以前、ネットサーフィンをしていたら、
いがらしゆみこの息子さんは和田慎二が育てたようなものだと言うニュアンスのことが書いてありました。
両者とも漫画界では大御所だと思うのですが、
そのような関係にあった事を知らなかったので、
詳しく知りたいです。
ご存知の方がいらしたら、ぜひお教え下さい。

また、
和田慎二はなぜ「花とゆめ」から出たのでしょうか?
その経緯がよくわからないので
こちらもお教え下さい。
よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

>和田慎二はなぜ「花とゆめ」から出たのでしょうか?


↓私が聞いた噂話はこんな感じでした。


少女鮫の続編(?)は元々、短期連載の予定で花とゆめでスタートした。
作者は描き進めるうちに話のが膨らみ、続投したかった。
しかし、編集サイドは予定通りに連載を終了させた。
続きを描かせて貰えなかった事が原因で花とゆめを離れた。


真偽のほどは確かじゃありませんが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
私の聞いた話もその通りでした。
また、野間みゆきさんのブログにはもう少し辛らつな
意見も書いてあり、納得できるものでした。

少女鮫は本当にこれからという展開でしたので、
連載終了は今でも残念に思っています。

お礼日時:2006/08/25 10:32

和田慎二さんに関しては、「少女鮫」という連載作品でゴタゴタがあったので「リンダリンダ」で終わったようです。

あとは、版権問題で出版社と悶着があったとか。うわさでは自キャラの扱いをゆるくしようとして新谷かおるさんと独自で基準を作ったのが原因だとも。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
確かに「少女鮫」で連載が突然終わってしまったようですね。

>うわさでは自キャラの扱いをゆるくしようとして
>新谷かおるさんと独自で基準を作ったのが原因だとも。
この意味がよくわかりません。
新谷さんとは当時、版元が違うと思うので
(個人的な友人ということは知っておりますが)
独自の基準が影響すると思えないのですが。。。
この辺りをよく教えていただけますか?

お礼日時:2006/08/10 21:25

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q和田慎二の漫画が欲しいんですが…

「少女鮫」の漫画の最終巻が欲しくて、
探しているんですが、
和田慎二の漫画が見当たりません…

探し方が悪いのか…(?)

本屋さんにあります?

すいません、こんな質問で…

Aベストアンサー

「少女鮫」最終巻って10巻でしたでしょうか?
そこまでならでていると思います。
ただこのお話、途中打ち切りになりましたよね?
その経緯は詳しくないんですがその為か今、私の手元にある
「白泉社全作品リスト2000⇒2001」には
和田先生の作品がひとつも載っていません(原作になってるものはありますが)
「超少女明日香」シリーズも「ピグマリオ」も「スケバン刑事」もです。
もしかして「少女鮫」が書店で見つからないのはそのせいかもしれないですね。
古本屋さんにならあるかもしれないですね。
現在、この程度しかわかりません。

Qキャンディキャンディ(いがらしゆみこ)

上記の漫画、最終巻は何巻までなのかご存知の方、おられますでしょうか?(色んな説が飛び交っていまして困惑しています。(書き下ろしやデラックス版などがあとあとに出たからみたいですが、単純に「漫画の単行本のみの巻数が知りたいのです)

また、できたら新刊で入手したく思うのですが、hpでは古本ばかり・・・。普通に本屋さんに頼んでみても「そんな昔のは取り扱えない」と言われてしまいました(え?そんなんで本屋っていいんですか?(><))

ご存知の方で、参考資料になるようなhp@の貼付けをして下さったら大変助かります。何卒よろしくおねがいしますm(--)m

Aベストアンサー

イーエスブックスでは、#3さんのおっしゃる特装版も「絶版、重版未定」となっています。
やはり著作権問題がからんでいるのでしょうね。
現在「キャンディ・キャンディ」関連で新刊で入手可能なのは、名木田恵子さん(水木杏子さんの別名)の「小説キャンディ・キャンディ」くらいです。もちろん「絵」ははいってません。

新刊本での入手は当分のぞめないと思います。古本でも手に入るのならラッキーですから、なるべくきれいなものを探してみてはどうでしょうか。

#1さんが、いがらしゆみこさんのページを紹介してらっしゃいますので、名木田さんのページを紹介しておきます。

参考URL:http://www.k-nagi.com/

Q和田慎二さんのコミック

深海魚は眠らない という、和田慎二さんの漫画が読みたくていろいろ調べたら、超少女明日香雨の封印 というタイトルのコミックの中に収録されていることはわかったのですが、その本が絶版でなかなか手に入りません。どうすれば入手できるでしょうか。ちなみに、オークションなども検索してみましたが、ありませんでした

Aベストアンサー

No.4です。

アマゾンの携帯サイト「アマゾンTMモバイル」のURLを忘れていました。
http://amazon.jp/

<iモード・ヤフー・ディズニー> ショッピング・チケット→本・CD・ゲーム→http://amazon.jp/
<EZweb> ショッピング・オークション→総合通販→http://amazon.jp/
<ウィルコム> ショッピング→http://amazon.jp/
<iPhone> http://amazon.jp/

Qいがらしゆみこはなぜ原作者に謝罪しない?

名作キャンディキャンディが、絶版状態になって久しいですが、
いまだに「いがらしゆみこ」さんが、最高裁で敗訴したにも
かかわらず、原作者の水木さんに謝罪しないため、復刊できない
ようです。
復刊・アニメ再放送を待つ全国のキャンディファンのためにも
過去の過ちを認め、謝罪するべきだと思うのですが、なぜ謝罪
しないのでしょうか?

Aベストアンサー

>なぜ謝罪しないのでしょうか?

本人の心情は誰にもわからないので、
あくまでも想像になりますが、

仲良く共同著作としていたところを
私物化したあたりから、
性格がかわった、金の亡者になった
としか思えないような気もします。

非常に残念なことです。

Q和田慎二氏のあなたの好きな作品はなんですか?

漫画家の和田慎二氏が7月5日にご逝去されたようです。
謹んでご冥福をお祈り申し上げます。
大変好きな作家ですし、未完の作品もあるので大変残念です。

ところで、和田慎二氏のあなたの好きな作品はなんですか?
多すぎるのも集計に困るので、一人3作品位に限定してもらえるとありがたいです。

私の場合は
「わが友フランケンシュタイン」
ものいえぬ優しいフランケンシュタインのサイラスの話
小リスが彼の頭の上で木の実を食べるシーンが特に好きでした。

「超少女明日香」
ダムに沈んだ砂神村の生き残りの少女明日香の復讐から始まる物語
和也を目の前にして、顔を赤くして緊張するのがかわいらしかったです。

「忍者飛翔」
幼馴染の真琴を守る為、正体を隠して奉仕する忍者の話
未完作品の一つです。スズメバチとの決着を見たかったんですけど...

※カテゴリはアンケートにするか迷いましたがコミックにしました。

Aベストアンサー

・ピグマリオ
・スケバン刑事
・超少女明日香

ひねりの無い選択で申し訳ないですが、この三作です。

特にピグマリオは、オリジナルファンタジーということで逆風の中からスタートし、それでも最後まで力強く、迫力を持って完結した傑作だと思っています。

氏のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

Qいがらしゆみこ ジョージィ! 漫画を探してます

新品がほしいですが、
全巻をあつめるのはむずかしいです。
Gooのみなさんに助けをもとめます。
よろしくお願いします

Aベストアンサー

1番古いのがフラワーコミックス版
次が中央公論社の中央文庫版
最新版が廉価版コミックスになるようですが、1巻のみ。
2巻は、絶版。3・4巻は在庫状況が品切れの場合ありというお取り寄せ状態になっています。

古い作品ですし文庫化されたのも10年前ですので絶版になっています。全巻集めるのでしたら古本しかないでしょう。
絶版になってしまうと、よほど注文が集まらない限り再版はありえませんので、復刊ドットコムで呼びかけるなどするしかないと思います。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-form/249-0167468-0014712

Q故和田慎二先生の傀儡師リンのラスト

ミステリーボニータ8月号の発売と時を同じくして、和田慎二先生はお亡くなりになりました。

そのミステリーボニータ8月号に掲載された「傀儡師リン」は、遂に10体の木偶が揃い、次回から最終章に突入するとなってました。
この作品では10体の木偶が揃った時に恐ろしいことが起こる。となっていました。

「おまえたちは忘れている。ついに10体の木偶がそろってしまったことを。おまえたちは何が起きるかを、恐れるべきだった。だが、もう遅い。呪うがいい。鹿嶋の木偶10体、残らず集めてしまったことを・・・以下、次号より最終部!」

なのに、これで最後になってしまったなんて。

一体どんな恐ろしいことが起こるのか。それは永遠の謎になってしまいました。

それでも、皆様だったらどんな展開を想像しますでしょうか。
皆様の考える展開を、教えて頂いたら幸いです。

私などは、揃ったことで何かの封印が解けてしまう。
それを再び封印するか、倒すには10体の木偶総てが破壊されるほどの何かが必要になるか、あるいは主の命が必要になるとか。
更に、和田キャラ最大の悪役「信楽老」が登場するとか。

私の頭ではこの程度が限界。面白くなりそうもないな。

皆様の回答をお待ちしております。

ミステリーボニータ8月号の発売と時を同じくして、和田慎二先生はお亡くなりになりました。

そのミステリーボニータ8月号に掲載された「傀儡師リン」は、遂に10体の木偶が揃い、次回から最終章に突入するとなってました。
この作品では10体の木偶が揃った時に恐ろしいことが起こる。となっていました。

「おまえたちは忘れている。ついに10体の木偶がそろってしまったことを。おまえたちは何が起きるかを、恐れるべきだった。だが、もう遅い。呪うがいい。鹿嶋の木偶10体、残らず集めてしまったことを...続きを読む

Aベストアンサー

あるいはすでにご覧になったかもしれませんが・・・・

昨日(9/16)発売の「傀儡師リン」最終巻の巻末で、編集部が、この作品の設定やこのあとの展開の素案について触れています。ごく短いものですが、用意されていた伏線の解釈につながる部分もあり、未読なら、購入をお勧めします。

Qいがらしゆみこ作品

キャンディキャンディを読んで、
はまってしまい、
他の作品も読もうと思っています。
ジョージィを読みましたが、
やはり、キャンディキャンディのほうが面白いですね。

そこで、いがらしゆみこさんの作品は
オークションでしかなかなか手に入らないのですが、
まったく内容を知らないので、購入するのを
躊躇しています。

「エイミエンジェル」や「パロスの剣」、
その他は面白かったですか?
みなさんの評価がよければ買おうと思っています。

Aベストアンサー

メイミーエンジェルはおもしろかったですけれど、他のいがらし作品はキャンディキャンディとは作風が全然ちがいます。

もともと、いがらし先生のキャラはちょっと色っぽいカンジなんです。
キャンディキャンディは水木杏子先生の原作だったのであの雰囲気になったのは間違いありません。
わたしはレディ・ジョージィ以降は読んでいませんが、それ以前の作品は全て読んでいると思います。

Q新谷かおる「シリーズ1/1000sec」

内の「赤い氷河」という話なのですが、
主人公の友人"モリ"はどのようにして氷河内に入り込んだのでしょうか?

また、爆破する以外に助け出す方法はなかったのかな、
とも考えてしまいます(^^;)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

普通に考えれば、氷河のクレバスに落ちたのでしょう。

その気になればハンマードリルで何か月もかけて掘り出すという
手もあるのでしょうが、作者はそのような知識はなかったのだと思います。(笑)

Q浜 慎二のホラー作品。

 子供の頃、ご近所の人から頂いた単行本を何冊か読んだだけで
詳しいコトを知りません。
 子供ながらに、「恐わ~~・・・」と思ったものでした。
憶えてるタイトルと言えば「夜学校で幽霊が」と「百年少女」だけです。
 浜 慎二さんについての情報(主に執筆していた出版社や雑誌・作品タイトル・
私のお勧めなど)なんでも良いので提供お願いします。 

Aベストアンサー

「人間怪獣トラコドン」が、依然読んだ作品です。日野日出志さんなどは、結構影響受けていると思うタッチです。どちらかというとマイナー誌で活躍された方なので、私もこれくらいしか思い出せません。すみません。


人気Q&Aランキング