短調と長調の見分け方をできるだけ詳しく教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

一番簡単な見分け方はやはり聞いてみて明るいか暗いかだと思います。



見ただけで判断する場合は曲の初めの調号(♯、♭)がついている数を見ます。

何もなし→ハ長調orイ短調
♯1つ→ト長調orホ長調
 2つ→ニ長調orロ短調
 3つ→イ長調or嬰ヘ長調 
 4つ→ホ長調or嬰ハ短調
 5つ→ロ長調or嬰ト短調
♭1つ→ヘ長調orニ長調
 2つ→変ロ長調orト短調
 3つ→変ホ長調orハ短調
 4つ→変イ長調orへ短調
 5つ→変ニ長調or変ロ短調
 6つ→変ト長調or変ホ短調

というように同じ数の調号を持つ調は必ず長調が1つ短調が1つの2つしかありません。(平行調)たとえば♯が2つついてたらそれはニ長調かロ短調のどちらかの調ということです。
次にこの2つのうちどちらかということになりますが、時々例外の曲もありますがほとんどの曲は主音で終わるので、先ほどの例で言えば曲の一番最後の音がレだったら長調、シだったら短調ということになります。

なんだかあまりうまく説明できなくてごめんなさい(>_<)
もし何か参考になればうれしいです。
    • good
    • 22

わたしは、曲を聴いた感じということではなく、音楽理論的な方面から回答しますね。



「全音」と「半音」というのはわかりますか?
ピアノの鍵盤を思い浮かべてください。ドとレ、レとミ、ファとソ、ソとラ、ラとシのそれぞれの鍵盤の間には黒鍵がありますよね。間に鍵盤があるというのが「全音」です。そして、ミとファ、シとドの間には黒鍵がありませんね。このように間に鍵盤がないものが「半音」です。

それでは、長調と短調の説明ですが、長調は必ずこの並び方が「全全半全全全半」となり、短調は「全半全全半全全」と並ぶと決まっています。
たとえばハ長調(調号が何もつかない長調)は、ドレミファソラシドですが、この音の並びを見ていくと「全全半全全全半」になっていることがわかると思います。
そしてハ長調の平行調であるイ短調(ラシドレミファソラ)の音の並びを見ると「全半全全半全全」になっています。ただ、短調には「和声的短音階」と「旋律的短音階」があり、それぞれについて臨時記号がつくことがあります。

この長調と短調の音の並びは、調号の♯や♭がいくつついてもかわりません。ちなみに、平行調というのは同じ調号を持つ長調と短調のことです。
    • good
    • 19

全く同じ内容と思われる質問に答えたことがあります。

下記参考URLをご覧下さい。

そこでも答えているのですが、最近では、一概に長調・短調と区別することの難しい曲も巷にあふれています。

その曲の中心となる響きが「ドミソ」型に聴こえるならば長調、「ラドミ」型に聴こえるならば、短調です。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=146993
    • good
    • 3

私は、専門家とかではないのですが、友達から聞いた短調と長調の見分け方は、


短調はくらい感じの曲で、長調は明るい感じの曲だと言っていました。
参考になれば幸いです。
    • good
    • 6

和音を形成している主音の3度上が短3度の場合は短調で長3度の場合が長調です。


つまりハ音を主音としてハ・(ホ)・トの和音を形成する際に真中のホ音がホですと長3度になり、ハ長調の和音になります。逆に♭ホだと短3度になえい、ハ短調の和音になります。
他の調はただこれを平行移動させるだけです。
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qヘ音記号の場合のニ短調やト短調や変ホ長調の音階の表し方を教えてください。

こんばんは。
音楽がとても苦手なのですが、
ヘ音記号の場合のニ短調やト短調や変ホ長調の音階は、
どのように書き表せばよいのでしょうか?
本やインターネットで調べましても、
ト音記号の場合しか載っていなくて・・。
とても困っています。
変な質問で申し訳ないのですが、
答えていただけると、とても助かります。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ト音記号の場合とヘ音記号の場合の位置関係については分かりますか?
どの程度「苦手」なのかが分からないので幾つかに分けて書きます。
(♪基本・補足条項など  ☆直接的な解答  ★詳細(追加情報))
 
長くなりますので必要に応じて読んでください。ご参考までに。

♪基本事項です。理解していれば飛ばしてください。
ト音記号の場合には一番下の線〈第1線と呼びます)の上に
〈丸い部分が線にかかるとき)音符があるときはハ長調の「ミ」の音に
なり、同じ場所に書いてあってもヘ音記号のときはハ長調の「ソ」の音に
なります。
音階や五線はすべて下から数えます。〈一番下の線は第1線、線と線の間は第1間と呼びます。音も下から〈移動ド読みで)長調ならドを第1音、短調ならラを第1音と呼びます。←固定ド読みならそれぞれハ長調、イ短調と考えてください。

☆ニ短調について
ニ短調の場合には下から2番目の線〈第2線と呼びます)にかかるように♭を一つ書き入れます。これがニ短調の調号。書き始めは第3線〈真中の線)から順に上方向に8個です。
下から数えて7番目の音に♯を一つ書くのが一般的な和声短音階です。
途中の音に何も書かないのは自然短音階。この2つは上行形も下行形も
同じ形です。
★詳細
和声短音階の上行形に更に下から6番目の音にも♯をつけると旋律短音階と呼びます。
旋律短音階の場合には下行形で上から2番目と3番目〈上行形の6,7番目)の音にナチュラルをつけます。
従って一般には自然・和声短音階は〈上下行形が同じ音なので)上行形のみ書き、旋律短音階は〈上下行形が違う音なので)上行形と下行形の両方を
書きます。

♪ポイント
学校のテストなどで出題される場合には「和声短音階」が多いかと思われます。

☆ト短調
ト短調は同じ要領で第2線と第3間(下から3本目=第3線と4本目=第4線の間を指します)に♭各1個、計2個。
書き始めは第1線から、同じく音符は8個。
和声短音階なら下から7番目の音に♯。
★詳細
ト短調自然短音階なら何もつけません。
ト短調旋律短音階なら〈和声短音階に加えて)6番目の音にナチュラルを書きます。〈←上行形)
帰りは上から2番目の音にナチュラル、3番目の音にフラットを書きます。
ト短調では調号が2つあり、第6音が元々フラットのついた音になるので
ニ短調のときと書き入れる記号が違ってきます。

♪補足
つまり…
自然短音階では調号以外に音符に記号はつけません。
和声短音階では第7音を半音上げます。第7音に元々♭がついている場合
ナチュラル、何もついていない場合には♯をつけます。
旋律短音階では第6音と第7音が上行形では半音上がり〈それらの音に調号が何もなければ♯、♭がついていればナチュラルです)下行形は同じくそれらの音が音階本来の音に戻るので♯をつけた音にはナチュラルを、ナチュラルをつけた音には♭を書きます。

☆変ホ長調の場合
調号は第2線、第3間、第1間の順にそれぞれ♭を1個、計3個。書き始めは下第1線(ト音記号のハ長調と同じ)からで良いと思います。
つまり調号がなければト音記号の時のハ長調と同じに見えます。

ちょっと長くなりましたが参考になれば嬉しいです。

ト音記号の場合とヘ音記号の場合の位置関係については分かりますか?
どの程度「苦手」なのかが分からないので幾つかに分けて書きます。
(♪基本・補足条項など  ☆直接的な解答  ★詳細(追加情報))
 
長くなりますので必要に応じて読んでください。ご参考までに。

♪基本事項です。理解していれば飛ばしてください。
ト音記号の場合には一番下の線〈第1線と呼びます)の上に
〈丸い部分が線にかかるとき)音符があるときはハ長調の「ミ」の音に
なり、同じ場所に書いてあってもヘ音記号のときは...続きを読む

Q長調、短調の見分けについて

今度期末で調判定が出るので勉強しているのですが長調、短調の見分けがつきません。
よく質問で見るのは曲の最後が主音で終わるのでそれを見ればいいとあるのですが、今まで学校で配られたプリントを見ると一曲の中の五小節くらいが抜き出されてそれを見て判定しなさいとあります。(つまり曲の最初の部分、最後の部分が無い状態です。)
もらったプリントから自分なりにも規則性など探してみました。今のところ、「短調には臨時記号シャープが必ず付いている」というのを見つけたくらいです。
これが正しいか、間違っていた場合は他の見分け方を教えてください。

Aベストアンサー

 
 質問者の誤解に、どう答えるべきか、見当がつきません。
 もとの原点にもどって、実際に歌ってみることが必要です。
 いままでに誤って覚えたことは、いったん忘れてしまいましょう。
 
 初級編
 
>曲の最後が主音で終わるのでそれを見ればいい<
 ハ長調=イ短調、ニ長調=ロ短調、ホ長調=嬰ハ短調、ヘ長調=ニ短
調、ト長調=ホ短調、イ長調=嬰ヘ短調、ロ長調=嬰ト短調……。
 
>短調には臨時記号シャープが必ず付いている<
 主な調性を表わすために、わざわざ臨時記号を付けないのです。
 つぎの原則を、なんとしても理解する必要があります。
 
 主音(ハ)を1度とすると、上属音は、つねに5度(ト)です。
 中間音が、長調なら長3度(ホ)、短調なら短3度(変ホ)です。
 長調の導音(ロ)に対し、短調の導音に臨時#(嬰ニ)が付くことも。
 
 中級編
 
http://q.hatena.ne.jp/1132529494
 あなたは楽譜が読めますか? ~ Hatena enquete ~
http://d.hatena.ne.jp/adlib/20051207
 
── はてなアンケートでは「楽譜を読める」と思っている人が10%
前後、思っているだけで読めない人の実数は、もっと少ないようです。
http://q.hatena.ne.jp/1134037458
 
 上級編
 
 つぎの作品は、きわめて難解な転調の例です。(譜番参照)
 とても目まぐるしく、それゆえに美しいのです。
1.ト長調(主調)2.ホ短調 3.ロ短調(関係調)4.5.ホ短調
 
── ベートーヴェン《ピアノ協奏曲第4番ト長調 Op.58》18081222 初演
 独奏ピアノの独創的な単旋律で始まる点で、すでに意表をついてる。
 長調とも短調とも分らない単旋律の第一主題に、ややあって弦楽器群
が控えめに短調の第二主題で呼応するという趣向である。
http://d.hatena.ne.jp/adlib/20070527
 時のあとさき ~ 音の上り下り ~
 

 
 質問者の誤解に、どう答えるべきか、見当がつきません。
 もとの原点にもどって、実際に歌ってみることが必要です。
 いままでに誤って覚えたことは、いったん忘れてしまいましょう。
 
 初級編
 
>曲の最後が主音で終わるのでそれを見ればいい<
 ハ長調=イ短調、ニ長調=ロ短調、ホ長調=嬰ハ短調、ヘ長調=ニ短
調、ト長調=ホ短調、イ長調=嬰ヘ短調、ロ長調=嬰ト短調……。
 
>短調には臨時記号シャープが必ず付いている<
 主な調性を表わすために、わざわざ臨時記号を付けないのです。
 つ...続きを読む

Q短調から長調への転調は、移調のように簡単にいく方法

同じ短調なら、簡単に移調できます。a mollからd mollへなど。しかし、簡単に短調から長調に転調は可能か。平行調なら行きそうに思いますが。

Aベストアンサー

sinjiroさんのおっしゃってるやつ、
たとえば、
「ひなまつり」をそのまま長調にすると、
本当に楽しい、ひなまつり!っていうかんじになり
ますよね。(^^)

えーと、質問を読んで私がまっさきに思いついたのは
平行調への転調ではないのですけど、
バッハのオルガン曲なんかで、e-minorの曲で、曲の
最後の最後、和音をのばすところだけ、e-majorなんて
のがよくありませんか?

こんなんじゃ、だめでしょうかね。やっぱり。

Qハノンの音階で、例えば「ハ長調」の三度下がイ短調ですよね。その、イ短調

ハノンの音階で、例えば「ハ長調」の三度下がイ短調ですよね。その、イ短調には、2つの弾き方があるのですが、
どうして弾き方が二つあるのか教えてください。
また、三度下と書きましたがどうして三度下が、

その長調の短調になるのか分からないのでこちらについても教えてください。

こんな私の悩みが解決するサイトはありませんか?
あったら教えてください。

いっぱい我儘ですみません。
意味がわからなかったらごめんなさい。

Aベストアンサー

 短調は3つありますよ。自然短音階では7音目から8音目へ移るとき、ソ→ラと全音になりますから、7→8への移動がスムーズになるように7音目、つまりソを半音上げるのです。そうすると7→8が半音になりますから、落ち着く感じになるのです。これを和声的短音階と言います。この音階だと6→7が1音半に拡がってしまいますから、それを緩和するために6、つまりファも一緒に半音上げてしまうのです。これを旋律的短音階と言います。この音階では5→6の間が半音だったのが全音になるだけから大きく開く場所がなくなります。邦楽では自然的短音階ですが、洋楽では和声的短音階が多いのではないかと思います。自然的短音階は殆どありません。

 三度下というのが舌足らずなのですよ。正しくは一音半下というべきなのです。つまり長調→短調への移調は一音半さげるのです。二音下がってしまうと、これはG♭という音になりこれはハ長調では使わない音ですから変調になってしまいます。移調にはなりませんよね。もし一音だけ下げると、これはB♭という新しい音を使うことになりますからこれも変調になってしまい、これは不可です。では半音下げるどうなるでしょうか。和音の団子がシレファと、一音半、一音半の不協和音になってしまうのでこれも不可ですね。つまり移調は一音半下げるしかないのです。

 短和音は三つ音を重ねたとき、下が一音半、上が二音となります。長和音では下が二音、上は一音半になります。これはご存じですよね。上記はこれをふまえた説明で、短音階は1、4、5番目を根音とする和音がすべて短和音である音階です。どうして1,4,5なのか。それは簡単です。この3つを根音に選ぶと3つの和音にドからシの音全てを一つは含むことができるからです。つまり音階が成立するのです。

 短調は3つありますよ。自然短音階では7音目から8音目へ移るとき、ソ→ラと全音になりますから、7→8への移動がスムーズになるように7音目、つまりソを半音上げるのです。そうすると7→8が半音になりますから、落ち着く感じになるのです。これを和声的短音階と言います。この音階だと6→7が1音半に拡がってしまいますから、それを緩和するために6、つまりファも一緒に半音上げてしまうのです。これを旋律的短音階と言います。この音階では5→6の間が半音だったのが全音になるだけから大きく開く場所がな...続きを読む

Q短調・長調

還暦をすぎた者です。60の手習いで、フルートを始めました。昔、音楽の授業で短調の曲はもの悲しい曲、長調は明るい元気な感じの曲と習いましたが、クラシックであれ、新曲であれ、作曲家は新曲を作曲するばあい、まず短調でつくるか、長調で作るかをかんがえて、次に何調にするか・・などと考えるとは思えないですね。
まず、曲想が頭に浮かんで、それを五線譜にしたら、その結果が何短調または何長調となるのでしょうね?その場合、何調の曲であるということは、どのようにして決まるのでしょうか?

Aベストアンサー

(1)
ハ長調は「素朴で」とか,ニ長調は「明るくて」とか,調によって性格があるようにも言われますが,
では,ハ長調の曲は全て「素朴で」になるのかと言うとそうでもありません。
また,短調の曲はもの悲しい曲,長調は明るく元気な感じの曲とも言いきれません。
古い映画ですが「美しくも短く燃え」で使われたモーツァルトのピアノ協奏曲第21番の第2楽章は
短調のように聞こえる長調の曲としても知られています。

(2)
調による性質は作曲家は自分なりにイメージしていただろうと思いますが,
なぜ,その調を選んだのかを推測するのは難しいです。
有名なヴァイオリン協奏曲にニ長調が多いのは楽器の特性とも関係していると思われます。
単なる偶然ではないと思います。

(3)
明らかに,どの調にするかを意識して作られたと考えられる曲があります。
バッハの平均律クラヴィーア曲集です。第1巻と第2巻があります。
それぞれ24曲あり,下記サイトをご覧いただくとわかりますが同じ調のものはひとつもありません。
http://www.piano.or.jp/enc/dictionary/composer/bach_j_s/000822.html

平均律以前の鍵盤楽器では,違う調の曲や,途中で転調する曲をひとつの同じ楽器で演奏できませんでした。
ハ長調用の楽器,ニ長調用の楽器とあったわけです。
それでは不都合なので,現在の私達が使っている音階(平均律)の考え方が生まれてきました。
バッハのこの曲集は平均律を使えば24の全ての調を1台の楽器で演奏できるというアピールが見られます。
始めから24の全ての調を使って作曲するという意図があったのは明らかです。

このバッハの曲集に影響を受けて,ショパンも同じように24の全ての調を使って作曲しています。
下記はショパンの24の(前奏曲)プレリュードです。
そのショパンにまた影響を受けた人のこともここに書かれています。
http://www.piano.or.jp/enc/dictionary/composer/chopin/002078.html

(4)
ポップスでは歌手の声が出やすい音域に合わせて調を決めることもされているだろうと思います。
さだまさしさんの曲では,若い頃に歌っていたキーに比べて,最近の彼が歌うキーは同じ曲でも
低くなっています。つまり,調が変わっている(移調)ということになります。
案山子など,さだまさしさんが若い頃に作った曲を,もし,今,作曲中だとしたら,
今の自分に合わせて,きっと違う調になるだろうと思います。

(1)
ハ長調は「素朴で」とか,ニ長調は「明るくて」とか,調によって性格があるようにも言われますが,
では,ハ長調の曲は全て「素朴で」になるのかと言うとそうでもありません。
また,短調の曲はもの悲しい曲,長調は明るく元気な感じの曲とも言いきれません。
古い映画ですが「美しくも短く燃え」で使われたモーツァルトのピアノ協奏曲第21番の第2楽章は
短調のように聞こえる長調の曲としても知られています。

(2)
調による性質は作曲家は自分なりにイメージしていただろうと思いますが,
なぜ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報