保険会社を変更しようと検討中なのですが、某外資系自動車保険会社の見積もりの最、『人身傷害補償担保特約』と言うものが出てきました。
これを付けるのと付けないのでは、値段がかなり変わってしまうのですが、これの意味すら分かりません。
具体的にはどのような物なのでしょうか??
やっぱりつけた方が良いのでしょうか??
つけないときのデメリットとは何なのでしょうか??
自賠責保険で、これに対応する部分は無いのでしょうか??

ハテナマークだらけで申し訳ありませんが、宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

myu2001さん、こんばんは



>具体的にはどのような物なのでしょうか??

人身傷害担保特約というのは、過失割合を問わず、記名被保険者(保険証券に記載されている保険金を受け取る方の名義)とその家族は自分の自動車や他の自動車に搭乗中、あるいは歩行中の事故などにあわれた際に支払われる保険です。
通常保険というのは自分の過失割合の分は出ません。

例えば過失割合をAさんが40%、Bさんが60%とし、お互い100万円の治療費がかかる事故を起こしたとします。
今まではどんな保険でもAさんには60万、Bさんには40万しか払われませんでした。
(自分の治療費は搭乗者傷害保険、相手への治療費は対人(自賠責含む)保険で支払われます)
ところがこの人身傷害補償担保特約というのは、自分が被った損害を全て補償してくれるので、上記の例でAさんがこの特約(保険会社によっては独立した保険になってますが)を付けると、100万円の補償が受け取れるわけです。

また通常の保険では相手方との示談交渉が必要な場合でも保険金額以内の事故であれば、その必要もありません

※もちろん人身傷害補償担保特約の保険金額が100万円以上だと仮定してます。
 またおおまかに説明しているので厳密にいくと語弊があるところもありますが、
 ご勘弁を・・・

>やっぱりつけた方が良いのでしょうか??

等級が高くて元々の保険料が安く、余裕があるようであればつけたほうがよいでしょう


> つけないときのデメリットとは何なのでしょうか??

上記の例でもありましたが、事故を起こしても過失割合の分は、差し引かれて保険金が支払われることです
人身傷害補償を付けていればもし過失割合が自分は100の事故であっても保険金が支払われます

>自賠責保険で、これに対応する部分は無いのでしょうか??

残念ながらありません
自賠責保険は被害者の救済にあてられるもので、任意保険の対人賠償保険にあたるものです
自分のケガ・死亡については補償がありませんので、ここが大きく違います

以上つなたい説明ですが、ご参考になりますでしょうか?
細かいところは保険会社によって違いもあるかとは思いますが、基本的な性質は上記のとおりです
とても便利な保険ですが、負担も大きいのでよくお考えになって下さいね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

保険はいろいろなものがあるのですね。。。
今までは、親の知り合いの保険に言われるまま入っていて、今回自分でなるべく安いところを探そう・・・と言う事で今回の疑問が出てきました。
いろいろな言葉を知っていくに連れ、便利だったり、そうでなかったりといろんな問題が出てきています。。。
細かな詳しいご解説でとても参考になりました。
ありがとうございました♪

お礼日時:2002/03/20 22:42

少し無理をしても加入してください。


先に説明がされているので、補足を少しします。
自分の過失部分は、相手から賠償してもらえないことは説明されていますが、貴方の過失が多い場合には、いくら治療費が高額でも相手保険会社は、医療費の立替をしてくれません。過失が少ない場合は立て替えてくれます。

相手がいればいいのですが、自損事故の場合は、治療費の立替はだれもしてくれません。まして、家族が同乗していてケガをした場合には、自賠責の120万円以外は、任意保険の搭乗者保険が完治後に支払われるだけです。しかし、180日分が最高です。蓄えがない場合また、治療が長期になった場合には、加入をしていないと困ることになると思います。
 家族は、任意保険では対人の賠償の対象外です。自賠責は対人の提唱になります。ややこしいですが、

難しいですが、人身傷害に加入しているとどのような事故にあった場合でも蓄えを崩すことなく治療費を全額保険会社が立替払いしてくれる。しかし、自分が過失があった場合でも その部分の休業損害・慰謝料を全額保険会社が支払ってくれる。
理解しててたたけましたか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

専門家さまからのご意見とても参考になりました。
やっぱり『もしも』を考えるのが保険だと思います。
様々な『もしも』を想定して、気持ち的な部分での安心を買うものだと思います。
それらを想像すると、やはり加入した方が良いですよね。。。
いろいろと調べてみて、素人はあまりにも保険について何も知らないという事を
知りました。
ご回答ありがとうございました!

お礼日時:2002/03/20 23:04

えーと


詳しいことはわからないので、下記サイトに、かなり詳しくのっていましたので、
見てみてください。
今回の質問以外でも、かなりのことが、詳しく乗っていました。
参考になると良いのですが。

参考URL:http://homepage2.nifty.com/kimichan/ai_top.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
URLかなり参考になりました。
今まで自分は自動車保険について何も知らなかったんだなぁと言う事を
思い知らされました。。。

お礼日時:2002/03/20 22:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qバイクで当て逃げに会いました自分の人身傷害保険を使う時には

バイクで当て逃げに会いました自分の人身傷害保険を使う時には

Aベストアンサー

当て逃げ?
怪我をしたならひき逃げです。
警察に届けてから、保険会社に連絡してください。

Q人身傷害補償特約と搭乗者傷害補償について

自動車保険についてですが、
ある人から、

「人身傷害補償特約をつけてたら、搭乗者傷害補償をつけても保険料のムダだよ。
人身傷害補償特約だけつけてたらいいんだよ」

と聞きましたが、本当なのでしょうか?

この2つの特約の違いもいまいち分かりません。
併せて教えて下さい。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

決して保険料の無駄にはなりません。
両方の意味を正しく理解していない人の
言葉です。

三井住友海上は搭乗者傷害を昨年7月の改定で
なくしましたが、代理店・契約者の猛反発で
今年7月から復活します。

人身傷害で十分な補償を受けられない場合の
補完的な役割を搭乗者傷害保険は果たしているのです。

例えば高齢者には死亡などの場合には人身傷害はほとんど
支払われませんが、搭乗者傷害は年齢に関係なく支払われ
ます。

Qこんな場合、運転手に責任はあるの? 無いの?

出会いがしらの事故って多いですよね。

で、車対自転車の場合、大半は車の運転手の方が責任を問われるケースが多いのかなと感じています。

たとえば、こんな場合、運転手の責任はやっぱり問われるのでしょうか?

優先道路を走行していた車があって、見通しの悪い交差点を注意しながら通過しかけていました。 信号はありませんが交差する道路は一旦停止の白線があります。 そこへ携帯でメールをしながら一旦停止を無視して交差点に突っ込んできた自転車 ・・・

あわや接触事故というところで車は急ブレーキで停止しましたが、自転車の方も避けようとして自分で転倒。 直接の接触は無かったですが、ひどい倒れ方をしたため骨折の重傷。

さてこんな場合、仮に直接の接触なり衝突は無かったとしても、車の運転手に何らかの責任はあるのでしょうか? またそれは物損? 人身?

ちょっと気になったので質問してみました。 因みに実際にあった事故ではありませんので、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

http://自転車保険.net/jiko/bassoku.html

責任がないとは言えません。
交差点、自動車と自転車、完全に停止しているところに突っ込んでくる以外は、過失割合は出てきます。

一時停止を怠った自転車が、貨物自動車に衝突をして自転車の女子高校生が死亡したケースでは、加害者も交差点安全進行義務違反には問われましたが、被害者側の過失も大きいとして損害額(賠償額)から40%減額を命ぜられた。というのがあります。

自転車側に一時停止の標識・表示がある場合の基礎点数は自転車40%、自動車60%です。
で、自転車が高速度で進入した場合は自転車に+10%
自転車の重過失があった場合は、+15%です。
携帯電話の使用や一時停止不履行は充分に重過失だと思いますよ。

事故があった場合は、必ず、何らかが関係して事故は起こりますから、全く責任無しはあり得ません。
物損か、人身かは調書を取った警察官に因ります。

Q人身傷害保険、搭乗者保険、歩行者傷害特約、及び一般の疾病保険

過去問も見たのですが、自分のケースで再確認させてください。まもなく任意保険の更新です。対人賠償無制限、人身傷害4000万円、搭乗者(部位別)500万円をつけています。一般の疾病保険でも家族は全員医療保険に入っていて、家族以外の人がほとんどンらない場合、搭乗者保険は削ってもかまわないのでしょうか。
それと、歩行者傷害特約というものがあり、今までつけていませんでしたが、今ひとつ説明がわかりません。
「 対人賠償保険は、自動車事故で他人(歩行者、相手の車に乗っていた人、ご自身の車に乗せていた人など)を死傷させ、法律上の損害賠償責任を負担された場合で、自賠責保険で支払われる金額を超過した金額について、保険金をお支払いします。
また、対歩行者傷害補償特約とは、対人事故の被害者が歩行者の場合に、被害者の損害額(人身傷害保険の支払い基準(注1)に基づいて算出される金額)が、対人賠償保険または自賠責保険等で支払われる保険金を上回るときには、保険金をお支払いします。(注2)
被害者に過失がある場合でも、対人賠償保険の保険金に上乗せして保険金が支払われるため、事故が円満、敏速に解決しやすくなります。 人身傷害保険を付保している場合に付帯できます。
(注1) 人身傷害条項の損害額基準
(注2) 対人賠償保険の保険金が支払われる場合
(対人賠償の被保険者が、法律上の損害賠償責任を
負担する場合で、自賠責のみの保険金支払となった場合を 含みます)に限ります。 」

となっています。対人も人身傷害もつけていて、歩行者傷害をつけてなかったために起きる不都合、というのはどういうケースがあるか、保険会社に問い合わせましたが、「個々のケースは一概に回答できない」とのことでした。本当にあったほうがいい特約なのでしょうか。

過去問も見たのですが、自分のケースで再確認させてください。まもなく任意保険の更新です。対人賠償無制限、人身傷害4000万円、搭乗者(部位別)500万円をつけています。一般の疾病保険でも家族は全員医療保険に入っていて、家族以外の人がほとんどンらない場合、搭乗者保険は削ってもかまわないのでしょうか。
それと、歩行者傷害特約というものがあり、今までつけていませんでしたが、今ひとつ説明がわかりません。
「 対人賠償保険は、自動車事故で他人(歩行者、相手の車に乗っていた人、ご自身の車...続きを読む

Aベストアンサー

個人的見解に対して「理解できない」というカキコミは面白くないですね。別に他の回答やアドバイスをかかれる人を説得しようとは思いません。しかしこの特約の役割に疑問を感じることは事実なのでもう少し書かせていただきます。

「対物超過」にしろ「歩行者…」のしろ、法的義務以外の部分にまで支払いをするということは同じです。しかし「対物超過」は法的賠償義務を超えた範囲であっても、あくまでも過失割合を適用します。つまりどんなにごねても自分の過失分が埋まることはありません。しかし「歩行者・・・」は歩行者側の過失分についてまで支払いをすることになります。つまりどんなに過失があろうともごねれば自分の過失分が消えることになります。ここがふたつの特約の大きく違う点です。

確かに事故処理の簡素化という点では有効だと思います。しかし「相手の過失分を自分の保険でカバーする」ということに納得できません。

これらの違いを理解したうえで、自分にとって特約が必要なのかどうかを判断するべきです。保険を売る側に「内容もお任せ」であればそれもいいとは思います。しかし「本当にあったほうがいい特約なのでしょうか。」といった疑問を持つ限り、中身をよく理解した上で判断されるといいでしょう。同じ特約でもいろいろな考え方があります。

個人的見解に対して「理解できない」というカキコミは面白くないですね。別に他の回答やアドバイスをかかれる人を説得しようとは思いません。しかしこの特約の役割に疑問を感じることは事実なのでもう少し書かせていただきます。

「対物超過」にしろ「歩行者…」のしろ、法的義務以外の部分にまで支払いをするということは同じです。しかし「対物超過」は法的賠償義務を超えた範囲であっても、あくまでも過失割合を適用します。つまりどんなにごねても自分の過失分が埋まることはありません。しかし「歩行者・・...続きを読む

Q交通事故 物損 人身について

先日、バイクに乗っていて車と接触事故を起こしました。
警察の方に「物損で処理しますか?」それとも「人身にしますか?」
と言われ物損にしましたが未だにどちらが正解だったか分かりません。
物損、人身の違いとどちらにすべきだったか教えてください。

Aベストアンサー

あなたが入院あるいは通院するような怪我をしたときは人身事故にします。人身事故になると相手が任意保険に入っていると修理代、怪我の治療費のほかに慰謝料がもらえます。
物損事故の場合は怪我をしなかったとき、怪我をしても1回くらいの通院ですんでしまい、あとに問題を残さない状態のときなどです。補償はバイクの修理代くらいになります。
なお、加害者にとっては人身事故より物損事故のほうが断然有利です。

Q人身傷害補償担保特約について

自動車を2台所有し、それぞれ任意保険に入っている場合の人身傷害補償担保特約についての質問です。人身傷害補償担保特約は、被保険者所有の自動車での事故以外でさえも適用されると思われますので、2台所有する場合には、1台目の自動車保険で人身傷害補償担保特約に入っていれば、2台目の自動車では人身傷害補償担保特約に入る必要はないと考えてよろしいのでしょうか(1台目の保険の人身傷害補償担保特約が適用されるので)?保険については、ド素人です。トンチンカンな質問をしていたらすみません。父親(別居)から譲渡されたクルマを今度、乗ることになりましたので質問しました(保険は切れてます。)。

Aベストアンサー

>(1台目の保険の人身傷害補償担保特約が適用されるので)?

2台目の車がご質問者および家族名義の車両であれば、1台目の車の人身傷害補償は適用にならないので、2台目の車にも人身傷害補償を付ける必要があります。
2台目の車については「搭乗中のみ担保」にすれば保険料節約になるのは、他回答通りです。

Q質問は簡単ですが なんで日本での自殺率はそんなに高いのですか。電車人身事故とか、死ぬ前に他人を迷惑

質問は簡単ですが

なんで日本での自殺率はそんなに高いのですか。電車人身事故とか、死ぬ前に他人を迷惑をかけたいと思ってんの?

日本での留学は今まで4年間で、周りの電車の人身事故の数、数えれば切りがないほどです。

Aベストアンサー

直接の原因は過労や失業、倒産、いじめなどが挙げられるのですが、自殺によって自身の名誉を守る、責任を取る、といった倫理規範として自殺がとらえられている側面が日本にはあります。
これはアジアにおいてよくある考えで、他にはキューバなんかもそういう傾向らしい。
最近では韓国が日本を抜いてOECD諸国の中では最高になったみたい。
ちなみに韓国は世界3位で、日本は世界7位。

>電車人身事故とか、死ぬ前に他人を迷惑をかけたいと思ってんの?
自殺まで考えるような場合、他人に迷惑かけたいとかそういう考えに至らないレベルの精神状態らしい。
ふとした時に思い立ったまま自殺しちゃったり。
ある程度冷静でまともな精神状態の時であれば、それこそ他人に迷惑かけるとか、家族が悲しむって考えて思いとどまる。

Q車両保険+人身傷害補償なら、弁護士特約は必要なし?

いつも「マネー > 保険 > 生命保険」での回答者です。損害保険でわからないことがありますので御教授願います。

標記の件についてですが、人身傷害を付帯すればこちらの損害賠償金を回収する必要がなくなるので弁護士費用は不要と思うのですがいかがでしょうか?

Aベストアンサー

NO1さんの書き込みにも一理あると思います。
弁護士費用は無過失部分について、保険屋が対応できないが故の特約です。
一方で、弁護士がいくら取りたて回収行為をしても「ない袖触れぬ輩」には取りようがありませんし、暴力団・質の悪い輩ではどうでしょう? また交渉が長引けば結局目先立て替えしなくてはなりませんし、経済的負担もまします。
このようなことを、考慮すれば弁護士特約ははたしてどうなのか?そんな疑問も持ちますが、念には念を入れて付帯もそれなり必要かもしれませんが?
保険料は年間2,500円前後?かな?

自分補償を自己防衛的に加入していれば、自分の保険を使ってさっさと補償して貰い、賠償請求権が保険屋に移行したところで取りたて回収は保険屋に任す、取れる回収できるかどうかは保険屋さんでどうぞ・・・
ですね。

人身傷害補償は搭乗中以外の補償も担保で加入すれば、同居の親族・別居の未婚の子の交通事故については全員補償されますし、自動車保険種類によっては更に交通乗用具に起因する傷害事故までカバーします。
例えば、自転車・乳母車・ベビーカー・エレベーター・エスカレーター・身体障害者用車いすなどなど、です。 いわゆる交通傷害補償もOKです。
むしろ個人賠責特約付帯されれば、自転車の対人・対物賠償は示談交渉付き、これでOK 自分補償は人身傷害補償で担保されます。

したがって、その車だけでなく、広い範囲で補償があることも理解しておく必要がありますね。

NO1さんの書き込みにも一理あると思います。
弁護士費用は無過失部分について、保険屋が対応できないが故の特約です。
一方で、弁護士がいくら取りたて回収行為をしても「ない袖触れぬ輩」には取りようがありませんし、暴力団・質の悪い輩ではどうでしょう? また交渉が長引けば結局目先立て替えしなくてはなりませんし、経済的負担もまします。
このようなことを、考慮すれば弁護士特約ははたしてどうなのか?そんな疑問も持ちますが、念には念を入れて付帯もそれなり必要かもしれませんが?
保険料は年...続きを読む

Q任意保険の慰謝料についての質問です。 人身傷害保険で現在治療に通院してますが、契約の保険会社からは、

任意保険の慰謝料についての質問です。
人身傷害保険で現在治療に通院してますが、契約の保険会社からは、「あなたの今回の事故は加害者が特定できないケースですので、自賠責は使ってません。」と言われました。
契約先の保険会社の方で、「治療費」を直接病院に支払いして貰ってます。そして、治療の終了後に「慰謝料」を支払って頂けるようですが…自賠責の様に、この場合の任意保険からだけの場合での「慰謝料の計算表」(何ヵ月通院したら、慰謝料は○○万円…と書かれた資料の件です。)は存在しているのでしょうか?。損保★★★★★の方から事故後に送られてきた資料には…全く、この点での詳細は書かれてませんでしたので…御存知の方に御聞きしたいと…今回はじめて、このサイトを利用させて頂きました。何卒よろしくお願いします。

Aベストアンサー

保険会社はこちらから言わなければ具体的な計算式などを一切伝えず最終金額のみを書面で伝えてくることがよくありますよ!
任意保険基準にだといくらでも誤魔化してきますので注意が必要です。
自賠責基準が通院一日4200円ですが、私の経験上4000円を切るのが任意保険基準になるかと思われます。
通院期間や金額が分からないので具体的には言えませんが、場合によっては弁護士に依頼すればかなりの増額が見込めることもありますよ!
詳細追加していただければもう少し具体的なアドバイスが出来ると思いますが…

Q自損事故保険と人身傷害補償特約

こんにちは。
人身傷害補償をつければ、自損事故保険を不担保にした方が良いと言われていますが。

人身傷害補償をつければ、自損事故保険を本当に不担保にしても大丈夫でしょうか。

また、大丈夫な場合、なぜ大丈夫なのか、あるいは大丈夫でない場合、なぜ大丈夫でないのか、教えてください。

Aベストアンサー

自損事故じゃなしに「搭乗者傷害」と混同されているのではないかと思われますが如何でしょうか?
簡潔に言います。人身傷害にさえ入っていましたら、よほどの重度の後遺障害でもならない限り1名あたり5,000万円前後の補償をつけていれば、例え搭乗者傷害を付帯されていなくても万が一ご自身や同乗者がおケガされた場合でも一応十分な補償はしてもらえます。 そこで搭乗者傷害とは何ぞや?ってことになるんですが、人身傷害が付帯の場合、搭乗者傷害の部分はプラスαでもらえるオマケの保険金と思っていただければいいのかと思います。 ここからはあくまで個人的な意見を述べさせていただくのですが、搭乗者傷害を付帯されるのであれば少し保険料はUPしますが「部位・症状別払い」にされるより「日数払い」のほうが私は好きです^^; 


人気Q&Aランキング