脱臼をして整骨院に通っております。当方スポーツインストラクターをしている為、怪我が長引くと生活に影響してしまうので湿布しか出してくれない整形外科のほかに整骨院で電気治療などを行っております。
保険会社からは通常接骨院、整骨院には通常の70%の金額の支払いしか出来ないと言われたのですが、知り合いの行っている接骨院の先生が保険屋と交渉すれば100%もらえると言っていたと聞きました。
法律的にはまた実例として実際はどうなのか知っている方教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

原則としては保険会社からの保険金の支払いについての件は


治療先が医師免許があるところでの治療と言う事になっています。(約款に記されているはずです)
その為、柔術士である整骨院や接骨院は完全な支払いの対象から
除外と言う事になり70%の支払いとなるわけです。
交渉で100%の支払いと言うのは全くない訳ではありませんが
治療期間が1週間程度などの短期間に限られるのが殆どです。
ですので、保険金の支給金額と治療期間の長さとの兼ね合い
を考えられて治療を受けられるのがよいかと思います。
それでは、お大事になさってください。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

解答有難うございます。ダメモトで保険会社の方と相談して70%以上もらえたらラッキーくらいに考えておこうと思います。

お礼日時:2002/04/02 22:26

詳しいことは、#1の方が答えられているのですが、私の友人も、接骨院に通ったため、100%の保険金がでなかったことがあります。


保険金の支払対象は、「治療」であり、整骨院等は「治療」とみなされなかったそうです。友人のときは交通事故だったため最初に病院に行っており、医師の診断書を取ることができたので、まだよかったのですが、そのときに保険会社の方から、必ず医師による診断を受けてください、といわれました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

解答有難うございます。整形外科にも行っておりますのでその点では大丈夫です。

お礼日時:2002/04/02 22:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q整骨院と接骨院での治療費について

昨年、自転車で横断歩道を渡っているときに左折してきた車に突っ込まれてむち打ち治療をしていたものです。
保険会社の方から示談にあたり、通院していた病院に対する精算の話があり、外科病院(保険適用)・整骨院(保険適用)・接骨院(保険適用不可)を申請したのですが、外科病院・整骨院については治療費の支払いは可能で接骨院については治療費の支払いを拒否されました。
整骨院と比較して接骨院での治療費は少額だったたのですが、通院している病院の種別(?)で支払いの可/不可は発生するものなのでしょうか?
なるべく後遺症が残らないように病院を転院したのですが釈然としません。
どなたかアドバイスをお願いいたします。

Aベストアンサー

>通院している病院の種別(?)で支払いの可/不可は発生するものなのでしょうか?
その通りです。原則として健康保険の適用されるところでの治療費しか認めていません。医師の指導の下、鍼やマッサージに通うといった場合であれば認められたと思われます。健康保険でそういったことやってくれるところならよかったのですが…

>釈然としません。
気持ちはわからなくも無いですが、「健康保険適用」「健康保険適用外」といった明確な区分けがあります。この区切りは別に保険会社が決めたものではありません。もしこの制限をはずすと法外なお金を請求されるような摩訶不思議な治療に対しても補償する必要がありますし、もっと広げれば「健康になるからといわれたので、壷や印鑑を購入した」と限がなくなってしまいますね。

Q整骨院、接骨院の違い?

鍼灸整骨院、鍼灸接骨院、
の違いと慰謝料についてお訊きします。

自分の調べた範囲なのですが、
鍼灸整骨院は慰謝料が1倍、鍼灸接骨院は2倍だと思います。これはなぜなのでしょうか?

同じ症状での治療なのに、なぜ慰謝料が違うのですか?

それとも同じ慰謝料なのでしょうか?

教えてください!

Aベストアンサー

 『柔道整復師』が組合に入っていてもいなくても、資格を持っていれば関係ないでしょう。資格があれば差別は出来ないはずです、この整骨院が鍼灸の資格しか持っていなければ前記の通り1日の計算です。保険会社は治療費を支払う立場から資格に付いて確認するはずです。どうしても納得が出来なければ、自賠責保険をチェクしている自算会の調査事務所で確認する事です。調査事務所は各地区にあります、そこには相談室もあるはずです。『損害保険料率算出機構』で検索できますので状況を話して相談して下さい。

Q地震保険は通常火災保険の50%しか補償を付けられませんが、よく調べたら

地震保険は通常火災保険の50%しか補償を付けられませんが、よく調べたら100%の補償ができる保険もあると知りました。

しかし100%の補償なんて本当に必要でしょうか?地盤・造りがちゃんとしていれば50%でも充分??という気もしてきて悩んでいます。

当方愛知県在住です。

ぜひ、皆様のご意見お聞かせ頂けるとありがたいです。

Aベストアンサー

はい、その通りですね。

それは地震に限らず火災でもそうです。

ですので
付保率を低く設定しつつ
一部保険にならない契約が存在ます。

そういう意味では
地震は50%という縛りを撤廃して
契約者様が任意に設定できるようになっていることは
大変意義深いと言えます。

ただ、全焼、又は全壊すれば
基礎が残っていても何の役にも立たないとは思いますが。

Q整骨院への通院

何度か質問しているものですが、追突事故で(100%被害者)整形外科と整骨院に通院しております。
事故後、整形外科でCT,MRIの検査をし異常はなく薬を出されております。整骨院の治療費は医師の指示がないと出されないとのことですが、整形外科の先生に診察の時、聞きそびれ後から電話で次の診察までに鍼灸やマッサージなどすることに問題があるのか聞いたら、痛みが和らぐのであればいいでしょうと言っていただいたので、整骨院に通うことにしました。
保険会社からは色々と質問をうけ(具体的にどのように医者から指示されたのか、部位はどこだ等)その後、整骨院に行きましたが、保険会社から部位を少なくするように言われたと聞かされとても気分を害しております。
そこで質問なのですが、

1.私の場合、医師の指示が出たという判断でよいのでしょうか。
2.保険会社が整骨院へ直接治療費を負担してくれることになったのですが、整骨院も慰謝料は払ってもらえるのでしょうか。

事故後は会社も休んでおりましたが、今は無理をして出社もしています。一日も早く元の生活を取り戻せるようにがんばっているのにこういうことは保険会社の人には理解されないものなのですね。

保険会社の人が治療に関し口出しされて本当に不愉快です。

何度か質問しているものですが、追突事故で(100%被害者)整形外科と整骨院に通院しております。
事故後、整形外科でCT,MRIの検査をし異常はなく薬を出されております。整骨院の治療費は医師の指示がないと出されないとのことですが、整形外科の先生に診察の時、聞きそびれ後から電話で次の診察までに鍼灸やマッサージなどすることに問題があるのか聞いたら、痛みが和らぐのであればいいでしょうと言っていただいたので、整骨院に通うことにしました。
保険会社からは色々と質問をうけ(具体的にどの...続きを読む

Aベストアンサー

 ご質問に有ります「整骨院」に付いてですが、混同しやすいのは整体院(カイロプラティク)です。整骨院は通常柔道整復師の事ですので治療するのに医師の指示も了解も要りません、また病院と同じ様に保険会社は治療費も支払いますし、慰謝料計算も病院と同じです。尚 整体院は自賠責保険では認定しませんので治療費も慰謝料も出ません。マッサージや鍼灸の場合は病院や接骨院(整骨院)の中で治療出来る場合は医証はいりませんが、他の治療院で施術する場合は医師の証明書(医証)が必要になりますし、慰謝料も自賠責保険の計算上で実日数を2倍する事は無く実日数のみで計算されます。接骨院の場合は一部位に付いて幾らと言う計算に成りますので保険会社の担当者は部位を少なくと言うのです。尚 接骨院では診断は出来ません(医師法の問題が在ります)ので病院で治療した部位以外の治療は出来ないことになっております、その為病院での診断以外の部位を治療した場合は自己負担に成ります。

Q自賠責での病院と接骨院の違い

先日、追突事故をおこされました。私の過失は0です。
ムチウチで全治2週間の診断をもらいました。
保険会社には了承を得て接骨院に通院していますが、聞くと人によっては接骨院は自賠責の慰謝料が6割しか出ないとか、同じとか、まちまちです。
保険会社は2~3週間ごとに病院での診察を受けてくださいって言ってるので、言うとおり受けるつもりですが、実際におりる慰謝料は違うんですか?

Aベストアンサー

NO.6さんの「回答に対するお礼」のところに自賠責保険と任意保険の関係に付いてお分かりにならないとあります、私も任意保険に付いて回答しておりますので説明させて頂きます。自動車の人身事故の被害者救済の為に全ての車両に自賠責保険(強制保険)を付帯する事が義務付けられています。賠償保険は自賠責保険(傷害の限度額は総額で120万円)が基礎で賠償致します。自賠責保険の限度額の120万円を超えた場合や、前回に回答いたしましたようなカイロプラクテイクの様に自賠責保険では認定しないが支払うことが必要と認めた場合などに使います。自賠責保険は国が干渉していますので自賠責保険内では減額してはいけない決まりになっています、最終的に自賠責保険を管理している自算会調査事務所でチェクして、計算上減額などを窓口の保険会社がしてしまった場合は再示談をさせられる事も有りますので、窓口の保険会社は自賠責内では絶対に減額できない仕組みに成っている訳です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報