【美大生が登場】色のユニバーサルデザインとは? >>

詳しい方教えてくださると助かります。

貞操観念は明治以降、西洋思想を吸収する際に付随して作られ、昭和になって広く広まったとする説もある一方、
源氏物語にも、ある種の貞操観念が見られる、と
小耳に挟みました。

実際のところどうなのでしょうか。

日本では昔から、祭りの際のフリーセックスや、政府が積極的に遊郭を作る、大名はホモが多い、などホモ、ヘテロを問わず性風俗に関してはゆるやかだったとされています。でも一方で独占欲や嫉妬もあり、そのため「貞操」が重視される、というのは昔からあったと思います。

勝手な想像ですが、

江戸時代女が男よりも多くなって、女性は操を守るなんていってられなくなり性風俗が乱れる。
  ↓
明治時代、西洋思想を輸入するに当たって、西洋人が日本人の性風俗を見てびっくりする。
彼らはキリスト教徒で、処女信仰なんてのもあるくらいだから当然の反応。
  ↓
でもその反応を見た日本人が、「おいおい、うちらは性風俗乱れてるらしいよ、これは直さないと、文化的に遅れてると思われちゃうよ」といって反省
  ↓
キリスト教起源の貞操のモラルをまねる
  ↓
今に至る。そろそろヨーロッパの物まねも飽きてきたので、ちょっと乱れてみる

なんて思っています。多分間違っていると思うので、
誰か日本における貞操観念の変遷についての定説を教えてください。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

中世のヨーロッパにキリスト教国に初夜権という制度があったように、日本にもそういうものがあったようなんですね。


(ヨーロッパの初夜権制度が本当にあったのかどうかまだ確信はなく、実際あったとしても税金みたいなもので、金を払えば領主や聖職者に花嫁を寝取られずに済んだのか、金が無い農奴はどうしていたのか、何故そのような伝説が生まれたのか定かではないのですが)

さて、日本にあった初夜権。
村の長老が新婦の処女を奪ってあげるという風習があったという話を聞いたことがあります。
真実はどうなのか今の段階ではわかりませんが、こんな話があります。
  ↓
http://www.aozora.gr.jp/cards/000933/files/24436 …
【日本の歴史は、語部と言はれた、村々国々の神の物語を伝誦する職業団体の人々の口頭に、久しく保存せられて居た律文が、最初の形であつた。此を散文化して、文字に記したのが、古事記・日本紀其他の書物に残る古代史なのである。だから成立の始めから、宗教に関係して居る。神々の色彩を持たない事実などの、後世に伝はりやうはあるべき筈がないのだ。並みの女のやうに見えて居る女性の伝説も、よく見て行くと、きつと皆神事に与つた女性の、神事以外の生活をとり扱うて居るのであつた。事実に於て、我々が溯れる限りの古代に実在した女性の生活は、一生涯或はある期間は、必巫女として費されて来たものと見てよい。】

【「神の嫁」として、神に出来るだけ接近して行くのが、此人々の為事であるのだから、処女は神も好むものと見るのは、当然である。】

という具合に、日本の初夜権という概念は、普通の女性達が結婚初夜に庄屋に処女を奪ってもらっているのがあたり前だったというのは、誤りであると思えます。

後世になると、その特別な女性はもっともパワーを持った神の使者であると同時に、権力を欲しがる男に力を与える儀式を与えるため寝るものを、軽蔑的に見るようになり、神殿に仕える娼婦と捉えたのではないかと思えます。

これは世界各地の巫女たちも、異教徒たちがその宗教を馬鹿にする時の材料として使っていたようです。


で、朱色の鳥居がいくつもあって、そこをくぐって到達する。
これは通過儀式だったのではないかと思えます。
朱色=血。
血は穢れたものであると考えられていましたが、実は清めるものでもあるとも捉えられていた。

ユダヤ教に血を塗った家だけ、神による災いがふりかからなかったという話がありますが、日本にも同じ神話があります。


さて、遊女はいつ頃誕生したのかはまだわかりません。
江戸時代に一角に遊郭を設けたようなのですが、私の想像では町ができるようになり、貧富の差が拡大していき、富めるものが町に集まりだして、彼らの娯楽として遊郭が発展したのではないかと思えます。
飢饉などで、年貢を納めることができない家が、娘を売るようになったり、子どもを芝居をして回り金銭を得る業者に売ったりなどするようになったのではないかと思います。

遊郭においては管理されていたようで、誰でも遊郭を開いていいというわけではなかったようです。


その時代の頃、特権階級の人たち限定ではなく、一般庶民にどうような貞操観念があったのかはわかりません。

世界で唯一日本人とユダヤ人には処女信仰が無いと聞いたことがあります。

日本ではキリシタン弾圧が行われましたが、理由があったようです。
来た頃は日本に危害を加えない穏やかな団体だと思われ認められたようなのですが、来たキリスト教のその団体の闇の部分が露呈し、恐ろしい団体だとして迫害が始まったようなのです。
その団体が大名に弾圧された理由の一つが人身売買。
http://www.gameou.com/~rendaico/nihonchristokyos …
これは一つにしかすぎず、日本から追放されるに至った悪事はまだまだあるようです。
ただし、これはキリスト教団の本部がやっていたことではなく、キリスト教団に公認された団体がやっていたこと。
その団体がキリスト教団の宣教部門を担当し、世界各地にキリスト教を広めるため宣教活動をしていたので、表向きは宣伝部門だったわけですが、実はキリスト教の戦闘部隊・諜報部隊という側面も持っていたわけです。
日本にやってきた理由も宣教が本当の目的ではなかった。

確かにキリスト教の本家本元は清貧・貞節をスローガンとして掲げていますが、実際やった内容を見ると異常なまでに性に対する強迫観念に囚われた人が本部に集ったのではないかと思えます。
聖職者は妻と性交してはならない。子どもを儲けてはならない。それができないなら罰金、投獄、公開鞭打ち刑、しまいには結婚の無効まで決めてしまったようなんです。
神の祝福とは子どもを授かることですが、何故かキリスト教はその神の祝福を否定するということを教えているという変な団体です。

日本の貞操観念が一体どんなものかわかりませんが、あるとすれば、身分制度が撤廃されたあと、それでも庶民とは違う高貴な家系だとするため利用されたのではないかと思います。

結婚とは家と家の結びつきです。
家と家の結びつきのために不可欠なのが娘。
婚姻関係になれば縁がむすばれ、相手の権力・財産の恩恵が与えられる。
そういうわけで、なるべくいい権力者に嫁がせたい。
それで箱に入れておいて、家が望まない男が近づかないようにした。
これが日本の貞操観念の実体じゃあないのでしょうか。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

大変詳しい回答ありがとうございました。
特に最後のご説明は大変説得的でした。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2006/10/16 04:35

 民俗学では、明治維新前からすでにセックスし放題だったという学説があります。

夜這いというやつです。
 今まで有力であった柳田民俗学では、過去の日本はきわめて純潔な人たちであったかのように言われていましたが、『夜這いの民俗学』という本を書いた学者は、この発想を実際の聞き取り調査で逆転させてしまいました。むしろ貞操観念が強まったのは、第一次世界大戦以降なのです。それはヨーロッパというより、戦争のためです。
 かつては、結婚は10代の中頃にはもうやっていましたね。しかしセックスは、田舎の多くの町ではすでに結婚前に儀式のごとくやっていたそうです。いろいろケースはありますが、慣習的に年上の女性が男たちにセックスを教えていたのだとか・・・
 そして村のあちこちで夜這いのようなことが平気でなされていたそうです。この本を読んでみたらよいと思います。



 
 
    • good
    • 4

no.2です。


>敬虔な人ほどキリスト教の教義を日常会話の話題にすることを好みません。そうした話題を無神論者と語り合ってもまるで意味がないことが多いと知っているからです。

あ、違うんですよ、教義のことなんてクリスチャンの方と話してません。
キリスト教徒の貞操観念は「歴史的に」どのように広まっていったのか、ということを話題の中で、「女性の身を守る為」というのが大きな要因ですと説明してくれたのです。
その人は学習院で皇族にも友人がおられる方なので、私はすっかり日本の皇室では処女性を重んじると思っていたのですが、その人は「神道では処女性はそんなに重要ではなく、皇太子妃も処女である人を選ぶという決まりはなかった」と教えてくれました。もともと処女性はクリスチャンの身を守る為に欧州での概念なのです、ということです。
私の聞いただけのことなので正しい事かどうかはわかりませんが、ひとつの情報として書かせて頂きました。
あまり先走りして解釈されませんようお願い致します。

この回答への補足

レスありがとうございます。
あまり生産的な補足ではありませんが、
よく分からなかったのは、
貞操観念はキリスト教の教義のど真ん中なのに、教義の話などしていないと仰られている点です。
キリスト教徒にとって貞操観念とは、歴史的に生まれたものではなく、神が救済のために作って人間にあたえた概念です。歴史的に生まれたとすれば、それは神が深遠な計画の中で、女性のクリスチャンを守るために与えたもの、というのがキリスト教徒の考え方ではないでしょうか。
それを「神がおあたえになった~」というところを無視して、貞操概念は歴史の偶発時の中から、女性の身を守るため生まれたもの、と解釈するのは、それはそのクリスチャンの方の本音ではないはずです、ということが言いたかったのです。

キリスト教の貞操観念がどのように広まっていったのか、というお話をキリスト教の信者が無神論者に向って話す際、仰られているように教義のことを抜きにして「歴史的」に語ることになるであろうことを私は想定していました。ですからdorenさんの仰るとおりのことを私は考えていました。そしてそのような場合、敬虔な方はキリスト教の教義としての貞操観念という、その人にとって最も重要なことをあえて語らずに話をしていることになり、そのようなお話は、<信仰を持っていない、神に見放された、哀れむべき>無神論者向けの方便ではないのでしょうか、と思ったのです。

補足日時:2006/10/16 04:13
    • good
    • 1

no.1です。



>女性が自分の身を守るという実際的な問題よりも、キリスト教の教義によるところによるところが大きいと理解するのが普通では?

普通と考えておられるのがどなたなのか存じませんが、歴史的に女性が身を守るためというのは敬虔なクリスチャンに聞いた話です。

私個人の考えとしては、人間の価値観は教義によるものよりも生活環境や風土条件などによって育てられる割合の方が多いと思います。
そもそも欧州でキリスト教が広まったのも、土地が痩せて農耕に向かない土地柄、肉食を禁じないキリスト教の方が受け入れられやすいからです。

この回答への補足

「普通」と私が言ったのは、社会学等で一般的な説明のしかたとして、普通という意味です。
私が目にしたいくつかの文献にはそう書いてあった、というだけで、それが普通かどうかは知りません。

欧州でキリスト教が広まった理由についてですが、それはあまりに一面的なように思います。
敬虔なキリスト教徒が聞いたら、もちろん表面には出さなくとも、内心怒っているのではないでしょうか。初期のキリスト教徒の殉教者達をなんだと思っているのだと。(私自身は信仰はないですが)

歴史的に女性が身を守るため、というお話を敬虔なクリスチャンが仰っているのなら、それはますますよくわかりません。
ヨーロッパに暮らして長いですが、敬虔な人ほどキリスト教の教義を日常会話の話題にすることを好みません。そうした話題を無神論者と語り合ってもまるで意味がないことが多いと知っているからです。
敬虔な方ほど、無神論者が理解できるような物質的、歴史的レベルでお話をするように思いますが、その方にとって本当に重要なのは、いうまでもなく精神的な価値観、生活環境や風土条件といった物質的なことがらでなくして、精神的なモラルとしての貞操観念であるのだと思います。ですから敬虔な方の発言を自らの無神論的な前提(「人間の価値観は教義によるものよりも生活環境や風土条件などによって育てられる割合の方が多いと思います」)に結びつけて論を展開されるのは、その敬虔な方に対して失礼だと思います。

補足日時:2006/10/09 04:26
    • good
    • 0

キリスト教圏で処女信仰があるのは、女性が自分の身を守るためです。


多分、他民族の欧州において戦乱が起こると、強姦によって子孫を増やし、民族征服ということが起こっていたからではないでしょうか。
単一民族の島国である日本ではそれが起こりにくかったのではないかと。

でも日本でも古来から「ケガレ」という概念がありました。
一度使ったものは穢れているとして、使い捨てるという考え方で、そのために古代から統治者が変わると都を移していく習慣がありました。
ケガレという考え方は日本特有のようで、それが現在の使い捨て文化の源ではないかという説があります。
実際、欧米で日本のホカロンのような使い捨て商品を売ろうとしたら売れなかったという話を聞きます。

ケガレという概念と、最初に書いた民族意識が合体したのが、現在の貞操観念ではないでしょうか。
明治以降の近代現代、核家族化が進み、いわゆる欧州における民族意識というのは日本では家族単位に相当するのではないかということです。
どこの誰の血筋かわからない子供を産んでしまうと家族がケガレ、家族崩壊(民族崩壊)になるという概念が貞操観念を強くしていったのではないかと思います。
これはあくまでも私の想像ですので、参考になさってください。

この回答への補足

ありがとうございます。

キリスト教圏で処女信仰があるのは女性が自分の身を守るという実際的な問題よりも、キリスト教の教義によるところ(マリアの処女懐胎、性的放蕩の禁止(ソドムの町に硫黄の雨が降る、などの罰)、離婚の禁止)によるところが大きいと理解するのが普通では?

欧米でも非処女は穢れたもの、とされますが、確かに日本の「ケガレ」とは違う気がしますね。

ありがとうございました。

補足日時:2006/10/08 13:42
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q元来の日本文化に、女性の貞操など存在しない?

現在、性の乱れと言いますが・・・、
女性の貞操が言われ出したのは、江戸時代・末期ぐらいからだと思います。

それまで、
 平安時代の貴族は、嫁入り前の通い婚・夜這い、など普通で、
正式に婚姻が決まるまで、複数の男たちと関係していたのです。
帝(天皇)に嫁ぐ予定の娘は、別格扱いらしいが・・。
 
 戦国時代は、他人の正室であれ、子持ちであれ、後家であれ、御構いなし!権力者が気に入れば横取り!
 江戸時代ですら、婚前性交は当たり前。
遊郭から身受けした遊女を正妻にする例もあったようです。

結婚するまで処女だとか、嫁に行けない、などの古臭い考えは、
じつは、日本では、江戸末期~昭和後期までの、短い間だけなのです。

元服前の男子でさえ、性の対象。男色も文化。
日本が貞操を重んじる国なんて、大ウソですよね(笑)
これについて、どう思いますか?

Aベストアンサー

武家階級や町人でも↑のクラスの娘となると
嫁入り前になんかある というのは一応問題になったようですね
ただそれがために(嫁入り前に男性とことを起こしたために)
なにか罰や損害をうけた ということはなかったみたいですが。
日本でも比較的西の地域は特に、↑から↓までおおらかな性の考えを
持っていたようです。公家文化の文化圏ですからそうなってしまったのでしょうか・・。

大名階級の女性でも江戸時代には何度も離縁されたり再婚している
例があるようですが、立場的に不利になることは
全くなかったようです。
お隣韓国は同時代頃婚約者に死なれたというだけで
一生独身だったというのに・・日本でこのような目にあったのは
将軍家継(幼くして亡くなった)の婚約者等
ごく少数だったのではないかと思います。

庶民階級となると・・戦後になっても一部では
夜這い・歌垣(お祭りにともなって行われる乱婚)のような
ものがあったようです。 夏のいわゆる「盆踊り」というのも
もともとはそういった男女の出会いの場だったそうですよ。

厳しい恋愛感・男女感というのは
一部の裕福な階級や知識人から始まったのではないでしょうか。

武家階級や町人でも↑のクラスの娘となると
嫁入り前になんかある というのは一応問題になったようですね
ただそれがために(嫁入り前に男性とことを起こしたために)
なにか罰や損害をうけた ということはなかったみたいですが。
日本でも比較的西の地域は特に、↑から↓までおおらかな性の考えを
持っていたようです。公家文化の文化圏ですからそうなってしまったのでしょうか・・。

大名階級の女性でも江戸時代には何度も離縁されたり再婚している
例があるようですが、立場的に不利になることは
全く...続きを読む

Q平安時代の貞操観念について・・・

源氏物語のあらすじを読んでみて、平安時代の「女性の貞操観念」にふと疑問を抱きました。(ちなみに、結構ネットで調べてみましたが、明瞭な答えを得れませんでした・・。)

例えば、源氏は父の女御である藤壺と契ったり、頭の中将の元愛人の夕顔のもとに通ったり、終盤の薫と匂宮と浮舟の関係などなどに関して、なんだか凄く性に関してフリーな感覚を抱きました。
当時の貴族の女性は滅多に人前に出ないし、親は今より娘を大事にする時代のはず。いったい、当時の貞操観念はどのようになっていたのでしょうか。下記三項目が現在の疑問点です。

(イ)そもそも貞操観念はだいたいいつ頃定着し始めたのか。(貞操観念というよりは処女性や穢れという考えでしょうか。)
(ロ)(当時の人々に「穢れ」という考えがあったのならば)男性は女性の貞操を気にしてなかったのか。
(ハ)もしも浮気関係が露呈してしまった場合、どうなるのか。

もしまた違う疑問点が出ましたら、補足質問するかもしれません。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

平安時代は「通い婚」ですから、男性が女性の家に通ってきてる間は結婚している事になるでしょうが、明日からはもう、通ってこなくなるかも知れないわけで、保証がないのなら、それに縛られる事もなかったんじゃないでしょうか?
男のほうも、毎日通っていても、毎日、家にあげてもらえる保証はないわけで、ある日突然「今日はダメ」となって、そのまま通っても通っても会ってもらえないという事も多々ありましたから、これまた何の保証もありませんから・・・

(イ)戦国時代に日本にやってきたルイス・フロイスが、その著書の中で「日本女性は処女の純潔を重んじない。それを欠いても名誉も失わないし、結婚も普通にできる」と書いていますし、大名のお姫様も、政略結婚などで、次から次へと、別の男性に嫁ぐという事もありましたから、少なくとも戦国時代までは、「一生ひとりの男性に・・・」という考えはなかったと思います。
江戸時代になって儒教の教えが浸透して、徐々に貞操観念なるものが生まれ始めた頃に、杉田玄白らが「ターヘルアナトミア」を翻訳した「解体新書」を発表して、その中に女性にのみ存在する「処女膜」なる物の存在が書かれていた事から、一気に純潔が重んじられるようになったようです。
もちろん処女膜という言葉も玄白が作った物です。
(ロ)上記のように、江戸中期頃までは、貞操を気にしないのが常識ですから、女性も男性も気にしてないと思います。
(ハ)源氏物語をご存知なら、宇治の浮舟の家の前で薫と匂宮がバッタリというのもご承知だと思いますが、あんな感じじゃないですか?
浮気した事を責めるのではなく、当人たちが、この先どうしたいか?という事だと思います。
「他の男が通って来てるなら、もういいや」とそのまま、どっちか(あるいは両方とも)が身をひくのか?
「いや、それでもモノにしたい」
と思ったて、何とか彼女の気をひこうとするか?

平安時代は「通い婚」ですから、男性が女性の家に通ってきてる間は結婚している事になるでしょうが、明日からはもう、通ってこなくなるかも知れないわけで、保証がないのなら、それに縛られる事もなかったんじゃないでしょうか?
男のほうも、毎日通っていても、毎日、家にあげてもらえる保証はないわけで、ある日突然「今日はダメ」となって、そのまま通っても通っても会ってもらえないという事も多々ありましたから、これまた何の保証もありませんから・・・

(イ)戦国時代に日本にやってきたルイス・フロ...続きを読む

Q一夫多妻や一妻多夫が日本で認められてない理由ってなんですか?

一夫多妻や一妻多夫が日本で認められてない理由ってなんですか?


歴史的にみると昔は一夫多妻の制度はありましたが、今は普通にそのようなことを望む人はいないからですか?

Aベストアンサー

まずは一夫多妻の合理性を述べましょう。

一夫多妻は原始的な女性に対する福祉制度なのです。
女性に対する差別や従属的なものをまず初めに浮かべる方が多いのですがそうではありません。寧ろ逆なのです。
それが文化だから!と頭ごなししに言われても納得が行かない人はおおはず。それなりの現実性と合理性があります。

・一夫多妻を行う理由の一つとして「戦争」があります。
原始から、部族間の戦争で男達が死にました。
さらに狩での事故や獣に殺される危険もあります。

・二つ目は寿命が短かったこと
昔の平均年齢は二十歳を超えていません。多く生まれ多く死んでいくわけです。そして何時、病気にかかり夫が死んでもおかしくは無いわけです。
そんな世界では一生を共に添い遂げる可能性など寧ろ低いのです。


一人残された女性はどうなるでしょうか?差別や現金収入を得にくい環境で晒されながら子供を育て、働いていく人もいるかもしれませんが、飢え死にしたりする者も多かったのです。

一夫多妻制では、一人の有力な男に性関係と家事という労働と引き換えに養ってもらうことができます。

さらに女性にとって家事を分担できるため非常に楽です。
とても家事の巧い女性がいた時、第一夫人からの推薦で第ニ夫人、第三夫人を招き入れることもあるようです。



本題に入りましょうか。

日本のように明日の飯に困ることもなく、病原菌にあふれてもいない国で、
砂漠国家のように驚異的自然に囲まれており炎天下に放り出されれば間違いなく死ぬという事もない国
明日、獣に襲われたり、隣町との抗争に巻き込まれて死ぬ可能性のないよう文明が進んできた国々

そのような国では女性が一人でも生きていけるので男性に無理に付き従うことがなく、自然に権利も大きくなっていき一夫一妻になって行くわけです。

つまり現代日本では一夫多妻は
社会的に必要とされていないし合理性も無い。


一夫一妻の国々では未亡人を「キズモノ」とか「純潔が既に無い」とかそういう扱いになってしまいますね。残念なことに。


ちなみに日本は大昔は自然に恵まれ人口が500万人程度であれば田畑など耕さなくても野山に行き芋や山菜や果実をとって生きていけたわけです。

そのような国々では女が定住地として家を持ち男は蝶のように自由に飛び回っているという母系国家が形成され、子供は女性が養うもの、財産も女性に付くものでした。結婚と言う取り決めは無く。
彼氏、彼女位の恋愛関係ですね。しかし今のように町にデートに行くような関係ではありません。

女性は多くの男性と関係を持ち、男は種を付けに夜這いに来るわけです。
短歌や笛などを吹いて女の家に入ってもよいか確認をとる時に読まれるような句が今でも教科書に載ってますね。あれは短歌集というと堅苦しいですが、口説き文句集といっても過言ではないもので昔の人々はセックスをするために一生懸命短歌を勉強したわけです。

日本では廃れましたが国によっては現代でもそういう文化は残っています。


一夫一妻は現代の貞操観念を強調した宗教感によるものでもあります。
それを気にしすぎて逆に心を痛めてしまうこともありますし、一長一短ですね。
南米のある部族ではセックスは特定の相手を決めるものではなくスポーツ感覚で楽しむものであり。子供は村全体で養うものという考え方があったようですがキリスト教が入りこみ貞操観念が付いてからはなくなってしまったようです


セックスと結婚の形態はその国々の事情にあっているという事です。
脱線が過ぎましたね。そういう事です。

まずは一夫多妻の合理性を述べましょう。

一夫多妻は原始的な女性に対する福祉制度なのです。
女性に対する差別や従属的なものをまず初めに浮かべる方が多いのですがそうではありません。寧ろ逆なのです。
それが文化だから!と頭ごなししに言われても納得が行かない人はおおはず。それなりの現実性と合理性があります。

・一夫多妻を行う理由の一つとして「戦争」があります。
原始から、部族間の戦争で男達が死にました。
さらに狩での事故や獣に殺される危険もあります。

・二つ目は寿命が短かっ...続きを読む

Q処女が良いとされる思想の輸入

従来の日本観では、処女でなくともまったく問題がない、ということを聞きました。
現在では(少し前?)、処女が良いとされています。
この思想はいつ、どこから、どのように輸入されてきたのでしょうか。

文化人類学の本を読んで気になりました。ネットで調べても出てこなかったのでご教授ください。

Aベストアンサー

処女信仰、広まったのは実は戦後です。
貞操の概念自体は以前からありました。キリスト教の布教や開国と共に離婚は駄目だとか、一夫一妻が良いという西欧思想は入って来ましたし、儒教との絡みでの縛りはありました。
が、絶対一夫一妻、セックスなんて駄目!だったかと言うと一般の認知具合は微妙です。

というのも、明治の戸籍には「権妻」というものが記載されているからです。
権妻とは何か?
正妻以外の妻、つまりお妾さんです。
これを戸籍に載せられる事自体、妾が市民権を得ており、一夫一妻も怪しかったという事では?

それからこちらは戦前生まれ(出来れば戦前にもう子供以上だった方)に聞いて頂ければ解ると思うのですが、戦前までは「歌垣」というものがさかんでした。
「花いちもんめ」という唄をご存知でしょうか?
要は「あの子が欲しい」と意中の子を名指しし、自分の所に貰ってくる歌遊びなのですが、実際そうやって好きな異性を貰って来てラブラブになる、というのが歌垣です。
主に祭りの日などに催され、この日は(主として若者ですが)自由恋愛が許されました。
実際参加した事はなくても、見た、聞いたおじいちゃんおばあちゃんはまだ生きていらっしゃいます。

それから、戦後まもなく、判例として戦前の細かい民法、地域法を集める調査が学者によって行われました。こちら調査結果は法学系の大学図書館でしたら閲覧可能だと思われます(ちょっと名前を失念しましたが)。
その調査の中で岡山だったか四国だったかの地方の慣例法で「夜這いOK。何人通ってもOK。もしその相手が妊娠した場合、女の下へ通っていた男の中で、一番金持ちの男がその子の父親と定められる」というものもあったそうです。
これだと処女も何もフリーセックスですよね?
ここまで行かずとも、これに近い慣例法は全国各地に散らばっていたようで、調べた人達が目を丸くしたとか。

貞操観念とは一人の主人に仕える事を決めた後から発生するものであって、それまでの間についてはそこまで咎めも無い模様で、戦前までは(地域差はあるにせよ)結構大らかだった模様です。

では何故これほどまでに処女概念が広がったかと言うと、それはメディアと交通網の発達のせいでしょう。
アメリカナイズされた生活やドラマ(昔のアメリカは寧ろ1人のダーリンに1人のハニーというのが当たり前なホームドラマとか作ってましたし)、それから政府の政策、また他地域との交流によって「そういう事をしなくても良い」または「そういう事をするのは恥ずかしい事」という風になってしまった結果と思われます。

処女信仰、広まったのは実は戦後です。
貞操の概念自体は以前からありました。キリスト教の布教や開国と共に離婚は駄目だとか、一夫一妻が良いという西欧思想は入って来ましたし、儒教との絡みでの縛りはありました。
が、絶対一夫一妻、セックスなんて駄目!だったかと言うと一般の認知具合は微妙です。

というのも、明治の戸籍には「権妻」というものが記載されているからです。
権妻とは何か?
正妻以外の妻、つまりお妾さんです。
これを戸籍に載せられる事自体、妾が市民権を得ており、一夫一妻も怪...続きを読む

Q日本人の貞操観念はどうして低い?

日本には大和撫子という言葉があって、私の中で日本人は「淑女」というイメージがあったのですが、実際は真逆のようで、私が留学していたとき日本人は実際に「イエローキャブ」(声を掛ければ誰でも乗せる)と呼ばれていました。
派手に見える欧米・南米人の方がよっぽど硬いイメージに変わったのですが、日本人の貞操観念はどうして低いのでしょうか。

Aベストアンサー

 ご質問は女性限定の話ですね。僕は男性の貞操観念も重要と思いますが
話を拡大するのは本意ではないので。

 貴兄のご質問は純粋な疑問ですか?それとも日本女性の
体たらくを嘆き同調して欲しいだけなのでしょうか?
 ともかく僕の知る限りの事を述べさせて下さい。

(1)元来、日本人は太古から性風俗は大変におおらかでおよそ
貞操観念はなかったし男も気にしなかった。それでも支配層は
家の継続と財産相続の問題があるので妻や側室(愛人)の貞操を
必要とし始めたけれどそれでも世界の多くの国々が驚くほど、
「見て見ぬ振り」がまかり通った。庶民においては近年まで、
祭りの後の乱交や夜這いがあり女性もそれを普通と思わされて
 育った。明治以降、建前として西洋風の純血思想が広がるけれど
本音では上流階級も庶民も性生活は決して固くなかった。これが
日本の伝統文化。

(2) 元々は人類はみな太古は乱交状態。そうでなくなったのは
キリスト教とイスラム教の影響が大。両宗教は女性の貞操=処女
を病的なほど守らせようとした。この思想が大正時代ごろ日本を
乱交文化から結婚までは処女を美しく礼賛する文化へと舵をきる。
ただしそれは中流以上の良家のお嬢さんに求めたわけで、男の
性のはけ口や筆下ろしの相手は全国の下層の娘が担うことになる。

(3) 現代の女性が海外で奔放な性関係をもったり性犯罪の被害に
合いやすいのは複数の事情がありそうです。
A)実は日本国内でも性犯罪にあう女性は結構多い。男性との関係で
控えめが美徳とされ女性たちもそれを処世術と受け入れてきた。
この「もの静かに微笑み大人しく男性に従う」日本女性は世界の
男たちのかっこうの獲物。
B)男の下心に裏打ちされた優しさや甘い言葉に諸外国の女性は免疫
ができ、警戒心や撃退術を心得ているのに対し、日本女性は男性の
表面的な優しさに有頂天になり罠にかかりやすい。その様子は、
まるで望んで遊んでいるように見える。

※以下私見ですが、日本女性は他の先進国女性とくらべると男性への
従属度が大きい。欧米でも従属度はまったく同じだったけれど、社会
進出・経済的自立がほぼ対等な男女関係をつくった。日本はこれから。
今、日本女性は自立する過渡期。日本男性に従属したままなら外国に行き
遊ばれるような行為を慎むだろう。親の言いなりになっていた子どもが
大学に行ったりして開放感にひたっているようなものが今。痛い目に
あったり苦労して男の「汚さ」が身につけば欧米女と同じ賢さを身につける
のでしょう。

 日本男性もいつまでも幼い可愛さで媚びをうる女性を追うのではなくて
堂々と社会を生きる大人の女に互いの尊敬を感じて恋すべきでしょうね。

 ご質問は女性限定の話ですね。僕は男性の貞操観念も重要と思いますが
話を拡大するのは本意ではないので。

 貴兄のご質問は純粋な疑問ですか?それとも日本女性の
体たらくを嘆き同調して欲しいだけなのでしょうか?
 ともかく僕の知る限りの事を述べさせて下さい。

(1)元来、日本人は太古から性風俗は大変におおらかでおよそ
貞操観念はなかったし男も気にしなかった。それでも支配層は
家の継続と財産相続の問題があるので妻や側室(愛人)の貞操を
必要とし始めたけれどそれでも世界の多くの国々が驚...続きを読む

Q土日眠りっぱなし、これは病気なんでしょうか?

 週休2日制(土日休み)の仕事をしており、金曜日が来ると「よし、この2日はこんなことしよう!」と色々計画を立てるのですが、何一つ実行できません。
 まず、朝、起きることができません。昼、なんとか起きて食事を作るものの食べたら、次の行動を起こせないんです。例えば、友達と約束をしていても外出することができません。着替えたり、髪型を整えるのが“大きなハードル”となり、『もう10分ゴロゴロしたら着替えよう。休みなんだから無理しない』と考えて、ベットに横たわると、夜になっています。
 つまり、土日はまるまる2日、ほとんど寝ているんです。熱はないし、食欲がない、いくらでも眠れる・・・という感じで、とにかく衰弱してるんです。今日も20時間ほど、トイレもいかずに寝ていました。
 月曜日になると、朝6時に起きて、始業時刻の1時間前には出勤し、12時間以上働いて帰宅します。平日はこの調子で金曜まで元気いっぱいです。でも、この土日になると、とたんに無気力になり何にもできないんです。この症状は、ここ数ヶ月続いており、夜に“見舞い”に来る友達は“1人暮らしゆえの甘え”だと言い呆れています。
 世間には、私のような人はいらっしゃらないでしょうか?ほんとに怖いくらい無気力になってしまうんですが、これって、病気ではないでしょうか?

 週休2日制(土日休み)の仕事をしており、金曜日が来ると「よし、この2日はこんなことしよう!」と色々計画を立てるのですが、何一つ実行できません。
 まず、朝、起きることができません。昼、なんとか起きて食事を作るものの食べたら、次の行動を起こせないんです。例えば、友達と約束をしていても外出することができません。着替えたり、髪型を整えるのが“大きなハードル”となり、『もう10分ゴロゴロしたら着替えよう。休みなんだから無理しない』と考えて、ベットに横たわると、夜になっています。
 ...続きを読む

Aベストアンサー

私は病気でした。
同じように月曜から金曜までは仕事に行くのですが
土日は寝たきりでした。
結局、うつ病による過眠とわかりました。
当時は精神的落ち込みなど感じませんでしたが。
一度、受診なさることをお勧めします。お大事に。

Qいわゆる江戸時代の娼婦はどうやって避妊してたんでしょうか

コンドームのない時代にどうやってたのかな?
とよく思うんです。

事のあとで洗浄するとか、外出しですか?
(あの時代にはピンと来ない方法ですが…)
それとも妊娠の都度、堕胎したんでしょうか?

ご存知の方いらっしゃったら、教えてください。

Aベストアンサー

吉原細見というHP(http://yosiwarasaiken.net/)に「遊女と避妊(http://yosiwarasaiken.net/moyou/hinin.html)」というサイトページがあります。それによりますと…

遊女(吉原の花魁などの幕府公認遊興場の売春婦=女郎;深川・辰巳などの岡場所の売春婦は売女と言った)の世界では妊娠は恥とされていた。当時は絶頂を迎えると妊娠しやすいと言われていたため「男に負けた」的な捉え方をしていたようです。
避妊の方法は「洗浄」「薬」「灸」それに「道具」。道具は男性用として大人のおもちゃのようなものと、女性用として御簾紙という薄い髪を丸めたタンポンのようなものとがあったそうです。いずれも紙製の頼りないもので避妊率は極めて低い、ほんの気持ち程度のものでしかなかったようです。
それでも妊娠すると堕胎する場合がほとんどだったそうで、場合によっては遣り手(遊女を取り仕切る年寄り女…「遣り手ババア」は吉原のこの役職の女性が語源)に強引に堕胎させられていたとか。当然ダメージを負った女性の中には性病や容姿の悪さなどで追いやられた遊女達と一緒に羅生門河岸という最下級の場所に送られたとか。

…というと江戸時代=昔=封建社会という背景も助長して「女性がとても虐げられている」というイメージが強いですが、実は江戸市中でも最も女性が強かった地域でもあるのです。特に花魁ともなると容姿はもちろん最高級の教育を受けた教養の高い女性であり、「源氏物語は、全部読んでありんす」というスーパーウーマンであり、それぞれの廓屋の看板であり、身分の高い武家階級や大金持ちの大店の主人を相手にするにふさわしい女性であったのです。
廓屋が大枚を叩いて徹底的な教育を仕込む所なんざ映画「プリティ・ウーマン」を思い起こさせますが、あの程度の金の掛け方では花魁の簪ひとつ分くらいじゃない?というくらい破格のものでした。今風に言えば伊東美咲に叶姉妹やマリエやデヴィ夫人や西川先生の持っているそれぞれ10倍くらいのものを与えちゃった、って感じです。
おまけにこれだけのスーパーウーマンだから、誰でも床入りできるような「安い女じゃない」のです。なんと花魁が気に入らなかったら床入りを拒否出来ちゃったんです。「いっくら金積んだって、あちきはあんたみたいな下衆とは、お断りでありんす」だったんですな。それだけに花魁目的で廓屋に通う男達は身だしなみに気を使いセンス良く知的におしゃれして花魁に気に入られようと必死だったのです。事実一生処女のまま生涯を閉じた花魁もいたのです。

それなりに格のある身分の遊女はおいそれと抱く事はできなかった、というわけですが…今の時代もそうですね。銀座の高級クラブはもちろん六本木の超有名キャバクラ嬢だって、気に入らなきゃ「おめえとなんか寝ないよ、バーカ」です。故杉浦日向子さんは「江戸時代の江戸市中は女性主導の社会だった」と指摘している通り、実は花のお江戸は女性によって成り立っていたようです。それが男尊女卑に一変したのは明治維新以後…長州と薩摩の習慣が入ってきたせいかなぁ、と個人的には考えています。
もちろん廓屋という特異な世界では劇になるような悲惨な面もありますが、実は現代とさほど変わらない面もたくさんあるんですね。

吉原細見というHP(http://yosiwarasaiken.net/)に「遊女と避妊(http://yosiwarasaiken.net/moyou/hinin.html)」というサイトページがあります。それによりますと…

遊女(吉原の花魁などの幕府公認遊興場の売春婦=女郎;深川・辰巳などの岡場所の売春婦は売女と言った)の世界では妊娠は恥とされていた。当時は絶頂を迎えると妊娠しやすいと言われていたため「男に負けた」的な捉え方をしていたようです。
避妊の方法は「洗浄」「薬」「灸」それに「道具」。道具は男性用として大人のおもちゃのようなもの...続きを読む

Q日本の農村ではいつ頃まで夜這いはあったのですか?

農村地方に嫁に来た女です。
色々驚くことがあるのですが、性に関してはかなり大らかな印象を持ちました。
夫の言うところでは、昔は夜這いも当たり前にあったところだから、とのこと。
ただし、夫の頃は勿論なかった、親父の頃までじゃないかな、もう少し後までかなぁと言ってます。
(義父は74歳 夫は44歳です)
どうも若い人の自由恋愛だけでなく、既婚者(女性も)あったみたいに聞きます。よくそれでもめなかったなと思うのですが、そんなものだったのでしょうか?

いつ頃まで、ということでは、もしかしてと、夫が言うには、夜鍵をかけて寝るようになった頃からじゃないかと。

なにかご存知の方、教えてください。

Aベストアンサー

確証があるわけではありませんが。

システムとしての夜ばいの消滅には、戦後の集団就職ブーム(1950年代~)も原因ではないでしょうか。
集落の独身の若者が大量に都会に流出すれば、独身者向けのシステムも維持しにくくなりますから。

後は、戦時中→戦後の男手不足による女性の社会進出に、さらに戦後の民法改正が追い討ちをかけたとか。

戦前は家長相続の時代ですし、女性は人生の選択肢が少なかったです。
男に頼って子供を作って生活するのが普通の感覚だったと思います。

夜ばいに伴うトラブルについてですが、たまにはあったものの、基本は今で言う「割り切った大人の付き合い」だったのではないでしょうか。
江戸文化考証の故・杉浦日向子さんのエッセイを読むと、昔の人は色=セックスと恋や愛情は必ずしも一緒にはしていなかったようですよ。

Q明治時代の婚姻について

先日75歳の女性の方に伺った話ですが、
彼女の祖母は13歳で結婚したのだそうです。

彼女は「明治だから」といっていましたが、
いくらなんでも早すぎると思い、帰ってインターネットで調べたところ、
明治の民法上結婚できる年齢は15歳でした。

「田舎だから」とも言っていましたが、
田舎では13歳で結婚するのは普通だったのでしょうか?

江戸時代の時代劇で見かける「奉公」みたいなものかなぁと想像してみてますが、
明治でもそういうのあったりしますか?

また、明治時代では読み書きできないのが普通なのですか?
明治でも義務教育はあったようですが、それでも学校に行かないものだったでしょうか?

Aベストアンサー

>誕生日
江戸時代までは庶民は自分の誕生日を特には意識する習慣がありません。従って現代人が言う所の正確な「年齢」と、本人が口にする「自分の年齢」には最大で±3年ほどの誤差があるのが普通でした。人によっては10歳近くズレがあったのですが、当時は特にそれでも問題ありませんでした。だって風営法も18禁も無い時代ですから(笑)。

結婚は?と思うかもしれませんが。明治どころか、日本では昭和の前半(戦前、1945年以前)までなら、通常は結婚は当人達の合意では無く。両家の親同士、それも家長である男性(父親ないし、それに準ずる立場の年長男子)の考えのみで決定されるのが普通だったので。やはり当人の正確な年齢とかどうでも良かったのです。

確か明治30年頃に富国強兵(=徴兵制)と言う事で、特に平民男子の正確な肉体的年齢を国家として管理する必要が初めて出て来たので。慌てて日本でも全国的に「子供が生まれたら正確な誕生日を役所に届けるべし」とのお達しが出され、それ以降から日本人に「誕生日」という考え方が一般的になったのです。

昔から日本人がむしろ記録に残して拘ったのは、生まれた日ではなくて、むしろ「死んだ日」です。お墓とかにも誕生日では無く、何年何月に死んだと書く習慣が昔からありました。昔は乳幼児死亡率が以上に高かったので、いちいち子供の誕生日を記録しても無駄になる事が多かったからかもしれません?一応、身分の高い貴族や皇室の方々、大名クラスの武家だと誕生日を記録に残し現代風に祝う習慣がある地域もあった様です。

また非常に重要な事ですが。江戸時代までは仮に本人が正確な誕生日を記憶していたとしても、今の現代人が言う年齢とは違います。何故なら昔の日本では「歳が増えるのは誕生日の時では無く、生まれて何回目の正月かで計算した」からです。さらにややこしい事に、昔は“生まれた瞬間が1歳”と計算するのが通例なので。冬場、例えば12月31日に生まれた赤ん坊は、翌日の元旦には2歳になる計算でした。

…と言う訳なので、そのご婦人の御祖母様が13歳と言うのなら、それ以上の意味はありません。まあ明治20年代以前に生まれたのなら十中八九、実際の年齢よりは1つ~2つは若い可能性があります(つまり小学6年生で嫁に行った!?)。


>読み書き
江戸時代は「読み書きソロバン」と言うくらいに子弟教育に熱心だったのですが。明治時代になって重工業化は進んだのですが、それまではその地域自治体に当たる藩主大名たちが行っていた子弟教育システムが維新によって崩壊してしまったので。東京などの一部を除けば、逆に教育はほぼ壊滅状態でした。

また個人家庭で勉強させていた場合でも、それまでの学問の筆頭であった朱子学などの儒教の教典を暗記する勉強が。明治になって一転、時代遅れのアジア学問という扱いになったため。富裕層でも子弟教育のあり方に混乱が生じていました。

で、教育に関するお触れは割と早い時期に出されるのですが。それは国民皆教育ではなく、あくまでも国家エリートを養成するための教育令だったので。長らく「義務教育」に関して放って置かれました。その後、やはり前述の徴兵制に関連して、戦場で使い捨てる兵卒候補としての幼年学校が必要と考えられ。え~っと確か明治22年?に「小学校令」というのが発布されます。ここから日本に於ける近代義務教育が始まる訳です。

一応、発足当時から男女共学だったのですが。特に農村部では女子に教育は必要無いという考え方が支配的だったので、例文の御祖母様の様に学校に通わせて貰えなかった女子児童も当時は多く居ました。またいわゆる戦後になるまでは、日本の近代女子教育には高等教育が無かったため(大学とかは男子校だった)。将来性が無い女子教育に金を掛けるのは無駄という考え方も一般的でした(そんな暇があったら針仕事の一つでも覚えさせろ!~的な)。

後、これも非常に重要な点ですが。明治33年(1900年)までは日本では、義務教育と言いつつ“有料サービス”だったので、授業料を払えないorケチな親だった場合は当然ながら男女を問わず学校には通わせて貰えませんでした。当時は毎月25銭~50銭を徴収すべしと法令にありました。昔の貨幣価値を現代に換算するのは非常に難しいですが。大体、月々5000円~1万円程度って感覚でしょうか?

逆に1900年以降は小学校が全国無料になったので、当時の資料でも就学率が90%に達した喜ばしい~と書かれています。

あともう1つ、これまた現代人には理解し難い点がありまして。当時の義務教育制度では修学年齢というモノが決めてなかった!つまり今みたいに満6歳になったら小学校へ~的な制度では無くて。あくまでもそれぞれの御家庭の事情に合わせて、好きな年齢の時に入学すれば良かったのです(一応、6歳~14歳の範囲で)。

なのでピカピカの1年生でも、同じクラスの同級生には6歳の子もいれば、妙にガタイの良い10歳の子も居るのが普通でした。後、今と違って義務教育中でも“落第”がありましたので。もう今年で3回目の1年生だよ!~みたいな落ちこぼれも居ました。

で、落第があると言う事はその逆、つまり“飛び級”もある訳でして。優秀な生徒は小学校を最短で4年で卒業する事が可能で(つまり10歳で中学へ進学可能)。逆に落第ばかりの劣等生だと、単位を取れなくても14歳になった時点で強制的に義務教育は終了させられました。

P.S.
いわゆる「ゆとり教育」という言葉が囁かれて久しいですが。明治時代にも言葉こそ無けれど、同じ様に教育の中身に関しては現代以上に行ったり来たりの試行錯誤だった様で。日露戦争当時には「最近の兵士はちゃんとした教育を内地で受けていないのか!?簡単な足し算引き算さえ出来ない馬鹿が多くて困っている!」と言う様な主旨の報告書が、現場の指揮官から送られています(笑)。

>誕生日
江戸時代までは庶民は自分の誕生日を特には意識する習慣がありません。従って現代人が言う所の正確な「年齢」と、本人が口にする「自分の年齢」には最大で±3年ほどの誤差があるのが普通でした。人によっては10歳近くズレがあったのですが、当時は特にそれでも問題ありませんでした。だって風営法も18禁も無い時代ですから(笑)。

結婚は?と思うかもしれませんが。明治どころか、日本では昭和の前半(戦前、1945年以前)までなら、通常は結婚は当人達の合意では無く。両家の親同士、それも家長である男性...続きを読む

Q日本では売春は違法ですよね?

日本では売春は法律上許されていない行為ですよね。
なのに、どうして風俗店では、それを本番と称して行うことができるのでしょうか?
単に表面上はしていないということで、営業している風俗店が多いというだけですか?
そういう風俗店が摘発されることはないのですか?
そういう店でプロとしたことを公言する人もいるくらいですが、どうして公然と買春したことを言えてしまうのでしょう?
実際、風俗店で買春する人は普通にいるのですか?

こんなおかしな国、ニッポンに疑問を持つ人はいないのでしょうか…?

Aベストアンサー

売春防止法は「管理売春」を禁止してはいますが、
男女の合意の元に行われる金品の授受の禁止はしていません、

つまり売春行為の斡旋や客引きや場所の提供は違法ですが、
単純売春(行為に伴う金品授受)を違法とはしていません、
これを厳格に適用しようとすると恋人同士のプレゼントや、
専業主婦まで売春防止法にひっかかるためです、

ソープランドは「特殊浴場」であって、
店としてホステスが接客する為の機会と場所を提供はするが、
ホステスのサービス内容までは強制していない(本番行為は自由選択)という建前で営業しています、
そのためソープランドに支払う「入浴料」と、
ホステスに渡す「サービス料」の二階建て料金になっていますし、
その他のトコロも似たような状態になっています、

たまに摘発されるお店もありますが、
強引な客引きやホステスの引き抜きなどで同業者からのタレコミとか、
あまり派手に宣伝したりして警察に目を付けられると摘発対象になるようです(あと大々的な公式行事の前にも一斉摘発がある事も)、

それと売春は現行犯しかダメなので、
あとで告白する事自体では罪を問えません(社会通念上の善悪とは別問題です)。

売春防止法は「管理売春」を禁止してはいますが、
男女の合意の元に行われる金品の授受の禁止はしていません、

つまり売春行為の斡旋や客引きや場所の提供は違法ですが、
単純売春(行為に伴う金品授受)を違法とはしていません、
これを厳格に適用しようとすると恋人同士のプレゼントや、
専業主婦まで売春防止法にひっかかるためです、

ソープランドは「特殊浴場」であって、
店としてホステスが接客する為の機会と場所を提供はするが、
ホステスのサービス内容までは強制していない(本番行為は自由選...続きを読む


人気Q&Aランキング