは
当り前ですわね
そういった先を見れたパパブッシュはボンクラな倅より賢かったって事です

イスラム国にしても難民問題にしても中東地域の
文化的背景や土地柄無視して西洋列強の価値観を押し付けた結果です

Qイラク外交官殺害事件での車の鑑定

警察の鑑定では、窓の弾痕が真円に近いため、水平方向から
ガラス面に垂直に撃たれた、という結果だそうですが、
撃たれた車の窓は垂直から15~20度ほど傾斜して
取りつけられており、素人目に見ても、
それじゃ水平方向じゃないだろ! とつっこみたくなるのですが
この鑑定はおかしくないんですか?
あと、反対の窓に何の跡もついてないという疑問点に関しては
まともに説明もされていないし。

Aベストアンサー

おっしゃるとおりだと思います。

この車は防弾ガラスになっていなかったように思いますよ。  もしガラスが防弾になっていれば、ドアなどの車体も内部に厚い鉄板などで防弾装置を施すのが常識ですから (そうしないと、ガラスだけ防弾にしても何の意味もなくなる)、少なくとも中の人間が銃撃で射殺される事ってない、と考えるのが妥当でしょうねえ。 たしか三人とも射殺されたんでしょう?

防弾ガラスではないとして、もし鑑定どおり水平方向からの銃撃を受けた場合、、左の窓から右の窓へ貫通するはずですよね (右の窓だけ全て全開で高速走行していたのなら別ですが)。  右の窓ガラスに銃撃による射出痕はありましたかね、写真をみるかぎり?

今回の警察鑑定には、シロウトですが、納得できない部分が多いと思います。

また、事件当時の米軍・日本外務省の情報の交錯、事件後のクルマの扱いに対する不自然さ、被害者解剖後の発表情報の極端な少なさ、分析の異常な遅さ、などなど、どれをとっても米軍による誤射説を裏付けるものばかり ・・・。

それと、7.62mm 口径はカラシニコフに使用されるものって報道がありましたが、この口径って NATO 軍の標準にもなっていなかったでしたっけ? 当然、米軍も使用していますよね。 カラシニコフ使用=テロリストによる犯罪、と印象づけるのは、どうかしら?

なんだか、スッキリしませんねえ。

おっしゃるとおりだと思います。

この車は防弾ガラスになっていなかったように思いますよ。  もしガラスが防弾になっていれば、ドアなどの車体も内部に厚い鉄板などで防弾装置を施すのが常識ですから (そうしないと、ガラスだけ防弾にしても何の意味もなくなる)、少なくとも中の人間が銃撃で射殺される事ってない、と考えるのが妥当でしょうねえ。 たしか三人とも射殺されたんでしょう?

防弾ガラスではないとして、もし鑑定どおり水平方向からの銃撃を受けた場合、、左の窓から右の窓へ貫通するはずで...続きを読む


人気Q&Aランキング