バカな質問ですが
大理石とか石って電波を通しますか?
厚みは10mm程度ですけど。

A 回答 (2件)

波長により透過率は変わりますがかなり通します。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくのご回答、有難うございました。
感謝!です。

お礼日時:2002/02/25 20:40

セラミックは電波を通します。


それを利用した例として、最近ではマイクロ波で加熱し陶磁器、アルミナや窒化ケイ素が焼結できるようになっています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。
勉強します。

お礼日時:2002/02/28 08:10

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q数の小さい呼び方は、ミクロンとかナノとかピコとか呼びますけど、数が大きくなる方の呼び方はあるんですか

数の小さい呼び方は、ミクロンとかナノとかピコとか呼びますけど、数が大きくなる方の呼び方はあるんですか?

Aベストアンサー

あるようです
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q127389532
ここで誰かが答えてます

Q「バカなの?」と言うと「バカという下品な言葉を使う人の方がバカだ」と否定の論点をズラされて逃げ口を作

「バカなの?」と言うと「バカという下品な言葉を使う人の方がバカだ」と否定の論点をズラされて逃げ口を作ってしまいます。

バカに変わる上品な言葉を教えてください。

Aベストアンサー

バカという言葉そのものが論点を無視した言葉です。
何をもってバカなのか論点をずらさずに説明するだけです。

Q守護霊が室町時代の武士の軍勢とか 言われましたけど歴史とか勉強してなかったのでわかりません。 なんで

守護霊が室町時代の武士の軍勢とか
言われましたけど歴史とか勉強してなかったのでわかりません。
なんですかね?室町時代の武士て?

Aベストアンサー

1318年に後醍醐天皇が即位した頃、鎌倉幕府の力は衰え、悪党とよばれる武士の集団が荘園を襲い、年貢を奪ったりしていた。
後醍醐天皇は幕府を倒す計画を立てたが、失敗して隠岐に流された(元弘の変という)。しかし、この事件をきっかけに悪党や有力な御家人が挙兵を行なう。
悪党の出身である楠木正成は大阪の赤城城と千早城で幕府軍と戦い、足利尊氏は六波羅探題を攻め滅ぼし、新田義貞は鎌倉を攻めて、北条氏を滅ぼし、1333年、鎌倉幕府は滅亡することになった。
隠岐に流されていた後醍醐天皇は京都に戻り、年号を建武として天皇自ら政治を行い、これを建武の新政という。後醍醐天皇は天皇中心の政治を目標としたため、鎌倉幕府滅亡に貢献した武士よりも、公家に多くのほうびを与えたので、武士の不満を高めることになった。
1336年、足利尊氏は建武の新政に不満をもつ武士を集めて京都を攻め、後醍醐天皇は吉野(奈良県)に逃れた。これにより、建武の新政はわずか2年で終わった。
後醍醐天皇は吉野で朝廷をつくり、南朝とし、足利尊氏は光明天皇をたてて、京都で朝廷をつくり、北朝とし、このような状態は3代将軍の足利義満が合一するまで約60年間続き、南北朝時代という。
1338年、足利尊氏は征夷大将軍に任命され、京都に幕府を開き、室町時代が始まる。室町幕府は3代将軍の足利義満のときに京都の室町に花の御所をつくってその体制が整った。

http://www.hello-school.net/haroreki008.html

1318年に後醍醐天皇が即位した頃、鎌倉幕府の力は衰え、悪党とよばれる武士の集団が荘園を襲い、年貢を奪ったりしていた。
後醍醐天皇は幕府を倒す計画を立てたが、失敗して隠岐に流された(元弘の変という)。しかし、この事件をきっかけに悪党や有力な御家人が挙兵を行なう。
悪党の出身である楠木正成は大阪の赤城城と千早城で幕府軍と戦い、足利尊氏は六波羅探題を攻め滅ぼし、新田義貞は鎌倉を攻めて、北条氏を滅ぼし、1333年、鎌倉幕府は滅亡することになった。
隠岐に流されていた後醍醐天皇は京都に戻り、...続きを読む

Q輝石とはどういう石をいうのでしょうか?

宝石などで“キセキ”と言う言葉を耳にしますが、どのような石を言うのでしょか?質、光度、硬度などにも基準はあるのでしょうか?また“ハンキセキ”とは?
また“輝石”でなく、“貴石”と書くとも聞いたのですが、どちらが正しいのでしょうか?

Aベストアンサー

「貴石と輝石どちらが正しいか」について
「貴石と輝石とはまったく関係がない、」と言うのは正解です。ご存知、「輝石」は石英、長石、雲母、かんらん石~~etcと言った火成岩を構成している鉱物の一種の事ですね。
しかし、今回の問題は、ちょっと一味違って、もう少し奥の深いものになります。それは異物同名、すなわち、同じ発音の和名が二つあることで混乱を招いているのですね。
生物界でも蝶類の「ヤマトシジミ」貝類の「ヤマトシジミ」や鳥類の「ヤマホトトギス」貝類の「ヤマホトトギス」などがあります。他にも沢山ありますが、これらはカタカナ表記では全く区別がつきません。
このような異種同名のことを正式には「ホノニム」と呼びます。どうしても避けられないホノニムの場合、教科書などでは「鳥類の」とか「貝類の」等の枕詞が必要となります。今回の場合も「宝石の」や「火成岩の」等の頭が入っていると混乱は全く無かったものと思われます。
教科書や入試問題を作成する段階ではこのような「ホノニム」や「シノニム」に対する配慮が充分に必要であり、かつ、混乱を避ける為にも慎重に対処しなければいけません。
また、回答に「輝石」は、正式な鉱物の[学名!!] とありましたが、これは誤りで、「輝石」の場合、正式には「標準和名」と言う扱い方がされます。「学名」とはラテン語により構成される世界共通の標準名の事を指します。そして当然、学名は全てアルファベットで表示され、命名規約学会「リンネ創設」により決定されます。
今回の「貴石」や「半貴石」の場合は正式に標準和名として認定されているか否かは判りません。
「ズワイガニ」「エチゼンガニ」「マツバガニ」・・・違いますか・・・「うんしゅうみかん」「えひめみかん」「ありたみかん」「みっかびみかん」・・・違いますか・・・さあ、どれが正しい標準和名でしょうか・・・・・・
教科書が「普通書かない!!」や「一般的ではない!!」和名・・・と言うのでは困ります。
業者が営利目的で扱う和名「いわゆる俗称」、国によって正しく定められた和名、商品によっては「登録商標取扱事項」としてもめることもあります。和名の問題は皆さんが思っているより深く、難しいものなのです。

「貴石と輝石どちらが正しいか」について
「貴石と輝石とはまったく関係がない、」と言うのは正解です。ご存知、「輝石」は石英、長石、雲母、かんらん石~~etcと言った火成岩を構成している鉱物の一種の事ですね。
しかし、今回の問題は、ちょっと一味違って、もう少し奥の深いものになります。それは異物同名、すなわち、同じ発音の和名が二つあることで混乱を招いているのですね。
生物界でも蝶類の「ヤマトシジミ」貝類の「ヤマトシジミ」や鳥類の「ヤマホトトギス」貝類の「ヤマホトトギス」などがありま...続きを読む

Q浪人生なんですけど、東大の英語を解きまくるってやり方はバカですか?友達がそれをやって大分英語力上がっ

浪人生なんですけど、東大の英語を解きまくるってやり方はバカですか?友達がそれをやって大分英語力上がったって言ってて、、

Aベストアンサー

勉強方法は一つではありません。

個人個人に合った勉強方法がありますので、安易に人のマネをするのは如何なものか、
と考えます。

志望校に合わせ、自己の実力に合わせ、浪人生であれば現役時代の反省点を考え、
自分なりの学習方法を考案すべきでしょう。

○○大学合格必勝法等という書籍も出ていますが、或いはどの予備校が良いか等の
質問もよく見かけますが、要は信念を持って一つの勉強方法を貫くことです。

予備校に行っているのなら、その授業を徹底して聴き、予習・復習を徹底する。
過去問を解き、長文が弱い・語彙語法力が足りない・整序ができない等の弱点を発見し、
書店でその範囲・分野に即した参考書・問題集を徹底比較して、一冊ターゲットを決め、
それが、すり切れてぼろぼろになるまで使いこなすことです。

質問者さんの友人の場合は、東大の過去問だったようですが、
されが質問者さんに合っているかどうかは、疑問です。

仮に東大を受験されるのだとして、東大の出題傾向が大幅に変更されたら、
過去問だけに縛られていると、対応できない可能性があります。

視野を広く、冷静に自己を見つめ直し、自分にとっての最適な学習方を、
早めに探すことが、捲土重来への鍵になると思います。

合格を祈念します。健康管理には十二分に配慮して下さい。
浪人生活で一番大切なのは、時間管理です。

参考までに。

勉強方法は一つではありません。

個人個人に合った勉強方法がありますので、安易に人のマネをするのは如何なものか、
と考えます。

志望校に合わせ、自己の実力に合わせ、浪人生であれば現役時代の反省点を考え、
自分なりの学習方法を考案すべきでしょう。

○○大学合格必勝法等という書籍も出ていますが、或いはどの予備校が良いか等の
質問もよく見かけますが、要は信念を持って一つの勉強方法を貫くことです。

予備校に行っているのなら、その授業を徹底して聴き、予習・復習を徹底する。
過去問を解き、長...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報