私は経済学部ではないのですが(文系です)、経済学に興味を持って勉強中です。
ベストセラーになるような経済の本は読みましたが、対処療法的な知識だけを書いてあって、本格的に理論の勉強したい私には物足りないです。
そこで質問なんですが、経済学部の人が使うような骨のある本を紹介して頂けないでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

過去にも同じような質問がありましたけど、回答をしなおした方が良いようですね。



経済学、特に主流派の経済学は、「ミクロ経済学」と「マクロ経済学」に大別されます。ご質問の文面からは、その理論が必要と捉えました。
理論が精緻化されていますので、理論と数学は最低限必要です。
要するに、竹中平蔵や金子勝などの啓蒙書は省いてくれ、ということですよね。

入門書の定番は、
伊藤元重『入門・経済学 第2版』(日本評論社)だと思います。
個人的には初版本のほうが面白いと思ったのですが(ミクロとマクロを分けてしまった2版の構成は、どうも合わない)。

サムエルソンもいいですね。
彼の最大の業績は、「教科書を書いたこと」とも言われるぐらいですから。
サムエルソンは、できれば原著で読むと面白いでしょう。(Samuelson & Nordhaus, Economics, 19th ed., Mcgraw-Hill, 2001)
5300円で手に入ります。

StiglitzやMankiw、Blanchard(ブランシャールともブランチャードとも言う)などの本もありますから、好みの本をお使い下さい。

日本語のミクロの入門書としては、
倉澤資成『入門・価格理論』(日本評論社)
武隈慎一『ミクロ経済学 増補版』(新世社)
西村和雄『ミクロ経済学入門 第2版』(岩波書店)
などがあります。

武隈先生の本は数学的にややレベルが高く、西村先生の本は微分が使われていない(しかし、分数がやたらと多い)ので、好みが別れると思います。
西村和雄『ミクロ経済学 第2版』(岩波書店)の巻末にもブックリストがあります。大抵の本の巻末にはブックリストが付いていますので、有効にお使い下さい。

矢野誠『ミクロ経済学の基礎』『ミクロ経済学の応用』(以上岩波書店)
もあります。特に後者は「法と経済学」を取り上げており、面白いです。

あと上級編として忘れてはいけないのは、
奥野正寛・鈴村興太郎『ミクロ経済学I・II』(岩波書店)
ですね。

マクロだと、次の本かな? と思います。
中谷巌『入門マクロ経済学 第4版』日本評論社
浅子和美・加納悟・倉澤資成『マクロ経済学』新世社
吉川洋『マクロ経済学 第2版』岩波書店

中谷マクロは、大竹文雄『スタディガイド 入門マクロ経済学 第4版』(日本評論社)と併読すると効果があがります。場合によっては、『スタディガイド』だけを読む方が良いこともあります。

応用経済学(財政学・産業組織論など)については割愛しますが、計量経済学は、
蓑谷千凰彦(みのたに・ちおひこ)『計量経済学 第3版』(東洋経済新報社)
などが参考になるでしょう。

好みも別れますから、一概にどれとは言えません。
ご自身で大学図書館などを利用して探されるとよろしいと思います。
以上に挙げたのは、私が考える定番本の、ほんの一例です。

実際のところは、「数学的説明がくどい/足りない」という声がそれぞれの教科書について言えますので、数学の補い方は、お考え下さい。

なお、大学院レベルのミクロの定番は、
Mas-colell, et al, Microeconomic Theory, Oxford University Press, 1995
のようです。
マクロは、
Romer, Advanced Macroeconomics, 2nd ed., Mcgraw-Hill, 2001
や、合理的期待形成学派の教科書があります。

参考文献:一橋大学平成12年度講義要項。
一橋の先生の一部は、講義レジュメをホームページで公開していますので、見てみると面白いかもしれません。

個人的な好みが入っていますので、これよりも良い教科書があるかもしれません。
しかし、ここまで教科書が揃った学問は、社会科学では経済学をおいてほかにありません。
機種依存文字は適宜直してあります。また、英語のスペルは自信なし。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>入門書の定番は、
>伊藤元重『入門・経済学 第2版』(日本評論社)だと思います。
>個人的には初版本のほうが面白いと思ったのですが(ミクロとマクロを分けてし>まった2版の構成は、どうも合わない)。

私もこの本は目をつけてました。

この一年間でなんとかマスターしたいです。が、専門の方もあるんでどうなるかわかりませんが、経済学者に騙されないように頑張りたいと思います。

お礼日時:2002/04/04 03:40

はじめまして。


経済学の骨のある本、とのことですが…。
私が大学(経済学部)1回生時に使っていたテキストは、

・幸村 千佳良 『経済学事始』 多賀出版,1996年
・中尾 武雄 『エッセンスがわかる経済学入門』 中央経済社,1994年
・井堀 利宏 『入門マクロ経済学』 新世社,1997年

です。
入門と冠がつくだけあって、丁寧な説明で読みやすかったです。
今となっては、10年前の本、と言われそうですが…笑。

jun95さんがお勧めしている『サムエルソン経済学 上・下』は、理論書としては超有名です。
私は図書館で、辞書の代わり使った記憶があります。

もし、doumoさんの大学(学生さんですよね?)に経済学部があるなら、図書館で探すのも手ですし、講義要綱等でどんなテキストが使われているのか、一度チェックされてみては如何でしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>(学生さんですよね?)

そうです。

>経済学部があるなら、図書館で探すのも手ですし、講義要綱等でどんなテキストが>使われているのか、一度チェックされてみては如何でしょうか?

その手がありましたね。
大学が始まったら調べてみたいと思います。

お礼日時:2002/04/04 03:28

経済学といっても、流派がありますから、オーソドックスなミクロ経済学とマクロ経済学を勉強されるのなら、最初は、日本人が丁寧に書いた書物がいいと思います。

教科書として書かれているため完璧というのはないかもしれません。書店に行かれるなどして、読みやすそうなを選ばれるといいと思います。
それとも、かつての名著である『サムエルソン経済学 上・下』を読まれると、理論的な関心に答えてくれるでしょう。有名私大以上の経済学部の学生なら、一度は手に取るものです。わたしは、とりあえず、これを押しておきます。

参考URL:http://www.noguchi.co.jp/NL/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

サムエルソン経済学ってそんなに有名なんですね、知りませんでした。
すぐに読んでみたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/04/04 03:19

>経済学部の人が使うような骨のある本


経済学部時代にイイなと思った本がなかったんで
リクエストに沿っているかイマイチ自信がないのですが
私にとってはポール・クルーグマンと小室直樹だなぁ。
読んだことありますか?
もしなければまず下記URLをご覧いただき
お気に入り頂ければ
メディアワークス刊「クルーグマン教授の経済入門」
東洋経済刊「数学嫌いな人のための数学」
あたりから読んでみて下さい。
ベストセラーではないもののそれなりに売れた本なので
知っていたらご免なさい。

参考URL:http://www.post1.com/home/hiyori13/krugman/japtr …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お薦めの本、読んでみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/04/04 03:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q明大 政治経済学部vs 中央大 経済学部

お詳しい方や
在学中の方でも構いません。
教えて下さい。


明治大学 政治経済学部と中央大学 経済学部では
就職や社会的評価等、総合的に考えたときに、どちらに入学したほうがいいと思いますか?


Marchなので
どちらも変わらないでしょうか?


在学中の方でしたら
ご自分の大学の良い点、悪い点(資格やゼミ、交通、キャンパスなど)
何かありましたら教えていただけると嬉しく思います。

何卒よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

八王子市東中野と中野区東中野は、天国と地獄ほどの違い。

明治の方が遊べます。

Q大学経済学部ですが、経済学のための数学の勉強方法

数学が苦手ですが経済学部に入ってしまいました。

なんか良書はないでしょうか?わかりやすいやつをおねがいします。
大学は慶應経済です。

Aベストアンサー

早稲田向けですが、URLだけ。

石川氏のイッキにわかるが良いと思います。

http://14goukan.xxxxxxxx.jp/menu/nyu.html#eco

Q経済学部だった人、経済学部の人に質問です 高校生の時の数学は必要ですか?? また、必要であるなら、ど

経済学部だった人、経済学部の人に質問です
高校生の時の数学は必要ですか??
また、必要であるなら、どこの単元を勉強しておく必要がありますか??

Aベストアンサー

少なくとも、高校の文系数学程度は必要でしょう。
できれば、理系数学(ただし、難しめの積分は不要)を一通り知っておくとさらにいいです。
重要な分野は、関数とグラフ、微分、数列/数列の和(級数)あたりです。
三角関数は不要。

Qなぜ日本では経済学部は文系なのか?

私は理系のものなので、経済学の知識というものはほとんど高校レベルです。というわけでほとんど経済を学んでいないのにこのような質問をして大変恐縮ですが、回答いただけたら幸いです。


日本では、経済学部は文系の学部であり、高校では数III.Cを学ぶ必要もなく、また私大などでは数学が受験科目に必要ない学部が多いと聞きます。これはおかしいのではないでしょうか?
別に、大学で学ぶような高等な代数学や幾何学などは必要ないと思いますが、単純な微積分や微分方程式、統計学に必要な数学の知識は経済学に必須だと思います。なのに、大学入試段階であたかも数学が必要ないかのような選抜のされ方をするのはなぜでしょうか?

経済学(Economics)は社会科学(social science)です。つまり、本来は理系(science)に分類されるはずのものだと思います。

アメリカの友人に
日本では経済学は文系の学問だ
と言ったら、すごいビックリしていました。やはり日本の分類の仕方はおかしいのではないでしょうか?(別にアメリカの分類は正しいとは言いませんが)


回答をよろしくお願いいたします。

私は理系のものなので、経済学の知識というものはほとんど高校レベルです。というわけでほとんど経済を学んでいないのにこのような質問をして大変恐縮ですが、回答いただけたら幸いです。


日本では、経済学部は文系の学部であり、高校では数III.Cを学ぶ必要もなく、また私大などでは数学が受験科目に必要ない学部が多いと聞きます。これはおかしいのではないでしょうか?
別に、大学で学ぶような高等な代数学や幾何学などは必要ないと思いますが、単純な微積分や微分方程式、統計学に必要な数学の知識は経...続きを読む

Aベストアンサー

西欧的な考えからすれば、人間とはなんぞや?(哲学などの人文科学)という価値観・手法によって、社会を分析するのが社会科学であり、自然を分析するのが自然科学。サイエンスとはラテン語の「知ること」から来ており、理系がサイエンスということではない。

日本的分類は、ある程度西欧での科学の分岐が行われた後、日本という後進国が効率的に西欧の科学を導入するための便宜的な手法でしかない。その際に、言語として表象されるものを 文、統治制度を 法、表には出ていないものを 理、としました。これは、中国の漢字文化による援用です。人とは文なりというニュアンスが、文にあり、諸子百家の一つ法家から統治制度は法だし、表には出ない形而上の現象を理とよぶ、朱子学の理解から 理とした。
これが、日本への西欧学問の中国概念による導入です。

で、経済学は、経世済民からきているように、統治方法の一つとして日本人は理解された、理解したので、経済学を日本に導入するのは、法学部が行った。東大の経済学部は法学部からの分離として成立しています。これが日本における経済学部の始まり。1908年。
まだこの段階では、金融工学はおろか、ケインズもいません。
この体制が、基本的に戦後もずっと残っているから、経済学部は文系に入れられています。

戦後の経済学部
経済学部といっても、大きく分けて二つあると私は思います。一つはエコノミクスをやっているところと、サラリーマンを作っているところ。前者ではちゃんと受験に数学を必要としています。後者はまぁ大学に入れればいいという感じ。前者の大学はちゃんと数学を受験科目にしているところが多い。また、東大では昨年から理一理二から経済学部進学への枠を拡大させています。

西欧的な考えからすれば、人間とはなんぞや?(哲学などの人文科学)という価値観・手法によって、社会を分析するのが社会科学であり、自然を分析するのが自然科学。サイエンスとはラテン語の「知ること」から来ており、理系がサイエンスということではない。

日本的分類は、ある程度西欧での科学の分岐が行われた後、日本という後進国が効率的に西欧の科学を導入するための便宜的な手法でしかない。その際に、言語として表象されるものを 文、統治制度を 法、表には出ていないものを 理、としました。これ...続きを読む

Q経済学部で会計学を学ぶのは可能ですか?

はじめまして。
ただいま高3で大学の学部選びで悩んでいます。
そこで、もしよろしければアドバイスください。

僕の将来の希望としては、一般的なサラリーマンとして働くのではなく、手に職をつけて、会社や社会に求められる存在になりたい。
会社の歯車になるのではなく、その人がいないと会社が回らないような存在になりたい。
そういう存在である職業で、僕が最も知っているのが会計士で、そんな会計士になれればいいなぁと思っている。
それで、その会計士に一番近い学部は商学部である。ならば、商学部にいけばいい。
けれど、会計士は商学部でなければ取れないわけではない。経済学部でも可能である。
もし、会計士が自分に向いていないと思ってつぶしが利くのは経済学部である。また、会計士抜きで考えると行きたい学部は経済学部である。

行きたいのは経済学部。けれど、経済学部だと会計に触れる機会が少なく、今の会計士になるという思いが薄れてしまうかもしれない。これらの理由で2つの学部に迷っている。

要は、経済学部で会計士に近づくことが出来れば問題はない。
そこで、経済学部で会計学について学べるのか、会計学に触れられるのかを教えていただきたい。

はじめまして。
ただいま高3で大学の学部選びで悩んでいます。
そこで、もしよろしければアドバイスください。

僕の将来の希望としては、一般的なサラリーマンとして働くのではなく、手に職をつけて、会社や社会に求められる存在になりたい。
会社の歯車になるのではなく、その人がいないと会社が回らないような存在になりたい。
そういう存在である職業で、僕が最も知っているのが会計士で、そんな会計士になれればいいなぁと思っている。
それで、その会計士に一番近い学部は商学部である。ならば、商学...続きを読む

Aベストアンサー

とりあえず、あなたが行こうとしている大学に商学部(経営学部)と経済学部が両方存在していると、経済学部に行くと、会計学の講義はないと思います。もし、経済学部しかなく、途中から分かれるのであれば、会計学の講義を取ることは出来ます。
私は公認会計士を目指して勉強中ですが、大学の講義で会計士を取れると思ったら大間違いです。目指している人はみなさん大学に通いつつ、ダブルスクールに行っています。独学ではまずムリだからです。
以上を踏まえると、私の経験からして、どの学部にいっても会計士を目指して勉強する点においては関係ないでしょう。経済学に興味があるのなら経済学部にいけばいいのです。公認会計士の選択科目は経済学・経営学・民法・統計学のうちから1科目選択すればよいので、経済学を選択すればいい話です。
参考までに、会計学の一環をなす簿記を勉強するつもりでいてください。まず、大学が決まったら、6月にある簿記検定で3級を取り、続いて11月に2級を取るつもりで勉強しましょう。もっと言えば会計学の財務諸表論なんてかなり苦痛な分野なんですけどね、個人的には。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報