猛禽類が獲物を足に持って飛べるのは、自分の体重の何パーセントぐらいの重さでしょうか?

A 回答 (1件)

科学的なデータではありませんが、猛禽類の生態観察としてアメリカ・ワシミミズク(平均体重1.5キロ)やイヌワシ(4キロ)は野うさぎ(3-4キロ)を巣まで持ち帰るので、体重比100-150%は確実に運べるようです。

これらの鳥は翼長が2メートルぐらいあるので飛翔力が大きいのだと思います。

http://www.kentosh.co.jp/noah/kentosh/Animal_Bir …

参考URL:http://homepage1.nifty.com/srge/inuwasi.html
    • good
    • 1
この回答へのお礼

有り難うございました。自分の体重以上のものが持てるとは、驚きました。

お礼日時:2002/03/16 09:50

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qこの猛禽類の名前を教えてください。

この猛禽類の名前を教えてください。
写真の写りが余りよくありませんが、半月ほど前に雑木林の開けた所で見掛けました。猛禽類にしては随分白っぽく見えました。 大きさはトビくらいだったように思います。

Aベストアンサー

眉斑が見えることとトビほど大きく見えたと言うことですので・・・オオタカ♀あたりかなぁと思いましたが、眉斑があまりはっきりしていないので大きさを誤認していれば、ハイタカ♀の可能性もあると思います。図鑑等で確認してみてください。

Q【生物・人間の体重】体重は親の体重に似るそうです。 男子なら父親。女子なら母親の体重に似るという。

【生物・人間の体重】体重は親の体重に似るそうです。

男子なら父親。女子なら母親の体重に似るという。

なぜでしょう?

父親がデブで母親がスマートだと男子はデブで女子はスマートになる。

父親がスマートで母親がデブなら男子はスマートで女子はデブに。

けど、小学生のとき母親がデブでも女子はスマートだった。今はデブになっているのだろうか?

大人での例外って知ってますか?

Aベストアンサー

遺伝情報を、最も多様性のあるよう後継するには、

男は母似、女は父似、が理屈上は正解だと思います。


あなたの仰る状況、あまり見たことがありません。

まあ、遺伝とかは、神様に任せるしかないとは思

っています、二代や三代でどうこうという問題で

も、ないでしょう。

Q遺伝「赤緑色覚」について。最初、霊長類は赤と青の色覚しか持たなかったん

遺伝「赤緑色覚」について。最初、霊長類は赤と青の色覚しか持たなかったんですか?

それで遺伝子の組み換えによりX染色体に緑オプシンができた、とか……

教科書の説明には詳しく書いてありません。

どう「組み換」わって人は赤と青と緑を区別出来るようになったのか、どなたか詳しく教えて下さい。

お願いします

Aベストアンサー

 回答番号:ANo.6です。
 申し訳御座いません、肝心の本題を書いておりませんでした。

 前の回答で、旧世界霊長類は青緑赤の3色型色覚を持ち、新世界霊長類では青用の視物質は全個体が持っているが、その他の緑用、黄用、赤用の視物質の内のどれを持つのかは、個体によってまちまちであるという話をしました。
 青用視物質のアミノ酸配列は、赤用、黄用、緑用の各視物質の何れとも、大きく異なっている上、それを作るための遺伝子が存在している染色体も異なっているため、青用視物質は他の色覚用視物質とは起源が異なっていると考えられています。
 ヒトの青用視物質の遺伝子に良く似た遺伝子を、殆どの脊椎動物が持っている事が判明しているので、青用視物質は最初の霊長類が誕生する前から、使われていたと考えられています。
 これに対して、緑用視物質と赤用視物質は、どちらもX染色体上に遺伝子が存在し、全部で364個あるアミノ酸の内、異なっているのは3個だけに過ぎないため、この2つの物質は同じ起源を持ち、遺伝子の突然変異によって、異なる波長域の光を吸収するようになったものと、考えられているようです。


 先に御断りしておきますが、これ以降は、確認された事柄や、学会における定説等ではなく、発表されている新説の中の一説に基づいた話になります。
 赤用、黄用、緑用の各視物質や、その他の視物質(霊長類以外の視物質)の研究から、この種類の視物質は、アミノ酸配列の一部を変えると、光の最大吸収波長が変化する事が知られています。
 緑用視物質や赤用視物質では、最大吸収波長の違いを生み出している3個のアミノ酸配列は、新世界霊長類と旧世界霊長類で共通しているそうです。
 又、黄用視物質のでは、この3個のアミノ酸が存在している部位の配列は、一部が赤用と似ていて、他の一部は緑用に似ているそうです。
 このため、X染色体上に遺伝子が存在する3種類の色覚用視物質の原型は黄用視物質であり、霊長類の祖先が2色型色覚しか持たなかった時代には、青用視物質と黄用視物質が使われていたとする説があります。(黄用視物質のアミノ酸配列の、緑用や赤用との違いは、緑用と赤用の違いよりも小さいため)
 そして、旧世界霊長類の系統と新世界霊長類が系統が分岐したとされる約4000万年前の頃までには、黄用視物質遺伝子の突然変異により、緑用や赤用の視物質が出現していたと考えられます。
 その頃の霊長類は、現在の新世界霊長類のような、個体により異なる色覚を持っていた筈です。
 その後、旧世界霊長類の中から、卵母細胞の減数分裂時に染色体の相同組換えが起こる事で、赤用視物質と緑用視物質の両方の遺伝子を持つ、X染色体が生まれたと考えられています。
 このX染色体を持つ雄は、青緑赤の3色型色覚を持つ事が出来るので、2色型色覚しか持たない他の雄よりも生存競争に有利になります。
 そのため、赤用と緑用の両方の視物質の遺伝子を備えたX染色体を持つ個体が増え、色覚用視物質が1つしかないX染色体を持つ個体は減少して行き、ついには赤用と緑用の両方の視物質の遺伝子を備えたX染色体のみを持つ個体だけになったと考えられています。
 こうして、ヒトを含む旧世界霊長類は、初期の青黄の2色型色覚から、現在の青緑赤の3色型色覚に、進化したと主張する説もあります。
 その説は、「Gerald H. Jacobs教授」と「Jeremy Nathans教授」が、「SCIENTIFIC AMERICAN」の2009年4月号で発表した説で、和訳されたものが「日経サイエンス」の2009年7月号に掲載されています。

【参考URL】
 サルが見た色の世界 色覚の進化をたどる
  http://www.nikkei-science.com/page/magazine/0907/200907_064.html

 回答番号:ANo.6です。
 申し訳御座いません、肝心の本題を書いておりませんでした。

 前の回答で、旧世界霊長類は青緑赤の3色型色覚を持ち、新世界霊長類では青用の視物質は全個体が持っているが、その他の緑用、黄用、赤用の視物質の内のどれを持つのかは、個体によってまちまちであるという話をしました。
 青用視物質のアミノ酸配列は、赤用、黄用、緑用の各視物質の何れとも、大きく異なっている上、それを作るための遺伝子が存在している染色体も異なっているため、青用視物質は他の色覚用視物質...続きを読む

Q偶蹄類と奇蹄類の違い

蹄の数の偶数か奇数かという違いに加えて、胃の数が複数か否かという違いで両者を区分しているようです。

どうして偶数の蹄→胃が複数、という風になっているのでしょうか?蹄と胃は全然関係ないと思うのですが...そんなにうまく分かれるのが不思議です。

馬 1本
鹿・ラクダ 2本
サイ 3本
カバ 4本

サイとカバは、サイの角(毛の堅くなったもの)を除いてよく似ているので一緒の仲間だといいんですが...

また、ある本に、「体を中指と薬指で支えるものを偶蹄類」とありました。牛もそのひとつでしょうが、どうして他の指ではなく中指と薬指なんでしょうか?

Aベストアンサー

日本産の動物では、偶蹄類のイノシシは複数の胃を持ちません。反芻動物は偶蹄類に含まれますが、すべての偶蹄類が反芻動物というわけではないのです。イノシシは二本の蹄の横に副蹄という小さな蹄が有り、4本指です。シカにも副蹄はありますが、地面につくことが少なく、足跡に残りにくいので2本という理解でいいでしょう。

クジラの遺伝子を調べたところ偶蹄類のカバなどに近いことが判り、偶蹄類に分類しなおすべきかどうかという議論がなされています。蹄はないので0本で、確かに偶蹄類ですが。

ちなみに中国の伝説の麒麟は偶蹄類、ユニコーンも偶蹄類、もののけ姫のシシ神は奇蹄類のようです。

Q単子葉類と双子葉類の維管束

数日前に、導管の構造について質問させてもらい、新たな疑問が生じたのですが、双子葉類は、なぜ形成層に沿って維管束があり、単子葉類は茎全体に維管束が散らばっているのでしょうか。

Aベストアンサー

ヤシ科を持ち出すとは,生物に詳しい方だったのですね,大変失礼しました。

維管束の進化は,形成層がある裸子植物から被子植物が進化しましたので,被子植物では木が最初だったと考えられています。それから形成層をほとんど失った草が生まれました。

単子葉類は,ですから基本的に草です。生態的な隙間を埋めるべく,素早く成長します。じっくり成長型の形成層を持った双子葉類に対し,形成層を失い素早い成長で対抗しようとしたのでしょう。

その草の単子葉類から,さらに進化してタケやヤシのような再び木になるものが出現しました。竹は内部を空洞にし,ヤシは形成層を再び持つ変わり種の木になりました。これらはきわめてまれなケースです。

よいURLが見つかりませんでしたが,下記URLの〈木から草へ,更に木へ〉の部分を参考にしてください。
http://www2u.biglobe.ne.jp/~gln/14/1424.htm

参考URL:http://www2u.biglobe.ne.jp/~gln/14/1424.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報