「遺伝子配列決定法(DNAシークエンシング)の過程を以下の語句を用いて簡潔に説明せよ」
PCR プライマー DNAポリメラーゼ 電気泳動装置 ジデオキシヌクレオチド

・・・という問題です。
生物学初心者なもので、よろしくおねがいしますm(_ _)m

A 回答 (1件)

ジデオキシヌクレオチドはデオキシヌクレオチドの3’の位置の


OHがHに置き換わったアナログであり、DNAポリメラーゼがDNAの合成を
行っている過程で基質としてダイデオキシヌクレオチドを取り込むと
そこでその合成は進まなくなる。
それぞれのddを加えたそサンプルをPCRにかけると、その該当する
塩基で伸長が止まった様々な長さの産物ができる。これを電気泳動装置
用いて長さごとに分離して遺伝し配列を決定する。
このときそれぞれのバンドを検出できるようにプライマーに蛍光物質
が着いたものを使えば検出できるようになる。

内容には自信があるけど、説明になっている自信は無し

この回答への補足

ジデオキシヌクレオチドと、ダイデオキシヌクレオチドとはどういう関係ですか?同じ物でしょうか?

補足日時:2002/02/24 12:39
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ddというのはジデオキシヌクレオチドのことですか?
ありがとうございます。原理の概要が知りたかったので助かります!

お礼日時:2002/02/24 12:39

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報