忙しい現代人の腰&肩のお悩み対策!

 一部の人によれば、ドイツに十分勝機があったとのことですが、あんなに攻め込んでいたにもかかわらず、結局負けてしまったのだから、ドイツとソ連では実力が段違いだったといえると思います。
 少なくともモスクワ攻勢に失敗してからは、まったく勝機なしだったと思いますが、これについて意見をお聞かせください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

 ドイツ軍が負けた原因として、兵站の確保が不十分だったこと、戦略攻撃の手段に欠けていたことが挙げられます。


 ソ連領内はほとんど舗装路が無く、春先の雪解け時期と秋雨の時期は道路が泥沼になってしまい、トラックや馬匹での輸送はほぼ不可能でした。こういうときに頼りになるのは鉄道ですが、ソ連とドイツでは線路の幅が違うので線路を引き直すか貨物を積み替えねばならず、補給の途絶えた部隊は立往生。ソ連軍はその間に防御陣地を構築する時間を稼ぐことができました。
 ソ連はドイツ侵攻後、速やかに工場群をウラル山脈以東に疎開させています。ドイツ軍の戦略爆撃能力の低さはバトルオブブリテンで証明済みですが、ソ連との戦争でもこの工場群を叩くことができず、戦術的には軍団単位でソ連軍を壊滅させる戦果をたびたび挙げたものの、すぐに補充されてしまい、結局物量に押しつぶされてしまいました。
 また、ソ連国土の特徴として、攻めれば攻めるほど国土の幅(=戦線の幅)が広くなり、兵力が分散してしまうことがあります。ドイツ軍はモスクワやスターリングラード、クルスクなどを落とすためにたびたび戦力を一点集中させましたが、薄くなった両翼を突破されて失敗しています。
 モスクワ攻略戦発動前に2ヶ月ほど余計に時間を取られたウクライナ作戦と、1941年冬の大寒波がなければモスクワは占領できたでしょうが、それだけでソ連は降伏しません。疎開した工場から兵器を吐き出して戦争を継続するでしょう。モスクワ占領後、一気呵成にウラル山脈付近まで進撃できればいいですが、兵站の問題で早期占領は無理だと思われます。長期化すればソ連の防御線はますます強固になり、本土には米英の戦略爆撃が加えられ、北アフリカの戦況も苦しくなり・・・と不利になる一方です。そもそもベルサイユ条約で兵器保有を制限されていたドイツは、限りある兵器での短期決戦を旨として戦術を組み立てていたので、ソ連のような広い国土を持つ国との総力戦は想定外でした。
 ですから、ソ連に勝つ見込みはまずなかったと言えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
私もソ連に勝つ見込みはまずなかったという見解に同じです

お礼日時:2006/07/04 21:38

終わってみれば、勝てる要素など皆無だったのに、勢いにまかせて進攻


したまぬけなヒトラーとドイツ軍人達・・・。

でも、あの当時(少なくとも20世紀はじめ)の概念からすれば
敵国の軍隊を撃破・壊滅させれば戦争は終了と決まっていました。
「30%以上の兵力を奪えば、自然とその国は戦意を失い講和に応じる」
というのが通例だったのです。
その点でいえば、ドイツはそれ以上もの結果を出したのですが
ところが、ロシアはそんな通例が通じる国じゃなかった。しかも
後のドイツもそうだったように、20世紀の国家間戦争(総力戦)は
そんなことで終わらないということがはっきりしたのです。
そのため、イギリスは執拗な都市爆撃をドイツに行い、冷戦時代に米ソ
は開戦まで至らなかったのです。

41年9月はじめ、キエフ会戦で大勝利を収めたドイツはこれでロシアは
自然崩壊だと思ったのですが、結果は全くの逆。
やむを得ず、レニングラードから戦力を転用し、無理を承知でモスクワ
戦に賭けたというのが実情だったのでしょう。
終わってみれば無謀な戦争だったと言われる始末。
でも、41年の5月当時は、例えればW杯でオーストラリア戦の前の日本
と全く同じぐらい楽観論が支配していたのです。
    • good
    • 1

皆さんのお答えなかなか参考になりますね。


戦争は攻撃力だけでは勝てません。補給が生命線になります。
さらに地の利や天候等で負けることも多々あります。
当時のナチスでは電撃戦で短期決戦を考えていたのでモスクワを攻略すればソ連を落とせる、と言う認識があったため西部戦線の兵力も全てソ連戦に送り込み生まれたての共産国家のもろさや協調力のなさをついて一気に攻めました。しかし、ソ連兵はソ連と言う国家に対しての忠誠というよりは自国が他国に侵略されると言う屈辱を恥と受け止め死に者狂いで戦いました。実際に戦死者はソ連兵の方が圧倒的に多いです。
映画のスターリングラードも参考になるのではないでしょうか?
私見ですがドイツが攻め込んだ時に冬さえ来なければ十分に勝機はあったと考えます。ドイツ軍の猛攻に当時の政府のトップは首都をモスクワから移転すると言う発言もありましたのでギリギリの線で冬将軍に助けられたと言うのが真相ではないでしょうか?
ちなみに同じ失敗をナポレオンもしています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。
ただ、ナポレオンの場合は、モスクワは占領したはずですが・・・。

お礼日時:2006/07/06 19:09

国家支配の骨格が明確になった以降の戦争では、別の国に攻め入って占領を続けるには大変な力の差が必要になりました。


相手の国家が瓦解して民衆が歓迎してくれる場合は別ですが、米国がアフガンやイラクであれだけ苦労しているのはその証左です。
世界史的にはアレキサンダーやジンギスカン、日本史的には南北朝の足利尊氏など、自分の領地を離れて占領移動出来たのは、その土地に支配制度が確立していないからで、日本の戦国時代に狭い国土の中を拡張して行くのに時間がかかったのは、補給線の維持が必要になったからです。
そういった意味では、日露戦争は日本は一杯一杯だったのですが、相手の政情が不穏になっていた事や、英米が肩を持ってくれた事等で、「勝利」の形で和睦出来たという幸運が味方してくれました。
独ソ戦の時の軍事力は日露の時とは比べ物にならない位独優位でしたが、独の方が占領地に兵力を保持する必要があった事と、頼りになる味方がいない事で勝てるどころか和睦する途もなかったと言えるでしょう。
    • good
    • 0

良く間違えられるのですが、戦闘で勝つ事と戦争に勝つ事は同意義ではありません。



ドイツは局地戦で十分な勝利を収めましたが、戦争に敗れたといえます。

他の回答者の皆さんがご指摘のとうりです。
ドイツには勝利の見込みはなかったと思います。

1.ドイツの国力は短期決戦に耐える位のレベルでしかなかった。  資源的にも人口的にも。
2.短期決戦にはロシアの国土、人口では適合不適であった。
3.冬季の気象条件の影響に対する認識不足。
4.米英のソ連援助の連絡路の切断、妨害に失敗した。
  援助物資の膨大さはトラック数十万台の数字で象 徴されるように武器弾薬も含めてあらゆる面に及び ました。
5.ソ連の人命無視に近い国民性と共産主義統制の厳し さに対する理解不足。

これらの戦略的要素に対して敗北しかなかったのです。 
西洋的な思想と半アジア的思想の戦いだったとおもいます。
    • good
    • 0

モスクワ戦の後、1942年の夏季攻勢(ブラウ作戦)では再びドイツ軍がソ連軍を圧倒しています。

しかし冬にはスターリングラードで大敗、しかしその後のハリコフ戦では補給線の延びきったソ連軍に痛撃を与え、1943年のツィタデル作戦(クルスク戦)直前にはドイツ軍の戦力はかなり回復していました。ここで折角の戦力を(ソ連軍にも相当の損害を与えながらも)またも消耗してしまい回復不能、翌年夏には逆にバグラチオン作戦により東部戦線は一気に崩壊してしまいます。
要するに、ソ連に比べ一度大損害を出すと回復が難しいのですよ、ドイツ軍は。第二次大戦でのソ連の戦死者は二千万というとんでもない数で、ドイツ軍が東西両戦線で受けた損害の五倍というありさま。これで最終的に勝ってしまったわけで、「実力」というより国の「基礎体力」の問題だと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
ただ、国の体力を第一に考えて戦争はするものだと思いますが。所詮勝ち目はなかったと思います

お礼日時:2006/07/04 21:37

ドイツは直接的に天候に負けました。


ですが、一番の理由はナメきっていたことにあります。
独ソ戦はバルバロッサ作戦と称された最初の作戦こそ成功するのですが、
最後の詰め=モスクワ攻略戦(タイフーン作戦)に失敗します。
※ナポレオンと同じ結果を迎えたわけです。
電撃作戦の例で冬が来る前にモスクワは落ちると思われたのですが、
結果的に厳しい時期に冬に入り、独軍は消耗します。
翌年の春になり、独軍はモスクワに価値を見出せなくなり、石油を
求めてロシアがとった南下政策と同じルートをカスピ海沿岸部に
侵攻するのですが、スターリングラードで敗戦します。
このときに初めて、独軍はソ連軍に戦略的な意味で負けました。
その後、雌雄を決すべく大戦車戦で有名なクルスクの戦いを経て、
独軍はイタリア方面の連合軍に備えるために独軍はソ連との戦いを
諦めざるを得なくなります。

タイフーン作戦は冬に備えて防寒具などを用意していれば、成功に終わった
ことと思います。そのため、戦史が好きな人たちに言わせれば、勝てた戦いと
いう意見を聞きますね。

独軍兵は士官を除けば、長袖・長ズボンに手袋だけの兵士が多かったようで、
戦うどころか凍死しないようにするのが精一杯で、指がかじかんで銃が
取れないままに撃ち殺されていたと聞いたことがあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
ただ、モスクワといいますが、モスクワが落ちても大勢に影響はなかったと思います。

お礼日時:2006/07/04 21:35

ドイツは瞬発力はあるがスタミナが無い


ということではないでしょうか
・資源の差
  ソ連には石油などが産出するがドイツは皆無
・人口の差
  ソ連は2億人、ドイツは5000万人
・支援国の有無
  ソ連にはアメリカ等が最新式の武器を多数支援した
・防寒の差
  ソ連は冬でも戦える軍隊仕様、ドイツは冬になると戦車・飛行機
  が凍り付いて使用不可になった
・国土の大きさ
  ソ連は大きく、どこまで攻めてもきりがない
  やがて補給を確保できなくなった

いろんな条件がつみかさなっていき、
結局はモスクワの手前、スターリングラードで
それが顕在化し、スナミナ切れになったのだと思います
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
どう考えても、勝ち目はないですよね。

お礼日時:2006/07/04 21:34

分析は人様々あるでしょうが、ドイツ軍が負けたのはソ連軍ではなく、冬将軍だと思います、オイルは凍りつき、まともな冬の装備をしていないドイツ軍が敗退するのは当然では、そもそも日本と同じで西と東(イタリアにお付き合いしたアフリカ戦線もあり)、これだけ敵を作れば四面楚歌、結果は当然のように思います。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
たしかに、西と東に敵を作って勝算はあったのか?と思います。

お礼日時:2006/07/04 21:33

興味があればWWIIを丁寧にシミュレートしたHearts of Iron 2というPCゲームをしてみてください。


勝機はかなりあったと思いますよ。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q独ソ戦はなぜ必要だったんでしょうか?

第2次大戦でドイツがソ連を攻めたわけというのはどういうことだったのでしょうか?そんな必要があったのでしょうか。防衛的な構想から発したのでしょうか?

Aベストアンサー

中世初期のドイツ領は、現在のオランダ・ベルギーから、カレーやアルザス・ロレーヌなどもドイツ領でした。
一方東部は、ベルリンなどは、ドイツとポーランドとの国境でした。
西部国境は、常にドイツより国力、軍事力、文化で勝るフランスの圧力を受け、後退する一方でした。
また、ドイツ国内は、森林が多く、農作業に適した地域が少なく、すぐに人口過剰や飢饉などに陥りました。
そのためにドイツ人は、ドイツよりも国力に劣る東の国々を圧迫する一方積極的な殖民活動を行いました。
これが、「ドイツ東方殖民」と言い、ドイツ騎士団がひの先方を勤めました。(ドイツ騎士団は、ドイツ東方殖民のために創られた騎士団とも言えます)
ドイツ騎士団の徽章は、白地に黒の十字で、鉄十字とも呼ばれ、ドイツのマークとして現在も使用されています。
そのため、ドイツでは、ドイツ東方はドイツの勢力圏とする考え方が古くからあり、ヒトラーもそれを利用したにすぎません。
これは、日本が戦前「満州は日本の生命線」と主張した事と同じで、ドイツ国内の強硬派を味方につけるために主張したため、対フランス戦線が安定化したため、何らかの手を打つ必要に迫られたのだと思います。
ヒトラーとしては、対イギリス戦のけりをつけてからと思っていたようですが、ドイツの世論が、ヒトラーの思惑を超えて暴走しかねない状況を作り出したように思えます。
このへんは、日本が中国との戦争に突入してゆく状況と似ています。

中世初期のドイツ領は、現在のオランダ・ベルギーから、カレーやアルザス・ロレーヌなどもドイツ領でした。
一方東部は、ベルリンなどは、ドイツとポーランドとの国境でした。
西部国境は、常にドイツより国力、軍事力、文化で勝るフランスの圧力を受け、後退する一方でした。
また、ドイツ国内は、森林が多く、農作業に適した地域が少なく、すぐに人口過剰や飢饉などに陥りました。
そのためにドイツ人は、ドイツよりも国力に劣る東の国々を圧迫する一方積極的な殖民活動を行いました。
これが、「ドイツ東...続きを読む

Qソ連がナチスドイツに勝てた理由

第二次世界大戦で日本がアメリカに負けた理由は資源や兵器の物量の差が理由だったというのは、そう言われたら確かにそうだろうと思うのですが、ナチスドイツに国土を蹂躙され、生産設備をほとんど破壊されたはずのソ連がドイツに侵攻し、最終的にベルリンを占領できるほどの力を蓄えることができた理由がよくわかりません。焦土と化した国内でどうやって兵士を訓練し、兵器を増産できたのでしょうか。
普通に考えたら、独ソ戦は日中戦争のヨーロッパ版みたいなもので、ソ連は最終的にドイツを追い出すことには成功するでしょうが、相手方の国土に攻め込むほどの余力はとても持てないのではないかと思うのですが。

Aベストアンサー

1942年6月当時、ドイツ軍が北アフリカ戦線に投入したのは3個師団。これに対し東部戦線は171個師団。

Location Of German Divisions In June Of Each Year
Country      1941   1942   1943  1944
USSR        34     171   179   157
France, Belgium
& Holland      38     27    42    56
Norway & Finland 13     16    16    16
Balkans       7       8     17    20
Italy          0       0     0     22
Denmark       1       1     2     3
North Africa     2       3     0     0
http://www.angelfire.com/ct/ww2europe/stats.html

それからイギリスが受け取ったレンドリースは、大戦を通じてソ連の3倍にも及ぶ。

           1941    1942   1943   1944    1945    Total
        (Mar. to Dec.)                (Jan. to Aug.)
Total aid to British
Commonwealth  1,082  4,757   9,376  10,766   4,437    30,073
Aid to Russia    20   1,376   2,436?  4,074   2,764    10,670
Aid to other countries                              2,872
Total lend-lease aid                               43,615
http://www.ibiblio.org/hyperwar/USA/BigL/BigL-5.html

 だが、現実は違った。ヒトラーは、対ソ侵攻開始直前の四一年六月十一日に発令した総統指令第32号「バルバロッサ以後の事態の準備について」の中で、対ソ戦が終結した後の四一年から四二年にかけての冬の期間に、陸軍の60個師団をロシアに駐留させるとの計画を立て、この駐留で必要となる冬季用装備についても陸軍側で手配が完了していた。
 ところが、四一年十月以降、ソ連国内での鉄道輸送網がパンク状態に陥っていたことから、用意された冬季用装備は、輸送手段がないためポーランドのワルシャワで山積みになったまま放置されてしまう。
http://wau.private.coocan.jp/wwtef/gaso/kampfe_vor_moskau.pdf

「終戦までのドイツ国防軍全体の損失は1348万8000人を数えた。このうち1075万8000人が東部戦線で戦死するか捕虜になった」
http://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784059011736

 ユーリー・レヴァダ分析センターが実施した世論調査の結果によると、ロシア人の60パーセントが、ソ連は第二次世界大戦で同盟国の援助なしに勝利できたはずだとの確信を示している。なお、回答者の32パーセントが、それに反対の見解をとっている。
http://japanese.ruvr.ru/2011/06/22/52225119/


戦線別ドイツ軍戦死者統計
Losses per theater
Theater      Dead      %
Africa       16.066     0,3   ←アフリカ戦線ww
Balkans      103.693    1,9
 North      30.165     0,6
 West       339.957    6,4
 Italy       150.660    2,8
Eastern Front
(- Dec 1944)  2.742.909    51,6   ←ソヴィエト赤軍は
Germany (1945) 1.230.045   23,1   ←頼もしいよなぁ♪
Various       245.561   4,6
 Total       4.859.056
http://www.axishistory.com/axis-nations/germany-a-austria/144-germany-unsorted/statistics/2461-german-losses-per-theater


<各戦線のドイツ軍機損失 GRUのデータ3476号>
En frente sovietico-aleman(独ソ戦線)
Durante 1941 (desde 22.6) 4 200
Durante 1942 11 550
Durante 1943 15 200
Durante 1944 17 500
Durante 1945 (hasta 9.5) 4 400
En frente occidental(西部戦線)
Durante 1941 (desde 22.6) 500
Durante 1942 800
Durante 1943 1 800
Durante 1944 14 550
Durante 1945 (hasta 9.5) 4 200
En Alemania y en los paises ocupados {2}(ドイツ国内)
Durante 1941 (desde 22.6) 800
Durante 1942 1 300
Durante 1943 4 850
Durante 1944 2 500
Durante 1945 (hasta 9.5) 1 500
Total aviones perdidos
Durante 1941 (desde 22.6) 5 500
Durante 1942 13 650
Durante 1943 21 850
Durante 1944 34 550
Durante 1945 (hasta 9.5) 10 100
http://www.rkka.es/Estadisticas/VVS_stat/01/01_10.htm

 ソ連側資料によれば、11月14日から12月5日までの期間、赤軍航空隊は西部方面戦区で15903回の出撃を行ったが、これとまったく同じ期間に同じ地区で確認されたドイツ機の上空通過は3500回であった。もちろん、すべての上空通過が確認されたわけではない。後に押収されたドイツ軍の参謀資料からすると、ドイツ軍のパイロットたちは11月末に平均して1日240回発進していたと推察できる(これに対してソ連軍パイロットたちは760回の出撃で応え、敵の約2倍の航空機を有していた)ドイツ軍の対ソ侵攻後初めて、赤軍航空隊はルフトバッフェよりも稼働率を上げて活動するようになっていた。ドイツ第4戦車集団の戦闘行動日誌は上空の様子を何とか説明付けようと試みている。
―「赤い首都はその多数の幹線道路・鉄道とともに前線のすぐ後方にある。敵は『地の利』に恵まれている。ソ連空軍は格納庫や修理所、モスクワの飛行場を持っているが、ドイツ機は野戦飛行場の雪原に立ち、悪天候の影響をすべて耐えねばならぬのである」
 11月18日に西部方面軍戦区の右翼に第6戦闘航空軍団の主力が基地を移し、さらに1日おいてそこに長距離爆撃航空軍の1個師団が投入された。上空ではソ連空軍が明らかに優位にあったことをドイツ第9野戦軍の戦闘活動日誌も認めている。
―「敵空軍再び我が軍進撃部隊を爆撃し、銃撃しているが、ドイツ戦闘機部隊は今にいたるも地上部隊の上空援護を保障できないでいる」
<モスクワ上空の戦い 知られざる首都航空戦1941~1942年
ドミートリィ・ハザーノフ/著 アレクサンドル・ペレヴォースチコフ/監修 小松徳仁/訳>

ノルマンディー上陸作戦
▼フランス展開部隊の実状
 ・フランスは東部戦線で疲弊した師団の休養・再編成地
 ・歩兵師団の多くは沿岸警備用師団か訓練師団
 ・第709師団の平均年齢36歳。対するアメリカの歩兵は平均年齢25歳
  →第一線の軍隊にとっては大きな差。
http://members.jcom.home.ne.jp/hartmann/page008.html

ちなみに米軍死者は欧州戦線で25万二千、太平洋戦線で15万6千人。

MILITARY      HOSTILE               NON-HOSTILE
ACTION       DEATHS      WOUNDED    DEATHS              
World War II
(1941-45)
Total          293,1216       670,846       115,185
European Theater  185,179        498,948       66,805
Pacific Theater    107,903        171,898       48,380
http://www.vfw.org/PR/Media%20Room/AmericasWarDead1775_2009.pdf  

1942年6月当時、ドイツ軍が北アフリカ戦線に投入したのは3個師団。これに対し東部戦線は171個師団。

Location Of German Divisions In June Of Each Year
Country      1941   1942   1943  1944
USSR        34     171   179   157
France, Belgium
& Holland      38     27    42    56
Norway & Finland 13     16    16    16
Balkans       7       8     17    20
Italy          0       0  ...続きを読む

Qドイツの勝機

 昭和17年末のスターリングランドの敗北以降、ドイツがソ連に勝利するチャンスはなかったのでしょうか。
 もしあれば、教えてください。

Aベストアンサー

私もドイツに勝機はなかったとおもいます。
しかしイフをゆるされるならクルスクの包囲作戦(シタデル作戦)が成功していたらそれが唯一の勝機であったのでは・・・

この作戦は80万以上のソ連軍を包囲殲滅する計画で当時のドイツ軍総力を傾注したものでした。
戦車と突撃砲3000台、航空機1800機が集中され奇襲が成功すれば唯一の勝機となる筈でした。
しかし実際はソ連のスパイの通報でソ連軍は十二分の防御態勢をとっていたのでドイツ軍の進撃は中途で挫折しました。  この敗戦はドイツの最後の挑戦でありこれ以降は勝機は全く望めない状況となったのです。


人気Q&Aランキング