私は引越しをしようと思い、ある不動産へ行きました。そこでまぁまぁの物件がありそこで妥協しようと思い、その物件が他に行かないようキープしてもらうのと同時に大家サンに契約書と引き換えにもらいにいくときにお金が必要だということでその場で家賃1ヶ月分(49000円)を払いました。しかし次の日別の不動産へ行ったところ更に良いのがあり、申し訳ないと思いながらもこちらに変えることに決めました。事情を最初の不動産へ説明したところもうすでに不動産から大家さんへお金が渡ってしまったため、もう戻らないと言われました。この場合クーリングオフなどそのような対応できる法律はないのでしょうか?どうか教えてください。ちなみに現在まだ4日くらいしかたっていません。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

最近私は不動産やさんに同じような質問をしました。



不動産屋さんによってですけど物件のキープは契約を交わして更に1ヶ月分の家賃の値段(仲介料かもしくは礼金の一部)を先に支払うとか。その後のキャンセルはキャンセル料として頂くので戻りませんと言う事です。

お金を払わないで契約した場合も、その後キャンセルとなったらやはりキャンセル料として家賃の一ヶ月分支払ってもらうようです。(契約してからストップさせた迷惑料みたいなものですよ)

しかしこの規定は不動産屋さんによって大きく違いますので良心的な所だとキャンセルしてもそんなに高く取らない所もあります。今回の件は、もう諦めた方が良さそうです。クーリングオフは・・使えないでしょう。法的にどうにかしようと思ったらお金も時間もかかるので一か月分でどうにかなったと思うしかないですね。
    • good
    • 0

 契約前に重要事項説明を取引主任者が同証を見せて説明していない場合は業法違反で(さらにこの手のトラブル多く手付金受託が行政指導で好ましくないとさていたように記憶してます)、不動産業者にある程度の責任追及をすることができると思います(取引についての説明不足)。

そして、これが間接的に手付金返還への足がかりにならないとも限りません(場合により業者が手数料として取得のケースもあります)。但し、本件は単なる心変わりなようなので、上記の方法は諸事情からみた良識の範囲でお願いします。
    • good
    • 0

物件賃貸契約が正式に成立する前に”その物件が他に行かないようキープしてもら


う”のは手付け金ではないでしょうか。
キープしてもらうとの約束でお金を払われたので基本的に戻らないと思います。
大家さんにすれば、住んでもらえると思って、別の入居者を断わりますから、
その間の家賃をあなたが保証しているのです。

契約が完了すれば、手付け金は家賃に変更されます。
    • good
    • 0

賃貸借契約書はすでに交わしてしまっているんですね。


賃貸借契約書を結んでしまえば、契約のキャンセルは原則的にできなません。
しかし、払った金額が前家賃と言う名目であれば戻ってきます。
不動産屋への仲介手数料、礼金は戻ってきませんが、
前家賃、敷金は返却してもらう権利があります。
大家さんへお金が渡ってしまっているということは前家賃でしょうか?
そのお金がなんであったのかをハッキリさせる必要があります。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q老朽物件での、震災など時は、大家の責任ですか?

質問させていただきます。
私の会社所有である物件が、非常に古い建物で現在も商売をされながら住んでいます。その方は何十年も住んでいて、自分で改築なども行ってはいるものの、最近、中に入る機会がありまして覗いてみたところ非常に老朽化が進んでおりました。私の会社としても、地震が多い地域だけに、心配で出て行ってもらったほうが良いものか検討しているしだいです。その方は、出たくないようですが、こちらとしては何か人身に関わることがあっては困ると心配しています。建物の老朽化のようなことを理由に立ち退いていただく方法はないでしょうか?それか、承諾書を書いていただいて、自己責任という形で住んでいただくというな方法はないでしょうか?いずれにしても、最小限のリスクとコストで対処したく思っています。ご助言よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

通常賃貸住宅の一番の責任者はいつも使用している借り手にあります。借り手の管理上に過失があれば借り手の責任です。貸家に不具合があるのに放置すれば借り手の責任です。
でも貸家を勝手に借り手は改造・修理することはできませんので、不具合があれば大家に報告しなければなりません。報告があれば大家は修繕義務を負いますので修繕をしなければ今度は大家の責任となります。
ただし、質問者のケースのように借り手から報告がなくても大家が危険性汽船性を認識していれば大家にも責任はかかっています。

つまり、借り手に管理上の過失があれば借り手に責任が生じ、大家に管理上の過失があれば大家に責任が生じます。


>自分で改築なども行ってはいるものの、

一般に賃貸の改築は大家の許可が必要です。
大家が了承した工事か大家に無断で行った工事かによって責任の発生が代わってくると思います。
無断で行った工事による被害の責任は借り手です。了承の元行った工事の責任は大家にも及びます(実際は借り手の使用上の管理適任に過失があるかどうかも影響します)。

また改築などが建築基準法などに対して適法に行われたかどうかにもよります。違法工事による物なら、借り手や工事業者にも責任は及びます(大家の承諾がある場合は大家にも及びます)

大家に無断で勝手に行った工事の場合、違法建築である可能性も十分あります。


>建物の老朽化のようなことを理由に立ち退いていただく方法はないでしょうか?

一般には営業保証・引っ越し代等を含めた立ち退き料を払って出て頂くのが普通です。かなりの額になるでしょう。
行政などから違法建築の指摘を受け取り壊すような指示があればよりやりやすくなりますが、なかなかそのような指示を出してくれることは少ないです。

>承諾書を書いていただいて、自己責任という形で住んでいただくというな方法はないでしょうか?

おそらくこのような物があっても、考慮されていくらか責任が軽減されるかもしれませんが、全く責任を逃れられるような物ではないです。

相手はそこで商売をしているとなると引き続き営業したいでしょうから、裁判しても追い出せない可能性もあります。
出て行ってもらうのはかなり困難ですし、法的な責任を逃れるのも難しいです。

むしろその物件及びその土地を有効利用する予定がないのなら、相手に購入してもらえば、大家としての責任はなくなります。
相場より安い価格を提示すれば相手が乗ってくれるかもしれません。
相手が乗ってくれればこの方法が一番よいでしょう。

通常賃貸住宅の一番の責任者はいつも使用している借り手にあります。借り手の管理上に過失があれば借り手の責任です。貸家に不具合があるのに放置すれば借り手の責任です。
でも貸家を勝手に借り手は改造・修理することはできませんので、不具合があれば大家に報告しなければなりません。報告があれば大家は修繕義務を負いますので修繕をしなければ今度は大家の責任となります。
ただし、質問者のケースのように借り手から報告がなくても大家が危険性汽船性を認識していれば大家にも責任はかかっています。

...続きを読む

Q大家さんが弁護士をたて、お金を請求してきました。

36歳になる息子が借りていた一戸建てなのですが、今年までに10年近く住んでいました。今年の4月に大家さんから「出て行ってくれ」と言われ4月30日に出て近くの賃貸に引っ越しました。家賃滞納の為、3月分(68000円の内の)8000円と、4月分の68000円、計76000円をまだ未払いだそうですが、連帯保証人の私の主人のところへ5月2日に請求書が送られてきました。私のところにに請求書が来た理由は後に説明します。

大家さんから送られて来た請求書の内容は
(1)キッチン取替え=80000円
(2)クロス張替え245m2(単価1200円)=249000円
(3)戸襖、押入れ襖、障子一式=11500円
(4)洋間引き戸交換2枚=25000円
(5)残材処分費=25000円
(6)トイレ穴修理工事+クロス張替え=21000円
(7)1階、2階押入れ上下段補修工事=18000円
(8)1階、2階和室押入れ、2階洋間押入れクロス張り=32000円
(9)金物代一式=3000円
以上税込み合計538125円と言う内容請求でした。

次に仲介会社E社から届いた請求書は
(1)室内クリーニング代=50000円
(2)畳張替え6枚=30000円
計80000円の請求内容でした。
(3月分家賃の不足金8000円は私が大家さんに振り込みました。
4月分の家賃不足68000円は敷金から引いてもらいました。)
E社に「畳は消耗品ではないのか?これは大家さんが負担すべきではないのか?」と強く抗議しました。(10年近く住んでいたのに何も修理などしてくれていなかった為)
E社は「大家に伝えます」と言う答えでした。
翌日、大家さんから電話があり「私のほうとしては、いつも借主さんから畳代をいただいております」との返答でした。私は「畳は消耗品であるから大家さんがもつべきではないのか?」と強く言いましたが受け付けてもらえませんでした。

2週間位して弁護士から内容証明が送られてきました。
内容は”原状回復費用”となっており610125円の請求でした。
「連帯保証人であり、私に下記の口座に振込み送金するように」よの事で「本書到達後7日以内に振り込むように」と一方的な通知でした。「期限内に支払いが無い場合は法的措置を取る」との事です。

私はすぐにE社に電話をしましたが、大家さんからE社に「私が今後の問題一切を受け持ちます」との連絡があったそうでE社は「一切関わり致しません」と言われました。

このような請求はいくら考えても納得できません。


話は戻りますが、大家さんが電話で連帯保証人の私のところへ請求してきたのは、昨年11月息子がフィリピン人の妻と喧嘩をして家を出されてしまい、別居していました。家賃は今年の2月まで払っていましたが、3月分は60000円しか支払えず、8000円不足していました。息子は2月頃から仕事と家庭の事で悩みうつ病となってしまい、仕事を辞めてしまいました。
4月の家賃を請求された息子の嫁は「お金が無い」の一点張りで、
又大家は「子供も居るのであなたは払わなくて良いのよ。あなたは払っちゃダメよ?」と嫁にアドバイスのようなものをしていました。息子の話では嫁は数百万の貯金があり、この件で嫁に「お金はどうしたの?」
と聞くと「フィリピンに土地を買った」との答えでした。
これも又納得できません。
更に嫁は近くに引越し保証人なしの賃貸マンションを借りました。洗濯機、冷蔵庫、テレビなどなど、次から次と新しい家電を購入し暮らしています。
大家さんが嫁に「あなたは支払わなくていいのよ」言った理由は、連帯保証人の私が自営でお店を営業していると言う事をあてにして請求してきたと考えられます。

ここぞとバカリに大家さんが家を全部リフォームをし、連帯保証人の私に全額請求・・・・全く納得が出来ません。このまま払わず裁判になった場合どうすれば良いのでしょうか?私も65歳で、正直いくら自営でもこのご時世ですので経営して行くだけで精一杯です。私は払うべきなのでしょうか?どうかお力をお貸し下さい。どうして良いか分かりません。宜しくお願い致します。

36歳になる息子が借りていた一戸建てなのですが、今年までに10年近く住んでいました。今年の4月に大家さんから「出て行ってくれ」と言われ4月30日に出て近くの賃貸に引っ越しました。家賃滞納の為、3月分(68000円の内の)8000円と、4月分の68000円、計76000円をまだ未払いだそうですが、連帯保証人の私の主人のところへ5月2日に請求書が送られてきました。私のところにに請求書が来た理由は後に説明します。

大家さんから送られて来た請求書の内容は
(1)キッチン取替え=80...続きを読む

Aベストアンサー

核心は
「2週間位して弁護士から内容証明が送られてきました。内容は”原状回復費用”となっており610125円の請求でした。「連帯保証人であり、私に下記の口座に振込み送金するように」よの事で「本書到達後7日以内に振り込むように」と一方的な通知でした。「期限内に支払いが無い場合は法的措置を取る」との事です」
ですね。

私の見る所、過大請求も良い所ですが、こんな筋悪の事件を引き受ける弁護士も弁護士です。ドラマとかに出てくる「悪徳弁護士」が現実にいるようですね。
※ この弁護士については、所属弁護士会への懲戒請求も可能かもしれませんが、それは後の話です。まずは、質問者様の身に降りかかった火の粉を払わねばなりません。

相手が弁護士を立てて来たからといって、こちらも弁護士を立てねばならないわけではありません。この事件は、争いの額から言って、司法書士が扱うのが最適の事件です。平たく言いますと、司法書士の方が弁護士より安く仕事をしてくれますのでこの事件には適しています。
※ 訴額60万の事件で弁護士が出てくることは通常ありません。今回質問者様が受け取った弁護士名義の内容証明は「相手をビビらせてカネを払わせるために弁護士に依頼して書いて貰ったもの」でしょう。弁護士の名義で「このカネを払わないと法的措置を取る」と内容証明が来たら誰でもビビりますから。
弁護士はこのような内容証明を数万円で書いてくれますので、相手とすれば「数万円で60万円(過大請求)を回収できれば安いもの」という計算です。

明日(月曜)の朝イチで、下記のように行動することをお勧めします。ただし、今日(日曜)のうちに用意することがあります。

(今すぐに)
ア) 今回の質問文の内容を、原稿用紙1枚(400字)程度に整理し直してください。何故かと言うと、司法書士会の相談センターに電話する際に、相手が内容を理解できるようにするためです。請求書の内訳とかは不要ですので、「息子がアパートを借りる保証人になったら、コレコレの経緯で未払い家賃と原状回復費用の請求が弁護士名義の内容証明で来た」ことを、分かりやすく整理して下さい。

イ) 息子さんのアパート賃貸借契約書のコピー(質問者様が保証人として捺印している)はありますか?これがないと雲をつかむような話になり、相談を受けた司法書士も困ります。息子さんが契約書を持っているはずですから、明日までに何としても探して下さい。原紙でなくコピー(FAX)で十分です。

さて、明日(月曜)の朝になったら、

1. お住まいの地域の司法書士会の相談センター
http://www.shiho-shoshi.or.jp/activity/var_consulting/center_list.php
にまず電話して、今日作成した400字のメモを元に事件の概要を話し、「司法書士の先生に助力をお願いしたい」と話して下さい。恐らく、「資料を持って司法書士会に来てください」と言われるはずです。

2. 持って行く資料とは以下の3種類です。
(A)息子さんのアパート賃貸借契約書のコピー
(B)大家と不動産屋(E社)から受け取った手紙一式
(C)弁護士から受け取った内容証明
上記の資料を持って司法書士会に行ってください。司法書士会の職員が内容をざっと読んで、適当な司法書士を紹介してくれるはずです。

3. 紹介された司法書士の事務所に電話して予約を取り、再び上記の資料を持って訪問して下さい。所属の司法書士会から紹介された案件であれば、司法書士は誠意をもって対応してくれます。
恐らく、司法書士から不動産屋(E社)に電話を入れて貰うだけで問題は解決に向かうと思います。他の方も回答しているように、息子さんが払っていない家賃は質問者様が連帯保証人である以上払わねばなりませんが、「原状回復費用」については大幅に金額が減るはずです。

4. 司法書士会を通さずに、電話帳などを見て直接司法書士事務所にコンタクトするのは止めて下さい。法律業界は「一見客」「得体の知れない依頼」を非常に嫌いますので、良い結果になりません。

5. なお、質問者様は「自営でお店を営業している」ということで、税理士と付き合いはないですか?税理士は必ず司法書士の知り合いの一人や二人はいます。「税理士事務所の事務員ではなく、『税理士本人』と電話で話が出来る」くらいの親密な間柄であれば、税理士に知り合いの司法書士を紹介して貰うという手もあります。このような紹介も非常に有効です。
ただ、「『税理士本人』とはほとんど話したこともない」のであれば、この方法は使えないと考えて下さい。

ともあれ、質問者様が無事に火の粉を払われることをお祈りします。決して「自力で何とかしよう」などとは思わず、司法書士などの法律のプロの助けを借りて下さい。
私の見る所、相手は明らかに過大請求をしており出るところに出れば相手の負けとなります。法律のプロなら、この程度の民事トラブルは容易に解決できますので安心して下さい。

核心は
「2週間位して弁護士から内容証明が送られてきました。内容は”原状回復費用”となっており610125円の請求でした。「連帯保証人であり、私に下記の口座に振込み送金するように」よの事で「本書到達後7日以内に振り込むように」と一方的な通知でした。「期限内に支払いが無い場合は法的措置を取る」との事です」
ですね。

私の見る所、過大請求も良い所ですが、こんな筋悪の事件を引き受ける弁護士も弁護士です。ドラマとかに出てくる「悪徳弁護士」が現実にいるようですね。
※ この弁護士につ...続きを読む

Q民法 不動産物件変動

法学部の1年です。今度民法入門の試験があり、そこで論述の問題が出されます。
「不動産物件変動の意思主義について」の問題を出すと言われたのですが、具体的にはどのような問題が予想される
でしょうか?

民法の本格的な試験は初めてなため不安です;;
不動産物件変動の意思主義について、何かここがポイントになるというところがありましたら、教えて下さい。
その他アドバイスがありましたら、お願いしますm(__)m

Aベストアンサー

物権の変動と登記の効力

動産の「占有改定」など比べて、うまく頭の中にまとめておいてください。

Q大家に非があると認められた上で、大家側から強制退去ができるか?

先日、賃貸不動産トラブルについてご質問させていただきました。
http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=145658
この件は結局消費者センターで調停を行った結果、大家(賃貸不動産屋を含む)側に「あきらかに、不実告知があった」と認められ、契約解消および支払った金額の全額返金となりました。
ただし、契約解消になるので私は今借りている家を出なくてはいけません。

家には猫がいるので、ペット飼育可能な物件を探さねばならず、かなり苦労したのですが、どうにか一件契約できました。
ただし、フルリフォームをするとの事で、入居が12月中旬になってしまします。

本日、消費者センターから連絡をもらったところ、大家が毎日のようにセンターの方へ電話をかけており(実際センターも閉口しているようです)、11月中旬には出ていって欲しいという事を言われたそうです。

今回の件は、私側の落ち度ではなく、完全に大家側の不実告知ということがセンターで法律と照らし合わせて認められています。
それなのに、大家側から私に対して退去を要請する事ができるのでしょうか?
ちなみに調停の時には「次の物件が決まり次第、なるべく早く退去する」と言うことで、いつまでに退去するという話はありませんでした。

あまりに反省の色のない態度にいい加減、頭に来ています。
相手に文句を言わせない法的な対処などはありませんでしょうか?
ご助言、よろしくお願いします。

先日、賃貸不動産トラブルについてご質問させていただきました。
http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=145658
この件は結局消費者センターで調停を行った結果、大家(賃貸不動産屋を含む)側に「あきらかに、不実告知があった」と認められ、契約解消および支払った金額の全額返金となりました。
ただし、契約解消になるので私は今借りている家を出なくてはいけません。

家には猫がいるので、ペット飼育可能な物件を探さねばならず、かなり苦労したのですが、どうにか一件契約できました。
ただし、フル...続きを読む

Aベストアンサー

申し訳ありません、お返事をいただいていましたのに気づきませんで。
遅まきながら、補足させていただきます。

調停内容に従い、HIROYOさんには何ら落ち度はないと思います。
仮にこの調停合意を破棄して別途法的措置を取ったとしても、大家側に勝ち目はないと考えます。それは、居住しつづけることで大家に特別な損失が発生しないからです。

私の勝手な想像ですが、弁護士などに相談して、どうにもならないと言われたのではないでしょうか。それで腹いせに消費者センターへ電話をかけているような気がいたします。何ら気にすることなく、居続ければ良いと思います。(所詮、身から出た錆ですので)

>カギなどは向こうサイドが持っているわけですから、留守中の家はとても不用心
現在はあなたの専有地ですので、もし立ち入れば犯罪です。警察に届けましょう。(不法侵入を発見すればあなたも現行犯逮捕ができます)

>センターの人に引かれてしまったら
これはないですね。もともとの原因を作ったのは大家と業者ですので、一旦合意しているものを捻じ曲げることはありえませんよ。(仕事とは言え可哀相なので、ご苦労おかけしますなどの言葉をかけてあげてください)

とここまで記載して気づいたのですが、もうリフォームが終わる頃で解決していますよね。遅くなってすみませんでした。

申し訳ありません、お返事をいただいていましたのに気づきませんで。
遅まきながら、補足させていただきます。

調停内容に従い、HIROYOさんには何ら落ち度はないと思います。
仮にこの調停合意を破棄して別途法的措置を取ったとしても、大家側に勝ち目はないと考えます。それは、居住しつづけることで大家に特別な損失が発生しないからです。

私の勝手な想像ですが、弁護士などに相談して、どうにもならないと言われたのではないでしょうか。それで腹いせに消費者センターへ電話をかけているような気がい...続きを読む

Q不動産会社の物件購入について

妻が代表で不動産会社を開いています。今回離婚で妻の不動産を調べてみますと、本来であれば会社が買うべき物件が9点購入の中で半分はあります。会社に買い取ってくれと来た客の物件を社長が買う。競売物件を会社で買った時、駐車場が地主の持ち物で残っていて知らないで競売で買っている。こんお地主が何回か買い取ってくれと来たが、断っている。その後公売に出されて、これを個人で買い取っている。自宅の組内の知り合いが、妹に貸していたが(妹さんも知り合いだったが亡くなった)買ってくれないかと店に来た。このように店に来て売却したいと言っている物件を会社が買わないで、代表が買うことは利益相反になりませんか。県の宅建指導課に聞いたら宅建上は違法でないということですが、会社法や商法上違法と思うのですが。土地は売りに出していて、戸建やアパートは貸しています。
詳しい方いましたら教えてください。

Aベストアンサー

>・・・利益相反でなくても法的に問題ないのでしょうか。

補足欄を拝読しましたが、当該事例は利益相反でないと思います。
強いて言えば、信義則違反か権利の乱用です。
これらには、刑罰に値するものではなく、無効だとして民事事件で裁判所の判断を仰ぐ他ないと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報