人気雑誌が読み放題♪

今日で3回目です

何もせずそのままもらう?
最寄の新聞販売店に連絡する?
マンションで両隣さんはどんな人がいるのかわからない場合でも
いちおう両隣さんに聞く?

どうされますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

契約していないのに届いているということですか。


それなら新聞屋さんに連絡した方がいいと思います。
新聞屋さんが気付かないという事は家を間違えているのではなく、配達の人があなたの家を契約している家だと思い込んでいるという事だと思います。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました

お礼日時:2008/10/05 05:25

家は新聞は取ってないので新聞がたま~に入ると営業だと思ってほっておきます。

続けざまに入ると販売店に連絡します。ひと月に1回くらいあります。
家は新聞を読みません→情報はインターネットとTV。新聞も広告も読む時間がなくごみになるのでいらないのです。営業で入れてくるときであまりしつこくはいるときには「あなたが代わりにごみを出してくれるんですか?1か月ずっと新聞がたまって困るんですけど」と苦情を言う形になります。中には「私が毎日回収にきます(読売)」と言った人もいますがお断り申し上げました。最近は日経が入ります。
月に一度電話して教えてあげても向こうが営業のことが多いとわかったので電話代分損するのでたまのことならそのまま受け取りてんぷら油を吸わせて捨てるか、集団回収にしょんぼり(だって1つしかないんだもん束ねられないし・・)出します。
    • good
    • 0

 月がかわってから配達されるようになったのですか。

新契約の場合は通常、契約月の1・2日前から配達されます。今日で3日目なら、そのケースかもしれません。
 「契約していない」旨をポストに張り紙するのもいいと思います。だまっていると月末あたりに集金に来られるかもしれません。契約していないものを勝手に配達された場合、法的には支払義務はないかもしれません。しかしそれでは配達員にも失礼でしょうし、無用なトラブルを避けるためにも、新聞が不要ならば早く断ってください。
    • good
    • 2

大家してます



1.大家・管理会社に相談すれば簡単ですが電話料金が必要ですね

2.ポストに入れたまま付箋を見えるように付ける「うちでは申し込んでいません」
    • good
    • 0

我が家にも契約していない新聞が配達されていた時期がありました。

何かの間違いだと思って、新聞販売店に電話したら「キャンペーン中なのでもらってください」と言われました。販売促進のために配っていたようで、説明が何もなかったからびっくりしました。
後で近所の人に話を聞くと、しばらくの間、勝手に新聞を置いていってから『契約しませんか?』と勧誘員がやってくるそうです。
新聞は無料でもらえたし、それ以上はうるさく言われませんでした。

ただ単なる誤配の可能性もあるので、新聞販売店に電話すれば事情がわかるでしょう。悩む必要がなくなって、気持ちが楽になれますよ。
    • good
    • 0

こんにちは。


私も同じ経験があります。
私は、新聞販売所に連絡しました。
早朝から頑張っている新聞配達員の方への助けにもなります。
もしかしたら、試読用で入れてくれているのかもしれません。
ただ、(間違って入っていた)新聞はそのまま読ませていただきます。
隣人に聞いても、直接的な解決策にはならないような気がします。
    • good
    • 0

質問内容とは異なりますが、マンションに入居されたのであれば、


両隣及び上下階の住人には挨拶に行かれたほうがいいですよ。
共同生活ですので、顔も知らない人だといろいろ問題が(騒音等)
起こった場合こまりますね。
そこで新聞が誤配(頼んでいないのに配達されている)されている
のは、
1.配達者が、誤って配達している。
2.新規の入居者に故意に配達し、何らかの連絡を待って、新規購入
  させたい。
のどちらかです。新聞配達所がわからなければ、ご近所に聞くしか
ないでしょう。(或いは、新聞社に問い合わせる(地区の販売所))
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q契約をしていないのに新聞が配達されます

新聞の契約について質問です。
2~3日前から、契約もしていないのに、新聞がポストに入っています。
勧誘の人間とは一切話をしていません。
というか、勧誘にあったこともありません。
最初は、無視をしていたのですが、今朝ポストを覗いたところ、
「○○様。いつ集金に伺ったらいいか連絡をください」
と紙が入っていました。
電話番号が記されていたため、そこに電話をすると、じーさんが出て、
自分は集金の者だから、契約云々は、直接配達所に言ってくれとの
ことで、配達所に電話をして、「契約は一切していないので、もう新聞
を持ってくるのはやめてほしい」と伝えました。
配達所の人間は、「配達を止めればいいのですね?」というようなことを言っていましたが、処置としてはこれだけで問題ないのでしょうか?
○○様と私の名前を知っていましたが、ポストには名前を出していないの
で、気持ち悪くて仕方がありません。
どこで名前まで調べたのか問い詰めたいところですが、色々と怖い話を
聞くので、下手に逆なでするのも怖いような気がします。
契約もしていないし、勧誘の人間とも話をしていないのに、いきなり新聞が配達されるということはありえるのでしょうか?

新聞の契約について質問です。
2~3日前から、契約もしていないのに、新聞がポストに入っています。
勧誘の人間とは一切話をしていません。
というか、勧誘にあったこともありません。
最初は、無視をしていたのですが、今朝ポストを覗いたところ、
「○○様。いつ集金に伺ったらいいか連絡をください」
と紙が入っていました。
電話番号が記されていたため、そこに電話をすると、じーさんが出て、
自分は集金の者だから、契約云々は、直接配達所に言ってくれとの
ことで、配達所に電話をして、「契約は一...続きを読む

Aベストアンサー

これらの手法は新聞勧誘員がよく使う手法です。この場合は明らかに支払い義務は発生しません。
販売店とあなたとの購読契約書がない限り成立していない話です。
これは民法でも規定されていることです。
今回の勧誘員が悪質かどうかはわかりませんが万が一のために投函されていた新聞は読むことなく保管して販売所に戻すのも良いかも知れません。
今回は実際に勧誘をされずに新聞のみが投函されていますので悪質な
勧誘員ではなく勧誘員の手法の一つと考えればよいのでは?
販売所にも電話をしてあるわけですし今後同じことが繰り返されるよであれば地元の消費者生活センターに相談すれば大丈夫です。
名前をどうして知られたかについてご心配のようですが、これは残念ながら防ぎようがないのが実情ではないでしょうか。

Q契約していないのに新聞が届きました

今朝、契約してもいないのにY新聞が入っていました。
サービスセンターというところに電話すると、10月から入れるように5月くらいに契約したことになっていると言われ、確認しますといって切られてしまいました。
もしこのまま契約したことになってずるずると配達されたらイヤなので何とかしたいのですが、契約した、しないで契約書を持って家に来られて揉めるのも困ります。直接対峙しても勝てる自信が無いので。
配達をやめさせるにはどうしたらいいでしょうか?

Aベストアンサー

昔、新聞配達してました。

まず、家族全員に契約したことがないか確認して下さい。
それで家族全員が契約した覚えがなければ、新聞拡張員(セールスチーム)が勝手に偽造したと思われます。
本日から新聞を入れているということは契約の確認の意味を含めて2日間早く入れていると思われます。
販売店によっても対応は異なってくると思いますが、確認のために、一度ぐらいは契約書を見る必要があるかもしれません。契約書を偽造する場合は契約書の電話番号の欄を適当に記入する場合が多いので、販売店に契約書の電話番号を確認してもらうのがイチバン早いかもしれません。

また、モメそうであれば、新聞社の読者センターに連絡するほうがいいかもしれません(家族の誰かが本当に契約してしまっている場合は無理ですが)。消費者センターでは対応が遅くなります。

◆ご購読に関するお問い合せは
ダイヤルイン 03-3216-4111 読売新聞東京本社・販売読者相談室

参考URL:http://www.yomiuri.co.jp/eyc3/

Q頼んでいない新聞がしょっちゅう投函される

最近、頼んだ覚えがまったくない、聖教新聞なるものが頻繁に入るので、
創価学会本部に電話して「ヤメテください」って言ったら
「さっそく入れないように連絡します」っていってくれました。
で、1ヶ月以上たってるんですけどいまだに入ってくるんです。
ポストに放置していますが、節操がなさそうな
住人と勘違いされそうでとてもいやな気分になります。
あまりにも貯まるので、(ポストから抜き 家でほかします)
上記の「」の行為は『新聞を受け取る』ことと承諾したことになるのでしょうか。
請求がくると思うと腹がたってしょうがないです。
※まだ請求はきていません。
まとめると、
1・ポストに不必要な新聞が貯まり困っている
2・請求がくるのでしょうか
3・また請求金額に応じなければならないのでしょうか。
はじめは放置していましたが、3ヶ月以上続くとさすがに悩みになってきます。
どうすればよいでしょう。
疲れて帰ってきてポストが貯まってるのをみるとちょっと鬱になります。
※古屋賃貸の一戸建てです。

Aベストアンサー

私の家にも何度か配達されましたが、請求されたことはありません。当然購読契約していませんから払う必要もありません。多分投函されている方は、複数部購読している学会員で自腹を切っているはずです。少しでも創価学会の事を知ってもらえれば自分に功徳(ご利益)が出ると信じています。いわば布教活動の一環ですから、もともと請求するつもりはありませんので安心してください。

Q契約していない新聞が…。

契約していない新聞が配達されます。
我が家はずっとA新聞なのですが
以前、B新聞を付き合いで3ヵ月取りました。

契約満了後はB新聞からまた契約してほしいと
言われましたが
断りました。

すると10月から
またB新聞が入っています。
父は「勝手に入れているからほっといていい」と言います。

それから、
今度は、A新聞の方が
勝手に夕刊を入れてきました。


この場合は新聞代金は
支払わなくて良いですか?

Aベストアンサー

私も過去に有る地方都市で(引っ越したばかり)近所の雑貨屋さんでお気に入りの新聞販売店を聞きましたら翌日から違う新聞が勝手に入りました(目的の新聞配達店とは正規に契約したのに)もちろん私も若かったのでそのまま放置して玄関横に濡れないようにだけ気をつけて毎日積み上げておきました。

3ヶ月経過した頃に勝手に請求してきましたよ、もちろん集金員は怒鳴り飛ばしてたまったゴミを持って帰るように言いつけさもないと法的しょちを考えるとまで・・・店舗にも電話はその時にしました(どこに電話しても良いか私は解らない状態でしたから調べてまでしなかっただけです)この辺り質問者は解っているはずですから電話でも良いので苦情の電話をして置いた法が良いと思います。

なお、3ヶ月文のゴミと化した新聞の山は一切メモ通していないためきついことを言いましたが結局こちらで処分する羽目になり以来M新聞は現在のところで見かけても一切相手にしません(販売店などの方針だと思いますが)今なら一つ上に苦情言いますけどね。

引っ越ししたばかりで右も左も解らないのに全国紙なんて見る気はなかった、又挨拶でも来ていれば納得して購読していたかも知れませんが当方としてはゴミを勝手に入れられたと今でも考えていますから・・・他の新聞でこんな事をされた経験は今のところ有りませんから・・・

従って以前購読していたとの事ですから相手もしばらくして集金に行けば契約も可能、集金も可能と軽い考えでしている可能性も有りますから少し厳しい態度で出る必要があるかも知れません(脅かすと言うのでは無いですよ、常識を守って欲しいと言うわけです)どちらの新聞にしても勝手に入れるのは私なら思いっきり苦情言いますし後から集金が来るのはまず間違いないと思います(販売店次第だが数日後に契約を迫る可能性も有りますが)私の今の住居だと朝の配達時間を有る程度把握しているのでとっつかまえるかも知れません(問いただすために)

私も過去に有る地方都市で(引っ越したばかり)近所の雑貨屋さんでお気に入りの新聞販売店を聞きましたら翌日から違う新聞が勝手に入りました(目的の新聞配達店とは正規に契約したのに)もちろん私も若かったのでそのまま放置して玄関横に濡れないようにだけ気をつけて毎日積み上げておきました。

3ヶ月経過した頃に勝手に請求してきましたよ、もちろん集金員は怒鳴り飛ばしてたまったゴミを持って帰るように言いつけさもないと法的しょちを考えるとまで・・・店舗にも電話はその時にしました(どこに電話して...続きを読む

Q新聞が勝手に契約更新されていいのでしょうか?

2年前の結婚を機に新聞をとり始めました。
セコイでしょうけど、粗品(洗剤やトイレットペーパー)欲しさに6ヶ月契約にし、6ヶ月ごとに契約を更新し粗品を受け取っていました。
しかし、今年の2月に契約が切れたに販売員が契約の更新に来ません。
でも新聞は届くし、料金も引き落とされます。
契約を更新していない、もしくは勝手に販売店で契約を更新してしまっているのでしょうか?
そしてこういった状態は問題ないのでしょうか?
回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

販売店を経営するものです。

他の方の回答にもありましたが、
「購読終了前に意思表示が無ければ継続購読とする」
などと契約書に書かれている可能性があります。
うちの契約書にも「終了の5日前までに・・・」となっています。
また、期限を記入する所にも、○○ヶ月以上となっていませんか?
大新聞社が管理の下に作成している契約書なので法的には問題ないかと思われます。

参考までに、私の所では、必ず継続してもらうように伺っていますが、
どうしてもお客様とお会いできない場合もありますので、その際は
契約満了日となっても、とりあえず配達はしています。
その後も訪問しますし、お客様から連絡があった場合は、事情を説明し、
速やかに配達を止めるようにしています。

また、悪質な営業員による、架空の契約や詐欺紛いの行為(6ヶ月と思っていたら1年になっていたなど)もありえます(愚かしいことですが、新聞業界では珍しいことではありません)ので、
取り急ぎ、販売店に電話を入れてみてはいかがでしょうか?

販売店が訪問してきたら、事情を聴いた上で、継続される意思があるなら、
「新たに契約してもいいけど、今までの分もサービスを追加してください」ぐらいは言ってもいいと思います。

販売店を経営するものです。

他の方の回答にもありましたが、
「購読終了前に意思表示が無ければ継続購読とする」
などと契約書に書かれている可能性があります。
うちの契約書にも「終了の5日前までに・・・」となっています。
また、期限を記入する所にも、○○ヶ月以上となっていませんか?
大新聞社が管理の下に作成している契約書なので法的には問題ないかと思われます。

参考までに、私の所では、必ず継続してもらうように伺っていますが、
どうしてもお客様とお会いできない場合もありますので、...続きを読む

Q夫に「カチン」と来たときの仕返しは?

夫婦げんかやちょっとした言い争いでもいいんですが、
旦那さんに「頭に来た」時、そのあとで何かこっそり
仕返しをしていますか?

先ほどから私はあまりにも理不尽な夫の言い分に相当アタマに
来ていますが、同じように理屈をこねて言い返すのもアホらしくて、
その場は黙って無言で引き下がりました。
で、何か胸がス~ッとする仕返しをしたいです(マジで)。

主婦の方、お願いします。
頭に来たときはこんな仕返ししてる・・・というのを教えてください。
少々卑怯でも、「そこまでしなくても」と思えることでも
結構です。私は「お財布からお金を抜き取る」とか「翌日、自分ための
服を買う」くらいしか思いつきません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。

私がしたことあるのは
・夕食を夫の嫌いなものオンパレードにして「嫌なら食べなくていいのよ」
・夫の煙草や本を勝手に捨てる
 (本はバレないように2~3冊。あとで「あれ?無い」と探してるのを見ては「ざまみろ」と思います)
・夫が入る前に湯舟のお湯を抜いておく。冬場だと効果テキメンです。

あとは、お財布から千円抜いたり、ですね(笑)

Q書類送検と逮捕の違い?

書類送検と逮捕とはどう違うのでしょうか?
書類送検の方が、拘束されないだけ罪が軽いような気がします。
書類送検でも前科となるのですか。
どういう場合に書類送検となるのでしょうか?
どうも分かりません。

Aベストアンサー

既に適切な回答があるので蛇足かもしれませんが、刑事手続きがどうなっているのかを知ればその違いが自ずと分かるので刑事手続きの概要を必要最小限(のつもり)説明しておきます。長いですので覚悟してください。

刑事手続きの大雑把な流れは、
捜査->起訴(公訴提起)->公判->判決->刑の執行
というところ。全部話をするわけにもいきませんしその必要もないので質問に関するところ(主に捜査)だけ説明します。

犯罪が犯罪として処罰の対象になるためには、まず裁判に先立って、その犯罪の存在を捜査機関が知り、必要な証拠を集め、被疑者(=容疑者)の身柄の確保をしないとなりません。これを捜査と言います。
被疑者の身柄の確保というのは、「後で裁判になった時に被疑者の出廷が必要」なので逃げられては裁判ができなくて困るというのが第一点。それと「自由にさせておくと証拠を隠滅するかもしれない」というのが第二点。
ですから逆に言えば、「逃げも隠れもしない、証拠隠滅のおそれも無い」のであれば身柄を確保する必要はありません(一定の軽微な犯罪につき、更に例外あり)。入院しているような人間なら逮捕しないことはよくあります。この身柄の確保のための手続きが、「逮捕」であり「勾留(起訴前勾留)」です(起訴前と言っているのは起訴後というのがあるからですがここでは関係ないので説明しません)。
「逮捕」というのは、被疑者の身柄を確保する手続きの内、「短時間のもの」。具体的には、身柄を拘束し最大48時間拘束し続けることです。この制限時間が過ぎると釈放しなければなりません。
しかし、それでは困る場合には、引き続いて身柄を拘束することができます。これが「勾留」です。勾留は最大10日間身柄を拘束できます。なお、勾留は1回に限り最大10日間延長することができますから、都合20日間まで勾留できることになります(例外として25日可能な場合もあります)。

ところで勾留の申請ができるのは検察官だけです。ですから警察官が逮捕した場合には、検察官に勾留申請をしてもらうかどうか決めてもらう必要があります。そこで48時間の逮捕の制限時間内に検察官に証拠物、捜査書類と一緒に身柄を送致しなければなりません(刑事訴訟法203条1項)。これを「検察官送致、略して送検」と言います。無論、警察限りで釈放する場合は必要ありません。
検察官送致を受けると検察官は24時間以内に釈放するか勾留請求をするかしなければなりません。ですから、警察官が逮捕した場合の身柄拘束は48時間+24時間の最大72時間に及ぶ可能性があることになります。このような身体を拘束した被疑者を送検することを「身柄付送検」と言う場合があります。これはなぜかと言えば、質問にある「書類送検」と明確に区別するためです。ただ、一般には単に「送検」と言えば「身柄付送検」を意味します。

さて、では「書類送検」とはなんぞや?ということになりますが、まず前提として犯罪捜査は常に被疑者の身柄を拘束するわけではないということを知っておかなければなりません。全犯罪件数から見れば、身柄を拘束しない事件の方が多いです。身柄を拘束していない場合には、先に述べたように「(203条1項による)検察官送致」をする必要がありません。と言うか、身柄を拘束していないのでできません。たとえ逮捕した場合でも、警察限りで釈放すればやはり検察官送致の必要はありません。
しかし、それとは別に、警察は犯罪の捜査をしたら原則として必ず検察官にその捜査についての資料、証拠などを送らなければなりません(刑事訴訟法246条本文)。これを「書類送検」と呼んでいます。書類(証拠物、捜査資料、捜査報告書などなど)を検察官に送致するということです。正確には送致しているのは「事件」なのですが、実際に何を送るのかと言えば「書類」であるということです。
つまり、「(身柄付)送検」と「書類送検」は同じ送検でも別の条文に基づく別の手続きです。と言っても、(身柄付)送検をすればそのとき書類も一緒に送っているので、重ねて書類送検を行う必要はないので、(身柄付)送検は書類送検を実際には兼ねていますが(と言っても、身柄付送検をすれば書類送検をしなくていいのはあくまでも246条本文に「この法律に特別の定のある場合を除いては」と書いてあり、身柄付送検が「特別の定」だから)。

というわけで、「逮捕」と「送検」というのは次元の違う話であることがわかると思います。
まとめれば、
1.「逮捕」とは、捜査において被疑者の身柄を確保すること。
2.警察が「逮捕」した場合は、刑事訴訟法203条1項により、釈放しない限り48時間以内に被疑者の身柄を検察官に送致しなければならず、これを「(身柄付)送検」と呼ぶ。
3.「書類送検」とは、警察が捜査した事件について刑事訴訟法246条本文に基づきその証拠、捜査資料を検察官に送致すること。
4.「(身柄付)送検」は「書類送検」を兼ねている。
5.警察が「逮捕」した場合でも、釈放すれば「(身柄付)送検」はできないので、その場合は「書類送検」を行わねばならない。
ということです。

そして、「書類送検」するということは「身柄付送検」をしていないということですからつまりは「身柄を拘束していない」ということになります。身柄を拘束していない場合というのは大概は相対的に軽微な犯罪であることが多いのでその意味では、逮捕した事件(これを身柄事件と言う場合があります)に比べれば罪が軽いことが多いのは確かです。しかし、それはあくまで結果論であって、書類送検だから、逮捕したから、と言うわけではありません。既に述べたように逮捕しても身柄付送検せずに釈放すれば書類送検ということになりますし。

なお、先に述べたとおり、「捜査した事件はすべて検察官に送致する」のが原則(全件送致の原則)ですが、例外として検察官送致にしないものが幾つかあります。例えば、検察官が指定した事件について、月報でまとめて報告するだけの微罪処分ですとか、あるいは報告すらしない始末書処分などがあります。ちなみに、交通反則通告制度については、微罪処分の一種とする文献もあるにはありますが、多少なり疑問のあるところではあります。
そういうわけで、どういう場合に書類送検となるかと言えば、「刑事訴訟法246条前段に当たる場合」ということになります。もう少し具体的に言えば、「微罪処分等で済ませることのできない事件で、かつ、身柄付送検等もしなかった事件」ということになります。

ところで、前科というのが何かと言えば、これは法律用語ではないということになっているのですが、法律的に見れば「有罪の判決を受けたこと」を言うと思ってください。ですから、前科が付くためには、「裁判を経て有罪判決が出なければならない」ことになります。しかし、最初に述べたとおり「検察官送致」というのは単なる捜査手続きの一部でしかなく、この後で検察官が起訴するかどうかを決め、起訴して初めて裁判になるのですから、検察官送致だけではまだ前科は付きません。その後どうなるかはその後の話です。無論、逮捕だけでも前科は付きません。逮捕=有罪ではありません(そう勘違いしているとしか思えない報道が多いのは事実ですが、有罪判決が出ない限りは被疑者、被告人はあくまでも「無罪」です)。
ちなみに、捜査したが起訴しなかった犯罪事実について「前歴」と呼ぶことがあります。

既に適切な回答があるので蛇足かもしれませんが、刑事手続きがどうなっているのかを知ればその違いが自ずと分かるので刑事手続きの概要を必要最小限(のつもり)説明しておきます。長いですので覚悟してください。

刑事手続きの大雑把な流れは、
捜査->起訴(公訴提起)->公判->判決->刑の執行
というところ。全部話をするわけにもいきませんしその必要もないので質問に関するところ(主に捜査)だけ説明します。

犯罪が犯罪として処罰の対象になるためには、まず裁判に先立って、その犯罪の存在を捜査機...続きを読む

Q新聞屋さんに電話していい時間帯は?

GW間近ということで、留守のあいだ新聞の配達を止めてもらうように新聞屋さんに電話します。
そんな時いつも思うのが「いま電話していいのかな?」ということ。
-新聞屋さんは朝が早いから午前中は寝てるかも?
-午後は夕刊の配達で忙しいかも?
そんなこと気にしないでいつでも電話すれば、と仰る方もいるかもしれません。でも、なるべく迷惑にならない時間帯が知りたいのです。
新聞屋さんの方、新聞屋さんで働いてらっしゃる方、何時頃に電話したら迷惑じゃないでしょうか?

Aベストアンサー

新聞配達をしています。
新聞変更、お取り置き、中止のご連絡は、前日の午後5時までにご連絡くだされば、対応させていただいています。

また、お忙しくてお電話できない状況の場合には、2日ほど前に新聞受けにその旨を記入した紙を貼っておいていただければ、対応させていただいています。この時、停止なのか、お取り置きで連休後にまとめて配達か、を明記していただけると助かります。

新聞店の電話は、朝7時頃までなら誰かしら人がいます。
昼は2時頃から5時ころまで。(夕刊の関係)
朝2時半には動き出すので、夜9時には就寝することが多いですよ。
私は深夜12時まで平気で起きています。(以前は新聞配達と別の仕事、二つを掛け持ちしていました。)

私の地区の場合ですが、事務員に言っても、連絡不行き届きの可能性が高い(配達員と接触する時間帯があまり一致しない為。)ので、地区の担当配達員に言ったほうがスムーズにいきます。

ご参考までに。

Q民事再生法を、めちゃくちゃわかりやすくご説明ください。

いま勤めてる会社が危ないです。

今月か来月にも、民事再生法の適用を受けるとのもっぱらの噂です。

そこで質問です。

民事再生法とはどのようなものなのでしょうか。

また、それによって、さらなる人べらしは当たり前のように行われるのでしょうか。

いずれは倒産する可能性も大きいのでしょうか。

恥ずかしながらそのあたりの知識がまったくなく、社内でも人によって解釈がちがうので戸惑っています。

わかりやすく説明していただけると幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします<m(__)m>

Aベストアンサー

民事再生法。
簡単に言うと、借りた金を約束通り返せなくなったので
いくらかはチャラにしてください。という法律です。

従来の会社更生法と違うのは、経営者はそのまま事業を
継続できる、辞めなくてもいいというのが、一番の違いです。

もっとも、誰も貸した金を返さなくてもいいとはいいませんので、
いくらが条件があります。

一番大きな点は、借金返済のために資金繰りが悪化して潰れそうには
なっているが、事業自体は順調で黒字が出ている。
借金さえなければいい会社なのに。そういう感じです。

今、潰して資産を債権者で切り分けするよりは、
活かしておいて、働かせて借金返済をさせたほうが得だ。
そういう客観的な判断ができるようならば、債権者の同意のもとで
会社、事業の存続と借金の減免が行われます。

当然、債権者はよりたくさん金を返してほしいですから、
従業員の削減、給与のカット、経費削減案、売上アップのためのさらなる具体策など
を求めてきます。もっとも、違法で最低賃金を切るようなことはさせられませんし、
いきなり給料7割カットとか言ってしまうと、優秀な従業員から逃げられて
しまうので、それらには自ずと限度はあります。

民事再生の成功の可否は、事業の健全性(合法で世情にあっていてきっちり儲けられること)と
経営者のやる気と体力、従業員などの同意とやる気をいかに出せるかに
かかってきます。事業が健全でも、経営者の怠惰で失敗するところもあれば、
従業員がやる気をだしてそれなりに成功しているところもあるようです。

簡単な本はでていますので、本屋で一冊読んでみることをお勧めします。

民事再生法。
簡単に言うと、借りた金を約束通り返せなくなったので
いくらかはチャラにしてください。という法律です。

従来の会社更生法と違うのは、経営者はそのまま事業を
継続できる、辞めなくてもいいというのが、一番の違いです。

もっとも、誰も貸した金を返さなくてもいいとはいいませんので、
いくらが条件があります。

一番大きな点は、借金返済のために資金繰りが悪化して潰れそうには
なっているが、事業自体は順調で黒字が出ている。
借金さえなければいい会社なのに。そういう感じ...続きを読む

Q新聞が契約してないのに勝手に届く

以下のような状況で新聞が届いてます。

1、電話番号下4ケタランダムでかけてきた本社からの試読勧誘に同意する(1週間)
2、販売所より電話。同様に1週間送るという旨の確認とその後は契約しないことを伝える。
3、1週間経過後、夕刊だけが来なくなり朝刊は来る。
4、その翌日本社からの購読勧誘を拒否。
5、試読開始から2週間が経過しているが朝刊だけが毎日来る。

このような状況で朝刊だけが届きます。
販売所にも本社にも拒否を示している状態で放置していると
販売所から請求が来たら支払う必要があるのでしょうか?

それとも勝手に送ってきてるのだから払う必要はないのでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

私の実家でも似たようなことがありました。
うちの場合は試読勧誘は家に直接来たのですが、その時はっきりと断っています。
が、2週間毎日朝刊が届けられました。
母は2週間分開きもせず取っておいて、集金に来た際に断った事をはっきりと言い、
取っておいた新聞を全部返したそうです。
その後、支払えとも言ってきませんし、届く事もありません。

質問者さんのところは取ってありますか?
拒否しているにも関わらず無断で置いていっているのですから、支払う義務はないと思います。

ちなみにうちに来ていた新聞も、ANo1さん同様 ○売新聞 でした。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング