20年以上前の小学校の図書館で読んだのですが、児童書だったと思います。
覚えているのは何十年間に一度しか咲かない花の汁をホウキ(だったかな?)に
塗ると空が飛べて・・・という感じのお話で、夜間飛行って言葉も出てきたような
すごく好きだったのにタイトルも作者名も忘れてしまい、ずっと探しています。
ぜひ教えてください、お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

『小さな魔法のほうき(原題:The LittleBloomstick)』


メアリー・スチュアート/掛川恭子(訳)あかね書房
1977発行 1978/12(8刷) \980
----------
これでしょうか?
実際読んだ事はないのですが、私も絵本、童話が大好きなので、興味を持ちました。
ただ、絶版であるため今からの入手は困難だと思われます。

参考URL:http://www.netpro.ne.jp/~banana/34.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とっても驚きました、何十年も探していた答えがこんなにすぐわかるなんて!
そうです、これだったんです!
本当にありがとうございました。URLにもすぐ飛んでみてきました。絶版なのがとても残念ですが、中古やオークションで探してみたいと思います。

お礼日時:2002/02/26 14:08

 メアリーは、黒猫のティブに導かれて「夜間飛行」の花を見つけて


しまった事から「魔法大学」へと迷い込んでしまう。


書名:小さな魔法のほうき(あかね世界の児童文学 5)
原題:The Litte Broomstick
著者:メアリー・フローレンス・スチュアート(Stewart, Mary、1916- )作
訳者:掛川恭子(カケガワ, ヤスコ)、画/赤星亮衛(アカボシ, リョウエ)
出版:あかね書房
版年:1975.01
版型:229p、21cm
価格:\980
ISBN:4-251-06205-1
URL :
  http://shopping.yahoo.co.jp/shop?d=jb&id=00008222

  (その他)
  http://www03.u-page.so-net.ne.jp/fd5/simada/book …
  http://www.d5.dion.ne.jp/~myue-2/step06.html
  http://www.ann.hi-ho.ne.jp/kashiba/0201y.htm



スチュアート, メアリー/Stewart, Mary(1916- )
http://homepage3.nifty.com/hobbit/child/jitenutf …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たくさんのURLを載せていただいて本当にありがとうございます。
全部見てみました、まさにこの本でした!(なつかしすぎる・・)
特にこの本が「ハリポタ」にあい通じるものがあったとはびっくり。
先に回答を下さった方をマスターとさせていただきましたがZz_zZさんにも
深く感謝いたします。本当にありがとう!

お礼日時:2002/02/26 14:15

ほんとうの空色 バラージュ 岩波書店



--------------
このバラージュという作者は、「夜間飛行」というタイトルの本で有名らしいです。
参考にして見てください。

参考URL:http://www03.u-page.so-net.ne.jp/fd5/simada/book …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

夜間飛行という言葉を覚えていてよかった?
こんな形で新しい本にめぐり合えるとうれしいです。
こちらもぜひ読んでみたいです、ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/26 14:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q長野まゆみ『夜間飛行』について

 長野まゆみの『夜間飛行』を探しています。
ハードカバーの方です。
 文庫本は見かけるのですが、ハードカバーの方が見つかりません。
中学生のころに図書室で見つけて、写真や挿絵がたくさん入っていた記憶があります。文庫本にはそれがなく、ぜひハードカバーのほうをもう一度読みたいんです。
 もしかして、廃盤になっているのかも。
廃盤になっていたら、どうやって手に入れたらいいんでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

こんばんわ。
以前、回答したものです。
まで、締め切られていないので、アドバイスもどきを…

アマゾンにあるので、廃盤ではないと思います。
http://books.yahoo.co.jp/bin/detail?id=18471292で調べても普通にあるみたいですし。
ですから、オンラインショップが不安なら近所の書店で注文するのはいかがでしょう?
ISBNコード(この本はISBN:4-87893-165-5)を言えば確実です。

余計なおせっかいでした。
失礼しました。

Q十角館の殺人の最後について

十角館の殺人を読みました。とても面白かったのですが、最後のところで意味が理解できず、消化不良の状態です。どなたかご指南下さい。
最後の2ページの部分です。緑の小瓶を見つけてなぜ、表情を凍らせなければならないのか?「審判」の意味、なぜその小瓶を島田に渡すようにしたのか?この最後の部分の意味がぜんぜん解かりません。
どうぞ宜しくお願いします。

Aベストアンサー

かなり序盤に犯罪の計画を書いた紙をビンに詰めて投げたのはご記憶してらっしゃいますよね?
で、最後、島田が論理だけなら真相に到着したのは、覚えていらっしゃいますか? 島田にとってないのは証拠(つまりビン)だけです。
犯人は、罪悪感と達成感どちらを取るか悩んでいたおり、最終的に罪悪感のほうを取ったわけです。つまり、証拠を子供に渡してすべての罪を償おうとしたわけです。
以上は自分の主観のため違う解釈があればそちらを優先してください。

Q飛行少女(ネタバレ)@

お勧めと言われて読んだ本です。お勧めとあって大変引き込まれた作品でした。実は今そのストーリーを簡単に書いている最中なのですが、結構前に読んでしまったために少しとんでいます・・・誰か簡単なストーリーを教えてください。一日にたくさんの本を読んでいたので色んな作品が頭の中で混ざってしまっています・・・

Aベストアンサー

下記アドレスにちょこっとあらすじ書いてありますよ。
参考にしてみてはいかがですか?

参考URL:http://www.google.co.jp/search?q=cache:ompm4PoK4DoJ:www.kadokawa.net/mystery/column/200211/KAZAMA.html+%E9%A3%9B%E8%A1%8

Q真田幸村・真田十勇士が出てくる小説

真田幸村、もしくは真田十勇士が出てくる小説がありましたら、教えていただけると有難いです。
既読は以下の本なのですが、このほかにはもうないのでしょうか?

・「異聞 真田幸村」 (中田耕治)
・「異聞 猿飛佐助」 ( 〃 )
・「真田幸村」 (柴田錬三郎)
・「猿飛佐助」 ( 〃 )
・「魔風海峡」 (嵐山徹)
・「真田忍侠記」 (津本陽)
・「風神の門」 (司馬遼太郎)
・「奔る猿飛佐助」 (亀井宏)
・「真田幸村」 (佐竹申伍)
・「忍者 猿飛佐助」 (富田常雄)
・「真田十勇士」 (村上元三)

これら以外にご存じでしたら、紹介していただければ幸いです。
できれば脇役ではなく、主人公格の物語だとうれしく思います……。
(が、脇役でも、面白ければ何でも結構です)
どうぞ、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

「真田太平記」(池波正太郎)
「霧隠才蔵」(火坂雅志)
「決定版・真田十勇士 霧隠才蔵」(宮里洸)
「奔る猿飛佐助 風雲真田城」(亀井宏)

オムニバス小説ですが
「機略縦横!真田戦記」PHP文庫

Q中学生か高校生達が主人公でおすすめの青春小説があったらぜひ教えてくださ

中学生か高校生達が主人公でおすすめの青春小説があったらぜひ教えてください。
よかったら、あらすじや感想もお願いします

Aベストアンサー

・芦原すなお
「青春デンデケデケデケ」
ロックをやってる田舎の高校生男子のお話です。せつない青春時代が蘇ってきます。


・石田衣良
「6TEEN」
既出の「4TEEN」の続編です。16歳になった彼らの日常が描かれています。
実は、まだ読んでいません。4TEENは、スタンド・バイ・ミーみたいでなかなか良かったので、
期待してます。


・北杜夫
「どくとるマンボウ青春期」
ずいぶん古い本ですが、とにかく面白い。私は高校生の時にこの本に出会いました。
他のどくとるマンボウシリーズもオススメです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報