例えば、夫婦や恋人同士がうまくいかなくなり、どちらかが、「自分の悪いところは治すからやり直そう」というような場合、本当に性格(気質?)は変えられるものなのでしょうか。
根本的なものというのは、ある程度の年齢になってしまうと、そう簡単には変わらない気がするのですが。

また、もって生まれた気質と、成長する過程で培われるものとでは、どちらのほうが比率が(と言う言い方はおかしいかもしれませんが)、大きいのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

変われると思いますよ?


恋人の為ならって思いませんか?
俺自身、性格がコロコロ変わるって言われるんです。
実際問題性格って言うのは生まれ持った気質と比べるとその他の環境に影響される割合が非常に大きい様に思います。
え~、俺は結構苦労性なので体験談は沢山あるんです。
今現在病気で介護が必要な人が親戚にいて、その人を介護する手伝いをしてるんです。
それから学校ではよく、何か物腰が優しくなったって言われるようになりました。
つまり、その人の気の持ちようと周りの環境次第で人はいくらでも変われるんじゃないかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうございました。こういう回答をいただけて何だかほっとしました。ありがとうございました。(ポイントについては、どなたかを選んでと言うことはできそうにないので、どなたにもなしということにさせて下さい。すみません。)


最後に、このような質問に真剣に答えて下さり、皆さん、本当にありがとうございました。
心から感謝申し上げます。

お礼日時:2002/03/19 20:14

こんばんは。

性格は変えることができないけれども相性は変えることができるはず、というのが私の答です。どうも何回かの占いブームやオカルトブームのせいで、もって生まれた運命を変えることができないなどと、努力もしないうちに自分をいい方向へ変えることを辞めにしてしまう人が増えたような気がします。勿論私も、自分をよくしようとしても変えることができなかったことは一杯あります。会社に馴染む、なんてのもそのひとつです。でも、おっしゃるように根本的なものがたとえ変えられないとしても、他者との相性は、他者への理解が深まれば変わっていくと考えられないでしょうか?親しくなった人とは平気で悪口も言い合えるということがあります。それなんか典型だと思います。
2つ目のご質問は、後者のほうが大きさは小さいけれど人生に与える影響は大きい、というのが私の答です。私は43歳という年齢の割りにとんがっています。少年時代を思い出すと穴があったら入りたいような言動をしていたことが思い出されます。けれども、成長するにつれて、そんな少年時代から知っている人たちとは離れることも多く、むしろ、長じてから少しでもよい性質が培われることがあれば、人間関係、特に金銭が絡むような場合には、信用というお金では買えない財産を自分の中に内包することができると思います。
自分も相手も良い方へ変わることができると考えて周囲をご覧になると、こんな拙文など読まずとも大丈夫なあなたになると思います。ご幸運をお祈りします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうございました。
人生経験のある方の回答は説得力があります。丁寧に答えて下さり感謝いたします。ありがとうございました。(ポイントについては、どなたかを選んでと言うことはできそうにないので、どなたにもなしということにさせて下さい。ごめんなさい。)

お礼日時:2002/03/19 20:11

性質っていうのがどういうことを指すのかによって答えは違うかも。


活発かのんびりか、外向的か内向的か、というような部分は、
大人になってからそうそう変わるものではないと感じます。

ただ、イライラする、暴力的になる、卑屈になる、などのような特性に
ついては、「自分は存在するに値する人間だ」という感覚を持てるように
なることで、消滅することがあります。
ただその場合、自分の心の中の不安やコンプレックスと一度しっかり
直面し、その負の感情を自分で受け止める必要があります。
また、そこから良い方向へ持っていくための知識や労力は、ひとりきりでは
準備しきれないことが多いです。
だから、かなり難しいことではあると思います。
とはいえ、成功例は確かに存在します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。最後の一行で、少し心がしずまりました。ありがとうございました。(ポイントについては、どなたかを選んでと言うことはできそうにないので、どなたにもなしということにさせて下さい。)

お礼日時:2002/03/19 20:09

生まれた気質というのは肉体的特徴と同様で本人の努力では変えられないものです。


そこで、背の低い人はそれなりに、体力のない人も、視力に欠陥がある人も、・・・自分の個性を活かした生き方をするように、
性格も、頑固、優柔不断、冷たい、臆病、・・・それぞれに自分の特徴を知って、生活の工夫をするしかないと思います。
性格の不備な分、教養や技術などといった後天的に取得できるもので補いながら、一生成長しつづけるものではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。最後の2行、心に残りました。(ポイントについては、どなたかを選んでと言うことはできそうにないので、どなたにもなしということにさせて下さい)

お礼日時:2002/03/19 20:00

 


  細かいことは忘れましたし、いま、それは必要ないとも思えます。
 
  さて、仰っておらるように、性格と一般的に言っているものは、「気質」と「性格」に大体二大別されます。「気質」は遺伝的素質による処が大きく、「性格」は、成長過程での色々な経験や学習を通じて形成されて行きます。しかし、気質と性格という別々のものがあると考えると間違いになります。
 
  人格(パーソナリティ)は、色々に規定され、形成されています。そのなかで、遺伝的な、生物的な部分で規定されているように思えるのが「気質」で、後天的な学習や経験で形成されたように思える性質を「性格」と一応しているのです。人格は一体ですから、性格と気質は互いに影響し合って、人格を造っています。
 
  性格部分と気質部分とどちらの比率が強いかは、個人によって違います。また、堂々巡りみたいですが、その人の気質や性格によって違って来ます。しかし、気質の部分は、顔の容貌が、父親や母親に似ているように、大体、生得的に決まっていて、なかなか変化しません。人によるのですが、環境や経験で、自分の気質を人格で押さえることができるようになる人もいます。
 
  あまり、世間で苦労していない人、わがままに育って、それが通用して来た人の場合、性格が、気質の露呈を調整するように訓練していませんから、こういう人の人格、性格を変えることはかなり難しいです。大会社の社長が、突然の連鎖倒産に巻き込まれ、一週間ですべてを失い、性格がまるで変わるという例もありますが、この場合、元々の気質が、ネガティヴな形で露呈したか、または鬱状態などの普通でない精神状態です。倒産後、何年かして、性格や態度が随分変化した場合、人生の大転機で、経験を積み学習し、新しく性格や人格を築いたのだと云えます。
 
  >夫婦や恋人同士がうまくいかなくなり、どちらかが、「自分の悪いところは治すからやり直そう」というような場合、本当に性格(気質?)は変えられるものなのでしょうか。
 
  仰られている通り、簡単に変化しません。理由は、「変える必然的理由がない」からです。人間関係は相互的ですから、恋人や夫婦で性格が合わない場合、「二人の性格が合わない」ので、互いに、相手の性格がこうであれば、と考えます。自分の人格や性格を変えるのはたいへん難しいのであり、変える必然がないと思えるのです。自分は自分なりにこれまでやってきた。うまく行かないのは相性が悪いので、相手に変わってもらわないと、どうしようもない、というのが普通の発想です。
 
  関係を維持するため、「自分が、相手に合う性格・人格になろう」というのは、難し過ぎることです。ある種の柔軟な心の人には、できますが、できない人には、非常に困難です。また、できないので、相性が合わないという問題が起こります。
 
  この場合、相手と自分と、どう性格を変えるとかいう前に、「何を望んでいるのか」が重要でしょう。「どういう状態・関係・あいだがらが望ましい」と思っているかです。そういう「望ましいあいだがら」を相手も望んでいるのかがあります。
 
  相手が望んでいない場合、または望んでいても、性格を変えられない場合、先の人の回答にもあったと思いますが、貴方の側で、相手に歩み寄り、柔軟な心になって、その過程で、少しづつ相手の性格も変化して行くというのがありますが、これも人によって様々です。
 
   >根本的なものというのは、ある程度の年齢になってしまうと、そう簡単には変わらない気がするのですが。
 
  これはちょっと違っています。人にもよるのですが、人格はかなりに柔軟性があります。「自我」と「ペルソナ」という概念で言うと、普通人は、世間に対し、「ペルソナ」の自分を示しています。恋人とか夫婦になると、ペルソナを或る程度外して、自我を露呈させます。夫婦でうまく行かないが、どちたかが、または両方ともが「ペルソナ」で相手に対応していると、一見、円満な関係に見えます。しかし、何か、嘘の人生のような気もします。
 
  また、性格が変化しやすい柔軟な人と、変化しにくい人がいます。何を言ってるのか、訳が分かりませんが、人間の心は、それだけ、個人個人で複雑で、人間の関係は、もっと複雑だということです。性格が変わりにくいというのでも、変わりやすい性格で、ころころ好みが変わったり信念が変化するような人では、逆に、不安になって来るでしょう。安定した性格で、しかも、自分と相性が合うのが望ましはずです。
 
  何か意味不明な、悲観的なことを書きましたが:
 
  >夫婦や恋人同士がうまくいかなくなり、どちらかが、「自分の悪いところは治すからやり直そう」というような場合
 
  これはうまく行く場合があります。互いに譲れる部分や、また譲らないと、どうしようもない場合は、変化するか、または変化できずそのままか、破綻になります。
 
  もう一度繰り返しになりますが、「どういう関係を望んでいるのか」です。相手に何を望むではなく、互いの関係で、そういう状態を望んでいるかです。それを目標に相手を変えたいと思う場合は、まず自分の方から変わることです。自分がこう変われば、相手も、こう変わるという見込みで、自分の相手に対する態度や、性格についても反省し、訂正するようにします。
 
  一方が、そういう努力を実際にしている上で、相手に対し、こうなって欲しいと望みを述べるのはよいと思います。しかし、結局、「相性が悪いのだ」ということを強く確認して、どうしようもないのだと、双方が感じてしまう結果になる可能性もあるでしょう。
 
  基本的には、多くの人は、生涯において、人格は随分と変化して行きます。経験によって変化する部分が大きいでしょう。相手の過去をよく考えて、この人は経験によって学ばない、変化しない人だと思う場合、変化しにくいでしょう。
 
  恋人でも夫婦でも、意見が合わず不和になり、喧嘩になることは日常茶飯事だとも云えます。そういう出来事を通じて、相手をより知り、また自分自身もより分かって来るのです。この「経験で分かってくる」ということが、性格や人格が、中心のコアは無理としても、互いにおいて理解や柔軟性ができる契機でしょう。
 
  失恋すると、どうすれば良かったか、後から分かって来ると言うか、見えて来ることがあります。しかし、これは、失恋したので、その経験から心が成長し、初めて分かって来ることなのです。そういう意味からは、人は経験によって、何時までも成長し続けるということになるでしょう。自分が、どういう人間なのかよくわからず、相手には、どう映っているのかもよく分からないことがあるのです。
 
  時間が解決するというより、経験が、ものごとのありようの把握を、しいては自分自身を変えて行くのでしょう。
 
    • good
    • 1
この回答へのお礼

非常に丁寧な回答、ありがとうございました。
何度も読ませていただきましたが、見ず知らずの者のためにここまで時間をかけて回答してくださり、本当にありがとうございます。心から感謝申し上げます。
(ただ、ポイントについては、どなたかを選んでと言うことはできそうにないので、どなたにもなしということにさせて下さい。ごめんなさい)
本当に、ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/19 19:58

性格ですか・・・



昔、米国の研究グループは
その人間の地位や状況で性格が短期間で変化することがあるという
報告がありましたが・・・

やはり、本人が変えようとすることも重要ですが、よい方向へ
本人が行くようにする、回りの環境・接し方も重要なのではないでしょうか?
もし、性格を変えることを半強制したとしたら、絶対に変わらないでしょう

人は回りに影響されます、それは年齢には関係ないでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうございました。後半の4行、とても考えさせられました。(ポイントについては、どなたかを選んで、ということはできそうにないので、どなたにもなしということにさせて下さい。すみません。)

お礼日時:2002/03/19 19:55

自分の経験からお話しすると変えようというよほどの努力が無い限り変わらないでしょう。

ですから、変わらないと言ってしまってもいいくらいだと思います。好きな人を「嫌いになろう、嫌いになろう」としても嫌いになんかなれないのと同じことではないでしょうか?また、持って生まれた気質はどうであろうと、成長の過程で培われる物ではやっぱり親の育て方、出会った人たちによって影響を受けることのほうが大きいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイス、ありがとうございました。経験者の方の言葉は説得力があります。成長する過程で培われるものの方が大きい・・・そう聞いてほっとしました。(ポイントについては、どなたかを選んでと言うことはできそうにないので、どなたにもなしということにさせて下さい。すみません)

お礼日時:2002/03/19 19:50

私が日ごろ思っているのは、相手の性格は変えられない、変えられるのは自分の受け取り方だけ、ということです。

。。

例えば、夫が、日ごろ乱暴な言葉使いでひとの傷つくような言い方をするタイプだったとします。
夫婦に、本気でやり直そう、これから仲良く幸せに一緒に暮らすんだ、という強い意志があれば、
よく目を凝らすと、「変化」は見えてくるはずなのです。

そう言えばあのひと、今日の「おはよう」は爽やかで割と優しかったわ。そう言えばあのひと、どんなに機嫌が悪くても暴力は無いわ。そう言えばあのひと、たしかに歯だけはよく磨いているし、好き嫌いも少なくて暮らしやすいわ。

こちら側が意識して気付きだせば、相手の良いところはだんだん多くなってくる気がするのです。

こちらの目の凝らし方、受け取り方、そして励まし方です。

相手の、こちらにとって都合の良い、感謝しやすい、大好きでいやすい、何か、実績を、口に出して言ってあげることで、相手は自信を持つようになると思います。

よくやりがちな、相手の、こちらにとって都合の悪い、感謝出来ない、嫌いになりたくなることの実績を並べてしまうと、相手も自分はその程度の人間だ、駄目人間だから何やったって駄目だ、と諦めてしまうと思います。

相手を変えようと思わないで、自分の受け取り方だけを変える。

難しいけれど、結局それしか道は無いんだと、
考えれば考えるほど、そう思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧な回答、ありがとうございました。
自分の受け取り方を変える・・・・・そういう考え方もあるのだと、非常に考えさせられました。ありがとうございました。(ポイントについては、どなたかを選んで、と言うことはできそうにないので、どなたにもなし、ということにさせて下さい。すみません)

お礼日時:2002/03/19 19:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大学生・短大生・専門学校生の気質の違いについて

大学生と短大生と専門学校生の気質の違いってあるのでしょうか?

それぞれ学校ごとの違いはあると思うのですが、
このような区分けで気質の違いがありますか?

ご存じの方がいらっしゃたら、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

学部生時代は短大生も専門学生も受け入れるサークルをしていました。

バブル以前ならともかく、現在はそれほどないと思いますね。
ただ、専門学校に通う人間は二極化しやすいと聞いています。いわゆる必死になるタイプと流すタイプですね。短大生で必死になって勉強するなんてことは聞いたことがありません。短大生は高校の延長って感じです。おとなしく「お勉強」してる人が多いみたいですね。

大学生はピンからキリまでです。同じ学部でも、ちょっと疑問がわいたら教官に聞きに来るような人から、レポートを出さない、なんで大学に入ったんだ?ってやつまで。ま、いろんな奴が集まるって感じでしょうか。

回答としては、大学進学率が50%を超えた現在はそれほどはっきりとした差はないということでしょうか。

Qスペシャリスト気質とジェネラリスト気質

どうも昔からいろいろなことができたほうがいいような気がして、あまり多方面の才能はないのに、いろいろやりたい派です。
また、何かを始めて、それがようよう形になってきて、さあこれからだという状況のときに、
「こっちはまあまあになったから、こっちの手をつけてないほうを伸ばして、全体的に平均化しよう」
という思考になってしまいます。

どうもこれがやめられないのです。
なにかいい考え方はないでしょうか。

また、以上は自分のことですが、それに関連?して「スペシャリスト気質とジェネラリスト気質」という点についてもコメントいただければ。

Aベストアンサー

本当にやりたいことが見つかっていないか、やりたいことはあるのだが全力で邁進して自らの限界を知るのが怖いかのどちらかのような気がしますね。

「>なにかいい考え方はないでしょうか。」とおっしゃっているのは、スペシャリスト気質を身につけたいということなのでしょうか。
しかし、ある程度のバランスを取ろうとすることもむしろ必要な場合もあるでしょうし、それができなくて悩んでいる方も多いでしょう。
要は時と場合に応じて変幻自在にできればいいんでしょうが、そううまくいけば誰も苦労はしませんよね。

スペシャリスト気質、ジェネラリスト気質というものがあるのかどうかは不明ですが、思うとおりにやるしかないんじゃないでしょうか。
1人の人間の中にどちらも同居しているはずなので、どのような場面でそれぞれの気質を発揮するのかが、まさにその人の個性ということになるように思われます。
スペシャリスト気質を発揮している時は、よく言えば肝が据わっているときでしょうし、同時に視野が狭くなっている時でしょう。
ジェネラリスト気質は、よく言えば視野を広くして人生を俯瞰できる時で、逆に言うと物事の本質を目指していない時でしょう。
このぐらいがちょうど良いという客観的判断は無意味でしょうが、スペシャリスト的になりたければ、将来的心配は最低限に抑える勇気が求められるのではないでしょうか。
逆に言うと、最低限の将来的基盤に目星がついていないので、あるひとつのことにのめり込むだけの勇気が湧いてこないのかもしれません。
そうだとすれば、ある意味で健全な思考だと思いますけどね。
 

本当にやりたいことが見つかっていないか、やりたいことはあるのだが全力で邁進して自らの限界を知るのが怖いかのどちらかのような気がしますね。

「>なにかいい考え方はないでしょうか。」とおっしゃっているのは、スペシャリスト気質を身につけたいということなのでしょうか。
しかし、ある程度のバランスを取ろうとすることもむしろ必要な場合もあるでしょうし、それができなくて悩んでいる方も多いでしょう。
要は時と場合に応じて変幻自在にできればいいんでしょうが、そううまくいけば誰も苦労はしま...続きを読む

Q江戸っ子と東京近隣の町(所沢や浦安など)の人の気質の違いってたとえば何

江戸っ子と東京近隣の町(所沢や浦安など)の人の気質の違いってたとえば何があるのでしょうか?

Aベストアンサー

江戸っ子は、隣近所の付き合いがあり、人の情けを大切にします。
多少のゼニカネよりも、人のため。
困った人がいれば助け合う。

所沢や浦安は、古くからの住人は少なく、よその土地から集まった人が一時的に仮住まいしているケースが多いです。
隣の人の顔さえ知らないこともあります。
隣人のことに迂闊に口をださない。
プライバシーが大切です。
人の情けは余計なお世話。

よそのうちの子供がお行儀わるいときに、ぴしゃりと言うのが江戸っ子。
他人の子のことは、見て見ぬふりをするのが、近隣の仮住まいの人たち。

Q先生や上司、会社に認めてもらいたい心理はどう培われるのでしょうか。

先生や上司、会社に認めてもらいたい心理はどう培われるのでしょうか。
そしてこうした心理を大人になってから拭い去るにはどうしたらよいのでしょう。

私は30代前半女性です。
色々と人間関係に悩み(友人ができないなど)、別カテにも質問させてもらった経緯があります。

その結果、私は小学生時代からずっと
「先生や上司、学校、組織、会社に認めてもらうためには努力を惜しまないので認められやすい・気に入られやすいが、友人関係やクラスメイトとなると相手は私のことを認めてくれているのに私が相手のことを認めようとしないために友人がいない」ようなのです。

これからはもっと近くにいる人を認め、認められ、尊敬しあいたいと思っているのですが、そもそもこうした人格が形成されたのはどうしてかと思い質問いたしました。

私はもの心つくころには父は離婚しておらず、母が女手ひとつで育ててくれました。
兄弟姉妹はおりません。親戚もおりません。

失敗することや先生から怒られることを極端に嫌う、いわゆる「優等生」でしたが
上記のような性格のため優等生ではあってもクラスで人気があったわけではありません。
かといってとりわけ孤立するタイプではなく、学校、職場の人間関係はそれなりに良好です。しかし卒業・転職すると関係は消えていきました。

認められるということは一つの存在意義の確認だと思うのですが、私にとってこれまで先生や上司、会社に認められることは大いに存在意義を感じ、私の欲求を満たすものです。

しかし同じ認められるのでも、友人やクラスメイト、同僚が私のことを認めてくれることは私の欲求を満たすものではありませんでした。そのため、別カテで質問したとおり友人がいないという当然の報いを受けています。

人格形成において重要(だと思われる)幼少・少年期になにが影響してこのような性格になったのかはわかりませんが、
今から会社に認められたい欲求よりも同僚など近くの人が私のことを認めてくれれば満足だと思えるようになりたいのですがそれは相手のよいところを見つけ、
尊重することを意識することによって可能でしょうか。
そしてそれを実行するには人の言うことに素直に耳を貸す素直さが必要だと思うのですが、素直に聞く気持ちをもち、我の強い性格を修正することは今から出来るのでしょうか。
素直に聞こうとしても本当に自分は素直に聞いて認めて、自分の心に落とし込んでいるか疑わしく思います。

こうした性格・気質的な要素の軌道修正は、心理学的に可能でしょうか?
可能だとしたら、どういった方法がありますでしょうか。
宜しくお願い致します。

先生や上司、会社に認めてもらいたい心理はどう培われるのでしょうか。
そしてこうした心理を大人になってから拭い去るにはどうしたらよいのでしょう。

私は30代前半女性です。
色々と人間関係に悩み(友人ができないなど)、別カテにも質問させてもらった経緯があります。

その結果、私は小学生時代からずっと
「先生や上司、学校、組織、会社に認めてもらうためには努力を惜しまないので認められやすい・気に入られやすいが、友人関係やクラスメイトとなると相手は私のことを認めてくれているのに私が相手のこ...続きを読む

Aベストアンサー

>こうした性格・気質的な要素の軌道修正は、心理学的に可能でしょうか?
心理学的なことは分かりませんが、「考え方を変える」ことは出来ませんか。

敢えてきつい言い方をしますが、会社や上司に認めらようと必死な人を、ときに醜く感じることはありませんか?
もちろん組織の中でやっていく中で評価されることは必要ですが、見方によっては「媚を売っている」「ご都合主義」「権力を振りかざして喜ぶ人間」になってしまう可能性もあります。

私も仕事ではそこそこ評価されていますが、そういう人間は軽蔑しておりますので、出世したくないと思っています。
そして、人の評価など所詮は「そのときそのときの都合」によるものだと、過去の経験から学びました。
そりゃあ周囲の賞賛というのは血が沸き立つような快感がほとばしるものです。分かりますよ。貴方はあの快感に中毒・依存していませんか?
私からすれば家族や恋人との暖かい人間関係と比べたら、薄っぺらで一時的な快感でしかありません。
そしてその快感を追い求めることは人生を窮屈にし、人との関係にヒビを入れ、判断力を鈍らせることに繋がります。ある意味で麻薬に似ています。
他人の評判なんて無責任なもので、自分を護ってくれるものでも無ければ、人生を有意義にする程のものでもないと思います。

利害関係のある評価なんて薄っぺらいものだと理解できれば、自ずと考え方は変わります。
私の場合は、幼少期に一度どん底を味わったから、この快感から距離をおく大切さを学びました。
どうしても変えたいのなら、一度価値観が崩れ去るような経験をするしかないのかも知れません。

>こうした性格・気質的な要素の軌道修正は、心理学的に可能でしょうか?
心理学的なことは分かりませんが、「考え方を変える」ことは出来ませんか。

敢えてきつい言い方をしますが、会社や上司に認めらようと必死な人を、ときに醜く感じることはありませんか?
もちろん組織の中でやっていく中で評価されることは必要ですが、見方によっては「媚を売っている」「ご都合主義」「権力を振りかざして喜ぶ人間」になってしまう可能性もあります。

私も仕事ではそこそこ評価されていますが、そういう人間は軽蔑して...続きを読む

Q境界性パーソナリティ障害と境界性人格障害の違い

上記のタイトルについて、ある精神科医はこう言いました。

「慢性的な空虚感がある人は境界性人格障害、空虚感がない人はボーダーラインに達していなくて、境界性パーソナリティ障害である」と・・

でも、ネットでググってても、この2つは一緒に扱われていて、人格障害という言葉のイメージが悪いため、現在では、境界性パーソナリティ障害と診断するようになっていますと書かれていました。

あと、境界性=ボーダーライン だということも書いてありました。

その、精神科医の言う、空虚感がないとボーダーラインじゃないという言葉と、ネットの情報と、どちらが真実なのでしょうか?

もう、訳が分からなくて混乱しています・・・

Aベストアンサー

ボーダーラインというのは、
神経症とメンタルの病の境界という意味で、

空虚感とは関係ないです。

空虚感のありなしで、
「パーソナリティ障害」と「人格障害」名称が分類されていた可能性はあります。

名称による分類の違いがかつてあったのかもしれませんが、
もう「一緒だ」と思っていいと思います。

空虚感については、
今日、おやすみになって
来る明日からの生活の中でどう感じるかが重要だと思います。

名前にふりまわされずに、主さまがご自分を整理していけますように。

文にある精神科医の言葉は、説明に失敗したとでも思って、
必要を感じたらまた受診されたらどうでしょう。

Q素人です。性格と人格はどう違うのですか。また、気質は性格の一部ですか?

素人です。性格と人格はどう違うのですか。また、気質は性格の一部ですか?

自分を考えても、人を見ても性格と人格が入り混じった状態で生活していると思うのですが、それが個性と呼ばれるものなのですか?さらには自我も加わると、さっぱり捉えられません。

日常生活の具体的な行動をあげて、どんな場面で、どれが主導権をとるか、教えてください!

Aベストアンサー

性格は、
1) 行動のしかたに現れる、その人に固有の感情・意志の傾向。例として「ほがらかな性格」「夫婦の性格が合わない」
2) 特定の事物にきわだってみられる傾向。例として「二つの問題は性格が異なる」「趣味的性格の濃い団体」

人格は、独立した個人としてのその人の人間性。その人固有の、人間としてのありかたを言います。

これらは個別で行動する事はありません。微妙に入り混じってその人特有の性質が出来上がります。コレを個性と言います。

Qアスペルガーと人格障害(パーソナリティ障害)

パーソナリティ障害とアスペルガーの関連性について。

以前アスペルガーの診断を受けた者ですが、最近パーソナリティ障害というものを知りました。

敵か味方かしか居ない

0か100かしか無い

気にいらないことがあると、その人物の全てが嫌いになる。など

当てはまることが沢山あるのです。

アスペルガーとパーソナリティ障害は併発しますか?

また、パーソナリティ障害は治りますか?

実はアスペルガーではなくパーソナリティ障害だと言ってもらえる可能性はありますか?

鬱と不眠がありますがこれらとも関係はあるのでしょうか。

アスペルガーとパーソナリティ障害は似ている所が沢山ありますよね。

対人関係が上手く築けない・・・など。

決定的な違いは何なのでしょうか。

知能テストみたいなのではなんだかジグザグでした。
画像を貼り付けておきます。

パーソナリティ障害でもこんな風なグラフになることがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

確かに似ていますよね。
しかしながら、人格障害は知能検査ではわからないでしょう。
アスペルガー障害の二次障害として、パーソナリティ障害になることはありえると思います。質問者様の鬱や不眠は、アスペルガーの二次障害なのかもしれません。

パーソナリティ障害の場合、本人も苦しく周囲の人たちを振り回し困らせることが特徴として上げられると思います。

アスペルガーの概念が広まったのは1990年代、逆に人格障害は少なくともその数十年以上前からある概念ですので、かつてはアスペルガー障害であるのに人格障害であると「診断」された人も多いのではないかと推測します。

パーソナリティ障害は完治することはありませんが、心理療法などを受けることで偏った考え方を修正し、人との適切な距離感を作れるようになります。

なぜかわかりませんが、質問者様はアスペルガーではなく、パーソナリティ障害と診断されたいのでしょうか?どちらの障害の方が「よりマシ」ということではないので、あまり過度な期待?は禁物です。

わたしの息子(発達障害)も知能検査を受けたのですが、質問者様のようにジグザグでした。その時医師からは「得意な面を伸ばしてください」と指導を受けています。自分の脳の仕様を知るためには知能検査は有効だと思います。


以上、素人の感想でした。適切な回答者様が現れることを期待しつつ・・・

確かに似ていますよね。
しかしながら、人格障害は知能検査ではわからないでしょう。
アスペルガー障害の二次障害として、パーソナリティ障害になることはありえると思います。質問者様の鬱や不眠は、アスペルガーの二次障害なのかもしれません。

パーソナリティ障害の場合、本人も苦しく周囲の人たちを振り回し困らせることが特徴として上げられると思います。

アスペルガーの概念が広まったのは1990年代、逆に人格障害は少なくともその数十年以上前からある概念ですので、かつてはアスペルガー障害であ...続きを読む

Q何かと金銭対価を要求する気質

こども会の世話役をしていますが、メンバー(小学生)の中に、何か指示をすると
「それをやったら、千円くれる?」「くれるならなってもいい」というように、主に
やりたくないことをやらされそうになると、そういう反応(発語)をする子がいます。

その子のお家は決して貧しいわけではないので、本当にお金が欲しいわけでも
ないようです。4人兄弟の3番目で、末っ子はまだ赤ちゃんです。

ただ、見ていて、みんなと同じことをするのが苦手だったり、気分が乗らないと
どこかに行ってしまったり、大きい音が苦手など、発達障害の一種であるように
感じられます(保護者もこの子の特質は認識しています)。


感じるのは、目にみえる行動は大それたことが多いのですが、いつも外の
世界に不安を感じているように見えます。


以上が素人が見た状況ですが、本題の「何かしたら千円くれる?」という彼の
思考回路は、いったいどんな心情から、そのような言葉を発するでしょうか。

もう6年生なので、気分が乗らないことでも、気持ちに折り合いをつけて「いや
だけどやらなきゃいけないこともある」ことを理解してほしいし、1年生もいる
わけなので、駄々をこねていれば免除になると思われても困るのです。

心理学や教育学的な面から、彼にどのような援助・フォロー・指導をすれば
よいのか、どなたかおわかりになる方がいらっしゃいましたら、教えて下さい。

こども会の世話役をしていますが、メンバー(小学生)の中に、何か指示をすると
「それをやったら、千円くれる?」「くれるならなってもいい」というように、主に
やりたくないことをやらされそうになると、そういう反応(発語)をする子がいます。

その子のお家は決して貧しいわけではないので、本当にお金が欲しいわけでも
ないようです。4人兄弟の3番目で、末っ子はまだ赤ちゃんです。

ただ、見ていて、みんなと同じことをするのが苦手だったり、気分が乗らないと
どこかに行ってしまったり、大きい音が苦...続きを読む

Aベストアンサー

親と一緒に海外に行って、現地の幼稚園に入った子とやりとりをやっていて、よく「dont touch」という言葉をその子が発していたんですね。

「それ とってくれる?」と言うと dont touch

「お母さん 電話しているから、こっちで一緒に遊ぼうよ」 と言っても dont touch。


「ああ 幼稚園でいじめられているんだ・・・」とわかった。

なにかやろうとすると、周りの子が触ろうとしたものを取り上げて「dont touch」とことあるごとに言ってたので、拒否をするときは「dont touch」と言うのだと、学習したのだと思う。


その子は家でおにいちゃんたちにもまれているんだと思う。

何かお兄ちゃんの助けが必要でお願いしたら、おにいちゃんはやりたくないので、「それやったら 1000円くれるのか」と1000円持ってない相手に言うことで、拒否をしめしていたんだと思う。
そういう拒否を示す表現が「やったら1000円くれるか」という言葉だと学習したのだと思う。

先に書いたものは、触る ということじゃなかったので、すぐに拒否だと気付いたのですが、今回の表現だと会話がそれで成立するので、拒否だとわかりずらいですよね。


で、拒否だってわかったので、何故拒否をするのかを観察すればいいと思うんです。

親しいい人がいないところで、何かやるのが緊張をもたらすから やりたくないのか。

やったことが無く新しいものに取り組むのが怖いのか。

緊張していて ほっといて欲しいのか。


もし やったことが無いので、どうやっていいのかわからなくて 不安感が募った結果、やってみることすらしようとしないのなら、少しやってみせて、「やれるかな? おお すごいじゃないか 君才能あるね」とか褒めてみては。

「僕と食いなんだよ みてみて」と褒められたくて、がんばってしまうかも。

そしたら、「今度は難しいぞぉ できるかな」ってちょとだけ難しいのをやってみせて、実際やってもらって できなくて当たり前ってことにして、何度目かにできたら「お? すごい こんな難しいのを3回でできるようになった」って褒める。

「こんなの簡単さぁ」と自分に自信がつく。
そして「よーし じゃあ お兄ちゃん 他のできない子に教えてあげてくれるかなぁ」と言う。

年下の子にした方がいいと思う。
年上が年下に教えてあげることで、年下の子を助ける ってことを学習すると思う。

すると 家では馬鹿にされて 無能呼ばわりされていたかもしれないその子が、そこではお兄ちゃん できる人 という立場になるわけです。

すると、積極性が出ると思う。


そうやって 何かやる前に教えておいてあげる。 助手になってもらう その場での役割を与える。

人は自分に役割をもらうと、はりきって前向きになるし、ほめてもらうことで、自分を愛せるようになるんです。
他人が大事にしてくれる自分が、存在価値がある人間だって 思うようになるんです。


とっかかりの段階で、急にやってっていわないで、「これしってる?」というなにげない会話からはいっていって、相手の警戒心を解除して、解除したなと表情から受け止めたら、もう一方だけ 彼の心の部屋に入る。
そこで拒否がみられたら、下がる。
受け入れてもらえたら、しばらくしたら、 もう一歩はいる。 
座って相手が逃げ出さないようなら(1000円くれるという表現は 逃げ出したいという気持ち 来ないでという拒否を表す言葉、それが出ないようなら)、もう一歩彼の心に近づく。

そのとき、断ったままじゃなくて、しゃがむ。
相手の目の高さと同じか、それより下に位置する。
相手を怖がらせない。

その子は上を見上げるのではなく、下の方角を見るので、自分が見下ろした形になり、警戒しなくなると思う。

警戒しないで、逃げ出さないで 話を聞くようになったら、手を出してみる。
握手して、にぎにぎする。
相手がそれを拒否しなかったら、しばらく握って、ゆっくり静かに立ち上がる。
手を握ったまま。

「あそこ見に行くから一緒に行こう」って他の子たちが集まっているところに、ゆっくりつれていく。
「あの子は元気そうだな 君よりいくつ下かな?」とか話しかけて、他人がどう見えるか言ってもらう。

「あの子はね いつも良く喋って 人気者なんだよ、それからね あの子の家は犬がいるんだって、それからね」と話し出したら、静かに聴く。
そして「○○くん 犬飼ってるんだって 名前はなんていうの」と話をして、「タローって言うんだって 君のとこはなにかいるの?」と話をふる。

「ハムスターがいる」というと、「名前をみんなに教えてあげて」とお願いする。

みんなはその子とあなたを中心とするようになり、「見てみたい」とか言い出す子がいて「いいよ 今度家にきなよ」ってなるかも。

このように 静かにゆっくり 相手に警戒心を抱かせない近づき方をして、自然の中に入れてあげる。


まあ パニックを起こすこともあるでしょうが、驚かない。
ヒステリックになりだしたら、離れてあげる。
そして しばらくして落ち着いたら、飴かなにかもってって「食べる?」ってあげる。

「いらない」とむくれてたら、側に机において「おなかすいたら食べていよ ここにおいとくね」って言う。
欲しいから あとで見ていないとき 食べると思う。

食べたら成功、また心を開いたってこと。

親と一緒に海外に行って、現地の幼稚園に入った子とやりとりをやっていて、よく「dont touch」という言葉をその子が発していたんですね。

「それ とってくれる?」と言うと dont touch

「お母さん 電話しているから、こっちで一緒に遊ぼうよ」 と言っても dont touch。


「ああ 幼稚園でいじめられているんだ・・・」とわかった。

なにかやろうとすると、周りの子が触ろうとしたものを取り上げて「dont touch」とことあるごとに言ってたので、拒否をするときは「dont touch」と言うのだと、学習し...続きを読む

Q反社会性パーソナリティ障害の人と・・

反社会性パーソナリティ障害の人とどう接したら良いですか?正直、この人だけのせいでは無いですけど、家族全体が仲が悪くなったように思えます。まー今からではないですけど小さい頃から自分がこの人を見てきて思うに昔からの気質だと思ってます。どーしたら良いですかね?一番良い方法を教えてください。(接し方とか治療方法とか)

Aベストアンサー

家族の一員ですか、精神科へお連れしてください。

Q楽天的な気質になる方法を教えてください

 楽天的になる方法を教えてください。

 不安神経症、うつなどの心の病が広がっています。

 そうなっている友人知人もいますので、知りたいと思うのです。

 楽天的になる方法を知りたいと思います。

Aベストアンサー

リチャード カールソン (著)
『楽天主義セラピー―心の青空にふれるために』
『小さいことにくよくよするな!』

上記の本を読んでみませんか。
自分の考え方を変えるヒントがたくさん書かれています。


人気Q&Aランキング