今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

こんにちは

フロントに5ミリのスペーサー
リアに25ミリのワイドトレッサー
を装着しています。
ある事情(車検)により両方とも取り外されました。
装着はショップで取り付けていただきました。
装着時にショップの方が「別にセンターハブは装着しなくても両方ともホイールはセンターに装着できますよ!」と言われてその時は見送りました。
外された両方のスペーサーを自分で装着しようと考えています。
フロントの5ミリのスペーサーを噛ませてホイールを装着した場合は、たぶんセンターに取り付け出来るだろうと思っています。
しかしリアのワイドトレッサーはセンターに装着出来るか心配です。
実際に御自分で作業されてる方
このような場合は、センターハブの装着についてお意見をお聞かせ下さい!
ホイールは社外品で十分にニゲはあります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

No.2 です。



このあいだのかた でしたか、ちっとも気が付きませんで、すみませんでした。

全くの初心者さんなどではなく、研究熱心な車好きのかたでしたよね。ワイドトレッドスペーサーの確実な取り付けかたも、すぐに会得されようと研究されているのですね?

ワイドトレッドスペーサーは、単に工賃を浮かせようと見よう見まねでDIY取り付けされますと非常に危険なため、

「このあいだのかたのご質問」とは気が付かず、当方、No.2のところではワイドトレッドスペーサーについてはあまり触れずに、すみませんでした。



私がいいなあと思っているショップの中の一つは、例えば吉田興産さん(http://www.yoshidakosan.co.jp/index.html)ですね。

この(http://www.yoshidakosan.co.jp/order.html)ように、ハブ(車両)側のハブ径と、ホイールのセンターボア径を指定して作ってもらえるので、ハブリングなどは一切必要はなくなります。

つまり、オーダー時にご質問者様が正確にハブ径とボア径を測り、吉田興産さんが正確に商品を加工してくれれば、

この商品は、ピッタリと車のハブにはまり、この商品から突き出た円柱はピッタリとホイールセンターボアに入ります。

何よりも良いことは、ハブリングのようなパーツが出ないことです。

ホイールボア内にハブリングが残り、そのホイールを、ハブリングの残ったハブ側に付けてしまい、二重にハブリングが重なって付いて、そして、ホイールが走行中に外れた!!などという失敗は起き得ません。

難点は、違うホイールを付けようとした場合、ホイール側のセンターボア径が違うと、もう使えません。

スペアタイヤも付きません。(その場でスペーサーが外せれば良いですが。)



専用設計で特注ではなく、

http://www.night-pager.com/parts/tchc/page.html)のように、アウターハブリング式になっているものもあります。

が、

べつに、ワイドトレッドスペーサーとホイールとの間は、ハブ セントリック にはなっていなくてもよいような気がします。

ので、

この(http://www5.kannet.ne.jp/~azumaseiki/azupa002.html)ように、車両側とだけハブ径が合っていれば良いのでは?とも思います。


穴の位置と、スタッドボルトの位置が正確に合っていれば、この(http://www.rakuten.co.jp/t-wise/1138693/)ような、ハブにもボアにも付かないタイプでも問題は無いとも思います。


ご質問者様は、きっと、「どこのワイドトレッドスペーサーが一番良いの?(精度/強度 が高いの?)」という点が気になると思います。

この点につきましては、当方は、「良い(安心な)ワイドトレッドスペーサーなんて、あるの?」と考えているほうですので…。



もし私が選ぶとしたらですか?

そうですね、

選ぶ上での優先順位としては、1番は、精度 と 強度 ですね。ナットの穴と、ボルトの付いている位置が、確実な位置に付いている物。そして、スペーサーの厚みが均等な物ですね。材質がしっかりした物で、同じ薄さの物で比べて、より丈夫な物。これらの点を重要視します。


「ハブ径が合っているか?」や、「センターボア径(ホイール側)が合っているか?」は、どちらかというと どっちでもいいことですね。

順位としては、合わせるのなら「ハブ径(車両側)を合わせる」ほうが、先ですね。

ただ、薄いものですと、センターボア径(ホイール側)をピッタリ合わせておくことが重要な気もします(う~ん難しいですね、「薄い物は危険だ!クラックが入る」 と言っていることと同じ意味ですからね~っ。)。


No.2の、「ハブリングはハブのサビでガチガチに固着する」の話ですが、ワイドトレッドスペーサーなら、万が一固着しても、スライドハンマープラーにハブプラー(http://www.kyototool.co.jp/products/man/aud3.pdf)を付ければ、簡単に外せますね。
よって、ご予算に都合が付けば、ハブ側(車両側)がピッタリサイズの物をお選び頂くのも良いかもしれません。

センターボア側(ホイール側)は、もしどうしても気になるようでしたら、合わせることに反対はしませんね。ただ、例えば73mmや75mmなど、今お持ちのホイールに合わせて特注してしまいますと、スペアタイヤもそのままでは付きませんし、ホイールを買い換えた時にも使えなくなってしまいますね。

とりあえず純正と同じサイズのボア径のものでもよいかとも思います。その気になればハブリングも使えるわけですし。

No.2の通り、ご家族で運転されるお車にハブリングを取り付けることはお勧めできませんが、お使いになるかたがハブリングの危険性(デメリット)を良く知った上で、気を付けて使いさえすれば、ハブリングは否定されるべき物でもありません。


一番重要なことは 精度 と 強度 というわけですが、では、どこの物がいいの?という点につきましては、私のような一般人よりか、日々、各社ワイドトレッドスペーサーを販売している専門家(専門店)にお尋ねするほうが、専門店は経験上のいろいろな情報を持っていると思います。

例えば、ホイールでもそうですが、例えば、海外でWRC用ラリー車を造る人に聞くと、「あのメーカーのホイールは もの凄く丈夫だ。あの(別の)メーカーのホイールは すぐにグニャグニャになる。」といったお話は、よく聞けます。雑誌にもネットにも書いていない情報です。




さて、実際のワイドトレッドスペーサーの取り付け方ですが、

やはり1回目は、専門家に取り付け方の伝授を受けたほうが良いような気もします。どうやらお付き合いのある専門家(専門店)がいるとのことですので、これはできますよね?


(簡単に記載しますと、)

ジャッキアップして確実に車をリジッドラックで固定しておくことは、いうまでもありません。

リアでしたらサイドブレーキを確実にしておくことで、ワイドトレッドスペーサーのナット締めは最後までできますね。
(フロントの場合、ベンチレーテッドディスクの穴にドライバーを挿すなどして、回ることを抑えておきます。)

ワイドトレッドスペーサーを取り付ける前に、徹底的にハブ部全体をキレイにしておきます。特に、取り付け面と、ボルトの溝を確実にキレイにします。私なら、中性洗剤と硬い歯ブラシで徹底的に洗ってしまいますね。

キレイになったら(乾燥したら)、私が記載した “ホイールの取り付け方” と同じ方法で、ワイドトレッドスペーサーを取り付けます。トルクは自動車会社推奨値で良いでしょうが、ワイドトレッドスペーサー製作元側で締め付けトルク値指定がある場合は、そちらに従って下さい。

あとはホイールを付けて完了です。



注意すべき点は、後日、定期的な、ナットの増し締め(ワイドトレッドスペーサーを車両に取り付けているナットの増し締め)です。

以前、「ホイールの100km走行後の増し締め時にナットが回ることはない。ナットが回ったら、前回取り付け時の作業の失敗だ。」という内容のことを書きましたが(←これはこの通り正しいですが)、

ワイドトレッドスペーサーの場合はホイールの場合と多少違います。付け方が正しくても、ナットが緩むことがあるのです。

なぜなら、ワイドトレッドスペーサーが変形してきて、穴のテーパー部分が楕円形に広がる力で変形し、その結果ボルトのテンションでテーパー(穴)自体が広がっていってしまうのです。
(つまり、ホイールとは違って、徐々に破壊が起きているのですね。)

よって、定期的に増し締めが必要になってきます。増し締め時のトルク値は、取り付け時のトルク値と同じで良いです。 もしナットが回りましたら要注意です。(ホイールの時とは違い、ナットが回ったからといって、取り付けなおす必要はありません。)
もしナットが回りましたら、ワイドトレッドスペーサーの変形が始まっていることを意味します。(回らなかったら安全という意味ではありません。これを寿命のバロメーターにはしないで下さい。)
ナットの緩みが激しいようなら、ワイドトレッドスペーサーの交換を考えて下さい。




>1サイズ細い物にして車検対応を目指そうと思っています。

細い物とは、ワイドトレッドスペーサーの厚みが薄い物という意味でしょうか?

実は、ワイドトレッドスペーサーは、厚みが薄いほど、強度的にはかなり弱くなります。逆に、厚みが 25mm もありますと、強度や寿命の点ではかなり有利になってくるとは思います。日々の点検や増し締め(緩んでいないかのチェック)の必要は薄い物と同じように行なわないとだめですが、10~15mmの物のように頻繁に交換する必要はなくなってくるかと思います。
http://www5.kannet.ne.jp/~azumaseiki/azupa009.html

今まで 25mm のワイドトレッドスペーサーを付けていたお車は、付けた状態でタイヤホイールはフェンダーに収まっていたのでしょうか?

フェンダーからはみ出しますと法律違反になることはご存知だと思いますが、はみ出さないのであれば、より安全な厚めのワイドトレッドスペーサーをお選び頂いたほうが良いと思います。(ワイドトレッドスペーサーを付けるのであれば。)



>ローダウンジャッキが入らない車がありまして、その対策を考えてる段階です。

私の場合は、木の切れ端を使っています。タイヤの下に敷くのです。

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2433861)でNo.2様No.3様に教えて頂いたものを買っちゃっても良いですよね。高さが高いものですと、タイヤより前にフロントバンパー下スポイラーが当たってしまうので、それよりも低い物をお選び下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんは
いつもお世話になります。
研究熱心な車好きのかたでしたよね。>そう感じていただけて嬉しく思います。
我が家を代表して、私が色々と研究してるんです。
特に足回りは、お店にお任せしていた為知識不足で困っています。
今回も色々と伝授していただき感謝感激です!
このように深いとは思っていませんでした。(汗)
prop_and_jetさんの回答を読んで、簡単には決断できなくなりました。
まだまだ勉強してから、そして商品の決断をしたいと考えています。
prop_and_jetさんに回答していただいて、家族一同大変嬉しく思っています。
今後とも宜しくお願い致します。

お礼日時:2006/10/02 22:44

#3です。



>一般道では少し問題がありそうなので。>どのような問題でしょうか?

お礼の文面からオフセットの違いから、スペーサーの厚みを変えている様で、フロントとリアのホイールの出方を揃えているようですね。

これなら問題はないでしょうが、私が問題と言ったのは、リアのトレッド幅がフロントのトレッド幅より広い場合、走行性が不安定になる場合が生ずるという事です。FFでもFRでもフロントのトレッドが広くないと直進安定性が低下するようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再びの回答有難う御座います。
回答していただいた文面が気になりまたも質問してしまいました。
「問題ない」と行って頂き安心しました。
今後とも宜しくお願いします。

お礼日時:2006/10/02 22:30

質問には直接関係ありませんが。



>フロントに5ミリのスペーサー
リアに25ミリのワイドトレッサー
を装着しています。


トレッドがリアの方が広いようですが、サーキット走行用ですか?一般道では少し問題がありそうなので。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早急の回答有難う御座います。
トレッドがリアの方が広いようですが、サーキット走行用ですか? >前後約20ミリのオフセットの違いです。ワイドトレッサーは市販されてる物ですが、注記に競技用と記載されてたと思います。以前の車には30ミリを装着した経験があります。
一般道では少し問題がありそうなので。>どのような問題でしょうか?一応ボルトは競技用のロングに打ち換えています。

お礼日時:2006/09/30 23:56

まず、工具はお持ちなのですか?



といいますか、

確認なのですが、車検前まではそのホイールで全く問題なく、フロントは5mmのスペーサー、リアは25mmのワイドトレッドスペーサーが付いていたのですね?

そして、車検の時に外されたものは、全て返してもらってきたのですね?

そして、ホイールは同じものが付いていて、スペーサーやワイドトレッドスペーサーが付いていなくても、どことも干渉もなく安全に走れると。 ということですね?


お車と、ホイールのサイズとタイヤのサイズが分かりませんので、なんともいえませんが、

車検時に不可で外されたものを、車検後にまた取り付けるという行為は、そもそも法律違反になりませんか?


たしかに地域によってはスペーサーが付いていても車検に通ったなどという話は聞きますが、実際は危険なものですし、万が一の事故の時には保険もおりないかもしれません。
(この点は、私はご質問者様の保険会社ではないので分かりませんので、保険会社に事前にお問い合わせ頂きたいのですが。)

いずれにせよワイドトレッドスペーサーは、危険なものです。

詳しくは、
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2423946)の No.5 の

特に


下記は(http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2421125)の回答 No.6 としてお読み下さい。
(書いている途中に締め切りになってしまいまして、しかし今回のご質問の回答にもなっていますので、q=2412246のNo.6の続きとしてお読み下さい。)


>ワイドスペーサーをつけてタイヤを外側に出そうと思うのですが、ワイドスペーサーは危ないのですか?

 「車検に合格した」 なんて話もある物ですので、最初から否定する訳にもいきませんが、
 見るからに危険なように、危険でしょうね。
 使い方を間違わず、しっかりしたメーカーのものを使い、
 しっかりしたKnowHowで、正しく装着し、
 消耗品と考え 頻繁に交換し、
 「何かあったら全て自分の責任」と考えてしっかり点検していれば、 ……?

特に、耐久性ですが、『耐久性に関して 装着してから、1年間で3万キロ走行しても異常はありません。』
http://satouseiki.co.jp/ahead/
と記載がありますが、これをどう読むかですね。
「一年は大丈夫と読むか」と読むか/「一年以内には交換しなくては」と読むか、
または、
「3万キロは大丈夫」と読むか/「車重は常に掛かり続ける訳だから、全く乗らなくても一年以内ごとには交換しなくては。」と読むか。
ハブ ごと もげて、それが人にでもあたったら、大迷惑 では済みません。

使うとしても、最も信頼の出来るメーカーのワイドスペーサーを、上記の点に気を付けて、FF車で、軽いリア側のみに使用する位なら…。とも、思いますが。…。

☆必ず、採用を決める前に、ご質問者様の車検を受けるところに事前に行って、聞いてみて確認を取るようにして下さい。
車検に受からないものを付けて公道を走っては、何も起きる前から、それだけで違反です。
(地域によって、車検に通ってしまうところがあるようです。)



の部分をお読み下さい。

ご質問者様と、ご家族と、周りのかた全ての安全を考えましても、再びスペーサーやワイドトレッドスペーサーを取り付けることは、とてもお勧めできません。





>装着時にショップの方が「別にセンターハブは装着しなくても両方ともホイールはセンターに装着できますよ!」と言われてその時は見送りました。

よく、ハブリングは必要説を唱える人がいますが、外車でボルトでホイールを固定する車両でしたら必ず必要ですが、

国産車で平座(トヨタ純正アルミホイールのほとんど全て/三菱純正アルミホイールの何割か/ホンダの現行レジェンド)ナットを使用するタイプ以外は、ハブ セントリック ホイール(hub centric)(ハブがぴったり合うサイズ)である必要はありません。

これでブレると言い出す人は、付け方が間違っているだけです。

詳しくは、
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2422332)の No.6 (No.7に続く)の

特に


【ハブ部よりセンターボアの大きいホイールの、正しい取り付け方。】

ナットサイズの、1/2sq.ソケットレンチ(http://www.koken-tool.co.jp/catalog/img/main/han …)と、
長さ15~20センチ位の1/2sq.エクステンション(http://www.koken-tool.co.jp/catalog/img/main/han …)を用意します。
(例えば、Ko-ken 社製 4400M と 4760 )
この組み合わせを、ドライバーの様にして(2)や(3)のところで使います。


*タイヤを取り付ける場面です。すでにジャッキアップされて、古いホイールは外され、これから新たに付けるホイールを車に付けようというところからです。


(1) 車にホイールを付け、ナットを全て手で付けます(工具は使わない)。ナットを手で最後まで右に回し、最後は全てのナットを左回しに1ミリ位ずつ軽く緩めておきます。

(2) 手でタイヤホイールを上下にほんの少し動くことを確認し、タイヤホイールを持ち上げた状態で一番下のナット のみ を ゆるい力で、エクステンションのみ(4400M&4760)を使い、止まるまで締めます。次は対角の一番上、そして左右も順番に締めます。この時、最初から強くは締めません。ナットのテーパーがせっかくホイールのセンターを出そうとしているわけですので、そこをイメージしながら締めてやります。

(3) エクステンションのみで、上下左右対角の順番で何度も徐々に強く締めます。エクステンションをグリップに使い、ドライバーのように使うのです。

(4) その後、車載工具のナットレンチの最も根元(ナットに近い方)を握って 徐々に締め、そして それ以上の締め付けは トルクレンチを使います。

(5) トルクも、最初は20Nm→40Nm→60Nm→指定トルク へと上下左右対角の順番で何度も徐々に強く締めていきます。


こうすることで、ハブ部よりセンターボアが大きくても、正確に中心に取り付けられます。

センターボア径のピッタリ合った純正ホイールであっても、全く同じ方法で取り付けて下さい。
(センターボア径のピッタリ合ったホイールは、ハブ セントリック ホイール(hub centric)といいます。)

ハブリングといって、ハブ円柱状突起の径とホイールのセンターボア径のすき間を埋めるものがあり、これを勧める人がいるかもしれませんが、国産テーパー座面ナット(いわゆる普通の社外ホイールと国産車の組み合わせ)の場合は、上記方法でホイールを取り付けて頂くことで、ハブリングなど一切必要ありません。もし勧める人も、この方法でホイールを一度取り付ければ、二度とハブリングなど勧めないでしょう(なぜなら不要だから。そもそもハブに円柱突起が無い車もありますし。)。
逆にハブリングは、非常に危険なのです。ハブリングは、ハブ円柱突起の径とピッタリはまる金属リングなのですが、ハブはすぐに錆びますので、ハブリングなど付けていた暁には、このハブリングがガッチリ ハブに固着して、次に純正ホイールかスペアタイヤを付けた時に、ハブリングがじゃまでボルトが折れ、走行中にタイヤホイールごと飛んで思わぬ大事故になります。


ご自身でホイールを付けた場合、もし変な付け方をしてしまいますと ハンドルがブレるのですね。

そして、
「何でですか~?」と、誰かに聞く訳です。すると誰かが、「ハブリング、ちゃんと付けてる?」などと言い出すのです。


☆上記方法でホイールを付ければ、ハンドルはブレませんので、しっかりと上記方法を会得して下さい。



の部分をお読み下さい。


ハブリングは、取り付け時に便利(センターを出すことが目的ではなく、ナットを回す時にホイールが下がってナットが回し難いため。)なためだけに使うものです。

正確なホイールのセンター出しは、全てテーパーナットが行うものです。

逆に、(ちょっと不便ですが)現行型の新車(国産車)でも、ハブに円柱の突起など無い車両だって何車種も有ります。このような車両は、もともと ハブ セントリック ではありませんし、ハブリングを買ってきても ハブ セントリック にはなりません。

この事実を、「ハブリング必要説を唱える人々」は知っているのでしょうか?知っているのなら、何と答えるのか聞いてみたい位です。

また、ハブリングは、取り付け時に便利なためだけに使うものですので、プラスチック製のものも多いです(http://www.1010tires.com/hubrings.asp
http://www.enkei.co.jp/p_parts.html)←外径73mmのもの。
取り付け時に便利なためだけに使うものですので、プラスチックで強度は充分なのです。

「ボルト(ナット)だけでは、衝撃でズレてボルトに負担がかかる。ボルトが折れる」などといって「ハブリング必要説」を唱える人々もいますが、プラスチックが何らかの踏ん張りの力もありませんよね。

この事実を、「ハブリング必要説を唱える人々」は知っているのでしょうか?知っているのなら、何と答えるのか聞いてみたい位です。

よって、ハブリングには頼るべきではありません。


当方は、ハブリングは意味が無いとは言っていません。取り付け作業時にはハブリングは便利です。

が、

頼ってはいけないのです。

ハブリングにもすき間はどうしても有りますので、仮にハブリングが付けてあっても、 ホイールを付ける時は正しい付け方(上記【ハブ部よりセンターボアの大きいホイールの、正しい取り付け方。】)をすることで、ハブリング以上の精度でセンターにホイールを取り付けることが出来ます。

逆に、ハブリングに頼っては、いつまで経ってもヘタクソな付け方しかできません。
(クロスレンチで初めからクルクルやる人に限って、ハブリング必要説を唱えますよね。)




もっと重要で、本当は当方が一番言いたかったこと。

ハブリングについて。

プラスチック製のハブリングなら問題は無いのですが、金属製のハブリングは、とても危険で弊害しか有りません。

ハブは錆びるのですよね。金属製のハブリングなど付けてしまっては、がちがちに固着して、取れなくなってしまいますよ。!!


奥さん(ご家族)が運転中に、タイヤがパンクして、ハブリングをハブに残したままスペアタイヤを付けてしまう訳です。

どうなるかは、もうお分かりですよね?


走行中にホイールごとタイヤが飛んで、場合によっては人に当たりそうになるかもしれません。運転者だって危険な思いをします。


プラスチック製のハブリングも同じく危険ですが、取ろうと思えばマイナスドライバーでこじれば簡単に取れます。

金属製ですと、車の知識のお有りの「ハブリング信者」のかたでも、車載工具で固着したハブリングは取り外せないでしょうね。

固着する前に、プラスチック製に交換するか、とにかく金属製のハブリングは取り外して捨ててしまったほうが良いでしょうね。


どの位の力で固着するか?ですが、

かなりの力です。「ナットを全て外したのに、ホイールが外れない。タイヤを蹴っても何してもダメ。」といったことをよく聞きますよね?
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2051672

このようなことはよく起きるのですが、タイヤホイールならそのうち外せますが、金属製のハブリングがハブで固着してしまっては、もう普通では歯が立ちません。
(たがねで割るのでしょうかね?たがねの刃も割れて、ハブにもキズが付くのでしょうね。)


とにかく危険ですよね。プラスチック製ハブリングにしても、金属製ハブリングにしても、ご家族の運転する全ての方に“「パンク時はハブリング要注意」”を徹底しなければなりませんね。


要は、

☆ ハブリングを付けた時のメリットと、デメリットと、

☆ ハブリングを付けない時のメリットと、デメリットを比べてみて、

ご自身でどうするかをお決めになることしかないと思います。



樹脂製73mm/アルミ製75mmのハブリングを売っているエンケイも、どこにも(http://www.enkei.co.jp/t_know_03.html)ハブリングが良いなんて書いてないんですよね。

ブリヂストンのアルミホイールも(http://www.bs-awh.ne.jp/wheel_tips/sochaku.html

ヨコハマも(http://www.yokohamatire.jp/yrc/japan/wheel/atten …)書いてないですね。


外車用モデルも多く扱うBBS社はこんな書き方で(http://www.bbs-japan.co.jp/w_qaa/mente03.html)書いてあります、

同じくOZもこのように(http://www.oz-japan.com/products/index.html)書いてありますが、外車用ですと、ハブにスタッドボルトがなく、ホイールボルトを使って取り付けるタイプや、専用ロングボルトとスペーサーで付けるタイプ、スライドボルトでP.C.D違いを取り付けるタイプなど、国産車のような感覚では取り付け不可の商品も含まれるために、あえて、注意記載があるのでしょうね.。



インターネット上では、迷信じみたページも多い中、こういった(http://www.webcg.net/WEBCG/qa/000016171.html)  「正しく取り付け、正しいトルクで締め付ければ、荷重はボルトにかからず、センターもちゃんと出ますよ。」 という記載もちゃんとあります。

(もし迷信のほうが正しければ、「ハブリングが付いていないと車検に合格しない」 とか、そういう世の中になるはずですよね?)



※当方、ハブリング否定派ですが、肯定派に対して異議申し立てようという思いは一切ありません。むしろ、ハブリングの便利さも良く知っていますし、無頓着な締め付け方でも まあまあちゃんと取り付けられるあたりは さすがだと、便利だと思います。


しかし、ベストな中心を出すためには、たとえ ハブ セントリック の純正ホイールだとしましても、センターボアに頼ることなく、上記の当方の方法での取り付け方法が ベストだとも思っております。


よって、ピッタリセンターボアの ハブ セントリック の純正ホイールであっても、上記【ハブ部よりセンターボアの大きいホイールの、正しい取り付け方。】と全く同じ方法で取り付けて下さい。


ハブリングを採用するにせよ、採用しないにせよ、どちらのデメリットも良くご理解の上、ご自身でお決め下さい。
(運転されるかたがお一人で、その方の意思でハブリングを付けるのでしたら、上記を良くご理解の上、決めて下さい。)


※ラリーなどで、ジャンプでもするのでしたら、ボルトが折れないように ハブ セントリック にしておくことは重要です。市販車の場合、ジャンプなどしたら、ボルトの前にホイールがひん曲がります。

※市販車でもボルトが1本折れてしまうことはあります。これは、ハブリングが付いていなかったことが原因ではなく、ナットを均等に締め付けずに、どれかから先に きつくナットを締め上げていってしまったことに起因するものです。
当方の、上記【ハブ部よりセンターボアの大きいホイールの、正しい取り付け方。】と全く同じ方法で取り付けて頂けましたら、「ボルトがある時1本折れていた」なんてことは起きません。




さて、ここからが今回のご質問の本題なのですが、

ワイドトレッドスペーサーを使う場合、さすがにご質問者様もお察しの通り、取り付け時にセンターが出難くなってしまいます。
これは、そもそもワイドトレッドスペーサーが、その辺の町工場のようなところで造られた、ある意味「大手」は決して手を出したがらない代物だからです。
精度もそれなりなのです。

仮に精度がアルミホイール並みのワイドトレッドスペーサーを持っていたとしましても、これを間に挟んでは、ホイール分プラス ワイドトレッドスペーサー分の合計の誤差で、ズレて、場合によっては「ハブでセンターを出したほうがマシ」ということになるかもしれません。
そこで強制的にセンターを出そうというのが、No.1様がこちらでご説明頂いています通り、です。

ただ、テーパーで何らかの場所に落ち着こうとしているワイドトレッドスペーサー(ホイール)に対して、ハブリング(ハブ セントリック)で強制的に別の場所に矯正することが、構造的に安全か?とい点で議論のあるところだと思います。


その前に、ワイドトレッドスペーサーはそれほどの強度や安全な信頼のないものです。


よって、簡単に結論から言ってしまえば、『公道では別に使わなくてはいいのでは?』 ということになってくるかと思います。


もう少し簡単に言うと、ワイドトレッドスペーサーの初心者様の場合、ここでどなたかから聞いただけの方法で、再びワイドトレッドスペーサーを取り付けることは、『非常に危険』な気がします。


ワイドトレッドスペーサーを付けるのは、リアのみのようですので、サイドブレーキをしっかり引いておけば何とかなりそうな気もしますが、
それでも、例えばグッドクオリティーのトルクレンチはお持ちでしょうか?肉薄のソケットレンチなど必要になってくると思います(または専用レンチ)。ジャッキとリジッドラックでしっかりジャッキアップしていませんと、レンチに力を掛けたときに車ごと落ちるかもしれません。


おどしている訳ではありません。おどしているのです。
 (悪意でおどしている訳ではありません。ご質問者様やお車の安全のために心配しているのです。)


どうでしょうか?今回の作業も、専門家に頼まれてはどうでしょうか。


もしどうしても、ワイドトレッドスペーサーを再び付けるのでしたら、専門家に頼むことが、よいと思います。

そのような方向で考えて頂けますでしょうか?

そしてハブリングは必要ありません。


その前に、

別にスペーサーを咬ませずにも、どこにも何も干渉せずに、安全なら、なにもスペーサーなどこれからまた付ける必要もありません。

車検で付いていたら不合格になるようなものでしたら、その後公道で使用しても「危険だ」ということです。「違法」かもしれません。

保険がおりないかもしれませんので、この辺りをよく確認してから、専門ショップにいって頂きたいと思います。


ところで何年位、ワイドトレッドスペーサーを使っていますか?

『耐久性に関して 装着してから、1年間で3万キロ走行しても異常はありません。』 とありますように、逆にこの位が寿命のようですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早急の回答有難う御座います。
そして先日はタイヤ交換について貴重な解答をいただき大変勉強になりました。
前回にお話したかもしれませんが、当方家族所有車4台あります。
今まではすべてショップにお任せしていましたが、そのショップがチェーン店に吸収されることになり、「今までのようなサービスが無理な状態になりそう、そしてこの機会に御自分達で作業したら?」と言われました。
この機会に経費削減含めて自分たちで作業しようと、色々と勉強研究してるんです。
特に足回り好きな我が家ですから、4台すべてローダウンしてツライチを求めています。
オフセットで調整すればいいのですが、ローテーションを考えて前後同じサイズを装着しています。
今回、質問した車は新車購入時にワイドトレッサーを装着したから、3年と1ヵ月です。
私自身も3台装着してたから、十年ぐらいの装着経験ですね!
父親は、「もう忘れた~」という前から装着してるようです。
おっしゃるとうり、危険な物かもしれません、レースをするわけでもないと割切って、見た目重視しています。
そうそうワイドトレッサーは、どの車も車検後に新品に買えなおししています。
今回の質問の本音は、車検を受けた車のワイドトレッサーの買いなおしのためなんです。
前回の安価なハブ無しか高価なハブ付きかで悩んでいます。
1サイズ細い物にして車検対応を目指そうと思っています。
でもショップでは「車検対応できますよ!」と言われて装着したのに~
やはり検査官は厳しいかな?個人差もあるかな?
そうそう、工具は出来る限り信頼性のある高価な物を揃えてる途中なんです。
ローダウンジャッキが入らない車がありまして、その対策を考えてる段階です。

お礼日時:2006/09/30 22:10

こんにちは



5mmのスペーサーと25mmのワイトレ、
どちらもボルトを均一に締めえていくと自然に
センターにいきます。トルクレンチがあれば
一番良いですが...。

しかし本当にセンターなのかというと、
やはりセンターハブを装着しなければ本当の
センターは出せません。

スペーサー、ワイトレともにセンターハブを
取付けて本当のセンターを出したとしても、
今度はアルミのセンターがでません。

結果的にスペーサー、ワイトレをセンターハブで
センターに取付けしてもアルミホイールはボルト
4本か5本でとまっているだけです。

市販のアルミのハブ径はどのメーカーのハブにも
適合できる為に大きくなってるのはご存知ですね。
アルミを買ってハブリングを付けないということは
先にも書きましたが、ボルト4本か5本でとまって
いるだけです。

必要ないという方もいますが、実際にハブリングを
装着してみると、高速での直進性は明らかに違うと
お分かりなると思います。そして安全の為のも必要
な部品です。

車種別適合のセンターハブ付きのスペーサー、
ワイトレを販売しているところを紹介します。

車検で外されたことや、スペーサーやワイトレの
発売元が競技用として販売しているのも、やはり
安全性に疑問があるからです。

やはり重要な部分ですから慎重に部品選びを
すべきと私は思います。

参考URL:http://satouseiki.co.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早急の回答有難う御座います。
ワイドトレッサーのことを心配していましたが
そうですね!ホイールのことも考えないといけませんね!
質問する前にネット検索で佐藤精機さんのページはチェックしていました。
もしここの商品を購入しても、こんどはホイールのセンターの問題が発生しそうです。
現段階では、完璧装着を目指しています。
するとホイールとスペーサーの隙間を埋める物が必要になりそうです。
実は慎重になりすぎて商品選びが煮詰まっています。(笑)

お礼日時:2006/09/30 21:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスペーサーは入れても大丈夫?

90系チェイサーです。ヤフオクでホイールつきタイヤの格安の物を買って取り付けようと思ったのですが、リヤはすんなり取り付けできたのですが、フロントはタイヤを支えるアームみたいな物(名前が判りません)にホイールが当たり取り付けできません。ロングハブボルトに換えて5mmのスペーサーを入れようかと思いますが、タイヤ店等でスペーサーは堂々と売っていますが装着して危険はないのでしょうか?
ちなみにホイールは16×8JJ、+50、5穴114.3です。タイヤの方は、ブリジストンPOTENZA、S-7、225/50ZR16です。

Aベストアンサー

umikozoですm(__)m

皆さん仰られている事も一理ありますが
結果論に過ぎないという事は御承知下さい

さて経験上のお話しですが
5mmのスペーサー取り付け車両で
5台のハブボルト折れとホイール破損を見てきています
(当然折れたからホイール破損なんですが)
2mmや3mmでは故障の経験はありませんが
5mm以上は危険と言わざるを得ないでしょう
これはハブボルトを打ち換えても同じ事です
これは私自身の車両では無かったので途中のメンテがどうとかは不明です

私自身が使用したスペーサーは最大5mmで
マメに緩みを点検したり割れなどの点検をしていたので
想定される故障は皆無でした

ですが今回はスペーサーを取り付けないと
ホイールが組めないとの事なので
駄目駄目では話が進まないと思います

組込当初は頻繁にホイールナットの緩みの点検をして下さい
スペーサー自体がアルミ製が多いので締めれば潰れますから
本来はトルクレンチなどで5本のナットに均等な力を加え締める事をお勧めします
当然エアツールなどの使用は御法度です
半年に一度はホイールを外し
スペーサーの状態を確認する事をお勧めします

兎に角使用するなら普段の点検に気を遣って下さいね
ホイールがぶっ飛ぶという事は
全てのボルトが折れない限りありませんが
それでも高速走行時に1本でも折れたら
全てのボルトが次々折れる可能性はありますから

umikozoですm(__)m

皆さん仰られている事も一理ありますが
結果論に過ぎないという事は御承知下さい

さて経験上のお話しですが
5mmのスペーサー取り付け車両で
5台のハブボルト折れとホイール破損を見てきています
(当然折れたからホイール破損なんですが)
2mmや3mmでは故障の経験はありませんが
5mm以上は危険と言わざるを得ないでしょう
これはハブボルトを打ち換えても同じ事です
これは私自身の車両では無かったので途中のメンテがどうとかは不明です

私自身が使用したスペーサーは最大5mm...続きを読む

Qセンターハブ径があわない?

欲しい中古のアルミのサイズで
純正アルミとサイズぴったりなのですが
唯一センターハブ径が純正56(センチ?)にたいして
72なのです。小さくてはまらないより
ぶかぶかでもはまるからいいかとか思うのですが
聞くと、ちゃんとセンターがでないから
がくがくした乗り心地になるとか言う人もいます。

ほんとのところどうでしょう、56にたいしての
許容量はどのくらいまでなのでしょう。
その数字によっては今ほしいアルミをあきらめようかとも思っています。(振込寸前)

Aベストアンサー

No.7 No.10 です。

現時点で私のNo.10に対する「回答に対するお礼」はまだ頂いておりませんが、No.9さん“まで”の「回答に対するお礼」を拝見させて頂きましたところ、hololon様はホイールについてはお詳しいわけではなく、一般的な知識のかたのようですね。そうしますと、「ハブリング」という単語が出てきたあたりから、余計に混乱してしまう結果になってしまっているようで、もう少し分かりやすくなるお手伝いが出来ればと思いまして少し補足させて下さい。


質問の「小さくてはまらないより」より:
たしかに、車側のセンターハブよりホイール側のセンターボアが小さいですと物理的に取り付けられませんが、大きい分にはなんら問題はありません。車によってはハブに出っ張りなんて無い車(ボルトしかない)だって有る位です。
国産車であれば、わざわざセンターボアの合うホイールを探してくる必要もありません。ホイール側の方が大きければそれで良しです。
センターボアの合うホイールなんて、純正ホイール(スズキスポーツ含む)しかありません。(超例外的に、市販品で専用設計が有る場合はありますが。)


「ちゃんとセンターがでないからがくがくした乗り心地になるとか言う人もいます」について:
たしかにそういう人はいますが、変なボルトの締め方をしなければがくがくはしません。ショップでインパクトレンチ(プシュンババババと音がするボルト締め付け工具)で締め付けられたときには特に要注意です。あとで自分でジャッキアップしていったん緩めてから、下記 No.10 のやり方でやり直しておいて下さい。
「ハブリングは絶対に必要だ!」と言う人がたしかにいますが、べつに私はその意見に反論は致しませんが、たいていの場合はハブリング無くても何の問題も無いことがほとんどです。
ホイールを取り付けるときに、ほんの少し時間をかけて丁寧に取り付ければ、ハブリングがあるのと同じ位の精度で取り付けできます。


「ほんとのところどうでしょう、56にたいしての許容量はどのくらいまでなのでしょう」について:
56より大きければ何でも大丈夫です。
ニュースイフトのセンターハブのサイズはまだ分かりませんが、仮に56ミリだとして、ホイール側ボアが57ミリもあれば、67ミリでもそれ以上でももう変わらないでしょう。変わらないので、何を選んでも大丈夫です。
“許容量”の意味が、“センターハブボアを合わせる事による恩恵”でしたら、純正と全く同じサイズのセンターボアだけです。
ところで、現在、純正のホイールとセンターハブとは、前輪後輪とも、すき間無くぴったりくっ付いていますか?


ハブとボアのサイズをあわせるメリット:
タイヤホイールを車体に取り付ける作業が少し楽になります。
ラリーにでも出場するのでしたら、合わせた方が合わせないよりはよいです。ジャンプして接地したときなどにボルトが折れるリスクを減らせます。


ハブリング購入にあたって。
もしハブリングを購入される場合は、ハブリングの外寸はホイールセンターボア内にぴったりすき間無く入り、ハブリング内寸は車側センターハブにぴったりすき間無くはまるようでなければ全く意味がありません。前輪と後輪とではセンターハブにサイズ違いがある場合もありますため、お気を付け下さい。


ハブリングの問題点:
No.8様がご説明下さっております。そのほかには、
ハブは鉄製なのですが、これが錆びてハブにハブリングががちがちに張り付いてしまうことがあります。こうなるとパンクの時スペアタイヤが付けられなくなりどうにもならなくなります。
ホイールに付けたら二度と取れないタイプのハブリングもありますが、せっかくのホイールを別の車につけようとしたらハブリングが邪魔で付かなかったなんてことになります。


以上のことから、今回のhololon様のご質問の答えは、「お車のセンターハブより大きいボアのものであればなんでも良い。」です。
ハブリングのことは忘れてしまってよいと思います。
万が一、購入された中古のホイールがぐらぐらしましたら、真っ先にハブリングを疑うことはしないで下さい。中古の場合、キズが全く無くてもホイールの歪みや変形がある場合があり、それが原因でぐらぐらすることの方が可能性としてはずっと高いです。


最後に、No.10 のところの(1)の「ナットを1ミリ位ずつ緩め」の1ミリは、指でナットをほんのわずか緩めると言う意味です。角度にして6゜位です。ぐるり288゜も左に回して緩めないで下さい。
No.10 に記載しました通りに取り付けて下さい。


もし、ボルトが折れることが心配でしたら、トルクレンチをご購入されてはいかがでしょうか。4本のボルトが均等に適正トルクで締め付けられていませんと、ボルト一本だけに無理な力が掛かり続け、折れてしまうことがあります。

No.7 No.10 です。

現時点で私のNo.10に対する「回答に対するお礼」はまだ頂いておりませんが、No.9さん“まで”の「回答に対するお礼」を拝見させて頂きましたところ、hololon様はホイールについてはお詳しいわけではなく、一般的な知識のかたのようですね。そうしますと、「ハブリング」という単語が出てきたあたりから、余計に混乱してしまう結果になってしまっているようで、もう少し分かりやすくなるお手伝いが出来ればと思いまして少し補足させて下さい。


質問の「小さくてはまらないより」より:
た...続きを読む

Q200Nmの締め付けトルクで締めたボルトを150Nmのトルクで緩めることができるのは何故?

お世話になります。
http://oshiete.homes.jp/qa2521193.html
で質問したものです。

結局、リョービ製のAC100V電動インパクトレンチ(\20000)とトルクレンチ(\2500)の両方を購入しました。
実際に使ってみた感想は確かに、早い!楽チン!でした。
今までどうして購入することを考えなかったんだろうと思いました。

ただ一つ外せなかったボルトもあったのですがクロスレンチであっさりと緩めることができました。
今までよっぽど強い力で締め付けていたんですね。(苦笑)

さて今回の質問ですが、ホームセンターに販売応援に来ていたリョービのメーカの人と話していた中で、大きなトルクで締め付けられたボルトであっても小さなトルクで緩めることができるという話が出たのですが、これはどういう理屈なんだろうかということです。

実際、目の前で最大200Nmのエアインパクトレンチで3秒ほど締め付けを行った後、リョービの最大150Nmの電動インパクトレンチを使ってボルトを外すところを見せてもらいました。

メーカの人の説明では、手でぐいっぐいっと行うところを機械で行っているだけでトルクの大小とは関係ないということでしたが、今ひとつ理解できません。

文語的表現になりますが200Nmのトルクで”きつく”締められているのですからこれ以上のトルクでないとゆるめることはできないと思うのですが。。

ここらへんの理屈がわかる方がいらっしゃいましたらどなたか教えていただけませんか?
よろしくお願いします。

お世話になります。
http://oshiete.homes.jp/qa2521193.html
で質問したものです。

結局、リョービ製のAC100V電動インパクトレンチ(\20000)とトルクレンチ(\2500)の両方を購入しました。
実際に使ってみた感想は確かに、早い!楽チン!でした。
今までどうして購入することを考えなかったんだろうと思いました。

ただ一つ外せなかったボルトもあったのですがクロスレンチであっさりと緩めることができました。
今までよっぽど強い力で締め付けていたんですね。(苦笑)

さて今回の質問ですが、ホー...続きを読む

Aベストアンサー

#4です。

補足させて下さい。

インパクトであっても、そうでなくても(普通のレンチを使って手で緩めた場合でも)、締めた時の力よりも軽い力でネジは緩みます。例外は締めたあとにサビ付いた時や、緩み防止の形状を持つ場合くらいです。


私の先の例え(巨大なサイコロをクサビで持ち上げる)には大きな表現モレがありました。下記の条件を追加してお読み下さい。

「巨大なサイコロはクサビで持ち上がるとすぐに天井にぶち当たるような状態です」


さらに補足させて頂くと、ネジはクサビを細く長く伸ばして釘の周りに巻いた状態そのものです。それを打ち込む=回す事で、ネジのアタマをナットに押し付ける=サイコロが天井に押し当てられる、という状態だと考えて下さい。これが、#4で言った「ネジを締める/緩める時も基本的には同じことが起きていると思って下さい。」という事の説明です。

Qスペーサーについて

宜しくお願いします。現在スペーサーの取り付けを検討しております。(過去、スペーサーを取り付けた事はありません。)そこで次の内容について教えて頂ければ幸いです。参考ですが、5ミリのスペーサーを計画しております。
(1)スペーサーを噛ました場合の短所は?取り付けの際に注意しなければならない点。
(2)ハブ付きスペーサーとハブ無スペーサーの違い。長所&短所。
(3)5ミリのスペーサーの場合、ハブ付きとハブ無しではどちらがいいのか?
以上宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

BMWになってからのミニですね?

としますと、H-P.C.D.=4-100 の、ボルトはM12とM14のものがあるようですね。

ボルトでホイールを取り付けるタイプですね。

ハブですが、5mm のスペーサーを付けてもハブとセンターボア同士が繋がっていればセンターは出るでしょう。

一度ホイールを外して見てみるとよいかもしれませんね。

ハブやセンターボアが、テーパー状態で、5mm 浮かしてしまうと繋がらない場合は、センターは出ないでしょう。

例えば、厚紙か何かでドーナツ状に 5mm のものを作ってみて、ハブとホイールの間に入れてみて、ホイールを上下に動かしてみて、ボアの部分が生きているかどうか試してみてはどうでしょうか?



ミニでしたら、特に日本で人気の車種ですので、専門ショップは多くあることと思います。

例えば書店でも、ミニ関係の本や雑誌はないでしょうか?書店でなくても、インターネットでもミニの専門ショップはいくつも見付かりますね。

そういったところで専門家に聞いてみるほうが良いと思います。


ところで、5mm のスペーサーって、高くないですか?前後4枚で、H&R ですと2万円位ですよね。しかも、5mm 程度でしたら、だれにも気付かない程度にしか変化無しかもしれません。

そこで、

ホイールごと交換されてはどうでしょうか?
(http://www.fujicorporation.com/ecb/?direct=tireandwheel)
思ったほど高くないと思います。O・Z などお勧めですよね。
(http://www.oz-japan.com/products/matrix/germany.html#mini)

この辺りをどうされるかは、当然ご質問者様のお考え次第ですが、大差ないホイール移動のための板4枚に2万円をお使いになることもいいですが、当方たまたまホイールのお買い得なお店を知っていましたので、一度ホームページでも見てデザインを予想してみて夢を膨らまして見てはと思いまして。
(http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2399021)の ANo.3 下のほう、「☆☆ これはおもしろい ☆☆」 から。実際の車に装着したイメージが出せます。


※ホイールを注文しちゃう場合は、ボルトの径がM12かM14かをご確認下さいね。また、「センターボア径がピッタリ合うもの」であるかもご確認下さい。
(O・Z ですと、ハブリングはホイールにはめると外れにくい構造のものになっていると思います。といっても、絶対ではありませんので、ハブリングがハブ側に残らないように、必ずいちいちご確認下さい。ハブ部が錆びて、ハブとハブリングが固着してしまわないように、ハブ側の、リングが触れる部分にのみ、薄くグリスを塗っておくと良いでしょうね。)

BMWになってからのミニですね?

としますと、H-P.C.D.=4-100 の、ボルトはM12とM14のものがあるようですね。

ボルトでホイールを取り付けるタイプですね。

ハブですが、5mm のスペーサーを付けてもハブとセンターボア同士が繋がっていればセンターは出るでしょう。

一度ホイールを外して見てみるとよいかもしれませんね。

ハブやセンターボアが、テーパー状態で、5mm 浮かしてしまうと繋がらない場合は、センターは出ないでしょう。

例えば、厚紙か何かでドーナツ状に 5mm のものを作ってみ...続きを読む

Qワイドトレッドスペーサー用ハブリングについて

ワイトレ用ハブリングについてちょっと疑問があるんですが教えてください。

日産なんですが、ホイール外して計ったところ、車両側ハブ径が66、ホイール側が73でした。

で購入考えているワイトレ用ハブリングは、ワイトレのセンターを出すために外径73(ワイトレの内径が73)で、ノーマルホイールを取り付けることも考えて、わざわざまた段付きにして外径を66に戻しています。

だからワイトレとホイール間にもさらに73/66のハブリングが必要になります。

私は社外品ホイールを使い、ノーマルホイールは今後も取り付ける予定は無いんですが、それなら最初から73のみのずん胴な73で良い気がするんですよね。

今回15ミリのワイトレを使うんですが、だからハブリングは若干長い目の物(ホイールの内側、73が飲み込める長さが計ると10ミリくらいはあるので、5~10ミリくらい長い物を予定)、

また73よりかは若干径は小さいが、66が飲み込めそうな部分がホイール表面から逆算すると残り10ミリくらいはあるので、ワイトレ用ハブリングの66の部分はそこに収まりホイール表面にハブリングも突起せず問題無いと思うんですがどうなんでしょう?

なにか他の部分とか考え違いとか、問題があれば教えてもらえませんでしょうか?

ワイトレ用ハブリングについてちょっと疑問があるんですが教えてください。

日産なんですが、ホイール外して計ったところ、車両側ハブ径が66、ホイール側が73でした。

で購入考えているワイトレ用ハブリングは、ワイトレのセンターを出すために外径73(ワイトレの内径が73)で、ノーマルホイールを取り付けることも考えて、わざわざまた段付きにして外径を66に戻しています。

だからワイトレとホイール間にもさらに73/66のハブリングが必要になります。

私は社外品ホイールを使い、ノ...続きを読む

Aベストアンサー

私もワイトレを使っています。
質問の意味すると事が理解できませんが。。。苦笑

ワイトレを装着する場合、ワイトレの厚み、ホール数とピッチだけ
考えておけばOKです。
通常、ノーマルのホイール取り付けボルトは、ワイトレの厚みの中に
収まり、取り付けるホイール側に干渉することはありません。
もしも干渉するなら、サンダーで削れば済む話です。

回答になっているかな?

QワイドトレッドスペーサーはスポーツカーでもOK?

いま、非常にほしいホイールがあるのですが、自分の車はオフセットが他車に比べて深めで、サイズは合ってもオフセットが合いません。
そこでワイドトレッドスペーサーを使おうと思うのですが、
これってガンガン乗りまわすようなスポーツカーに使っても問題ないのでしょうか?
もちろん走行中に割れるなんてことはないと思いますが、結局ホイールと一体化しているわけではないので強度的には不利なような気がします。

ちゃんとオフセットの設定があるホイールを選ぶのが一番なのですが、なかなか気に入ったデザインがないんですよね…
そんなポンポン買える値段でもないので、買ってから後悔したくないし。

組み合わせは、
車:32GT-R
ホイール:17×9J +35←これを+20程度にしたい

です。
基本的に街乗りメインですが、たまにサーキットとかもいきます。

皆さんの経験談お待ちしてます。

Aベストアンサー

ワイドトレッドスペーサーをサーキットで使用して無残にも後輪がホイールと共に飛んでいきました・・・・・

もちろん走行前にはスペーサを車体から取り外してチェック(締め付け・錆び・割れ等)を入念に行いました。事故原因は走行中にスペーサへ負荷がかかり真っ二つに割れてしまった事です。結構有名なスペーサだったんだけどなぁ~

待ち乗りでは問題ないと思いますが、サーキット走行は絶対お勧めできません。

ご参考までに・・・

Qワイトレ(競技用)で高速走行可能?

日産'98Y33セドリック・アルティマ(3000DOHCターボ270PS)です。
ワイトレ(国産ワイドスペーサー25mmと)を規定トルクで段絞めししっかりホイールのセンター出しした場合(適合ハブリングも検討中)、高速走行でハンドルぶれやバルトの破損がありで危険である、と紳士的なWEBサイトで書いていますが、どうでしょうか?付けて高速走行している方のみのご回答をお待ちしています?(余計なものを装着は当然危険は分かっていますし、定期的にワイトレやホイールの増し絞め点検はやります。悪路、違法速度走行無しです。)

問1 メーカーで「競技用ですので、公道使用は出来ません。勿論車検不可です。」の回答ですが、競技の方が公道走行よりハードと思いますが、ご意見をお聞かせ下さい。勿論競技用は前後の点検必須は理解できます。

問2 サイズですが、今貰った冬タイヤ+アルミを装着していますが、譲って貰った方のオデッセイ初代(ノーマルサス)はこれでハミタイ状態だったが、フェンダーとの干渉は、フル乗車、凸凹道、フルステで一度も干渉なかったとのこと、愛車は後フェンダーツメ18mmあります。ツメ分小さく装着するのがいいか、オデッセイを参考にツメ考慮無しでフェンダーツライチサイズがいいのか?それともその中間がいいのかアドバイス下さい。

問3 前ワイトレはフルステ干渉を考え少し小さめがいいのでしょうか?ちなみに、前フェンダーにはツメはなく内カバーがフェンダー部に6mmあります。

よろしくお願いいたします。

日産'98Y33セドリック・アルティマ(3000DOHCターボ270PS)です。
ワイトレ(国産ワイドスペーサー25mmと)を規定トルクで段絞めししっかりホイールのセンター出しした場合(適合ハブリングも検討中)、高速走行でハンドルぶれやバルトの破損がありで危険である、と紳士的なWEBサイトで書いていますが、どうでしょうか?付けて高速走行している方のみのご回答をお待ちしています?(余計なものを装着は当然危険は分かっていますし、定期的にワイトレやホイールの増し絞め点検はやります。悪路、違法速度走行無しです。)
...続きを読む

Aベストアンサー

No.1の者です。

私だったら、ツメ折して、ツライチにします。
純正のショックや車高でもあたらないか心配なんでツメ折ると思います。私の場合は車高短なんで絶対必要ですが。
現状は、フェンダーの内側が微妙にタイヤにあたってます。音で分かります。私の場合はパンクするとか、外から見てフェンダーの塗装がはがれるとかないんで気にしてないです。

問4 ハブリングは安いんで、前後とも付けてます。付けなくてもいいのかもしれませんが、付けないより付けた方がいいんだったら、付けた方がよくないですか?高いものでもないですし。

問5 増し締めは、数十キロ走ってやります。それ以外は次の車検まではずす予定はないんで、そんままです。それで、3~4年乗ってます。
トルクレンチは持ってないです。十字レンチのみ。

ただ、Y33とレビンじゃ、重量からして全く違うんで、参考になるかどうか。ちなみに私はそれでFドリとかもしてます。

あくまで自己責任ですので、多少のリスクは覚悟する必要はあると思います。たまたま私は何の問題もないだけかもしれませんし。私はリスク覚悟で見た目を重視して付けました。

No.1の者です。

私だったら、ツメ折して、ツライチにします。
純正のショックや車高でもあたらないか心配なんでツメ折ると思います。私の場合は車高短なんで絶対必要ですが。
現状は、フェンダーの内側が微妙にタイヤにあたってます。音で分かります。私の場合はパンクするとか、外から見てフェンダーの塗装がはがれるとかないんで気にしてないです。

問4 ハブリングは安いんで、前後とも付けてます。付けなくてもいいのかもしれませんが、付けないより付けた方がいいんだったら、付けた方がよくな...続きを読む

Q前後のトレッド幅について。

普通、車のトレッド幅は前輪が後輪に比べて広くなっていますよねぇ。
それで前項輪とも面位置にしたくて同じ幅のスペーサーを使うとどうしても後輪が内に入り気味で格好悪いのですが、前項輪のトレッド幅を同じにすると何か影響はありますか?
特に4駆は前後トレッド幅に差がありますが、いったいトレッド幅とは何に影響するのでしょう。結構攻めた走りもするので、走りについての影響がどんなものか気になります。

Aベストアンサー

 あ、はい、ども、専門家です (^^;)

 トレッドは、ハンドリングにダイレクトに影響しますが、実は市販車の場合、スタイリングで決定している場合もあります。トレッドをヤミクモに広げると、チェーンクリアランスが無くなってしまったり、サスのフルボトムでタイヤがボディ(の裏側)と接触する事も考えられますので、その点は注意が必要です。

 さて、トレッドとハンドリングの関係ですが(ワタシはサスペンションとハンドリングが専門です)、トレッドを広げると、左右方向の荷重移動量が少なくなり、空気入りタイヤの特性上、左右輪の摩擦力の総和が大きくなります。
 これがナニを意味するか、と申しますと、カンタンに解釈するとトレッドを広げた方がカーブを曲がる時の遠心力に耐えるチカラの大きさが大きくなるという事です。
 特にフロントサスをワイド化した場合、車両の動きがよりクイックになる、直進安定性が悪くなる、などの変化が起こります。勿論、トレッドを狭めるとこの逆、よりダルになる、直進安定性が向上する、などです。
 ちなみに、フロントトレッドをホイールオフセットだけで変えると必ずハンドル手応え感が変わりますが、ノーマルの値からトレッドを広くしても狭くしてもだいたい悪化するので注意が必要です。

 で、リヤのトレッドがナゼ狭いか?の点ですが、通常の市販車では、例え静的に50:50の重量配分でも、旋回時の荷重移動量は、操舵による走行抵抗の増加やフロントまわりとリヤまわりのロールの硬さ(ロール剛性と言います)の違いなどにより、フロントの方が大きくなりがちです。これでは勿論アンダ・ステア(US)が強くなってしまいますが、そこで、このUSを弱める為に、リヤサスの限界を少し落としてやる必要があるワケです。

 よって、リヤトレッドだけを広げる行為は、力学的にはUSを強める方向となりますが(一方直進性は向上しますが)、但し、これが全て悪いかとゆぅとそぅでもありません。
 御質問の方はそれなりにハードに走られる方の様ですので、運転しやすいかどぅかは置いといて、とりあえず速いか遅いかで判断しますと、USが強い事が必ずしも遅いとは限りません。多くの方が思い違いをされていますが、クルマが速い/遅いは旋回しやすさだけでは決まらず、速く走る為にはまず1mでも前に出る性能が必要になります。実際、流体力学的に幼稚でタイヤもプアな'75~'76年頃までのF1では、コーナからの脱出加速でタイムを縮めなければならない為、リヤトレッドが極端に広く異常にテールヘビーな強USレイアウトとなっています(タミヤのプラモで観察出来ます。リヤウイングステイにオイルタンクとオイルクーラーを内臓したロータス72や、リヤトレッドに対して極端にフロントトレッドが狭いブラバムBT44Bなど、今日のF1ではまず考えられません)。
 この点、旋回しやすくチューニングされたマシンでは、前に出る性能(トラクション)が犠牲になっている場合が見受けられます。すばらしく曲がりやすいが、踏んでも踏んでも加速せずにイライラしているハチロクオーナーの方は、結構多いのでは無いでしょうか?

 御質問の様子では、恐らくリヤトレッドを拡大する、と言ってもせいぜい10~20mm程度ではないでしょうか?これがどの程度ハンドリングに影響するかは、駆動方式にもよりますし、実際にやってみなければ判りません(フロントに比べ、リヤトレッドの拡大は判りにくい、と言う事もあります)。自分の経験ではさすがに15mmも拡大すると差が判りますが、これはテストドライバレベルの話ですし(上級のテストドライバでは10mm以下の差でも感知します)、ご本人が気になさるかどぅか?も重要な要素です。
 尚、サスペンションは、実はエンジンのチューニングよりずっと危険な状態になりやすい要素を内包しており、運動力学的な検討を加えずにヤミクモにイジるのはお勧め出来ません(この点、ホイールベースとの兼ね合いやLSDへの負担等、トータルバランスを訴えられている他の方の御回答は、さすがgoo回答者となるほどの方、と申せましょう)が、この程度のトレッド拡大なら、クルマの限界特性をある程度以上把握されている方であればそれほど危険な事にはならないでしょう。

 長くなりましたが、左右荷重移動量の話が出たところでついでに。
 左右荷重移動量を増やすと旋回の限界が下がる事はご説明いたしましたが、シャシばねを固めてロール剛性を上げると、過渡的には左右荷重移動量が増加し、見かけ上、旋回限界が下がります。これは多くの方が思い違いをされており、意外な話かもしれませんが、物理的な法則ですのでサスのチューニングやタイヤの選択では越えられません。レーシングカーのばねがヤミクモに硬いのは空力的付加物(ウイングなど)によるダウンフォースが大きいからで、ダウンフォースがほとんど期待出来ないロードカーには当てはまりません。
 日本車では考えられない様な超高速を日常的に出さなければならない欧州車(ドイツ車に限らず、欧州車は旅行等でアウトバーンを走る可能性を考慮しなければなりません)のサスは、VWやオペルなどは勿論ポルシェやロータスでさえ意外なほどタップリとロールしますが、このシャシばねのヤワさはこんな事情からも来ています。

 あ、はい、ども、専門家です (^^;)

 トレッドは、ハンドリングにダイレクトに影響しますが、実は市販車の場合、スタイリングで決定している場合もあります。トレッドをヤミクモに広げると、チェーンクリアランスが無くなってしまったり、サスのフルボトムでタイヤがボディ(の裏側)と接触する事も考えられますので、その点は注意が必要です。

 さて、トレッドとハンドリングの関係ですが(ワタシはサスペンションとハンドリングが専門です)、トレッドを広げると、左右方向の荷重移動量が少なく...続きを読む

Qハブボルトにグリスが塗られていましたが・・・

先日ある作業のためホイールを外したところ、ハブボルトのネジ山にグリスのようなものが塗られていました。
ハブボルトにはグリスは塗らないのが常識だと思っていたのですが、どこかで塗られたようです。いろんな工場やショップに出入りしてるので、いつどこで塗られたかはわかりません。もちろん自分では塗った覚えはありません。

グリスを塗るとネジ部の摩擦抵抗が減るので、既定のトルクで締め付けた場合でも、締まりすぎてネジ山同士に規定以上の張力がかかりネジの損傷に繋がりやすくなのるではと思いますし、砂などが付着しやすいためネジを傷める原因になりやすいです。
なによりもナットが緩みやすそうな気がします。

というわけで塗られているグリスをきれいに除去しようと思うのですが、わざわざ誰かが(しかもプロが)塗ったからには何かしらの理由があると思うのです。
場合によってはグリスを塗ることもあるのですか?
当方の車は大昔の旧車なので、現代の車の常識が当てはまるとは限らないため、もしかしたら塗ったままのほうが良いのではないか、とも思ったりします。

さてこのグリス、除去すべきか、それともそのままが良いか、どちらが良いでしょうか?
皆さんのご意見をお聞かせください。

先日ある作業のためホイールを外したところ、ハブボルトのネジ山にグリスのようなものが塗られていました。
ハブボルトにはグリスは塗らないのが常識だと思っていたのですが、どこかで塗られたようです。いろんな工場やショップに出入りしてるので、いつどこで塗られたかはわかりません。もちろん自分では塗った覚えはありません。

グリスを塗るとネジ部の摩擦抵抗が減るので、既定のトルクで締め付けた場合でも、締まりすぎてネジ山同士に規定以上の張力がかかりネジの損傷に繋がりやすくなのるではと思いま...続きを読む

Aベストアンサー

座面? ホイールナットのテーパー部と ホイール穴のテーパー部分に
グリスが付着しなければ ねじ山だけなら問題ありません

固着防止と ガジリ防止になります。

但しブレーキで加熱される部分なので 耐熱グリスが絶対条件です。

現状をウエスで拭き取り僅かに残った グリス分だけでも ナットには良い状態で 閉まりすぎ等の不安も解消されます?

自分は マックガードスプラインドライブナット+ロックナットを使ってますが 内部が錆びるので ワコーズスレットコンパウンドを塗布してつかってます。 当然座面に付着しないように注意して締め付けてます。

Qアルミホイールのハブ経について

スチールホイールと違い、アルミホイールはハブ経が大きい分には気にしなくて良いと聞きましたが本当ですか?現在、プレオのアルミを探していますが、プレオのハブ経は59mmに対して、73mmのアルミホイールは装着可能でしょうか?誰か教えて下さい。

Aベストアンサー

可能です。(国産車に限り)、全く問題はないです。
(問題があるとすれば、ホイールの正しい取り付けかたを知らないかたが取り付けた場合です。)


(ただし、トヨタ純正のホイールや、三菱純正のホイール(平面座ナットタイプ)を他社の車に流用したりは決してしないで下さい。)




例えば、そもそも新車でもハブ側に円柱の突起(ハブ径の突起)がない車もあります(現行新車も)。


「ハブ径を合わせないとハンドルに振動が出る」 「ハブ径を合わせないとボルトが折れる」 などという説を唱えるかたもいますが、

そのようなかたは、上記、新車でもハブ径が合っていない車が存在することも、樹脂製のハブリングが存在することも知らないのでしょう。


ハブリングとは、「ホイールを取り付ける時に、ホイールが下がって付け難いことを多少軽減して、楽に取り付け作業をするためにある。」ということだけです。



もちろん、ハブリングが無いより有ったほうがさらに良い(安心)ことは間違いのない事実ですが、

それなら、ハブリングのデメリット(場合によっては非常に危険)も良く理解して、理解していない人が一人で運転させることはするべきではありません。(運転するご家族全員にハブリングの取り扱い方の教育が必要)

そうでないと、出先でパンクしてスペアタイヤに替えた時、スペアタイヤが走行中に飛んで行ってしまう危険性の可能性があります。本当です。

詳しくは、(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2441764.html)の ANo.2 と ANo.5 を良くご覧頂き、

ハブリングを採用するかどうかはご質問者様でお決め下さい。

つまり、もし金属製のハブリングを付けてしまいますと、鉄製のハブにサビでハブリングがガチガチに固着してしまうのです。
(http://72.14.235.104/search?q=cache:9RRXyZpJuD4J:oshiete1.goo.ne.jp/qa2441764.html+%E9%87%91%E5%B1%9E%E8%A3%BD%E3%81%AE%E3%83%8F%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%81%8C%E3%83%8F%E3%83%96%E3%81%A7%E5%9B%BA%E7%9D%80%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%AF%E3%80%81%E3%82%82%E3%81%86%E6%99%AE%E9%80%9A%E3%81%A7%E3%81%AF%E6%AD%AF%E3%81%8C%E7%AB%8B%E3%81%A1%E3%81%BE%E3%81%9B%E3%82%93%E3%80%82&hl=ja&ct=clnk&cd=1&gl=jp)

出先でこれを外すことはできませんので、スペアタイヤを付けることはできません。もしこの上からスペアタイヤを付けてしまいますと、ほぼ間違いなく走行中にホイールごと外れて飛びます。


最近の新車に採用の、パンク修理剤 でも積んでおけば良い話かもしれませんが、

そもそも、不要なハブリングを付ける意味がどこにあるのか?といった、基本的な話になるかと思います。

余計な物(ハブリング)を付けていて、車の点検整備時に工場でメカニックが紛失するか二重に付けられるか、知りませんが、デメリット、リスクはいろいろと考えられます。



上記URL内の【ハブ部よりセンターボアの大きいホイールの、正しい取り付け方。】を良くご覧頂き、この通りにタイヤホイールをお車に取り付ければ、テーパー座ナット車でしたら全く問題なく完璧に取り付けができます。


ただし、ハブ径を合わせる必要がないという話は、スペーサーなどは一切使用しない場合の話です。
  
 

可能です。(国産車に限り)、全く問題はないです。
(問題があるとすれば、ホイールの正しい取り付けかたを知らないかたが取り付けた場合です。)


(ただし、トヨタ純正のホイールや、三菱純正のホイール(平面座ナットタイプ)を他社の車に流用したりは決してしないで下さい。)




例えば、そもそも新車でもハブ側に円柱の突起(ハブ径の突起)がない車もあります(現行新車も)。


「ハブ径を合わせないとハンドルに振動が出る」 「ハブ径を合わせないとボルトが折れる」 などという説を唱え...続きを読む


人気Q&Aランキング