冬の風邪予防は「鼻○○○」が新常識!?>>

4ヶ月になるフレンチブルドッグを飼っているのですが、頭のてっぺんにできものができて、病院に行くと腫瘍だと言われました。たぶん良生のものだということで、抗生剤をもらったのですが、なおるのでしょうか??薬がきかなかったら、切るといわれましたが・・・何分初めて飼ったので、わかりません。同じような事があったかた、教えていただけませんか?
犬の調子ですが、元気な事は元気です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

うちの実家の犬は雑種で足先に腫瘍ができました。


病院で見積もってもらったらウン十万かかる手術と言われ
高齢で体力が持つかわからないと言われました。
セカンドオピニオンで行った先では切もせず
腫瘍のあたりをキュッと縛り、
そのうちポロンと取れるから、との事。
ほんとにポロンと取れちゃいました。
動物病院も色々なんだと思いますよ。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

有り難う御座います。無知で申し訳ありませんが、セカンドオピニオンってなんですか?その腫瘍は、良生だったんですか?

お礼日時:2006/07/01 17:15

NO6のmeruruです。



はげにはなりませんでした。帰ってきたときは目の上を縫っていたのでカミソリで剃られていましたが、しばらくして生えそろいました。
    • good
    • 1

こんにちわ。

ウチには【チワワ・♂・11ヶ月】がいます。
5ヶ月の時に目の上にイボみたいのができ、1ヶ月位様子を見ていたんですが、大きくなるスピードが早くて結局ビービー弾より大きくなった所で病院に連れて行き、その日に預けて手術をし、次の日退院しました。獣医さんには『たぶん良性だと思うけど検査しとく?』と聞かれました。その検査が1万円くらい。手術自体は2万円でした。私は検査はせずに手術だけを選択したので2万円ですみました。

10日後に3針縫った糸を抜糸しにいき、今回の手術とその術後の治療は終了でした。完全にイボだったし、薬を塗って小さくなるようなものではありませんでした。ちなみにウチの犬もかなり元気にしてたし、触っても痛がってませんでした。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

有り難う御座います。ちなみに切った所は、はげになるんですか?

お礼日時:2006/07/03 19:08

獣医師です


皆さんが言われるようにまずはその「できもの」が何なのか(腫瘍なのかそうでないのか?腫瘍ならば悪性所見があるのかどうか?)をきちんと診断していただくべきでしょうね。
腫瘍という病気は時としてほんの小さなしこりでも命に関わる場合もあります。生検など腫瘍の正確な診断を行わずに「薬が効かなかったら切り取る」という方法は決してスタンダードな治療法とは言えません。
皮膚組織球腫のように一見悪性腫瘍に見えて実は自然に消滅する良性腫瘍というタイプもありますから、腫瘍だからといって必ずしも切除しなくても良いのです。
また、No.2さんの回答にもあるように抗生物質は原則として細菌感染に対して使用する薬剤ですので腫瘍には効果がありません。
いずれにしろ今回診察を受けた獣医師からの説明で不明な点や気になる点があれば納得のいくまで説明をしてもらって下さい。獣医師にはその義務がありますから。それでもやはり質問者さんが満足のいく回答を得られなかった場合にはそれ以外の獣医師の診察を受けてみる事も検討されてみてはいかがですか?
    • good
    • 2
この回答へのお礼

有り難う御座います。今週末、もう一度、病院いくので、じっくり聞いてみます。

お礼日時:2006/07/03 08:39

NO.1です。


セカンドオピニオンについてはこちらでどうぞ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%82%AB% …
しかし、厳密に言えばうちはこれじゃなかったな。
医者が信用できなくて違う病院に連れて行った、が該当です(汗)
うちのは良性でした。脂肪腫というやつかもしれないです。
色は赤っぽくなっていて触っても痛がりませんでした。
ただどんどん大きくなっていき歩行に邪魔そうでした。
もう数年経過しましたが、元気ですよ。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%82%AB% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有り難う御座います。参考になりました。

お礼日時:2006/07/03 08:40

<動物病院の多分、だろうは信ずるべからず!>



確たる生検も行わず、「多分、だろう」を信じて、愛犬を壮絶な全身癌との闘病の末に死なせました。
飼い主は、些細な疑問も放置してはいけません。
私は、飼い主判断が、僅か数分の医師の判断に勝ると信じています。
迷わず、セカンドオピニヨンです。
ところで、セカンドオピニヨンとは、転院ではありません。
主治医と相談の上で、検査設備の限界、専門分野の違いを補完するシステムです。
この辺りの学習は、物言えぬ犬を飼う上では重要と思えます。

なお、私自身、かかる回答を書く資格があるかどうか判りません。
どうも、「私も、失格だった!」と思っているからです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有り難う御座います。わたしも、病院にいってないにで、家内の口から聞いた状態なので、今週末、病院いってきます。

お礼日時:2006/07/03 08:43

「病院に行くと腫瘍だと言われました」とのことですが、獣医師が見ただけでそう言ったのでしょうか?


(その前に、腫瘍=癌=不治の病ではありません、ただの脂肪の固まり、脂肪腫瘍(脂肪腫)もあります)
通常、腫瘍を判断するには組織を採集して病理検査しなければわかりません、切らなくとも、注射器で複数方向から組織を採取し病理検査する方法もあります。
そして、脂肪種であればあえて切除する必要もありません。
前述のような病理検査のための患部採取は行いましたか?ただ見ただけですか?

また、「腫瘍だと言われました。たぶん良生のものだということで、抗生剤をもらった」とありますが、腫瘍に抗生剤なんて効くわけありません、
抗生剤は細菌による感染症にしか効果がありません。
腫瘍に抗生剤など骨折に風邪薬を飲むのと同じくらい荒唐無稽です、
もしかしたら、何らかの感染症による腫れの可能性があると言っていたのですか?
それなら抗生剤の処方はありえます。

何か、獣医師の処置が意味不明です・・・

もう一度、獣医師に
・腫瘍の中身を知るための病理検査は必要ないのか?
・腫瘍に抗生剤の処方はなぜなのか?他の感染症が疑われるのか?
を、確認されてはいかがでしょうか?

このようなことを書くと非常に心配されると思います。
でも、4ヶ月の仔犬が悪性の腫瘍(癌)に冒される確率はないとは言えませんが低いと思います、脂肪腫ならば、単に脂肪の固まりなので間接部にでき大きくなって歩行に支障を来たすでもなければ放置してかまいません。場合によっては小さくなり見た目わからなくなることも少なくありません。
また、見た感じでは腫れ物ではなく中にごろっとしたものがあると言う感じでしょうか?
触っても痛がったりはしないということですね?
それならば、おそらく脂肪腫のような気がします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

的確な、意見有り難う御座います。家内が病院にいったので、家内伝いできいたので、あやふやな、言い方ですいません。その腫瘍は、さわっててもいたがりません。はじめより、赤くなってます。次の機会には、私も病院にいこうと思います。有り難う御座います。

お礼日時:2006/07/01 17:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q頭の骨?

こんばんわー私の家で飼っている柴犬なんですけど、頭の上の辺りの骨がとびでているんですよ!なんか角がはえてくるんじゃないのかって言うぐらい。
小さいときに机で頭を何度かぶつけたことがあるんですが、このままでも大丈夫でしょうか?
普通はでっぱりなんかないですよね?

Aベストアンサー

こんにちは。
 犬の頭の骨はもともと中央にやや突起がある形をしていますので、突起が触れるのは普通です。
 ただし、一見して明らかにとんがっているような場合は、異常な痩せで脂肪がそげ落ちてしまっている場合や、頭の筋肉の病気の場合もあります。体全体をよく観察され、ほかにも異常がないか確認してみてください。ご心配であれば獣医さんを受診された方が良いかもしれませんね。

Q犬の腫瘍除去手術の治療費はいくらくらいが妥当なのでしょうか?

6歳の大型犬を飼っています。肛門の横が硬く腫れているので今日、獣医に行ったら「切ってみないと詳しいことは判りませんが、すぐにでも手術をしないといけません」との診断とワクチンの投与を受けました。「術後の入院期間も費用も現段階でははっきりしませんが、最低でも20万から25万はみていてください」と言われ、人間よりは安いなと納得し、その場で手術の予約を済ませたのですが、愛犬のガン除去手術を経験した友人に話したところ「総額で6~7万円だった。その医者は怪しいのではないか」と言われました。もしもそうなら費用は勿論のこと、それ以上に技術のほうが心配です。ちなみに今日の診療費は約3万でした。明日、別の獣医院で意見を聞いてみるべきなのかなと思っています。初めての経験なので少々取り乱していますが、どなたかお詳しい方がおられましたらアドバイスをいただけると、とても有り難いです。

Aベストアンサー

1、血液検査 \5,000 ----- 体調を調べるため。
2、エコー -------------- 無料。
3、初診料 \500
4、手術 \35,000
5、抗生物質等 \10,000
6、入院 \3,500 --------- 長くて1日で退院。
7、その他 \10,000 ------ 手術直後の注射等。

合計 \64,000

ハスキー犬、20cm×10cmの巨大腫瘍の切除費用は大よそこんなものでした。ただし、手術内容によっては、\74.000程度になるかも知れません。「総額で6~7万円」-私も、「そうだなー」と思います。

「えっ!一泊で連れて帰って構いませんか?」
「大丈夫ですよ!どうせ、この子は和室で大人しく寝るんでしょう!」
「抜糸に2、3週間後に連れて来て下さい。」

※CTスキャン等も完備して年中無休、午前9:00~午後10:00まで営業です。
※高速を飛ばして1.5時間の隣県ですが、大変にお世話になっています。
※全ての費用は壁面に明示してありますので、事前に自分で計算しています。

それまでは、ちょっとした手術でも1週間の入院。費用も概算で明細なし。いわば、言い値でした。
それに比べると半額の負担で済みます。
高速代を払ってもお釣りがくる計算です。

1、血液検査 \5,000 ----- 体調を調べるため。
2、エコー -------------- 無料。
3、初診料 \500
4、手術 \35,000
5、抗生物質等 \10,000
6、入院 \3,500 --------- 長くて1日で退院。
7、その他 \10,000 ------ 手術直後の注射等。

合計 \64,000

ハスキー犬、20cm×10cmの巨大腫瘍の切除費用は大よそこんなものでした。ただし、手術内容によっては、\74.000程度になるかも知れません。「総額で6~7万円」-私も、「そうだなー」と思います。

「えっ!一泊で連れて帰って構いませんか?」
「大丈...続きを読む

Q前夜まで元気だった犬が翌朝急死

コリー系ミックス11歳♂のことです。
長文恐れ入ります。

3日前の朝7時、犬の吐く音で目が覚めました。
見ると、黄色い液体と、白い泡、そこにケチャップ色の血が混じっていて、犬はぐったりしていました。
お水を差し出しても顔を背け、リードを見せても動こうとしません。(普段は飛び起きて散歩に行こうとします)

しばらく様子を見ていましたが、3~5秒に1回ほど、お腹のあたりがビクンと痙攣し、その勢いで排便。見ると、ウンチの最後のほうに血が混じっていました。

吐いたものと血便を持って9時からの動物病院に連れていき、症状を話しましたが、呼ばれたのは9時半過ぎ。
それまでの間にどんどんぐったりしていき、先生に見せると「消耗しきってるな。もうダメかもしれない」。
そしてほどなく息を引き取りました。

先生に「田んぼか畑に行かなかった?」と聞かれました。
確かに前日19時半頃、車での長い移動中におしっこをさせるため、ちょっと田んぼのまわりを歩かせました。
それを言うと、
「除草剤とか殺鼠剤とかを舐めたり食べたりしたのかもしれない。先日もそういう子が来たから」と先生。
そのまま別の子の診察に行き、実習生さんだけになり、それ以上の質問はできませんでした。

でも、帰ってから除草剤などで検索すると、確かに嘔吐、痙攣などの症状はあるのですが、嘔吐は1回きり、下痢はなく、血便は通常の便の固さでした。

しかも、少し農業に詳しい人に聞いたら、半日も経ってから発症したり、半日後に急死したりするだろうか、とのこと。致死量が体内に入ったなら、もっとすぐ発症してしまうのではないか、というのです。

田んぼの後、外に出したのは1回だけで、22時頃、いつもの散歩コースだけです。元気よく散歩して帰りました。
そして寝る部屋には殺虫剤などの毒物は一切ありません。

長くなってすみませんが、
このような状況、症状から、他に何か考えられることはあるでしょうか。
元気いっぱいだった愛犬の急死、しかも原因不明とあって、現実を受け入れられずに苦しんでいます。

どうか、小さな可能性でも結構ですので、ご意見をお聞かせいただければ幸いです。

よろしくお願いいたします。

コリー系ミックス11歳♂のことです。
長文恐れ入ります。

3日前の朝7時、犬の吐く音で目が覚めました。
見ると、黄色い液体と、白い泡、そこにケチャップ色の血が混じっていて、犬はぐったりしていました。
お水を差し出しても顔を背け、リードを見せても動こうとしません。(普段は飛び起きて散歩に行こうとします)

しばらく様子を見ていましたが、3~5秒に1回ほど、お腹のあたりがビクンと痙攣し、その勢いで排便。見ると、ウンチの最後のほうに血が混じっていました。

吐いたものと血便を持っ...続きを読む

Aベストアンサー

愛犬の死、お悔やみ申します。
私は植物毒の一種かと思います。でも、書かれている症状だけでは特定できません。あなたが症状を詳しく見たのなら、次に可能性のある植物毒とそれを含む植物、その植物が生えやすい場所を書きますので、インターネットで毒成分の名前打った後「症状」か「中毒症状」とうって症状を検索し、確かめてください。

毒成分の名   植物名      生息場所
アコニチン   トリカブト    山林のふもと、稀に日当たりのいい野原や畑
コルヒチン   イヌサフラン   主に園芸種、人家の庭
スコポラミン  チョウセンアサガオ主に園芸種、人家の庭、近年野生化し空き地
アトロピン   同上       同上
オレアンドリン キョウチクトウ  街路樹、空き地、川原
コンバラトキシンスズラン     人家の庭、野原、田畑のあぜ
アドニトキシン フクジュソウ   同上
シクトキシン  ドクゼリ     川原、湖の岸などの水辺
グラヤノトキシンツツジ      街路樹、人家の庭、山林
アニサチン   シキミ      同上
ソラニン    イヌホオズキ   空き地、山林、田畑のあぜ
ジギトキシン  ジギタリス    主に園芸種、人家の庭

すみません。この程度しかお役に立てません。亡くなられたあなたの愛犬にご冥福をお祈りいたします。

愛犬の死、お悔やみ申します。
私は植物毒の一種かと思います。でも、書かれている症状だけでは特定できません。あなたが症状を詳しく見たのなら、次に可能性のある植物毒とそれを含む植物、その植物が生えやすい場所を書きますので、インターネットで毒成分の名前打った後「症状」か「中毒症状」とうって症状を検索し、確かめてください。

毒成分の名   植物名      生息場所
アコニチン   トリカブト    山林のふもと、稀に日当たりのいい野原や畑
コルヒチン   イヌサフラン   主に園芸...続きを読む

Qお願いします!教えて下さい!犬の背中にできたしこり。

わたしは、東京で一人暮らしをはじめて3年目の学生です。

地元に、今年で7歳になる、ゴールデンレトリバーのメスを飼っています。

先ほど実家に電話をして話をしていたところ、我が家の犬の背中に2つしこりがあることを、発見したと、いうことを母から聞きました。

母は、私が心配すると思ってすぐには言わなかったので、わかったのはいまから、7日程前だそうです。

犬は、そのしこりを触っても何をしても痛がらないし、よく食べよく遊ぶそうだし、普段と全く変わらないそうです。
両親も初めは心配して、本やネットで調べた結果、良性のものがほとんどということだから、心配するな、というのですが・・・

けれども、私は心配で仕方がありません。
近々病院へ連れて行くというのですが、やはり、手術になったりしますか??なにか、犬の(とくに大型犬の)背中のしこりについて、知っている方がいましたら、是非お返事ください!!お願いします!!

Aベストアンサー

病院連れていった方がいいと思います。
大きさはどのくらいですか?
うちの猫は癌でした。
しこりとは言わないかも知れませんが
うちの犬の背中にはイボみたいなのができていて気になったので
病院行ったらそれは何でもないって言われました。
良性か悪性かは素人では判断できないと思います。
心配なら絶対病院行って、結果を教えて下さい。

それまで締め切らないで下さいね。
猫のこと思いだしたら涙が出てきてしまいました。
きっと何でもないこと祈ってます。

Q4日前愛犬が亡くなりました。犬種はフレンチブルで7才です。17:00頃

4日前愛犬が亡くなりました。犬種はフレンチブルで7才です。17:00頃散歩に行き18:00頃帰ってきました。飲み水を与え、いつもの様に餌をあげましたが、その後1時間後亡くなっていました。

原因がわかりません。餌を変えて2日目でしたが、食べている最中に、何度か吐きそうになります。以前から吐くことはありましたが、餌を変えてからは、よく吐いていました。餌が原因かどうかはわかりません、食欲もあり、下痢もしていませんでした。何かお気付きの方がおられましたら、ご意見いただきますようお願いいたします。

Aベストアンサー

 今日は雨になりましたね。
飼い主さんの体調は如何ですか?

まず、飼い主さんの心中お察し申し上げます。
あまり、ご自分を責めたりしないようになさってくださいね。

 現在、我が家には♂10歳のシーズー犬がおり、2/24から心臓の弁膜症と闘っております。
この犬も、3~4年くらい前から度々食べた物をもどしたり、食間に生卵を混ぜた様な黄色い泡の様な物を吐いたりしていました。
非常に元気だし、食欲もマックスあるので病気の予兆とは全く思いが至らず、「お留守番のストレスだろう?」とか「お腹が空き過ぎたのか?」とか、気にも留めずに毎日生活しておりました。

 愛犬のフレンチブルちゃんの詳しい状況が解らなくてはっきりした事は言えない…とは承知ですが、私の場合をお話します。

事の発端は、旅行中に預けていたかかりつけの動物病院のペットホテルから連絡が入り、「おうちで、カッカッと吐き出す様な咳をしていないですか?」という質問でした。
「食べ物を吐くとか、人間のお爺さんが、からんだ痰を切る様にする咳の様な…。」
「お座りのポーズをして上を向いて苦しそうにするとか…そういう事をしてないですか?」…と。
そういう事はだいぶ前からしているが何か?…という感じだったので、それが心臓病の予兆とは思いもよりませんでした。

獣医さんには一番最初に「こういう病気なんです…。飼い主さんに原因はありませんから、自分を責めたりしないで下さい」といわれました。
その後、この病気を知るにつれ、
 ・この病気は知らない間に進行するんだな…という事。
 ・肺水腫になっていれば、摂取した水分量とのバランスで突然逝ってしまう可能性があるのだ…という事。
 ・「咳」や「吐き出し」が、この病気を疑うきっかけだけど、愛犬の状態が元気な内は飼い主も獣医さんもそこまで思いが至らないし、診察に至るのも難しいのだな…という事。
 ・昔は外で飼われていた犬が朝、突然死んでいたりして非常にショックを受ける…という事は良くあったけど、こういう事なのかも知れないなぁ…なんて考えたりしました。

なんとなくですが、愛犬のフレンチブルちゃんは心臓病だったのではないかなぁ…と質問文を拝見して、そう思いました。
私は、獣医さんの「こういう病気なんです…。云々」という言葉と、夫の「自然にしてあげるのがいいよ」という言葉を心の拠り所に、今、私も闘っています。
 病気が発覚した時は、私もパニクって心臓病専門医のいる動物病院に担ぎ込んだりしました。
私はそこで何気なく「まだ10歳なのに、心臓病なんて!」と言うと、そこの獣医さんは「あなたにとっての1年間とワンちゃんにとっての1年間は違います。ワンちゃんの1年間は人間の何十年間にも匹敵します。ワンちゃんの寿命が1年だといわれたからといって、それはワンちゃんにとっての人生、犬生かな?にとっては何十年間にもなるのですから。」と言われて、はっとしました。

 我が家の駄犬も、もうすぐ旅立ってしまうでしょう。

今はかなりお辛いでしょうが…
お互い…
がんばりましょう。


 

 今日は雨になりましたね。
飼い主さんの体調は如何ですか?

まず、飼い主さんの心中お察し申し上げます。
あまり、ご自分を責めたりしないようになさってくださいね。

 現在、我が家には♂10歳のシーズー犬がおり、2/24から心臓の弁膜症と闘っております。
この犬も、3~4年くらい前から度々食べた物をもどしたり、食間に生卵を混ぜた様な黄色い泡の様な物を吐いたりしていました。
非常に元気だし、食欲もマックスあるので病気の予兆とは全く思いが至らず、「お留守番のストレスだろう?」とか「お腹が空き過...続きを読む

Q犬の骨肉腫に付いて

現在12年になる我が家の犬なのですが、 頭にコブが出来、日々大きくなるから心配で病院へ行った所「骨肉腫の疑いがある」と言われました。
その日から何だか元気のない我が家のペットなのですが、手術は高齢の為に考えていないのですが、この先どのような進行状況になるのか、またどう対処し見守ってあげたら良いのか、経験者(以前そのようなペットを飼われていた方)または専門家のご意見伺いたいです。
本当に可愛そうで あの元気な姿はもう戻らないのでしょうか? 気のせいか顔の周りもむくんでる感じです。どうかアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

骨肉腫と言われて、その後、どのような治療なり、この先の予後なり説明はされていらっしゃるのでしょうか?私は、腫瘍科を専門にしているわけではありませんが、骨肉腫と言えば、犬の腫瘍の中では、悪性度も高く、非常に難しい病気です。あなたのワンちゃんが、本当に骨肉腫なのでしたら、頭部に出来てしまった場合、ほぼ手術は、無理なのではないでしょうか。足の先などに出来た場合でも、見つかる頃には、ほぼ肺への遠隔転移があると言われています。手術にしろ、化学療法にしろ完治は非常に難しい病気です。肺への転移がある場合は、残念ですが余命も長くはないでしょう。治療も、痛みや、不快感を出来るだけ無くしてあげるような物になると思います。        ところで、骨肉腫という診断が出るまで、どのような診察、検査などされたのでしょうか。レントゲンは撮られたのでしょうか。もし骨肉腫でないなら、手術が可能な場合もあるでしょうし、治療、余命なども変わってきますし、12才という年齢は個体により差はありますが、麻酔がかけられないほどの高齢とはいえません。

Q生後2ヶ月の子犬にシャンプーをして体調が悪くなってしまいました

物凄く今後悔をして 可哀想な事をしてしまったと思っています
我が家には11月7日生まれのM・ダックスの男の子が1月6日にやってきました
もう既に 1回目のワクチンが済んであとは2回目のワクチンを今週の土曜日に済ませて半月したらトリミングに連れていってあげようかなと思っていました
しかし 肛門線がたまってきているのかお尻を時々すったり体も汚れてきて多少匂いがでてきました
美容室に相談したら、2ヵ月半位の子犬でもシャンプーしますよ!と前向きに言われました
一応(医者でもないのに)私もしつこくこの時期にしても大丈夫ですか?と聞いたら大丈夫と思いますが中には体調を壊す子もいますからなんとも言えませんがある意味冒険ですねと言われました でも時期的には全然問題ないと言われ そのまま今度は同じM・ダックス(3歳)を飼っている知人に最初のシャンプーを聞いたら、やはり2回目のワクチンの前に暫く入れないからと連れてったと言われ違う知人にも同じような人がいて、なんとなく入れてみようかな…という気になり今朝元気だったのでトリミングに連れていきました
1時間して迎えにいったのですがとても元気で、お店の人はとてもお利口さんでしたよと言われました
安心して帰って2時間位寝ました
とにかく疲れてるだろうと心配になり静かにしてやりました
しかし、夕方になって白っぽいような透明の唾液のようなものを少量吐いて 慌てて病院に電話したら シャンプーの時期が早かったですね 多分1回だけならストレスでしょう 今日は暖かくして安静にして様子をみられてくださいと言われ食事は指示された通り少量ずつ与えました
ただ食欲も元気もあるのですが ちょっと食べたらまた寝てしまいしまた
明日まで様子みようとは思うのですが やはり一般的に2ヶ月半位でシャンプーはありえないんでしょうか・・・

今 とても心配です。

物凄く今後悔をして 可哀想な事をしてしまったと思っています
我が家には11月7日生まれのM・ダックスの男の子が1月6日にやってきました
もう既に 1回目のワクチンが済んであとは2回目のワクチンを今週の土曜日に済ませて半月したらトリミングに連れていってあげようかなと思っていました
しかし 肛門線がたまってきているのかお尻を時々すったり体も汚れてきて多少匂いがでてきました
美容室に相談したら、2ヵ月半位の子犬でもシャンプーしますよ!と前向きに言われました
一応(医者でもないの...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
わんちゃんの体調が悪くなってしまったそうで、とても心配ですね。

ところでこの質問文を読んでとても驚きました。
まだ2回目のワクチンを終えていない状態なのですよねぇ?
てっきり始めは自宅シャンプーのことを言っているのかと思いましたら、「トリミングに出す」というお話だったのですね。
獣医さんはそれを認識した上でOKだされたんでしょか?
病院では3回目(タイミングによって2回で終了の子は2回目)のワクチンが終わってからでないと、トリミングはおろか散歩も他の犬との接触も控えるように指示されるのが通常だと思うのですが…。

もっとも社会化期などの問題もあり、散歩を始める時期については専門家でも意見はさまざまだそうですが、しかしだいたいは「2回目終わった後ならOK」派か、もしくは「全部終わるまで待つ」派かのどちらかがほとんどだと思います。
個人的には2回目以前にトリミングに出すのは危険行為だと思うのですけれど…

私はワクチン2回目以前に散歩を始めて、病気に感染して死んだ子を数匹知っています。
ですのでトリマーさんか受け入れてくれたのも驚きですね…。

実は私も、今飼っている子が赤ちゃんの時、ワクチン3回目待ちの状態の時にあまりにも目の上の毛が伸びて目にささる状態で目の病気をとても心配しました。
自分で切ろうとしてもまだ暴れるさかりでしたので危なっかしくて怖くて、ダメ元でかたっぱしから美容院に電話し(今思えばちゃんとお店を選ぶべきなのに…と反省する行為ですが)、目の上だけでもカットしてもらえないか聞いてみましたがどの店でも「ワクチンが全て終了している子以外は受け付けられない」と断られました。
最後に電話したお店でだけ、「病気に感染しても文句を言わない」という誓約書を書いてくれるならカットしてもいいと言われ、逆にその言葉におののいて諦めてしまいました。

詳しいことは忘れましたが、確か通常は「1回目のワクチンは母犬からの免疫で相殺されてほとんど効果のないものに終わる…つまり気休めに過ぎない」と言われたように記憶しています。
ですので本当に肝心なのは、2回目・3回目だと思うのですが…
しかも2回目直前ということは、つまり1回目の効き目が切れるタイミング…ということですよね?
とすれば一番危険なのでは…?…と思うのですが…

何事もなければいいのですけれど、他人事ながら心配になってしまいます。
初めて犬を飼うと分からないことだらけなので、どうしても専門家やベテランさんの話に頼る形になりますよね。
ですので相談者様の行為はいたしかたないものと存じます。
ただ、ワクチン2回目前の赤ちゃん犬にトリミングを進めるトリマーさんや獣医さんには疑問です…。

わんちゃんが早く元気になられることを祈っております。

こんにちは。
わんちゃんの体調が悪くなってしまったそうで、とても心配ですね。

ところでこの質問文を読んでとても驚きました。
まだ2回目のワクチンを終えていない状態なのですよねぇ?
てっきり始めは自宅シャンプーのことを言っているのかと思いましたら、「トリミングに出す」というお話だったのですね。
獣医さんはそれを認識した上でOKだされたんでしょか?
病院では3回目(タイミングによって2回で終了の子は2回目)のワクチンが終わってからでないと、トリミングはおろか散歩も他の犬との接...続きを読む

Q犬が癌と診断されました。治療は困難です。

当家の愛娘、9歳のトイプードルが癌と診断されました。
既に腫瘍は大きく、治療は困難とのことです。
患部は顔面、上あごの左側にあり、コレを除去するには顔面半分を切除せねばならず、そうすると、自力でご飯が食べられなくなり、かりにその治療を受けたとしても他の部位への転移も充分に考えられるとのことです。
半年から1年くらいであろうとのことです。
もちろん完治するならば、その治療を受けることも考えたいのですが、犬への負担と痛みを考えると、痛みを和らげる薬などで出来るだけ穏やかな余生を送らせたいものと考えます。
しかし最後のあがきはしたいのです。
キノコの漢方薬など、いろいろあるようですね。でもなかには妖しげなサプリもあるみたいで。
経験者のお話しなど伺いたいと思います。
安楽死は最後の最後の最後の手段として考えていますが、出来るならばしたくありません。

今はとても元気です。ご飯も凄くがっついています。この姿をあと10年見たいと思っています。

Aベストアンサー

大切なわんちゃんが、ご病気とのこと、お気持ちお察しします。
私達家族には、苦い経験があります。うちで出産したにゃんちゃんのうち、一人の子が3ヶ月位で白血病と診断されました。私達はできるかぎりのことをしようと思い、増血剤を2日にいっぺん注射に連れて行ったり、お薬を飲ませたり、、、。そして、彼は6ヶ月で天に召されました。本当に本当に細くて透き通るように白い遺骨でした、、、。私達はその時、本当に自分達がやってきたことは正しかったのかと悩みました。今も悩み続けています。病院に行けば、顔色はよくなるし、食欲も少し出ました。でも、明らかに元気はなくなっていたのです。彼にとって通院は苦痛で怖いものでしかなかったのではないか。彼の人生の半分は闘病でした。治らない病気なら、寿命が4ヶ月だったとしても、うちで怖い思いも、痛い思いもさせずに、親兄弟とずっといさせてあげた方が幸せだったのではないかと。答えは出ません。でも、彼が教えてくれたことは大きかったと思います。
その後、10数歳のにゃんちゃんが癌と診断されました。医師は、手術が難しいほどに癌が進行していること、にゃんちゃんはメスを入れると途端に弱ると言う観点から、手術はすすめませんでした。そして、きっと、そんなに痛みなく召されるでしょうと。私達は、病院に連れて行くことはやめました。痛み止めなどはもらいに行きましたが。彼は、亡くなる数日前まで、お気に入りのファンヒーターの前でとても麗しくしていました。2日ほど食べられなくなり、そう苦しむこともなく天に召されました。次のにゃんちゃんもそうです。猫エイズでした。できる限りの介護はしましたが、病院には連れて行きませんでした。とてもストレスを感じるようでしたので。そして天に召されました。
わんちゃんに関しても、癌で一時は危なくなったのですが、「日田の天領水」で、驚異的に元気になりました。それから2年間も生き、やはり静かに息を引き取りました。
とてもよい獣医師さんでした。よく相談に乗ってくださり、通院させずとも、苦しまないように最大限に計らってくださいました。

「日田の天領水」がどこまで効くかはわかりません。ただ、うちの子達にはよかったのか、あれだけ悪かったわんちゃんとにゃんちゃんが元気を取り戻して、宣告された余命より、1年位長く犬らしく、猫らしく生きました。もちろん、癌が消えたとかそういうことはないです。
それを飲んでいる今いる9匹のにゃんちゃん達は、ほとんど病気知らずで育っています。

信頼できる獣医さんとよく話しをして、望みを捨てずに、お嬢さんに負担のかからないようにしてあげてください。お嬢さんが、麗しくしている時間が少しでも長く長くありますように。

大切なわんちゃんが、ご病気とのこと、お気持ちお察しします。
私達家族には、苦い経験があります。うちで出産したにゃんちゃんのうち、一人の子が3ヶ月位で白血病と診断されました。私達はできるかぎりのことをしようと思い、増血剤を2日にいっぺん注射に連れて行ったり、お薬を飲ませたり、、、。そして、彼は6ヶ月で天に召されました。本当に本当に細くて透き通るように白い遺骨でした、、、。私達はその時、本当に自分達がやってきたことは正しかったのかと悩みました。今も悩み続けています。病院に行け...続きを読む

Q<専門家の方に質問>犬のしこりで病院に連れて行ったのですが

ミニチュアダックスの雄6才です。
2、3ヶ月前くらいに脇の付け根あたりに、米粒くらいの小さい
こりこりしたしこり(皮膚からは離れている)を見つけました。
触っても痛がる様子はなく元気です。
心配でネットで調べて脂肪種かなと思っていましたが、
大きさが若干BB弾くらいになったので一昨日病院で見てもらいました。
脂肪種はもっとぶよぶよしているから違うと思う、ということでしたが、
このくらいならまだ大丈夫なのでもう少し大きくなってから来てみて下さいと言われました。
先生は若い感じですが、予防接種の時も薬についての説明や、
私の飼い方などを細かく聞いてアドバイスをくれたりしたので、
いい加減とか、悪い印象はないです。

今の大きさからは急激に大きくなった様子はないですが、もう少しというのが曖昧なので、
毎日触ってみて少しでも変化を感じたらすぐ行こうと思います。

この先生の言う通りで大丈夫でしょうか?
それとも他の病院でも受診してもらったほうが良いのでしょうか?
普通はしこりを見つけてそれを調べる時は、すぐに検査して
結果が出るものなのですか?
触診の他にどのような検査をするのでしょうか?

いろいろ聞いてすみませんが宜しくお願いします。

ミニチュアダックスの雄6才です。
2、3ヶ月前くらいに脇の付け根あたりに、米粒くらいの小さい
こりこりしたしこり(皮膚からは離れている)を見つけました。
触っても痛がる様子はなく元気です。
心配でネットで調べて脂肪種かなと思っていましたが、
大きさが若干BB弾くらいになったので一昨日病院で見てもらいました。
脂肪種はもっとぶよぶよしているから違うと思う、ということでしたが、
このくらいならまだ大丈夫なのでもう少し大きくなってから来てみて下さいと言われました。
先生は若い感じ...続きを読む

Aベストアンサー

ペーパー獣医師、診療実習経験3年弱。

脂肪腫は1センチほどの小さいものから10センチほどのものまであります。(この範囲にあるとは限定できませんが)
皮膚表面から触れる場所に脂肪腫がある場合には、軟らかいゴムボールのような弾力です(先生のおっしゃるぶよぶよ感ですね)。
良性の脂肪腫(悪性は脂肪肉腫と呼ばれます)は腫瘍表面が滑らかで、皮膚や深部の筋層と接着していないため、皮膚越しに触るとつるっとすべるような感覚を受けます。

BB弾ということは5ミリ以下ですよね。
小さ過ぎて、診断も付けにくく、また、他に症状がない限り緊急に診断をする意義も低いように思われます。
大きさはカルテに記載しておいてもらえるので、健康診断ごとに変化がないかを記載し続ければ、何年後かに変化があったときの診断の助けになりますよ。
先生のおっしゃる「もう少し」を詳しく訊かれるのがよいでしょうが、
大きさだけで判断するならば、今回の場合私なら定規で測って一センチを越えないかぎり変化していないと判断します。

>普通はしこりを見つけてそれを調べる時は、すぐに検査して
>結果が出るものなのですか?
>触診の他にどのような検査をするのでしょうか?

必要と判断した場合には、「針生検」といって皮膚を通じてしこりに注射針をさし、内容物を一部吸引して顕微鏡で診るということをやります。
表面から触れることが出来るしこりに限られる、繊維質が多くて何も吸引できない、上手く吸引できない、悪性腫瘍に刺してしまえば周辺に転移させる可能性、など短所もあります。
実施後30分程度で確認できます。
BB弾の大きさのしこりに針生検は適応しにくいので先生はされなかったのだと思います。

確定診断をするときには「病理診断」を行います。麻酔下でしこり全摘出(もしくは一部摘出)したものを切片にするので、実施後一週間くらいかかります。


獣医師の先生は忙しいとはいえ、飼い主さんが訊いたことには最後まできちんと答えてくれます。答える義務もあります。
あまりに長いと相談料を取られるかもしれませんが、それだって必要な情報を得るための必要経費ですよね。
私のような無責任な発言者を探すよりも、訊いたことに最後まで答えてくれる獣医師を探すか、「インフォームド・コンセントのためのドクターズアドバイスマニュアル」(メディカルサイエンス社)などで勉強ください。

ちなみに須崎動物病院もフォトチェックも未だかつて一度も聞いたことありません…。腫瘍マーカーを写真で診断できる根拠が何なのか想像が付きません。勉強不足ですみません。

ペーパー獣医師、診療実習経験3年弱。

脂肪腫は1センチほどの小さいものから10センチほどのものまであります。(この範囲にあるとは限定できませんが)
皮膚表面から触れる場所に脂肪腫がある場合には、軟らかいゴムボールのような弾力です(先生のおっしゃるぶよぶよ感ですね)。
良性の脂肪腫(悪性は脂肪肉腫と呼ばれます)は腫瘍表面が滑らかで、皮膚や深部の筋層と接着していないため、皮膚越しに触るとつるっとすべるような感覚を受けます。

BB弾ということは5ミリ以下ですよね。
小さ過ぎて、診...続きを読む

Q受け入れられません。愛犬が末期がんと診断されました

こんばんは。
私は子供の頃から犬を飼っていて、
今は4代目で10歳弱のオスのゴールデンを飼っています。

今年の6月に9歳になるので、そろそろ検査を受けてみようと、犬ドックに行きました。
その時、血液検査をしたようなのですが、全ての項目が正常値で、病院から「大型犬でこの年の子ですべて正常なのは珍しいいですね。健康ですよ。」といわれました。

そして6月末、同じ病院で、健康なうちに発ガン性を低くするためにと、去勢と左胸辺りにあったできもの(脂肪の固まりか良性の腫瘍)を手術しました。

その後の生活での変化は、お散歩の時、最初のおしっこポイントに着く前に歩きながらおしっこがでてしまったりすることが多くなり、年齢と、去勢手術の影響が若干あるのかなと思っていました。

そして、4日前の11/29に、のどあたりに何か引っかかったときにやる「ゲホッ、ゲホッ、・・おえ~」を時々やっていました。
また散歩中、小さな枝かじって、何かのどに引っかかってんだろうなと思ってました。

しかし、それが3日続いた昨日、床に少量の血がありました。
きっと「ゲホッ、ゲホッ、・・おえ~」してる時出たんだろうと思いましたが、食欲だけは旺盛な子が今朝はほとんど食べませんでした。
さすがに心配で、病院に行ったところ、診断結果は末期の癌でした。

えっ?と思い、先生の説明をききました。
どうやら脾臓が大きく腫れており、その中に癌があって、肺や他の臓器に転移しているというのです。
今日の血液検査の結果を見ましたが、6月の犬ドックの時とほとんど変わらない数値で、全て正常値でした。

素人には分かりませんが、臓器の機能低下が見られる欄の数値が下がっていましたが、
それでも正常値の枠内でした。

6月の診断で健康だから去勢等の手術を受けたのに、5ヶ月後に末期がんの診断なんて・・・。
こんなに犬の癌の進行って早いものでしょうか?

こんな状況で、何かおかしいんじゃないか?とお気づきの方いらっしゃいましたら、アドバイスいただけませんか?

宜しくお願いします。

こんばんは。
私は子供の頃から犬を飼っていて、
今は4代目で10歳弱のオスのゴールデンを飼っています。

今年の6月に9歳になるので、そろそろ検査を受けてみようと、犬ドックに行きました。
その時、血液検査をしたようなのですが、全ての項目が正常値で、病院から「大型犬でこの年の子ですべて正常なのは珍しいいですね。健康ですよ。」といわれました。

そして6月末、同じ病院で、健康なうちに発ガン性を低くするためにと、去勢と左胸辺りにあったできもの(脂肪の固まりか良性の腫瘍)を手術しました。...続きを読む

Aベストアンサー

お気持ちお察しいたします。
私も何ヶ月か前に同じ気持ちでいました。

私の愛犬も癌で亡くしたのですが、最後までほとんど全ての検査
(大学病院でのCT、血液検査、レントゲンなど)で
何の異常も発見できませんでした。
唯一癌だとわかったのは、口の奥に出来ていたものすごく小さな
米粒程度の出来物を病理検査に回した結果のみでした。

最初異変に気付いたのは、今年の3月半ばにやはり同じように
何かを吐き出そうとするような咳でした。
ですが、他はいつものように元気一杯でした。
すぐ病院に行ったものの普通に元気だったのでアレルギー系の
薬を処方されましたが改善されず、4月半ばになると
声が出なくなりました。
4月末に内視鏡検査で口の奥に出来物を見つけ病理検査に出すものの
結果が出たのがゴールデンウィークもあった為、5月の中ごろでした。
そこでようやく扁平上皮癌という悪性の癌だとわかり、
1週間後の5月末に大学病院でCT検査、直接目で確認したり
直接癌があるだろうと思われる部分を触ったり、
あらゆる検査をしたにもかかわらず
何の異常も見つからず癌ではありませんと言われました。
その頃のワンコは、少し食べ物を食べづらくなっていて
お水をほとんど飲むことを拒否していました。
ですが、見た目も元気だしお散歩も喜んで行っていました。

うちの場合は最悪でした。
絶対に癌があるからこそどんどん弱っていっているのに、
検査の結果で異常が見つからないし、CTにも写らない癌となれば
手術も放射線も抗がん剤もなんの治療を行うことができなかったのです。

最後の最後に病理検査のスペシャリストと言われている方に
再度病理検査を依頼することができたのですがやはり扁平上皮癌で
しかも、ものすごい悪性度の高く浸潤性の進行性も早い
最悪な部類の癌だと。。。
診断されたものの、ちょうど結果を聞けたのが
7月1日の亡くなった日でした。

結果、3月の半ばに異変が見つかり5月の末に癌だとわかり
7月1日には亡くなってしまったので気持ちも何もかも追いつきませんでした。

犬の場合は人間の3倍以上の速さで全てが進行します。
人間の1ヶ月が3ヶ月です。
なのでzokkondesu さんのワンコの癌もおかしいとは思いません。
ありえることだと経験上思います。

お気持ちお察しいたします。
私も何ヶ月か前に同じ気持ちでいました。

私の愛犬も癌で亡くしたのですが、最後までほとんど全ての検査
(大学病院でのCT、血液検査、レントゲンなど)で
何の異常も発見できませんでした。
唯一癌だとわかったのは、口の奥に出来ていたものすごく小さな
米粒程度の出来物を病理検査に回した結果のみでした。

最初異変に気付いたのは、今年の3月半ばにやはり同じように
何かを吐き出そうとするような咳でした。
ですが、他はいつものように元気一杯でした。
すぐ病院に行ったも...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報