質問投稿でgooポイントが当たるキャンペーン実施中!!>>

初めて利用します。宗教カテゴリが見当たらなかったのでここで質問します。

以下のような2chコピペを最近知りました。これって本当にあるのでしょうか?
事実だとしたら、2ch以外で何か出典となる本はあるでしょうか?

==== 以下、コピペ ====

835 おさかなくわえた名無しさん sage New! 2007/11/21(水) 13:35:20 ID:jtdHrUTs
 バチカンの「日本だけ例外ルール」って結構あるんだな。知らんかった。

 大昔、宣教師に

 「デウスさまを拝まないと地獄に落ちるだか?
  おらの爺様や婆様も地獄にいるだか?ならおらも地獄に行く。
  自分だけ助かるだなんて、そんたら不孝なことはできねぇ」

 とかなんとか拒むんで、バチカンも困った挙句に「特例ルール」ができたと聞いた。
 日本に来ると教義に疑問を持ってキリスト教を捨てる人間が続出するもんで
 「宣教師の墓場」と恐れられたのも原因のひとつなのかな。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

ちょっ



〔何しろ宣教師が布教に来た当初から、

宣教師「イエス様を信じれば天国に行けます。信じないなら地獄行きです」

農民「おらの死んだ両親はイエス様を知らなかっただよ。今頃地獄だべか」

宣教師「そうです、でもおまいは信じれば天国へ行けるから信じなさい」

農民「親を置いておらだけ天国には行けないだよ。イエス様やめるだ」

宣教師「ちょ、待っ!!!」

(慌てて法王に「親も救える設定にしていいすか」と問い合わせレター)

みたいな経緯があって、初っぱなから教義がねじれたらしいよ。〕


という話と似たような話は聞いたことがある。

日本史を書いた(イエズス会だった思うが)フロイスは、ギリシャの大学かどっかの哲学の時間でバリバリに他の人たちを論はしたので、自分はとっても優秀な人だと思っていたそうです。

議論して負けたことが無い、どんな論法を使っても 黒を白にしてしまえる 凄腕の詭弁家 ちがった論者だと自負していたらしいです。

ところが、日本にきて「え?」って思った。
まず茶店で働く女の子が暇なとき本を読んでいるのをみて ぎょぎょぎょぎょ ってしたらしいです。

ヨーロッパじゃありえない光景。
仕事中に本を読んでいたからじゃない、ウエイトレスの階級なのに、字が読めるということが信じられなかった。
ヨーロッパでは金持ちの娘しか文字が読めない。
キリスト教は「勉強などせんでいい 聖書だけ読んでいればいい」って図書館を閉鎖しちゃったんです。
だから多くの市民は文盲で無学。
簡単に言葉でねじ伏せることができた。

日本は中国大陸から入った儒教の思想があるので、年上および祖先は敬うのが人の美徳だとしていた。
だから、それを許さなかったキリスト教に対して、猛反発をしたわけです。
「じっちゃん ばっちゃんがいたからオラが生まれてこれたんだ。 それなのに祖先の存在は価値がなく、神様がおめーさをこさえたと言われても、ぜんぜん納得できん おまえだって かーちゃんのまたの間から生まれたんだべさ。かーちゃんが又に力入れてふんばってくれたから おまえさはこの世の生まれたんだべさ それともイエスさんが又の力入れて俺を生んだとでも思っているのけ」とはフロイスには言わなかったが、別な言葉で祖先を敬うこと美徳を説教されたフロイス。


「なんと 誰にも議論で負けたことが無いのに、ふつーの平民に自分は論で負けた」と驚いた。

儒教の思想が間違えているとフロイスは論じることができなかった。

これ 有名な話です。

フロイスは、僧侶から取り込もうとしたので失敗した。
僧侶にものの見事に倫理で負かされてしまった。
僧侶じゃなくて 7歳以下の子供に「お前を作ったのは俺の神様だっぺ これほんと」って言いくるめればよかったのに、間違えて知識層の僧侶を仲間にしようとしてしまい、倫理で倒されてしまいました。

いまだ勝ったことは一回も無い。
今後も無いでしょう。


ただ、こういうことがあったからといって、バチカンは日本だけ祖先も敬っていいよって日本独自の教義を作ったという話は聞いたことが無いです。

ですが、以前は神社仏閣に詣でたら破門 まではいかないが 厳しく足を向けないように信者に言っていたらしいが、最近は修学旅行に参加できず困っている信者のために、まあ 拝まなければいいよ って柔軟な対応に変更したって話は聞いたことがあります。

ですが、正月はもちろん祝わないなど ルールはあるらしいです。
中国でも正月があり太陽の蘇りを祝うのですが、キリスト教は太陽の蘇りを祝うクリスマスをしますが、緯度の違う日本で同じような祝いをすることは禁じています。

同じ太陽信仰なのですが、名前がアマテラス じゃ だめらしいです、 ホルス様でもだめらしいです。
イエシュアでもヨシュアでもだめで、 イエス様 (必ず様をつけること)の復活でござーる って言わないとだめらしいです。
マンセーって叫んではだめ ラーメンもだめ。 エジプトのアメン神の復活でござーるって言わないとだめらしいです。

前 何故アメンって言うのかって話が書かれたものを図書館で読んだことがある。
「違うね アメン神の言うとおり」って意味だね きっと」 って思いました。

真理とは ○○である そのとおり アメン神の言うとおり ってアメン教がエジプトにあって、その名残でアテン教が慣用句として使い、イスラエル人も慣用句として使うようになったのだと思う。

要するにアメンって言うってことはアメン教信者ってわけです。
キリスト教もアメン教なわけで、アメン教をつぶしたアテン教の残党 ユダヤ教とは仲悪い。
    • good
    • 1

またおもった(?)。



デウスを「信用しないと地獄に落ちる」ならともかく、「拝まないと地獄に落ちる」というのであれば、結局理不尽なのでやっぱり有罪。
    • good
    • 2

よく、一緒に泥沼に落ち込んだら他人を助けられない。

とか、

自分が上に上がってこそ下に落ち込んだ人にはしごを渡すことができる

 とか言いますよね。




ここでひらめいた(?)

もしデウスうんぬんの話が本当だとしたら、

デウスを拝んで天国(煉獄でもよい)に行ってから地獄に落ちた人を助けようと思ったとしても、そもそもデウスは自分を拝まないから地獄に落としたのであって、当然のごとく絶対権力を持つゼウスはそれを許さないでしょうね。

そうすると、あえて地獄に行って地獄をぶっ壊すか、デウスを殺す方法も考えられます。しかしこれも絶対権力を持っているゼウスなので、できないでしょうね。とすれば、助ける方法はなく、他者を助けるのは諦めるしかないか。
そうすると、違う世界に行って、あるいは創ってそこから攻撃を仕掛けるか?そのためには自分が創造者となるよう力をつけなければならないですね。結局まずは自分を救うしかないか?


もしデウスうんぬんの話が嘘だとしたら、もちろん拝む必要はないわけです。

 どちらにせよ 「拝まない」で結論は出た、ということで。


しかし、「地獄」が必要なものであり、行くべき人が行くと考えるなら話しは別ですね。

しかし、「地獄へ行くと永遠に出られない」のであれば、理不尽であり、不条理なので、「拝まない」が正解でしょうか。

 こうなると、その「地獄」とやらがどのような場所で、どのように定義されているかが問題となってきます。



こんな感じかなあ?
    • good
    • 0

>「デウスさまを拝まないと地獄に落ちるだか?


  おらの爺様や婆様も地獄にいるだか?ならおらも地獄に行く。
  自分だけ助かるだなんて、そんたら不孝なことはできねぇ」

ワシがしっとるのは日本人ではなくゲルマン人なんだけどな。
土着宗教を信じてるもんをキリスト教徒にしようとすると
キリスト教化前の先祖の扱いに困るのよん。
地獄に行くと言うのも反発があるし天国行くと言ったらキリスト教徒になる意義が減るし
そこで、たしか「煉獄(?)」という微妙に嫌なあの世の概念を発明したらしい。
    • good
    • 0

>日本に来ると教義に疑問を持ってキリスト教を捨てる人間が続出するもんで



キリスト教をはじめとするアブラハムの宗教は、みな排他的で、選民思想があるでしょう。
われわれの島では、宗教に対して大らかで、あまり排他的でないし、選民思想よりは「みんな一緒に幸せになりたい」人々が多いので、感動してしまうのでしょうな。

この島でもキリスト教に帰依する人はいるわけですが、この人たちは「爺様や婆様も地獄にいるだが、俺だけは天国さ行くさ」と考えているのですかね。まあ、そう考えるしかないですけどねぇ。
    • good
    • 0

なるほど、そんな話もあるんですか。


イギリスが200年にわたって植民地として支配しながら、キリスト教が布教出来なかった、
キリスト教の教義が通用しなかった、インド、はさらに特別ルール、なんでしょうね。
10年ばかり前、アメリカに語学留学を5か国語が話せる、女の子に。
歴史上最も知恵がある人物は誰だと思うかい?と聞いたら。ちょっと考え、自信なさげに、
イエス、キリスト?と答えました。私は、唖然、そして、はっ、としました。
そうなのか、ギリシャ語から派生した英語を学ぶと、言葉自体に神が存在している。
そういう言語になっているのだ。それが、キリカト教信仰の根強さ、なのだ。
西洋人は生まれた時から、キリスト教徒として育てられる(西洋人はヒンズー教徒をそう表現していますが)のだ。と考えさせられたものでした。
日本語には、愛憎、善悪、美醜、というような言葉があり、
愛=憎悪 であり。善=悪であり、美=醜、であり。
同時に、愛×憎悪=感情、思惑 であり。それらは、愛がなければ憎悪はない。というように、
表裏一体、一つの事の両面である。愛とは、憎悪とは、などと一つのものを分割した
形而上学的定義はしない、すれば嘘になる。という(釈迦や老子の?)弁証法思考が、言葉の中に、含まれているのです。
昔の?日本人やインド人に、キリスト教の教義が知恵として通用する訳がないのです。
キリスト教はユダヤ教の分派ですが、旧約聖書は、モーゼの、出エジプト記、から始まっていたと記憶しますが。ユダヤ教の神、霊魂、の思想は、古代エジプトの神、信仰、を自分達の神、信仰、に置き換えたものであることは間違いないと考えられます。
西洋の歴史で唯一?知恵の時代と言えるかもしれない、古代ギリシャ哲学、の時代。
ソクラテスが言う「在るものを在るがままに見る者は、思惑愛好家、ではなく愛知者(哲学者)と呼ぶべき者ではないかね」の、ないものを在ると主張する、思惑愛好家、がユダヤ人、ユダヤ思想、を意図していたかどうかはともかく。ギリシャ時代には、ユダヤ思想は登場しません、(相手にされていない)
ギリシャ哲学とは、プラトンがその知恵を恐れて、デモクリトスの書を買い占め出回らないようにした
。そのデモクリトスはインドに遊学しインドの修行者達と交わり学んでおり。ギリシャ哲学の一方の頂点、とも言える、まるでインドの修行者、仏法者、そのものと見れる。デイオゲネス、が登場しており。
プラトンの哲人政治は、バラモン階級の創設に他ならないこと。など、多分を付けずとも、古代インド哲学の流入、影響、によるものなのです。
マルクスが「形而上学批判」の中で言う、知恵を台無しにした、アリストテレスの形而上学、により。
ギリシャ哲学は哲学は終焉となり。技術、軍事、産業、(知恵の悪用?)のローマ時代となり。
「パンと娯楽」「パンとサーカス」などと言われる、ローマ帝国の繁栄=退廃の末期、「人はパンのみによりて生きるにあらず」のイエスが登場し、ユダヤ思想の復活、となり、やがて南下してきた、まだ文字ももたなかったゲルマン民族に文字と共に広がり、世界宗教となった。という流れになっているようです。
愛を唱えるキリスト教、西洋の歴史は、どうひいき目にみても、憎悪の歴史であり。
キリスト教徒とイスラム教徒、ユダヤ教徒、は同じ神、兄弟宗教でありながら、憎しみ会い、殺し会いを繰り返し、それは現在も続いているのです。
反ユダヤ思想、神の否定、のドイツ哲学、ナチズム、マルキシズム、が葬られ。
世界がユダヤ思想に彩られている現代ですが。アウッビッシュの悲惨、は許されない事であっても。
ユダヤ思想をどう超克するのか、は第2次世界大戦後の人類に残された、宿題、ではないでしょうか。
御質問の、出典となる本は知りません。
意図に反した回答かも知れませんが、哲学カテ、としての回答はこんなものではないでしょうか?。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qなぜ日本の海上自衛隊の潜水艦が世界一の軍事技術なの

なぜ日本の海上自衛隊の潜水艦が世界一の軍事技術なのでしょう?

米国アメリカ海軍の原子力潜水艦より性能が上な理由を教えてください。

Aベストアンサー

>なぜ日本の海上自衛隊の潜水艦が世界一の軍事技術なのでしょう?

音が静かで深く潜水できるからです。

まず、日本の海上自衛隊のような通常動力型潜水艦と米海軍の原子力潜水艦とでは使われ方が全然違います。

原子力潜水艦は速度が速いが音がうるさい、だから敵に見つかる可能性が高い。
原子力潜水艦の使われ方は、敵を攻撃したら後はバンバン音を出して高速で逃げる戦法。

通常動力型潜水艦は速度は遅いが音は静か、だから敵に見つかる可能性は原子力潜水艦より低い。
通常動力型潜水艦の使われ方は、敵を攻撃したら見つからないようにひっそりと隠れる戦法。

どっちの戦法を使うかですよ。
敵に見つからないようにひっそりと隠れる戦法では日本の海上自衛隊の潜水艦の方が上なんです。

ただ見つかっちゃったらもう終わりですけどね。速度が遅いので逃げ切れない。

Qデイビッド・ベッカムが韓国代表とユニフォーム交換を拒否した理由???

スポーツソウルより抜粋記事です。

『ベッカムは アムステルダム杯トーナメント戦パルマとの試合が終わった後、相手チームの選手だった中田英寿とユニホームを交換をした。
日本の新聞は「中田の価値を認めたベッカムがユニホームを交換した」と日本人好みの記事を書いた。

しかし、韓国で見せたベッカムの態度は正反対だった。
彼は韓国との練習試合が終わった後、ユニホーム交換を拒否し、我が韓国代表チーム選手を無視し、他のイングランド選手たちにもユニホームを替えないようにと言った。
このベッカムの態度は、後ろ指を指されるに十分だった。
そんなベッカムも、日本の中田とは再びユニホームを交換したのだ。
ベッカムの行動をどのように解釈しなければならないだろうのか。

現在ベッカムは日本を相手でおびただしいお金儲けを狙っている。
CF出演料も何十億単位では足りない位だ。
財政難を経験しているイングランドサッカーのためにスポンサーを付けるにもベッカムが必要なのに彼は日本の大企業を相手にした顔のマダムで浮び上がっている。
もしかしたら、そんな事情があって日本に良い印象を与えるため、中田とユニホームを交換したのではないのか。』



韓国選手とのユニフォーム交換を拒否したベッカムが、日本の中田英寿と何度もユニフォーム交換をしたため、韓国の記者が激怒しています。
日本での金儲けのためだと断定するのは偏見ではないでしょうか。
イングランドは韓国以外の他のチームはユニフォーム交換したのです。
交換してもらえなかったのは練習試合の韓国だけだったらしいです。
それならば、ベッカムが日本を贔屓してるというよりも韓国が嫌われてるだけではないでしょうか。

ベッカムが韓国代表とユニフォーム交換を拒否した理由は何だと思いますか?
ベッカムが中田英寿とユニフォームを交換したのは決して日本での金儲けが目的ではいと思います。

スポーツソウルより抜粋記事です。

『ベッカムは アムステルダム杯トーナメント戦パルマとの試合が終わった後、相手チームの選手だった中田英寿とユニホームを交換をした。
日本の新聞は「中田の価値を認めたベッカムがユニホームを交換した」と日本人好みの記事を書いた。

しかし、韓国で見せたベッカムの態度は正反対だった。
彼は韓国との練習試合が終わった後、ユニホーム交換を拒否し、我が韓国代表チーム選手を無視し、他のイングランド選手たちにもユニホームを替えないようにと言った。
このベ...続きを読む

Aベストアンサー

中田は、僕たちが考えている以上にメジャーな選手です。
先日もブラジルと対戦したときに、ロナウジーニョたちが、自分たちから中田に挨拶に来たそうです。

もしも、日本の加地や田中が交換してくれといったら、どうだったかはわかりません。
渡した相手によっては、高値でオークションなどで売り出されるので、知らない人にはユニフォームは渡さないようにしているのではないでしょうか?

それとも、韓国到着から試合までの間に、アウェーの洗礼を受けたのか?
日本では、外国の選手を虐待することはありませんから。

Q宣教師が日本人を奴隷として売り払ったのですか?

歴史に無知な者でございます。

今まで、聞いたことが無かったのですが、キリスト教の宣教師が日本人を奴隷として拉致・連行し、外国に売り払っていたという話を耳にはさみました。

これは歴史上の事実ですか?  
それとも、キリスト教嫌いの人が捏造した作り話なのでしょうか?

あるいは、キリスト教宣教師と緊密な関係を築いてた南蛮商人が独自に奴隷貿易を実施しただけで、宣教師は日本人の奴隷貿易には一切関与していなかったのでしょうか?

私が学校教育を受けた時代は、アメリカ人やキリスト教徒に遠慮しなければならない時代で、第二次大戦中に国際法違反で非人道的な原爆を投下したキリスト教徒たちを糾弾することもありませんでした。そんな時代の教育でしたので、キリスト教徒や南蛮商人が日本人を奴隷として輸出していたなど、キリスト教徒に失礼になる事実は教えてもらえなかったのかもしれません。

しかし、現在はアメリカによる占領は終わり、キリスト教を特別に崇める必要もない、自由な良い時代になりました。

今の時代になったからこそ、歴史の真実を知っておきたいと思います。

戦後の検閲教科書に書かれていない歴史の事実をご存じの方から、教えていただけるとありがたいです。

歴史に無知な者でございます。

今まで、聞いたことが無かったのですが、キリスト教の宣教師が日本人を奴隷として拉致・連行し、外国に売り払っていたという話を耳にはさみました。

これは歴史上の事実ですか?  
それとも、キリスト教嫌いの人が捏造した作り話なのでしょうか?

あるいは、キリスト教宣教師と緊密な関係を築いてた南蛮商人が独自に奴隷貿易を実施しただけで、宣教師は日本人の奴隷貿易には一切関与していなかったのでしょうか?

私が学校教育を受けた時代は、アメリカ人やキリスト教徒に遠慮...続きを読む

Aベストアンサー

16世紀の南蛮貿易というのは一般には

東南アジア交易圏に南蛮人も参加するようになった
と、ご理解ください。
南蛮人が来る前と来た後で交易の構造はそれほど大きく変わっていない。
商材として鉄砲が加わった
※ ちなみに日本にもたらされた鉄砲も西欧から持ってきたのではなく、東南アジアで製造されていたものがもたらされています。

人間を商材にすることは、世界中どこでも行われてきたことです。
この際に、人間を確保するのは現地の権力、交易の主体になるのは交易業者となります。
※ アフリカの奴隷貿易も人間確保はアフリカの現地権力です。

後期倭寇における禅僧の位置づけは、南蛮貿易におけるイエズス会士である。

ということで、他の方へのお礼の中の文章になりますが「まとめ」ということで書かれている文章に関して。

1.奴隷の調達は日本人がやっていた(奴隷狩り)。キリシタンは直接の奴隷狩りには手をださなかった。
※ 手を出さなかったのではなく、手を出せなかったと考えるのが妥当かと

2.奴隷売買は日本人の奴隷商人がやっていたことであるが、鎖国時代であったため国内売買だけで、輸出はできなかった。
※ 江戸時代に入って日本人の海外渡航禁止令がでるまでは、奴隷交易に参加していたと推測するほうが妥当かと。


3.日本人の奴隷商人から奴隷を購入したキリシタンの奴隷商人が独占的に日本人奴隷を貿易することができた。
※ この判断はできない。

4.世界各地のポルトガル人の街で日本人奴隷が観察され、レポートされているが、輸出された日本人奴隷の人数は定かでない。
※ メキシコはスペイン領ですので、ポルトガル人の街と限定する必要はないかと。

16世紀の南蛮貿易というのは一般には

東南アジア交易圏に南蛮人も参加するようになった
と、ご理解ください。
南蛮人が来る前と来た後で交易の構造はそれほど大きく変わっていない。
商材として鉄砲が加わった
※ ちなみに日本にもたらされた鉄砲も西欧から持ってきたのではなく、東南アジアで製造されていたものがもたらされています。

人間を商材にすることは、世界中どこでも行われてきたことです。
この際に、人間を確保するのは現地の権力、交易の主体になるのは交易業者となります。
※ アフリカの奴隷貿...続きを読む

Qなぜ日本は植民地にされなかったのですか?

19世紀、他のアジア諸国は欧米列強の植民地にされたのに
なぜ日本は植民地にされなかったのですか?
日本の教育水準が高かったからですか?
それとも単に運がよかったからですか?

Aベストアンサー

日本は鎖国していたとはいえ、オランダを通じて最新の科学、軍事技術もわづかに取り入れていました。
アヘン戦争の時、中国側の大砲は1600年代のヨーロッパ製だったという…
江戸幕府も同じなのですが。
ところが長崎に高島しゅうはん、という人が役人でいて、脇荷貿易の権限もっていて新式大砲を研究していました。それは出島にくるオランダ船が礼砲を撃つと威力、性能が進化しているのをしっていて、です。
幕府も国防上、江戸へ呼んで演習。一日でその平地は「高島平」(たかしまだいら)になりました。今もそう呼ばれてます。伊豆代官江川が引き継いで、青銅砲でない鋼鉄砲をつくる高熱の製鉄炉(反射炉)をつくろうとしたり(大砲、兵学などはなんとかヨーロッパの技術においつこうというカンジ)、日本人は形式・格式でガチガチのバカな武士社会の中でも一部の有能な、志ある人たちに助けられてなんとか西洋とわたりあえる学術・軍事・文化・行政制度をもっていたのです。
(ほとんどの藩はド貧乏、借金まみれ。一部の外様大名とかだけです。意識あったのは)

ペリーが来航した時も(一年前くるっていったのに来ないと思って内緒にしちゃったバカな幕府上層部のせいで大慌てしたが)、一年後返事をもらいにくる、といったあと年明け10ヶ月にきた時には、無防備だった江戸湾に砲台島を築かせて防衛体制つくった(江川が指揮)
これが砲台場、今の「お台場」です。
これにはペリーも驚いた。
あと吉田松陰みたいに単身(2人だったけど)黒船に乗り込んで
「我アメリカに行かんと欲す」と叫びまくって返ってきた若者とか。
こんな人他のアジアの国にはいなかった。

日本は天文、数学、測量でもヨーロッパの文献研究したり、和算でも微分積分できたらしい。水準高かったンですよ。富豪商人は学問する人たちが多いとか、そういうこともあったらしいし、町民文化も小説、演劇、レベル高かったです。

アメリカと国土交渉する際もペリーが小笠原はアメリカ人住んでる、国際的に通じる文書で証明しない限りアメリカ国土だ、といった時、フランス語版・林子平著三国通覧図説をだして、出版年からも日本領土だと証明。
松平定信が迫害した林子平の著作が、大黒屋光太夫一行のうちロシア日本語学校教師にのこった一人とドイツ人言語学者の手で訳されて、小笠原諸島をまもったわけですね^^

ま、そんなこんなで、日本は他のアジアの国より運がよかった。
・一応、統一国家でまとまってた。いくつか勢力が争ってるとかじゃなかった
・文化水準がヨーロッパと同程度だった(これは不思議なものである)
・一部の蘭学者のおかげで、外国の情勢なども在る程度はつかんでいた?!ジョン万次郎がいたといなかったじゃ、また違ったろうなぁ
江川さんがいなかったら大変だったと思うよ
・穏健バランス派の阿部が老中(筆頭?)だったのもよかった。水野忠邦だったらボロボロだったんじゃないかなぁ
最後は大分大胆に物事運んだけど。
・武士階級、常時帯刀武装してる階級が行政してる、というのはなかなかすごいかも^^
・シーボルトが日本の文化レベルを紹介する書物を発表してくれていた
(ペリーもちゃんと読んでた)→日本は交渉するレベルの国だと思ってもらえた。おそらく礼砲をちゃんと返せる国なんてアジアで日本ぐらいだったでしょう。

兵力でいえば、この前NHKでもやってましたが薩摩とイギリスの争い、中国のイギリス艦隊きた時は薩摩ボロ負けですよ。海戦は特に。
最初、不平等条約だったのもしゃーない。
しかし、交渉のテーブルがある、というのは在る程度、相手を認めてのことだし、全面開戦しなかった、というのはお互いのメリット、リスクも含めて必然だったのかも。
まぁ頑張りましたね、当時の日本^^

日本は鎖国していたとはいえ、オランダを通じて最新の科学、軍事技術もわづかに取り入れていました。
アヘン戦争の時、中国側の大砲は1600年代のヨーロッパ製だったという…
江戸幕府も同じなのですが。
ところが長崎に高島しゅうはん、という人が役人でいて、脇荷貿易の権限もっていて新式大砲を研究していました。それは出島にくるオランダ船が礼砲を撃つと威力、性能が進化しているのをしっていて、です。
幕府も国防上、江戸へ呼んで演習。一日でその平地は「高島平」(たかしまだいら)になりました。...続きを読む

Qなぜ日本ではキリスト教の普及率が悪いのか?

 ありきたりですが、気になるのでよろしくお願いします。もともと仏教だから、といった紋切り型の理由ではやはり説明できそうに思えません。まず、韓国の爆発的な普及、台湾や中国など。日本人はキリスト教の福音活動の話を聞こうともせず、はなから拒絶するのに対し、彼らは一応耳を傾ける傾向があります。これはオウム真理教などの影響もありそうですが・・・しかし、占いなどや細木和子は信奉できるというのも、不思議に思います。
 できる限り、感情的返答は避けていただきたいと思います。できれば、学問的に宗教社会学・哲学などの手法で、お答えをいただきたく存じます。

Aベストアンサー

 むしろ、何故、韓国や台湾でキリスト教が人気があるかを考えるべきです。

 各国に昔からある宗教というのは、支配者によって人々を支配するために利用され、そのように歪められた歴史を持っています。韓国や台湾では、歴史的に中国本土の支配者の圧政を受け、社会構造的に、国民は、伝統的な仏教は自分たちに何もしてくれなかった、自分たちを支配してきた、という思いが強いのではないでしょうか。従って、自分たちを、より自由にし平等に扱ってくれそうな、外来のキリスト教を理想化して期待しているのだと思います。

 しかし、西洋では、キリスト教は、実際には、当初(ローマ帝国時代)から支配者によって人々を支配するために創作され、歪められ、利用され、戦争の原因でもありました(現在も)。「三位一体」、聖母マリアの処女懐胎、最後の審判、も創作されたものですよね。

 日本は、国際法に反してキリスト教国のアメリカから原爆を落とされ、アメリカはそれをいまだに正当化しています。欧米のキリスト教では、非キリスト教徒の日本人を対等な人間と見ていないでしょう。・・・日本人にはキリスト教に対する不信感があります。そのような尊敬すべからざるキリスト教徒に自らなろうとは思わないのではないでしょうか。日本人は、キリスト教国の経済的な豊かさにあこがれているだけです。

 キリスト教は昔から福音活動に熱心ですから、日本人はその内容を皆おおかた知っていると思います。しかし、上述のように、キリスト教も、支配者によって人々を支配するために利用され、そのように歪められいますから、イエスキリストの教えが、どの程度、聖書にもとのまま残っているかは、分かりません。日本人はそのことを知っているのです。欧米のキリスト教の多くの研究者でさえ、聖書の大部分が事実でないと考えます。

 キリスト教の神を信じれば悪人でも天国に行くことができ、信じないものは善人でも地獄に落ちる・・・そのような、日本人の長い歴史にわたって体験してきた因果応報の法則に反し非常識で不道徳な教えは、日本人には通じないのだと思います。

 また、日本人は、元々、自然を崇拝し、多神教でしたから、人間のように嫉妬する尊敬できない絶対的唯一神に強い違和感を持つのだと思います。

 今や、ニューエイジの時代です。質問者様、キリスト教にこだわることなく、「プレアデス+ かく語りき」バ-バラ・マーシハニック(太陽出版)、「テオドールから地球へ」ジーナ・レイク(たま出版)、「シルバーバーチの霊訓」アンドゥーリー(潮文社)、「神との対話」ニール・ドナルドウォルシュ(サンマーク出版)をお読み下さい。日本において、なぜキリスト教が浸透しないのかを、より深くご理解いただけると思います。

 むしろ、何故、韓国や台湾でキリスト教が人気があるかを考えるべきです。

 各国に昔からある宗教というのは、支配者によって人々を支配するために利用され、そのように歪められた歴史を持っています。韓国や台湾では、歴史的に中国本土の支配者の圧政を受け、社会構造的に、国民は、伝統的な仏教は自分たちに何もしてくれなかった、自分たちを支配してきた、という思いが強いのではないでしょうか。従って、自分たちを、より自由にし平等に扱ってくれそうな、外来のキリスト教を理想化して期待しているのだ...続きを読む

Q「ベルサイユのばら」をフランス人が読むと・・・?

外国映画やドラマの中で描かれた日本人を日本人が見ると(?_?)と思うことはたくさんあると思います。
一方でアニメ「アルプスの少女ハイジ」の監督は何年もかけて現地調査や時代考証を行なって作製したので、スイス人がヨーロッパ製と信じていたという話を聞いたことがあります。

私も大好きで世界でもアニメで放映されているという「ベルサイユのばら」はフランスやヨーロッパの人々が観ても違和感無く観れるのでしょうか?それとも「あまり時代考証してないな・・・」と思われているのでしょうか?

※オスカルが「女なのに近衛隊長なのはオカシイ!」と言ったご意見はご遠慮ください(^^;)

Aベストアンサー

作者も知っていてしていることですが、服装や髪型がごちゃごちゃになっています。(オスカルの制服はもっと後の時代のものである等)
日本人なら江戸時代でも前期と後期の風俗の違いがはっきりわかるように、フランス人ならおかしいと感じるでしょう。

Qユダヤ人はどうして嫌われているのでしょうか?

映画「ホテル・ニュー・ハンプシャー」で、
「このホテルにユダヤ人がいるんじゃあるまいな」という
発言がありました。
シェイクスピアの「ベニスの商人」もユダヤ人です。
チャップリンの初期の映画にもユダヤ人をばかにする人種差別的ギャグがあるそうです。
ヒットラーにも嫌われました。
どうしてユダヤ人は嫌われるのでしょうか?
イエス・キリストがユダヤ人なのですが、白人はそう思ってないのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

いくつかありますが・・・
ユダヤ教の中における考え方に「選民思想」があります。簡単に言えば自分たちが優勢人類だ、という代物なのですが・・・
これをもっている民族はたいがい他の民族と仲良く出来ません。
理由は簡単です。本来同等の立場であるにもかかわらず自分たちのほうが上であるという態度を取っているのですから、嫌われるのはある種当然といえましょう(この選民思想に近い思想を持っている民族はすべからく嫌われています。このごろは減りましたがまだそういったのを持っている日本人も同様です。気をつけたいものです)。

さらには独自コミュニティを形成してそれを崩そうとせず、あくまで頑なにユダヤであるということを固持してきました。
これは、キリスト教という緩やかなつながりでつながっていた西ヨーロッパ圏では、ユダヤという存在は異端という点がその場に存在しているようなものです。
日本でもそうですが・・・自身たちとは違う風貌、習慣を持つ人は少なからず煙たがられる傾向があります。
さらには、銀行業などの当時「卑しい」とされていた職業で設けていました。余所者に自身たちの金を吸い上げられるのですから、決して面白いわけはありません。

もう一つが、政治的要因。
政治で、国民の不満をそらす方法に、悪役をつくる、というのがあります。
簡単に言えば、こじつけでも「~が悪い」というのをつくれば、そこに国民の不満がいきますから、政府とかそういったお上に攻撃がこなくなります。
で、ユダヤはキリストを十字架送りにしたというのがありますから、非常に悪役に仕立てやすいのです。上に書いた民族的な特徴も仕立てやすい理由です。

大体、嫌われる、あるいは嫌われている人、民族には共通項があります。
1.お金にうるさい(理由はともあれお金をためる人全般)
2.異文化的である。または異文化の性質を強く持っている
3.異郷の地でがっぽり稼ぐ人
4.郷に入らば郷に従えを実践しない人
5.自分たちのほうが偉いと少なからず思っている人
などなど・・・
ただ、こうやって見るとわかるように、どこぞの民族も似たようなことをやっています(車をアメリカで売りまくって、ご当地の車会社から白い目で見られたりする国です。まあ、いまはあまりやらないのかな・・・?)。
結局、嫌われる民族か、そうでないかというのは、ある意味紙一重なところがあります。
ユダヤが嫌われているのは、これらを満たしてしまっているせいと、国を持たなかったという地政学的悲劇のためと考えています。

いくつかありますが・・・
ユダヤ教の中における考え方に「選民思想」があります。簡単に言えば自分たちが優勢人類だ、という代物なのですが・・・
これをもっている民族はたいがい他の民族と仲良く出来ません。
理由は簡単です。本来同等の立場であるにもかかわらず自分たちのほうが上であるという態度を取っているのですから、嫌われるのはある種当然といえましょう(この選民思想に近い思想を持っている民族はすべからく嫌われています。このごろは減りましたがまだそういったのを持っている日本人も同様で...続きを読む

Qリベラルとは?

・左派、革新、社会主義
・右派、保守
という分類ができると思うのですが、
リベラルや自由主義は、どう考えたらいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義(右派リバタリアン)で、それ以後を新保守主義(ネオコン)といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン(左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法(戦争など過激な改革を許容する)を執ると言う主義)です。

 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで(高福祉政策)」などが有ります。

 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。そして変える方向(変えない方向)が自由か統制かで分類できます。

 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。
 (自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。)

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共...続きを読む

Q「すいません」と「すみません」どちらが正しい?

 タイトルにあるとおり、素朴な疑問になりますが、「すいません」と「すみません」ではどちらが日本語として正しいのでしょうか。分かる方ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

もともとは「すみません」ですが、「すいません」と発音しやすく変えたものもたくさん使います。
話す時はどちらでもいいですよ。

ただ、私個人の語感で言うと、公式的な場では「すみません」の方がいいような気もします。「すいません」はちょっとくだけた感じかな。でも、これはあくまで私個人の語感。人によって、あるいは地方によっても感じ方は違うだろうと思います。

書くときはもちろん「すみません」にしましょう。

発音しやすく変化した発音の他の例としては
手術(しゅじゅつ→しじつ)
洗濯機(せんたくき→せんたっき)
などがあります。これも、話す時にはどちらでもいいです。「しじつ」「せんたっき」と書いてはいけませんが。

Q日本は強かったの? 他国から歴史をみたら日本なんてなんてことない国だったの?

第一次、第二次世界大戦の時代
私は今まで、日本はアメリカに負けたけど、日本は戦争に強かった。と思っていました。零戦とか戦艦大和とか聞くし、神風特攻隊を出撃させたのは、作戦には疑問を持ちますが、とにかく日本は強かったんだと思っていました。でも、実際そうなんでしょうか?戦争に関して知識は豊富ではないですが、昔のVTRなどをみていると、簡単に言うと、ずるい方法をとったりしていたようにいわれてました。(約束破り?)
私は日本で日本の歴史を勉強するので日本は負けたけど、すごかった、強かった、というような感じを受けるものが多いですが、ほかの国から歴史を見たら、日本なんてなんてことなかった かのような存在だったのでしょうか?教えてください

Aベストアンサー

ご質問が「第一次、第二次世界大戦の時代、日本は強かったの」
ですが、
「アメリカには勝てないが、かなり強かった」といえます。

第二次大戦の時期の列強陸海軍ランキングを仮に作成してみます。

陸軍
1) アメリカ
2) ドイツ
3) ソ連
<この間、かなりの差>
4) 日本 4) フランス 4) イギリス
7) イタリア
(他はランキング対象外)

海軍
1) アメリカ
2) 日本
3) イギリス
<この間、かなりの差>
4) イタリア 4)フランス
6) ドイツ
(他はランキング対象外)

<陸軍について>
日本陸軍は弱かった、人命無視のムチャクチャな作戦をやって自滅して行った…という悪いイメージがありますが、仔細に見るとそうでもありません。

A) 支那事変は、蒋介石率いる国民政府が、上海周辺にドイツ軍事顧問団の指導で建設した第一次大戦型の塹壕陣地(第一次大戦の常識では『突破不可能』。ゼークトラインと呼ばれた)を建設した上で、上海に駐屯していた海軍の上海特別陸戦隊を襲撃し、救援にやってくる日本陸軍を、上海周辺の塹壕陣地に誘致して殲滅する、という計画で始まりました。

蓋を開けてみますと、上海特別陸戦隊は意外なほど頑強に戦って陸軍の援軍が来るまで持ちこたえ、杭州湾に上陸した日本陸軍3個師団は、国民政府が頼みにしていたゼークトラインを「浸透戦術」を巧妙に用いることで少ない損害で突破し、国民党軍を包囲殲滅しながら国民政府の首都である南京へ進撃しました。

これは蒋介石にとって全く予想外のことで、国民政府軍は総崩れとなりました。日本陸軍は、上記のランキングでは「ランキング対象外」の国民政府軍より「遥かに強かった」と言えます。

ウィキペディア 第二次上海事変
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC%E4%BA%8C%E6%AC%A1%E4%B8%8A%E6%B5%B7%E4%BA%8B%E5%A4%89

B) ポツダム宣言受諾の「後」に、ソ連軍が北方から千島と南樺太に侵攻しました。
千島列島の北端である占守島、日本領であった南樺太には、比較的装備が良く、兵員も充実した守備隊が残っていました。
8月15日以降のソ連軍の攻撃に対し、占守島と南樺太の陸軍部隊は善戦し、
「占守島においては、上陸したソ連軍をもう少しで海岸に追い詰めて全滅させるところまで戦う」
「樺太においては、ソ連軍の南下を食い止め、南樺太の日本人が北海道へ逃げる時間をかなり稼ぐ」
という戦いぶりを見せています。

<海軍について>
日本海軍については、アメリカに次いで世界第二位の戦力を持っていたのは異論がない所で、戦前においては、東太平洋は「日本の海」でした。

「空母機動部隊」はアメリカと日本だけが編成して運用できたものですし、18インチ砲搭載の戦艦を建造できたのは日本だけです。第二次大戦終結までに完成させた大型空母の隻数で言えば、アメリカが圧倒的に多いわけですが、次に多いのは日本です。第三位のイギリスにかなり差をつけているはずです。

無限の物量と高度な技術を持つアメリカと戦っては、昭和19年のサイパン沖海戦で日本空母機動部隊が壊滅し、レイテ沖海戦で航空機の援護のない「レイテ湾への特攻」を命じられた水上部隊がろくな戦果を挙げられずに甚大な被害を受け、「沖縄への大和特攻」(坊の岬沖海戦)で終わったわけですが、アメリカ海軍相手にここまで戦える海軍は日本海軍だけだった、というのは紛れもない事実でしょう。

ご質問が「第一次、第二次世界大戦の時代、日本は強かったの」
ですが、
「アメリカには勝てないが、かなり強かった」といえます。

第二次大戦の時期の列強陸海軍ランキングを仮に作成してみます。

陸軍
1) アメリカ
2) ドイツ
3) ソ連
<この間、かなりの差>
4) 日本 4) フランス 4) イギリス
7) イタリア
(他はランキング対象外)

海軍
1) アメリカ
2) 日本
3) イギリス
<この間、かなりの差>
4) イタリア 4)フランス
6) ドイツ
(他はランキング対象外)

<陸軍について>
日本陸...続きを読む


人気Q&Aランキング