塩化第二鉄を使って、金属の処理をします。
耐摩耗の目的でセラミックス(ジルコニア、アルミナ)を使用しようと思います。
濃度は今のところ不明で、使用環境の温度は80℃程度となります。
このような条件でセラミックスは大丈夫でしょうか。お教え願います。

A 回答 (1件)

ご承知のようにアルミナ、ジルコニアを始めとしてセラミックスは一般に耐蝕性に富む材料です。

おそらくは十分に堪えられると思いますが・・・
アルミナやジルコニアなどの一般的なセラミックスについては、各種溶液(硫酸、塩酸、水酸化ナトリウムなど)との反応性は煮沸などより厳しい条件も含めて調べられています。ただ塩化第二鉄との組み合わせは(エッチング剤とはいえ)、データはあまり表には出てきていないようです。

とりあえず、アルミナと塩化第二鉄の組み合わせについては辛うじて見つかりました[1]。濾過機なのですが用途の一つに「塩化第二鉄溶液の濾過」が挙げられています。ポンプ部はTIGER1さんのご質問と同様に摩耗が問題となるわけですがアルミナが使われています。
あとはメーカーに訊く方法くらいでしょうか(「他で訊いてください」はこのサイトの回答としては無責任で恐縮ですが)。メーカは耐蝕性などのデータをもう少し詳細に持っていますので、万全を期す意味でも確認されるとよいと思います。


[1]「濾過機」
http://www.cemco.jp/product/filter_05.html

参考URL:http://www.cemco.jp/product/filter_05.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速ご回答いただき有り難うございました。
直接どのメーカーに聞いたらよいのか今は分かりませんが調べてみます。
今後とも宜しくお願いします。

お礼日時:2002/04/07 08:23

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q塩化第二鉄溶液と塩化鉄(III)溶液

塩化第二鉄溶液と塩化鉄(III)溶液の成分に違いはあるのですか?

Aベストアンサー

同じものです。
昔は、鉄には2価と3価が一般的に知られていて、少ないほうを第1、多いほうを第2と称していましたが、今は価数を書くことで示しますから、鉄(II)=第1、鉄(III)=第2

Q硫化鉄はなんでわざわざ硫化水素と塩化鉄になるんですか?

硫化鉄はなんでわざわざ硫化水素と塩化鉄になるんですか?
硫化鉄に塩酸を加える実験がありますが、どうして変化が起きるのか分かりやすく教えて下さい。

Aベストアンサー

弱酸の塩に、強酸を加えると、強酸の塩ができて、弱酸があまります。
そして、硫化水素が気体になるという覚え方が楽です。

また、化学反応は、
 ・熱が出る方向
 ・粒子がバラバラになる方向
に進みやすいのですが、この反応は、熱が出る反応ですね。

Qエッチングの腐食液、塩化第二鉄の性質について

エッチング、銅版画制作(腐食)に腐食液として、塩化第二鉄を使います。 冬、腐食液の温度が低いと腐食しづらいので、暖め、そして銅板をその中に浸けます。 今までそのようにして、だいたい塩化第二鉄液体の温度25℃、30分ほどで約0.2mmから0.3mmのきれいな線が腐食できました。それが、今日突然腐食のスピードが遅くなり、今まで30分ほどで出来ていたものが、1時間近くかかりました。化学のことはわかりません。塩化第二鉄を暖めて使い続けると、そのようになるものなのでしょうか?化学にお強い方、どうかご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

エッチング液にも当然のことながら寿命があります.銅が溶けるにつれて,銅を溶かす能力は落ちます.
加えて,塩化鉄(III)水溶液は,何もせずにおいておくだけでも使えなくなってきます.これは鉄イオンが水と反応して不溶性の沈殿になってしまい,その結果,濃度が下がってしまうからです.そして,この水との反応も温度が高いほど速く進みます.
低温では肝心のエッチング時の溶解速度が落ちてしまうので,ある程度暖めるのはよいのですが,それは液の寿命も縮めるのと引き替えと理解してください.
効きの悪くなってきたエッチング液は諦めて廃棄した方がいいでしょう.処理剤も売っています.
個人で出す程度の量であれば,重曹やフレークソーダで処理してもいいでしょう.これらを加えると沈殿が生じます.重曹の場合,泡が出なくなるまで,フレークソーダなら上澄みが無色になるくらいまで加え,その後,コーヒーのフィルターペーパーでも使って濾過し,濾液は大量の水で薄めながら下水に流し,沈殿は燃えないゴミとして廃棄,あたりでしょう.エッチング液をそのまま水道に流すのはだめです.

Q耐摩耗性について

現在大学での研究で金属片に蒸着し耐摩耗性を付けて測定していかなければならないのですが、耐摩耗性を測定するための装置がなく測定できません。研磨機を使用して耐摩耗性を測れることができますか?

Aベストアンサー

研磨機を使用して耐摩耗性を測れることができますか?

計ることは可能です
あとは厚さを測る機械がいりますね

めっき皮膜の硬さの測定としては、押し込み硬さ試験である微小硬さ試験(JIS Z 2251規格測定方法とか業界標準的な測定はできませんので

各自で条件を設定してやれば出来なくは無いですが・・・・・

はたして比較する意味のあるデータが取れるかは別もんだいです

計ることは可能ですね

Q塩化第二鉄の呈色反応

有機化学の参考書に
「アスピリンを水に溶解させ、煮沸後に塩化第二鉄を加えると赤紫色を呈す。」とあったのですが、

なぜ煮沸をしなければ呈色しないのか?
どの様なメカニズムで塩化第二鉄がフェノールに反応するのか?

がわからなくて困ってます
できれば反応式も教えていただければ嬉しいのですが...m(_ _)m

Aベストアンサー

アスピリン(アセチルサリチル酸)にはフェノール性のヒドロキシ基がありません。
加熱すると一部が加水分解してサリチル酸になるのでは?

塩化鉄(III)によるフェノール類が呈色は、#1さんの参考サイトのとおり、錯体を形成するからです。
(普通のフェノールなら6分子が配位するのかもしれませんが、サリチル酸の場合は3分子が配位すると思います。)

Q大気中に含まれる水分量を-5℃から30℃まで5℃刻

大気中に含まれる水分量を-5℃から30℃まで5℃刻みで教えてください。

大気中の水分量
-5℃ :
0℃ :
5℃ :
10℃ :
15℃ :
20℃ :
25℃ :
30℃ :

湿度は外気とします。

Aベストアンサー

こんなものかな?
http://www.hm2.aitai.ne.jp/~yamamasa/tenki/situdo/situdo/howasui.htm
こんなのも。
http://idea.eco.coocan.jp/kousaku/k1-tsuri/seidenki/suijyouki.html
普通はこんなので、
http://www.eccj.or.jp/b_tuning/gdbook/6_1.pdf

Q塩化第二鉄にセラミックスは耐えられますか?

塩化第二鉄を使って、金属の処理をします。
耐摩耗の目的でセラミックス(ジルコニア、アルミナ)を使用しようと思います。
濃度は今のところ不明で、使用環境の温度は80℃程度となります。
このような条件でセラミックスは大丈夫でしょうか。お教え願います。

Aベストアンサー

ご承知のようにアルミナ、ジルコニアを始めとしてセラミックスは一般に耐蝕性に富む材料です。おそらくは十分に堪えられると思いますが・・・
アルミナやジルコニアなどの一般的なセラミックスについては、各種溶液(硫酸、塩酸、水酸化ナトリウムなど)との反応性は煮沸などより厳しい条件も含めて調べられています。ただ塩化第二鉄との組み合わせは(エッチング剤とはいえ)、データはあまり表には出てきていないようです。

とりあえず、アルミナと塩化第二鉄の組み合わせについては辛うじて見つかりました[1]。濾過機なのですが用途の一つに「塩化第二鉄溶液の濾過」が挙げられています。ポンプ部はTIGER1さんのご質問と同様に摩耗が問題となるわけですがアルミナが使われています。
あとはメーカーに訊く方法くらいでしょうか(「他で訊いてください」はこのサイトの回答としては無責任で恐縮ですが)。メーカは耐蝕性などのデータをもう少し詳細に持っていますので、万全を期す意味でも確認されるとよいと思います。


[1]「濾過機」
http://www.cemco.jp/product/filter_05.html

参考URL:http://www.cemco.jp/product/filter_05.html

ご承知のようにアルミナ、ジルコニアを始めとしてセラミックスは一般に耐蝕性に富む材料です。おそらくは十分に堪えられると思いますが・・・
アルミナやジルコニアなどの一般的なセラミックスについては、各種溶液(硫酸、塩酸、水酸化ナトリウムなど)との反応性は煮沸などより厳しい条件も含めて調べられています。ただ塩化第二鉄との組み合わせは(エッチング剤とはいえ)、データはあまり表には出てきていないようです。

とりあえず、アルミナと塩化第二鉄の組み合わせについては辛うじて見つかりました[1]。...続きを読む

Q塩化鉄について(エッチング)

金属のイオン化傾向から考えると、銅より鉄のほうがイオンとして溶液中に溶け出しやすいのにエッチングの反応では、なぜ銅が溶液中に溶け出すのか?教えてください!!

Aベストアンサー

反応式
2FeCl3 + Cu → 2FeCl2 + CuCl2

塩化鉄(III)がより安定な 塩化鉄(II)になるときに銅が溶け出すのかな?

Q塩化第二鉄のシミ取りについて

銅版画作成の際に使う、腐蝕液の塩化第二鉄を洋服・靴・靴下にいたるまでこぼしてしまい、漂白剤のたぐいにつけたのですが、全く取れる気配がありません。
どなたか、きれいにする方法をご存知でしたら教えてください。(科学のカテゴリーで質問したらいいのでは、とアドバイスを頂いたので、よろしくお願いします。)

Aベストアンサー

還元剤系漂白剤ってのがあります.
それを使ってみてください.
ふつうの漂白剤ではだめです.
成分のところにハイドロサルファイトと
書いてあるやつを探してください.
あんまり売ってないかもしれませんが,
花王の「ハイドロハイター」とかです.

Q塩化鉄(3)反応

 1-ナフトール、2-ナフトールにFeCl3溶液を噴霧するとそれぞれ青紫、緑に呈色するのはなぜですか?私はキレート錯体が生じるのだと考えているのですがそうだとしたらどのような形をとっているのですか?[Fe(H2O)4]+ですか?
 呈色の色が違う理由を解説していただけたら幸いです。。。

Aベストアンサー

錯体が形成されるから,でいいでしょう.
キレートは多座配位子についていうので,ナフトールの場合はキレートとはいいません.
α-ナフトールとβ-ナフトールの色の違いは,高校生レベルでは説明不能です.大学レベルでも難しい方の部類になります.


人気Q&Aランキング

おすすめ情報