ネットが遅くてイライラしてない!?

カタログを見ると、「丸ノコ」「造作丸ノコ」「電子丸ノコ」「電子造作丸ノコ」とありますが、何がどう違うのかカタログ上ではわかりません。詳しい方、どうか教えてください。宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

すべて同じマルノコですが、



「マルノコ」と「電子マルノコ」違いは、電子制御にの部品がついているかどうかです。切る時負荷がかかると回転数が落ちますが、電子制御は回転を落とさないように働きます。ただ、使っている大工さんがその恩恵を感じているかどうかは疑問で、電子制御が入っていると値段が高くなるので、ほとんどの大工さんは普通のマルノコを買います。
「造作マルノコ」は厚みのあるしっかりとしたアルミベースに2本棒の平行定規(普通のは1本棒)がついています。ですから、精度の高い切断の時には必要でした。以前は普通のマルノコは鉄板ベースで、落としたりぶつけたりするとすぐに歪んでしまったため、大工さんはマルノコと造作マルノコを使い分けていました。ただ、最近のマルノコは、造作マルノコでなくてもアルミベース(造作ほどがっちりしていない)なので、ベースの丈夫さだけで造作マルノコを使っていた人は、造作より軽くて安い普通のマルノコを選ぶようになってきました。昔ははっきりしていた差が曖昧になってきました。でも、より精度を求める人は未だに造作マルノコを必要としています。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。造作はそれなりにいいところがありそうですが、電子は値段の割には…というところなのでしょうかね。

お礼日時:2006/06/21 19:24

造作は精度良く切る為に、ベースをアルミで厚く作り狂いをなくし、本体との接続部もがっちり作ってあり、平行定規が2本棒でガタを少なくしています。


これって良い材料(角材)を精度良くきれいに切る為のものなので、ねじれた木を切るのに能力を発揮するものではありません。くるいのとれた良い材料を使ってはじめて意味があります。チップソーも通常の50pよりも刃数の多い72pや90pを付ける場合が多く、切り口がきれいです。

電子マルノコは電子制御で回転の低下を抑えるので、まぁ普通のマルノコよりは硬い木とかの切断はよいと思います。

パワフルさはモーターの出力(1000W前後)で決まるだろうし、また、チップソーの良し悪しも影響します。
チップソーの板の精度、くるいにくさ(切断時熱を持つので)、チップの耐摩耗性などを考えると、いくら良いマルノコを買っても、安いチップソーを取り付ければその能力を発揮しません。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。なるほど、やはり材料や用途によっての「使い分け」が重要になるわけですね。

お礼日時:2006/06/23 20:58

#3の者です。


電子制御には電子制御の良さがあります。電動工具の種類によっては電子制御を選んだほうが良いものもあります。

マルノコに関して言えば・・・私は・・・
同じ能力で重量がちょっと軽いってぐらいの感覚しか持っていませんけど。電気カンナも、一時期電子カンナってあったけど廃番になってしまったなぁ。

でも、同じ電動工具でも種類によって価値観が変わるし、仕事の内容によっても変わりますので、一概に良い悪いは言えません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。マルノコって堅い木やねじれ等の狂いがひどい木を切る時歯の回転が渋くなったり、ガキッと引っかかったりする事があると思うんですが、電子だとそういった事が解消されるのでしょうか?というか、モーターのパワフルさを求めるのであれば、電子でなくても造作で十分なのでしょうか?度々で申し訳ありませんがご回答いただければ幸いです。

お礼日時:2006/06/22 19:49

基本的には普通の丸ノコと造作丸ノコの2種類かと思います。

それ以外の形容詞は付加的機能と考えたらどうでしょうか。電子丸ノコと言うのは、マキタのカタログによると『負荷を掛けても回転数の低下を少なくする機能』とあります。この機能はあるにこしたことありませんが無くても特には困りません。負荷を掛けて回転が下がったり止まってしまうような使い方の方が問題でしょう。他にもライト付とか集塵機能付き、スリムなど、或いはコードレスなどと色々とあります。自分の使用目的と希望価格などに合わせて選択されてはいかがでしょうか。
造作丸ノコはkiki_sサンの言われることに加えて、ノコ刃の角度を精密に調整できる機構が付いています。ノコ刃は90度とか45度などにセットして使いますが、普通のものを精密に直角や45度を出すのは至難ですし、機構的に出来ない場合もあります。概ね90度であれば良い時、例えば薪作りや材料の荒切り等に使います。
造作丸ノコはモーターが強力な感じがします。従い軽く綺麗に切断が出来るのかなと思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。なるほど、造作の方がより精密な切断が出来る構造になってるということなのですね。

お礼日時:2006/06/21 19:22

確実ではありませんが・・・



「丸ノコ」はすべて同じです。
「造作」
普通の丸ノコとの違いは材料に接する部分がアルミベースでノコ刃の傾きの微調整が出来る事と、
普通の丸ノコのスチール(鉄)ベースよりも安定した切断が出来ます。

「電子・・・」
モータを回す方法の違いです。
単純にモータを回す>直入れ(じかいれ)
インバータなどで電気的にモータを回す>電子式(あくまで俗称みたいです)

電子式と呼ばれているものには、
回転速度を変える事も出来る機種もあります。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。参考にしてみます。

お礼日時:2006/06/21 19:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qルーターとトリマーの違い

ルーターとトリマーの違い
あちこちのDIYの店へ行って、ルーターとトリマーの違いを尋ねているのですが、的確な説明をしてくれるお店が全く無くて困っています。
「ルーターではこんなことができるが、トリマーではできない」また逆に「トリマーではこんなことができるが、ルーターではできない」のように、具体的に、できれば画像入りでご説明いただけると有難いです。

ビットを装着したとき、被切削剤との位置関係がどうなるのか・・・被切削財とビットとの当たり面(加工を受ける一番大事なところ)の目視が(あの分厚いアクリル板を通して)正確にできるのか、など疑問は尽きません。

また、ビットは6mm径が標準のようですが、それ以外の径のビットは装着できないのでしょうか?
わたしは3mm径の金工用ルーターバーを多数持っているので、これが使えないと困ります。

申し遅れましたが、わたしがしたいのは主として、数mm厚のアルミ板の切削加工(長穴開け)です。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>ルーターとトリマーの違い  このことを説明しても、質問者の用途では、あまり意味がないかもしれませんね。 とりあえず。

両方とも、同じようなことを出来ます。まぁ、パワーの違いから、使用方法が少し違うくらいですかね。

もうご存知の通り、パワー(大きさ)が違います。  普通、ルーターは専用の作業台に取り付けて(ひっくり返して取り付けて、刃が作業台から少し出るような)、材料の方を送って使用します。 また、パワーがあるので、一回の切削量も大きく設定できたりする場合もあります。

しかし、ルーターには、固定式とプランジ式と2種類あります。普通、作業台に固定して使うのは、固定式の方です。 プランジ式(国産メーカーは、ほとんどこのタイプ)は、手に持っての使用もします。バネによって、刃を含むモーター部分が持ち上げられているので、削るときは押し下げて使用します。手を離せば、刃は浮かび上がります。 言葉で説明すると難しいので、日立やマキタの製品を見て下さい。一目瞭然だと思います。


トリマーは小型ですので、手に持っての使用です。薄い合板のくり抜きなどは、トリマーの領域ですね。

> ビットを装着したとき、被切削剤との位置関係がどうなるのか・・・被切削財とビットとの当たり面(加工を受ける一番大事なところ)の目視が(あの分厚いアクリル板を通して)正確にできるのか、など疑問は尽きません。

これについてですが、トリマー、ルーターともに、フリーハンドでの使用はほとんどしません。ガイドを取り付けての使用、定規にあてて使用、冶具を使用。 精度を要求しないところでは、フリーハンドで使用するいこともありますが、慎重にやらないといけません。意外と思い通りには動いてくれませんよ。(特に切削量が多いと)

よって、刃の出し具合、切削位置に合わせてガイドの調整、または、冶具を使って、精度の高い加工をします。 ですから、事前に準備して行うので、切削するときはガイドや冶具に沿わせて動かすだけです。 よって、それほど目視をする必要が無いのです。 また、じっくり見たいなら、ゴーグルは必須です。何が目に飛んでくるか分からないですからね。 正直、見やすいとは言えません。

>また、ビットは6mm径が標準のようですが、それ以外の径のビットは装着できないのでしょうか?

3ミリ用のコレットチャックは、メーカーも用意していません。市販の製品に3ミリコレットチャックがありますが、それが使用する工具にあうとは限りません。 どうしてもというなら、鉄工所で作ってもらうしかない思います。

そもそも、トリマーもルーターも木工加工用です。 中には、アルミ程度の金属加工に使用している人もいるみたいですが、あくまで自己責任です。 でも、そのままでは回転スピードが速すぎるみたいで、スピードコントローラーで回転数を落としているみたいです。 切削ビットは、金属加工用エンドミルでした。

小さいアルミ板に長穴加工なら、安い輸入フライス盤の購入をお勧めします。 大きい板への加工なら難しいですね。 その場合、私なら、トリマー用に長穴用の冶具を作って、アルミ加工専用のエンドミル(6ミリ軸の製品)を買い、スピードコントローラーで回転数を落としてやりますね。ゴーグルは、必須ですよ。 これらの使用方法も、自己責任です。もし、本当にやられるなら、下調べを十分にしてください。冶具の作り方等は、トリマーの本でも買って勉強する必要があるでしょう。

>ルーターとトリマーの違い  このことを説明しても、質問者の用途では、あまり意味がないかもしれませんね。 とりあえず。

両方とも、同じようなことを出来ます。まぁ、パワーの違いから、使用方法が少し違うくらいですかね。

もうご存知の通り、パワー(大きさ)が違います。  普通、ルーターは専用の作業台に取り付けて(ひっくり返して取り付けて、刃が作業台から少し出るような)、材料の方を送って使用します。 また、パワーがあるので、一回の切削量も大きく設定できたりする場合もあります。

し...続きを読む

Q電動丸鋸の刃で165mmと190mmの違いは?

電動丸鋸を買おうと思っています。
そこで教えていただきたいのですが、165mmの刃が付けられるタイプと、190mmの刃が付けられるタイプがありますが、どちらを選べばよいのでしょうか?

言い換えると、165と190では使用目的が違うのでしょうか?
それとも、特別に意味はなく、単に切断能力の違いだけなんでしょうか?

値段的にはさほど大きな差もありませんし、190mmの刃が取り付けられるものでは165mmの刃も付けられるようなので、「大は小を兼ねる」ではありませんが190mmの刃が付けられるタイプのものにしようかと悩んでいます。

詳しい方がいらっしゃいましたら、お教えください。

Aベストアンサー

165mmに比べて190mmのほうが、およそ10mmほど厚いものが切れます。
前者は56~57mmくらい,後者は67~68mmくらいまでの厚さが上限でしょうか・・・。

Qジグソーと丸ノコ、先に購入すべきなのは?

手ノコに疲れたので電動ツールを物色中ですが、
ジグソーと丸ノコってどちらが優先度高いですか。
ジグソーが丸ノコを兼ねるとも思えないですが、
実際のところはどうなのでしょうか。

あらかじめ採寸して、直線カット程度はホームセンターで
頼んでいましたが、家でもバリバリカットできると嬉しいです。

Aベストアンサー

見習い大工のマサルです。
基本的にジグソーはいらないと思われますよ。
まぁ危険度はありますが丸鋸をお勧めします。
私も大工しているので時たまジグソーがあると便利だから
購入しようかなぁ~何て時もありますが、
私ですら滅多に使いません。
もし家具製作でRを沢山細工したいと言う場合は
私は逆に糸鋸盤をお勧めしたい位です。
それ程高精度のアールを付けるにはジグソーではかなりの慣れが
必要ですし、自作で(市販は直線定規のみ)R切断対応の
定規でも製作すればバンバン使えますがね・・・。
そんな理由で私は丸鋸をお勧めします。
あとはサイズですが、145mm、165mm、190mmの刃サイズが
一般的ですね。
145mmは使った事が無いので分かりませんが、
165mmが大体6cm弱を切断可で、190mmが大体8cm弱
切れたと思います。
どういうサイズの材料を使うかによりますが大工さんだと、
刻み(プレカットでなく墨つけして構造材を加工する事)をする場合
位ですね。基本は165mmを使って仕事をします。
1回で切れない材料は曲尺(まがりじゃく様はさしがね)で
鉛筆墨を出して上下2回で切ります。それが大工さんの基本
みたいな感じです。まぁ大工さんにもよりますが。
慣れと曲尺の精度で綺麗な断面で切れます。
私としては165mmの丸鋸をお勧め致します。
あと最後に丸鋸は大変危険な道具では有ります。
(モーター付いてるから当たり前!!)
材料を沢山手鋸で切るのは大変だから丸鋸は出来ました。
正しく使用し、安全を配慮すれば楽しく楽にDIYをやっていけます。
正しくとは、丸鋸の進行方向の前後に絶対に!!!!!身体を
入れてはいけない。キックバックしても身体が無ければ怪我しません。
自分が材料を真っ直ぐ切れないと認識しているなら必ず市販の定規
を購入、使用する事。(例:Lアングル、フリーアングル、
丸鋸同梱定規等)Lアングルなんかは確かに高価な定規ですが
楽に直線切断が出来るだけでなく、キックバックも起こしにくい
です。(キックバックの原因は材料に丸鋸の刃が挟まれて、
回転に合わせて戻ってくる現象です)丸鋸使い不慣れで真っ直ぐ切ってるつもりで曲がって切ってるのに無理にきつくなっても切ってると
キックバックが起こります。
逆に正確に真っ直ぐ切れていると、丸鋸の方が軽くですが前進して
行くので、切れ味は軽く「す~」っと切れます。少しでも
曲がると重たくなります。後はいつキックバックしても
いい様にというかいつ来ても良い様に心の片隅で身構えて居る事も
大切です。電動工具とはどれもそうですが、道具それぞれが持つ危険を
認知した上で、対処法を理解しいつ何時起きても対処出来るように
心の準備をしておく事が電動工具を使う上では一番大切な事です。

見習い大工のマサルです。
基本的にジグソーはいらないと思われますよ。
まぁ危険度はありますが丸鋸をお勧めします。
私も大工しているので時たまジグソーがあると便利だから
購入しようかなぁ~何て時もありますが、
私ですら滅多に使いません。
もし家具製作でRを沢山細工したいと言う場合は
私は逆に糸鋸盤をお勧めしたい位です。
それ程高精度のアールを付けるにはジグソーではかなりの慣れが
必要ですし、自作で(市販は直線定規のみ)R切断対応の
定規でも製作すればバンバン使えますがね・・・...続きを読む

Qコンパネt12mmと構造用合板t12mmどっちが強度がありますか

 日曜大工で物置を作っています。コンパネは白くてきれいですが、構造用合板

 のほうが安いんです。このカテゴリー 金属関係と屋根関係については、

 回答者になれるんですが、木工は良く解らないので、ご指導よろしくおねがいします。

 

Aベストアンサー

構造用合板には強度の区分がありますが、コンパネは表面の粗さの規定しかありません。
よって強度は構造用合板の方が安定していると申し上げられます。
参考までに、
構造用合板1級では、曲げ、圧縮強度、曲げヤング係数が規定されています。
針葉樹が多い2級では曲げヤング係数だけが規定されています。
枠組み壁工法では壁倍率によって使い分けられています。

コンパネは完全耐水合板とも呼ばれるように湿潤状態に強く出来ています。
しかし構造用合板はコンパネと同等(1類)もしくはワンランク上(特類)の耐水性能を有しています。
これは主に接着剤の分類から来る特性です。
詳しくは検索サイトから情報収集してください。

ただし、建築対象が『物置』ならばどちらでも大差はありません。
板表面のきれいさを取るなら「コンパネ」、コストと強度を取るなら「構造用合板」と考えてください。
ちなみに、私が営業で物置を作る場合の材料の選択要素は「安い方」です。
オマケですが、両者は微妙に大きさが違うことはご存知ですね。
コンパネは1800×900、構造用合板は1820×910です。

構造用合板には強度の区分がありますが、コンパネは表面の粗さの規定しかありません。
よって強度は構造用合板の方が安定していると申し上げられます。
参考までに、
構造用合板1級では、曲げ、圧縮強度、曲げヤング係数が規定されています。
針葉樹が多い2級では曲げヤング係数だけが規定されています。
枠組み壁工法では壁倍率によって使い分けられています。

コンパネは完全耐水合板とも呼ばれるように湿潤状態に強く出来ています。
しかし構造用合板はコンパネと同等(1類)もしくはワンランク上...続きを読む

Q電動丸のこ・電動ジグソーどちらがいいですか?

電動丸のこ・電動ジグソーどちらがいいですか?
こんにちわ。日曜大工は好きだけれども素人の女性です。
棚、小物製品は作ったことありますが、はっきり言ってのこぎりはまっすぐ切れません。そんな者が今回、下記の物作りを考えてます。(思い出があるので捨てがたい、処分するには費用が高くつく事が理由かな)
そこで電動丸のこが便利かなと思い、調べていると切断面もきれいで早く最適、でも危険な道具と書かれてあり(結構危険さを強調するサイトが多い)、以前何も知らずに卓上丸のこを使い、最初音にびっくりし、怖かったけど数回板を切断したことがあり、「よく怪我しなかった事」と改めて恐ろしくなりました。
ジグソーはと言うと、切断面はいまいちで、時間もかかるが危険は少ないからよさそうだけど一度も使ったことがないので、切断面・時間(切れずにいらいらするか等)どんな感覚かわからず、悩んでます。
(今後も作業はほとんど直線しか切らないと思いますが)使用目的、頻度によって違うでしょうが、意見をお聞かせください。

また、工具選びは良いものの方が作業がしやすいとのことなので良いメーカー・サイズなど教えてください
一応マキタ・日立がよく、丸のこなら165mm、造作丸のこがよい、プロ用のほうが良い。とここまでは調べました。(価格もその程度を考えてます)


今回の一番目的は
    昔昔の木製事務用机を切断しパソコンラック(座卓タイプ)へ。
     天版は厚み3cmぐらい、他ベニヤ等(足は5cm角ぐらいですがそれはのこぎりを考えてます。)

その他、これも昔昔の小型タンス、小型置き台などの解体して廃材利用としてガーデン用の何かに使えればよいと考えてます。厚みは最大でも3cm前後です

よろしくお願いします。

電動丸のこ・電動ジグソーどちらがいいですか?
こんにちわ。日曜大工は好きだけれども素人の女性です。
棚、小物製品は作ったことありますが、はっきり言ってのこぎりはまっすぐ切れません。そんな者が今回、下記の物作りを考えてます。(思い出があるので捨てがたい、処分するには費用が高くつく事が理由かな)
そこで電動丸のこが便利かなと思い、調べていると切断面もきれいで早く最適、でも危険な道具と書かれてあり(結構危険さを強調するサイトが多い)、以前何も知らずに卓上丸のこを使い、最初音にびっく...続きを読む

Aベストアンサー

マルノコは、刃が回転して切っていくので切断速度は速いです。
ジグソーは糸鋸と同じで上下運動で切りますのでパワー的には少々という感じですね。
マルノコはコワイ!と書いていらっしゃる方が多いですが、
回転部分は見えていますから、そこに指を持って行かない
コードを切断しないように反対に避けておく。等を気をつけたらさほどのことは無いです。
ただ、一度お使いになった卓上マルノコの方が、
回転が逆で切り粉が奥へ飛ぶのでマルノコより安全性は高いです。
動く刃の場合は、刃先部分が動いているときは半透明になり見えにくいので
そこに手をやらないように注意です。
ただし、今回はそのときしか使わないなら
ホームセンターでレンタルもしていますから、そちらをお使いになった方が良いのでは?
使ってみて、これなら色々使える!と思われたら購入されてはいかがですか?
また、家具を解体するときはバールや釘抜きドライバーなどで
釘やステープル・ネジを抜いていけば、板や角材に分解できます。
くれぐれもマルノコ等で切らないように!
釘に当たると歯が折れますよ。(切れるものもありますが、後で組み直すときの為にも抜きましょう)
また、ジグソ-を買われるときは オービタル機構が付いているものを買いましょう。
木材を切るときに刃が前に前に出てくれるものです。自分で押さなくて良いので楽に切れます。
ついでにマキタ等、プロ向けのマルノコは、今は深切りタイプが主流です。
軽くて使い勝手が良いです。リョービの147mmの深切りを私も愛用しています。オススメ。
http://item.rakuten.co.jp/makita-shop/w571ed/
女性が使うなら、これぐらいの軽さまででしょうかね。(2.3kgのようです)
参考までに・・
楽しくDIYできるといいですね。
私は、自宅のお風呂の壁を塗ろうかなあ・・と計画中です。
お互いにケガしないように頑張りましょうね!

マルノコは、刃が回転して切っていくので切断速度は速いです。
ジグソーは糸鋸と同じで上下運動で切りますのでパワー的には少々という感じですね。
マルノコはコワイ!と書いていらっしゃる方が多いですが、
回転部分は見えていますから、そこに指を持って行かない
コードを切断しないように反対に避けておく。等を気をつけたらさほどのことは無いです。
ただ、一度お使いになった卓上マルノコの方が、
回転が逆で切り粉が奥へ飛ぶのでマルノコより安全性は高いです。
動く刃の場合は、刃先部分が動いているときは...続きを読む

Q大工さんへ フロア張りの時の釘の種類について質問

タイトルの通りです。  よろしくお願いします。

フロア材を張るときに、エアの釘打機(ネジ釘、ブラッドネイル、タッカ)でフロア材を固定しますが、どの釘の種類を使うかは、フロア材メーカーの指定によるものでしょうか? それとも、建築会社の規定?、大工さんの自己判断? 

最近のフロア張りに使う釘は、どれが主流なのでしょうか? タッカなら何ミリ幅ですか?

個人的な興味と、近い将来、フロアを張り替えるときのエア工具購入の参考にしたいので、質問しました。 

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

見習い大工のマサルです。
フローリングの同梱の説明書によると未だにフロア釘(手打ち)で施工
して下さいと書いてあります。ほぼ全てのメーカーでそうです。
しかし現在の技術の発展そしてハウスメーカー等の超短期工期の為
コンプレッサーを使用したエアタッカー(簡単に言うとホチキスの
針の太い奴とお考えください。昔は肩幅10mmほどの大型機械
でしたが、タッカーを打ったところの仕上げ面が盛り上がってしまう
不具合が結構ありましたので現在は4mmの幅のタッカーです)
での作業効率を求められているため、使っているのです。
作業効率がよくしっかり止まります。
しかし初期投資が凄いですよ。
エアコンプレッサは大工道具を使う場合はマキタ、日立等メーカー品
が良いと思います。価格は大工さん買いで15万円前後、エアタッカーが5万円位、エア工具は結構高額ですのでそれ程頻繁に使う予定が
無ければ購入は控えても良いと思います。
基本フローリングはフロア釘で十分ですが、同時にコツも要ります。
フロア施工はオス実に斜めにフロア釘を玄能で打ちます。
ある程度フロアに近づいたら釘締めと言われる道具を使って、
釘を打ち込んで行きます。この時打ち間違えてフロアを傷付けたり、
釘締めが外れてフロアに刺さったり…。
大工さんの道具は素人さんでも簡単に大工さんの仕事が出来るように
開発されている様なものです。
ごくごく個人的な意見ですが、フロア施工にはフロア釘が一番です。
私は1番抜けにくいと思います。理由は釘自体に抜け止め加工がされて
いるためです。フロアタッカーの釘も表面に色がついてますが
あの部分が糊になっていて刺さると抜けにくくはなっています。
フロア施工には同時に根太ボンドと言われる物をお使いください。
白ボンドですと乾いても上手くくっ付かず床鳴りの原因になる場合が
ありますが、根太ボンドですとしっかりくっついて固まりますので、
大変良いボンドでクレームも少ないです。ですが手に付くと落ちにくい
です。あと仕上げ面にはみ出した場合奇麗に拭き取って下さい。
白ボンドですと硬化したら透明になり、ちょっとしたはみ出しは
気にならない位ですが、根太ボンドは色がそのままですので、
しっかり硬化前に拭きとらないとカッチカチにかたまりますので
大変剥がしにくいです。

見習い大工のマサルです。
フローリングの同梱の説明書によると未だにフロア釘(手打ち)で施工
して下さいと書いてあります。ほぼ全てのメーカーでそうです。
しかし現在の技術の発展そしてハウスメーカー等の超短期工期の為
コンプレッサーを使用したエアタッカー(簡単に言うとホチキスの
針の太い奴とお考えください。昔は肩幅10mmほどの大型機械
でしたが、タッカーを打ったところの仕上げ面が盛り上がってしまう
不具合が結構ありましたので現在は4mmの幅のタッカーです)
での作業効率を求めら...続きを読む

Q電気カンナのかけ方

つい最近、60mm幅の電気カンナを購入しました。
幅、20cmの板を削ると段差が出来てしまい更に段差を削るとまた段差出来てしまいます。削る深さを変えながら行っているのですが綺麗に出来ません。
良いアドバイスをお願いいたします。初心者です。

Aベストアンサー

見習い大工のマサルです
基本的に電気鉋は刃幅より広い材料を削る場合には
順々に横に移動しながら削ると削る量が一定なので平らに
仕上がる設計です。
しかし上手く使いこなせないとやはり仕上がり面がガタガタに
なってしまうので、手鉋があれば手鉋で仕上げると良いですよ。
やっぱり新品の電気鉋刃でも手鉋には仕上がり具合はかないませんし。
あと電気鉋で段差を無理に平らにしようとして斜めに使って削ると
平らに仕上げるのが大変です。はっきり言って段差を解消する為の
方法と思われます。まぁそういう使い方も慣れると平らに仕上がるの
でしょうが、めんどくさすぎですし、そういう使い方は少々危険です。
手鉋も初心者ですと色々面倒臭い刃研ぎ、鉋台の調整等、慣れるまでは
大変かもしれませんが、身に付けると鉋刃は長年使えますし、
鉋台も結構長持ちするので経済的にはお得です。
安い手鉋も1万5千円位でもありますし。
少し話が反れましたのでもどりますが、
どう上手く使っても段差が付く場合は手鉋で仕上げた方が
良いと思います。電気鉋だと上手くうす削りで調整しないと
平らにならないですからね。
手鉋だと2ミリ3ミリ削るのって結構大変ですし、基本うす削り
の使い方ですので微調整も慣れてくると出来ますし
良いと思うのですが…。
まぁ、鉋刃の刃研ぎは少し難しいというか刃の研いでいる面が
丸くなると良くないですので平らに研げるようになるまでには
少々時間が掛かります。
ですが、覚える価値はあると思いますよ

見習い大工のマサルです
基本的に電気鉋は刃幅より広い材料を削る場合には
順々に横に移動しながら削ると削る量が一定なので平らに
仕上がる設計です。
しかし上手く使いこなせないとやはり仕上がり面がガタガタに
なってしまうので、手鉋があれば手鉋で仕上げると良いですよ。
やっぱり新品の電気鉋刃でも手鉋には仕上がり具合はかないませんし。
あと電気鉋で段差を無理に平らにしようとして斜めに使って削ると
平らに仕上げるのが大変です。はっきり言って段差を解消する為の
方法と思われます。まぁ...続きを読む

Q角材の挽き割り

10cm角程度の角材を丸ノコで挽き割りしたいです。
今使っている丸ノコでは負荷がかかったりすると僅かに直角からずれて切れてしまいます。
裏表一回ずつ挽くのでなるべく正確に挽きたいです。
このような用途ですが剛性の最も高い丸ノコを教えてください。

なお、卓上コンターと安物のテーブルソーありますが設置場所の関係で丸ノコで切りたいのです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私なら、日立 C6 UVY(SG) を選びます。

ただ綺麗に切るためには、材料の固定を含めて準備が重要になると思います。

Q丸ノコのブレーキがあまくなった

電動丸ノコのブレーキがあまくなりました(ほとんど効かない状態)。部品交換等で対応できるものか、経年劣化によるものか。対応がわかりません。

Aベストアンサー

No.2です。
 40年近く電動工具の修理してきました。とんでもない回答があるので念のため。
 丸鋸のブレーキは切替スイッチで切り替えて誘導電流(回生電流)を短絡させているだけです。スタータにコイルがクルクルっと余計な回路があるだけです。今はブレーキ付きとなしでは価格差はほとんどなくなりましたから、ブレーキ時の反動が問題にならない小型の物はほとんどブレーキつきです。
 ブレーキがかかると反って危険な8インチより大型には、ブレーキなし、二重絶縁でない機種もあります。二重絶縁は重作業で長時間使用するとプラスチックが軟化して壊れてしまう。

 ブレーキが利かなくなるのは、回生電流がうまく流れないときですから、ブラシの交換ととコンミ面の研磨で直るはずですが・・・。アマチュアやステータの焼損の場合は高くなりますが、どちらか一方の交換なら日立やマキタでしたらそれでも新品より安くつくはず。二流メーカーは法外な修理価格になるか、そもそも修理できません。
 ちなみに、コンミ面の研磨とブラシ交換でしたら、2000円弱です。

Q切断した木の切り口を真っ直ぐにするには?

木の板を切断してちょっとした台を作ろうとしています。

切断した板の切り口を鉋で真っ直ぐにしようとしたのですが、
どうもうまくいきません。
切断面を下にして立ててもやはり垂直に立たず、倒れてしまいます。
なんとか不安定ながら自立できる状態に持っていっても垂直にはたってくれません。
そんな調子でかなり長時間粘ってみたのですが、全くうまくいきません・・・。
今は家の柱を奇跡の産物のように見ています・・・。

私が初心者なので、アドバイスをもらってもいきなり完璧にできるとは思いませんが、
何かコツ等があれば教えてもらえませんか?
言葉で説明するは本当に大変だと思うので、恐縮ですが。

Aベストアンサー

素人の場合、手カンナで修正するのは無理に近いのであきらめましょう。
特に必要な部材が一つではなく複数あり、長さもそろえなければならない場合には、困難を極めます。

一番良いのは切断時に、きちんと垂直を出すことです。失敗したらやり直しです。
で、一番正確に切断できるのは、テーブルソーなのですが、非常に危険だし場所もとるもの(簡易的な丸鋸スタンドは精度が出ません)なので、次に使える道具としてはスライド丸鋸です。
何度か試し切りして90度を出しておけば何回でも正確に切断できます。
柱状のものだと卓上丸ノコがよく使われます。

ただスライド/卓上丸鋸もない、あるいは木材の幅が広くてスライド/卓上丸鋸では切断できないものになると、電動丸鋸+ジグで切断することになります。

ジグは用途に合わせて色々工夫して自作します。
また、切断時には必要以上に力を入れず、丸鋸は安物ではなく造作用のもので精度が出るものを使います(安物はフレームがたわみやすく垂直が出しにくいです)。

技量がない分は道具でカバーするというわけです。

後からの修正ですが、電動カンナ、ルーターなどで修正できなくはありません。
ただこれらも勿論工夫したジグを使います。

残念ながら図を見せられないので、どういうジグを使うのかが説明困難なのですが....

素人の場合、手カンナで修正するのは無理に近いのであきらめましょう。
特に必要な部材が一つではなく複数あり、長さもそろえなければならない場合には、困難を極めます。

一番良いのは切断時に、きちんと垂直を出すことです。失敗したらやり直しです。
で、一番正確に切断できるのは、テーブルソーなのですが、非常に危険だし場所もとるもの(簡易的な丸鋸スタンドは精度が出ません)なので、次に使える道具としてはスライド丸鋸です。
何度か試し切りして90度を出しておけば何回でも正確に切断できます...続きを読む


人気Q&Aランキング