Apple IDログイン機能メンテナンスのお知らせ

AccessVBAでExcelファイルを作成しました。
これは一時的なもので、不要なので、処理の中で削除したいのですが、DeleteFile関数では無理なのでしょうか?
DeleteFile関数の使い方を間違えているのか、上手くいきません・・・。

どなたかよろしくお願いします。

A 回答 (3件)

Kill ステートメントで指定したパスのファイルを削除できます。



(例) Kill "c:\tmp\test.xls"

【注意!】
『Kill "c:\"』という風にファイル名を指定しないとフォルダ内の全ての
ファイルを削除してしまいますので注意して下さい。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
この方法が、一番簡単に目的を果たせましたので、参考にさせていただきました。

ありがとうございました。m(_ _)m

お礼日時:2006/07/11 09:40

作成したExcelファイルへの参照が残っているような状態なのかもしれません。

    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2006/07/11 09:32

次のような DeleteFile関数を利用するのもありです。



Public Function DeleteFile(ByVal FileName As String) As Boolean
  Dim isOK As Boolean
  Dim fso  As FileSystemObject
  
  Set fso = New FileSystemObject
  If fso.FileExists(FileName) Then
    fso.DeleteFile FileName
    isOK = True
  End If
  DeleteFile = isOK
End Function
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
今回はNo.1さんの回答が簡単でしたので
そちらを参考にさせていただきました。

空き時間に、この方法でも試してみたいと思います。

ありがとうございました。m(_ _)m

お礼日時:2006/07/11 09:36

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A