ドイツのロマンティック街道沿いの都市には赤煉瓦色の屋根が多く見られます。
北イタリアのミラノ、トリノ、フィレンツエも同様の景観が高い塔やドウオーモに上れば同様の独特の景観がみられます。

しかし中部イタリアのトスカーナ地方やナポリになると赤い屋根は激減します。  ローマでも少ないとおもいます。

このような景観はフランスでは少ないようでパリやモン・サン・ミッシェルの周辺では赤い屋根の集合は見られないようです。
従ってドイツの風習はフランスには伝わっていないように思えます。

このような変化はどうして起こったのでしょう。
法令や宗教などの影響が関係しているのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

「赤い屋根」への直接の回答ではないので


恐縮なのですが、質問者様の予想通り
>原料とか瓦の製造にも影響
だと思います。

イギリスのコッツウォルズという所は
「ハチミツ色のまち」という素敵なニックネームが
付いていますが、地元のれんがの原料の土のいろが
ベージュ色なんだそうです。

イタリアももしかしたら同じかもしれません。
石が採掘されないところは、レンガを移送してくる
場合が多いですが、地元でとれる場合は同じような
レンガや石を使うでしょうし。

現在のヨーロッパの観光地は景観を細かく管理されていて
今までの環境や家の外観を自由に個人が変えては
いけないところが増えてきています。

イタリアは現在ではかなりのところが個人の持ち家でも
外観を勝手に変えてはいけない法律があるそうですし
フランスのパリでもエッフェル塔の2km以内なら
建物の高さが規制されているとか、シャンゼリゼ大通りの
大きな看板や掲示板、旗などは赤、青、白の色以外は
設置できないそうです。
ドイツの歴史的な都市や街も景観の保護や
小さな家々にも花を飾るような決まりがあるそうです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

煉瓦は製造時の鉄分が酸化されて特有の煉瓦色を呈するのですが構造材でない屋根には自然石や石板を使用する地方もあり、焼成された瓦を使用するのに統一されたように見えるのが不審だったのですが、ご教示で理解できました。

やはり近在から原料を求めるというのが自然で、自然とそうなったのでしょう。

法令が後押ししたのは否めない所でしょうがこれらは完成していた景観の保存のためでしかないのですが、京都の町屋のように現在では法令に頼るしかないのでしょう。

ご指摘有り難うございました。

お礼日時:2006/06/29 12:36

イタリアはよく知らないがドイツは地方の力が強いので町ごとに条例を定めて色を統一してるんですよ。

あと、ドイツの街はたいてい戦争で焼けたあと再建しているので、統一しやすいというのもあります。ローマは百年近い古い建物をそのまま使っていることが多く、本当に崩れるまで建築許可が下りず立て直せないことになっているので、崩れてから建て直しで建築がばらばらになるのはやむをえないのでは。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速のご回答有り難うございます。

ドイツは地方自治の強い所というご指摘は納得できます。
ロマンティック街道中には自由都市というものがあり、自治体としての条例などがあるかも知れませんね。

ただ戦災については戦災を受けてない都市もおおくあり、世界遺産に登録されている都市もあるようです。

赤煉瓦色の屋根が景観が美しく、集中しているのが不思議なので原料とか瓦の製造にも影響があるかと質問しました。

お礼日時:2006/06/22 12:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q屋根の種類で「からべっこ」という名前はありますか?

屋根の種類で「からべっこ」という名前はありますか?

Aベストアンサー

からべっことは、おそらく「カラーベスト」の間違いでしょう。からべっこという屋根はありません。

Q都市の守護神と都市の名前が一致する都市

その都市の守護神が、都市の名前にもなっている、そんな都市を挙げてください。

例:アテナ(女神)アテネ(都市名)

Aベストアンサー

・聖サンチアゴ(聖ヤコブの事)
サンチアゴ(チリ)、サンチアゴ・デ・コンポスタテーラ(スペイン)、サンチアゴ・デ・クーバ(キューバ)、サンジエゴ(アメリカ)、サンチアゴ・デ・エステロ(アルゼンチン)

・聖フランシスコ
サンフランシスコ(アメリカ)

・聖ペテロ
サンクトペテルブルク(ロシア)、サンペドロスーラ(ホンジュラス)、サンペドロ・デ・アタカマ(チリ)

・聖ヨハネ
ヨハネスブルク(南アメリカ)

・聖グアダルーペ
グアダルーペ(スペイン)

・聖ドミニコ
サントドミンゴ(ドミニカ)

Qカーポートの屋根(ポリカ)の種類は?

カーポートの屋根(ポリカ)の種類は?

去年の9月に新居を購入しました。
狭い庭ですが、縦列で2台の駐車スペースがあり、コンクリが打ってあるのですが、
そこに2台縦列のカーポートを設置しようと考えております。

そこで屋根(ポリカ)の種類で悩んでいるのですが、
1.熱線吸収のブルースモークにするとかなり暗くなるでしょうか?
2.クリアマット/すりガラス調では夏場、車の車内温度の上昇はあまり防げませんか?
3.カーポート設置予定場所の下には若干の芝生があるのですが、カーポートで日光を妨げると芝生は枯れてしまったりするのでしょうか?

設置場所の前にリビングがあるので、出来るだけ暗くはならないようにしたいと思っているのですが、、
熱線吸収ではない普通のブルー色も検討には入れているのですが、

皆様の選択された屋根材の種類、ご使用された感想を頂けると有難いです。

何卒ご教授の程宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

つい最近、カーポートを設置した者です。はじめは骨組の方を研究し、やはりT?ex、○kkap、Tos・・mなどのメーカーがいいとの結論に至りました。
しかし、貴殿の言うとおり、実際展示場で見ると、骨組よりむしろ屋根材の方が重要と認識しました。
大手メーカーの屋根材を全部見て、実際炎天下でどれが一番いいかを判断するまでに2か月を要しました。結論は、普通のポリカでは色の差である程度違いがありますが、やはりかなり熱くなります(熱線を通します)。
T?ex、Tos・・mは同系列で熱線吸収ポリカ、○kkapは熱線遮断ポリカですが、どれもスモークで空が全く見えず、暗くもなるのですが、それでもそれなりに熱線を感じます。
最後に辿り着いたのは、△日軽の熱線遮断ポリカで、晴れの日は雲も見上げることができる程度の半透明で、圧迫感が和らぎます。
また、なにより熱線遮断という点では、主観ですが一番熱を遮断しているように感じました。
つまり、半透明ですが、熱線遮断は一番のすぐれものというのが、私の結論です。
リビングが暗くなるのがいやというなら、ふつうのポリカ、車内が暑くならず、それでいて空も半透明でも見ることができるというのであれば、○日軽の熱線遮断ポリカを選択されたらどうでしょうか。
主観120%ですので、展示場で比べて見てください。ただし、○kkapはなかなかお目にかかることはできません。

つい最近、カーポートを設置した者です。はじめは骨組の方を研究し、やはりT?ex、○kkap、Tos・・mなどのメーカーがいいとの結論に至りました。
しかし、貴殿の言うとおり、実際展示場で見ると、骨組よりむしろ屋根材の方が重要と認識しました。
大手メーカーの屋根材を全部見て、実際炎天下でどれが一番いいかを判断するまでに2か月を要しました。結論は、普通のポリカでは色の差である程度違いがありますが、やはりかなり熱くなります(熱線を通します)。
T?ex、Tos・・mは同系列で熱線...続きを読む

Q千葉県中部と気候の似たヨーロッパの都市は?

出来れば西ヨーロッパで教えていただけるとうれしいです。(特にフランス)
回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

千葉県中部は山間部ですね。養老渓谷や上総亀山は盆地ですから夏は暑く、冬は寒いです。久留里とは10kmくらいか離れていませんが、気候は違うと思います。フランスでは冬のパリが似ているかな?ちょっと自信ありませんが。

Q壁量計算で屋根の種類によって床面積に乗ずる値

木造4号建物の必要壁量の算出に乗ずる値ですが
カラーベスト屋根の場合は軽い屋根の値(1階29、2階15)でよいですが
実務においてもカラーベストであれば軽い屋根用の値を普通に使っているものですか?
現在の構造用合板主流の工法では普通に壁があれば
重い屋根用(1階33、2階21)でもクリアできているかと思うので
実務上はカラーベスト屋根でも重い屋根用で計算しているものなのでしょうか?
建売クラスのコスト優先の建物の場合はどうでしょう?

Aベストアンサー

はい!軽い屋根で計算です。
コロニヤル洋瓦屋根も軽い屋根で計算して大丈夫です。
厚手のスレートと対して荷重は変わりませんから。

重い屋根は、日本瓦葺き以上の屋根だよ。

建売住宅も軽い屋根仕様ですから、軽い屋根の計算です。

以上

Qヨーロッパの中小都市の商業地はなぜ日本と比べる

多くのヨーロッパの中小都市は日本と比べると都市の規模のわりに中心部に商業店舗が密集し、栄えているように思えます。特にオランダなんかはKampenのような小さな町でも整然と商店が並び、同規模の日本の町と比べるとけた違いに栄えているように見えます。なぜ欧州は小さな都市でもあんなに中心部が栄えているのでしょうか?

Aベストアンサー

すでにお答えになった方々の見解が主たる理由なのでしょう。
ところで、ちょっと、脇道のことを、、、、
 
日本の住宅地でも最近開発されたところは、商店や飲食店は、住宅域と分かれていることが多いように思います。米国でも、住宅地とモールなどのあるところは離れていることが多いです。私などの感覚では、歩行範囲に最寄り商店があって欲しいのですが、どうもそのようには思わない人が多いようです。もしも、商店や飲食店は集中的に存在し、住宅地との混在は好ましくないと考える人が多ければ、半径10kmの範囲では、1箇所の中心にダウンタウン・商業地区・繁華街・(オフィス街、ビジネス街)業務地区を置き、その他の場所には作らないような心理が働くのではないでしょうか。
 
日本でも、江戸時代やそのもっと昔は、商店や飲食店は集中的に存在して、周辺部には散在しないということはなかったでしょうか。 昔の城下町の地図を見ても、狭いところに商家等が集中していたようです。
日本では、近代、現代になって急激な経済成長で地方でも活性化し、地方都市の中心部にも人口が集中したときに、従来の中心部だけでなくその周辺にも住宅が増え、その集中してきた住民対象に商店や飲食店、各種施設が、新地・新開地に出店したので、結果的に住宅と店が中心部の周辺に広域に広がったのではないでしょうか。それも鉄道沿線に沿うような形になったのことも影響しているのではないかと思います。
http://www4.city.kanazawa.lg.jp/11104/bunkazaimain/maizou/jouka-shuchi.html

すでにお答えになった方々の見解が主たる理由なのでしょう。
ところで、ちょっと、脇道のことを、、、、
 
日本の住宅地でも最近開発されたところは、商店や飲食店は、住宅域と分かれていることが多いように思います。米国でも、住宅地とモールなどのあるところは離れていることが多いです。私などの感覚では、歩行範囲に最寄り商店があって欲しいのですが、どうもそのようには思わない人が多いようです。もしも、商店や飲食店は集中的に存在し、住宅地との混在は好ましくないと考える人が多ければ、半径10kmの範...続きを読む

Q登記する建物の屋根の種類?

建物の登記を自分でしようと思っています

確認済証の屋根材量がケイカル板と書いてあるのですが

登記の時は なに葺きになるのでしょうか?


本を見ても良くわかりません

よろしく お願いします。

Aベストアンサー

「スレート葺」で良いと思います。

普通、ケイカル板は軒裏に貼る材料ですが…

Qドイツの都市システム?

学校の授業で、
都市システムの階層性について出ました。
 都市は成長の過程で、その周辺の村落を経済的に支配するようになる。都市がさらに成長して大都市になると、周辺の村落だけではなく他の小さな都市も、その都市圏に統合するようになる。このようにして都市は、他の都市とも密接に結びつき、村落を含めた階層的な形成をするようになる。東京などのように都市と村落を都市圏とするような大都市もみられる。

日本だと
東京のような大都市に、周りの小さな都市が結びつき
都市圏を形成している。(間違ってる?)

ドイツの都市システムとは
どのようなものなのでしょうか?

よく分からなくなりました
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

ドイツを数回旅行し各地を回ったことがある者です。
日本を「大都市を核に、周辺に中~小都市がいくつも集まって一体化した都市圏を形成している」と評するなら、ドイツは「全土に中都市が分散した構造で、日本ほど巨大な都市圏は見られない」と表現できるかと思います。

日本では人口100万人以上の都市が、東京特別区を筆頭に札幌、仙台、さいたま、千葉、横浜、川崎、名古屋、京都、大阪、神戸、広島、北九州、福岡と存在しその周辺に都市圏を形成しています。またこれらの都市は札幌と仙台を除いて、首都圏-福岡間のベルト地帯に集中して存在します。
これに対しドイツは8,200万人もの人口を抱えているのに対し、人口100万人超の都市はベルリン特別市(350万人)、ハンブルク特別市(170万)、ミュンヘン(125万人)しかありません。有名なフランクフルトですら人口はわずか65万人に過ぎません。
人口50万~100万規模の都市(ブレーメン特別市、ハノーファー、シュトゥットガルト、ケルン、ドレスデン、ニュルンベルクなど)まで「大都市・比較的大きな都市」として考えても、これらは国土の全域にほどよく分散して存在していて、日本の「大平洋ベルト地帯」のような極端な集中は見られません。
これらに加えて人口20万人や10万人クラスの個性あふれる中規模都市が各地に点在し、「地方分散・分権」を特徴とするドイツの都市構造を作り上げています。

ドイツでも近隣の都市との結びつきはありますが、日本よりは弱いものと思われます。例えば東京から東海道に沿って西に向かうと、川崎-横浜-藤沢-茅ヶ崎-平塚・・・と通過しますが、その途中の市街地・住宅地はほぼ途切れなく続いています。
ドイツで電車に乗ってある都市から別の都市に行く場合、大都市でも20分か30分もすれば周りは田園風景となり、そのまま乗っているとまた20分なりして隣の都市に着くというのが典型的な例です。このように隣接都市間で市街地・住宅地は明確に分離しているケースが多く、隣接都市間距離も日本よりある(40-80km)のが通常で、生活圏の重なりは日本ほどではないと考えます。日本と比べて、個々の都市が独立した構造とも言えましょう。

もし「階層構造」で考えるなら
日本 各階層における枝分かれは少ないが、階層が深い
ドイツ 階層は浅いが、階層の枝分かれは多い(各都市の独立性が高い)
と表現できると思います。

ドイツを数回旅行し各地を回ったことがある者です。
日本を「大都市を核に、周辺に中~小都市がいくつも集まって一体化した都市圏を形成している」と評するなら、ドイツは「全土に中都市が分散した構造で、日本ほど巨大な都市圏は見られない」と表現できるかと思います。

日本では人口100万人以上の都市が、東京特別区を筆頭に札幌、仙台、さいたま、千葉、横浜、川崎、名古屋、京都、大阪、神戸、広島、北九州、福岡と存在しその周辺に都市圏を形成しています。またこれらの都市は札幌と仙台を除いて、首都圏...続きを読む

Q設計士の方へ 屋根の下地の件

屋根の下地の件で教えてください。
屋根瓦は石州瓦、ルーフィングはゴムアスファルトルーフィングを使用します。
工法は在来工法で屋根の形は切妻の一般住宅の新築です。
下地板の件ですが、通常の屋根垂木を使用する予定で、(1)12mmの耐水合板(コンパネ)(2)12mmの針葉樹合板(構造用合板)(3)杉野地板12mm厚
この3種類からの選定で迷っています。
コスト面・メンテナンス面等総合的に幅広いご意見を伺いたいのですが、よろしくお願いします。
なお、屋根垂木を使わない工法もおすすめのものがあれば教えてください。

Aベストアンサー

単価的には下の方が仰っているとおりです。
一般的には、(2)の製品が頻度が多いです。

構造的には、合板類の方が杉板より水平剛性が優れています。
(建物を上から見て変形しない力、構造的には重要な要素です。)
それ以上優れているのが垂木をなくして直接梁 又は、母屋に
留める方法です。(構造用合板28mmなどを使用する場合)

ただ一般的には、垂木仕様で良いと思います。
水平剛性の取れる垂木-母屋を留める金物もありますので
よかったら使用してみてください。
(タナカのラフターロックという金物)

合板の欠点ですが、下の方が仰っている様に湿気には弱いです。
瓦仕様の屋根ですから水帰り作用の防げる勾配の4.5寸以上をお勧めします。
それ以下の場合は、流れ桟+引っ掛け桟仕様をお勧めします。
(予算があればどんな勾配であれ野地板と瓦の間に通気層をとる工法なのでお勧めします。瓦の留め方は、その地域にあった留め方はもちろんですよ。)

Q都市Aから都市Bまでの距離

 今、都市Aから都市Bまでの距離を計算するプログラムを作っているのですが、1つ疑問が出てきました。

 地球の丸みを考慮しない直線距離のとき430キロメートル離れた2つの都市で、地球の丸みを考慮して計算すると、633キロメートルという数字が出てしまいます。
 地球というのはこんなもんなんでしょうか?

 この数字が間違っているとしたら、直線距離から丸みを考慮した正しい距離を求める求め方をお教えいただきたいと思います。

 何かご存じの方、いらっしゃいましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

地球を球として考えた場合、
地球の半径をr、二地点間の距離をdとすると
求める距離は
r×arccos(1-((d/r)^2)/2)
ですね。
私が計算したら430.08キロメートルになりましたけど。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報