楽器(主にピアノ)や歌声(合唱)を録音したいいのですが、そのときのおすすめのマイクはどのようなものでしょうか。また、どのような収録方法がよいでしょうか。
それから、マイクのカタログには「出力インピーダンス 300オーム」とか「正面感度 -50dB」などの表記がなされているのですが、これは一体どういうことなのでしょうか。感度が「マイナス」とは一体どういう意味なのですか?また、この数字は音とどのような関係があるのでしょうか?
あと、ミキサーの購入も考えているのですが、ここにも「出力レベル -4dB」といった表記を見かけます。意味が分かりません。
最後に、マイク端子から入力する際に抵抗入りのケーブルを使わなければならない理由も教えてください。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

マイクにはダイナミック型(正式にはムービングコイル型)、コンデンサー型などがあります。

ダイナミック型は電源を必要とせず、扱いやすいマイクです。
コンデンサー型は電源を必要とし、とってもデリケートなマイクです。
電源は、マイクの中に電池を入れるタイプや、ミキサーから電源を送るタイプ(ファンタム電源)などがあります。
コンデンサー型の方がダイナミック型に比べフラットな特性が得られるので、楽器収音には向いています。
しかし、ファンタム電源とか取り扱いがむずかしいので、慣れないうちは電池使用タイプのコンデンサー型かダイナミック型のほうが良いでしょう。

ダイナミック型で一番多いのはカラオケでよく使うような形のマイクです。しかし、このタイプのマイクは楽器や合唱の収音にはあまり向きません。
なぜなら、ヴォーカルでちょうどいい音になるように造られているからです。
口元10cm位離したところで良い特性になるよう造られていますから、楽器や
合唱の収音のように、ちょっと離れる場合の収音では低音が貧弱になります。
ダイナミック型は扱いやすいといいましたが、ほとんどがこのタイプです。
なかには楽器収音用に造られた周波数特性が平坦に近いものもあります。

次に重要なのが指向性。
一般的なのは単一指向性というもので、マイクの正面の音をよく拾います。ほかに、どちらからの音も同じように拾う無指向性や、ビデオ撮影などでよく使う遠くの音をよく拾う超指向性(ガンマイク)などがあります。
合唱などで雰囲気も生かした収音に無指向性を使うこともありますが、一般的には単一指向性が多いです。

マイク1つではモノラルになります。ステレオで収音するには2本のマイクが必要になります。この場合、同じマイクを使用してください。マイクが違うと、音色や音量差が出てしまいます。
一本のマイクでステレオで録音できる簡単なマイクもあることはあります。

合唱の録音におけるマイクのセッティング方法(2本のマイクでステレオで収音する場合 ステージのように横に並んだ場合を想定します。)
マイクスタンドにマイクを取り付け、音源に向けます。
二本のマイクの間隔は2~4mで、全体の真ん中になるようにします。
スタンドの高さは身長より高い方がよいでしょう。
マイクは近すぎず遠すぎず、2m位離すと良いでしょう。
(数字はあくまで目安です。合唱の編成人数や収録場所によっても変わってきます。)
もう一つの方法は1本のスタンドにステレオアームという物を取り付けて2本のマイクを外側に90~120度開いて設置する方法です。

楽器の収音もやり方はいろいろあるし、マイクの種類によっても違うので、一概にはいえませんが、音源にむけて、ちょっと離して(50cmから1m)収音する方法が失敗が少ないでしょう。ピアノの場合は、高音低音バランスよく、少し後ろ上からねらうといいでしょう。

インピーダンス(300Ωとか)についてはわからなければ、無視していいです。
本来は重要な意味がありますが、問題にはなりません。
感度は多少重要ですがこれもミキサーなどのトリムやボリュームでなんとかなるのであまり気にしなくて大丈夫です。対数表記なので1以下の値はマイナス表記になります。
マイクの信号は微弱です。ミキサーの出力やアンプなどはラインレベルというものです。マイクは-60~-40dB位 ラインレベルは-20~+4dBくらいです。(本来はdBのあとにmやV、μなどがつきます) このラインレベルのものをマイクの入力端子につなぐと音が歪んだり、場合によっては壊れてしまいます。ミキサーのトリム調整も気を付けましょう。

マイクのコネクタはキャノン型とフォーン型(ヘッドホンと同じようなタイプ)があります。ステレオマイクのフォーン型と平衡型などまぎらわしいものもあるので
気を付けましょう。詳しいことは本でも買ってください。








 
    • good
    • 0

マイクの出力は-30dB~-50dBmぐらいです。


って、書いてもわかりにくいですね。
-30dBというのは、0dBの1/1000の事です.
普通にゼロを並べると間違えやすいので、10を底とする対数をとって
それを10倍する(電力)、20倍する(電圧、電流)事が行われていて
これがdBです。

で、その基準が1mW ですから、-30dBmは1μWを意味します。

大体、マイクロフォンはこのぐらいです。
だから、普通のライン出力(ほぼ0dBu)の1/1000の弱い信号を
受けるように、マイク入力端子は作られています。
だから、抵抗入りコードが必要です。

マイクをマイク端子に接続するときは、抵抗の無い普通のコードをつかいます。

面倒なら、普通の信号(ラインイン、アウト)と、弱い信号(マイク)があるって
覚えて置いてください.
で、普通の信号を弱い信号用の回路に入れるときには
抵抗入りコードが必要になる というわけです。
(逆にやるときにはマイクアンプ(か、ミキサー)が必要になります)
    • good
    • 0

まず、出力インピーダンスから。



これは、マイクロフォン自身を交流発電機とみなした時に得られる
電圧と電流の比率です。
これよりも低いインピーダンスの機器を接続すると、
音が大きく変わってしまいます。
最大感度となるのは、同じインピーダンスの機器を接続したときですが、
普通は、これよりもはるかに高いインピーダンス(10kΩとか
50Ω)の機器を接続しています。
ミキサーはたいていこうなっているはずです。
感度は落ちますが、音はこの方が良くなります。
オーディオ関係では、インピーダンスを合わせる必要はありません。

次に、感度ですが、基準となるレベルに対して対数で表示するので
マイナスになります。
-50dB(m)は基準音を基準距離離れて収録した時に
0.00001mWの出力が出ることを意味します。-40なら0.0001です。
ミキサーは感度不足になる事は稀ですから、無視して大丈夫です。

ミキサーの出力レベルですが、
これは、dBの後に何かがついているはずです。
普通は、+4dBmで、これは、0dB(1mW)に対して+4dB,
いいかえれば、2.5mWの出力を標準としていることになります。
もしも、+4dBs,dBuなら、電圧換算されています。
約1Vの出力が出ます。

まあ、これもあまり意味を持ちません。というのは、
10万円程度までのミキサーであれば、基準値は0.7V~1Vの
間にあるからで、事実上誤差の範囲内となるからです。

最後に、マイク端子から入力する場合ですが、
たとえば、マイクの出力は-50dB(0.00001mW)、
ミキサーの出力が0dB(1mW)だとしたら、
マイク入力端子にミキサー出力をつないだら、100000倍(電力比)
レベル過多となってしまいます。
このレベルを落とす為に、抵抗入りケーブルが用意されています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
ところで、ライン端子からの出力は何dBなのでしょうか。それから、マイクロフォン用のケーブルには抵抗はいっているのですか?過去に+4dBmと書かれたミキサーの出力端子からマイク用のケーブルでMDのマイク入力端子に接続したら音が割れていて聞けたものではありませんでした。マイク入力端子には何dBで入力すればいいのですか?
あまりにも初心者なものでトンチンカンな質問かもしれませんがよろしくお願いします。それから、こんな私にも理解できるような書籍は何かないでしょうか。

お礼日時:2002/03/10 20:31

部分的な回答になりますが。


「出力インピーダンス300オーム」・・・荒っぽく言うとマイクの電気抵抗が300オームと言う事です。マイクの出力を効率よくアンプに伝えるには、アンプの入力インピーダンスが300オームに近いほどいいのです。このようにインピーダンスを合わせる事をインピーダンス・マッチングと言います。音のよさとはあまり関係有りません。

「感度がマイナス」・・・単位がデシベルと言う事にご注意ください。-50dBとは電力で言うと10^(-5)つまり基準電力の10万分の1の出力を出すマイクと言う事です。出力がマイナスではありません。

ミキサーの「-4dB」ですがアンプ内臓でないミキサーを通すと若干の電力ロスが発生します。「-4dB」は電力で言うと(計算省略)、出力が入力の約0.4倍に減衰する事を意味します。

マイク端子にライン入力やスピーカ出力を接続する場合、マイク端子の入力インピーダンスに比べて、出力インピーダンスが低く、インピーダンスマッチングが取れません。このため、音が割れたり、音量調整が難しいなどの弊害が出ます。そのため、抵抗を入れてインピーダンスマッチングを図るのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても親切にありがとうございます。数学や物理が弱く敬遠していた私が今ここで対数やオームに出会ったりするとは思いませんでした。やはり、学業は大事ですね。

ちなみに、説明はとてもよくわかりました。ありがとうございます

お礼日時:2002/03/14 09:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q高感度コンパクトデジの実効感度

最近、高感度を売りとするコンパクトデジを立て続けに2台購入しました。(メーカー名は伏せておきます)

手持ちのカメラ(DSLR3台、SLR3台)及び単独露出計(入射光式)を用いグレースケールで照度を変え測定したところ、1EV~1と1/3EV程度足りません。要するに実効感度が公称感度に比して1段ほど低いと言う事です。
画像の露出レベルそのものは適正ですから、実用上問題無いと言えばそれまでですか何か釈然としません。

多分、CIPA規格の測定基準によるのだとは思いますが、所詮はコンパクトデジはこんなところなんでしょうか。

Aベストアンサー

そんなモンです。

DSLRにしても、デジタルのISO100の実効感度はISO150~200程度あるというのをカメラ雑誌の記事で見た記憶があります。

また、DSLRの撮像センサーはISO200がセンサーから出力される生の感度らしいです。
最低感度がISO200のDSLRがあるのはこれが理由らしい。


実用上問題はありませんが、デジタルの露出を参考にフィルムの露出の参考にするときは注意が必要ですね。
とはいえ、コンデジを参考にしようとは思いませんがw

QデジカメのISO感度

デジカメで、デフォルトだとISOが50になっています。(50~400 オート有り)
説明書では、写真をキレイに撮るには、なるべくISOを小さくと書いてあります。
銀塩カメラだと、ISOが大きいほど、キレイに撮れると思っています。デジカメと、銀塩では、概念が違うんでしょうか?
また、デジカメで、ISOを高くすると、ノイズが入ると書いてありますが、ノイズってなんなんでしょう?

Aベストアンサー

既に解答があるとおりですね。
感度が高いほどデジカメも銀塩も見た目の画質は低下します。
しかし、実際には画質や解像度自体が下がるのではなく、1つのドットを通常は小さな1つの点で表すのですが、ISO感度が上がると2ドット、4ドットという具合で周辺ドットも利用して1ドットを再現するようになります。
その結果、描写力が低下し、画質や解像度が下がって見えるという結果となります。また、これによって、グラデーションなどの再現性も低下して見えるのです。
(フィルムもデジカメも基本は同じです)

これが、ISO感度が低下する原因であり、感度が低くても明るく撮影できる理由です。
ドットを大きくすることで明るく撮影できる理由は、雨を大きなたらいに受けたときと、小さなコップに受けたときに同じ時間でどちらが多くの雨を貯められるかという問題の答えと同じです。面責が広い方が短時間で必要最低限の光を得ることができるということです。

いかがでしょう。

参考URL:http://www2.tok2.com/home/inakappe/photo/kando_1.html

既に解答があるとおりですね。
感度が高いほどデジカメも銀塩も見た目の画質は低下します。
しかし、実際には画質や解像度自体が下がるのではなく、1つのドットを通常は小さな1つの点で表すのですが、ISO感度が上がると2ドット、4ドットという具合で周辺ドットも利用して1ドットを再現するようになります。
その結果、描写力が低下し、画質や解像度が下がって見えるという結果となります。また、これによって、グラデーションなどの再現性も低下して見えるのです。
(フィルムもデジカメも基本は同じ...続きを読む

QISO感度

ソニーのコンデジは大半が3200を謳うようになりましたが、他メーカーで3200を標榜するのはごく僅かです。

本当に技術力に差があるのでしょうか?
それともソニーの3200には何か問題があるのでしょうか?

詳しい方お願いします。

Aベストアンサー

CCDを供給しているメーカーは、ちょっとウロ覚えなのですが、ソニー、キヤノン、富士フイルム、コダックくらいじゃなかったかなと思います(カシオが作っていたかどうかどうも思い出せません)。そのうち最も大きなメーカーがソニーで、キヤノン、富士といえども一部機種でソニーのOEMのCCDを使っていたと思います。

まあ元がソニーが作っているわけですから、最新技術を搭載したものはまずサイバーショットで出てくるはずです。ところが、ことデジタル写真の技術においては、CCDの性能だけで画質が決まりません。画像エンジンによる処理によって全く違います。このへんの技術はキヤノンと富士フイルムが長けています。キヤノンと富士フイルムはプロ用のプリンターのノウハウが、富士フイルムには写真フィルムのノウハウがあるのでそういった画像処理が上手なのです。
一方ソニーはやはり電機メーカーなのでそういったソフト的なノウハウが充分ではなく、CCDを供給するメーカーにしては特に高感度の画像処理がヘタクソです。
例えば、ソニーのα700とニコンのD300は同じCMOS(CCDと同じもの)が使われています。しかし、高感度にしたときの画質は明らかにD300の方が勝っています。これは、画像エンジンの処理の上手いヘタの違いによるものです。
大雑把にいって、ソニーのコンデジのISO400の画質と、キヤノン、富士フイルムのISO800の画質が同じくらいです。他メーカーは、ISO3200の画質を見て「とても使い物にならない」と判断して搭載せず、ソニーは「画質が悪くても使いたいユーザーはいるはずだ」と判断して搭載しているのかもしれません。

CCDを供給しているメーカーは、ちょっとウロ覚えなのですが、ソニー、キヤノン、富士フイルム、コダックくらいじゃなかったかなと思います(カシオが作っていたかどうかどうも思い出せません)。そのうち最も大きなメーカーがソニーで、キヤノン、富士といえども一部機種でソニーのOEMのCCDを使っていたと思います。

まあ元がソニーが作っているわけですから、最新技術を搭載したものはまずサイバーショットで出てくるはずです。ところが、ことデジタル写真の技術においては、CCDの性能だけで画質が決まりませ...続きを読む

Q撮影感度って

デジカメを購入しようと思い検討中です。

今のところ
 ニコン クールピクス 3100
を考えているのですが、撮影感度がISO 50相当だとか。

これって実用上、気にしなくてもいいのでしょうか?

フィルムを買いにいくと、400とか800もありますよね。

用途は
・旅行のスナップ
・家の中で子供の撮影 などごく一般的に使います。

宜しくお願い致しまーす。

Aベストアンサー

ニコンのHPで見る限り、撮影感度がISO50固定ではありません。
coolpix3100は撮影感度はオート設定があり、自働で感度を調整します。
HPのサンプル画像のEXIFデータを見て頂くとISO50~ISO214まで変化しています。おそらくISO400くらいまでは変化するのではないでしょうか。

なんといっても天下のニコンがそんな変なカメラを作る訳ないじゃないですか。
特にこのcoolpix3100は初心者にも手軽に低価格でいい写真が撮れる様に作られた、うってつけのカメラだと思います。
デジカメに取り掛かるのにcoolpix3100というのは、正しい選択だと思いますよ。
おっしゃる通りグリップが優れていて持ちやすいし、軽いし、コンパクトで、安いです。ニコンのカメラがこの価格で手に入るのは最近になってからです。

将来的にはもっと高機能のカメラがほしくなることはあるかもしれませんが、普通に使う分には申し分ないと思います。

QISO感度

シャッタースピード優先で
絞りが自動調整されるのはわかるのですが、

ISO感度を200から1600や3200程度に上げたとき
シャッタースピード優先で撮影するとき
いまいちISO感度の違いが実感できません。

撮りたいのは
夜間の屋外での焚き火明かりや
夜景なんですが、
上手に撮るポイントというかコツを教えていただきたいです。

K100Dをいただき、かじり始めたものです。

Aベストアンサー

>露出がまちまちになってしまいます。
>シャッタースピードを基準に撮影するのがベターなのか?いまいちっす。

ここら辺から読み解く限り、質問者様は「自動露出」で撮影してますね?
絞り優先でもシャッター速度優先でもあるいはISO感度優先でも、それがカメラ任せの露出である限り「露出がまちまちに」なるのは当然です。

まず大前提として

・カメラは画角内にあるモノが何なのか分からない
・カメラは撮影者が何を望んでいるのか分からない
・カメラは実は画角内の「明るさ」が分からないw

ってコトをご理解下さい。(最近の技術進歩によって多少なりとも擬似的な思考能力を備えつつあるが現段階では人間の判断能力に遠く及びません)
質問者様あたりだと特に3番目が理解し難い部分かと思われますが、コレについては別途「TTL露出計」でググるなりして理解しといて下さい。
ソレが分かれば「露出がまちまちに」なる事が自明の理だと分かります。

その上で今の質問者様が第一にすべきは

【取説を開いて露出補正の項を参照する】

です。
所詮機械任せでは限度があるのだから、どうにかして撮影者の意思を介在させるしか手段はありません。その方法が取説にはちゃんと書いてますよ。

>露出がまちまちになってしまいます。
>シャッタースピードを基準に撮影するのがベターなのか?いまいちっす。

ここら辺から読み解く限り、質問者様は「自動露出」で撮影してますね?
絞り優先でもシャッター速度優先でもあるいはISO感度優先でも、それがカメラ任せの露出である限り「露出がまちまちに」なるのは当然です。

まず大前提として

・カメラは画角内にあるモノが何なのか分からない
・カメラは撮影者が何を望んでいるのか分からない
・カメラは実は画角内の「明るさ」が分からないw

ってコトをご...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報