北穂高岳の西面に滝谷というロッククライミングの岸壁がありますが、そこを登攀している様を、北穂高岳の頂上付近から見ることができるのでしょうか?

そこから見えないとしたらどの辺から見えるのでしょうか?

そこをロッククライミングしている写真をよく見かけますが、どうやって撮影するのでしょうか?
(一緒に登るのか、遠くから離れて撮るのかなど)

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

ルート ガイド」に関するQ&A: ルートガイド

A 回答 (1件)

滝谷にもルートがたくさんありまして。

上から見えとしても、見えるのは一部のルートの終了間際のみでしょう。
クライミングの写真は、大抵は一緒に登るか、あるいは近辺の岩場から撮ります。機材を持ち上げて体をロープで確保するなど、撮る方も技術体力がいる訳です。 更に詳細を知りたければ、北穂小屋か穂高のガイドにメールすれば答えてもらえるかもしれません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q彦根の「花しょうぶ通り」の由来

こんばんは。

彦根市にある「花しょうぶ通り」の由来についてです。

なぜ「花しょうぶ通り」と言われるようになったのでしょうか?

先日行ってきたのですが、
特に「はなしょうぶ」の花が咲いているような気配も
ありませんでしたが・・・

ご存知の方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はなしょうぶが彦根市の花となっていることから
商店街の名前に採用されました

http://www.city.hikone.shiga.jp/somubu/somu/hikone.html

http://www.hikone-kiina.jp/member/hanashobu/

Qロッククライミング

ロッククライミングをやってみたいので、色々な友達に声をかけてみたのですが誰ものってこない。1人でも出来るんですか?スクール等もあったら教えて下さい。ちなみに住まいは大阪です。

Aベストアンサー

ロッククライミングには、前進する手段として用具を使用するエイドクライミングと、用具を使用しない(安全のためのロープ、ハーネス等は使います)フリークライミングとがあります。
またよりシンプルな形で、3~5m程度の大岩を登るボルダリングもあります。

フリークライミングもロッククライミングの1ジャンルで、本来は自然の岩を登るものですが、現在は手軽な手段として人工の壁を使ったジム等があり、まずはそう言ったジムから始めるのがとっかかり易いでしょう。
スクール等も実施されています。

大阪にもいくつかのジムがあります。下記URLを参照してください。

参考URL:http://www17.big.or.jp/~yuuko/climbing/gym/gym6.html

Qこの花しょうぶの名前を教えてください

庭に咲いた花しょうぶですがタグには花しょうぶとしか書いてありませんでした。ネットで探してみたのですが品種が多すぎて悩んでしまいました。難しいとは思いますがもし知っておられる方がいらっしゃいましたら教えてください。画像はやや青でしがもう少し紫がかっています。高さは約1mくらいです。1本から2つの蕾がでています。

Aベストアンサー

写真のものはハナショウブです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%8A%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%82%A6%E3%83%96
品種が千種類以上あることはあることは知っていましたが、五千もあるそうですから
簡単にはこの品種だと特定できないと思います。

改良されたハナショウブは江戸系、伊勢系、肥後系の三大系統と他に長井系がありますし、
さらに今でも新品種が出てきています。
http://www.geocities.jp/toyohisa_yamada/sub42-comment-hanasyobu.htm
http://www.hanashoubu.or.jp/ss_iris_hinshu.htm
三大系統のどれかを決めることはできるかもしれませんが・・・
札落ち・・品種が分からなくなった場合には、無理に品種を言わなくてもいいと思います。

参考にアメリカアイリス協会HP:http://www.irises.org/
ハナショウブだけでなくジャーマンアイリスや球根アイリスなどアヤメ科全体です。
http://wiki.irises.org/bin/view
最近のハナショウブの品種一覧:http://wiki.irises.org/bin/view/Ji/WebHome

ハナショウブ協会:http://www.socji.org/
その中で代表的な品種:http://www.socji.org/sji_photogallery0-f.html
http://www.socji.org/sji_photogalleryg-m.html
http://www.socji.org/sji_photogalleryn-z.html
アメリカの品種なので華やかなものが多いです。

種苗業者のカタログから
http://www.mtpleasantiris.com/ensata1.html

ついでにある業者のジャーマンアイリスなどのカタログ
http://www.irisgardennz.co.nz/New_releases.html

写真のものはハナショウブです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%8A%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%82%A6%E3%83%96
品種が千種類以上あることはあることは知っていましたが、五千もあるそうですから
簡単にはこの品種だと特定できないと思います。

改良されたハナショウブは江戸系、伊勢系、肥後系の三大系統と他に長井系がありますし、
さらに今でも新品種が出てきています。
http://www.geocities.jp/toyohisa_yamada/sub42-comment-hanasyobu.htm
http://www.hanashoubu.or.jp/ss_iris_hinshu.htm
三大...続きを読む

Qロッククライミングの疑問

ロッククライミングの疑問いろいろ教えて欲しいです。

(1)落ちたら即死ですよね?クライマー何人に1人くらい落ちてますか?日本でロッククライミングで転落死なんて事故はあまり聞かない気がするのですが。。

(2)途中で何か杭のようなものを岩に打ち込んで命綱を固定してるんですか?

(3)途中でウンコしたくなったらどうするんですか?

(4)途中で具合が悪くなったら下まで一気に降りる方法とかあるんですか?ない場合、どうするんですか?

(5)登る前に保険とか入るんですか?

(6)クライミング中に一番危険なときはどんなときですか?


以上、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

クライミングには登山の手段(スタイル)であるアルパインとクライミングそのものを目的とするスポーツクライミングがあります。
また、前進の手段として人工手段を使用するエイドクライミングと使用しないフリークライミングがあります。

私はアルパインは登山をしていた頃にちょっと囓っただけで、フリー(スポーツ)クライミングを主としています。

(1)必ずしも即死ではありません。特にフリー(スポーツ)クライミングの場合は高難度にトライするため墜落を前提としてプロテクションが設定されています。絶対に安全というわけではありませんが、みんな何回も落ちています。
山のルートでは落ちた場合危険な箇所はあり得ます。

(2)フリークライミングのルートは、事前に電動ドリルで岩に穴を開けてプロテクションを設置しているものもあります。
クラック(岩の割れ目)にハーケンと呼ばれる杭を登りながら打ち込む、カム効果で止まるプロテクションを使う場合もあります。
命綱は下で確保者が確保し、中間はカラビナという開閉できる輪を通して行きます。厳密には固定されていません。

(3)フリークライミングのルートなら20m程度ですからトライ時間も数分~小一時間です。どうしようもなければ降りればすみます。
山のロングルートで崖の中で宿泊するような場合は途中で処理します。

(4)ショートルートならロープ1本(50m)の半分以下の長さですから、ロワーダウンすれば問題有りません。
マルチピッチのロングルートでは大変でしょうね。ケースバイケースなので説明は省きます。(実際やったことはないのであまり詳しくないこともありますが)

(5)入った方が良いでしょう。ただし任意ですから入っていない人もいるでしょう。普通の保険だと免責事項ですね。

(6)もちろん墜落するときです。いくら安全を考慮していても100%ではないので。
落ちやすいと言うことでは、カラビナにロープを通すとき、難しい部分をこなすとき、プロテクションとプロテクションの間隔が空いているとき等でしょうか?

フリーに偏っているので参考意見としてください。

クライミングには登山の手段(スタイル)であるアルパインとクライミングそのものを目的とするスポーツクライミングがあります。
また、前進の手段として人工手段を使用するエイドクライミングと使用しないフリークライミングがあります。

私はアルパインは登山をしていた頃にちょっと囓っただけで、フリー(スポーツ)クライミングを主としています。

(1)必ずしも即死ではありません。特にフリー(スポーツ)クライミングの場合は高難度にトライするため墜落を前提としてプロテクションが設定されています...続きを読む

Q鈴鹿 滝谷山への登山口を知りたい

鈴鹿の滝谷山へ御池林道を通ってから上りたい。
登山口がどこにあるのかがよく分からないので詳しく教えてほしい。
(ミノガ峠がどこを指すのかも分かりません)
「京阪神から行ける滋賀の山」を読んで出かけましたが、分かりませんでした。

Aベストアンサー

「京阪神から行ける滋賀の山」を持っていませんし、現地へ行ったこともありませんが、『地図で歩く鈴鹿の山ハイキング100選』(中日新聞社)によると、ミノガ峠は、「林道が枝別れする広々とした」場所のようです。概念図を見ると、霜ヶ原方面から来て右手方向に2本の林道が枝分かれしています。
登山道は2本描かれていますが、近い方は向かって右側の林道からで、その林道を少し入り、「崖状の山肌が途切れて、溝の付いた切り開きが現れた所で山道へ入る」そうです。

Qロッククライミング教室について!

ロッククライミングをしたいと思いまして、といいましても全然分からないんですが、ラウンドワンとかにあるプラスチックの登るスポーツがありますよねー。あれはロッククライミングですか・・・ちょっと分からないんですが、とにかくやりたいと思いまして。すこし質問します。
1、大阪でそんな教室あるでしょうか?
2、値段とかはいくらくらいしますか?
3、楽しいですか?
4、ネットで教室を探す場合なんていう名前で探せばいいですか?
お願いします。

Aベストアンサー

ロッククライミングと言った場合は、岩を登る行為全般を含みます。
最近(と言っても10年以上前からですが)、FRPの人工壁などでも行われるようになったのは
フリークライミング(もしくはスポーツクライミングとも言う)ですね。

当然本来は自然の岩場で登るものですが、諸般の事情により、人工壁を登る行為も範疇に含まれています。

1.大阪は結構クライミングジムが多いところです。下記URLを参考にどうぞ

2.ジム使用料は1回2,000円程度が多いですね。スクール代はそれぞれです。68,000円/3ヶ月なんて言うのもありました。
ジムで1回限りだと5,000円くらいでしょうか。

3.人によりますが、私は楽しいです。

4.(フリー)クライミングスクール、もしくは(フリー)クライミング講習、でしょうか

参考URL:http://kfn.ksp.or.jp/~yuuko/climbing/gym/gym6.html

Q北穂高岳、滝谷のロッククライミング撮影について

北穂高岳の西面に滝谷というロッククライミングの岸壁がありますが、そこを登攀している様を、北穂高岳の頂上付近から見ることができるのでしょうか?

そこから見えないとしたらどの辺から見えるのでしょうか?

そこをロッククライミングしている写真をよく見かけますが、どうやって撮影するのでしょうか?
(一緒に登るのか、遠くから離れて撮るのかなど)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

滝谷にもルートがたくさんありまして。上から見えとしても、見えるのは一部のルートの終了間際のみでしょう。
クライミングの写真は、大抵は一緒に登るか、あるいは近辺の岩場から撮ります。機材を持ち上げて体をロープで確保するなど、撮る方も技術体力がいる訳です。 更に詳細を知りたければ、北穂小屋か穂高のガイドにメールすれば答えてもらえるかもしれません。

Qスポーツしてて困ることありませんか? またスポーツしててこういうものがあれば便利だと思うものあったら

スポーツしてて困ることありませんか?
またスポーツしててこういうものがあれば便利だと思うものあったら教えて欲しいです

Aベストアンサー

スポーツはやっていて楽しいです。

ただ、ついついやりすぎてしまうのです。

やり過ぎてしまうということはケガに繋がります。

そこで、肉体疲労度検査装置があれば便利だな、と思います。

肉体の疲労度が簡易に測定できて目に見える形になっていれば、ケガ予防として、ストップがかけられますから。

選手と言われる人達の「疲労骨折」なども防げると思うのですが。

Q伊丹空港から新大阪経由で滝谷駅(南海高野線)へ行く場合の手段について

土曜日の夕方に伊丹空港から新大阪駅を経由して、南海高野線の滝谷駅まで移動する手段についてのご質問です。

 ①大阪モノレール+地下鉄御堂筋線+南海高野線と②新大阪行きリムジンバス+地下鉄御堂筋線+南海高野線では、どちらの方がスムーズと考えられますでしょうか?

 年配者がおり階段の上り下りの問題もあるので、本数等の他に千里中央駅と新大阪駅での乗り換え時の移動も気になります。

 もし上記①、②の手段以外にも良い方法があれば、ご紹介頂けると幸いです。何卒よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

新大阪を経由しなければならない理由があるのであれば、②の方が楽かなと思います。
時間が合えばですが、阪急バスの160系統であれば,直接新大阪駅に伊丹空港から路線バス1本で行けます(運賃は大人1人280円)。
ただし、1時間1本ペースの運行なので時間が合うかどうかが微妙です。

①もありですが、モノレールと北急(地下鉄)の千里中央駅の距離が結構離れていることがネックになるかなと。

新大阪に向かう変則ルートとしては、蛍池駅経由で十三駅に向かい、十三駅で降車後、大阪市バス39系統で新大阪駅に向かうということもできなくはありません。
ですが、市バスの39系統も運行本数が1時間1本なのでダイヤの調整が難しいかも。

新大阪に立ち寄る理由が特にないのであれば、伊丹空港からリムジンバスで直接難波駅に出て高野線に乗車することをおすすめします。
それが、最も体力的な負担は少なくて済みます。

路線バスを使おうかという場合は、公式HPの時刻表を念入りに確認しておいてください。

Qロッククライミングを始めたい

40代の♀です。
スポーツ万能なわけでもなんでもなく、ハイキング等が好きなだけなのですが、山歩きだけをしているだけより、ロッククライミングもできたら、もっと楽しいのでは、と思うようになりました。

そこで、この歳からの、ロッククライミングの始め方を、どなたか、教えていただけないでしょうか。結構真剣です。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

お近くにインドアのクライミングウォールなどがあれば、そこの門を叩くのが一番早いでしょうね。

そうすれば道具などもレンタルできるでしょうし、知り合いが出来れば一緒に山に行くこともあるでしょうから。

クライミング用品を置いているショップで相談するのも良いでしょうね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報