痔になりやすい生活習慣とは?

角の小さいカブトムシ(コカブトではありません)遺伝ですか?幼虫時代に十分な栄養分がしくないからですか?一般にかぶとはくわがたより寿命が短いですが。

A 回答 (2件)

遺伝ではないでしょう。


カブトやクワガタの大きさは、幼虫の頃にどれだけ栄養を摂取したかで決まります。 成虫になってしまえば大きく成長することはありません。
なので、栄養に問題があったんじゃないでしょうか。
でも、だいたい家庭で幼虫から育てたカブトと言うのはそこまで大きくなりません。 自然界にはまず劣るでしょう。
寿命は、やっぱりカブトの方が短いですね。
クワガタは冬眠して冬をこせても、カブトは冬眠できないのでどう頑張っても夏だけの命です。
もう残り少ない命かもしれまれんが、飼っているなら大事にしてあげてくださいね(^^

この回答への補足

最近は飼育器具や餌、マットなどよいものがお金を出せばばありますので、上手な人なら十分大きく育てられませんか?

補足日時:2006/08/19 16:24
    • good
    • 0
この回答へのお礼

答えてくださってありがとうございました。

お礼日時:2006/08/20 16:05

北へ行くほどカブト虫の大きさは小さくなります。


栄養も必要ですが、幼虫時期の活動期間も長いほど大きな成虫になります。
小さなカブトでもツノの先端がしっかり4ツに分かれて、大きなカブトと
同じ形状であれば遺伝的に小さなカブトです。

この回答への補足

冬の時期は活動しませんし、活動期間が長いと早くさなぎになってしまうのではないですか?

補足日時:2006/08/19 16:27
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答えありがとうございました。

お礼日時:2006/08/20 16:05

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qカブトムシが死んだ原因について

日曜日にホームセンターから買ったカブトムシのオスが5日間で死んでしまいました。何が死因なのかがわかりません。
飼育に使用したのは国産幼虫用腐葉土、フルーツ味昆虫ゼリー、飼育ケース、枯れ木などです。部屋のなかでは暑いかと思い、ベランダの日陰に出している事が多くありました。もしかして朝日を浴びたのがいけなかったのかと思いますが、カブトムシが潜れるくらいに腐葉土を入れてあるのになぜカブトムシが潜らなかったのかわかりません。
以上について何かわかる方がいましたら助言願います。

Aベストアンサー

もし、朝日が直射でケースに降り注いだとすれば、カブトムシは数分で死亡します。
>カブトムシが潜れるくらいに腐葉土を入れてあるのになぜカブトムシが潜らなかったのかわかりません。

カブトムシのメスは、産卵するので土に深く潜ることができますが、オスはツノが邪魔になって土には潜ることができません。自然界ではオスは昼間は枯葉の下に潜っています。ときには日陰の日中に餌場で食事をしている場合もありますが、直射日光の当たるところには居ません。
昆虫は人間と違って体温を調整できないので、体色の黒っぽい虫は、全身から太陽光の熱を吸収し、急激に体温が上がって死亡します。また、透明のケースの場合は、放置自動車と同じ様に内部の温度が50度以上になって死亡します。昼間に活動する虫は、カナブンやタマムシのように太陽光を反射する細胞で体を包んでいますがカブトムシはそうではありません。

また、その他の原因としては、
「老衰」ホームセンターでどのくらい過ごしたかが分からないので、寿命が近かった可能性もあります。
「病死」ホームセンターの店頭で多数の同時飼育によるケンカでケガをしてそこからばい菌が入った可能性があります。ケンカで相手に攻撃されると、体に直径0.5~1.0ミリくらいの穴が空きます。

「餓死」エサが「ワイドカップ」でなかったため、カップ内のエサに舌が届かなかった。飼育者は見かけ上エサがあるので、追加しなかった。普通の深いカップはメス用です。オスには「ワイドカップ」入りを与えなければいけません。
などです。

もし、朝日が直射でケースに降り注いだとすれば、カブトムシは数分で死亡します。
>カブトムシが潜れるくらいに腐葉土を入れてあるのになぜカブトムシが潜らなかったのかわかりません。

カブトムシのメスは、産卵するので土に深く潜ることができますが、オスはツノが邪魔になって土には潜ることができません。自然界ではオスは昼間は枯葉の下に潜っています。ときには日陰の日中に餌場で食事をしている場合もありますが、直射日光の当たるところには居ません。
昆虫は人間と違って体温を調整できないので、体色...続きを読む

Qカブトムシの幼虫の今後の飼育について

カブトムシの幼虫が現在30匹くらいいるのですが、現在関東地方でベランダに外に置く灯油入れるラック2つにいます。

専用のマットに入れています。
水はちょこちょこ入れています。

そろそろ、マットをかたくした方が良いのでしょうか?
今後の飼育方法を教えてください。

Aベストアンサー

大きなカブトムシを羽化させたい場合は、最終段階では、7リットルのバケツに5リットルのマットを詰めて、そこに4~5匹の幼虫を入れます。
3月までに最後のマット交換&引越しを終えておかないといけません。
そのときには、マットの水分はやや多い目にして、底から5~8センチをガチガチに硬く詰めます。
更に15~20センチの深さまでマットを加えて押し固めます。
マットは、入れ替えのたびに、特に下の方を硬く押し固める方が大きくなります。幼虫の時間当たりの口の開閉回数は決まっているので、マットの密度が低いと多くの量のマットを摂取できず、小ぶりの成虫が誕生します。
羽化の50日ほど前から、幼虫はマットの中で体をくねらせて、鶏卵程度の大きさの空洞(蛹室=ようしつ)を作ります。マットの水分が少ないと空洞がくずれてくるので、体液を出して内壁を固めます。
しかし、体液を放出すると幼虫の体が縮んで小ぶりの成虫が誕生します。
体液を使っても空洞が作れないほどのパサパサしたマットの場合は、蛹室を作るのをあきらめて、マットの表面に半分ほどの穴を掘って、半身を地上に出して蛹になったり、平地にゴロンと寝転がって蛹になりますが、この場合は、2週間後に人工蛹室に移さなければまともな成虫にはなりません。
5月に入ると、幼虫は蛹室の製作にとりかかるので、飼育容器は安静に保つ必要があります。したがって、4月の上旬までにマット交換を済ませないといけませんが、4月に入ってのマット交換は「捨てマット」と言って、幼虫はマットを食べない時期に入っているのでもったいないです。春先ののマット交換を怠ったために4月にはフンだらけのマットになり、止むを得ずのマット交換になってしまったというわけです。
幼虫はせっかくの新しいマットをほとんど食べずに蛹室を作ります。

大きなカブトムシを羽化させたい場合は、最終段階では、7リットルのバケツに5リットルのマットを詰めて、そこに4~5匹の幼虫を入れます。
3月までに最後のマット交換&引越しを終えておかないといけません。
そのときには、マットの水分はやや多い目にして、底から5~8センチをガチガチに硬く詰めます。
更に15~20センチの深さまでマットを加えて押し固めます。
マットは、入れ替えのたびに、特に下の方を硬く押し固める方が大きくなります。幼虫の時間当たりの口の開閉回数は決まっているので、マッ...続きを読む

Qカブトムシのオスがもぐったまま出てこない

先日サナギがめでたく孵ってカブトムシのオスになりました。

早速ケースを移し、出たのを見つけた日から3~4日間は順調に夜出てきてエサを食べていました。

ですが、ここ3日ほど出てきてエサを食べていません。
ケースの横から潜っている姿が見えたり見えなくなったりするので生きているのは間違いないのですが、エサを食べている形跡がありませんし、朝早く見ても地上に出ていないのです。

このままでは死んでしまうのでは?と心配です。

オスは一匹、60センチのケースで、エサは黒糖の昆虫ゼリーとリンゴを入れています。

Aベストアンサー

現在飼育している飼育個体84mmをストックしています。私はカブトムシを30年飼育して来ました。まだ遺伝子選別(ミリ数を稼ぐための微妙な形の違い)と産卵制限解除(親は45mm以上の大型1匹で100~200個の卵を産みますが、産卵セット開始から2日で21匹しか産ませていない)という、カードを2つも残しているから、ギネスも狙えますよ。

いま、うちの個体は質問者様と同じ状態です。これはエサを充分とったが、メスが居ないので「つまんね」とか思ったかどうか知りませんが、エサ皿のしたで寝ています。おなかが空いたら夜暗くなってから出てくるでしょう(夜暗くして置いた方が自然に近いので良いのではないでしょうか)。そのまま死んでしまうことはあり得ません。確かめるなら持ち上げて見て下さい。元気な動きがあるはずです。

エサはゼリーだけで十分です。

カブトムシはクワガタや他のオスと一緒に飼育すると穴だらけに傷つけられて死期を早めるので気をつけて下さい。特にヒラタやミヤマは強いので要注意です。単頭飼育が基本です。

ちなみにメスは羽化後1~2週間でマットから出てきますが、それで充分熟成していると、激しくすぐにエサを求めます。逆に熟成してマットから出てこないとエサを食べ始めません。エサを与えると、1~2個のゼリーをあっという間(1日~2日)に完食します。産卵に備えるためです。その間にオスに交尾させます。生殖器官が充分でないなんてデタラメはあり得ません。1夜でメスは充分に交尾出来ます。充分に精子がたまると、オスを受け容れなくなり、エサ完食後すぐにマットにもぐって産卵を開始します。マットは、巷では黒いカブトマットが良いなどと吹聴されていますが、私は市販の白めの廃ホダクヌギフレークを小麦粉、またはそば粉で発酵させて使用しています。キツネ色です。発酵しなくても産むことは産むと思いますが、自然発酵による熱の危険と、産卵スペックの問題があります。

マットはぎゅっと握った時水が滴り落ちないギリギリくらいが良く産卵します。マットの深さは12cm(蛹がまゆを作れるギリギリの深さ)がないと、産卵数が減ります。条件が良ければメスは最初の1日は環境の品定めをしていますが、次の日から1日10~20個の卵を産み始めます。その間エサはほとんど食べません。産卵環境が良くないと産むのをやめて出てくる可能性はありますが。

産卵行動の上塗りが前の卵を潰すので、中プラケースなら毎日産卵して、必要数が採れたら止めるのがベストです。処理しきれなくなることのないように。孵化率は私は90%は固いです。産卵床でもプリンカップでも同じです。

カブトムシはクワガタと違って行動が単純ですので、断言できます。事実の中にデタラメ(クワガタからの類推による)を織り込んでいく者に気をつけて下さい。

現在飼育している飼育個体84mmをストックしています。私はカブトムシを30年飼育して来ました。まだ遺伝子選別(ミリ数を稼ぐための微妙な形の違い)と産卵制限解除(親は45mm以上の大型1匹で100~200個の卵を産みますが、産卵セット開始から2日で21匹しか産ませていない)という、カードを2つも残しているから、ギネスも狙えますよ。

いま、うちの個体は質問者様と同じ状態です。これはエサを充分とったが、メスが居ないので「つまんね」とか思ったかどうか知りませんが、エサ皿のしたで寝ています。おなかが空い...続きを読む


人気Q&Aランキング