いまとっている新聞の勧誘のひどさにあきれ、他社に変更しようと思っています。産経新聞をと考えているんですが契約時に洗剤などのサービスはあるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

先月から、購読開始しました。


インターネットで、産経新聞社に、購読を申し込むと、
「スヌーピーのトートバッグ」のプレゼントですが
これはいらないので、直接最寄の販売店に申し込みました。
販売店所在地は、産経新聞社にEメールで問い合わせしたところ
すぐにメールにて返事有り(対応良・当然かな?)

販売店にTEL(インターネット無縁の販売店でしたので・・・)して、
状況説明(バッグではなく、別の物が欲しい~・・・・・)をしたところ、
タオルや、洗剤を差し上げているとの反応有り。(シメシメ・・・)

数日後、販売店より訪問があり、洗剤を3個ばかり持ってきたので、
「3ヶ月でいいのかな?」と、からかいながらも、6ヶ月契約をしました。
当然、再契約時には、又頂きます!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすく且つご丁寧な回答ありがとうございます。参考になりました。

お礼日時:2002/03/13 13:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q本日の産経新聞朝刊・産経抄

本日の産経新聞朝刊・産経抄の、
「先週末のある新聞夕刊『リーダーな女たち』に登場していた女流漫画家」
というのは誰なのでしょうか?

「リーダーな女たち」は毎日新聞の記事だと思うのですが、
ネットで検索しても誰なのかは分かりませんでした…。
分からないとよけい気になる~!
どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら、教えて頂けないでしょうか。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

石坂 啓さんじゃないですか。

参考URL:http://www.mainichi.co.jp/women/action/leader/2003/0428.html

Q産経新聞は朝日新聞や読売新聞より折り込み広告が少ないですか?

長年 朝日新聞をとっていましたが、新聞の論調に疑問を感じることが増えてきました。
記事もそうですが、
特に、投書欄 かつては、「そうだよ」「それそれ」と思うような投稿が多かったと感じています。

企業内労働組合(ユニオンショップ制)の専従役員を2年間経験したこともあります。
赤旗振って団結! その後は昇進し管理職としての道を歩みました。
時々でいろいろなことがありましたが約40年一つの会社に育ててもらったと感じています。
バブル期に本業以外のスケベ根性を出さなかったので(と言うより、悪く言えば、硬直した組織のおかげで、意思決定ができなかった。)企業体力を減らさずに済んだのだと思います。
 
最近の投書欄は「そんなの無理だろ」「そんなこと言ったら経済がつぶれる。」
「馬鹿なこと言うなよ」「あなたの頭の中はお花畑か?」と感じるものが多いような気がしてきました。

★投書欄は記者が書いた記事ではなく読者が書いたもので、これだけで新聞の論調の判断には適切ではないでしょうが、『投書を書くと言う行動をに起こす読者層』のプロフィールが現れていると思います。
また、採否に記者側の意図を感じることがあります。
 
日経新聞も朝刊のみずっととっています。(当地ではこれは朝日と読売の販売店が取り扱い。)
月に8000円以上かかる新聞代もバカにならないので、定年リタイアを機に日経新聞をやめようと思います。(電子版はお試しもしてみましたが読んだ気がしません。)
出張などに行ったとき、読売、産経、毎日新聞を読んでみますが、産経新聞の論調に 
うん そうだ と思うことが増えたように感じます。(若いときはそう感じなかった。)

夕刊はもともとほとんど読まない(読むような記事もない。)ので、産経には夕刊がないのも良いと感じています。

産経新聞だけ購読するようにした場合、折り込み広告が少ないのでは? と言う心配をしています。
家族は、新聞の中身より、折込広告を重要視しています。(日経新聞だけの購読だと広告が少なくなるらしい。)

質問

1.加齢と共に新聞の好みが変わるのですか?
  それともこの40年ほどの間に、新聞の論調が変わっているのですか。

2.産経新聞の折込広告は、朝日新聞や読売新聞のそれに比べて少ないですか?
  (毎日新聞は考えていません。)

長年 朝日新聞をとっていましたが、新聞の論調に疑問を感じることが増えてきました。
記事もそうですが、
特に、投書欄 かつては、「そうだよ」「それそれ」と思うような投稿が多かったと感じています。

企業内労働組合(ユニオンショップ制)の専従役員を2年間経験したこともあります。
赤旗振って団結! その後は昇進し管理職としての道を歩みました。
時々でいろいろなことがありましたが約40年一つの会社に育ててもらったと感じています。
バブル期に本業以外のスケベ根性を出さなかったので(と...続きを読む

Aベストアンサー

先に、2についてですが、
産経新聞が強い地域(といっても、ほとんどありませんが)、や産経販売店が多い地域は概ね他紙と同等かそれ以上に折り込まれます。
小生の不動産時代の広告作成の経験ですが、企業が折り込み広告を広告会社と検討するさい、提示された新聞販売店の部数および取り扱い新聞種類の一覧表を見ながら決定していきます。
この場合、新聞種類はあまり関係なく「この販売店の地域は厚めに、ここは配布少なめ」というように決めていました。
つまり、売りたい物(物件)に応じて販売店単位で配布量を調節する事にはかなり注意を払いましたが、種類についてはあまり留意していませんでしたね。
ただ、私としては読売新聞だけは、読売新聞一紙だけしか取らない家庭が多いので優先させましたが、同業他社の考えでは読売の購読者層は購買能力が低い、と独自の考えで敬遠していたケースもありました。
まあ、折り込み広告を行なう地域企業というものはこんなものでしょうが、全国的に折り込みをやる企業(たとえば、ジャパネットたかたのような)は、大新聞は敬遠して県紙を優先させるようです。
ですので、この質問はなかなか一概には言えないですね。
ただ、折込は紙面広告と違い新聞社はタッチしておらず、販売店の収益ですので、長く懇意にしている販売店に依頼して折込数をMAXにしてもらう事が可能な販売店サービスをしてもらえる事があるようです。
その逆に折り込みゼロ依頼は聞き入れてもらえない、と知人が言っていました。

1、の質問ですが、
>加齢と共に新聞の好みが変わるのですか?
>40年ほどの間に、新聞の論調が変わっているのですか。

小生の場合で恐縮ですが、祖父の代(戦前)から朝日一筋で購読しておりましたが、慰安婦問題での言論機関にあるまじき不潔な対応を機会にやめてしまいました。
やめたのは慰安婦問題がきっかけでしたが、ここ十年というもの地域欄や書評欄以外ほとんど読んでもいませんでした。
若い頃はそれは熱心に読んでいましたが、社会を経験し若干ながら体感として世の中が理解出来るようになると、朝日を読むのがつらくなってきましたね。
なんだか「浮世離れ」しているような感じがするんです。
それと朝日の文章がいやになりました。
会社でビジネス文書や法律に関する文章に接したり作成したりする機会が多くなると同時に、朝日の社説などに頻繁に現れる「ひん曲がった解釈」、そこに導くための過程に必ず挿入される情緒性、こういうものに真実性を感じられなくなりました。
およそ新聞というものは誤報をするもので、朝日の救われない欠点は誤報にあるのではなく、読者を「こういうふうに導こう」というような教条性にあると思います。
それは記者諸君やデスクのエリート意識もあいまっての事でしょうが、読者教育のためには白いモノを黒い、と強弁して憚らない。
朝日は文章の力を用い事実をねじ伏せようと必死になるのですが、そうすればするほど文章(あるいは言論)本来の役割や意味、価値を低下させる非常に悪質な行為だと思います。文章への冒涜だ、とすら思います。
一方、産経新聞は朝日のようないやらしさは皆無で、ほとんどの記事が直球勝負です。そこには「読むこと」そのものの満足感が得られない、といううらみがあります。ですが、読売に比べ書きづらい事も本当に良く書くようになりました。

こういうふうに小生が考え至ったのはやはり年と共に多くの文章を読み、引き比べ、文章の意図を意識して読むようになったせいでもあると思います。
それは文章をより深く読む、あらゆる人生経験をもって読む事が(いまだ拙くも)少しは出来るようになった、という意味で「加齢のせい」とも言えましょうが、「このみ」ではなく、練達の問題だと思うのです。
また、質問者様のなかで、「自分の頭で考えたい」という欲求も強くなって来たんじゃないかと思います。
そうであれば、新聞は直球勝負の産経で十分だし、むしろ産経のほうが有利と思います。どうせ新聞は間違えるものだし、それを修正する手段(たとえばネット)を我々は既に持っています。
情報はできるだけ赤裸々で多いほうがよく、オピニオンは偏らず参考にして咀嚼して読む。最後は自分の頭で考える事ですよね。
もう朝日は必要ありません。

先に、2についてですが、
産経新聞が強い地域(といっても、ほとんどありませんが)、や産経販売店が多い地域は概ね他紙と同等かそれ以上に折り込まれます。
小生の不動産時代の広告作成の経験ですが、企業が折り込み広告を広告会社と検討するさい、提示された新聞販売店の部数および取り扱い新聞種類の一覧表を見ながら決定していきます。
この場合、新聞種類はあまり関係なく「この販売店の地域は厚めに、ここは配布少なめ」というように決めていました。
つまり、売りたい物(物件)に応じて販売店単位で配布...続きを読む

Q産経新聞以外のまともな新聞

http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/587.html
母はネットをやらないのでテレビと新聞だけが情報源なので本当は産経新聞を取りたいのですが、図々しい朝鮮顔の父方の伯父が来てたま新聞を持って行くのですが、伯父には産経新聞は読ませたくありません。
上のページを参考に産経新聞以外でまともな新聞を購読したいのですが、どの新聞が一番まともでしょうか?

Aベストアンサー

産経は右ですね、だったら読売でしょうか。
ただ、産経が好きならば継続して、伯父さんに持っていかれないような算段をした方がいいと思います。

Q産経新聞と毎日新聞

産経新聞を販売している販売店では毎日新聞も販売しているんでしょうか?
産経新聞の販売店に電話したら「毎日新聞です」と言っていたのですが…。

Aベストアンサー

併売といって、
うちの近所では、つぶれた朝日の販売店から
読売系の販売店が、販売権購入して、
今は同じ配達人が、読売朝日一緒に配っているから、
そういうところも、あるんでしょう。
こちらでは、毎日は北海道新聞が併売、
産経は帯封で翌日郵送です。

Q読売新聞解約して産経新聞にしたいのですが…

今年の7月から来年の12月まで読売新聞の契約をしてしまいましたが、読売を解約して産経新聞にしようと思いますが、読売の解約は無理でしょうか?

Aベストアンサー

>景品を全部返して解約を申し出ればいいんでしょうか?
それで良いと思います。
契約を交わした責任というのもありますが、貰ったモノを全部返せば解約の交渉もうまく行くのではないかと。
只、一度交わした契約を解約するのですから、「申し訳ない」と一言加えてあげて下さい。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報