北海道開発庁は国土交通省、沖縄開発庁は内閣府。どうしてこの2つの庁は違うとこに属してるんでしょうか?同じとこにすればいいのに・・・。
高校生のボクにでもわかるように教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

一義的には、北海道開発庁(現在の北海道局)は道路管理や港湾管理など国土交通省に属する国の事務だけを、北海道に関して一元的に扱っている部署なのに対して、


沖縄開発庁(現在の沖縄振興局)は経済産業省(産業振興)や財務省などに属する国の事務についても、沖縄に関する限り担当しているためです。
(北海道には、経済産業省や財務省の出先機関が、北海道局-北海道開発局のラインとは別に存在します)

で、それがなぜかという話は、No.1で言っているようなこともあるでしょう。ただ、外務省や防衛庁(特に防衛施設庁)との調整というより、官邸における立案調整の必要性ということの方が大きいかと思います。

沖縄振興開発行政の仕組み:http://www2.cao.go.jp/1/1-3.htm
北海道開発行政の仕組み:http://www.mlit.go.jp/hkb/contents/chou/taisei/g …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答していただきありがとうございます。

お礼日時:2002/03/07 23:18

基本的に、No.1の答えの通りですが、補足(注意喚起)です。


13年1月の省庁再編の結果、行政組織としてそれまで存在していた、北海道開発庁及び沖縄開発庁は、現在では存在していません。北海道開発庁や沖縄開発庁が所掌していた事務をそれぞれ、国土交通省、内閣府が引継いだ形になっています。
現在では国土交通省の北海道局、内閣府の沖縄担当政策統括官、がそれぞれ事務を担当しています。
    • good
    • 0

沖縄開発庁は、名前の通り沖縄への経済開発(企業の誘致とか、失業者対策とか)を担当しています。

一方、沖縄には日本全体の米軍基地の75%が集中していて、犯罪も多く、与野党問わず、この状況を改善することを求めています。しかし、沖縄から基地を他へ移そうにも、今度は移される方が反対しますから、結局のところ政府は、「沖縄に援助をして、基地はそのまま」という方法をとります。つまり、お金で黙らせたいわけね。沖縄の失業率は全国1(9%以上)ですから、沖縄にも、「基地を置いてでも、支援が欲しい」という人もいます。つまり、沖縄問題というと、すぐに外務省(日米関係)とか防衛庁がからんでくるわけです。こういうわけで、このむずかしい沖縄政策の舵取りを行うため、「開発専門」という印象の強い国土交通省ではなく、首相サイドの政治的意向が反映でき、外務省や防衛庁との調整がつきやすい内閣府においているのでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答していただきありがとうございました。

お礼日時:2002/03/07 23:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q内閣府の府

内閣の組織図見てたんですが、
財務省のなかの国税庁、総務省のなかの消防庁…というように、
総務部の秘書課のような簡潔な区分けの中、なぜ内閣府だけが
府なのでしょうか?
内閣府のなかの宮内庁、金融庁…となってるので気になりました

Aベストアンサー

法令上明記されているわけではありませんが、一応国においては「省」「庁」の使い分けがあります。一言で言えば単独で命令(省令)をつくることができるか否か、また単独で予算要求できるか否か、という違いです(できるのが省、できないのが庁)。まぁバクッといえば規模の大小と考えても構いません。

ということは当然、内閣府の「府」に込められた意味もある訳です。内閣府には、よその省庁と違い「総合調整機能」つまり複数の省庁にまたがる課題を話し合いによって決着させるという権限が与えられています(他省庁は自分の省庁の権限外のことに口を出すことはできない)。つまり「他省庁より一段高い位置にある」という意味を込め、省とも庁とも別格という意味で「府」という言葉を使っています。


ま、実際は内閣府の次官をした後厚生労働省の次官になる人がいたように、お役人の世界では威張って言うほど格が高いとはいえないですし(苦笑)、「総合調整機能」にしても内閣府よりは内閣官房(つまり首相官邸)が乗り出す場合が多いのが実際です。
それでも、内閣府の前身だった総理府とも違い、全省庁で唯一、複数の大臣(特命担当大臣と呼ばれる)が内閣府の長(総理大臣)を支える仕組みになっていることからも、並みの省庁とは違う役所にしようとした制度設計者の意図が伺えます。

法令上明記されているわけではありませんが、一応国においては「省」「庁」の使い分けがあります。一言で言えば単独で命令(省令)をつくることができるか否か、また単独で予算要求できるか否か、という違いです(できるのが省、できないのが庁)。まぁバクッといえば規模の大小と考えても構いません。

ということは当然、内閣府の「府」に込められた意味もある訳です。内閣府には、よその省庁と違い「総合調整機能」つまり複数の省庁にまたがる課題を話し合いによって決着させるという権限が与えられています(...続きを読む

Q小沢一郎氏は、「防衛庁」を「庁」から「省」への昇格に賛成しているんですか?

 現在、民主党党首の小沢一郎氏が、防衛庁から防衛省に昇格することに賛成していると、今朝の新聞で報じられておりました。但し、沖縄知事選挙のからみで「防衛省」への組織変更を引延ばしているとも書かれておりました。これは、本当でしょうか?本当なら小沢氏は何時ごろから、「防衛省」へ組織変更する考えを表明していたのでしょうか?自民党幹事長時代?それとも自由党党首時代でしょうか?それとも最近民主党党首に就任してから、最近の事でしょうか?

 意外な感じがしたので質問してみました。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

民主党、防衛省法案に反対へ 北朝鮮の核実験問題が解決しない段階で議論するのは「時期尚早」〔10/25〕
共同通信
http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=KCH&PG=STORY&NGID=poli&NWID=2006102501000765

小さな事で大きな損をしないようにと言っている…小沢代表、金融制裁強化で北朝鮮を追い込むべきでないと表明[10/27]
ソース:共同通信
http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=RANDOM&PG=STORY&NGID=poli&NWID=2006102701000647

「国連決議あれば制裁参加可能」小沢代表 然し党の決定ではない [10/25]
ソース 産経新聞
http://www.sankei.co.jp/news/061024/sei008.htm

6/12 防衛省法案 小沢氏「提出に問題」 青森で会見
9/24 「安全保障政策の論議もなしに突然法案を出してくるのは無責任だ」

小沢一郎ウェブサイト
http://www.ozawa-ichiro.jp/

小沢一郎wiki
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E6%B2%A2%E4%B8%80%E9%83%8E

私も意外な感じがしたので軽く調べてみました。
確かに言う事が変わってます。まぁいつもの事ですが。
URLを貼らなかった2件については直接見る事ができません。Googleに「小沢 防衛省」で検索させると1ページ目にあったりします。

民主党、防衛省法案に反対へ 北朝鮮の核実験問題が解決しない段階で議論するのは「時期尚早」〔10/25〕
共同通信
http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=KCH&PG=STORY&NGID=poli&NWID=2006102501000765

小さな事で大きな損をしないようにと言っている…小沢代表、金融制裁強化で北朝鮮を追い込むべきでないと表明[10/27]
ソース:共同通信
http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=RANDOM&PG=STORY&NGID=poli&NWID=2006102701000647

「国連決議あれば制裁参加可能」小沢代表 然し党の決定ではない [10/25]
ソー...続きを読む

Q内閣改造。国土交通大臣と公明党

内閣改造されましたが、公明党の方が留任ですよね。
小泉内閣の扇さんの次くらいからだと思うのですが
何故、国土交通大臣は公明党(他の大臣もあると思うのですが)の方になるのでしょうか?
なにか利点があるのでしょうか?
分かる方がいらっしゃると幸いです。

Aベストアンサー

国土交通省は、運輸省と建設省、さらに国土庁と北海道開発庁という強い利権をもつ省庁が合併してできたため、強大な利権に依存しています。
初代の大臣になった扇千景氏は、女性であり、当時小政党(保守党)所属だったこともあり、利権絡みと勘ぐられないための目先を変えた人事ではないかという憶測がされましたが、当の扇氏が就任会見で、そのことを認めました。

公明党は、以前からクリーンな体質を標榜しており、自民党のような利権政治とは無関係であると主張していたので、体裁上、最も利権を握っている国土交通大臣のポストに就いているのだと思います。
ただ、一つの政治勢力が長期にわたって同じポストを占めれば、徐々に腐敗していくことに変わりはありません。

Q国土交通省

公明党が与党へ見返りとして国土交通省の大臣の椅子に固守するのはどうしてなのですか

Aベストアンサー

自民党の「コバンザメ」君なので、「ここにいるぜィ!」って、国民に「存在をアピールするため」ではないでしょうか。
(ちょっと、公明党の影が薄いので・・・)

あと、「コバンザメ」になるからには、「少しくらい責任ポストに付けよ」という「自民党からの要望に沿った」のでしょう。

「道路顔」の冬柴さんと、「鈴木その子顔」の坂口さんは、あまり評判よくないですな。

私も、その昔「厚生労働省認定の資格」を取ったのですが、坂口さんに「認定を取り消され、資格が消滅した」経験をしていますので、あまり信用していませんでした。
舛添さんには、頑張ってほしいですね。

冬柴さん、もう「これ以上、道路いらなくなくない???」

Q公明党の国土交通省の独占について

公明党は、どうして国土交通省の独占にこだわるのですか?

なにかおいしい利権でもあるのですか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

官庁には 政策官庁と事業官庁とがあります。ざっくり分けると。
事業官庁は、金が動きますが、国の方針決定には、ちょっと遠くなります。
自民党としたら、政策官庁を渡すことは、自民党主導で政策を決められないことになりますので、事業官庁を公明党に渡すことになります。
具体的には、厚労省や国交省。

国交省は、本来 田中角栄以来の経世会の牙城。
清和会が経世会つぶしのために、最近では
扇千景(保守党 保守新党)
石原(清和会)
北側 公明党
冬柴 公明党
建設大臣では 宮沢内閣で経世会が握ったのが最期ですね。
運輸大臣では 小渕内閣が最期の経世会大臣


人気Q&Aランキング

おすすめ情報