まず、この質問はhttp://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=218232を踏まえたものです。すぐに締切りになってしまったため、あらためて自分の質問として呈上させてもらいます(質問者のnuoh氏、回答者のminatouri、trunkman両氏には失礼になりますが、他意はありません。かねてよりの私の疑問でもあるので、どうかご容赦ください)

「ようけ」という言葉の語源はなんでしょうか。「余計」かとも思うのですが、考えていくとあまり納得できないのです。
というのは、
(1)「余計」は江戸時代から使われだした割と新しい言葉です。一方の「ようけ」は方言ですから始まりははっきりしませんが、ようけ、ようけい、ようき、などという地方の広がりから見て、それよりは古いように思えます。
(2)「ようけ」は純粋に、沢山、という多さを表すだけですが、「余計」は多すぎて不要だ、という否定的なニュアンスがありますから、意味合いがかなり違います。

なら何なのか? と言われると私もわからないので、それをお尋ねしたいと思うのです。
私なりには、古語の「や」に関係あるのでは、という気がします(あくまで勘、ですが)。
「や」は「弥(やい)」の略で、「沢山」という意味を表しますよね。
(八雲、八入、八尺、八十島、八重垣、八百万…)
あて推量ですが、「沢山」「長期間」を意味する「やっと」と似た語源で、「八百気(やほけ)」とかいうような言葉がもとではないだろうか…などと考えているのですが(自信全くなし)。
是非ご専門の方に教えて頂きたいと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

『日本国語大辞典 第二版』で「ようけ」を引くと、「→ようけい」とあり、その「ようけい」を引くと、「余計(よけい)の変化した語」と書かれています。

意味は「たくさんなさま」。

「よけい(余計)」を引くと、「『余慶』から転じた語。『計』は後に当てたもの」とあり、第1の意味は「物の余ること。一定数量より多くあること」となっています。用例は1563年『玉塵抄』「典座がかいをにてくわせたぞ、かいのよけいあるを僧衆まらせたぞ」というのが挙げられています。否定的なニュアンスの「必要の度を越えて無益であること。不必要であること」の意味は3番目。用例は1869年の加藤弘之の文章から「いはば余計なことでござる」というものが最古。この辞書ではわかっている限りで文献初出の用例を挙げていますから、否定的な意味を持つようになったのは比較的新しい変化だと言えそうです。

純粋にこれだけの材料から推測するに、「ようけ」は、「余慶」から「余計」の意味が生じたあと、ただし「余分で不必要」の意味が生じる前、に方言として広まったものなのではないでしょうか。つまり江戸時代初期以降くらいの時期になります。

江戸時代初期に成立した言葉が西日本一帯に広まるかどうかについては、言葉そのものの類例は今思いつきませんが、例えば、近世小歌調と呼ばれる歌謡の形式(七七七五型。都都逸の形ですね)がその名のとおり近世になって発生し、18世紀中頃の全国民謡集『山家鳥虫歌』ではすでにほとんどの収録歌がその形式になっている、ということが参考になるかもしれません。現在の有名な民謡の多くもこの形式にのっとった形になっています。歌(の形式)がそれくらいのスピードで広まるなら、歌に乗せられる言葉だって同じ速さで広まるでしょう。

関西弁で「ようけ」という場合、単に「多い」というよりも、「予想以上に(あるいは通常よりも)たくさん」というニュアンスが入っているように思えます(私の個人的感覚かもしれませんが)。この点からも、「ようけ」が「余慶、余計」の末裔であるという説に、私は与したいと思います。

この回答への補足

ご丁寧な回答をありがとうございました。
「余計」を吉田金彦「語源辞典」(東京堂出版)でみると、「江戸時代から使われ始めた和製漢語」とあります。Aliasさんの引用例でいうと「余慶」(これは仏教語、ですかね)が「余計」に変わったことを指しているのでしょうね。確かに「余慶」は否定的ニュアンスでなく逆に結構だというニュアンスですね。「ようけ」はその変化の前に分化して一般に広まった、ということですね…。
私がこの言葉に興味があるのは、私が少年時代を過ごした地域では、「よけ」(強調する時は「ようけ」)、「やっと」、それに「ぎょうさん」が全て「たくさん」という同じニュアンスで使われていたからなのです。前2つの「や行つながり」が私の珍説の発想のもとだったのですが。
Aliasさんはこの「やっと」の語源については何かご存知ですか? 
私の知っている意味は「たくさん」ですが、「長い期間」という意味で使う地方も多いようですね。小学館日本国語大辞典(全20巻)には、「量が多い様を表す語、たくさん」とあり、方言として「えっと、やーっと、やっとー」などが挙げられていました。ここから「よーっと」「ようけ」への道が開けそうな(笑)誘惑にかられるのですが。

補足日時:2002/02/15 23:03
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
ふんどしを締め直してあらためますので、その節にはまたご教示ください。

お礼日時:2002/02/16 11:39

専門家ではありませんので突っ込まれても困るのですが・・・


私の田舎(九州東部)では「え言わん」「よう言わん」が並存しています。年寄りは皆、え言わん、え行かんというので、こちらが古いのでしょう。えもいわれぬ美しさの「え」に通じる打消しの「え」だと思います。

手元の古語辞典(三省堂 例解古語辞典)の説明:
え(副)(打消しを伴って全体で)できない、よくも・・・しない
とあり、更に、関西などで、よう来れん、よう言わんという「よう」にあたる言い方と説明が加えられています。これだけでは、「よく」から転じて「よう」になったのかどういか分かりません。しかし、答えられない時に必ず「よく」をつける必然性はない(yes,noで十分なときもある)のでよく→よう説にも疑問がのこります。これ以上はえ答えんので降ります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度もお付き合いいただきました。
「余計な質問にまでようけ答えてもろて、ようお礼言わんわ…。」という気持ちです(とてもお礼しきれない、という意味ですよ、蛇足ですが(笑)。
また出直しますね。その時にはよろしくお願いします。

お礼日時:2002/02/16 11:43

補足について。



予想以上に多いことのニュアンスの例:
*ようけとれたな(野山に行っての収穫、平均より少ない収穫の時はいわない)
*お前ようけとったな(わけまえ。一人前分より多く取ったとき)
*ようけとるなよ(余分にとるな、必用なだけ或いは分け前分だけ取れ)

言葉は長い間に原語がもつ意味の中から自分の生活スタイルに合うものが取捨選択され、広く伝播し時間の経過で変化すると思います。古語の打消しの「え」が「え言わん」「よう言わん」「えせん」「ようせん」「え行かん」「よう行かん」などと方言で特定の表現だけに使われるように、ようけも伝播した各地からニュアンスを調べれば「よけい」と関係があるかどうか、もっと明らかになるような気がします。自分の故郷だけにこだわらない方がいいでしょう。

この回答への補足

再度ご丁寧にありがとうございました。
おっしゃることはよくわかります。どうしても自分の言葉がそのまま世界になるのが方言の常ですね(笑)。
ところで脇にそれますが、「よう言わん」の「よう」は、わたしは勝手に「能く言わぬ」の「よく」が転じたものと思いこんでいたのですが…。「え言わぬ」だとすると「ゑ言わぬ」→「ゑう言わん」ということでしょうか(話がそれて恐縮ですが)

補足日時:2002/02/16 08:44
    • good
    • 0

ようけがよけい(余計)よりどの位古い言葉なのかわからないままの推量になりますが、aliasさんの説も参考にしながら語源は余計ではないかと思います。


ようけに含まれる「思ったより多い」ニュアンスは「余計」に結びつきます。余計の語義が
1)物が余ること 2)その他 3)無駄無益(余計物、者)4)ますます(余計反発する)など幅広いことから余計と漢字で書かれる事にこだわらず考えた方がいいのではないかと思います。

この回答への補足

どうもありがとうございました。
確かに「余計」がもとである可能性は極めて高いですね。

ただ、どうしてもひっかかるのは、私の中では「よけ」「ようけ」は単に「多い」「たくさん」であって、予想以上に、といった量の評価につながる意味は全くないんですよね。
例えば、「もっとようけゆうたれ」=喧嘩をはやしたてて、「もっとたくさんいってやれ」。また「よけはあげへんさかい、ちょっとだけやで」=たくさんはあげないから」といった具合です。
「余計」で納得できればそれですむのですが…。うーん。

補足日時:2002/02/15 23:50
    • good
    • 0

仰山(ぎょうさん)の変化です。

仰山は、たくさん、の意味です。
ようさん、と変化しても使われています。

この回答への補足

ありがとうございました。
できれば出典を教えて頂けますでしょうか。私が育った地区がそうなのですが、「ぎょうさん」と「ようけ」をほぼ同じような意味で同じように使っているものですから。

補足日時:2002/02/15 22:41
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/16 11:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q通信教育でCD講座を受けていますが…

通信教育でCD講座を受けていますが、学習時間の短縮のため、早送り再生機能のあるCDプレーヤーを探しています。早送りで聞くことのできる、持ち歩きに便利なCDプレーヤーを使っているかたがおられたら教えてほしいです。また、CDプレーヤーはなく、CDから他のものにダビングして(例えばipodなど)うまく活用されている方がいたら教えてください。
また、学習教材を再生して勉強したいと思っていますので、よく聞き取れるものでなければ困ります
その他、効率的な勉強方法をされている方がいたら教えてください。

Aベストアンサー

同じくCDやMPプレーヤーで通勤時間や仕事の合間に聞いていますが、早送りして聞くと聞きづらいなど、
あまり効果がない気がします。
どの様な内容の講座なのか知りませんが、例えば条文を読むだけだとか、あまりにも言葉が遅いなどの場合は別ですが。
確かに時間短縮にはなるかもしれませんが、それで知識が100得られるのに早送りする事により90しか得られないのであれば通常再生のほうが良いでしょうし・・・。

また、私はCDからパソコンに入れてMPプレーヤーにダビングしています。
節約の為、ヤフオクで3000円ぐらいで購入しました。
プレーヤー本体にUSBがついていて直接差し込むタイプです。容量は2Gだったかな?
中国産ですが、問題な使っています。
ただ、イヤホンがすぐに壊れてしまったので別の物に変えましたがw
音量も40ぐらいまでの設定があり、25ぐらいでも十分大きな音が出ます。

ipodも持っているので考えましたが、勉強用と分けたかったのでそうしました。

Q「ようけ」「ようさん」の語源

「ようさん」は「ぎょうさん」から転じたものだとわかるのですが、
「ようけ」は「ようさん」から転じたのでしょうか?
別の語源があるのでしょうか?

詳しい人、お願いします!(><

Aベストアンサー

私見ですが,「ようけ」は「余計」がなまったものではないかと思います.
自信は全然ありませんが…
「仰山」が「ようけ」に引っぱられて「ようさん」に変化したと言う説もあります.

Q黒人ブルースで代表的な人(長渕剛が影響を受けた)のCDを教えて下さい。

現在、長渕剛のルーツについていろいろ調べています。

ウディやボブなどの存在を最近知りましたが

もっと深く黒人ブルースについて知りたいと思い今回投稿致しました。

詳しい方どうか詳しく教えて下さい。

できればその人のCDなんかの情報も交えて願いします。

Aベストアンサー

>ウディやボブなどの存在を最近知りましたが

ウディ・ガスリーとボブ・ディランだと思いますが、
ブルースについてはフォークとジャンルが違い
彼が誰の影響を受けたかは全く判りません。

黒人ブルースについては、その範疇が広すぎて
(根ざした地域の違い等)レスがおぼつきません。
一般的に著名なのは、B.B.キング,マディ・ウォーターズ、
ジョン・リー・フッカー等ですが、Webで検索すれば
視聴出来ます。
CDもそのリリースされた数が半端じゃないので
ファーストステップ的にはオムニバスアルバムから
聴かれたらと思います。

個人的にはローウェル・フルスンがフェイバリットシンガー
です。

Q「パニック」という言葉の 語源 意味 その他何でも「パニック」に関すること訓えて下さい?

このカテゴリーでよろしいんでしょうか。

「パニック」という言葉はすでに日本語として定着していますが。
「パニック障害」という「病気」のパニック

の意味に「思うことがありまして」。

「パニック」という言葉の
1)語源
2)その他の意味
3)役に立つこと何でも
訓えていただけましょうか。

要領の悪いご質問ですみません。

Aベストアンサー

"panic" の語源である "Pan"(パーン)とは、ギリシア神話に登場する牧神で、
山羊のような姿を持つ伝令神ヘルメスの息子です。
熱情・恐慌を司る神としても知られ、人がパニック状態に陥るのはこの神の
しわざだと信じられてきました。

詳しくは参考 URL に要領よく書いてありますが、ある日テュフォーンという
怪物が現れ、あわてて川に逃げ込んだら頭が山羊、下半身が魚という
間抜けな状態になってしまったそうです。
パニックをもたらす神がパニックになるとは面白いですね。

ところで、
>「パニック障害」という「病気」のパニック
>の意味に「思うことがありまして」。

の「思うこと」とは?差し支えなければ教えていただけないでしょうか。
私自身パニック障害を抱えていますので、それがわかれば医学上の見地から
何か言えるのではないかと思います。

参考URL:http://www.himawari.sakura.ne.jp/~yumi/space/star/greece/cap-g.htm

Qレーシック手術をうけも、将来、白内障の手術を受けることはできるのでしょうか?

私は 40歳、女性。かなりの近視なので、レーシック手術を受けようと考えています。
年齢的にこれから近い将来、白内障になることが大いに考えられます。
レーシック手術をしていても、将来、白内障の手術を受けることはできるのでしょうか。
レーシック手術をして、近視は矯正できたとしても、将来白内障になった時、
手術をしたい・・と思っても、できない!ということになっては、どうしたものか・・・と、考えているのです。
ご存知の方、お願いいたします。

Aベストアンサー

レーシックの場合には角膜の表面の加工になりますので、水晶体が白濁する白内障に影響は余り無いはずです。
但し角膜の状態によりレーシック自体の適応が難しいケースもあるでしょうから納得が行くまで手術を受ける眼科で質問される事が必要です。

で、年齢的には既に老眼に差し掛かる頃です。
レーシックで視力矯正されると術後数年以内に老眼鏡が必要になりますね。
これも当然説明される事項でしょうが・・・

日本眼科医会では公式にはレーシックを認めていない様ですね。
それなりの専門グループは存在する様ですが・・・

NPO法人日本臨床医療レーザー協会
http://www.mla-jp.com/lasik/

Q「おいしい」と「かわいい」の語源は何ですか?

もしかして、その道のひとにとっては常識かもしれない回答OR全くの見当違いかもしれないですけど・・。
中国語で「おいしい」っていうと、hao chi(ごめんなさい漢字の出し方&声調表記の出し方分からないです)なんですけど、それが日本語の「おいしい」に聞こえる時があるのですが、もしかして日本語の「おいしい」ってhao chi がもとだったりしますか?(強引?)

あと、「かわいい」は「可愛 ke ai」 とかいいますよね。これも日本語の「かわいい」のもとですか?

それからもひとつおまけなんですけど、日本語の「はい」っていう返事は、
広東語の「係 hai」がもとだってどっかで聞いた覚えがあるんですけど、
ほんとなんですか?

以上三点でした!

Aベストアンサー

○「おいしい」
http://www.asahi-net.or.jp/~hy6t-ymgc/1-01a.htm
http://www3.kcn.ne.jp/~jarry/jkou/ii019.htm
http://www.asahi-net.or.jp/~hi5k-stu/bbs/bbs0110.htm
「おいしい」の語源は「いし(美し)」で、中世・近世には口語形「いしい」も用いられ、のち「お」を付けて「おいしい」となる。「いしくもおのおの申したり」(すばらしい、よくぞ言った)というように、出来の良いもの、美形の物を指した褒め言葉で「たいへんすばらしい」「よろしい」という意味。辞書には「中世女性語」として載っているようです。
因みに「いしいし(美し美し)」となると、「いや待ちなよ、江戸で団子のことを、美し美しといふから、おおかたコリャ団子であらう。(東海道中膝栗毛・十返舎一九)」のように団子を指すようです。

○「かわいい」
http://www.246.ne.jp/~bhaus/CCE/com41.html
http://home.alc.co.jp/db/owa/str_jpn_view?str_asn_in=1399
雅語「かははゆし」(顔映し)から来た「かはゆい」の変化。原義は、ほうっておけば悪い事態になるのをそのまま見過ごせない、の意(新明解国語辞典(三省堂)第五版)のようです。

○「はい」
http://homepage2.nifty.com/osiete/s478.htm
「歴史から生まれた日常語の由来辞典(東京堂出版)武光誠著」には次の説明があるようです。
「はい」の語源は極めて説明し辛い。正反対の二説があるからだ。「拝」が「はい」という丁寧な答えの言葉になったとする説は分かり易い。しかし、中世から江戸時代前半にかけて「はい」と同じ場面で「あい」や「えい」の語が遣われている。それらは、今日の「ああ」「ええ」といったぞんざいな返事に共通する。「あい」「えい」といった気が乗らない受け答えが訛って「はい」になったともとれる(歴史から生まれた日常語の由来辞典(東京堂出版)武光誠著)などの説もあるようです。

以上の様子ですが、語源・由来などは色んな説があるのが楽しいかも(^o^)

参考URL:http://homepage2.nifty.com/osiete/s478.htm

○「おいしい」
http://www.asahi-net.or.jp/~hy6t-ymgc/1-01a.htm
http://www3.kcn.ne.jp/~jarry/jkou/ii019.htm
http://www.asahi-net.or.jp/~hi5k-stu/bbs/bbs0110.htm
「おいしい」の語源は「いし(美し)」で、中世・近世には口語形「いしい」も用いられ、のち「お」を付けて「おいしい」となる。「いしくもおのおの申したり」(すばらしい、よくぞ言った)というように、出来の良いもの、美形の物を指した褒め言葉で「たいへんすばらしい」「よろしい」という意味。辞書には「中世女性語」として載っている...続きを読む

QOffice2000 CDキーが全角で入力できない

自作デスクトップパソコンです。Office2000のディスクを所持しています。インストールしますがユーザー情報ウインドウでCDキーを入力しますが半角でしか入力できません。全角で入力するにはどうすればよいですか。(半角入力ではうけつけてくれません)

Aベストアンサー

つい最近、Office2000をインストールしましたが、全角文字入力はありません。全角文字は、日本語特有となるので、インストール時の入力は、基本、半角文字です。

半角文字入力時に、何か見にくい数字を誤っていませんか?

Q数学「I」II「II」「III」「A」「B」「C」の違いについて

数学には、「I」「II」「III」「A」「B」「C」というような
いろんな種類がありますが、そもそもどうしてこのように
分かれているのでしょうか?

Aベストアンサー

文部科学省が「学習指導要領」で決めています。

指導要領が変わると、「I」「II」「III」「A」「B」「C」の区分も変わったりして、迷惑な話です。

参考URL:http://www.mext.go.jp/b_menu/shuppan/sonota/990301/03122603.htm

Q高校3年の娘が関西学院大文学部を受けて今日合格通知がきました わたした

高校3年の娘が関西学院大文学部を受けて今日合格通知がきました わたしたちは愛知県に住んでいて 西宮市はまったくイメージさえもできません 今年はあまり勉強してないから 雰囲気で 立教大と同志社大と関西学院大と明治学院大をうけ まだ立教大と同志社大の結果はまだですが もし行くことになったらと 不安でなりません ひとり娘ですし 知り合いもいません どんな雰囲気の学校でしょう?治安はどうでしょうか 不安で眠れず質問しました どうかよろしくお願いします

Aベストアンサー

まず、合格おめでとうございます!!!

自分は、西宮市民ではありませんが
関西の者です。

実は、僕も今年関学(文)を合格いたしました。
何度も関学には行っているのですが、
とても雰囲気が良く、落ち着いた大学です。

上ヶ原は高級住宅地であり、とても良い環境だと思います。
治安は良いと思います。(昨今の事、絶対ということはできませんが、)

新たな環境とは怖いと思いますが、
西宮は、そんなに不安に思うような街ではないですよ。

是非とも一度、関学にいらっしゃる事をお勧めします。

しかし、どうやら関学は、娘様の第一志望では無いご様子。
志望校に入れることが一番ですので、さらに合格お祈りいたします。

Q「~~です?」と「~~ですか。」という言葉の差ってなんですか。

日本のTVドラマとか娯楽番組などで、人に質問する時、
時々「~~です?」って「か」を略する場合を見ましたが、
「~~です?」と「~~ですか」という言葉のそれぞれのニュアンスってどう違うんですか。
そして、一般的な会話の中で、知らない人、あまり親しくない人、
目上の人に何かを質問する時、「~~です?」って言っても大丈夫ですか。
わかりやすい説明、お願いいたします。

Aベストアンサー

あまりよくない用法だと,個人的には思っています。
「こちらですか?」
「こちらです?」
「こちら?」
「こっち?」
「?」
やはり,きちんと述べるべきでしょうネ。
「か」を省略したりする場合というのは,かなり親しい間柄であり,質問の形をとってはいるが,確認のために念のために聞いているだけのようなニュアンスを感じます。
それ以上略すのは,いわゆる「タメ口」というものになってしまうでしょうネ。
「か」の省略。
妙に語尾を上げる喋り方。
妙に平坦な単語の発音。
いずれも個人的には不快感を感じます。
「ら抜きことば」のように明治時代にはすでに日常的に使われている地域が多かった歴史的な言葉については使ってもかまわないと思いますが…
以上kawakawaでした


人気Q&Aランキング

おすすめ情報