江國香織さん
吉本ばななさん
の作品の中で、最高傑作だと思う作品を教えていただけますでしょうか。ちなみに私がこれまで読んだのは、
江國「つめたいよるに」「ホリーガーデン」「神様のボート」
吉本「キッチン」「白河夜船」「つぐみ」
などです。

A 回答 (7件)

 江國さんの作品なら「きらきらひかる」をお勧めします。

彼女のデビュー作です。
 とてもせつなくてやさしい、純愛物語です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あれがデビュー作だったんですか!
本屋で目にしたことはありましたが、読んでことなかったです。
読んでみます。ありがとうございました。

お礼日時:2006/08/30 15:00

 No.2で解答した者です。

申し訳ありません、「きらきらひかる」は江國さんのデビュー作ではありませんでした。完全に勘違いしていました。
 間違ったことを書いてしまい、本当に申し訳ありません。でも「きらきらひかる」がとても面白いのは本当です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いえいえ、丁寧に訂正いただきありがとうございます。
「きらきらひかる」も古本屋で見つけたので買いました。
ありがとうございます。

お礼日時:2006/08/31 18:48

江國香織さん大好きです。



一番好きなのは「冷静と情熱のあいだ」です。
江國香織さんが女性側の視点("Rosso")から、辻仁成さんが男性側の視点("Bul")から描いてます。

次に好きなのは、「きらきらひかる」です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「冷静と情熱のあいだ」読んだのに、質問文中に書くのを忘れてました!
確かに良かったですよね。「神様のボート」の次にお気に入りです。
「きらきらひかる」が人気あるようですね。読んでみます。ありがとうございました。

お礼日時:2006/08/31 18:47

吉本ばななさんでしたら、「アムリタ」と「ハチ公の最後の恋人」がお薦めです。


江國香織さんでしたら、「泳ぐのに、安全でも適切でもありません」「すいかの匂い」を是非読んで見て下さい。
どれもおもしろい作品です。吉本ばななさんは、エッセイもお薦めですよ。「ばななブレイク」おもしろかったです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

今日、「すいかの匂い」読み終わりました。
何だか衝撃的な展開でした。江國さんもこういうの書くんですね。
相当驚くべきことなのに文体はあくまでも落ち着いてるところが江國さんらしかったです。
「泳ぐのに安全でも適切でもありません」を買ってきましたので近いうちに読みます。江國が終わったら、「アムリタ」と「ハチ公の最後の恋人」に進むつもりです。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/08/31 18:45

よしもとばなな 最高傑作は「デッドエンドの思い出」です。


よしもとばなな 本人がそう言っていましたから間違いない
    • good
    • 0
この回答へのお礼

検索かけてみたところ、確かに本人が「最高傑作」と言っていたという記述が見つかりました。
これもさっき買ってきました。ひととおり江國を読んでからトライします。ありがとうございました。

お礼日時:2006/08/31 18:23

江國香織さんですと「落下する夕方」が一番好きです。



あと質問者様が読んだことない本だと、「こうばしい日々」
「ぼくの小鳥ちゃん」「なつのひかり」あたりもお勧めです。

吉本ばななさんはハネムーンしか読んだことないので、
どれが最高傑作かは分かりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
「ぼくの小鳥ちゃん」を昨日読み終わりました。
雰囲気が江國作品らしくて良いですね。こういうの好きです。
「なつのひかり」も買ってきました。今から読んでみます。

お礼日時:2006/08/31 18:21

最高傑作かどうかはわかりませんが、個人的に好きなのは、


江國さん「デューク」「ぼくの小鳥ちゃん」
吉本さん「マリカのソファー」もしくは内容はほぼ同じなのですが改稿前の「マリカの永い夜」
です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「デューク」は読んだことあります。短いですが良い物語ですよね。
「ぼくの小鳥ちゃん」は友人から借りることができました。
「マリカのソファー」は初耳です。さっそくチェックしてみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/08/30 14:58

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q吉本ばなな関係の資料

私の友人(大学生)が、卒論のテーマに吉本ばななを選び、資料を探しています。その友人は中国人で、中国に住んでいるのですが、そういう資料は中国ではなかなか手に入らないので、日本にいる私に、探して郵送してほしいそうです。

吉本ばななについての評論、吉本ばなな自身の評価、父親との交流・・・などについて知りたいそうです。そういうのがわかる本などご存知の方いらっしゃいますか?

私自身はあまり吉本ばななを読んだこともなく、どういうふうにそんな資料を探せばいいのかよくわからないので、ぜひ詳しい方の意見を参考にさせていただきたいと思っています。

Aベストアンサー

「よしもとばなな著作目録」というサイトから参考になりそうな本をピックアップしてみました。

『シンクロする直感 よしもとばなな『アムリタ』の意味するもの』渡辺佳明(文芸社)
『臨床文学論 川端康成から吉本ばななまで』近藤裕子(彩流社)
『山田詠美愛の世界マンガ・恋愛・吉本ばなな』松田良一(東京書籍)
『吉本ばななイエローページ』木股知史(荒地出版社)
『吉本隆明×吉本ばなな』吉本隆明、よしもとばなな(ロッキング・オン)
『吉本ばなな論「フツー」という無意識』松本孝幸(宝島社)
『吉本ばななと俵万智』古橋信孝(筑摩書房)
『アジアの終焉吉本隆明と吉本ばななのあいだ』松岡祥男(大和書房)
『吉本ばなな神話』三井貴之(鷲田小弥太(青弓社)


よしもとばなな著作目録(ヨシモトバナナ)
http://www.geocities.jp/uwasano/yoshimoto-banana-tyo.html

Q江國香織さん《落下する夕方》

こんにちは。

私は、江國香織さんが好きで、わりと江國さんの書かれた本を読んでいるのですが、久しぶりに「落下する夕方」を読み直しました。

すると、初めて読んだ時にも感じた疑問が再浮上してきたので、この本を読まれたことのある方、ぜひご回答お願いしたく思います。

1. まず、題名の「落下する夕方」は一体内容のどの部分から付けられたのか。内容との関連性は??

2. 中島さん(47歳)と華子家族との関わりについて。経済援助等をなぜ行っているのかなど、不明な点が多すぎるような気がします。また、華子の葬式で中島さんが挨拶を行っている点から言っても、華子家族との関係をもう少し理解できれば…と思います。

3. 華子が自殺した直接の原因が分かりません。本来、自殺には直接的な原因は存在せず、さまざまな理由が絡み合っているとしても、華子が自殺するのは、あまりにも唐突すぎるような気がしました。

以上のような疑問についてコメントいただければ嬉しいです。

また、私の疑問への回答ではなくても、落下する夕方を読まれた方の感想も大歓迎です。

よろしくお願いします。

こんにちは。

私は、江國香織さんが好きで、わりと江國さんの書かれた本を読んでいるのですが、久しぶりに「落下する夕方」を読み直しました。

すると、初めて読んだ時にも感じた疑問が再浮上してきたので、この本を読まれたことのある方、ぜひご回答お願いしたく思います。

1. まず、題名の「落下する夕方」は一体内容のどの部分から付けられたのか。内容との関連性は??

2. 中島さん(47歳)と華子家族との関わりについて。経済援助等をなぜ行っているのかなど、不明な点が多すぎるような...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして、こんにちは。
落下する夕方はなかなか好きな本のひとつです。
この質問をみてパラパラと読み返してみました。

私の理解ではこう解釈した、という程度ですが回答しますね。
「落下する夕方」というタイトルは日常が壊れていく不思議な感じを文字にしてみたものなのではないのでしょうか。
特に内容との関連性はなく、どことなく不安感を与える単語を合わせたものだと思います。

中島さんはー…保護者なのではないでしょうか。
弟とあったときに「お母さんは?」と聞いていますがお父さんの話はありませんよね(あったとしたらすみません、しっかり読んだのは結構前なので)
華子の本当のお父さんは離婚なり何なりでもうそばにはいなくて、二番目のお父さん=中島さんなのでは…。区別のために苗字で呼んでいるとか。
少し他人行儀なのにお葬式のことまで取り仕切っている事からそう考えてみました。

最後の質問は華子が時折もらす悲しげな言葉から読み取ってみたのですが、
「そういう人生なの。逃げ回って逃げ回って、でも結局逃げられない」
「一度外にでてしまったら、帰ることなんて出来ないのよ」
「はやくゲームオーバーにならないかなあって、いつも思ってた」等々…。
旅行に行ったときも不幸のどん底みたいな顔をしていたとか。
華子の周りの人は華子を中心に、離婚や失恋など辛い出来事を引き起こしています(不幸だと感じていたかどうかは別として)
それらの人たちはそろって華子を求めているようです。
唐突というよりもゆっくりゆっくりと絶望が貯まっていって、あるときはちきれてしまった様な印象です。

長文、乱文失礼いたしました。
見落としていた所があったらすみません^^;

はじめまして、こんにちは。
落下する夕方はなかなか好きな本のひとつです。
この質問をみてパラパラと読み返してみました。

私の理解ではこう解釈した、という程度ですが回答しますね。
「落下する夕方」というタイトルは日常が壊れていく不思議な感じを文字にしてみたものなのではないのでしょうか。
特に内容との関連性はなく、どことなく不安感を与える単語を合わせたものだと思います。

中島さんはー…保護者なのではないでしょうか。
弟とあったときに「お母さんは?」と聞いていますがお父さんの...続きを読む

Q吉本ばななさんについて

 吉本ばななさんで卒業論文を書きたいのですが、何か良いテーマやそれに関しての本はありますか?もしくは、吉本ばななさんについて書かれている本でもかまいません。教えてください、お願いします。

Aベストアンサー

彼女の本は好きなので、ほぼ全てを読んでいます。

研究書だと、私のおすすめは
「吉本ばななイエローページ」です。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4752101114/qid%3D1019749204/250-3784386-3596262

そこでももうかなりのテーマが出ています。
他でも、少女まんがやホラー映画の影響なども語り尽くされている感がありますね。

文学としてのレポートで、ありがち(でもまとめやすい)のは
最近、全集が出たので、単行本→文庫→全集 の校訂の変遷ですが、
論文としてはやはりつまらないと思います。
(日本文学の卒論ですよね?)

海外でどのように評価されているのか?という作家論でも
面白いかもしれませんが、調査方法が難しいかも。
翻訳され始めてから、彼女の作風はかなり変化したように思います。
世界中に共通しそうな感情の表現に変わっていっているような気がします。
そのあたりも他にまとめている方もあるかもしれませんが・・・。
kari66さんは、作品論か作家論かどちらの論文を書かれるのでしょうか?

研究書とはちょっとちがいますが、メタローグ社の雑誌「リテレール」の
1995年春夏合併号(No.12)が、彼女の特集になっていて、
なかなか興味深い本でした。機会があったら目を通されると
よいと思います。


文学作品の論文を書くのは、やはり作家や作品に対して、相当の思い入れや
愛着がないと、1年以上の長丁場を乗り切るのは大変です。
この場で言うのは失礼かもしれませんが、卒業論文を書くので、テーマを・・・
と人に聞くのも私個人的にはどうかと思うのですが、良いテーマを探して
どうか素敵な論文を完成させてください。

公式HP
http://www.yoshimotobanana.com/

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4752101114/qid%3D1019749204/250-3784386-3596262

彼女の本は好きなので、ほぼ全てを読んでいます。

研究書だと、私のおすすめは
「吉本ばななイエローページ」です。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4752101114/qid%3D1019749204/250-3784386-3596262

そこでももうかなりのテーマが出ています。
他でも、少女まんがやホラー映画の影響なども語り尽くされている感がありますね。

文学としてのレポートで、ありがち(でもまとめやすい)のは
最近、全集が出たので、単行本→文庫→全集 の校訂の変遷ですが、
論文としてはやはりつまらない...続きを読む

Q江國香織さん

江國香織さんの出身高校ってどこだかわかりますか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

確か中学・高校共に順心女子ですよ。

参考URL:http://www.isec-j.co.jp/n-letter/nl0407/srpt0407/srpt0407a.html

Q吉本ばなな著

吉本ばななの作品が
「Asleep」と翻訳されて出版されていると思います。
これは、たぶん、アメリカで発売されている
吉本ばななの最新作(英訳書)なのですが、
これって、日本ではどういうタイトルの書物なのでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

『白河夜船』だと思います。

よしもとばななさんの公式サイト(参考URL)に
海外で出版された作品の一覧がありますので、
そちらをご覧ください。

参考URL:http://www.yoshimotobanana.com/

Q江國香織さんの短編集を教えてください。

江國香織さんの『つめたいよるに』を読み、とても気に入りました。
私は長い話を読むのがあまり好きではないので、『つめたいよるに』のような短編集はありがたいです。

そこで、江國さんの他の短編集も読んでみたいと思うのですが、おすすめのものはありますか?
あればぜひ教えてください☆

ちなみに、『ぼくの小鳥ちゃん』は読んだことあります。
内容は可愛らしくて好きなのですが、やはり長さが気になりました。

『つめたいよるに』の収録作品の中では『デューク』『草之丞の話』等が大好きです^^

Aベストアンサー

「すいかの匂い」が良いと思います。
江國さんも、昔と最近ではけっこう雰囲気が変わって来ているので……。
私は短編集では「つめたいよるに」と「すいかの匂い」が好きですね。
初期の頃が独特の雰囲気がいいと思いますよ。

個人的な好みですが……(^-^;
既読でしたら失礼。

Q江國香織、吉本ばななのおすすめを教えてください

江國香織さん
吉本ばななさん
の作品の中で、最高傑作だと思う作品を教えていただけますでしょうか。ちなみに私がこれまで読んだのは、
江國「つめたいよるに」「ホリーガーデン」「神様のボート」
吉本「キッチン」「白河夜船」「つぐみ」
などです。

Aベストアンサー

 江國さんの作品なら「きらきらひかる」をお勧めします。彼女のデビュー作です。
 とてもせつなくてやさしい、純愛物語です。

Q吉本ばななさんの「体は全部知っている」

今日、職場で持ち主不明の本を見つけたので読んでみました。
吉本ばななさんの「体は全部知っている」です。
私は吉本さんの本は「つぐみ」を読んで以来、二冊目です。

それでお尋ねなんですが、これは小説なんですか?
私は、吉本さんのエッセイだと思い込んで読んでいたんですが、本の中の「ミイラ」という短編を読んでいて、10代終わり頃の年齢と思われる主人公が、バックから携帯電話を取り出すところを読んでいて「もし、これが吉本さん自身のことなら、吉本さんが10代の頃には、まだバックに入るようなサイズの携帯は発売されていなかったはず。」と疑問に思いました。

あとがきを読んでいて「小説」と書いていたので、小説なのかな…と思ったのですが、なんか吉本さん自身のことにも思えて。

読んだ方はどう解釈しましたか?
教えて下さい。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ちょうど手元にその本がありました。
読み返してみましたが、出たしの「みどりのゆび」から、しっかり小説ですね。2つ目の「ボート」も吉本ばななさんの家庭事情とは全く違うし・・・

正直に私の感想を言うと、あとがきでご本人がうまくかけたとおっしゃているように、うまく書けすぎていて、どこかて読んだことのある、ちょっとありがちなウマい小説家の短編小説って、感じがします。

Q吉本ばななのTUGUMIに出てくる小説のデッドゾーンは

吉本ばななのTUGUMIに出てくる小説のデッドゾーンはステーブンキングの小説ですか、それとも別の小説ですか、教えて下さい。

Aベストアンサー

キングのデッドゾーンです。
吉本ばななは部類のキングファンで「キングの小説を読むことに幸せを感じる」とエッセイ等でよく書いています。
キングからの引用もけっこう多いです。
デッドゾーンはキングの作品の中でもかなりいい話なのでぜひご一読を薦めますよ。

Q星新一さんの作品で

星新一さんの作品で
「鏡の中の犬」という作品があるのですが、
収録されている本のタイトルがわかりません。

ご存知の方がいましたら教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

きまぐれロボット(角川文庫・理論社)
へんな怪獣(理論社)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報