今週の木曜日、賞金クイズ番組を見ていたら、「三途の川の渡し賃はいくらか」という問題がありました。答えは6文(天界、人界、餓鬼道など6つの世界の担当者に1文ずつ払わなければいけないから)だったのですが、そんな言い伝えは聞いたことがなかったのですが、何が根拠なのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんにちは。



これは六文銭、あるいは六道銭とも呼ばれる習慣で、結構一般的です。#2の方も書かれているように、現在は(金属は火葬に適さないため)紙に印刷されたものを棺に入れていますね。名前からして、穴あきの寛永通宝が一般化した江戸時代以降に一般化した風習のようです。

もともとは、六道のお地蔵さんにひとつずつ渡せるよう死人に持たせたのでしょう。六道というのは天上、人間、修羅、畜生、餓鬼、地獄の六つの世界で、成仏しなかったものはこのうちのどれかの世界に生まれ変わるという考えから、どこに生まれてもいいようにそれぞれの世界を見守る地蔵さんにいわばお賽銭を持たせたわけです。(お墓へ行くと、よくお地蔵さんが六体ならんでいますよね)

地蔵信仰は平安時代の末ぐらいからありますが、六道銭の記録は近世のものしかありません。恐らく、このお金を「三途の川の渡し賃」と俗に言うようになったことがきっかけで、近世になって急激に広まったのでしょう。
本当に渡し賃ならば一文でも三文でもいいはずですからね。(枕団子を六つ作るなど、葬儀前後の民俗にはこの「6」という数字が沢山でてきます)

専門的には、紙銭を燃やす中国の風習が伝来したもの、という説を唱える人もいますが、かつての貴人の古墳に鏡を入れた伝統が金属である小銭を入れる風習となって残り、やがて仏教的に解釈されてこれが6つとなり、さらに「三途の川の渡し賃」といわれるようになって広まった、という説に説得力があります。

基本にある民俗的な習慣と表面に見える仏教的なものが混交しているわけで、特定の角度から見ただけでは割りと分かりにくいのが仏教の習俗の特徴ですね。
    • good
    • 4

こんにちは。


「六文銭」って割に一般的だと思うのですが。
今もお葬式の時に棺桶に「六文銭」と書いた紙(昔は本物を使った)を入れる事があります。
三途の川ですから、当然、仏教の考えですね。
その六文がないと衣を剥ぎ取られてしまうそうです。
何故六文なのかはやはり六道(輪廻する世界の数)から来ているのでしょう。
この考え自体は古く、「義経記」には既に記述されているようです。
また、真田幸村で有名な真田家の旗印としても有名ですね。
死をも恐れぬという意味だったと思います。
まあ、義経の時代には「文」ではないでしょうから、
六文となったのは戦国時代以降でしょうけど。
    • good
    • 0

ほんとだ~


検索したら沢山出てきました。
検索サイトで
『三途の川の渡し賃は』
沢山出てきました。
どれが本当か解かりませんが
参考にして下さい。

参考URL:http://yahoo.co.jp/
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q白ヘビの言い伝え

 生徒のレポートに、「白ヘビを殺してはいけない」「白ヘビの墓がある」という内容を祖父から聞いたというのがありました。
 各地でこれに関する言い伝えはありませんか?
 その言い伝えの理由は何でしょうか?

Aベストアンサー

福岡出身の者です。

「白ヘビを殺してはいけない」と良く聞きますね。身内・知人の話で共通しているのは、白ヘビを『やじらみ』と呼び、各家に守り神として住んでいる、という内容です。

昔から、「白ヘビは神の使いだ」とか各地方で言われていたと思いますが? この点は専門の方からの詳しい回答を待ちましょう。

Q庭の踏み石に碾き臼を一つ使うほうが良いという言い伝えと実践はあるのか。

現実にい碾き臼が使われているし、タイトルをチラと聞いた。

Aベストアンサー

#1です
使える物を有効利用という意見もわかりますが
個人的にはやはり「食物を作る物を足の下に敷くのはなぁ・・」と抵抗があります(^^;)
面白そうなので言い伝えが近隣にあるのか年配者に聞いてみます

Qエジプト・イスラムの言い伝え

こんにちは。日本にはたくさん神様がいますが、妖怪も同じくらいいっぱいいますよね。エジプトにも多くの神様がいますが、妖怪はいるのでしょうか?
(イスラム教ではジン・シャイターンなどが有名ですが…かれらは何かを説明する「妖怪」なのでしょうか?)

エジプトを中心に、イスラム圏に伝わる昔話・妖怪話・言い伝え・迷信などご存知の方がいらっしゃいましたら、ぜひぜひ聞かせてください^^

Aベストアンサー

 妖怪ではないですが、怪物であれば「スフィンクス」がいますよね。

 また、イスラムに限定しないで、もう少しさかのぼって、ペルシャやオリエントの神話ということであれば、怪物とかもいろいろと出てくると思います。
 オリエントであれば、ギルガメッシュの神話がありますし、ペルシャだとザッハークなんかがいます。

 ご紹介するサイトは私がよく使うサイトです。神話関係のデータベースで、ぱらぱらと見るだけでも、面白いですよ。

 また、以下のような本でもお探しの情報が載っているかもしれません。(内容を確認していないので、自信はないのですが・・・・)

http://books.yahoo.co.jp/bin/detail?id=30418387
http://books.yahoo.co.jp/bin/detail?id=31366029

 以上、参考にしてくださいね、これで失礼します。 

参考URL:http://www.pandaemonium.net/

Q韓国では七夕の日に降る雨は何と言い伝えられているでしょうか?

7月7日は七夕☆

梅雨の時期の為、雨の可能性が高いですよね。
韓国では七夕の日に降る雨は何と言い伝えられているでしょうか?
(解答受付期間:07/04~07/10
 次回は07/11以降です)
Answer
A1.会えない涙
A2.再会の喜びの涙
A3.その年1年が豊作になる
A4.悪い事が起る前兆

Aベストアンサー

A2.再会の喜びの涙

のようですね。
http://tanabata777.com/kaigai/korea.html

Qあるファッションを”流行っている”といえる根拠

テレビで芸能人が「この服は流行っている」とか「この色はこれから流行る」と言うのをよく見ますが、
何を根拠にしているのでしょうか。

Aベストアンサー

過去の質問と回答で、このようなものがありました。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1048158755


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報