昭和50年に建設された学校があります。
設計図を見ると「モルタル金こて」、「モルタル下地」、「モルタル刷毛引」、「防水モルタル金こて」
などと所々に記載されています。
この「モルタル」ですが、建設時期が同じであれば、
この学校内において全て同じ「モルタル」を使用していると考えてよろしいでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

モルタルのアスベスト混入を疑うわけですね。



金こて、下地(これはそのまんま)、刷毛引は仕上げの内容を表すもので、この3つはまず同じものだと想像します。

防水モルタルが中身が違う可能性が大です。

で、飛散する可能性は大変少ないので、もっと他に追いかけなければならないものがあるのではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とてもわかりやすいご説明ありがとうございます。
飛散性のアスベストについてはすでに調査済みです。
非飛散性のものについて現在調べていますが、
モルタルというものがよくわからなくて
ご質問させていただきました。

お礼日時:2006/10/03 06:30

モルタルには、生コンプラントで製造・運搬されたもの、現場でセメントや砂を錬り混ぜて作られたもの、プレミックスの材料から作られたものなどがあり、使用する部位、時期(施工のどの段階で使用するか)により、同じモルタルが全て使用されていると言うことはあり得ません。



モルタルへのアスベストの混入は、参考URLに記載されていますが、混和材へのアスベストの含有又は混入、或いは施工者が作業性向上のために使用した(アスベストを一定程度入れると付着が良くなる場合がある)、などにより、使用されていたとのことです。

モルタル中のアスベストの使用については、ごく限定的と言われており、飛散の危険性も高くはなく、他の建材等への使用の方が、問題は大きいと思われます。
但し、建設年次等によっては、使用されている可能性や、空気中への飛散を完全に否定するものではありません。
確認には、成分分析が必要となります。
但し、一般的な分析手法における、モルタルへのアスベストの混入確認には、限界も有るようです。

参考URL:http://www.mhlw.go.jp/houdou/2004/07/h0702-1.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても詳しいご説明ありがとうございました。

お礼日時:2006/10/03 06:36

4の方の通り


モルタルにはアスベストを入れることはありませんし入れるとモルタルとは言わなくなります。

ただし、モルタル以外の場所にはアスベストが使われている言葉かなりの確率であります。

音楽室や放送室、体育館の吸音壁等は代表的ですが実際はありとあらゆる建築資材に耐火と補強の意味で混入されているらしいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2006/10/03 06:27

専門業者が使用するモルタルは質問者さんが想像している(?)ようなプレミックス材料は使いません。



セメント会社から袋詰め(当時は40kg)セメントを調達し、最寄りの建材店から左官用砂(基本的には川砂)をダンプで調達し、それを専門工事業者である左官やさんに水をまぜて(使用する用途によっては混和剤をまぜる)現場で調合してモルタルを作ります。

かならずしも、砂の原産地がすべて同じかというと違う可能性もありますが、人口軽量骨材(パーライト)モルタルでなければ石綿は混入していません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とてもわかりやすいご説明ありがとうございます。

お礼日時:2006/10/03 06:25

質問者の要求意図が不明ですが


強度に関することを知りたいのでしょうか?

モルタルはあくまで化粧と考えたほうが良いでしょう

コンクリートを施工した上に仕上げの高さを調整しタイルを張ったり、デザインで刷毛引き仕上げしたり等々です。

サッシュの取り付け隙間埋めにもつかいますね。

年数を経るとコンクリートよりはるかに弱い、薄い
のではく離や割れが生じます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

質問意図があいまいですみません。
強度ではなくモルタルの原料について知りたいです。
アスベストがモルタルに混入しているかどうか
調べているのですが、1ヶ所調べればあとの箇所は
全て同じと思ってよいのかどうかということです。

お礼日時:2006/10/02 18:43

建物本体「躯体」に使用されるコンクリートは、基本的に同じ生コンクリートを使います。


建物内の間仕切りにブロック等が使用され、その仕上げにモルタルを使いますが、使用する場所によっては「軽量モルタル」等を使用します。
『モルタル』とは、砂にセメント・水を混ぜたものを指します。
「コンクリート」とは、砂利・砂・セメント・水を混ぜたものを指します。
モルタルは主に、下地・仕上げに使用します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
使用する場所によって、モルタルの原料が変わるということでしょうか?
同じモルタルではないということでしょうか?

お礼日時:2006/10/02 18:25

学校は公共物すなわち、役所発注で施工しますから、


使用材料の承諾を得てから使用するので、質問者の言うようにすべて同質のモルタルと考えて良いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
すべて同じ原料のモルタルということですね。

お礼日時:2006/10/02 18:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q防水塗料と防水塗料シーラーは基本的に成分は同じ?

防水塗料と防水塗料用シーラーというものが販売されています。サイトの説明を見ると基本的な成分(エポキシ樹脂)は同じであり、防水塗料にはシーラーには入っていない着色顔料が入っている事はわかるのですが、それ以外に具体的成分の違いはあるのでしょうか?

基本的に製品の特徴である「耐水性」「耐薬品性」等は主成分であるエポキシ樹脂の特徴でしょうから、もしかしたら、着色顔料以外に成分の違いはない?とも考えられます。いかがでしょうか?

ご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

 主な違いは粘度でしょう。

シーラーは一般的に隙間を埋めるタイプの物ですので。

塗料は皮膜ですね。

Qモルタル壁の下地

初めて質問させて頂きます。

モルタル外壁施工の際、下地合板の上に防水シートを張りその上に金網をホッチキス止めし、その上にモルタルを塗ると説明されたホームページを見ました。
近くの建築現場でモルタル壁を施工しているのを見る機会があったのですが、防水シートは、金網と一緒にホッチキス止めされてはいるが合板に密着/接着されて居ないように見えました。これではモルタルを塗っても合板との密着性は無く丁度最中の皮の様なもので、子供がボールでも投げつければ簡単にひび割れてしまうのではと疑問に思った次第です。或いは逆にモルタルを合板に密着させると収縮率の違いでひび割れが出るのでこれを防ぐためにわざと密着させない様にしているのでしょうか。モルタル施工に詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

これは、厚みを乗せるために開けてあるのです。

網と合板の間に入れることにより、(実際にはくっついてはいないけれども、)密着がよくなるようになります。
したがって、隙間を開けていない場合は、モルタルが表面だけということなので、弱くなります。網の内外で2層になるか、表面だけの1層かということです。

要するに、合板の上にサイディングを張ったようなことと同じですね。くっついていれば割れるけれども、層が離れているので、割れにくいということですね。

Q【建設業界の謎】建設業の「原価の3掛け」と言うのは、 材料原価の3掛け+人件費+運送代でしょうか?

【建設業界の謎】建設業の「原価の3掛け」と言うのは、


材料原価の3掛け+人件費+運送代でしょうか?

それとも、

(材料原価+人件費+運送代)×3掛けなのでしょうか?

あと人件費と運送代を原価だけにして負けさせられたのに、材料資材を分割して小分けにして納品してくれと言われたらどうしてますか?

運送代1回が6000円、7000円して複数回に分けたら粗利なんかすぐに飛んでいって赤字になってるのでは?と思うんですが、なぜか営業成績に運送代が除外されて成績発表されていて不思議でなりません。

営業利益は材料粗利も含まれていて利益は1万円とかです。

でも運送代で6000円で、産業廃棄物回収業者に残材回収も依頼しているので粗利どころか赤字な気がするのに社長は余裕の感じです。

どういうことですか?

経営に詳しい人教えてください。

Aベストアンサー

建築系は判りませんが、私は昔、土木建築の資材を造っている会社に勤めていた事があります。
技術系の仕事で経営や営業の方には疎かったのですが、
何か資材を新規開発したりする時は、製造原価の3掛けで想定しろと言われていましたね。
(素材の原料代+製造コスト)×3 = 利益+営業コスト+その他のコスト というふうに教えられました。

Qタキストロンの下地と防水性能について

室内サンルームの防水工事を検討中ですが、知識がないので教えて頂きたく、どうぞよろしくお願いいたします。

条件:先日熱帯魚水槽の水漏れ事故がを起こしてしまったため、階下に絶対にご迷惑をお掛けしないよう、完全な防水処理が望まれます。最悪水槽が破損して150リットルの水が流れ出ても階下に漏らない程度です。

業者に依頼したところ、現在のタイル(コンクリに糊付け)の上にタキストロンを貼りつけ、ソフトハバキとの間をコーキングするという方法を提案されました。

そこで質問です。上記の方法で十分な防水が行えるのでしょうか?
個人的に不安があったので現在のタイルを剥がしてウレタン塗膜防水を行った上でのタキストロン貼り付ける方法も検討して頂くように依頼したのですが、この内容は室内工事としては過剰でしょうか?

どうぞよろしくお願いいたします。
P.S.明後日に業者さんがまたいらっしゃるので、その前に出来ればご教授いただけませんでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

回答が付きませんね・・・
少し 考えて見ましょう・・・・

>階下に絶対にご迷惑をお掛けしないよう、完全な防水処理
~~~ん!
部屋の広さ(床面積)はどの程度なんでしょうか?
仮に6畳とすれば 3坪約 10m2 (100,000平方cm)ですね。
ここへ 150L(150,000cc)の水を張ると・・・
深さは・・・ 1.5mmか・・?
これは静かに流してしばらく経ってからの数値ですので 水が動いてる
状態では 3~5倍の深さ しかも水槽が割れた瞬間は 10倍以上の深さになると思われます。

これを 床保護材の タキストロンとソフト巾木にコーキングで留めるのは条件がよければ可能かも
”絶対に漏らさない ”なら 本格的な 塩ビシート防水で 床より 100mm以上の立ち上がりと
壁の下端に水切りが必要です。
つまり・・・ベランダと同等の防水仕様が求められます。

どこまで安全をとるか・・?
 ご指摘の材料は 塩ビシートですが 防水材では有りません。
 ジョイントは ”突きつけ ”で 熱溶着が基本です。
 防水材の塩ビシートは 50mmのラップで 溶着液でのジョイントですので
施工の仕方が まるきり異なってますので 申し添えます。

他の防水材では FRPも施工時に異臭をだしますが お勧めです。

以上を参考にして ご検討下さい。

回答が付きませんね・・・
少し 考えて見ましょう・・・・

>階下に絶対にご迷惑をお掛けしないよう、完全な防水処理
~~~ん!
部屋の広さ(床面積)はどの程度なんでしょうか?
仮に6畳とすれば 3坪約 10m2 (100,000平方cm)ですね。
ここへ 150L(150,000cc)の水を張ると・・・
深さは・・・ 1.5mmか・・?
これは静かに流してしばらく経ってからの数値ですので 水が動いてる
状態では 3~5倍の深さ しかも水槽が割れた瞬間は 10倍以上の深さになると思われま...続きを読む

Q【建設用語】「造営材」と「構造材」の違いを教えてください。 造営材に天井材は含まれますか? お

【建設用語】「造営材」と「構造材」の違いを教えてください。

造営材に天井材は含まれますか?


おまけ

雑学

建築用語というのは存在せず建設用語というのが正しい。

Aベストアンサー

建築用語が正解。
建設用語は土木。
造営材と構造材は同じもの。
神社を造営するにあたり、材木となる木を神木板にする。
構造材。
建物を構築する為の骨組みになる部材。
木材=(在来軸組み立て工法)2x4工法。
鋼材=(鉄骨造)(コンクリート構造)レンガ・コンクリートブロック。
石=(組構造)
木造の部材=柱・梁・桁・筋かい・台。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報