くるりから届けられた4年ぶりのニューアルバム!!

3人の子供がいるものです。旦那は36歳。サラリーマンをした後、田舎に帰省し大工になりました。今年で111年目です。ステップアップのため3ヶ所の工務店で在来工法の修行を積みました。近い将来一人親方でもいいので独立したいと言っています。

私は現在の工務店で日給15,000円で建設組合の健康保険にも加入し、色々な点で安定しているのでお給料という面では安心してるのですが、年収400万をきる収入では子供3人を養うにはきつい、働けば働くほど実になるようにしたいとの様々な理由で旦那は独立を考えています。

大工道具は地道に揃えてきましたが、やはり用意するべきものも沢山あるでしょうし、雇われ大工から一人親方を経験した方に独立するに当たって、必要な心構えなどアドバイスお願い致します。あと、金銭面での詳しいお話も教えていただけると有難いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

NO.2のysdfloorです。


一人親方になるのと、工務店を開業するのとでは
まったく違った意味になります。
一人親方というのは呼び名の通り一人で作業すること
なので人を雇う必要はありません。
仮に新築を受けた場合で棟上等で一人では出来ない場合は、応援という形で人を入れます。
もちろんこの人たちに日当は払いますが、
常時の雇用ではないので、給料計算や源泉徴収なんかは
必要ありません。応援方からの請求書通りに支払う形です。
一人親方になった場合確定申告は必要ですので、
請求書や領収書は管理しておかなければなりません。
工務店を開業するとなると、500万円以上の工事を
請け負う場合は建設業の許可を取得しなければなりません。その取得に約20~30万円ほどかかります。
工務店を開業したからといって大工を雇う必要はありません。小規模工事からはじめるのなら、営業電話も
携帯電話で十分カバーできます。開業資金が必要ならば国民金融公庫の利用をお勧めします。
開業した場合でも一人親方になった場合でも
給料日という概念はなくなります。
集金日が収入日です。
末日締めの翌々末日払い半金半手なんかざらにあります。
気の利く材木屋さんがあれば心強いと思います。
    • good
    • 9
この回答へのお礼

度々御丁寧に御返答いただき有難うございます。
開業資金ですが、国民金融公庫は担保などがなくても借り入れできるのでしょうか?
お金の話ばかりになりますが、やはり自分達で急がず資本を貯めてからスタートした方がいいだろうなあと
思います。支出は簡単に増えますが、貯蓄は思うように増えませんね(汗)

でも目標に向かって夫婦力をあわせて頑張ってみます!

お礼日時:2006/08/09 21:42

何度もすいません。

ysdfloorです。
国民金融公庫は起業者もしくは起業予定者であれば
利用できます。創業計画書や面接などもありますが
難しく考えなくても、正直に申請すれば借り入れが
出来ると思います。相手もいくらお役人だといっても
人間ですから銀行なんかと比べてもかなり金利が安い
うえに借りやすいと思います。
お二人でよく話し合ってメリットとデメリットを
考えながら、あせらず結論を出されれば良いと
思います。

参考URL:http://www.kokukin.go.jp/
    • good
    • 2

 daimayuさん こんばんは



 大工さんになって111年ですか。凄いですね(笑)こんな突っ込みはさて置いて、まともな回答をしましょう。

 1人親方で独立するつまり独立すると言う事はどう言う事かを理解しましょう。
 今までは給料をもらって生活していたわけです。この場合、ご主人の税金関係は全てお勤めの工務店で行なっていたわけです。独立したら工務店の事業売上の確定申告をしなければなりません。1人親方ですと、少なくとも数名の大工さんを雇わなければならず(常勤でなくてもバイトや流れの大工さん等でも)そう言う方の給料計算や源泉徴収等をしなければなりません。それ以外に、ご主人が現場に行っている間の電話番が最低でも必要になります。建築業界は決して景気の良い業界では有りませんから、もし電話番の方を雇えないとしたら(起業当初は当然無理だと思います。)daimayuさんが電話番をしなければなりません。それ以外に仕入先や機器類のリース等の支払いで銀行に行かなければならない場合も有ります。叉材木等の仕入れのために銀行から融資を受けなければならない場合も有ります。まだまだしなければならない仕事がありますが、以上が給料をもらっていた頃と比べて増える仕事で、増えた仕事は本来は全てご主人がしなければならない仕事です。しかしご主人が現場に行っている間のお店の電話番をご主人が出来るわけがないのです。と言う事を考えると、daimayuさんのバックアップが有って成り立つ仕事でしょう。つまり、daimayuさんにも仕事の分担が存在すると言うことです。

 以上が実際に工務店を開店した場合の仕事内容の概要になります。以上を読んでお解りになったと思いますが、ご主人が工務店を開業する事で給料の変化が有る以外にdaimayuさんもしなければならない仕事が出て来ると言う事です。ですからその事をご主人がどれだけ理解しているかを確認してみたら良いと思います。
 男性で有る以上一国一城の主として事業をしたいと言うことは凄く理解できますが、それに伴って派生する諸々の事の理解が無いとdaimayuさんが苦労する事になってしまいます。その点をどれだけご主人が理解しているかを確認するべきだと思います。

 年収400万円を切ると子供3人を養うのは大変と言われていますが、確かに大変は大変でも何とかする方法は幾等でもあります。しかし年収云々の苦労ではなくて、事業のしわ寄せでdaimayuさんが苦労するのは大変だと思います。その点をどう考えているかが工務店開業のキーポイントだと思います。
 どんな事業でもそうなのですが、開業当初から大儲け出来ると間違った解釈で事業を始めると失敗します。開業当初の数年は、赤字なのは当たり前です。それでも数年後に頑張った結果として黒字に転換するのを夢見て仕事をするのが事業ですから、当初は経費を極力切り詰める事を考えなければなりません。その為に言い方変かも知れませんが無給で使えるdaimayuさんが大活躍しなければならないわけです。その点をどうするか、お二人で議論したら良いと思います。その結果としてご主人が工務店を開業するかどうかが決ると思いますよ。

 色々書きましたが、何かの参考になったら幸いです。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

早速のご返答ありがとうございます。
修行年数は11年です(汗)111年とは妖怪ではないのですから、ありえないですね。ツッコミありがとうございますm(..)m

細かい御説明をじっくりと拝見いたしました。
なるほど…とうなずく事ばかりです。私のサポートが必要という面では主人からよく言われてるので、私にできる事があるなら何でもするつもりでいます。

銀行融資などは本当に無知で、さほど貯蓄もない為
無理かなあとおもっています。無収入の時に補てんすると貯蓄もすぐ底を突きそうで怖いです。以前主人が指を切断する大怪我をした際も労災が下りたものの2ヶ月も仕事を休み、本当に苦しかったのがトラウマになっています。

開業にあたり資本はどれくらい必要なのかも見当がつきません。最初に一人でしばらくやっていくにせよ、資本金はある程度必要におもうのですが…。
夫婦でよく相談して考えたいと思います。
どうも有難うございました!

お礼日時:2006/08/09 18:28

こんにちわ。

奥様の不安察しいたします。
しかし私はご主人の気持ちも良く分かります。
「安定した日給と保険を捨てても独立して今以上の
収入を目指す」この気持ちは男なら誰でもあります。
何年修行されたのか良く分かりませんが、工務店を
三軒回って修行されたのは正解だと思います。
まず一人親方になる為の資本はそれほどかからないと思います。
道具がある程度そろっているならあとは、
道具や材料をしまっておく場所、材料や機械類を運ぶ車、技術と能力と健康な体、仕事を紹介してくれる元請やお得意様。特に最後の仕事が年間を通して切れずにあるかということがもっとも大切ですよね。
いくらすばらしい技術があっても、昔みたいにべらんめい口調じゃあ
お客様に嫌われる場合があります。
仕事が切れずにあるならば、うまく軌道に乗り今より収入は上ると思います。収入が上るとモチベーションも自然と上るので良い循環になると思います。
しかし最初は、やはりつまずくかもしれません。
そのときに奥様がいかに精神的に支えて揚げられるかが最大のターニングポイントだと思います。
私の場合一月間収入がなかったときもありました。
そんな時に妻がパートに出て私が子守みたいな時期があって、
そのときの悔しさと歯痒さや情けなさを
ばねにして口下手を省みずなれない営業に出向いて
今の自分があると思います。まだ成功したとは思っていませんが、
後悔はしてません。
私事ですいません。参考になるかどうか分かりませんが・・・
    • good
    • 6
この回答へのお礼

御丁寧な御返答ありがとうございます。こちらは田舎で場所は借りるにしても、探すにしても都会より安い物件が多いみたいです。
有難い事に一人でしばらくやるならば、すでに仕事を直で主人にやってほしいというお施主さんがいたりと(何件か主人の人柄を気に入ってお施主さんから依頼があった事が独立を思うきっかけになったようです)自分の中でやりがいを感じているようなのです。

お恥ずかしながら貯蓄は資本金の足しになるほどなく、恐らく独立するとなれば私は子供を保育園などに預けて働かないといけなくなるでしょう。それは夫婦で子供を育てていく上で不可欠であるならば覚悟はできています。仕事をサポートしながら自分も稼ぐという厳しさは想像を絶する大変さなのかもしれませんが…。

経験者であるysdfloorさんの御意見は本当に有難いです。よく夫婦で考えて行きたいと思います。

お礼日時:2006/08/09 18:18

工務店やってます。


大工として独立。どうなのでしょう。収入のことを言われているので、工務店をやりたいのだと思います。

工務店になると営業や仕入れ・資金繰りも必要になります。お金を貰う立場から払う立場にもなります。当然赤字も覚悟しないといけません。銀行からお金を借りれますか?営業できる人が雇えればある程度安定はすると思いますが・・・。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

早々の御返答ありがとうございます。当方はローンは
車ぐらいで銀行取引という点では全くの素人的な知識しかありません。おそらく銀行融資は厳しいように思います。

色々検討してよい方向に持っていければと思っています。

お礼日時:2006/08/09 18:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q一人親方のメリット・デメリット

26歳(男)職歴は4年くらいで工場のラインの仕事をしていました。
仕事があまりにも単純なので以前から興味があった建築関係の仕事に転職しようと考えています。(内装工とか左官とか・・。まだ決めていません。)自分は人間関係が苦手(同僚と飲みにいったり、後輩やアルバイトなどにたいする監督・管理業務、営業などが苦手)なので一人親方というのに興味をもっています。5年くらい経験をつんで、一人親方として仕事を請け負って生活していきたいとおもっています。ここで質問です。

(1)建設業界での一人親方(請負)という働き方は将来性がありますか?
 年収500万円くらいコンスタントに稼げますか?
(2)一人親方だと会社(組織)で働いているときよりも人間関係が楽でしょうか?
(3)その他、一人親方のメリット・デメリットや建設業界のことについて
現実を知っておられたら教えてください。

Aベストアンサー

1.腕次第です。
2.仕事を得ていくには相当の努力が必要です。

http://www.zero-kara.com/zk-hikaku-kojin.html

Q職人の夫が独立します

来年から外構職人の下請けとして独立するのですが、
私も今赤ちゃんがいて専業主婦をしているので、
後は税金の計算などお手伝いしたいと思っています。

それにあたって本屋さんでハウツー物の本を探しましたが、
フリーランスのデザイナーやショップ経営のものばかりで、
外構職人の経営に当てはめていいものか分かりませんでした。

私は看護師しかしてないので事務仕事は無縁でしたので全くの素人です。
家計もキツイので税理士を雇う余裕もありません。
夫は同業者に聞きながらやるとは言っていますが、
私はきちんと勉強しないと不安だし他人はそこまで信用できないので、参考書が欲しいんです。
主に台帳の書き方や確定申告、経費、請求書や領収書の書き方など基本から知りたいのですが、職人の独立について分かりやすい本など知ってる方がいたらアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

工具・車両・事務機器・事務所の内装設備など、独立の機会に購入するものがおありでしょうか。有る場合には、青色申告ならば減価償却資産とすることができます。独立してから、信用を得たり顧客を増やしたりといった努力を続けて、だんだん売り上げを伸ばしていくことが多いと思いますので、通常売り上げがあまり多くない初年度に、初期投資分の経費を全て計上するのではなく、初期投資分を売り上げが上がっていく何年後かにまで分割して経費として計上できる方が、節税になると考えられられます。減価償却資産の登録や青色申告控除など、節税面で、青色申告を行うメリットが生じるケースは多いと思います。手間はかかりますが、パソコンを使うことが苦にならない人がソフトを使用して記帳することに慣れてしまえば、さほど大変なことではありません。ただし青色申告は申告をしようとする年の3月15日まで、又はその事業開始等の日から2ヶ月以内等の税法上決められた期限内に申請書を提出していないとできませんので、するしないは別として、とりあえず早めに税務署に相談に行って、青色申告が出来るようにする申請を行っておく方が良いと思います。所得の状況によって、申告するのかしないのか、白色申告か青色申告かは、後でゆっくり考えれば良いと思います。

ご自分でも少々勉強が進んでみえる様子ですので、本を選ぶのならできるだけ大きな本屋さんでご自分が見て、知りたいことができるだけ多く書いてあり、読みやすいと思うものをピックアップして、amazonなどのネット販売サイトで読者レビューを参照して選ぶと良いでしょう。他の方も仰っていますが、外構工事が一般の本には載っていないような特殊な会計知識を要する業種というわけでは有りませんので、業種限定の本ということにこだわる必要はないと思います。

ただし本を読むより、分かっている人に聞く方が、何倍も早く処理が進みます。
記帳や確定申告については、青色申告会か、地域の商工会議所かどちらかに入会して指導を受けるのが良いと思います。地域によって違うかもしれませんが、商工会議所には中小企業支援センターなどの名称の機関が併設されていていませんでしょうか。融資や事業に関連のある情報に関して相談することも出来て、青色申告だけでなく、個人事業に関わる様々なサポートの窓口という性質から、個人的には商工会議所が便利ではないかと思います。

旦那様が同業者さんに色々と聞ける状況の様子ですので、大きなお世話的な話かもしれませんが、これまで会社の他の方が行ってくれていた(かもしれない)、取引先への時期折々のご挨拶を始めとする関係を良くするための様々な配慮、新規顧客の開拓、事務所・設備・通信・事務用品等、仕事環境全ての維持管理、そして会計等、工事そのもの以外にやるべきことが急激に増えると思われます。ついつい「今までと同じように仕事をすれば、今まで会社に入っていた売り上げが自分のものとなる」という考え方をしたくなってしまいますが、そうはいきません。職人の仕事に加えて社長や営業さんや事務員さんが日々やっていた仕事を開業の日からやることになるのですから。

いままで会社の看板で仕事が取れていたかもしれませんが、これから先どんな状況が来ても仕事が入ってくるようにするためには、個人事業主そのものの信頼度や魅力を高める必要があります。業務関連資格を取ったり、知識とスキルを高めるための努力をしたり。取引先は外構業者が良いのか、工務店が良いのか、DIY関連事業者か、エンドユーザーか、試行錯誤も必要かもしれません。1社のウエイトが大きいと、視野が狭くなってしまったり、はたまた取引先が倒産してしまうかもしれません。

今回のご質問の趣旨は、「税金の計算などのお手伝い」をするにあたって、自分できちんと勉強するための参考書を教えて欲しい、とのことですので、若干ずれた内容になりつつありますが、旦那様が職人として工事をする以外に何か奥様がお手伝いをしたいというお気持ちから、会計に興味が傾いてみえるのが、経験上客観的にちょっと不自然に思いました。確かに多くの人が独立=今までの専門職+会計、という感覚を持たれている感じもしますが。

工事業の場合、独立により工事以外に増える仕事の中で、会計が占める割合は個人的には数十分の1程度かな、という感覚です。

そして会計については、商工会議所が安価に行う記帳指導の税理士さんや税務署を存分に利用してどんどん聞いて知恵を借りてしまえば解決できてしまう分野です。確定申告が出来て、合法的に節税できていれば、会計の仕事をする人以外はあまり勉強する必要もないと思います。極論を言えば、売り上げを上げることだけに全力を尽くして収益が上がれば、税理士に任せてしまえば良く、自分でやる必要もなくなります。

家事・育児の他に、旦那様のお仕事のサポートに費やす時間が割けるのでしたら、会計も良いですが、単純にいかに売り上げを伸ばして経費を削るか、について御夫婦で協力されるのが良いと思います。電話・FAX・携帯・インターネットの最も合理的に安いプランを検討したり、定期的に見直したり、仕事に関係する資料は全てIpadで見られるように整理してスムーズに仕事が出来るようにしたり、仕入れを開拓したり、見積を手伝ったり、もっと突っ込んで伝統や流行や海外などの外構プランを学んでデザインしたり、素人のお客様にイメージが伝わるように3DCADで外構デザインを描いたり、ユンボの免許を取って工事したり・・・あ、ちょっと違いましたね。ともあれ少しでも実務を手伝う方に傾けていけば、現場に出ている旦那様に遠隔でサポートできることも増えて、仕事の進捗が加速したり、新しい仕事が入ったりすると思うのですが。

業種は違いますが、独立して14年、波瀾万丈、とんでもない世界を目の当たりにしてきた個人事業主の老婆心から、おせっかいを申し上げました。失礼致しました。実は私も独立当初、「会計」とか「経営」の名の付く本を一生懸命読んで理解できず悶々としたり、経費をどの科目に入れたらいいのかなど、さして重要でないことに散々悩んだりしました。てへっ(^^; 。御夫婦の盛栄を心から願います。

工具・車両・事務機器・事務所の内装設備など、独立の機会に購入するものがおありでしょうか。有る場合には、青色申告ならば減価償却資産とすることができます。独立してから、信用を得たり顧客を増やしたりといった努力を続けて、だんだん売り上げを伸ばしていくことが多いと思いますので、通常売り上げがあまり多くない初年度に、初期投資分の経費を全て計上するのではなく、初期投資分を売り上げが上がっていく何年後かにまで分割して経費として計上できる方が、節税になると考えられられます。減価償却資産の...続きを読む

Q大工さん、自営業のメリット、デメリットを教えてください

私の父親が大工さんです。一人親方で、弟子などはいません。
工務店の下請けみたいな感じらしいです。
私は4月に結婚することが決まっていますが、父親が彼に「私の弟子になって、大工にならないか」と話をもちかけました。
私はもちろん大工さんという仕事は素敵だ!尊敬する!っていう良い印象を持ってるので彼に「いいじゃない。転職したいって言ってたし、お父さんの弟子ならいい腕磨けるよ」と言いました。
彼は大卒で、現在30歳。8年間ディスカウントスーパー勤務。大学では理数系の学科だったとか?
父親は16歳から大工さんですので、もう39年大工さん。
意外にも彼の方も大工さんいいかもという反応でしたがやはり「でもできるかな?」という心配があります。ここは慣れていけるかどうかの問題ですが。

私の心配は「彼も自営業扱いになるの?」「確定申告しなきゃいけないの?」
「社会保険じゃないの?国民健康保険?」「厚生年金とかないの?」「そしたらもらえる年金って減るんじゃない?」「税金高いイメージだし、払えるのかな」
とお金の心配が大きいです。
そのからくりが理解できないとうまくやっていけないんじゃないかと。

ちなみに私は年間200~250万程の給料で、会社で全て税金等納めてます。
自営業のメリットとデメリット、注意すべき点、わかることだけでもいいので教えていただきたいです。

私の父親が大工さんです。一人親方で、弟子などはいません。
工務店の下請けみたいな感じらしいです。
私は4月に結婚することが決まっていますが、父親が彼に「私の弟子になって、大工にならないか」と話をもちかけました。
私はもちろん大工さんという仕事は素敵だ!尊敬する!っていう良い印象を持ってるので彼に「いいじゃない。転職したいって言ってたし、お父さんの弟子ならいい腕磨けるよ」と言いました。
彼は大卒で、現在30歳。8年間ディスカウントスーパー勤務。大学では理数系の学科だったとか?
...続きを読む

Aベストアンサー

>私の父親が大工さんです。一人親方で、弟子などはいません。
>「私の弟子になって、大工にならないか」

彼がどこまで その仕事が好きか・・・。
彼のご両親の仕事も無視できないでしょうし・・・
持って生まれた遺伝的な器用さがなければ理屈で大工は出来ません。

ただ 冒頭のお父さんの言葉に「こいつだったら見込みがある」と、思われたとしてお答えします。
何人かの「一人棟梁」を知っています。
が、会社組織でその中の一人ですという人にはお逢いしたことはありません。

と、いうことは 国民年金制度への加入 国民健康保険制度への加入しか方法はありません。
当然 現在65歳になってもらえる年金は65000円程ですので、正直言って生活はできませんし質問者様も3号保険者にはなりませんので同じように年金を支払わなければなりません。

ここは 彼を交えて、質問者様のお父さんと膝を合わせて 話し合って考えられたほうがよろしいのではないでしょうか?

あなたの将来を お父さんが安易に考えているわけはないのですから・・・。

税金は 稼いだ額にかかってくる費用ですから 仕方ないにしても、
今日もその一人の方の車の中を見せてもらいましたが、コンプレッサー20万円をはじめとして私の見たこともないような電動(この場合はエアー工具)工具の数々、都合100万円相当が積んであるとのことでした。

弟子だからといっても、お父さんが持っているから同じ工具は必要ないとは言えません。
ほとんど同じものを車に積んで、同じ現場に出かけなければなりません。

「仕事は 怒られて覚えるもの」
果たして どこまで我慢できるのか・・・ずぶの素人が・・・

案じております。

という私は、25歳の時に海すら見ることのない田舎から 今の家内の儀兄に小型船舶(タグボート)の船員を募集していると聞かされ 右も左も(この場合面舵(右)・取舵(左)といいます)判らないまま 結婚のために 給料のために 転職しました。
やれば出来るんですね、10年ほどその会社の船員で働いてその間船長の免状も取りましたし 船長でも3年間勤めました。
その後 陸上勤務に代わってその会社の現場事務所で25年・・・
ガムシャラに働きました。

生まれつき物作りが好きでしたので 定年後の今は毎日のようにホームセンターに出向いて工作室で何かを作っていますが・・・

あの時代に あなたの彼のような状況だったら あの時と同じように私は進んで、その道に入ったでしょうね。
ただ・・・時代が違います・・・
一人棟梁のある方は言います。
「木を使わせてくれない」いまは 木材を「鉋かけ」をすることのない時代になっているようです。
質問の年金問題も 考えなければなりません。
ただ定年はありませんので、健康であれば70歳でも仕事に出れます。

お父さんとじっくり相談して下さい。
新築だけではなく、リホームとかの仕事も結構ありますので・・・将来性に関しては問題ないでしょう。
その道を経験して、会社を興すくらいの気構えであれば 何でもできると私は思います。

あなたたち将来に幸せ多きことお祈りします。

>私の父親が大工さんです。一人親方で、弟子などはいません。
>「私の弟子になって、大工にならないか」

彼がどこまで その仕事が好きか・・・。
彼のご両親の仕事も無視できないでしょうし・・・
持って生まれた遺伝的な器用さがなければ理屈で大工は出来ません。

ただ 冒頭のお父さんの言葉に「こいつだったら見込みがある」と、思われたとしてお答えします。
何人かの「一人棟梁」を知っています。
が、会社組織でその中の一人ですという人にはお逢いしたことはありません。

と、いうことは 国民年金制...続きを読む

Q大工の夫。確定申告や控除など色々教えてほしいです

10年付き合い去年結婚しました。
色々あり、夫の職業が色々変わってきました。
運送、サラリーマン、解体工、解体工、現在は36歳で工務店で働く大工です。

会社によって社会保険の加入等してくれている事が違って、最初は最低限色々してくれていたのが変わるたびに色々会社でしてくれないところになっていき、現在の会社は給料明細もなく、何もしてくれていないので源泉徴収も無い状態です。(仕事はしっかりあるし、給料はきちんと払ってくれています)

工務店といってもおじさん3~4人+旦那のようなのですが。

この業界、独立して「ひとりおやかた」という方とか、いろいろといるようなのですが、旦那の位置的なものや確定申告の仕方など全然わかりません。
前回初めて確定申告に行かせたのですが、二人とも無知すぎて合っていたのか、それで良いのかもわかりません。取り敢えず申告して税金等払ったので、やらないよりは良かったのですが、一気に税金が来るので、所得がそんな多いものでもないのに結構払ってます(汗)

実際知り合いは本当に独立してひとり親方で、下にも若い衆がいる方がいるのですが、その人と同じ扱いで良いのか・・・?
大工は自営業のようなものだからとかネットで見かけたりして、でもよくわかりません。

前回税務署に相談したらしいけど、会社から源泉徴収貰わないと話にならないから会社で貰ってくるように!となってしまって、社長に聞くと貰った給料を記入して出したらいい みたいな。

どの用紙にどのような形で記入するのが正しいのでしょうか?

また、私は会社員として会社勤めをしていて、一般通り色々会社で源泉徴収してくれてますが、今後保険とか控除するものとして私の方で控除した方がよいのか。旦那がよいのか。
今後子が産まれた時の扶養等は?(今後子供の扶養とかなくなるんでしたっけ?)

給料は私の方が少ないです。

友達に私の方から全部控除等した方がよいといわれたのですが、、、。

何も分からず調べ方もわからず困っています。
もっと色々と勉強したいのですが何を勉強したらよいのでしょうか?

10年付き合い去年結婚しました。
色々あり、夫の職業が色々変わってきました。
運送、サラリーマン、解体工、解体工、現在は36歳で工務店で働く大工です。

会社によって社会保険の加入等してくれている事が違って、最初は最低限色々してくれていたのが変わるたびに色々会社でしてくれないところになっていき、現在の会社は給料明細もなく、何もしてくれていないので源泉徴収も無い状態です。(仕事はしっかりあるし、給料はきちんと払ってくれています)

工務店といってもおじさん3~4人+旦那のようなのですが。...続きを読む

Aベストアンサー

1収入(稼ぎ)と支出(大工仕事に関るもの)の記録を残しましょう。
家計簿とは、ちと違います。
これが出来ると、確定申告時に作成を要求される収支内訳書が作成できます。
もちろんのことですが、ダラダラと記録しても、後で集計が大変ですので、何月何日にいくら支払って、それは何を払った程度は記録します。

これも簿記といいます。だんだん慣れてきたら複式簿記に挑戦しましょう。


税金のことは、ホイホイと身に付くものではありませんので、気長にゆっくりと学習することです。
上記の支払い額のうちでも「これは所得計算上は、経費になりません」というものが存在します。
例えば交通反則金がそれです。
罰金を経費として認めると、税務署が「交通違反をすると節税になるよ」と言うことになるので、経費にできません。
というように、最初は「経費にならない支出はなんじゃ」を覚えることになろうかと思います。

2-1
本屋さんや図書館で「所得税申告の仕方」とか「簡単な所得税」というのがありますから、一冊は読んでみるとよいでしょう。
ただし、税理士と言う専門家がいる世界ですので、理解できなくても、がっかりする必要はありません。
分からないことは税務署で聞けばよいと開き直るぐらいでいいです。

アドバイスとしては「年末調整のすべて」という本を買わないことです。これは税金の本ですが、給与を支払ってる立場で学習することです。仮に読んで身につけても無意味です。


少し高度な段階で「夫は、給与を貰ってるというが、だったら源泉徴収票を盛られないのはなんでか」という制度の学習になります。
事業所得者と給与所得者の違いなどを知って「わが夫は、どっちなのだ」という話に展開するわけです。


実は大工さんの業種では「ひとり親方」という、長い慣習のもので存在する事業形態があります。
親方がいて、その下で働く従業員とはいえ、親方が給与を払ってるのではないという、サラリーマンからみると「なんじゃそれ?」という形態です。
このあたりを初めから理解しようとしても、失礼ながら無理ですので、当分の間は「税務署のいうとおり」にしましょう。
税務署でも、大工業種での「親方と、その下の職人」形態は理解してますので、ただ単純に「源泉徴収票をもらってこい」というのは無理があることは承知してます。


最後に紹介するURLを「さっ」と読んでみてください。
一言でいうと「大工さんが貰う報酬って、色々なものがあるから、税金の計算もいろんな方法があるからね」という意味です。
これ自体を読んで理解できなくても、とりあえず問題ありません。

参考URL:http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kobetsu/shotoku/shinkoku/091217/01.htm

1収入(稼ぎ)と支出(大工仕事に関るもの)の記録を残しましょう。
家計簿とは、ちと違います。
これが出来ると、確定申告時に作成を要求される収支内訳書が作成できます。
もちろんのことですが、ダラダラと記録しても、後で集計が大変ですので、何月何日にいくら支払って、それは何を払った程度は記録します。

これも簿記といいます。だんだん慣れてきたら複式簿記に挑戦しましょう。


税金のことは、ホイホイと身に付くものではありませんので、気長にゆっくりと学習することです。
上記の支払い額のうち...続きを読む

Q大工(造作大工 内装大工 家具大工 建具大工)について

手に職が付く仕事を探しに職安へ行きました

1 まず内装大工(造作大工)について質問です

a普通の大工とはどう違うのでしょうか?
b平均2.3年で独立とか書いてありますが
 そんなに簡単なものなのでしょうか?
 5年10年かかると思ってました
 独立したらどれ位もらえるのでしょうか?
 
 事業内容 マンション等の内装大工(造作大工)
 新築、リフォーム工事
 LGS ボード等
 
 
 
2 木製品全般(家具、建具、床板、造作材等)の製
  造を加工から塗装まで行っています。
  職 種 木工技術員見習い

 産 業 製造業のうち建具製造業


こちらの仕事は技術習得に10年かかるそうです
はじめは12~15万だそうです
見習い期間中は安くてもかまいませんが10年経って技術習得後どれ位もらえるのでしょうか?

センスとか必要でしょうか?
こちらの難しい方をやりたいですが1人前の平均給与わかりますか?
よろしくお願い致します

Aベストアンサー

NO.4の者です
造作(内装)大工さんとは本当に内装だけです。ゼネコン配下の造作(内装)大工さんの仕事としては(マンション工事を例として)窓枠とかドア枠とかカーテンボックスとかを取り付けます。在来と呼ばれる刻みから行う大工さんに言わせるとそれだけ?という仕事しかしません。難しいとすれば和室周りの仕上げ、押入れを作る部分ではないでしょうか。

現場によってボード張りの下地が木であれば大工さんの仕事がまた増えます。軽鉄(LGSとも)と呼ばれる軽量鉄骨下地の場合はLGS工が壁・天井
の下地を組み、その後、大工さんが上記にある各種枠材を取り付けて
おしまい。その後にボード工がボードを張る・・・という流れです。

造作(内装)大工と言われますがゼネコン現場では専門的に業種が細分化されていますので、ここからここまでと契約で決まっております。
腕があってもそれ以上やる必要がありません。
各種枠材を取り付けた後、ボードも張れるから張っちゃいましたという訳にはいかないのです。

キッチンのカウンターも造作大工さんの仕事ではありません。
カウンターの軸組はするかもしれませんが全盛のシステムキッチン工事
専門の方がカウンターから釣戸まで取り付けます。

床も違います。大工さんは際根太まで。全盛の二重床は別の置き床屋さんが施工します。その後をまた別手のフローリング屋さんがおります。

かなり細かく書きましたが、町場の在来の大工さんは全部出来るでしょうけどマンションの職人は作業範囲が狭く、特化されているわけです。
特化すれば専門的になり細部まで気が付きますから責任の所在も明確になりますし、単調になりますから出来高形態でしたら都合がいいです。
会社も考えています。

何でも出来ると損をする・・・何でも出来ても出来高を伸ばすことは困難だからです。何でも出来て専門職と同レベルのスピード・精度をお持ちの職人さんはほとんどいません。何でも出来ると人のやった工事の手直し工事専門とか、難しい仕事に投入されたりします。(ここが職人としての分かれ道で、常用で難しい仕事を任されて誇りに思うか、単調な現場で稼ぐ方を選ぶか、その人しだいです。)マンション以外にも事務所ビルの玄関やホール、その他、美術館等、こだわりの内装仕事があります。このような仕事には腕のいい大工さんが必要です。

定年については・・・自分次第です。職人は個人事業主がほとんどですから国民年金となります。現行では62歳位からもらえますがその前に引退できますか?蓄えがあれば別ですが大抵はない方が多いし、まだまだ動けるでしょうから働いています。第一、年金だけでは食べて行けません。ただし、働く意欲があっても現場によっては安全の事情から60歳以上は単独での作業は禁止とか制約は付きます。65歳は入場禁止なんて場合もあります。現場での事故は様々な問題に発展してしまうからです。
ちなみに、私の周りでは65歳位で辞める方がほとんどです。

内装工・内装大工の違い・・・私の解釈ではマンション工事ではボード木下地施工・ドア木枠・サッシ木枠・押入れ等を施工する職人さんを
大工さんと呼びます。
内装工とは現場仲間をそうは呼び合いません。大まかな総称だと思います。軽鉄(LGS)・ボード・床・フローリング・クロス等を内装工と呼んだり
分類していると思います。マンション大工さんも内装工と分類される
方もいるかもしれませんね。なぜなら、何度も言うように躯体工事には
関わってないからです。

NO.4の者です
造作(内装)大工さんとは本当に内装だけです。ゼネコン配下の造作(内装)大工さんの仕事としては(マンション工事を例として)窓枠とかドア枠とかカーテンボックスとかを取り付けます。在来と呼ばれる刻みから行う大工さんに言わせるとそれだけ?という仕事しかしません。難しいとすれば和室周りの仕上げ、押入れを作る部分ではないでしょうか。

現場によってボード張りの下地が木であれば大工さんの仕事がまた増えます。軽鉄(LGSとも)と呼ばれる軽量鉄骨下地の場合はLGS工が壁・天井
の下地を組み、...続きを読む

Qフリーターから一人親方(型枠大工)

こんにちは

私の彼の話なのですが
今まで、雇われ・・・というかフリーターのように
型枠大工さんのお仕事をしていました。
それで、今回自分で仕事を始めようと話しています。

型枠大工でお仕事をされている会社から
現場ごとお仕事をいただく様なかたちのようです。
色々と大変なこともあると思いますが
目標を持って頑張ろうとしているので応援したいと思っています。

そこで、税金や保険(現在は国保)?など
何か手続きが必要になってくることはありますでしょうか
また、何か気をつけておかなければならないこと?など・・・

何でも結構です。お教えいただければと思います。
頑張る彼を何か私も応援したいと思っています。

私自身があまり分かっていないため
漠然とした質問かもしれませんが
どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

No2です。
奥さんが事務、旦那が力仕事と言うパターンが、旦那が独立した時、一番成功率が高いです。当方の回りもうまく行っている所はたいていそうです。

帳面も最初から完璧につける必要はありません。あまりがんばると途中で挫折します。多少の端数など合わなくともなんともありません。少しくらいの間違いがあるくらいが、税務署には信用度が高いです。(素人が最初から完璧な帳面をつけているほうが怪しい)

会計ソフトは高いですので、最初は手書きの「簡易簿記」で青色にしても良いです。慣れたら「複式簿記」にすればOKです。(簡易は控除が少し少ないですが記帳が簡単です。)

他の方も書いていますが、不明なところは、税務署で聞く事です。遠慮する事はありません。聞かなければ彼らは何も教えてくれませんので、こちらから行動を起こしてください。税務署には無料相談窓口もあります。何度でも気の済むまで通ってください。

あと、お仕事の件ですが、職人さんはたいてい口下手です、うまくお世辞がいえない人が多いので、その分あなたが、助けてあげてください。具体的には、仕事をくれるところに「手書き」の年賀状と暑中見舞いを出したり、仕事をくれたら、お礼の挨拶に出向いたり、たとえ義理チョコでも旦那の仕事仲間にあげたりしてください。

こういう細かい気配りは、職人は出来ません。奥さんが、助けて上げてください。

No2です。
奥さんが事務、旦那が力仕事と言うパターンが、旦那が独立した時、一番成功率が高いです。当方の回りもうまく行っている所はたいていそうです。

帳面も最初から完璧につける必要はありません。あまりがんばると途中で挫折します。多少の端数など合わなくともなんともありません。少しくらいの間違いがあるくらいが、税務署には信用度が高いです。(素人が最初から完璧な帳面をつけているほうが怪しい)

会計ソフトは高いですので、最初は手書きの「簡易簿記」で青色にしても良いです。慣れたら「...続きを読む

Q大工さん・職人さんに質問

大工さんや奥様の立場からご意見頂きたく質問させて頂きます。
■夫は32歳・大工
■体勢:知り合いの工務店や友人から声をかけてもらう職人。
■ポッカリと1週間や1ケ月仕事がないことは本当に常。
■給料:給料明細は無いらしく、私はお金を渡してもらっていないので実際いくらか知りません。
でも彼自身の生活費を自分で賄えていないので多分月収10万円くらい?家の貯金はゼロです。
■仕事への想い:大工は向いていないし好きでもないと言っています。
かといって他にできることもやりたい事もなく10年近く続けてます。
■私も働いていますが夫よりさらに不安定な仕事をしています。
私はやりたい仕事をしているので、相手にだけ安定を求めて悪いのですが
逆を言えばそれが条件で結婚しました。当時の夫は今よりまともに働いていたので。

そこで質問したいのですが
(1)仕事がない期間が発生するのがこの仕事の特徴ならば
こんなに生活が苦しいのだから、派遣会社に登録しておいて仕事のない日は
バイトでもしてほしいと思うのですが、私は厳しすぎるでしょうか。
1ケ月休みでも平気で家で漫画を読んで寝ています。
(2)夫は年金も払えておらず、こんな生活では子供を生む事もできないし、将来を考えると不安です。個人事業の家は少なからずある不安かと思いますが実際の職人さんの経済的な現状・心境というのはどういうものでしょうか。
(3)給料明細って大工さんは普通はもらえないのでしょうか。
(4)大工さんが安定した所得を得るのは困難ですか?大きな工務店に就職すればいいのでしょうか。どんな仕事に就いても大人の男性として夫として責任を持って働いて生きてほしいのです。
アドバイス頂けると助かります。

大工さんや奥様の立場からご意見頂きたく質問させて頂きます。
■夫は32歳・大工
■体勢:知り合いの工務店や友人から声をかけてもらう職人。
■ポッカリと1週間や1ケ月仕事がないことは本当に常。
■給料:給料明細は無いらしく、私はお金を渡してもらっていないので実際いくらか知りません。
でも彼自身の生活費を自分で賄えていないので多分月収10万円くらい?家の貯金はゼロです。
■仕事への想い:大工は向いていないし好きでもないと言っています。
かといって他にできることもやりたい事もなく10年近く...続きを読む

Aベストアンサー

process9です。

私は大工ではありませんが、父が大工(60才)をやっているのと
大工さんや職人さんがこのようなサイトをみるのはまれだと
思うので僭越ながら、回答させていただきます。

私の父は、個人事業で元請(声を掛ける方ですね)をやっていました。
その父と声を掛ける大工さん、サラリーマンで働いてる大工さん
いろんな大工さんを幼少より見ていたものの意見として書きますね。

(1)に関しては、サラリーマン(工務店勤務)大工であれば、仕事がなくても、給料は保証されます。(まぁ、当たり前ですよね)
しかし、それ以外の大工に関しては、結局自営業ですので、
仕事がない期間が発生することはままあります。父も2年程、受注が無くて苦しんだ時期もありました。

ただ、うちの父は、この間に技術を磨いていたようです。(建築士の取得や1級技能士の資格など取得や機器の扱いを勉強しにいってましたね。)。当然、営業もやるので実際的には無収入だけど遊んでいる時間はなかったみたいです。

大工を本業とするのならば、バイトするぐらいでしたら、技術を磨くべきだと私も思います。大工は、肉体労働です。肉体が衰える頃に技術がない方は、いいように使われますね(結構そういう方を見ています。父も2週間だけ人手が欲しいときなどにそういう方に声掛けてました。)

(2)仕事が不安定な部分もあるので、節約家庭でした(^^
仕事でお金が入って来ても、来ないときの場合に備えて1年分の収入ぐらいを常に貯金するようにしてます。貯金のない若いときは母が家計を支えてたみたいです。
なので私は、高校にあがるまでは、泊まりの家族旅行・外食などはほとんど行った記憶がないですね。(でも頑張ってくれたおかげで大学まで行かせてもらいました。)

(3)大工ってサラリーマン大工以外は自営業なので基本的に
給与明細みたいのはいらないんですよ。領収書切って終りですね。
ただ、常に一緒にやって頂いてる方には、月単位で来て頂いてたので、明細を書いてました。

(4)大工で安定収入を目指すなら、工務店のサラリーマンとしてが一番ですね。技術や営業も辞さないんであれば、月単位での安定は難しいですけど年単位であれば安定するようになるでしょうね。元請になれば、高収入になる時期もあります(うちの父のMAX年収は1000万でした。死ぬ程働いてましたが。。。)

まぁ、結論的には、
工務店に勤務した方がいいのではないでしょうか。
雇ってくれる工務店が近くにないのなら、
大工は向いていないし好きでもないのなら、大工をやめて転職した方がいいのではないでしょうか。
どうせ、好きでも向いてもいないとおっしゃるのなら、ぜんぜん別の安定したお仕事についても問題ないでしょうし。
32歳ならばまだ間に合うと思います。35歳を超えると途端に会社への就職が難しくなりますし、今なら職業訓練所などでの勉強や訓練期間もとれます。

どちらにしても、将来のことについてきちんと話し合って生活設計を立てた方がいいのではないでしょうか。

process9です。

私は大工ではありませんが、父が大工(60才)をやっているのと
大工さんや職人さんがこのようなサイトをみるのはまれだと
思うので僭越ながら、回答させていただきます。

私の父は、個人事業で元請(声を掛ける方ですね)をやっていました。
その父と声を掛ける大工さん、サラリーマンで働いてる大工さん
いろんな大工さんを幼少より見ていたものの意見として書きますね。

(1)に関しては、サラリーマン(工務店勤務)大工であれば、仕事がなくても、給料は保証されます。(まぁ...続きを読む

Q大工さんの嫁になると

今、大工さんとのお見合いが持ち込まれていて迷っているのですが、
大工さんの嫁になると大工の仕事に携わらなければならないのでしょうか?
例えば営業活動や、お客様との飲み会などへの参加など。
逆に一切旦那さんの仕事に立ち入らないことは可能でしょうか?(割切る)

あと、大工さんの嫁に向き不向きの性格ってありますか?
姉御肌がいいとか、夫を立てるような三歩下がって歩くような女性とか。

今回はあくまで大工の職業をクローズアップしており、その方の性格云々は抜きでアドバイスを宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

自営業の大工の嫁です。
他の方の回答にもありましたが、大工と言っても自営か雇われかで違ってきます。
雇われでしたら会社員と同じような形になると思うので、仕事に携わることはほとんどないと思います。

旦那家族は自営業で、義父も大工です。現在は義母が経理をやっています。
結婚する前から義母が経理をやっている事は知っていたので、いずれは私も経理をやらなくてはいけない時がくる思っています。
まぁまだまだ義父も義母も元気なので先の話だとは思いますが、私は仕事に携わることは覚悟の上での結婚です。

他の方は分かりませんが、我が家では営業活動なんかはありません。旦那は義父以外の色んな大工さんの所へ仕事を手伝いに行き、人脈を増やして仕事を貰ってきてます。
飲み会は昔はよくあったようですが、今はほとんどありませんし、あったとしても旦那だけ行っていて、私は行ったことありません。
仕事仲間の方が遊びに来たりする事も今まで一度もないです。

お見合い相手の方が自営業で大工をされている方なら、一切仕事に携わらないというのは難しいと思います。
我が家のように家族経営をされていれば、嫌でも何かしら携わる時が出てくると思います。
私はたまにですが、簡単な見積書や請求書の作成を頼まれたり、旦那の代わりに道具を買いに行ったりする事もあります。

それと、仕事以外に自営業の方たちの組合のような商工会という物があり、それに入られているとそちらのお付き合いもあります。
旦那が入っている商工会では色々な行事があり、家族同伴の場合も多いので、仕事関係よりも商工会のお付き合いの方が大変です。
商工会の有無や付き合いの頻度などはお住まいの地域によって差があると思いますので、事前に少し話を聞いてみてもいいと思います。

大工さんの嫁に向き不向きはないと思いますが、自営業の場合はいつ仕事がなくなるか分からない為、安定を望む方にはちょっと辛いかもしれません。
仕事が途切れ途切れで、次の仕事も決まっていないという状況になる事もあります。
私は、その間自分が働いて、旦那に主夫してもらえるのでラッキー!位にしか思っていないので、ある意味自営業の嫁向きかもしれません^_^;
将来への不安は確かにありますが、自分が仕事をする事が苦ではないので、あまり考え過ぎないようにしています。
仕事がなくても、たとえ怪我をして仕事ができなくなっても、私が働いて支えていくから大丈夫!という覚悟は必要になると思います。

私は自分が大工の嫁なので、お勧めしないとは言いたくないですが、お見合いで迷いがあるのなら、お断りしてもいいと思います。
恋愛結婚の私でも迷いはありましたから^_^;

あ、それから自営業家族の場合、同居の可能性も高くなるので、その辺りも考えたほうがいいと思います。(私は同居になりました・・・。)

参考になりましたら幸いです。

自営業の大工の嫁です。
他の方の回答にもありましたが、大工と言っても自営か雇われかで違ってきます。
雇われでしたら会社員と同じような形になると思うので、仕事に携わることはほとんどないと思います。

旦那家族は自営業で、義父も大工です。現在は義母が経理をやっています。
結婚する前から義母が経理をやっている事は知っていたので、いずれは私も経理をやらなくてはいけない時がくる思っています。
まぁまだまだ義父も義母も元気なので先の話だとは思いますが、私は仕事に携わることは覚悟の上で...続きを読む

Q一人親方

主人が建築板金の仕事をしているのですが、今度、今の会社から仕事をもらって一人親方としてやっていくことを考えています。

そこで質問なのですが…
これはやはり個人事業の届出をして始めることになるのでしょうか?

また、個人事業主でも白色申告が可能だと聞いたのですが(経費があまりでない仕事なので、青色より白色のほうが得だと、専門知識がある友人からアドバイスをもらいました)、それは本当なのでしょうか?
そして、個人事業主が白色申告をした場合、所得税以外に納めなければならないものがあったりするのでしょうか?


まったくの素人でお恥ずかしいのですが、どこに聞いていいのかもわからず、こちらに質問させていただきました。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

税金の仕事に携わっている者です。
まず一人親方の定義ですが、「一定の会社に属しておらず常時使用人を雇用していないこと」が条件となります。
従いまして、「今の会社から仕事をもらって」のもらい方が雇用契約ではなく請負契約である必要があります。(雇用契約に基づき仕事を分けてもらう場合は会社員扱いとなります。)

次に確定申告時の白色申告についてですが、経費があまり出ない場合帳簿等の整理は付けやすいと思いますので、手間はかかりますが「青色申告特別控除」を受けられる青色申告の方が納税額を少なく抑えることが出来ます。白色申告の場合簿記の知識や帳簿の整理の手間が省けますのでそういった意味では得だと言えますが。
いずれにせよ、個人事業主であろうがなかろうが白色申告も青色申告も自由に選べることは確かです。

その他ですが請負契約に基づく「請負業」と都道府県が認定すれば、年所得のうち290万円を超える部分の5%を「個人事業税」として事業所のある都道府県へ納税する必要があります。

お役に立てれば幸いです。頑張ってくださいね。

Q平米数の求め方

タイトルの通り平米数の出し方を教えてください。

Aベストアンサー

rt02060825さん、こんにちは。

>縦が129cmで横が345cmです。
単純に縦と横をかければ平米数は出るのですか?

出ます。
面積ですから、縦×横ですね。

ただし、平米というのは、平方メートルですから、
それぞれ、センチをメートル単位に直さないといけません。

縦129センチ→1.29m
横345センチ→3.45m
なので、

面積は1.29×3.45=4.4505平方メートル=平米

ということになります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング