gooポイントが当たる質問投稿キャンペーン>>

アメリカ人の友人と琴欧州関のインタビューをTVで見ていた時のこと、私が「琴欧州って白人だよね」という質問にアメリカ人の友人が「スラブ系は白人ではない。琴欧州は白人に見えるかもしれないけど白人ではない。」と言いました。「ではスラブ系は一体何なの?」という質問に彼は「とにかく白人ではない。ジプシー系とでも言おうか。あまり深く考えるな。」と言います。もしスラブ系の人たちが白人(Caucasian)ではないというのなら、明らかに白人に見えるロシア人やチェコ人も白人ではないことになるのでしょうか?いくつかのアメリカのサイトでメンバー登録をする際に該当する人種をクリックする箇所があります。その中には Caucasian, Asian, African, East Indian, Latino, Middle Eastern, Native American, Paciffic islander, Other がありますが、スラブ系の人たちはCaucasian に該当しないのでしょうか?明らかに見た目が白人でも?以前北欧の友人と話していた時には「フランス人はラテン系だから白人じゃない。」とも聞きました。白人(Caucasian)とは一体どういう人たちを指すのでしょうか?教えてください。どうぞヨロシクお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

専門的なことでなく、簡単に答えさせていただきます。


そのお友達は「ちょっぴり差別する人」なんです。ブルガリア人(スラブ系)、フランス人(ラテン系、いわゆるアメリカで言うLatinoとは違います)が白人なのは明らかなのですが、ゲルマン系(北欧、イギリスなど)の人のなかには「自分たちこそ真の白人!」とおもっている方が多いんです。
 例えば・・・アメリカに住んでいた時、ベトナム出身の女の子を「ほら、ご親戚の国の方よ」と紹介され、何故か不快だった、変な自分がいました。要するに、当時の私の中には「アジア、とひとくくりにしないで、日本人とベトナム人は全然違うんだから」と言うのがあったみたいですね。ASIANと、カテゴリーは一緒なんですけどね。今思うとお恥ずかしい。

 ちなみに、スラブ系とジプシーは全く違います(笑)あまり知的ではない方ですね。深く考えるな、と言ったのは自分も知識が無いからきちんと説明はできないけど、とにかくアイリッシュの俺とスラブ系は一緒にするな、と言う気持ちがあったのでしょう。アイルランド系アメリカ人は厳密に言うとWASPではないのですが、そのように振舞う人、多いです。準WASPといったところでしょうか。

 白人と一口で言ってもそれぞれの思いが違うのでしょう。私たち日本人が「アジア系」とくくられて複雑なのに似てます。
    • good
    • 33

まず、できるだけ英語圏での正確な定義を知る為に、infopleaseのEncyclopediaにあるCaucasoidの定義(参考URL)を引用すると、以下の通りです。


The Caucasoid, found in Europe, N Africa, and the Middle East to N India, is characterized as pale reddish white to olive brown in skin color, of medium to tall stature, with a long or broad head form. The hair is light blond to dark brown in color, of a fine texture, and straight or wavy. The color of the eyes is light blue to dark brown and the nose bridge is usually high.
スラブ人については、明記はされていませんが、それ以外のモンゴロイド、ネグロイドではなく、Caucasoidに入るのは明白です。フランス人がCaucasoidであるのも言うまでもありません。

但し、Caucasoidの定義自体、中東の所謂アラブ人も含み、肌の色もPale reddish white(青っぽい、赤みがかった白?ってどんなんだ?)から、olive brown(なんとなくわからんでもない)まで含むものなので、Caucasoidと白人は、一応別の概念だと考えた方がよいと思います。

また、インド人が白人に属する、というのは、インド人がCaucasoidに属するからだけでなく、言語の面でも、ヒンドゥー語がヨーロッパ人の大多数が話すインドヨーロッパ語族に属し、ヨーロッパ人とインド人(正しくはアーリア系のインド人)は共通の祖先を持っているという有力な仮説の影響を受けていると思いますが、一般的には白人には入らないと思います。例えば、かつて悪名高かった南アフリカのアパルトヘイト体制では、インド人は非白人でした。それから、インドでの非アーリア系のドラビダ人については、Caucasoidとする説と、どれにも入らないとする説があります。

じゃ、白人って一体何なんだ?という事ですが、結局、参考URLにもあるように、人種区分は、ヨーロッパ人(白人)優越思想と深い関係にあり、人類学とか生物学とかいった学問とは別に社会的に作られてきた概念なので、厳密に言えば「人それぞれ」という事になってしまいます。例えば、上にあげたアパルトヘイト体制では、WhiteとEuropeanはほぼ同義でした。(日本人が、名誉白人という、ある意味人をばかにした区分で、法律上はWhiteに区分されていただけで、後はEuropean=White)
WhiteとEuropeanが同義と考えるならば、当然フランス人やスラブ人はWhiteになります。

もうひとつ蛇足に近くなりますが、参考URLにもある通り、生物学上の区分としての「人種」は、学者の中では今はあまり支持されていません。それは、遺伝子レベルで見ると、異なる人種間での共通性が非常に高くて、肌の色などは、膨大な遺伝子上の情報の中でのごく一部の差異に過ぎず、その一方で、肌の色の違いを重視するぐらいなら、同じ人種の中でも他にもたくさんの相違点があるからです。(わざわざ肌の色などの見た目の一部だけに注目する理由が無い為)

アーリア系インド人を例にあげると、最近の遺伝子学の研究には、現在アーリア族とされるインド人の中で、上位カーストは遺伝子上ヨーロッパ人との近縁関係が近く、下位カーストになるほどその近縁関係は薄れる、というものがあったと聞いています。これを説明する仮説としては、ヨーロッパ人に近いアーリア系インド人が、支配階層の上から徐々に混血していったという事が考えられます。
これは、「インドの人気女優さんは皆白人のような容姿をしてますよね。そういう人たちをインドの白人種というのでしょうか???」という質問者の方のコメントを裏付けるものではありますが、逆にアーリア族と(例えば)ドラビダ族の区分自体の意味が揺らいでしまいます。つまり、たまたま白人っぽい顔をした人をインド人の白人と呼ぶなら、白人は、偶々どういう遺伝子が表面に出てきたか、というだけで決まるものになってしまい、区分としての意味が薄れてしまいます。(No.2の方が言うように、白人っぽい顔の親から、そうでなさそうな子が生まれたら、人種が違うのか?それだったら、単に髪の毛の色が違うとか、目が大きいとか小さいとかと、同レベルの話になる)

尚、White(白人)に対応する言葉としては、Black(黒人)が考えられますが、今はアフリカ系とは言っても、(少なくとも公式には)Blackという言い方はしないので、European,Asian,Africanといった区別が多くなっています。(Caucasoid,Mongoloid,Negroidという人種区分とは、全く別の概念。)
そこをあえて、Whiteかどうか、と問い詰めるのは、本音が聞けて面白いかも知れませんが、かなりSensitiveな話題になる事もあるので、気をつけられたほうがよいかも知れません。

参考URL:http://www.infoplease.com/ce6/society/A0860612.h …
    • good
    • 12
この回答へのお礼

丁寧な解説ありがとうございます。とても勉強になりました。そうですね、「人それぞれ」ですよね。う~んしかし難しい。スラブ系・フランス系が白人の中に入ると私は前々から思っていましたが、アメリカ人や北欧の友人が「スラブ系・フランス系が白人ではない」と断固として言い張るのは一体何なんでしょうか?アメリカでは一滴でも他人種(例えばアジア・アフリカ系アメリカ人・ネイティブイアメリカン)の血が入ると「白人ではなくなる。=キアヌ・リーブス(古くはフィービー・ケイツ)は白人に入らない」と言う人がいます。ただ単なる差別なのでしょうか?と言っても今現在のアメリカ、彼らがいう「白人」(アングロサクソンやゲルマン)だけが掛け合わさった純粋な「白人」なんてそういないと思うのですが・・・

お礼日時:2006/06/07 13:35

辞書でしらべると




白人(Caucasian)
形態的特徴による三大人種区分の一。明色の皮膚、波状の毛髪をもつものが多く、鼻は幅狭く高い。北欧人種・アルプス人種・地中海人種・インド‐アフガン人種など。白色人種ともいわれる。類コーカサス人種。→ニグロイド →モンゴロイド

って書いてあるので、琴欧州も白人では?

ナチスが行った迫害ではジプシーやラテン系は白人ではないとしてますし…白人主義団体で有名なKKKもジプシーやラテンは白人ではないとしてますよね。

でも、私にはインド人って白人の部類に入ってるのがちょっと不思議。だって日本人より明らかに色黒いし^^。もちろんインド人の子は自分は白人だと言ってました。

でも昔…基本的に、肌の遺伝子で白人かどうか決まるって聞きましたよ。だから黒人と白人の間に生まれた子は…白人かもしれないし黒人かもしれない。

なんかややこしいよね。マイケルジャクソンってどうなってるんだろう^^;
    • good
    • 8
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。私もインド人が白人というのを聞いたことがあります。インド人はガンジーのような端正な顔つき(肌の色を白にしたら白人に見える)のアーリア系と肌の色がとても黒いタイプの2タイプに分かれると読みました。話が変わりますがインドには美人が多い!私はインドが世界一の美人の宝庫ではないかと思います。インドの人気女優さんは皆白人のような容姿をしてますよね。多分そういう人たちをインドの白人種というのでしょうか???

お礼日時:2006/06/02 16:08

それって「WASP(White Anglo Saxon Protestant)」のことを言っているのではないでしょうか?


確かにアメリカのみならず、白豪主義のオーストラリアでもスラブ系白人は白人としての扱いは微妙らしいですね。
アメリカでもWASP以外は少数民族というか、白人でも1段下に見られるようです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。その琴欧州を白人ではないと言ったアメリカ人はアイルランド系で、それを考えると彼はWASPのことを言っているわけではなさそうです。WASP以外は少数民族ですか・・・見た目だけだと、際立った特徴が無い限りアメリカにいる白人の民族を「誰彼はアングロサクソン、誰それはスラブ系」と分けることは不可能そうなのに。難しいです・・・

お礼日時:2006/06/02 15:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qゲルマン系、スラヴ系、ラテン系、アジア系、これらは具体的にどのあたりを

ゲルマン系、スラヴ系、ラテン系、アジア系、これらは具体的にどのあたりを指すのですか?
地域や「・・など」とかではなく、国名で教えて頂けないでしょうか?

Aベストアンサー

>国名で教えて頂けないでしょうか?

ゲルマン→ドイツ、オーストリア、
スラブ→ポーランド、チェコ、ハンガリー、スロベニアなどの国から東は全部です。全部言うのはしんどいので地図を見たらわかります。おおざっぱに言うと東ヨーロッパとロシアです。
ラテン→これは国が少ないので全部言います。フランス、イタリア、スペイン、ポルトガルそして何故か東に飛んでルーマニアです。
アジア系というのは日本人から見ると中国や韓国を思い浮かべますが、世界ではアラブもアジア系です。アジアはものすごく広いです。アジアは中近東や西アジアや中央アジア、東南アジア、東アジア、極東といろんな地域があります。

Q白人の定義

人種差別をする気は全くないのですが、アメリカなどで言うところの「白人」の定義は何なのですか?

私個人のイメージとしては「見た目」かな、と思うのですが、例えば今私がアメリカの白人男性(例を挙げると、典型的なブロンドでブルーの目の人とか)と結婚して、子供が生まれたとします。その子供がもしお父さん似で、名前を見ても日本人の血が混じっているとは思えない名前だったとしたら、その子だけ、またはお父さんと一緒にいるときに見た場合は白人として認識されるのでしょうか?

また、プエルトリコ系(だったはず…)のジェニファー・ロペスや、アイルランド系とベネズエラ系のハーフであるマライア・キャリーは大ざっぱに分けたら白人に入るのですか?

カテゴリー違いでしたらすみません。ご存知の方がいらっしゃいましたら、教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

使う目的によって定義が変わる言葉です。従って誰にでもいつでも使える定義はありません。学問的にはNo1.さんの説明どおりです。外国の辞典では血にふれず単に
肌の色で区別と説明しているものもあります。

アメリカではhispanicは厳密には白人扱いされませんが、それはhispanicは一般に混血していると信じられているからでしょう。しかし、hispanicの中にも人種的にはたくさんの白人が含まれます。逆に我々が白人と呼んでいる人々の中にも多くの混血が含まれています。

人種的に白人と信じる人々は白人を厳格に選別するでしょう。しかし、白人以外の、特に原住民、先住民族と呼ばれる人々から見れば、ヨーロッパ人や肌の白い(実際は白ではないが)人は全て白人と見なされます。

ということで専門の話をするとき以外は、あるグループが白人といえば、その人たちは白人になります。日常会話では白人は半死語であり、存在するのはアメリカ人、メキシコ人、インド人、日本人などです。

Qラテン系ってどこの国の人のことですか?

よく、明るくて陽気なタイプの人のことをラテン系とかラテン気質とか言いますよね。
私は「ラテン系」ってずっと何となく中南米(ブラジルとか?)とイタリア人のことだと思っていたのですが、
先日ここでフランス人もラテン系に入ることを知り、
ラテン系っていったいどこの国の人を指すのだろうと不思議になりました。
(フランス人はステレオタイプのラテン系というイメージではないので……)

はてなのキーワードでは
『イタリア・スペイン・フランスなどの南欧州の文化や人種を指す。
昔、スペインやポルトガルの植民地だった地域も含めて、ラテン系と称されることが多い。』
とあったのですが、具体的な国名はどこになりますか?

ご存知の方、どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

正確ではないかもしれませんが、ラテン系言語を主に使用している国かな、と個人的に思いました。

ヨーロッパは基本的にゲルマン系、スラブ系、ラテン系の3つの言語で大雑把に分けることができます。(いずれにせよ、もともとはラテン語からの派生だと思いますけど。)
で、その内ラテン系に入るのが、フランス、スペイン、イタリア、ポルトガル、ルーマニアetc・・・になります。

これらの国、特にスペイン、ポルトガルは新大陸(アメリカ)への植民も盛んだったので、言語も含めた文化が、今でも中南米でしっかりと根付いてることから、これらの地域も「ラテン系」と言われているのでしょうね。
(ブラジルはポルトガル語が公用語、またその他の中南米のほとんどの国ではスペイン語が公用語です。)

Q白人どうしは国籍の違いを分かるの?

愚問で恐縮です。

私たちから見て街を歩いている韓国人や中国人は、服装・髪型、それとか歩き方とか立居振舞で、ある程度は 「多分、あの人は○○人だろう」 と、想像がつきますよね。

勿論、ハッキリと分かる人ばかりじゃなくて、どう見ても中国人だと思ったのに、れっきとした日本人だというケースもありますが、「ある程度」 は想像がつくように思います。

これって、同じ東洋人だから想像がつくわけなんですが、白人となるとまるでお手上げです。

例えばスウェーデン人とデンマーク人、とオランダ人とドイツ人、白人と言えるかどうか分かりませんが、イタリア人とスペイン人とかポルトガル人 ・・ この辺の違いは彼らどうしの間では、顔形や外見などで 「ある程度」 は分かるのでしょうか?

私から見れば、どれも同じに見えます。 

白人以外でも、例えばサウジアラビア人とクエート人、インド人とパキスタン人、もっと難しいのが黒人系です。

モロッコ人とチュニジア人、ガーナ人とギニア人、ケニア人とタンザニア人 ・・・ 「顔形で判断せよ」 と言われたら絶望的になります。

彼ら自身は彼らどうしの間では、「アッ、この人は多分、○○人に違いない」 と分かるものなんでしょうか?

あと、アメリカにいる黒人とアフリカの黒人を、パッと見て区別出来ているのでしょうか?

まさか私たちのように 「何だか、みんな同じ黒人に見えるよ」 とは、なっていないように思います。

愚問で恐縮です。

私たちから見て街を歩いている韓国人や中国人は、服装・髪型、それとか歩き方とか立居振舞で、ある程度は 「多分、あの人は○○人だろう」 と、想像がつきますよね。

勿論、ハッキリと分かる人ばかりじゃなくて、どう見ても中国人だと思ったのに、れっきとした日本人だというケースもありますが、「ある程度」 は想像がつくように思います。

これって、同じ東洋人だから想像がつくわけなんですが、白人となるとまるでお手上げです。

例えばスウェーデン人とデンマーク人、とオランダ人...続きを読む

Aベストアンサー

初めまして。アメリカ人(アイルランド系とイギリス系まじり)の白人と
結婚して18年の主婦です。

アメリカでは白人の場合、外見で国籍というより民族は大体予想出来ます。
北欧系の人の薄い色や長身痩せ型体型、アイルランド系の態度と骨太体型
(爆笑)、イギリス系のほっぺの赤さと低身長、華奢な体型。ドイツ系の
鼻と頬骨、ラテン系の色あい。等等。
肌、髪、目の色と風貌でなんとなく分かります。
勿論、ラストネームで「何処系」ってのは直ぐに分かります。

同じ白人でもアメリカ人か他のヨーロッパ人か?
これは、直ぐに分かります。話さなくても分かります。
立っているだけで分かるんですよ。どうしてか?
う~ん、私達日本人が他のアジア人を見分ける、あの「感覚」と
同じだと思います。

勿論、話しをすればアメリカ人か否かは分かりますし、
同じアメリカ人でも話しをすれば出身地もおおかた分かりますね。
日本人同士でも同じでしょ?

アメリカ人の黒人とアフリカの黒人は、基本的に外見で分かります。
それは「色の濃さ」ではありません。理由はアメリカ人の黒人の
ほぼ100%が白人の血が混じっているのと、同じ黒人同士でも
民族の違う者同士の混血が繰り返された結果だと思います。
純血なアフリカ人とは基本的に外見が違うんです。
何処がどう違うか、、は応えにくいですが。

私はカリフォルニア在住です。土地柄、地元の人はアジア系の人を
見慣れています。で、多くの人が同じアジア系でもちゃんと、
日本、韓国、中国、ベトナム、フィリピン。。等、一目見て
外見で違いが分かりますよ。

私は100%日本人ではなく、少し白人が混じっているので
よく地元のインディアンに間違えられますが。。
まっ、これもご愛嬌です。

少しでも、ご参考になったら幸いです。
失礼致しました。

初めまして。アメリカ人(アイルランド系とイギリス系まじり)の白人と
結婚して18年の主婦です。

アメリカでは白人の場合、外見で国籍というより民族は大体予想出来ます。
北欧系の人の薄い色や長身痩せ型体型、アイルランド系の態度と骨太体型
(爆笑)、イギリス系のほっぺの赤さと低身長、華奢な体型。ドイツ系の
鼻と頬骨、ラテン系の色あい。等等。
肌、髪、目の色と風貌でなんとなく分かります。
勿論、ラストネームで「何処系」ってのは直ぐに分かります。

同じ白人でもアメリカ人か他のヨ...続きを読む

Q白人世界でアジア人を差別しない国はありません、それが現実ですがどう思いますか?

一年以上白人国家を旅行した人なら理解できると思いますが、最低でも1度や2度必ず差別を受けた経験があると思います、その時必ず中国人か日本人か聞かれます、ある店でボッタクリが嫌なので嘘をついて中国人と言ったらその後無視され出て行けと言われました、その後冗談で実は日本人と言うと180度態度が変わりました。白人は正直露骨です。
そして肌の色でもアジア人を美的感覚から見下します。
ロスで仲良くなった白人が言ってました、表面では言わないが
アジア人や黒人は現実に今も差別されている「日本人の君はまだマシな方だ」と。
日本でも差別問題はありますが白人国家は現在でもアジア人を差別しています、中国人とか韓国人と言うととんでもない嫌な思いをさせられます、皆さんこの現実をどう思いますか?

Aベストアンサー

アジア人という定義の仕方に白人目線を感じます。つい近年まで白人は有色人種を人間とは見ていませんでした。「奴隷、当時のヨーロッパでは『黒人が白人と同じ人間である』という考え方はなかったのである。
『法の精神』で知られるモンテスキュー。
社会学の父と讃えられるフランスの哲学者でさえ「黒人が人間だと考えるのは不可能である 彼らを人間と考えるなら 我々がキリスト教徒でないと認めざるをえなくなる」と語っている。」
http://www.fujitv.co.jp/ainori/st/st361.html

有色人種を人間と認めざるをえなくなったのは、後の方の世界的な大戦のあとではないかと考えます。第一次世界大戦ののちある有色人種の国家が提案した人権平等条項の提案は英米によって葬り去られました。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h10_2/jog053.html

「ホテルのフロント係は、女性の方を見向きもせずに、デュボイスへの対応を続けた。勘定がすべて終わると、彼はデュボイスに向かって深々とお辞儀をし、それからやっと、その厚かましいアメリカ女性の方を向いたのだった。フロント係の毅然とした態度は、これまでの白人支配の世界とは違った、新しい世界の幕開けを予感させた。

 「母国アメリカではけっして歓迎されることのない」一個人を、日本人は心から歓び、迎え入れてくれた。日本人は、われわれ1200万人のアメリカ黒人が「同じ有色人種であり、同じ苦しみを味わい、同じ運命を背負っている」ことを、心から理解してくれているのだ。」
http://hanausagi.iza.ne.jp/blog/entry/964059/


人間は好き嫌いのほかに生理的嫌悪ということもあります。戦後は戦争の被害ということも理由に付け加わりました。

オバマ大統領はなぜ黒人なのか。ハーフではないのか。白人男性の主人と黒人女性奴隷の間に生まれた子どもは、生まれながらにして奴隷であり、色が白いほど高く売れたと聞きます。人種差別に法的に最終的な決着がついたのは1964年(昭和39年)かともいわれます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AC%E6%B0%91%E6%A8%A9%E9%81%8B%E5%8B%95

>日本人の君はまだマシな方だ
そんなわけで、白人にすれば納得ずくというより、無理やり人種平等を誓わされたわけで、本人からみた多層な差別意識があるのはある面いたし方がないと考えます。

武力ということではないにしても、要は実力で認めさせるほかはないと考えます。

アジア人という定義の仕方に白人目線を感じます。つい近年まで白人は有色人種を人間とは見ていませんでした。「奴隷、当時のヨーロッパでは『黒人が白人と同じ人間である』という考え方はなかったのである。
『法の精神』で知られるモンテスキュー。
社会学の父と讃えられるフランスの哲学者でさえ「黒人が人間だと考えるのは不可能である 彼らを人間と考えるなら 我々がキリスト教徒でないと認めざるをえなくなる」と語っている。」
http://www.fujitv.co.jp/ainori/st/st361.html

有色人種を人間と認めざ...続きを読む

Q欧米人(白人)は、お互いの出身国がすぐ分かるのですか?

欧米人(白人)は、お互いの出身国がすぐ分かるのですか?
私たち日本人が中国人や韓国人を見ると(会話は聞いてないこと前提で)、なんとなく日本人ではないと大体感覚で分かりますよね?
もちろん、日本人と間違えることもありますが・・・

そのような感覚は、欧米人の間でも言えますか?
アメリカ人、英国人、フランス人、はてはデンマーク人などなど、感覚で区別認識できるのでしょうか?

Aベストアンサー

 よく東南アジアに行くのですが、現地で白人同士の会話を聞いていると
初対面の相手には「 どこから来たの? 」とよく聞いています。海外で質問
しているということは、米国人が話相手にカリフォルニアとかボストンなどと
いった答えを期待しているのとは異なりますから、パッと見にはわからない
ことも多いのではと思われます。

 以前は、東南アジアの白人はドイツ人とフランス人、そして北欧の人が
多かったのですが、最近はクロアチアとかチェコなど旧東欧の人も増えて
いますね。彼らはインテリだとかなりキレイな英語を話すので、話しぶり
だけではあまり見分けが付かないと思われます。

 また、日中韓の3か国では、国と人種がほぼリンクしているので見分けが
付きやすいですが、ヨーロッパだとドイツ人がゲルマン系とかイギリス人が
アングロサクソン系とは言っても、実際にはかなり混血(?)が進んでいます。

 スイスなんて多民族・多言語ですし、オランダのようにドイツとフランスの
両国から強い影響を受けている国もありますから、国名を確定するまでには
いたらないと思いますよ。もちろん、ラテンっぽいとか北欧っぽいという
傾向くらいはわかるでしょうが、日中韓ほどハッキリはしていないでしょう。

 よく東南アジアに行くのですが、現地で白人同士の会話を聞いていると
初対面の相手には「 どこから来たの? 」とよく聞いています。海外で質問
しているということは、米国人が話相手にカリフォルニアとかボストンなどと
いった答えを期待しているのとは異なりますから、パッと見にはわからない
ことも多いのではと思われます。

 以前は、東南アジアの白人はドイツ人とフランス人、そして北欧の人が
多かったのですが、最近はクロアチアとかチェコなど旧東欧の人も増えて
いますね。彼らはインテリだ...続きを読む

Qアイルランド人と白人の違い

典型的なアイルランド人の顔ってどんなのですか?

この前、友達とアイルランドに行った時、友達がアイルランド人に「アイリッシュの顔だ~」と言われていました。
(道を聞いた人、パブで出会った人、ホテルの人など)

彼女は、髪は暗めの茶色、瞳も黒ですし、アイリッシュ英語どころか英語もロクに話せません。

私は、アイルランド人って他の白人と同じように見えましたが、
他のヨーロッパ圏の人たちと何か違う特徴とかあるのでしょうか?

まとまりのない文章ですが、お願いします。

Aベストアンサー

ええと、例えば、各国出身の白人とともにアイルランド系移民が多いアメリカ合衆国では、「アイリッシュ」といえば、「赤毛にそばかす」というのが定説です。

ただ、アイリッシュの芸能人には、デミー・ムーアのように、透き通るような象牙色の肌に黒髪、整った目鼻立ちと引き締まった口元という人が多く、どうも、私には、アイリッシュというとそういうイメージがあります。

Yahoo UK & Irelandで「irish face」を「images(画像)」で検索してみてください。私には共通点が見えますが、こういうのって主観と慣れですから。

参考URL:http://uk.search.yahoo.com/search/images?p=irish+face&fr=FP-tab-img-t340&ei=UTF-8

Qフランス人はラテン系? ゲルマン系?

フランスの起源はゲルマン民族大移動後に現在のフランスの地に建てられたフランク王国にあると聞いています。
ならば、フランス人はゲルマン系ということになりますね。

しかし、今では一般にフランスはラテン系ということになっています(言語では確かにそうですね)。

どこかの時代に、フランスに居住する民族が入れ替わったのでしょうか? それとも、他の理由があるのでしょうか?

Aベストアンサー

フランスに居住する民族が入れ替わったというより、フランク王国にいたゲルマン民族の一部が徐々にラテン化していき、現在のフランスを形成していったようです。
言語的には10世紀のカペー朝の時代には”ゲルマンの影響を受けたラテン語”が使われていたようです。(もちろん現在使われているような統一的なフランス語が成立するのは中央集権時代以降です)
民族的にはさらに前の民族大移動期から先住民族、ローマ人、ゲルマン系の混血が進んでいましたから、もはや現在のフランス人を指してゲルマン系とは言えません。
言語だけでなく一般にフランスがラテン文化圏と認識されるのは、ローマカトリックを信仰しつつ、文化芸術の面でローマ帝国期を連想させる威光を示したことの影響によると思われます。

参考URL:http://jp.encarta.msn.com/encyclopedia_761568934_9/content.html

Qユダヤ人はなぜ白人なのか

いま世界中でユダヤ人が活躍しています
しかしユダヤ人と言えば、本当はアラブ風(セム語系 ?)の人種ではありませんか
昔トルコの王様がキリスト教かイスラム教に改宗を迫られて、それでユダヤ教に改宗したのが白系ユダヤ人のはじまりだと読んだことがありますが、どなたか詳しく書いてある本か、説明してくださる方はいらっしゃいませんでしょうか
よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

 
  まず、ユダヤ人も含め、アラブ人やイラン人やインド人は、人種的には「白人」に入ります。彼等は「黒人」ではありませんし、「黄色人」でもありません。アラブ人だとかイスラム人だとか、インド人などという「人種」はありません。西欧の白人でも、北欧人やゲルマン人などは、碧眼金髪で肌が白い、またはピンク色の人が多いですが、南欧のギリシア、イタリア、スペイン人になると、目や髪が茶色か黒く、肌も、そんなに白くありません。どこかというと浅黒い感じです。
 
  北欧人やゲルマン人、フランス人などを「白人」だと考えていると、アラブ族や、パレスティナのユダヤ人や、イラン人やインド人は「白人でない」と思えるでしょうが、人種上は彼等も白人です。白人でなければ何人種でしょうか?
 
  次に、東欧系ユダヤ人と、イスラエルが強引に建国した時、パレスティナにアラブ族と一緒に住んでいたユダヤ人は、どうも少し民族系統が違うようです。東欧系ユダヤ人を「アシュケナジ」と言いますが、アシュケナジは、東欧の普通の人や、イギリス・ドイツ・フランスの人たちと比べて、そんなに違った姿をしていません。肌も白いです。他方、アシュケナジでない、パレスティナに古くから住んでいたユダヤ人は、アラブ族のように日焼けしたような肌の色で、目や髪も黒ぽいです。他方。アシュケナジは、白い肌で、青い目の人や、金髪の人もいます。
 
  どうもアシュケナジは、単に、ユダヤから分散した人々というより、少しか、かなり民族が違うのではないかということは、昔から言われていました。「ユダヤ人」の定義というのが複雑で、主に、民族的・血統的なものと、宗教的なものの二つで決まりますが、アシュケナジは、ずっと昔に宗教がユダヤ教だったので、ユダヤ人とされた、別の民族が祖先ではないかと言われています。
 
  イスラエルに関しては、次の用語集を見てください:
  http://www.zion-jpn.or.jp/p0404.htm
 
  また、アシュケナジの起源については、「ハザール王国」という国が、7世紀か8世紀に、カスピ海及び黒海のあたりにあり、遊牧民族のハザール人がいて、彼等が、国をあげてユダヤ教に改宗した後、その子孫がロシアに入り、更に東欧に入って、アシュケナジの祖先になったという説があります。
 
  つまり、アシュケナジは、パレスティナにいた肌がかなり浅黒いユダヤ人とは別の民族だということです。どうも、そう考えると、上でも述べた、西欧・東欧のユダヤ人が、ヨーロッパ現地の人々と事実上区別がつかない理由も説明も付くということです。以下のURLに、「プリェートニェヴァ 『ハザール謎の帝国』新潮社」という本の読書感想が載っています。この本が、東欧ユダヤ人(アシュケナジ)=ハザール人子孫説を紹介しています。
  http://www.horagai.com/www/book/read/read97b.htm
 

参考URL:http://www.horagai.com/www/book/read/read97b.htm

 
  まず、ユダヤ人も含め、アラブ人やイラン人やインド人は、人種的には「白人」に入ります。彼等は「黒人」ではありませんし、「黄色人」でもありません。アラブ人だとかイスラム人だとか、インド人などという「人種」はありません。西欧の白人でも、北欧人やゲルマン人などは、碧眼金髪で肌が白い、またはピンク色の人が多いですが、南欧のギリシア、イタリア、スペイン人になると、目や髪が茶色か黒く、肌も、そんなに白くありません。どこかというと浅黒い感じです。
 
  北欧人やゲルマン人、フラ...続きを読む

Qイタリアで日本人は差別されてますか?

先日北イタリアへ行ったのですが、個人旅行であったせいかいろいろ不愉快な思いをしました。
・なにしろ見る目が厳しい。
観光地じゃなかったのでアジア系が目立つのか、それともスカートだったのがいけないのか・・・どこでも怪訝な目でみられました。
町にスカートの人は店員以外では見かけませんでしたが、何か意味があるんでしょうか。パンツスタイルにしたら少し変わりました。
・電車で嫌がられた。
一等車にしたのですが、途中乗って来たカップル(女性)にあからさまに嫌がられ、男性にどうにかしてと頼んでいたようですが結局彼等は次の駅で出て行きました。。。
その他にもカフェで他の客にどかされた等イタリアのイメージが崩れました。何しろ怪訝な目で見られるのが厳しくて・・・。
ミラノのような大きいところではそうでもなかったのですが、もしかしてイタリアって日本人(もしくはアジア系)嫌ってますか?
イタリア語の勉強も始めたのにこれですっかり気が萎えてしまいました。参考に教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

ヨーロッパ人の基準からすると、日本人女性の服装は、売春婦に見えることが多いのです。日本にいる時と同じ感覚で、おしゃれをしていたのではないでしょうか。パンツに変更したのは、正解だと思います。

イタリア人が日本人に差別感情を持っているという話は、聞いたことがありません。遠い国の話ですし、直接的交流は少ないですからね。

わたしも世界各地を旅行して、好奇心の目で見られるのは慣れています。そこらじゅうで、ジャポネとかヒネーゼ(中国人)とかキタイ(契丹人)とか呼ばれますが、気にしません。そこらじゅうの国を回りましたが、「よそ者が何しに来やがった」という悪意の目つきは、ウズベキスタンのフェルガナ地域でしか、出くわしたことがありません。外国人を見たら興味を抱くのは、大都市以外ではどこの国でも一緒です。日本でも、例えば田舎の田んぼのあぜを黒人が歩いていたら、じいさんばあさんがぎょっとした目で見たり、村中の人が集まってきたりするでしょう。小沢一郎の一人区まわりと同じで、村人がワサワサ出てきても、まったく不思議ではないと思います。

イタリア人の差別感情は、主としてアルバニア人に向けられます。イタリアは第2次大戦中の一時期、海を越えた向かいのアルバニアを支配していました。戦後、アルバニアは、ホジャ大統領の下、独自の共産主義閉鎖国家を作り、弊害も多かったものの、結果として、ユーゴスラビアに併合されてぐちゃぐちゃな内戦に巻き込まれることを避けることができました。アルバニアはユーゴスラビアともソ連とも中国とも仲たがいして、鎖国状態にあったのですが、実際には市民はイタリアのテレビを見て、世界情勢を知っていました。ホジャ大統領の死後、共産主義が崩壊し、資本主義の導入も失敗、ねずみ講への投資を国家が推奨するということを資本主義を理解していない国民に推奨したため、ねずみ講の崩壊と共に、政局は混乱、政権が吹っ飛んだのです。この時、多数のアルバニア人がぼろい船でイタリアに渡って不法入国した事情があり、アルバニア人に対する感情は、きわめて悪いものと推定されます。

ヨーロッパ人の基準からすると、日本人女性の服装は、売春婦に見えることが多いのです。日本にいる時と同じ感覚で、おしゃれをしていたのではないでしょうか。パンツに変更したのは、正解だと思います。

イタリア人が日本人に差別感情を持っているという話は、聞いたことがありません。遠い国の話ですし、直接的交流は少ないですからね。

わたしも世界各地を旅行して、好奇心の目で見られるのは慣れています。そこらじゅうで、ジャポネとかヒネーゼ(中国人)とかキタイ(契丹人)とか呼ばれますが、気にしま...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング