最近、テレビで現代病として「物忘れ」が増えていると言っていた。具体的には人の顔は覚えているが、名前を覚えられないというものでした。これを聞いた時に私は映像を目でみたときのほうが、言葉を聞いただけよりも記憶に残るということなのかな?と思ったのですが、実際にそうなのだとしたら詳しくその理由を知りたいです。今日、図書館に行って調べてみようと思ったのですが、あいにく閉まっていて調べることができませんでした。是非教えて下さい。
 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

人間は、視覚に特化した存在だという事。



例:
(1)視覚(目で見る)から情報が入力される。
(2)情報は、視神経処理ルートに入る。
(3)また左右の視神経が交差する地点で、高次の分野にも情報が伝わる。
高次の分野では、過去の情報(言語・学習情報など)が、視覚入力情報に近い情報との、比較・類推を行いつつ、視覚野にもその処理過程を伝える。
(4)視覚野での処理を受けながら(色の認知野・形の認知野など40以上(?))、同時平行的に高次の処理分野からフィードバックの形で伝わる情報が複合して進行する。
(5)最終的に、視覚野での処理(視覚面での最終処理)と高次(記憶・言語・状況など)の処理で最終結果としての答つまり、見たものは何か?を認知する。

以上の(5)で、見たものは何か?の回答に、「テレビに映ってる人間の顔」までは出るが、「名前が出ない」状態は:言語野の名前の記憶と情報マッチに該当する情報出ず。(名前の記憶のシナプスと視覚情報のシナプスで結合出来ず。つまり電気化学的に信号流れず。)

といったところでは、不足でしょうが、上記は例えば「猫のシッポ」だけが家具から出てるのを見た場合、視覚野処理と同時に「猫を飼ってる。飼い猫のしっぽの記憶」との高次野とのやり取りがある、と言う事。じゃなきゃ、猫のシッポと認識出来ないでしょう。結果で「猫のシッポに似たモップ」と出ても実は「猫のシッポ」だったら、これは誤認でしょう。
そして、猫のシッポは何万も情報は無い。かつ「相貌認識」(膨大な人の顔のみ担当。顔の相貌認識をして記憶野に送ってる。一生の間にどれだけ顔を見るか?)のと「言語記憶野」の結合がルートが薄ければ(頻繁に、或は最近結合経験が行われて無ければ)「顔」は知ってるが、名前が出て来ない」状況になると思います。
最後に「記憶野」とは、間違った表現です。記憶してる物質自体もかなり絞られて解明されてますが、素人のオシャベリはこの辺で。
参考物件として:基本の基本2冊とチョット変わった2冊
脳と心の地形図―思考・感情・意識の深淵に向かって/リタ カーター (著)/ Rita Carter (原著)/ 藤井 留美 (翻訳)/ 養老 孟司 (その他)/
(¥2,400/原書房 /ISBN:4562032707 )

唯脳論 /ちくま学芸文庫/養老 孟司 (著)/
(¥880/筑摩書房 /ISBN: 4480084398)

脳とクオリア―なぜ脳に心が生まれるのか/茂木 健一郎 (著)/ (¥3,200/日経サイエンス社/ISBN: 4532520576)

脳と心の正体―神経生物学者の視点から 科学のとびら/平野 丈夫 (著)/
(¥1,200/東京化学同人/ISBN: 4807912801)
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q糖が覚えられない・・・なにかよい覚え方を

お願いします。

でんぷん→マルトース→グルコース
マルトース=麦芽糖

スクロース→グルとフル
ガラクトース→グルとガラ

などなどです。
フルクトースはフルーツのフルで果糖
ラクトースはこじつけですが酪農の酪で乳糖

この二つはよく覚えられるのですが
マルトースが麦芽糖なのと
でんぷん→マルトース→グルコース
スクロース→グルとフル
ガラクトース→グルとガラ

がちょくちょくK混同してしまい困っています。
英語の意味、もしくは語呂でもなんでもかまいませんので
記憶の増強に役立つ知恵をお貸しください。
よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

こんにちは。
まず、ラクトースとガラクトースが混乱してます。
ラクトースは乳糖、グルコースとガラクトースから出来ています。

それから、マルトース(麦芽糖)の語源は「モルツ」です。
どっかのビールにありましたね。
意味は麦芽。

あと、覚え方ですが順序が逆です。

単糖類をまず覚えてください。
グルコース、フルクトース、ガラクトースです。

次に2糖類は、マルトース、サッカロース、ラクトース
になります。
マルトース = グルコース + グルコース
サッカロース= グルコース + フルクトース
ラクトース = グルコース + ガラクトース
というように、全て、グルコースに、さっきの単糖類のどれかがくっ付いた物です。

でんぷんは、麦にも含まれてるので、マルトースになる、でいいでしょう。

Q才能の遺伝子を調べられるとテレビで見たのですが日本でも調べられますか?

才能の遺伝子を調べられるとテレビで見たのですが日本でも調べられますか?いろいろな分野に興味がありすぎてそれらを絞るために調べられたらと思います。中国に行かないと無理なのでしょうか?またいくらぐらいかかるのでしょうか?

Aベストアンサー

遺伝子検査のサービスを開始しようと、準備を進めている企業の者です。

代行などで、直接現地とやり取りする方法も、あるかと思いますが、
言葉の問題や、支払いのやり取りなど心配な点も多いのではないでしょうか?

当社では中国でサービスを行っている企業との提携を進めており、日本向けに遺伝子検査サービスを開始する予定です。1ヶ月以内にはホームページを公開する予定なので、もう少々お待ちください。

現在、検査キットを取り寄せて、サービス内容の検証を行っています。

参考URL:http://www.gentex-jp.com

Q鳥の顔の模様・・・詳しい方いらっしゃいましたら是非!

鳥の顔の模様で、くちばしから眼の周辺を通り、頭の後ろまで続く線形の模様のことを何という?

Aベストアンサー

「過顔線」と言うのだと思います。

Q記憶と扁桃体

扁桃体は喜怒哀楽を判定し恐怖(怒り?)に関するものを、記憶すると聞きましたが、扁桃体のメモリーには恐怖に関するものしかないんでしょうか?
たとえば「笑い」なんかは、どこに刻まれるんでしょうね?
何か脳の問題は同時に同場所で、実はここの核も絡んでいて、いや絡んでなくて・・・・
緻密で、成り行き任せで、ユニークではあるけど、笑えない、
アメリカ人みたいです。
知っている方おりましたら、教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。
扁桃体は「利益・不利益(快・不快)」を判定しているだけであって、喜怒哀楽を選別しているわけではありません。「扁桃体の情動反応」には快・不快の二種類しかありません。では、ここで何れかの情動が発生することにより、その反応は脳内で行われる様々な情報処理や状況判断によって更に細かく分岐してゆきます。そして、その結果を喜怒哀楽などのパターンに分類したものを我々は「感情」と呼んでいるわけです。

扁桃体といいますのは身体内外で知覚された環境の変化に対して「生物学的価値に基づく利益不利益の判定」を下し、脳内に「情動反応」を発生させる神経核です。扁桃体には「学習機能」があり、恐怖だけではなく、喜びや期待などの元となる「報酬反応」の結果も全て記憶されます。そして、この判定に従って選択される行動を「情動行動」といい、利益には「接近行動」、不利益の判定に対しては「回避行動」が選択される仕組みになってします。
これとは別に、我々動物には「本能行動」として、食欲、性欲に対しては接近行動、苦痛や異常には「回避行動」といった、子孫繁栄のために必要とされる基本的な反応基準が予め定められています。ですが、これだけでは与えられた生後環境に発生する様々な状況に柔軟な対処を行うことはできません。では、このためには自分が生まれ育つ環境の中で何が危険で何が報酬であるかは生後体験を基にひとつひとつ学習してゆかなければならないわけです。
扁桃体の学習機能はこのためにあります。ここでは環境からの入力に対して実際に反応を発生させ、その判定の結果を随時記憶します。このため、扁桃体には生後体験の結果から個々に様々な利益不利益の判定基準が学習獲得され、我々はその蓄積によって生後環境に適応したより多彩な接近と回避の選択を行うことができるようになります。

扁桃体の学習記憶は連絡繊維の神経接続が発生した情動反応に条件付けされることによって形成されます。例えば、ほぼ全ての動物において苦痛は不利益という反応基準が予め定められています。ですから、苦痛が与えられたならばその扁桃体にはまず間違いなく不快情動が発生するわけです。では、このとき扁桃体に入力されているのは痛覚だけではなく、同時に視覚、聴覚、嗅覚などが入力されています。このため、この苦痛の対称となる他の知覚情報にも必然的に不利益という判定結果がその個体の生後体験として条件付けされることになります。そして、この条件付けが行われることにより、我々の扁桃体はその知覚対象に対して恐怖という感情を発生させることができるようになります。本能行動では実際に苦痛が発生しなければ回避行動を選択することはできません。ですが、その知覚対象に恐怖という感情が条件付けされるならば、我々は身体に苦痛を与えられる前に回避行動を選択することが可能となります。
これと同様に、餌を食べることによって満腹という報酬が与えられるならば、これはその対象に対して「正の条件付け」が行われたということです。このようなものは大脳辺縁系を起点とした「報酬系回路」の働きとして生理学的にも確かめられており、ここでは扁桃体における報酬学習の強化と共に、我々の脳内ではそれに伴う接近行動の動機や意欲が持続されると考えられています。そして、これにより何か特定の報酬学習が何らかの理由で必要以上に強化されますと、それが果たしてギャンブル依存症など、様々な精神依存の原因になることがあります。
このように、扁桃体を中核とする「大脳辺縁系の情動機能」は決して恐怖に伴う危険回避だけではなく、ここでは上記のように報酬体験に基づく反応結果も適切に学習記憶し、生後環境においてより価値の高い利益を獲得するという、我々動物にとってたいへん重要な役割を果たしています。

こんにちは。
扁桃体は「利益・不利益(快・不快)」を判定しているだけであって、喜怒哀楽を選別しているわけではありません。「扁桃体の情動反応」には快・不快の二種類しかありません。では、ここで何れかの情動が発生することにより、その反応は脳内で行われる様々な情報処理や状況判断によって更に細かく分岐してゆきます。そして、その結果を喜怒哀楽などのパターンに分類したものを我々は「感情」と呼んでいるわけです。

扁桃体といいますのは身体内外で知覚された環境の変化に対して「生物学的価値に基づ...続きを読む

Q記憶について

いつもお世話になっています。

記憶について、幾つか理解出来ない事が出て来ました。

(1)色々なホームページに、「短期記憶は数秒~十数秒しか記憶されない」とありました。それが本当の場合、リハビリなどどの様な手段を使っても、短期記憶を蘇らせる事は出来ないという事ですか?

(2)もし、過去に経験した事を思い出せなかった時、その出来事はエピソード記憶ではなく短期記憶になりますか?逆に、それをを覚えていた場合、その出来事はエピソード記憶になると思うのですが、その場合、記憶の種類はそれを覚えている期間とは関係ないという事ですか?

少々混乱気味なので、文章の中に分かり辛い部分があったら、すみません。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。
#1です。回答をお読み頂きありがとうございます。

>私は、時間が経っても今日の朝食を思い出す事が出来るので、短期記憶は数秒~十数秒かけて記憶された後に、蘇らせる事が出来ると解釈しましたが、その解釈は間違いの様ですね。
>その場合、「今朝、何を食べたか」という記憶は長期記憶になるという解釈が正しいですか?

そうですね、
「短期記憶」といいますのは「時間が経てば消えてしまう記憶」です。ですから、消えてしまった後では再生することはできません。これは宜しいですよね。
そして、「長期記憶」といいますのは「時間が経っても消えてしまわず、何時でも再生できる記憶」です。ですが、これは短期記憶として脳内に一時的に保持された情報の「反復再生(統合リハーサル)」によって作られるのですが、この長期記憶が成立するまでには最低でも数時間から24時間程度の時間が掛かります。では、ある程度の時間が経っても思い出すことができて、長期記憶がまだ十分に形成されていないということでありますならば、それは短期記憶が消えずに残っているということです。

「短期記憶の寿命」といいますのは数秒から数時間、場合によっては数日に及びます。

「短期記憶・STMとは20数秒前後で消えてしまう記憶である」
これは、ジョン・ミラーという学者さんの研究によって明らかにされたものでありまして、「新規入力」によって脳内に獲得された情報の「保持限界」を基に短期記憶というものの「本質的な性質」を述べたものです。
この結果、「新規入力における情報の保持」には
「平均20秒前後の時間的限界がある」
「平均7~9桁の量的限界がある」
といったことが判明しました。我々の記憶能力といいますのはこの限界を超えますと急速に低下します。これにより、「短期記憶の本質的な性質」というものが明らかにされ、我々は何故それを忘れてしまうのかということが論理的に示されました。

我々の脳内で「記憶情報」といいますのは「同時入力という条件」によって「細胞同士の横の繋がりが強化された神経回路」です。これを「シナプス結合の長期増強」といい、これによって同時入力された信号のパターンが神経回路に記録されます。そして、あとでもう一度整理しますが、このメカニズムは長期記憶でも短期記憶でも同じです。
では、只今延べました「短期記憶の保持限界」といいますのは様々な条件によって伸ばすことができます。これには主に「維持リハーサル」というものが行なわれます。
「維持リハーサル」といいますのは短期記憶を扱う認知器官の中で行なわれる「内部リハーサル」のようなものでありまして、要は消えてしまわないうちにもう一度使うということです。これにより、反応が維持されるだけではなく、短期記憶を形成する細胞同士の「横の繋がり」が新規入力の段階よりも強化されます。
時間的な限界を超えるということは、脳が複数の情報を扱うためにリハーサルが間に合わなくなるということです。例えば「今朝、目玉焼きと梅干を食べた」といったリハーサルを行う場合、「今朝」「目玉焼き」「梅干」までを反復しところで20秒が過ぎてしまったならば「食べた」というリハーサルには手が廻らないということになります。通常、こんな簡単なことができないひとはいませんが、意味は分かりますよね。

数字のように意味を持たない情報は誰にとっても覚えづらいものですが、ここに「7桁前後」という平均値があるというのはたいへん興味深いですよね。私は精々4桁が限界ですから、平均を大きく下回ります。
さて、「今朝、目玉焼きと梅干を食べた」この文章を丸暗記しなければならないとしますならば、これで「16桁」の容量を使ってしまいます。ですが、日本語の全く分からない外国人であるならば丸暗記をする以外に手段はないのですが、我々にとって「目玉焼き」や「梅干」という言葉は既にしっかりと記憶されているものです。このように、既存の記憶情報を使ってリハーサルを行なう場合、「目玉焼き」という情報は「5桁」ではなく「1桁」で良いということになります。
このようにして保持限界に余裕が生まれ、「維持リハーサル」が円滑に行なわれるならば短期記憶は長期増強されやすくなります。そして、「今朝」「目玉焼き」「食べる」といった一連の単語が概念に基づいて分類されることにより、そこには「論理的に矛盾のない文脈」というものが整理されます。ですから、「今朝」「目玉焼き」とくれば最後まで記憶を「再生」しなくとも関連付けられた文脈によって「食べた」と「再構成」することが可能になります。
では、このような情報の分類が文脈などの関連性によって統合されますと、それは意味のあるひとつの記憶として運用できるようになります。そして、このような「統合された情報」が外部の記憶領域とやり取りされることによって長期記憶が形成されるわけですが、この過程を「統合リハーサル」といいます。

「短期記憶」といいますのは何もしなければ数秒で消えてしまうものであり、これは短期記憶というものの本来の性質です。ですが、我々はたった数秒の間にそれを学習し、全てを記憶に残すことはできません。このような経験的事実からしましても、我々の脳の「記憶の再生能力を反映して外に現れる現象」としましては以下のようなものがあります。
「短期記憶」
「中期記憶」
「麻痺耐性記憶(一夜漬け記憶)」
「長期記憶」
このようなものは「記憶の保持時間による分類」ですが、構造的な違いというものはほとんど特定されていません。ただ、「長期記憶」を除くならば他の三つは時間が経てば例外なく消えてしまうという共通の性質を持っています。ならば、この性質によって分類を行なうならば上記三つを区別する必要はなく、
「短期記憶:消えてしまう記憶」
「長期記憶:消えてしまわない記憶」
ということになります。
これにより、その寿命は数秒から数時間、場合によっては数日に及びという観測的事実と一致します。そして、この消えてしまうかどうかという性質には、はっきりとした生理学的な構造の違いがあります。

前の回答でもお話しましたが、長期記憶が消えてしまわないのは記憶回路の結合の強化と共に細胞内に「新たなタンパク質の合成」が行なわれるからです。
先に触れました通り、記憶といいますのは「シナプス結合の長期増強」によって「細胞同士の横の繋がり」が強化されることによって形成される神経回路であり、短期記憶もこれによって作られます。
では、短期記憶や中期記憶といった時間が経てば消えてしまう記憶回路というのはいったい何処が違うのかといいますと、記憶情報を獲得するために「シナプス結合の強化」はちゃんと行なわれるのですが、長期記憶のように新たなタンパク質が合成されることはなく、こちらでは細胞内に存在する既存のタンパク質が代用されます。「代用」という表現が適切かどうかはちょっと分かりませんが、少なくとも短期・中期記憶の回路では長期記憶のようにDNA情報を紐解いて専用のタンパク質が合成されるということはありません。他にも色々と条件は付くようですが、ほぼ現在ではこの細胞活動の違いが「消えてしまう記憶」と「消えない記憶」を決定しているのではないかと考えられています。
ですから、一見大雑把であるように思われるかも知れませんが、現象としての分類ではなく、はっきりとした生理学的な違いに基づくならば、
「短期記憶:消えてしまう記憶」
「長期記憶:消えてしまわない記憶」
そこにはこのような「構造分類」の適用が必要となります。
では、長期記憶とは違い、この時間が経てば消えてしまう記憶の「役割」とはいったい何でしょうか。

我々にそれが必要なのは、取りも直さず長期記憶が形成されるまでの間は獲得した情報がきちんと保持されなければならないからです。そして、もうひとつ重要なことは、外部情報といいますのは短期記憶として一旦脳内に獲得されることにより、初めて記憶に残すべき重要なものかどうかの判定が可能になるということです。判定が下せたとしましても、忘れる、捨てるという機能がなければ役には立ちませんよね。
学校の授業で先生が「これはテストに出る!」などと言えば我々はそれを意図的に行なうこともできます。これ以外にも、記憶に残すかどうかという重要な判定は我々動物の「生物学的利益」という基準に従って効率的に行なわれます。
「初めて体験した」
「たいへん得をした」
「たいへん危険な目に合った」
我々動物の記憶といいますのは与えられた環境の変化に適切に対応するために学習されるものです。ですから、このような体験が優先的に残されることによって、我々はそれを自分の未来に役立てることができます。

では、長期記憶として保管されたもの使うためには、その情報は一旦、記憶領域から認知器官に呼び出されなければなりません。通常、外部環境から獲得された情報はまず必ず短期記憶となりますが、こちらは内部情報から作られる短期記憶です。
例えば、メモを見ながら覚える電話番号は外部情報です。これに対しまして、電話の掛け方といいますのは恐らく我々が一生忘れることのない内部情報です。この二つが認知器官に短期記憶として保持されることにより、我々は電話を掛けるという作業を行います。どちらも同様に短期記憶なのですが、このようなものは特に「作業記憶(ワーキング・メモリー)」と呼ばれます。
用事が済めば電話番号はいりませんし、電話の掛け方といいますのは何時でも呼び出せる情報です。ですから、この二つの短期記憶は消えてしまっても構わないわけですし、不要なものは順に消えてもらった方が都合は良いわけです。
このように、短期記憶といいますのは長期記憶を形成するだけではなく、「情報の選別」や「行動の選択」「作業記憶」などといった役割を果たします。そして、このようなものはみな「忘れてしまう記憶」というものに共通する「短期記憶の生物学的な意義」ということになると思います。

こんにちは。
#1です。回答をお読み頂きありがとうございます。

>私は、時間が経っても今日の朝食を思い出す事が出来るので、短期記憶は数秒~十数秒かけて記憶された後に、蘇らせる事が出来ると解釈しましたが、その解釈は間違いの様ですね。
>その場合、「今朝、何を食べたか」という記憶は長期記憶になるという解釈が正しいですか?

そうですね、
「短期記憶」といいますのは「時間が経てば消えてしまう記憶」です。ですから、消えてしまった後では再生することはできません。これは宜しいですよ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報