『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

福岡から東京まで「のぞみ」に乗りましたが、本州~広島~新大阪とすごい横揺れで、車内の売り子さんもよろける位ひどいものでした。
PCを広げて仕事をしようと思いましたが、PCは机から飛びそうになるし、目が疲れて気持ち悪くなるなど、散々でした。
300kmで早いとはいえ何でこんなに揺れるのでしょうか。軌道のせい?車輛のせい?速度のせい?気のせい?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

こんにちは。


鉄道会社で乗務員をしております。

横揺れの要因として考えられるのは、 

● 傾きなどのレールのズレや、レールの摩耗。
設計値プラスマイナス数ミリと誤差が設定してあります。
誤差が許容範囲ギリギリになって、初めて修復ではなく、ある程度ですぐ修復に入るので、安全上は大丈夫です。

修正の直前の箇所と、修正してすぐの箇所では、誤差値が違うので揺れの違いが出ます。

● 車両のどの辺りに乗ったかで、揺れは異なります
車端ほど(ドアに近い程)、揺れは大きいです。
また、列車の最後尾は、対向列車の風圧や引っ張られる環境ゆえに特に揺れが大きいものです。

● 在来線と比べると、揺れは元々大きいものだったりします。

● 新幹線の信号保安設備はATCと呼ばれるものです。
運転席に速度が表示され、その速度を超えると自動でブレーキが掛かるというモノです。
常に列車速度を監視しています。

なお、遅れているから→ATC信号の速度が上げる
・・・・といった事は、システム上有り得ません。

ATCは最も速度超過の出来ないシステムです。
乗務員の都合で、速度を変えられるようなものではありません。

JR東海で、ATC受信機が不良が有り、線路が270キロの信号を送り、運転台には速度270キロの指示が出ていたのに、受信機から車両の指示が不良だった為に、時速280キロまでスピードが出てしまい新聞記事になってしまった事例はありますが、速度につきましては適切だったと推察されます。

● 車種にもよる
新幹線の技術は日進月歩であり、フォーミュラーカーの様な世界です。

「最初の『のぞみ』」
「初めて時速300キロ運転」
・・・・といった車種は、もちろん旅客を乗せての安全性や快適性を考慮してデビューをさせています。

しかし、その「初めての○○」を実現する為に、今までの車種より元々、

揺れが大きい、
車両の天井が狭く、窮屈感が有る。
・・・・といったケースがあります。

ギリギリの設計だからというより、後継車種がその分進化した技術取り入れている為に、そう映ってしまったというのが本当のトコロなのですが。

300系や500系のように、「初めて」や「最初の・・・・」がつく車種は、揺れが大きい傾向があり、そのフィードバックが、700系や、この度登場するN700系に反映されているのです。

安全上の問題は無いかと思います。
時刻表にも車種が書いてあるケースもあるので、時刻表も参考になさってみてください。
    • good
    • 1

過去にレールスター(700系)に乗りましたがやはり気持ちの悪い揺れでしたね。

左右に振れるバイブレーションみたいな感じでイヤでしたね。
あと座る位置にもよるようです。中央部のほうが若干揺れが少ないようですね。速さをうたっていますが、これでしたら寝台でも良いかなと思いました。飛行機のほうが揺れないかもしれませんね。
    • good
    • 1

1つめは、速度的な問題があります。


建設当時、高度成長期だったため、(現在に見合った)しっかりとした高架橋やトンネルの建設とまでは行かないまま、開業し、阪神・淡路大震災で「手抜き工事」となり、さらに開業から年月が重なっているため、耐久力的なものもあります。

2つめは、レールに問題があります。
ドクターイエローでほんのわずかなレールのずれを約10日間に一度検査し、夜間に以上のあったレールを修復するということをしています。
ほんのわずかでも、高速運転することによって、左右にゆれることがあります。 もし、横にコーヒー(カップベンダー)をおいて、相当(はみ出るくらい)ゆれるようでしたら、レールに異常があります。
>売り子さんもよろける位
たまによろけます。 売り子さんが押す、台車にも若干問題があるときもあります。
ぼくは、一番入り口に近い席で座っていたら、ドアが開き「失礼します。」と一礼した後、「ゴン」ってうしろから軽く台車でつつかれました。(笑)

3つめとしては、車体に見合った営業速度で走っていなかったことも考えられます。
若干はダイヤに余裕を作っているそうですが、お客さんの数秒での乗り遅れとか、接続待ちとかで、遅れてぎりぎりまで、ATC速度を上げることもあると思います。 あとは、(駅構内に入る)ポイントでゆれることもあります。

もし、乗った車両と同じ番号(出入り口デッキ付近に○○○-××××←車両形式(500系-N番目に製造)と番号があるので)だったら、メモをしておき、同じように仕事をして置いてください。 それでもゆれるようだったら、JR西日本に聞いてみましょう。
    • good
    • 0

速度のせい

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q揺れる新幹線について…

ちょっと前にも振動に関する質問を出している方がいらっしゃいますが、
新幹線の揺れについて質問させてください。
昔は、乗り心地を「ウリ」にしていて、
「立てたタバコが倒れません」なんてのをテレビで見た覚えがあります。
ところが今は、かなり揺れています。

何年前かに「乗り心地よりスピード」みたいに
乗り心地を優先しなくなったキッカケみたいのは
あったのでしょうか?
それとも、だんだんと乗り心地を気にしなくなったのでしょうか?

漠然としていてすみません。詳しい方いらっしゃいましたら、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

◆Naka◆
確かに#5さんのおっしゃる、「開業当時の200系新幹線」列車が「立てたタバコが倒れない」ことを売りにしていましたね。
現在は大分揺れるようになってきました。

原因の1つは運行速度の上昇によるもの、つまり開業時は最高速度210km/hでしたが、現在は速達型で275km/h(宇都宮~盛岡間)、その他の車両でも240km/hになっていますから。
そしてもう1つは、建設当時には万能のように思われていた「スラブ軌道」が、長年の使用により疲弊してきたことが原因です。(それでもスラブ軌道のメリットは大きいですが)
また副次的な理由として、レールの磨耗も挙げられます。もちろんレールは定期的に交換したりならしたりされていますが、カーブの多い日本の新幹線の場合、どうしてもレールの側面が削られやすい構造になっています。
このわずかな「削れ」が、高速走行中の列車に微振動を与え、それが増幅されて横揺れにつながっているわけです。

だからと言って、乗り心地を優先しなくなった、というわけではありません。
最近の車両では、この横揺れを低減するために、「アクティブサスペンション」を搭載するものが増えてきました。
特に、主に「はやて」に使われているE2'系1000番台車などは、一部の車両にフルアクティブサス、その他の車両にもセミアクティブサスを搭載し、新線区間である盛岡~八戸間では、往年の「タバコの倒れない」乗り心地を彷彿とさせる走りっぷりを披露しています。
http://www.takagi-ryo.ac/docs/id/156/

現在、世界中の高速鉄道で、日本の新幹線に一番追いついているのはドイツのICEでしょうか。
確かに営業最高速度では、新幹線、TGV、ユーロスターが300km/hで並んでいますが、加速度、運転間隔、、安全性、騒音の少なさ、正確さにおいて、新幹線は他の高速鉄道の追随を許さないレベルの高さを持っています。
一般にヨーロッパの高速鉄道は、#4さんのおっしゃるように、山もトンネルもない平原をまっすぐ走るだけのものが多いということと、加えて先頭の機関車で残りの客車を引っ張る方式が主流であるため、概して乗り心地はいいものが多いのですが、日本に持ってきて1本の営業列車として新幹線区間を走ることができる(もちろん軌間など合わせて)車両は皆無です。
途中で分解するか、加速が悪すぎて後続列車に追突される(実際にはATCで、あり得ませんが…)ことになるでしょう。
フランスあたりでも、最近はプライドを捨て、日本の新幹線に倣って全車モーター方式を取り入れようという動きがあります。どうしても新幹線の表定速度記録(広島~小倉間)を抜けないのが悔しい、というのもあるようですね。
つまり日本の新幹線は、入り組んだ地形、移動人口の多さ、人口密度から来る駅間距離の短さ、環境問題等、実に様々な問題をクリアしながら運営してきたことが、世界一の高速鉄道を育んできた理由になるでしょう。
その中で、JR各社は必死に速達性と乗り心地を両立させようとしている最中である、と言えるかもしれませんね。

◆Naka◆
確かに#5さんのおっしゃる、「開業当時の200系新幹線」列車が「立てたタバコが倒れない」ことを売りにしていましたね。
現在は大分揺れるようになってきました。

原因の1つは運行速度の上昇によるもの、つまり開業時は最高速度210km/hでしたが、現在は速達型で275km/h(宇都宮~盛岡間)、その他の車両でも240km/hになっていますから。
そしてもう1つは、建設当時には万能のように思われていた「スラブ軌道」が、長年の使用により疲弊してきたことが原因です。(それでもスラブ軌道のメリットは...続きを読む

Q新幹線の横揺れ

本日、東北新幹線と東海道新幹線を利用しました。その時感じたのですが、東海道新幹線の方が横揺れがひどかったような気がしました。東京から名古屋までの利用ですが、スピードや線路の老朽化等理由が有るのか私の勘違いなのか、新幹線に詳しい方教えて
下さい。滅多に東北新幹線は使用しないので、考え過ぎでしょうか

Aベストアンサー

おはようございます。

東北新幹線と東海道新幹線を立て続けに乗ったときの私の印象なのですが、東海道新幹線から東北新幹線に乗ると東北新幹線はやけに硬いなという感じでした。やはりスラブ軌道という事なのでしょう。レールとの間にはゴムのシートの様な物を挟んで入るでしょうが。

東北新幹線から東海道新幹線に乗ると非常にソフトでしかもよく揺れるというか振られる感じでした。
路床が砂利のためとカーブがきついためなのでしょう。

特に熱海、静岡、浜松は徐行するとコケルかと思うくらい傾きますから。

新幹線では分かり辛いですが、在来線などの通過するのを見ていますと車軸が通るとレールが沈み込んで戻るのが分かりますが、東海道新幹線も同じことが起こっていてこれが揺れやソフトな乗り心地なのではないでしょうか。

東海道新幹線は東京オリンピックに間に合わせるためにスラブ軌道ではないというのを見たような聞いたような。

スピードがスピードだけに砂利の交換頻度も大変な様で砂利が泥になってしまうと聞きました。
東海道新幹線も一気にスラブ軌道にすればより高速化できるのでしょうが今となってはどうにもならない。
そこで車両の方で工夫せざる終えないのではないでしょうか。

700系の横揺れ防止装置の次はN700系の振り子電車のようなカーブで傾ける装置と改良されていくようです。

おはようございます。

東北新幹線と東海道新幹線を立て続けに乗ったときの私の印象なのですが、東海道新幹線から東北新幹線に乗ると東北新幹線はやけに硬いなという感じでした。やはりスラブ軌道という事なのでしょう。レールとの間にはゴムのシートの様な物を挟んで入るでしょうが。

東北新幹線から東海道新幹線に乗ると非常にソフトでしかもよく揺れるというか振られる感じでした。
路床が砂利のためとカーブがきついためなのでしょう。

特に熱海、静岡、浜松は徐行するとコケルかと思うくらい傾きま...続きを読む

Q海外の新幹線はなぜ揺れも少なく静かなのですか?昨年スペインの新幹線に乗

海外の新幹線はなぜ揺れも少なく静かなのですか?昨年スペインの新幹線に乗りました。
東海道新幹線にはよくのりますが、比べてびっくり!驚きました。最高速は300KMを
超えるときもありましたから日本の新幹線と同じくらいだと思います。マドリッドとバル
セロナはちょうど東京と大阪の関係ですが運転本数は日本に比べればうんと少ないです。
連結車両数も半分くらいでした。

Aベストアンサー

私も、AVEに乗ったときは、東海道新幹線より静かだと思いました。ツーリスタクラスの座席の前後間隔は狭かったですが。

線路については、すでに皆さんが述べておられるとおりです。

日本の新幹線は、踏切を避けるため大半が高架路線ですが、東海道新幹線は開業が1964年と古く、線路の大半が土を盛った上に砂利をひいて敷設されています。

その後に建設された山陽新幹線や東北新幹線等は、コンクリートの足を立てた高架橋の上に、直接線路が精度良く固定されています。また、カーブの半径も大きくとられています。

この構造上の違いで、東海道新幹線より新しい山陽新幹線や東北新幹線の揺れは少なくなっています。AVEをはじめ、ヨーロッパの新幹線は地平を走っている部分もあり、線路の精度が良いと思われます。

日本の新幹線は、一般の電車と同じ構造で、客室の下に車輪の付いた2組の台車があり、その中に騒音源のモーターが入っています。

一方、スペインのAVEや韓国のKTX等、フランスのTGVをもとにした車両は、先頭車と最後尾車がモーターの付いた機関車となっていて、その間にはさまれた乗客が乗る車両には騒音源のモーターはありません(KTXは編成が長いため機関車に隣接する客車の機関車側の台車にモーターがあります)。

また、連接車といって、隣の車両との間にある1台の台車を共有している構造です。下記は、AVEの在来線バージョンのユーロメッドの写真です。AVEも同じ構造です。
http://www.geocities.jp/tabinosyasoukara/spain6.html
写真でおわかりのように、台車は客室部分にはなくデッキの下にあります。従って、デッキとドアで仕切られた客室内に、レールや車輪からの騒音が伝わりにくい構造になっています。

私も、AVEに乗ったときは、東海道新幹線より静かだと思いました。ツーリスタクラスの座席の前後間隔は狭かったですが。

線路については、すでに皆さんが述べておられるとおりです。

日本の新幹線は、踏切を避けるため大半が高架路線ですが、東海道新幹線は開業が1964年と古く、線路の大半が土を盛った上に砂利をひいて敷設されています。

その後に建設された山陽新幹線や東北新幹線等は、コンクリートの足を立てた高架橋の上に、直接線路が精度良く固定されています。また、カーブの半径も大きくとら...続きを読む

Q山陽新幹線と東海道新幹線はなぜ速度が違う?

本日広島から新横浜までのぞみで帰ってきました。
同じのぞみでも広島から岡山の区間はずいぶんゆっくり走っていたのに、大阪を過ぎるとぐんぐんスピードが上がってきます。私は以前にこまちにも乗ったことがありますが、東海道新幹線(大阪->東京)がもっとも速度が速い気がします。同じ新幹線でなぜ区間によって速度が違うのでしょうか?広島から岡山の区間に特にカーブが多いとも思えないのですが。。。。

Aベストアンサー

◆Naka◆
pochi-kunさんのおっしゃることが正しいです。
これに、あと2つ(+1つ)理由が加わります。
1つは、姫路~新大阪間では最高速度が抑えられていること。
もう一つ、山陽新幹線は防音壁が高いことです。

博多方面から乗ってくると、姫路を過ぎてしばらくしてから減速し、そのまま新大阪まで走っていきます。このため一層、東海道区間で速く感じられるのでしょう。

また東海道新幹線は設計が古く、マトモな防音壁などないに等しいですが、山陽区間を建設中の頃は、環境問題がクローズアップされつつあった頃ですので、防音壁が高く作られています。よって、足元にある近くの建物等が見えないため、速度感がなくなります。

さらに同じ山陽区間でも、特に広島~岡山間が遅いということはありませんが、今回tonton5775さんがお乗りになった区間では、一番線路の状態がいい場所(最も新しい)ですので、揺れや振動が少なく快適だったためでしょう。

さて、「こまち」についてですが、東京からお乗りになると、大宮までの最高速度は110km/h、大宮~宇都宮間は240km/h、宇都宮以遠で275km/hとなります。
つまり最高速度に達する頃には、外の景色への興味も失い、速度にも慣れていて、速さを感じられないのでしょう。
また、東北新幹線は宇都宮あたりまで、山陽新幹線にも増して防音壁が高く、ほとんど景色など楽しめませんから。

もう一つ、MAX(E1、E4)の2階席に乗ると、更にスピード感はなくなりますよ

◆Naka◆
pochi-kunさんのおっしゃることが正しいです。
これに、あと2つ(+1つ)理由が加わります。
1つは、姫路~新大阪間では最高速度が抑えられていること。
もう一つ、山陽新幹線は防音壁が高いことです。

博多方面から乗ってくると、姫路を過ぎてしばらくしてから減速し、そのまま新大阪まで走っていきます。このため一層、東海道区間で速く感じられるのでしょう。

また東海道新幹線は設計が古く、マトモな防音壁などないに等しいですが、山陽区間を建設中の頃は、環境問題がクローズアップされ...続きを読む

Q新幹線に酔います。

私は普段の乗り物酔いをするほうではありません。
バス、電車、車、飛行機どれも平気です。
ですが、どうしても新幹線だけがだめです。
あの横に小刻みにがたがた揺れる感じがなんとも・・・
新幹線は窓を開けることができないのでよけいに気持ち悪いです。

普段は新幹線を使わないようにしているのですが、今度、学校の行事でどうしても新幹線に乗らなくてはなりません。
しかも、新幹線の中でお弁当を食べなくてはならず、確実に気持ちが悪くなるんじゃないかと思います。

何か対処法はないでしょうか。
なぜ新幹線だけ気持ち悪くなるのでしょうか。

教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

直接の回答ではなく、更に正しいのか自信もないのですが、
後方車両より先頭車両の方が揺れが少ないと感じます。
ずいぶん揺れの強さが違うと感じるのですが、気のせいかも・・・(^^;)

Q東海道新幹線のスラブ軌道化について

東海道新幹線が高速化できない理由として、最小曲率半径とバラスト軌道のことがよくいわれます。

曲率半径の変更は莫大な土地の買収や工事を伴い、しかも予算と時間がものすごくかかるので現実問題として無理なのは分かります。ただ、素人からすれば、スラブ軌道化は夜に工事したり、どうしてもダメなところはほんの少し運転停止するなりして、何とか出来そうにも思えてしまうのですが、問題視されつつこれが実現化しないということはやはり何かが難しいんでしょうね。

何でスラブ軌道に変更に変更されないのか、詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

 スラブ軌道化も工事が大変ですが、それ以前に「スラブ軌道にしたから高速化が可能」というわけでもないという問題があります。バラスト軌道でも高速運転は可能で、添付写真のとおりフランスのTGVの各路線はバラスト軌道が中心で、東海道新幹線も軌道の種類に関係なく、もう少し曲線主体であればより高速な運転が可能になっていたかと思われます。

 スラブ軌道のメリットは、雪に強い(スプリンクラーで遠慮なく水をまける)、狂いが生じにくいので保守費用が低減できるというもので、そんなことから関が原だけはスラブ軌道にすればよかったなんていう話は良く出てきますが、工事が大変なので行われていません。保守費用の逓減については、重幹線でスラブ軌道でも狂いが生じるような場所だと、一旦狂いが生じた時にその修正にバラスト軌道以上の手間がかかるので、列車運行本数の多い東海道新幹線でスラブ軌道が最適かどうかには異論もないわけでもありません。軌道ではなく、路盤を一部コンクリート化して、その上をバラスト軌道にするという方法がいいのかもしれませんが。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:LGV_Est_Pomponne_01.jpg

 スラブ軌道化も工事が大変ですが、それ以前に「スラブ軌道にしたから高速化が可能」というわけでもないという問題があります。バラスト軌道でも高速運転は可能で、添付写真のとおりフランスのTGVの各路線はバラスト軌道が中心で、東海道新幹線も軌道の種類に関係なく、もう少し曲線主体であればより高速な運転が可能になっていたかと思われます。

 スラブ軌道のメリットは、雪に強い(スプリンクラーで遠慮なく水をまける)、狂いが生じにくいので保守費用が低減できるというもので、そんなことから関が原だ...続きを読む

Q東海道新幹線 「のぞみ・ひかり・こだま」は、時速何キロで走るのでしょうか?

タイトル通りです。

子供に聞かれて調べてみたのですが、根本的に、列車の事がサッパリ分かりません。

どなたか、教えて下さい。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

正確には、275km/hまで出すことが出来ます。

新幹線で使われているATC(自動列車制御装置)と呼ばれる信号システムでは、列車の速度が275km/hに達した時点で自動的にブレーキがかかり、これ以上の速度が出ないシステムになっています。
※山陽新幹線では、車両によっては285km/h・300km/hまで出すことが出来ます。

では、なぜ270km/hが最高速度とされているかというと、この速度での運行を原則としてダイヤの作成などが行われているからです。
実際に走ってもいい最高速度より若干低い速度を基準としてダイヤを作成することで、列車の遅れを回復させるための時間的な余裕を持たせているのです。

あと、No.2さんの方法では、速度の計算は出来ません。
これは、時刻表に掲載されているキロ数は運賃・料金を決定するための営業上の数字で、並行して走る在来線の線路を元に設定されていますので、実際の新幹線の線路の距離とはかなり異なるものになっているからです。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/自動列車制御装置

正確には、275km/hまで出すことが出来ます。

新幹線で使われているATC(自動列車制御装置)と呼ばれる信号システムでは、列車の速度が275km/hに達した時点で自動的にブレーキがかかり、これ以上の速度が出ないシステムになっています。
※山陽新幹線では、車両によっては285km/h・300km/hまで出すことが出来ます。

では、なぜ270km/hが最高速度とされているかというと、この速度での運行を原則としてダイヤの作成などが行われているからです。
実際に走ってもいい最高速度より若干低い速度を基準としてダイ...続きを読む

Q新幹線の乗り心地

N700系と700系の乗り心地について質問します。
以前、東京を行く時、のぞみN700系と乗って行きましたが、今回はひかりの700系を利用して行こうと思っております。
で、N700系と700系の乗り心地はどれくらいの差がありますか?

Aベストアンサー

「乗り心地」は「車両自体の振動」と「差席のすわり心地」の2つが
重なって皆さんの評価が変わってくるトコロなんですが・・・。

とりあえず、車両自体の振動という面からすると、「同じ速度なら」
という条件下なら、確かに形式が新しくなるにつれて徐々に良くなって
は来ています。700とN700だと差が大きくないのですが、初期型の300と
N700だと、明らかに違います。ただ、N700系は700系より飛ばしますから
横加速という面では700系に劣り、これを悪い乗り心地と考える人は居る
と思います。

問題なのは椅子の出来でして、これは軽量化のために形式が進むにつれ
徐々に「固く・薄く」なってきています。古い100系の3列シートなど
絶品だったんですが・・・。「椅子だけ」を見れば、N700系のシートは
700系に比べ余り出来は良くない、と私は思います。まあ、座るとフレーム
の歪みが感じられる300系よりはマシですが・・・。

ということで、座席と振動の一勝一敗、どっちでもお好きなように、
というのが結論だと思います。

ただ、これはあくまで「同じ整備状況で」という前提も付きます。
新車や整備直後の車両とそろそろ要整備の車両だと、前者の方が色々と
状態がいいことは言うまでもありませんが、どういう状態の車両が来る
かは、実際に乗ってみないと分かりませんし・・・。

「乗り心地」は「車両自体の振動」と「差席のすわり心地」の2つが
重なって皆さんの評価が変わってくるトコロなんですが・・・。

とりあえず、車両自体の振動という面からすると、「同じ速度なら」
という条件下なら、確かに形式が新しくなるにつれて徐々に良くなって
は来ています。700とN700だと差が大きくないのですが、初期型の300と
N700だと、明らかに違います。ただ、N700系は700系より飛ばしますから
横加速という面では700系に劣り、これを悪い乗り心地と考える人は居る
と思います。

問題...続きを読む

Q新幹線指定席の時間の前に自由席はOK?

タイトルどおりです。たとえば指定席13時に予約していて、7時の自由席に座るのはOKなのでしょうか?
ルール上OKなのかどうか?というのがひとつと、到着後、乗車時間前だから改札通るときに通れない、なんてことないでしょうか?

Aベストアンサー

問題無いかと思います。
改札を通る際に、どこの席に座っていたかなど分かるはずないし。乗車券と特急券さえあれば出れるはずですよ。

QATの左足ブレーキは危険なのですか?

私はATでは左足ブレーキを使うべきとの話を聞いたことがありますし、個人的にも左足ブレーキを使うことに賛成です。

でも、左足ブレーキは危険と考える人もいるようですが、何が危険なのですか?

たとえば、AT限定免許では、教習所ではどう教えているのでしょうか?

決して反論したいのではなく、何が危険なのか知りたいだけですので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#30です。
長文で申し訳ありませんが、以降の議論と参考URLを読んで再度投稿します。また「左足ブレーキのコーナー」の素晴らしい議論も参考にして頂きたいのですが、キャッシュ経由ですのでアクセスできなかったらすみません。http://66.102.7.104/search?q=cache:bGBKfPqUwMIJ:www2.gol.com/users/miyazaw2/hidariashi.html+%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%80%80%E4%BD%93%E3%82%92%E6%94%AF%E3%81%88%E3%82%8B%E3%80%80%E5%B7%A6%E8%B6%B3&hl=ja
たしかに左足ブレーキにも合理性はあり、私もゲームでは(笑)左足ブレーキ派です。踏み換えがない左足のほうがブレーキ操作は確実に速くなります。
しかし左足ブレーキの問題点は、
(1)フットレストに置いた左足には体を支える機能がありブレーキに使うべきではない:
減速Gがかかった際には無意識に左足をふんばり、また右カーブで強い左Gがかかった場合は、バケットシートで無い場合必然的に左すねをセンターコンソールに当てて自然に体を支えます。スポーツ走行しない方でも、危険回避等でそのような状況にはなり得ます。しかし、ブレーキを踏み始める時点ではそれほど減速Gはかかっておらず必ずしも体を支える必要がないとか、左ハンドル車の場合やフットレストの装備率の低さを考えると左足で体を支えることを意図して車が設計されているわけではないという反論も成り立ちます。
(2)左足ブレーキは馴れないとできない:
利き足の右足は微妙なコントロールの必要なアクセル・ブレーキに使い、不器用な左足はガツンと踏むクラッチに使うように(ATの場合は左足を使わないことを)教わりますので、左足ブレーキには慣れが必要です。しかし私は左利きですが逆に左足では微妙なブレーキコントロールが出来ませんので、これは利き足の問題ではなく、慣れの問題と思います。
(3)車は左足ブレーキを想定して設計されていない:
左足ブレーキの場合、考えてみるとフットレストで休ませていたら速く踏めるメリットが無いので、おそらく常に左足をブレーキ上で浮かせておくのだと思いますが、アクセルと違ってブレーキは通常そのように設計されていませんし、アクセルはほぼ常時踏んでおり足を乗せた状態ですがブレーキには乗せられません。左足ブレーキを常用されている方、実際のところ長時間の運転で左足は疲れないものでしょうか?また参考URLで指摘されているように、車によってはペダルの位置に問題があって左足の位置、角度自体がつらい場合もあるでしょう。足踏みパーキングブレーキも邪魔になります。
(4)パニック時の左足ブレーキ常用者の行動:
上記「左足ブレーキのコーナー」には、利点に触れつつも左足ブレーキ使用者がパニック時に両方のペダルを踏んでしまう傾向を指摘した意見が載っています。これはシミュレーションでは再現しないそうで、やはり(2)に関連して、実際に体にGがかかった危機に直面して無意識に両足を踏ん張り体を支えようとするためでしょうか?あくまで傾向ですので、きちんと踏める人の方が多いのでしょうね。残念ながら詳細は書かれておりませんので推測です。
余談ですが、サーキット走行ではエアコンなしのクソ暑い中でも少なくともドライバー側の窓は閉なければならないという規則が一般的なのですが、聞いた話によると、理由のひとつとしてプロドライバーであっても横転したときに体を支えようと、無意識に窓の外に手を出して怪我をする場合があるらしく、物理的に手を出せないよう窓を閉めるそうです。よってパニック時に無意識に両足を踏ん張ってしまうというのもなんとなく理解できます。

私自身左足ブレーキは少ししか試したことが無く、またとっさの危険回避時の科学的な有用性・弊害については判りませんが、左足ブレーキにも説得力のある利点があり、十分慣れた人であればよいのではと思います。しかし新たに左足ブレーキに挑戦してみようかなという方は、上記について意識しておいた方がいいのでは、と思っています。特に(4)が気になる点です。

参考URL:http://www.auto-g.jp/column/ura_trade/ura15/

#30です。
長文で申し訳ありませんが、以降の議論と参考URLを読んで再度投稿します。また「左足ブレーキのコーナー」の素晴らしい議論も参考にして頂きたいのですが、キャッシュ経由ですのでアクセスできなかったらすみません。http://66.102.7.104/search?q=cache:bGBKfPqUwMIJ:www2.gol.com/users/miyazaw2/hidariashi.html+%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%80%80%E4%BD%93%E3%82%92%E6%94%AF%E3%81%88%E3%82%8B%E3%80%80%E5%B7%A6%E8%B6%B3&hl=ja
たしかに左足ブレーキにも合理性...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング