【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

質問検索致しましたが、名刺作成に大変急いでいるため
ピンポイントで教えて下さい。

このたび法人登記をして主人が代表取締役社長・妻の私も取締役役員。
他、社長の右腕となる社員1人の小さな会社です。
主人の肩書きは代表取締役社長で良いと思います。
社員はリーダーなどの肩書きにしようと思っています。
私の場合はこれから事務員を雇えば色々と変わってくると
思いますが、今は総務・経理などの事務全般。
営業的な対外向けな動きも、今後は私が1人出向いて行く事も
多くなってくると思いますので、女性でもありますし何か
あまり見下されない様な、かつあまり軽々しくない肩書きを
付けたいと思っています。

何か良い肩書きがあればご指導下さい。
今後、仕事の幅を広げて行きたいと思っていますので
最後は勿論仕事の中身ですが、対外的にも私の様な
若輩者の女性の肩書きは一見重要かと思われます・・
よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

現況から基本は「取締役」のみの肩書きが良いと思います。


何にでも使えます。
あと、状況に応じて使い分けるために何種類か用意しておくことも良いと思います。
事務全般なら総括して「管理部部長」の肩書きなんかも良いかもしれません。

営業的な用途で、総務部や経理部といった間接部門の肩書きはマイナスイメージですの
でやめた方が良いです。

営業用途他全般用として、「取締役」、管理部門用として「管理部部長」の2種類を用意しておく
というのは如何でしょうか?
    • good
    • 3
この回答へのお礼

状況に応じて・・というのは思いかなかったので
とても参考になりました。
取締役・・のみもいいかもしれません。
営業的な用途で・・というご意見はとても良くわかります。
私もそれを懸念していました。

ありがとうございました。
皆さんに大変迅速なご回答を頂けたので
大体まとまりましたので、明日にでも発注を
かけようと思います。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2006/10/25 21:58

社員の肩書きは常に変わります。


よって年単位、半年単位、四半期単位で考えて見ては如何ですか。
今は総務部長で良いでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

そうですね・・
取りあえず最初は少なめに発注しますし、変わってゆく事も
勿論あるだろうな・・とは思っています。
参考にさせて頂きます。
迅速な対応ありがとうございました。

お礼日時:2006/10/25 21:53

名刺の肩書きも色々ありますが、実際に取締役をされているのでしたら



専務取締役
常務取締役
取締役

のいずれかが良いのではないでしょうか?

一般的には代表取締役がおられ、別の方が取締役の肩書きにしておられる場合が多いです。

英語表記がよければ↓ここに載っていますので参考になれば。。。

http://card.hankoya.com/card/etc/title.html

参考URL:http://www.rantan.com/mail_katagaki.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変迅速なご回答ありがとうございます。
本当に皆さんに助けられています。

英語表記までご丁寧にありがとうございました。
参考になりました。

お礼日時:2006/10/25 21:50

極めて簡単で一般的なところでは、例えば、「専務取締役」とか「常務取締役」とか、「取締役副社長」とか、後は仕事の内容を入れれば、「取締役営業部長」や「取締役総務部長」(もちろん、これらの頭に「専務」や「常務」をつけるケースもあります)が思いついたところです、ご参考になれば幸いです。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変迅速なご回答ありがとうございました。
やはり、取締役・・は入れた方が良いのでしょうね・・
参考にさせて頂きます。

お礼日時:2006/10/25 21:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q代表取締役と取締役副社長はどっちがえらい?

会社組織の中で

代表取締役 社長
代表取締役
取締役 副社長

っという肩書きがあります。

この場合、代表取締役社長が一番偉いと思うのですが

代表取締役と取締役副社長は
どちらが偉いのですか?

もし代表取締役の場合
代表権のない
取締役副社長はいったいなぜ存在するのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

両者は役割分担が異なる。どちらが偉いのかは、どのような基準で偉いかどうかを判断するのか、その基準次第で異なってくる。


代表取締役や代表権のない取締役は、法により役割分担が定められている。代表取締役は、株式会社を代表し株式会社の業務に関する一切の裁判上又は裁判外の行為をする権限を有する。取締役は、取締役会非設置会社では原則として株式会社の業務を執行し、取締役会設置会社では取締役会の構成員として代表取締役その他の取締役の職務の執行の監督等をおこなう。また、各取締役は、代表取締役を含む他の取締役を監視する義務を負う。

社長・副社長等は、原則としてそれぞれの会社の社内規程により役割分担が定められている。もっとも、おおまかな役割分担は一般的社会的な認識と異なることはない。そのため、法も社長でない者に「社長」と名乗らせた場合の会社の責任を法定するなどして、一般的社会的な認識を補強している。


ここであなたの疑問に戻れば、代表権を有しており一般的社会的な認識のある肩書きを有していない者と、代表権を有しておらず一般的社会的な認識のある肩書きを有している者との、どちらが偉いのか、という問いかけに読み替えることができる。そしてこれは、判断基準により結論が異なる問いかけだといえる。

また、代表権のない取締役副社長は、その株式会社がその者につき「会社を代表させないが、副社長としての役割分担をさせる」べく、そのような地位に置いているといえる。

ひとつの株式会社の中に代表取締役社長とそれ以外の代表取締役が併存するのは、複数の者に代表権を与えて会社経営を機動的にするとともに、ひとりを社長に置いて社内の序列を明確化したものといえる。

両者は役割分担が異なる。どちらが偉いのかは、どのような基準で偉いかどうかを判断するのか、その基準次第で異なってくる。


代表取締役や代表権のない取締役は、法により役割分担が定められている。代表取締役は、株式会社を代表し株式会社の業務に関する一切の裁判上又は裁判外の行為をする権限を有する。取締役は、取締役会非設置会社では原則として株式会社の業務を執行し、取締役会設置会社では取締役会の構成員として代表取締役その他の取締役の職務の執行の監督等をおこなう。また、各取締役は、代表取締...続きを読む

Q社長、専務、常務、取締役って何?

はずかしくていまさら聞けない内容ですが、そもそも会社における役員、重役とはなんなんですか。また会長、社長、専務、常務などの違いも分かりません。私はよく名刺交換するのですが、代表取締役会長とか、取締役社長、専務取締役、取締役本部長など、肩書きの意味が全く分かりません。だれか教えてください。

Aベストアンサー

>そもそも会社における役員、重役とはなんなんですか
これに答えるには、そもそも会社自体がなにかを知る必要があります。

会社、特に株式会社は、株券という形で資金を集めて、その資金を元手に事業を行う仕組みのことです。このような人たちを出資者といいます。
ですので、会社そのものはお金を出した人たちの物と言う事が出来ます。しかし大きな会社になると、集まるお金も膨大ですし、お金を出す人もたくさんいることになります。これらの人が全員が経営に口を出すと、とてもじゃないですが利益をだすことなどできません。
そこで出資者は、経営のプロを連れてきて会社の運営を任せます。これが役員です。出資者は年に1回、株主総会で役員の会社運営について意見をいう機会があり、投票で同じ役員に任せるかどうかを決めるのです。
ただしこの投票は、1株1票ですので、株を持っている人の意見が通りやすくなります。ですので株を一生懸命集めて、多数を取れるようになれば、会社を乗っ取ることもできます。堀エモンや村上ファンドがやったのは、外資の資金を借りて株を集めて、会社を乗っ取ることでした。
(乗っ取りというと聞こえは悪いですが、お金が基本なので資本主義である以上、悪いことばかりではありません)

このように役員は任命されて、会社の経営を担うのですが、会社の組織である以上、序列が必要です。
代表取締役は会社をどのように運営するか最終的に決定し責任をとる立場です。その下の役員は、執行役員として会計・営業・製造などの各部門の責任を持って会社の運営にあたります。
このときは肩書きの序列はあまり関係なく、むしろ社長の次に有能な人や、出資者の意向で序列が決まります。
序列の順番は、会長・社長・専務・常務・取締役です。取締役本部長は取締役としてはヒラ、従業員としては部長(つまり最高ランク)ということで、役員の経営方針を部下の従業員に伝え、具体的にどのように行動するかに責任を持つ、一番つらい中間管理職といえます。
逆に会長は、代表取締役が通常社長のため、前社長が隠居しつつアドバイスを与えるなどの、名誉職的な側面が強いです。
もっとも、代表取締役会長とか代表取締役専務などもいます。これは家族経営のような会社で、創業社長(たぶんお父さん)が、「社長」の肩書きを手放したくないけど、実質経営を息子に任せるなどの場合に使うようです。

帽子の女性社長で有名なア○ホテルですが、彼女は社長では在りますがしばらく間、特にCMやテレビに良く出ていた頃はまだ代表取締役ではありませんでした。
社長といっても、代表権があるとは限らないのです。

>そもそも会社における役員、重役とはなんなんですか
これに答えるには、そもそも会社自体がなにかを知る必要があります。

会社、特に株式会社は、株券という形で資金を集めて、その資金を元手に事業を行う仕組みのことです。このような人たちを出資者といいます。
ですので、会社そのものはお金を出した人たちの物と言う事が出来ます。しかし大きな会社になると、集まるお金も膨大ですし、お金を出す人もたくさんいることになります。これらの人が全員が経営に口を出すと、とてもじゃないですが利益をだす...続きを読む

Q代表取締役と取締役の違いは具体的にどんなところなんでしょうか?

非常に初歩的な質問ですみません。代表取締役と一般の取締役と具体的にどんなところが違うのでしょうか?(権限や責任など) また一般的に言う役員=取締役と考えていいのですか? それから役員と執行役員の違いはどこなんでしょうか?(権限や責任)今さら人に聞けないので教えてください。

Aベストアンサー

>代表取締役と一般の取締役と具体的にどんなところが違うのでしょうか?

代表取締役は、その名の通り会社を代表する事ができます。つまり対外的
に会社を代表します。(社内的には、社長が会社を代表する場合もあれば
会長が会社を代表する場合があります)
会社の代表として、自分の意思で契約などをする事ができます。
それに対して、取締役は会社の最高機関である取締役会の構成要員です。
よって会社の方向性の決定や、取締役として任された一部の仕事を行いま
すが、契約などを自分だけの意思で行う事はできません。

>一般的に言う役員=取締役と考えていいのですか?

一般的には、役員=取締役です。最近は執行役員も役員と表記する場合が
ありますので注意が必要です。

>それから役員と執行役員の違いはどこなんでしょうか?

取締役会の構成メンバーが取締役です。取締役会は会社の経営・執行を
統括する機関ですから、会社の全てを掌握します。よって構成メンバー
である取締役は”経営者”という事になります。
それに対し執行役員は、与えられた業務を執行する責任者です。
また執行役員は従業員であり経営者ではありません。

社長・副社長・専務・常務(+会長)が取締役で、その下が執行役員で
ある場合が多いと思います。
しかし、社長が執行役員であっても問題はありませんので、別途取締役
会があり社長と代表取締役が別であっても問題はありません。

>代表取締役と一般の取締役と具体的にどんなところが違うのでしょうか?

代表取締役は、その名の通り会社を代表する事ができます。つまり対外的
に会社を代表します。(社内的には、社長が会社を代表する場合もあれば
会長が会社を代表する場合があります)
会社の代表として、自分の意思で契約などをする事ができます。
それに対して、取締役は会社の最高機関である取締役会の構成要員です。
よって会社の方向性の決定や、取締役として任された一部の仕事を行いま
すが、契約などを自分だけの意思で行う...続きを読む

Q代表取締役と取締役社長の違いは?

社長として手形を切る時や、名刺に肩書きを書く時に、代表取締役とする会社と取締役社長とする会社とに別れるように思いますが、両者にはどういう違いがあるのでしょうか?
1、専務などが代表権がある場合に代表取締役専務とわざわざ代表を名乗るのはよく理解できるのですが、社長で代表権がない場合が有るのでしょうか?代表権があるのは当たり前で大げさ(長すぎる)なので取締役とだけしか書かないのでしょうか?
2、稀に代表取締役社長とまで名乗っている場合も見かけるのですが、取締役社長とだけ名乗るのと効果にどういう違いがあるのでしょうか?
3、定款とか会社を規定する法律とかの違いで、どちらを名乗るか予め決められているような事があるのでしょうか?或いは、極端に言って最初は社長の気分でどちらにしても良いのでしょうか?(銀行の届を出した後などでそれを爾後使わなければ行けないのは判るのですが)
4、どちらでも良いならば、普通の会社はどう言う基準で決めているのでしょうか?又、どちらのほうが一般的なのでしょうか?

Aベストアンサー

まず、法律上の地位と呼称としての地位とに分けて考える必要があります。
法律上の地位は、商業登記された人が名のることができる地位です。定款により取締役の人数が定められ、その取締役の互選により、代表取締役が決まります。これは定款の定めで何人でも選出できます。ここで選出された人が「代表取締役」を名のることができます。

呼称としては、社内外に対して「社長」「専務」「常務」という職責上の地位が用いられます。
従って、社長が必ずしも代表権があるわけではなく、また代表権があるからと言って社長というわけでもありません。

通常は、「代表取締役」とだけ言えば、単に商法上の地位のみを表していると考えて、社長かどうかは問題ではありません。

「代表取締役社長」と名のるのは、法律上代表権があり、しかも社内外的に社長ですよ、という二つの意味があるということです。「代表」を省くのは、対外的には「社長」ではあるけれど、代表権がないか、ありは、あえて仰々しくなるのを避けて書かない場合もあります。

Q役職の記入について

私の勤務する会社でこのような肩書きの上司がいますが、
 
 常務取締役 総務部長 兼 検査部長  ○○ ××(上司の名前)

今度、下請け先を召集し連絡会を行います。そこで、挨拶をしてもらうのですが、どのような肩書きで呼ぶのが良いのでしょうか?また、スケジュール表を作成するのですが、どのような肩書きで記入するのが良いのでしょうか?
個人的には役職が長いので一番えらい肩書きである「常務取締役」を表示して、下のような表現が良いのかなぁ、と思うのですが。皆さんの意見お待ちしております。

 常務取締役 ○○ ××(上司の名前)

Aベストアンサー

常務取締役が使用人たる部長職を兼務することはあまりなく、逆に見栄えが悪いかもしれません。
しかし、社内の役職については、誰もどうこう言う立場になく、ただのイメージなどで変に言われかねませんね。

その連絡会の責任者とその役員の意向を確認されるべきでしょう。

すべて説明するとしたら、総務部門及び検査部門の責任者である常務取締役ではないですかね。

私の会社は小さく、役員は兄である代表取締役と、私の取締役だけです。社内的には、私は総務部門の責任者として総務部長を兼務し、名乗っています。しかし、その他の事務的部門や法務関係の責任者も兼ねているため、法務部・人事部などの責任者にも該当します。さらに派遣業の責任者であり、営業部門の対応も行います。
ほとんどの対外的な役職は総務部長として名乗り、金融機関や公的機関に対しては取締役の総務担当として活動していますね。

その場でわかりやすい役職でよいと思いますが、当人などから不満が出てもいけませんから調整すべきでしょう。

Q名刺の肩書き

念願の社長になりました。
役員は僕だけです。

それで肩書きなのですが
「取締役」ではかっこ悪いのです。
みなさんはどうしていますか?

役員は僕だけなので「代表取締役」は名乗れません。
「取締役社長」が1番良さそうですが、どうでしょう??

Aベストアンサー

私は今30歳です。
大学卒業後、会社員を経験し、その後フリーターをいろいろと。
27歳の時に起業し、店舗を運営しています。今は順調で、基本をしっかりしながらも、少しずつ幅を広めております。

最初、私も【社長】の肩書きに憧れ、実際に手にした時は誇りに思っておりました。
しかし、いくつかの弊害に遭遇することもあり、今は社長云々の肩書きを除外し、別の肩書きを作りました。【社長】という表記だと他と目立たないし面白くないので、とある名詞を登録商標して、それを肩書きとして名乗っております。


さて本題、その“弊害”の内容ですが、
年齢的にも経験的にも若輩者の私は、商談・折衝等で、なかなか大変でした。
特に、肩書きが【社長】とあれば、その場で即決!を強いられることも多く、
調査したり再考したりするために「一度帰って考えます」とは言えないことも。

今ではだいぶ成長したと思っているため、【社長】の肩書きでも大丈夫かと思いますが、やはり“身の長け”とか“社会的経験度”も大きく作用する内容かと思います。
急がれる必要がないのであれば、焦らず一つ一つ成長されていって、それに忠実な肩書きを選択されるのも良いかと思います。

最近では“能ある鷹は爪を隠す”的に、
本当は社長なのに、あえて平社員のように対応するといったこともします。
「もっと上を連れて来い!」 と来れば 「私より上は居ないのですが…」
相手は驚きます。そして一緒に笑います。
「いやぁ~悪かった悪かった。じゃ話を先に進めようかね」 って、商談が前進。

失礼しました。

私は今30歳です。
大学卒業後、会社員を経験し、その後フリーターをいろいろと。
27歳の時に起業し、店舗を運営しています。今は順調で、基本をしっかりしながらも、少しずつ幅を広めております。

最初、私も【社長】の肩書きに憧れ、実際に手にした時は誇りに思っておりました。
しかし、いくつかの弊害に遭遇することもあり、今は社長云々の肩書きを除外し、別の肩書きを作りました。【社長】という表記だと他と目立たないし面白くないので、とある名詞を登録商標して、それを肩書きとして名乗っておりま...続きを読む

Q名刺の肩書きについて教えてください。

名刺の肩書きについて教えてください。
このたび、会社を引き継ぐ事になったんですが、現社長が肩書きについて難色を示して困っています。
私   (現)取締役専務   → (新)代表取締役社長
現社長(現)代表取締役社長 → (新)取締役会長
でも、現場で働く職人の現社長は”会長”はいやらしいのです。
「会長はいや、工事部長がいい。でも、取引先には会長でいく」だそうです。理由は「現場では、会長は重すぎる。でも、お付き合いは会長の方が軽く見られなくていい」だそうです。
私としては、取締役会長か取締役工事部長でいいと思いますが・・・
もう、名刺の発注期限が迫っているため、何とかしたいと考えています。どなたか、いい肩書きの書き方を教えてください。
 

Aベストアンサー

役職の2行書きでは以下かでしょうか?

取締役会長
工事部長

代表取締役会長
工事部長

会長
工事部長

ちなみに私は
取 締 役
総務部長

執行役員
総務部長

の二社の名刺を利用しています。
会長が兼務するのはあまり聞きませんが・・・

名刺は取締役会長などで、社内での呼び名は工事部長でも良いと思います。

Q社外の人に対して社内の社外取締役の人の話をする時の呼称について

社会人のマナーについての質問です。

一般的に、社外の人に対して社内の人の話をする時は呼び捨てにするのが基本だと思います。
そこで質問ですが、社外の人に対して社内の社外取締役(非常勤)の人の話をする時の呼称はどのようなものが適切でしょうか?

例えば、ソニーの社外取締役に、トヨタ副会長の張富士夫氏が就任していますが、この場合、ソニーの社員が社外の人に張氏の話をする時は、どのような言い回しが適切でしょうか?

あくまでも社外の取締役なので、役職名などを付けて丁寧に呼ぶのが自然かなと思いましたが、あまり自信がありませんので、アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

社外で何らかの役職に就いている社外取締役を「さん」付けで呼べるような雰囲気の会合では、
呼称について気にする必要はないのでしょうか。

公式の場では、「弊社社外取締役の○○会社の○○会長」という呼び方がよいように思います。

現在の会社法では、社外取締役は、過去・現在・将来において、社内の人間であることを禁じています。
役職自体は会社の内にあるので、「弊社社外取締役」と頭に就け、そこに就く人は、会社の外にいる
人ということで、距離を置き、敬意を示すという意味で、役職名を付けるのがよいと思います。

社外取締役が話題の中で頻繁に取り上げられる状況を想像できないので、上記呼称で問題は無い
ように思いますが、具体的にどういった状況を想定されていますか?

Q常務取締役とは。

どのような役職なのでしょうか?


お付き合いをしている彼が今月から、常務取締役になるとの
事です。基本的には社長の補佐役として職務にあたるのでしょうか?
彼は「青年会議所(JC)」にも所属しています。益々、やりがいが
出てくるとは思いますが・・。

詳しく分かる方がおりましたら、回答をして頂きたいと思います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

常務取締役といえば、ヒラ取締役(部長職が多い)からワンランク昇進したものです。文字通り経営者、雇用者側になったことですから、本人にとっても大きな出来事です。一般的には常務以上を「役付き役員」と言いますね。

しかし常務も専務も、そして社長や会長といえどもこれらの役職名は法律(会社法)には出てきません。会社法で決めているのは簡単に言えば、取締役だけです。株主総会で選ばれるのはあくまでも取締役であり、誰が社長になり、誰が常務になるかは総会後の取締役会という会議で決定されるのです。実際にはその大分前に内定してはいますがね(苦笑)。

常務の職務が社長の補佐であるとは一概には言えません。代表権を持つ社長はじめ他の取締役らと共に法を遵守して会社の経営に当たり、株主の期待する配当が出せるように働くことです。会社によっては常務が営業本部長を兼務し、実質的な営業や販売リーダーとして先頭に立つこともあります。

しかし常務や専務の責務は会社によりまちまちであり、特に専務や常務が複数いるときは、大きな会社ほど担当分野(総務、経理、労務、人事、経営企画、販売、広報宣伝、生産部門、顧客管理など)を持たせて分担をさせるのが普通です。

青年会議所のメンバーなら、これからも先が楽しみですね。

常務取締役といえば、ヒラ取締役(部長職が多い)からワンランク昇進したものです。文字通り経営者、雇用者側になったことですから、本人にとっても大きな出来事です。一般的には常務以上を「役付き役員」と言いますね。

しかし常務も専務も、そして社長や会長といえどもこれらの役職名は法律(会社法)には出てきません。会社法で決めているのは簡単に言えば、取締役だけです。株主総会で選ばれるのはあくまでも取締役であり、誰が社長になり、誰が常務になるかは総会後の取締役会という会議で決定されるので...続きを読む

Q代表取締役社長と取締役会長を英語で表記する場合は?

名刺に表記する英語の肩書きについての質問です。
色々調べた結果Presidentという表記はあまり使わないと分かったので
代表取締役はCompany Executive またはManaging Directorが良いかと思うのですが、
代表権のない会長をChairmanにするとChairmanの方が偉そうな感じがするのですがどうでしょう?
でも小さな会社なので、CEOとするのは大げさな気がするのですが、
代表取締役社長の方を上位に感じさせる表記があったら教えてください。

Aベストアンサー

まず、このような名前はその国の法律(会社法)などに関係してきますから、「日本語のこれは英語ではこれ」と決まった表現は厳密にはないですから、その役職の内容に一番近い英語名(米国英語であることが多いでしょうが)を考えることになります。

例えば、「代表取締役」ですが、この語そのものはRepresentative Directorなどという英語になるかと思いますが、(1)英語国ではこのような名称はないようだ(あるかもしれないが見たことは?)、(2)日本の会社の代取はこのような英語名の名刺は持っていないのでは?(3)「代表取締役」という名称は英語国ではないようだ、 というような感じでしょう(断定ではありません)。

で、御社ですが、大切なことは、実質的な立場がどうなっているか?も大切な要素です。で、まず「会長」:

会長は「取締役会の議長」ですか?、代表権がないとのことゆえ、議長ではないと仮定して Chairman がいいかとおもいます。

今はどうなっているかわかりませんが、2年くらい前の伊藤忠では、議長でなく、代表でもない会長(前代取)を Chairman、代表取締役社長(議長)をPresident and CEOとしていました(英文アニュアルレポート)

代表取締役は社長、つまり代表取締役社長ですね?で、会社経営の実質のトップと明確にしたいのでししたら、President and Chief Executive Officer (Preseident and CEO)ではどうでしょう。CEOと会社の規模は関係ないですから。

Presidentは「(日本で言う)社長でない」ということはいつでもそうではないです。これは、その会社で組織構成で決めますから。トヨタ自動車の渡辺社長の英文タイトルは、英文アニュアルから見ると、Presidentのようです(CEOとか入っていない)。もちろん彼の日本語タイトルは代表取締役社長。私も、以前、米国の現地法人の代取社長をしていたときの英文タイトルはPresidentにしていました(CEOとかつけなく)。

代取がCompanyExecutiveとはなりません。これは「会社幹部(役員)」のような感じ。 Managing Director は、英国法系の国の会社の「社長」がよくつかう名称ですね。昨年合った英国企業の「社長」がこのタイトルでした。が、米語がひろまっているせいか、英国系の会社の社長のタイトルも最近は変わってきている気がします。いずれにせよ、御社の「代取」には使用は避けるべきでしょう(日本の会社の役職名としては「常務」がこのような英文になることが多いです)。

まず、このような名前はその国の法律(会社法)などに関係してきますから、「日本語のこれは英語ではこれ」と決まった表現は厳密にはないですから、その役職の内容に一番近い英語名(米国英語であることが多いでしょうが)を考えることになります。

例えば、「代表取締役」ですが、この語そのものはRepresentative Directorなどという英語になるかと思いますが、(1)英語国ではこのような名称はないようだ(あるかもしれないが見たことは?)、(2)日本の会社の代取はこのような英語名の名刺は持っていない...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング