蛍光剤が発ガン性の疑いがあって、危険っていうことはよくいわれるんですが、
それって、体の中に入ると危険ってことですよね。
買ったときから生地についている蛍光染料って口にはいらなければ大丈夫なのでしょうか?
他のものに移染したり、洗濯で溶け出したり、また皮膚などには影響がないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

現在使用されている蛍光剤は安全性が高く、発がん性はありません。


直接多量にのまない限り、体には基本的に無害です。少量体内に入っても代謝されます。
また、医療用ガーゼ等に使えないというのは、使う必要性の無い不純物とみなされるためで、毒性が強いというわけではありません。食器等への使用禁止理由も同じです。
インターネット上で合成洗剤等の毒性を謳っているサイトが多々ありますが、十分な知識の無い方が、どこからか聞いた根拠の無い話を載せている場合がほとんどですので、鵜呑みにしない方がいいでしょう。
    • good
    • 0

蛍光染料は病院や産婦人科で扱う包帯やおむつなどの布への使用を禁止されているので、皮膚に害があると言う事だと思います。


また、衣料から食器などについて口へ入ると言う事もあるらしいですね。その場合、発ガン性があるかどうかはわかりませんが、とにかく洗濯には蛍光増白剤入りの合成洗剤を使用しない事と、はじめから蛍光染料がついている衣類同志だけでまとめて洗うと言った事に気をつけられると良いと思います。
下記のHPは蛍光剤以外にも合成洗剤や石鹸を科学的に解説してくれ、洗濯方法なども詳しく教えてくれます。参考になさって下さい。

参考URL:http://www.live-science.com/index.html
    • good
    • 0

今晩は。


 この質問本来の回答でなくて恐縮ですが、実は洗濯用の洗剤に蛍光材が使用されている物がかなり有るようです。今では「白い物はより白く」と言った表現での広告はあまり行われなくなったかもしれません。しかしこの種の物はまず間違いなく使用していると思っていいでしょう。
 私も知らなかった(実感したことがなかった)のですが、昨年品川の水族館に行った時、驚くようなことが有りました。深海の雰囲気を出すためにブラックライト(紫外線電球)を照明に使用している場所があります。ここにいる人達を見ると、ぼ~っと青白く光っている服があっちにもこっちにも。特に白地の服で目立ちますが、気味が悪いくらいです。つまりは洗剤の中にそれだけ蛍光材が含まれていて、多くの人がそういう服を身に着けているというわけです。こういう状況を自分の目で見て経験すれば、白ければ良いなどというようなことは言い出さなくなると思います。
 takebonさんの心配は解ります。良い回答が来るといいですね。駄目な時には、「蛍光染料の毒性?」といった見出しで、改めて質問をしなおした方がいいかもしれません。私も最近初めてした質問(雛祭りに関して)では半月経っても回答が無かったのが、カテゴリーを変えたらぽつぽつと回答が来始めて、嬉しく思っているところです。それでは (^o^)/
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q酸性の染料がほしいのですがよくわかりません

和紙に絵を書きたいのですが、染料で書くといいと言われましたが、染料の知識がありません。酸性の染料が色鮮やかでいいそうですが、どこで手に入れることができますか、染料が色々あって、どれが酸性染料かわかりません。具体的に品名、メーカーを教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは!

本当に酸性染料で、宜しいのでしょうか?
染料の種類による相違が、下のURLに載っていますので、ご参考ください。

http://www.ecosci.jp/color/dye.html

酸性染料は、糸や布を染める際に主に使用されます。セルロース系、いわゆる植物繊維を染めるには適していません。代表的なものはイルガラン染料ですが、下のURLの林ケミカルさんでは通信販売を行っています。

http://www.hayashi-chem.co.jp/catalog/

和紙に絵を書くというと日本画が頭に思い浮かぶのですが、もし日本画を描かれるのが目的でしたら、下のゆめ画材さんで、日本画に使用される顔料を販売しております。
天然顔料は高価なので、初めてでしたら、チューブ絵具が良いのではないかと思います。

http://www.yumegazai.com/default.asp?cd=1000000000&mode=genre

ゆめ画材さんでは、時間はかかりますが、質問にも答えていただけるので、何かあれば問い合わせてみれば如何でしょうか?

日本画でなければ、アクリル絵具を使用しても構いませんが、アクリル絵具であれば、上のゆめ画材さんでも取り扱っていますし、お近くに画材を取り扱っている店があれば、そこで購入する事もできます。

こんにちは!

本当に酸性染料で、宜しいのでしょうか?
染料の種類による相違が、下のURLに載っていますので、ご参考ください。

http://www.ecosci.jp/color/dye.html

酸性染料は、糸や布を染める際に主に使用されます。セルロース系、いわゆる植物繊維を染めるには適していません。代表的なものはイルガラン染料ですが、下のURLの林ケミカルさんでは通信販売を行っています。

http://www.hayashi-chem.co.jp/catalog/

和紙に絵を書くというと日本画が頭に思い浮かぶのですが、もし日本画を...続きを読む

Q服の家庭用染料について

はじめましてこんにちは。

服の染料について分からないことがあり質問させていただきました。

黒い服が日焼けしてやや赤みを帯びてきたので、どうにかしたいと思いHPを見ていたら
染料を購入すれば家庭でも出来るという書き込みをみました。

しかし、HPを検索してみても近所のホームセンターを回ってみても全く見つかりません。

どなたか詳しい方、市販の家庭用染料を販売しているサイトなど教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

私は、ここで買いました。
結構、きれいに染まります。

定形外郵便で送ってくれましたので、
買い物に出かけるよう、交通費もかからなかった?(笑)

私が染めたのは、シルク(着物の裏地)です。
同じ染め粉で何回でも染めると、ドンドン色が変わって面白かったです。

実際の箱には、t-シャツ換算でいろいろ書いてあります。

参考URL:http://www.rakuten.co.jp/lovely/259016/259040/#250516

Qアゾ染料の質問です:塩基性染料は接触性皮膚炎などのアレルギーを引き起こ

アゾ染料の質問です:塩基性染料は接触性皮膚炎などのアレルギーを引き起こす恐れは無いのでしょうか、又食用色素:赤色102号や黄色4号等は酸性染料になるのでしょうか?

Aベストアンサー

1)アゾ染料はモノによって、色々な毒性が知られ、その量によって、アレルギー症状を起こす事も知られています。繊維に吸着した、アゾ染料は、洗浄してから着用する方がいいでしょう、特にアレルギーに弱い方とか、乳幼児には、。。
2)赤色102号、黄色4号などは、-SO3Na を含んでイルノデ、酸性染料でしょう。ヨーロッパでは規制されていますが、日本では、まだ規制が緩やかです。(残念ながら)、これらは発癌性もあるようで、毎日食べていると確かに健康には、(10-50年後)良くないでしょう。 特に乳幼児によくありません。
3)インターネット で Google > 赤色102, 黄色4 (Wikipedia) 等を調べると色々詳しくわかります。

Q家庭用染料について

服の染料について分からないことがあり質問させていただきました。

黒い服が日焼けしてやや白っぽくなってきたので、どうにかしたいと思いHPを見ていたら
染料を購入すれば家庭でも出来るという書き込みをみました。

しかし、HPを検索してみても近所のホームセンターを回ってみても全く見つかりません。(東急ハンズなどは見ていません。。)

市販の家庭用染料を販売しているサイトなどをご存知の方がいらっしゃいましたら教えていただけませんか?おねがいします。

Aベストアンサー

手芸店にいけばあります。
東急ハンズでもありますけどね。

「ダイロン」などが有名ですが、綺麗に染めるのは難しいです。
http://www.dylon.co.jp/
何かいらないTシャツなどで練習してからの方がいいでしょう。

Q手作りキャンドルの染料

キャンドルに使う染料はどういったお店に行けば売っているのでしょうか?

パラフィンワックスに溶かすので油性染料だと思うのですが・・・
クレヨンのような顔料(塊や粉)は見かけるのですが、顔料だと燃え具合が悪いようなので染料を探しております

手芸で使う染料とは異なる染料なのでしょうか?
何がご存知の方がいらっしゃいましたらよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんばんは
ネットで探しましたら、参考URLで通販していました。
この方はアメリカから自分で輸入したものを分けているということでした。
別の方は、ロンドンで買っているということで、まだあまり国内にはないのかもしれません。
大きな手芸店(ユザワヤ)などには、かなり珍しい材料も置いてあるのであるかもしれません。商品名は「キャンドルカラー」などのようです。

燃え方比較(顔料と染料)
http://www2.odn.ne.jp/~cbn18540/lesson9.htm

参考URL:http://www.yucandle.co.jp/zairyou.html

Q蛍光剤は洗剤に不可欠?安全性は?

まず最初に以下のサイトの方の御意見が不可欠となりますので、申し訳ございませんが、内容を抜粋させて戴き、私の言葉として、御質問させて戴きます。
http://www.alpha-net.ne.jp/users2/ramsjp/jado2.htm

蛍光増白剤は現在は、発がん性の疑いは晴れたと言われていますが、その時の法律が残っているので、今でもその危険性の表示の例を見かけます。蛍光増白剤には安全性の面で問題がないことは、すでに国内外の多くの研究機関の報告で明らかになっています。さらに、蛍光増白剤には催奇形性、変異誘発性がないことも、1973年のスウェーデンの国際学会において確認されています。

という内容ですが、蛍光剤は安全だと私は思います。勿論、飲むことはできませんが。世間では、危険だという声が多く聞かれます。果たして、本当に、蛍光剤は危険なのでしょうか?例えば、歯磨きに入っている成分で○○というのが発がん性があると言われていますが、細菌を殺菌する成分なので、ある意味、歯磨きに不可欠なのでは、と思います。確かに、殺菌成分が体内の細胞を傷つけガン化する可能性
はあるでしょう。でも、歯磨きから殺菌成分は抜かせないと思います。それより、甘味料であるサッカリンナトリウム(これも、危険と言われる)を抜くべきでは?と思います。話を蛍光剤に戻しますが、リン○○やゼオライトの自然破壊がささやかれている今、蛍光剤まで、洗剤から抜いてしまっては、例え、染め上げだとしても、それはもう洗剤ではないような気さえします。本当に、蛍光剤を追放すべきなのか?将来、家庭に蛍光剤がなくなる日がくるのか?教えてください。それと、最後に、蛍光剤と、蛍光増白剤は違うのでしょうか?

まず最初に以下のサイトの方の御意見が不可欠となりますので、申し訳ございませんが、内容を抜粋させて戴き、私の言葉として、御質問させて戴きます。
http://www.alpha-net.ne.jp/users2/ramsjp/jado2.htm

蛍光増白剤は現在は、発がん性の疑いは晴れたと言われていますが、その時の法律が残っているので、今でもその危険性の表示の例を見かけます。蛍光増白剤には安全性の面で問題がないことは、すでに国内外の多くの研究機関の報告で明らかになっています。さらに、蛍光増白剤には催奇形性、変異誘発性がな...続きを読む

Aベストアンサー

補足質問に対する答えが見つかりません。
なぜそこまで蛍光剤に固執される必要があるのでしょうか。
危険性を唱える学者は、安全性を確保できていないものは使うべきではないと言う立場で警鐘を鳴らしています。
洗剤メーカーは危険性が証明されていないものは使うことを認められていると言います。
我々一般人には真偽を確かめる術はありません。
自分の身は自分で守るために、安全と考えられるものの中から生活物資を選択するのが一般的でしょう。
あえて危険性が唱えられているものに安全性を求める考え方を一般の消費者が持っても満足のいく回答を得ることは困難です。
先の回答でも触れましたが、洗剤に蛍光剤を入れることは本来は不要です。
本業の洗浄に自信のない洗剤が、自信のなさを隠すために使う裏技だからです。
洗剤に必要性を認めたのは、消費者でも国でもないでしょう。メーカーの営業戦略だと思います。
大手の洗剤メーカーの使用している合成界面活性剤はそれ自体が毒性があると専門家が言われています。
洗剤の主成分に毒を使っているメーカーなら、主成分の能力不足を毒で補うことなど朝飯前だと思います。
手を伸ばせばはるかに安全で洗浄力の優れた石鹸があるのに、なぜ蛍光剤にこだわらなければならないのか理解に苦しみます。
どうしても納得できなければ、ご自分で研究の道に入られることもひとつの選択ではないでしょうか。
なんでも危険危険という世の中だからこそ安全なものを見極める鑑識眼を持たなければならないという気持ちもわかります。
そのための問題提起だとも思います。
図書館などに出向いて専門書を呼んで勉強することも研究のひとつです。
納得するまで研究してみてください。

>他社の蛍光剤洗剤を批判して、蛍光剤なしの洗剤を大々的に売り出すようなことはないのでしょうか
日本の石鹸メーカー(大手ではありませんが知名度は全国規模)が純石鹸を売り出してじわじわと日本全国に浸透してきています。
このサイトの質問や回答を見ても認知度の高さを感じます。
シャボン玉石鹸というのがそれです。

私は人間にとって危険なものも分けて考える必要があると思っています。
自然界に存在し、人間が耐性を持つことが有意義なもの
「一般細菌や寄生虫」
人工的に作り出された有害物質で生存には不要なもの(文化的生活に必要)
「ほとんどの化学合成品」
前者はなくては自然界が成り立ちません。
後者は基本的な生存のためには不要だと思いますし、ない方が自然界にとって有意義です。
蛍光剤は後者に属します。なくても困りません。
困らないのに使う理由がありません。
これは私の考え方ですから、コメントは不要です。単なる参考にしてください。
ただし、回答していただいたすべての方にお礼をすることは忘れないでください。

補足質問に対する答えが見つかりません。
なぜそこまで蛍光剤に固執される必要があるのでしょうか。
危険性を唱える学者は、安全性を確保できていないものは使うべきではないと言う立場で警鐘を鳴らしています。
洗剤メーカーは危険性が証明されていないものは使うことを認められていると言います。
我々一般人には真偽を確かめる術はありません。
自分の身は自分で守るために、安全と考えられるものの中から生活物資を選択するのが一般的でしょう。
あえて危険性が唱えられているものに安全性を求める考え...続きを読む

Q防水加工の繊維でも染料で染められるの?

防水加工の繊維でも染料で染められるのでしょうか?
光岡自動車の自作自動車のホロの部分を黒に染めたいのですが、防水加工された繊維(細かい材質は分かりません)でできています。防水加工の繊維でも染料で染められるのでしょうか?ガラス、ビニール、プラスチック部分は染料で色がつくことはないですよね?

Aベストアンサー

主に染料が定着するのは素材中のたんぱく質の部分だそうです。
タンパク成分があれば、撥水加工をしてあっても染料は十分定着します。
ナイロンやビニールなどの樹脂はわりと簡単に染まります。
綿は染まりにくいのですが定着をしっかりして、回数を多めに染めればうまくいきます。(ジーンズなどが色落ちしやすいのはこのため)

ちなみに、染料は顔料にくらべ、不安定な色素で、紫外線などによる色落ちが早いので、車の上部分に染料を使うと、案外に早く色あせするかもしれません。駐車中はカバーをするなどすると、より長持ちします。

染色方法で具体的な質問などあれば補足して下さい。
分かるかぎり返答します。

Q大量の浴衣の生地 何に使える?

ある力士の後援会をなさっていたかたからもらった
浴衣の反物なんですが・・

なにしろ「〇〇山」と四股名が全体にプリントされてるもので
それで甥っ子のうわばき袋を作って持っていったら母親にギョッと
されたりで・・・。
大量にあるので
お風呂にて体を洗う用
旅行の下着入れ袋
など・・・
捨てるなら切って引越しの雑巾にでもと考えましたが
掃除に木綿って使いにくいですか?

なにかいい案あればよろしくお願いします。

Aベストアンサー

昔は古い浴衣をほどいてぞうきんにしたものなので、掃除に使うのは問題ないと思います。
使う前に一度水通しをした方が、水を吸いやすくなっていいですね。

あとは適当な大きさに切って、台所用のふきんかなあ。
切りっぱなしなら食器用、適当にたたんで縫えば台ふきんになります。

うちではトイレのお手拭きにはタオルではなく手ぬぐいを使っているので、それ用とか。
でも四股名はちょっとなぁ・・・

Q染料・顔料で。どう写真・文書印刷を判別してる?

質問したいのですが、染料と顔料で用途が違いますよね?
しかしながら、1つの印刷に。例えばイラストの類は、絵と文字が混在しています。
その場合、どのようにして印刷を分けてるのでしょう?
イラストなので、文字も染料で印刷されてるのでしょうか?
また、そんな絵と文字が混在するイラストを印刷する上で、染料と顔料を使い分けて印刷するには、どうしたら良いでしょう?

Aベストアンサー

光沢紙やマット紙と普通紙など選択する用紙で全体が使用するインクが変わるだけですよ  

途中に写真が有ってもその選択した用紙の設定で印刷し 使用インクは勝手に変わらないです。

Q着物の白生地の黄変

着物については全くの素人でよくわからないのですが、タンスにしまってあった着物の白裏地が黄変してしまいました。
そこで質問ですが、
(1)このまま放置しておくと着物の表まで黄変するのでしょうか。
(2)この状態でタンスに収納すると、他の着物に影響するのでしょうか。
(3)黄変したまま着ても大丈夫でしょうか。
以上よろしくお願いします。

Aベストアンサー

(1)経年による黄変なら心配ありません。カビや汗ジミによるものなら要注意。
(2)同上
(3)気にならなければOK

真っ白な胴裏に限らず、すべての正絹は黄ばみます(ほんとは着物の表地も黄ばんでくるのですが、染色加工されていますから分かり辛いのです)。これは酸素や紫外線による絹蛋白質の光酸化反応が原因ですから、たとえ箪笥に仕舞いっぱなしの新品でも時が経つにつれ黄ばんできます。
最近の胴裏は精錬の技術も進み、黄変防止加工などを施すことによって黄変が抑えられるようになりました。防止加工は要するにパールトンのようなガード加工です。絹繊維が空気に触れないようにコーティングしてあります。ですからカビも防げます。件のお着物の胴裏は、黄変防止加工がされてないもののようですね。
その黄ばみが単なる経年によるものなら大丈夫ですが、胴裏に残った糊やカビ、汗ジミなどが原因ですと、表地や他の着物に移る可能性があります。
判別つかないようなら、一度悉皆さんや着物専門のクリーニングで相談されてはどうでしょうか。


人気Q&Aランキング