AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

今私は、マイク付のポータブルプレイヤーで録音をしているのですが、いまいち音が良くありません。テレビやCDなどで流れているような、アコースティックギターの生音をどのようにしたらきれいに録れるか調べているのですが全くわかりません。
とりあえず、マイクとかピックアップが必要になることがわかるのですが、調べていくうちにMTRなどEQなど良くわからない言葉が出てきて困っています。結局、生音をきれいに録るにはどういったものが必要になるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

サウンドスケッチャー



ああ、そうですか。「プレイヤーズ王国」ご存知でしたか。
それなら、話しが早い。(^^;

「コピーのアコギ」の人や、「歌」、Piano。・・・など。
サウンドスケッチャーを使っている人。たくさん、いますよ。

なので、サウンドスケッチャーで、検索すると、使ってる人がある程度、わかるんじゃないですか?

また、プロフィールのところなんかでも、ある程度、わかりますよる。使用機材・・・

なので、それを聴いてみると、なかなか、おすすめだと思いますよ。
一見、シンプルで、ちゃちっぽい (^^;
けど、結構、いい音に採れてますよね。

説明をみれば、japan00さん用だと思いますよ。(^^
自分で、あれこれ、別の機材を、探して失敗するより・・・

また、予算的にも、これだけのクオリティーであれば、納得できると思います。
また、EQですが、
もし、検討しているのでしたら、
http://www.ssw.co.jp/products/sit/win/sit45w/ind …
をおすすめします。
sound it! 1万円程度の「波形整形ソフト」です。
EQ機能はも当然のこと、エフェクト機能もあり、いろいろ便利です。

ノイズのカットも、できます。私も使ってます。お手ごろ価格ですし便利です。EQ機能、エフェクト機能は、必要でしょう。(^^

参考にどうぞ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

またの回答ありがとうございます。今、サウンドスケッチャーを使っている曲を検索したところ、私の練習している曲と全く同じものがあったので聴いてみました。なかなか良く録れてました!値段もそんなに高価ではないので、購入を考えてみます。とても参考になりました。ありがとうございます!

お礼日時:2006/08/18 20:03

テレビやCDのように、というのは実はかなり難しいんです。



あれは#1さんの仰るようなピックアップをつけている場合もありますが、その場合でもピックアップの音そのままということはまずあり得ません。
ピックアップをつけるのはどちらかというとライブの時にハウリングやマイクセッティングがシビアなのでそれをさけるため、という要素が強く、私なんぞアコギ弾きなのですが、あのピックアップの音、というものはやはり生音とはかなり違って聞こえて気持ち悪いです。
しかし、プロの録音の場合、そのピックアップの音をちゃんとプリアンプとかディレイやリバーブ、コンプレッサーなどいろいろ機材を使って、それらしい音に作り直しているのです。あと、アンサンブルの中でギターの音を立たせるためにいろいろやっている場合もあり、この場合ギター単体で聞くと実は生音と少し違った音だったりします。でもバックにシンセとか入っているとそのほうが生っぽく聞こえるという・・・
DI(#1さんの仰るダイレクトボックスを現場ではこういいます)も必須ですが、いずれにせよアマチュアの場合録音用というよりライブ用機材かな?少なくとも私などは、ライブでない録音でいきなりピックアップにDIって人と組んで音楽やりたくないですね。こちらはあくまで生音なので違和感が甚だしいし、そういうことに気がつかない感性の人とは、おつきあいは出来てもいっしょに演奏したくはないです。

あとはマイクの種類とマイクセッティングですね。
コンデンサー系のマイクとダイナミック系のマイクではかなり音の感じが違います。
通常ライブだとダイナミック系を使うことが多いです。壊れにくいし、どうせPA(拡声用諸機材)を通すので、そういう音でも構わない。
でもコンデンサーの方が繊細感のある音になります。ただし壊れやすくまた高価だったり・・・というわけでスタジオ録音時によく使われます。
またセッティングですが、スタジオ録音だとオフマイクで数十センチ離れたところからとって、空間の感じを出す事も多く、一方ライブならコントロールできるようにオンマイク(数センチの距離)です。
またマイクと音源の角度でもかなり違った音がとれます。
こういうマイク関係はやはり実際にいろいろやってみないと身に付きません。

まあちょっときれいにとりたい程度なら#3さんの仰る機材やその類いが各社から出ていますし、多人数の録音でなければ十分満足できる音です。でも多人数でバランスをとりたいとか、多重録音とか、一つのギターに複数マイクをセットするとか、こういうことをやりたい場合はMTR,つまり「4チャンネル以上録音できる多重録音用ミキサーつき録音機」が必要になります。これを使う場合、マイクも複数ないと本来の実力が発揮できません(まあ多重録音だけなら出来ますけど・・・)。

EQはイコライザー(等しくする、という意味)で、本来は周波数特性、つまり音の高さによって録音されたりスピーカーから響く音が違ったり、部屋の特性でそのあたりが等しくないのを同じにする、という意味なのですが、実際はライブではハウリングを避けるためハウる周波数の辺りを削る。そして削ったことを気がつかせないよう他のところのバランスをとってそれらしくする、という使い方、また音作りで、積極的にちょっと音の感じを変えてやる使い方もあります。

いずれにせよこのあたりはあとでもいいでしょう。とりあえずポータブルプレイヤーでもいいからマイクをコンデンサータイプのステレオマイクに換えるだけでもかなり違うと思いますが、出来ればスタンドを立ててちゃんとセットするのが良いようです。でもマイクスタンドもそれなりに高価です。なおステレオタイプでも録音機に直付けするやつより(こんなの
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00009VT6G/re …
)、
独立のもの(こんなのね
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00008B5AZ/re …

の方が一応マイクの位置も調整しやすいし、本体との接触もないのでより良い音になりやすいです。ただしコンデンサー系はヴォーカルに安易に使わない方がいいです。セッティングを間違えてオンマイクでフッって吹いたらこわれます。オフならいいのですが、息を吹きつけるのはNGなので、素人相手には使わないのが無難。
あとは凝りだすときりがありません・・・・お金がいくらあってもたりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい説明していただきありがとうございます。ピックアップよりマイクを使ったほうがいいということがよくわかりました。コンデンサーマイクというものがいいみたいですね。コンデンサーマイクをもっとよく調べて、購入を考えてみます。ありがとうございました!

お礼日時:2006/08/18 10:03

http://www.yamaha.co.jp/sskt/
サウンドスケッチャー

YAMAHAのインディーズとか、コピーの音楽サイト知ってますかね。

ここでは、「サウンドスケッチャー」使ってる人。結構いますよ。
それに、そこそこ、いい音です。

もし、自分で、バラバラに機材などを、考えるんでしたら、
かなり、大変ですよ。

どの程度をお望みなのかわからないので、なんともいえませんが、
文面からして、ほとんど、わからないようですので、
1台で、そういう方、向き用に開発されたものですので、
おすすめします。
数万円するようですが、きれいに・・・
ということであれば、安いと思いますよ。
結構、バラバラに揃えて、いい音を作ろうとすると金額もいきます。

MTRなどEQ・・・の処理も、ご希望なんですか?
そうなると、また、別のものが必要ですね。
ハードタイプ。ソフトタイプ。どちらもあります。

いずれにせよ。これだけでも。数万・・・かかりますね。安くても。
予算は、どの程度まで考えておられるのでしょう。
かなり、左右されます。

マイクとかピックアップ・・・ですが、
アコギでしたら、「マイク」のほうが、おすすめですね。
エレキとなら、ピックアップのほうでいいんですが、

アコギでしたら、アタック(接触)するときの音も、きれいに (爆)
拾ってくれるので、困ります。(^^;
感度がよすぎるんですよ。

なので、接触音の回避としても、また、マイクでも十分、きれいに採れます。
ということで、生音をきれいに録るには、ある程度の予算はかかりますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私もコピーの音楽サイトによく行かせてもらっています。あそこの曲はサウンドスケッチャーという機器を使っている人が多いのですね。これからサウンドスケッチャーをいろいろと調べてみます。ご回答ありがとうございました!

お礼日時:2006/08/18 09:52

生音の録音ということであれば、感度の良いマイクを使うしかないと思います。


ピックアップを使い、音をイコライジングして処理する方法もあるかと思いますが、これは生音ではありませんから。
アコースティックの音に関しては、ピックアップを通した音(所謂エレアコ)と、マイクから録る生音とで好みが分かれると思います。私自身は完全に生音派です。あの綺麗な高音の感覚は生音ならではです。しかし、自宅録音ということになりますと、満足する音で録れた経験が無いのも事実です…(そこまでお金をかけたことがありません)。
ちなみにピックアップを通してしまうと、僕個人の感覚では生音とは程遠い音と感じます。おそらくピックアップをお使いになっても満足する音にはならないと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ピックアップを通して録音すると生音じゃなくなってしまうんですね。これを参考に検討してみます。ご回答ありがとうございました!

お礼日時:2006/08/18 09:45

まず、ポータブルプレイヤーやレコーダーでは生音をきれいに取るのは全く期待しないほうが良いです。


生音を一番きれいにとるには、やはりそれ専用の録音機材が必要になってきます。

アコースティックギターの場合、質問者様も仰っているようにまず専用ピックアップを取り付けてください。録音専用機でマイクがついているものもありますが、ピックアップを直接つなげた方が数段綺麗にとります。
さて録音機ですが、私的には、質問者様もあげられている「MTR」という機材をオススメします。

MTRとは、一般的には電子楽器の録音につかいます。簡単にいうと、一つの音源を作るのに、たくさんのトラックを組み合わせ、最終的にプロのレコーディングのような音源が作れる機械です。
トラックとは、音の一つ一つの部屋のようなものです。例えば、1トラックにはアコギ、2トラックにはリズムマシン(ドラムのようにリズムをとってくれる機械です)、3トラックには歌、などのようにわけて録音した後、すべて重ねて音源ができるわけです。なので、できた音源はプロのCDに近いものができます。

MTRで録音する場合、マイクを直接つなげるとノイズなどが入りやすいので、EQなどで微調整したり、エフェクターをかけたりするわけです。
EQというのはイコライザーのことで、音を細かい段階にわけて、その段階ごとに調整できる機材のことです。これは結構慣れるまで調整が難しいかもしれません。

ほかに、Direct Boxというエフェクターがあり、これにアコギを繋げるとより一層生音を綺麗に演出できる機材などもあります。

MTRやエフェクターは結構値が張ります。普通のMTRで4~5万は覚悟してください。ですので、最初はMTRを購入する前に、スタジオなどで録音なさってはどうですか。スタジオに録音器具を貸し出しているところもありますし、スタッフさんが親切に説明してくれますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

細かく説明していただきありがとうございます。MTRと言う機器が必要になって来るみたいですね。これを参考に検討してみます。ありがとうございました!

お礼日時:2006/08/18 09:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング