昨年暮に転職したのですが、お葬式での宗派によって物の考え方の違いがあることを改めて知ったのですが、各宗派それぞれ【七七日】は 「仏になる為の審判をうけ、49日目で霊から仏になる」という教えのよう(?)です。
しかし、浄土真宗においては《即身成仏》という教えらしく 亡くなった時点で仏になったいるらしいのですが、【七七日】は何の為にあるのでしょうか?
宗教関係に詳しい方の回答をお待ちしています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

浄土真宗は、仏教の中でも爾前教(にぜんきょう)


(現在の真言・浄土宗など法華経以外の仏教)なので
末法の現代において「邪宗」ですから、その宗派も儀式もやらなくてOKです。


(私の勉強した範囲内で恐縮ですが、ご参考になれば幸いです。)

とりあえず、一度最後まで読んでみてください。


仏教の始まり(約3千年前)、釈迦が仮導の教えで「地獄」や「閻魔」などを説きましたが、それは実在する場所や人物ではなく、「方便(比喩)」です。

釈迦は説法50年間のうち、まず42年間かけて「爾前教(現在の真言・浄土宗など法華経以外の仏教)」を説き、後の8年間で、爾前教を仮の教えとして、釈迦自身が否定し、「法華経28品(後半14品が重要で、「法華経本門」といいます)」を説きます。

しかし、その「法華経本門」も、釈迦の死後2000年(正法・像法)で効力を失い、現在の「末法」という時代では、釈迦仏法を信仰しても効力はないと、釈迦自身が仏典の最後に記しています。

そして、釈迦が「文底秘沈」した(明らかにしなかった)「法華経文底独一本門」(無神論)が末法で信仰すべき仏法だと教えています。

仏法では、魂(命)は「有る」わけでもなく、「無い」わけでもない、「空(くう)」と表現されます。死後、命は、「霊魂」としてふわふわ存在するのではなく、死後は「冥伏」といい、生時は「顕現」といいます。肉体と魂は別々ではないのですが、「肉体」イコール「魂」でもないです。

簡単に言うと「起きている状態が生」、「寝ている状態が死」です。つまり「無始無終」といい「生命は永遠」ということです。
過去世の生命境涯や行いにより、現世の生命境涯(十界論をご参考になってください)がありますが、「定業」と「不定業」があり、自身の内の境涯変換(仏界涌現により)、定業(決定している宿業)でも「宿業(宿命)転換」が可能です。

また「成仏(仏)」とは「仏界をひらく」ということで、死んだ人のことではありません。(もし、死んで仏になれるのなら、早く死んだ方がいいということになってしまいます。)

また、「地獄」という場所は、どこにも存在しませんが、例えば、戦地に生まれるなどの境涯を「地獄」に例えているのです。それと同様、「閻魔」という人物は存在しませんが、自分自身の中の悪い生命境涯や、自分の境涯を狂わす働きのことを「閻魔」に例えているのです。簡単に例えると、テロリストの子として生まれ、出生時から洗脳され、自分もテロリストになって、人殺しをしてしまう、等々が、これにあたります。

私事で恐縮ですが・・・

私は、その「法華経文底独一本門(無神論)」を信仰をしています。
これは、10年間かけて勉強と経験を積み重ねて出した結論です。自身の生命の内側に全て備わっていて、それを引き出すというもので、どこかに、神様や仏様がいるというのを否定している、無神論の教えです。
(自身の仏界を引き出すことが重要で、外にはなく、生命に内在しています)

私は、前半は、外道(キリスト教や神道などの有神論)と、仏教「爾前教」(日本人が仏教だと思っている教え)を学び、後半で法華経を学び、最終的に文底独一本門(無神論)にたどりつきました。そして、邪宗や占い師など、(もちろんカルトも)信じたり、それらにお金を出すのも誤りだと気づきました。

10年かけて、しっかり宗教比較学を勉強してきたので、他の人より少しは詳しいです(まだまだ勉強不足ですが)少しでもお役に立てれば嬉しいです。

ここで詳しく説明したいのですが、理解するのに早い人でも2~3年かかる事なので、ここでは省略します。申し訳ございません
    • good
    • 0

(A)七七日は亡き人を偲び、阿弥陀様のみ教えを聞かせていただく


聴聞の機会です。

インターネット上だけではなく貴方様が自身をお寺に運び聴聞(阿弥陀様のみ教えを聞かせて頂くこと)されることがとても大切です。

下記のURLは直接の答えにはなりませんがココから浄土真宗のみ教えに学んで下されば嬉しく思います。ちなみに《即身成仏》ではなくて往生即成仏です。

参考URL:http://www.terakoya.com/
    • good
    • 1

四十九日までの七日ごとを一節として七回繰り返すこの葬送儀礼は、十王経や十三仏事などのいわれから日本社会に定着したものといわれています。

満中陰までの四十九日間に残された遺族は、七日ごとに追善の法要をつとめて故人の成仏を祈るという習俗がありますが、浄土真宗では阿弥陀如来のご本願のおすくいにより命終と同時に浄土に往生するという教えですから、追善や追福の供養ということではなく、故人の遺徳をしのび、人生の意義について考える良き仏縁として、深く念仏の教えに耳を傾け、仏法を味わうように心がけます。
 

参考URL:http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Himawari/40 …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q戦犯の中に浄土真宗の信者はいなかったのでしょうか

私は浄土真宗を信仰している者です。私は自分の信仰している浄土真宗はすばらしい宗教だと考えておりますが、中国や韓国の靖国神社に対して非難する態度を見ると、複雑な気分になっています。もしも戦犯に浄土真宗の者がいたとして、その戦犯の被害者の遺族を前にしたときに私は「戦犯は地獄へ行っておらず極楽へ行っております」と言うと思います。私は「南無阿弥陀仏と唱えれば、どのような悪人でも極楽へ行けるのだから、極悪人でない私は間違いなく極楽へ行ける」という点に感動し、浄土真宗を信仰しております。浄土真宗は15世紀には「進者往生極楽 退者無間地獄」という旗を掲げて戦い、20世紀にも侵略戦争に協力していたことは承知しておりますが、そのような過去があろうとも浄土真宗の教えはすばらしいものだと考えております。私は中国や韓国と仲良くしたいと思っておりますし、なおかつ自分の信仰心も捨てたくないと考えております。願わくば戦犯に浄土真宗の信者がいなければいいのだが、と思うのみです。戦犯の中に浄土真宗の信者はいなかったのでしょうか?

Aベストアンサー

巣鴨プリズンの初代教誨師、花山信勝氏は、ご承知のように浄土真宗の僧侶兼学者です。
氏が回向した34名の戦犯刑死者のうち、ただひとり広田弘毅元首相が浄土真宗の法名(戒名)を拒否したのをのぞいて、全員が「光寿無量院釈」の院号を授けられています。

なお、A級戦犯のなかで、私が知る限りの宗派は以下の通りです。

板垣征四郎:法華宗
土肥原賢二:神道(家族には神道は捨てろと遺言)
東条英機:神道(A級戦犯のなかでは、板垣とともに最も熱心に花山氏から仏教講話を聴いたといいます)
広田弘毅:花山氏から「その悟りは真言宗から得たのか?」と問われ、そんなようなものだと答えたといいます。 

Q仏教の宗派、特に浄土真宗について

仏教の宗派、特に浄土真宗について
お詳しい方がおられましたらご回答お願いします。
仕事上、宗教に関わることが多くあります。
浄土真宗に大谷派・本願寺派がありますが
以前、大谷派のご住職に墓石に年齢は寿算と刻み、
才ではなく歳と入れると伺いました。
この点について大谷派と本願寺派では違いはあるのでしょうか。
その他大谷派・本願寺派での違いがあれば教えて下さい。

Aベストアンサー

お尋ねの点については、本願寺派(西本願寺)、大谷派(東本願寺)に違いはありません。

「歳」と「才」については、「歳」が正しいのです。宗派に関係がありません。

「才」は、「才能」「天才」「文才」など、能力、資質、智恵を意味する語(文字)であり、年を意味する「歳」とは別の文字です。
「歳」の略字でもありません。
年齢に「才」を使用するのは誤用であり、公用文では認められていません。

「寿算」については、
「壽、寿」は、一文字で「ことほぐ・ことほぎ」と読み、めでたい文字であり、また、長命のほか、「年・歳」の意味があります。

したがって、長命といわれるほど(その基準は相対的、感覚的なもの)長生きをして亡くなった場合、ある地方、あるいはある地域の慣習により「壽算」と刻しているようです。

以上で解るように、「壽算」は、縁起かつぎ、迷信、俗信、俗説を排除している浄土真宗のみ教えそのものにそぐわないので、本来「壽算」とは刻しません。

「法名 釈□□  俗名○○  何歳」で十分です。「享年 何歳」と刻したり、書いたりする人もありますが、「享年」と刻さなくても、墓石に「何歳と」あれば享年に決まっているので重複を避けるのです。
しかし、刻してはいけないということではありません。

質問にはありませんが、付け加えて申し上げますと、墓石柱には「南無阿弥陀佛」又は「倶会一処」と刻し、家名や家紋は、その根方(多くは左右花立の間の香炉)の前面に刻します。

お寺さんと石屋さんは、何代にもわたってのお付き合いがあり、余程教義と異なったことをしない限り、お互いに不愉快な思いをしたくないとの配慮から、細かいことは言わないので、長い間には少しずつズレが生じているようです。

また、依頼者も世間の流行や風潮に迎合したり、なぜかお寺さんに相談をせず、石屋さん任せにする人が多いようですが、余程のことがない限り、黙認をされているお寺さんもあるようです。

お尋ねの点については、本願寺派(西本願寺)、大谷派(東本願寺)に違いはありません。

「歳」と「才」については、「歳」が正しいのです。宗派に関係がありません。

「才」は、「才能」「天才」「文才」など、能力、資質、智恵を意味する語(文字)であり、年を意味する「歳」とは別の文字です。
「歳」の略字でもありません。
年齢に「才」を使用するのは誤用であり、公用文では認められていません。

「寿算」については、
「壽、寿」は、一文字で「ことほぐ・ことほぎ」と読み、めでたい文字であり、また、...続きを読む

Q静岡県浜松市近辺で浄土真宗のお寺教えてください。

昨年結婚し現在静岡県浜松市北部に居住しています。気が早いとは思うのですが、将来お世話になる寺院を探していますが、妻ともども親鸞さんのファンなので浄土真宗でと考えております。浜松近辺で浄土真宗のお寺をご存知でしたらご教授ください。
もし近くに浄土真宗のお寺が無いなら法然さんの浄土宗も考えておりますが(^^ゞ
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 ご実家の宗旨が浄土真宗である場合は,その菩提寺から紹介していただいた方が宜しいかと存じます。
 そうではなく,新たに浄土真宗に入信なさるのであれば,下記URLから検索できます。
 浄土真宗には,いくつも「派」があります。
 浄土真宗と冠しているのは,浄土真宗本願寺派ぐらいで,あとは真宗○○派と称しています。

参考URL:http://www.otera.co.jp/

Q浄土真宗、西本願寺の仏マナーについて

結婚後初めてのお盆で主人の実家に果物とお花を持っていきました。

送り盆後、さほど日が経たないうちに、義父の命日があり、その時にお線香とお花を持っていく予定でしたが、先日『うちは浄土真宗の西本願寺なのよ』・・と義母から聞き、その時お線香がとても短い物を使っていたのですが、今度命日に伺う時に持っていくお線香は、【ミニ寸】と言う物を購入すればよいのか、それとも通常の物を購入すればいいのか教えて頂けますでしょうか?

それとも、お線香を持って行く事自体、大丈夫なのでしょうか?

Aベストアンサー

 私は浄土真宗西本願寺安芸門徒ですが、「線香の短いものを購入して使う」というのは聞いたことがないです。
 門徒によって違うかもしれませんが、私の母はNo.1の回答者さんのように通常の線香を二つか三つに折って火をつけて寝かせた状態にします。

Q正信偈 浄土真宗と真宗

私の家は浄土真宗なので浄土真宗の正信偈のCDを買おうと
思いましたが視聴をしましたら、真宗の正信偈のCDの方が
昔聞いていたものに近い感じでした。浄土真宗と真宗の正信偈は
全然違うものですか?それとも正信偈というお経は同じで、
読んでいる方が違うので、違うように聞こえるだけですか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ごく一般的に言いまして、「真宗」というのは、「浄土真宗」のことです。
「浄土真宗」には、
本願寺派・大谷派・仏光寺派・高田派・木辺派・興正派・出雲路派・山元派・誠照寺派・三門徒派
の10派があります。
「本願寺派」が「浄土真宗本願寺派」と名乗る以外は、「真宗大谷派」「真宗仏光寺派」……というように名乗っておられるようなので、質問者さまのお宅は「本願寺派」ということなのでしょうか。

具体的にどう違うかなどは専門家ではないので分かりませんが、派によって経典の読み方(節回しなど)は微妙に違うようです。
『正信偈』という書物は一つしかありませんので、派による読み方の違いがあるだけだと思います。
派によって異本(書写しているうちに多少の写し違い)があったりするかもしれませんが、大きく変わることはないと思います(このあたりも専門家ではないので断定はできませんが)。

Q実家の父の葬儀を終えたばかりです。浄土真宗ですが宗派や地域によって色々

実家の父の葬儀を終えたばかりです。浄土真宗ですが宗派や地域によって色々決まりごとがあるようですが私自身は遠方に住んでいるのでよく分かりません。
喪主は母が務めたのですが高齢なため実質私たち夫婦が中心になり叔父たちの話を聞きながら進めましたが分からない事だらけです。

喪主がお願いする導師様以外に数人親戚の方に脇のお寺様をお願いしました。
つまり香典以外に僧侶へのお布施をご負担願った事になりとても心苦しく思っています。
お香典に対して半分ぐらいの満中陰志は告別式にお渡ししましたが、余分にこちらからお願いした僧侶や供花をしていただいた方へのお礼はどのような形ですればいいのでしょうか?
お願いした親戚は父や喪主である母の兄弟や代替わりしている場合は甥が出してくれています。
親戚だからと言ってお香典のお返しだけで良いということはないのでしょうね。
経験者の方のご意見をお聞きしたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

脇僧と呼ばれる人たちは、大体ですが一人5万ぐらい包みます≪おそらく導師が打ち合わせの時に相場を言っていると思います、家は日蓮ですが一人5万円でした≫大体脇僧が2人が主と思いますが、家によっては脇僧だけで4人呼ぶ人も居ます
香典返しですが、家の方は市町村の申し合わせで香典返しをしないために判らないのですが、供物をいただいた人には、多少の香典返しの、ましでよいと思います

Q浄土真宗の開祖は誰ですか? 天台宗、日蓮宗、禅宗のどの辺りに誕生した仏教思想ですか? 浄土真宗はどう

浄土真宗の開祖は誰ですか?


天台宗、日蓮宗、禅宗のどの辺りに誕生した仏教思想ですか?

浄土真宗はどういうことを説いていますか?

Aベストアンサー

浄土真宗:親鸞(見真大師)1173年〜1262年  平安時代後期

天台宗:806年〜  平安時代前期
日蓮宗:1253年〜  鎌倉時代
禅宗 :臨済宗 1191年〜 平安時代末期  曹洞宗 1227年〜 鎌倉時代  
    黄檗宗 1661年〜 江戸時代

師である法然(浄土宗)の教えを継承・発展させたもの。
「浄土真宗」という名称を用いるようになったのは親鸞の死後。

人が求めなくても仏が救ってくれるという考え。
「本願を信じ念仏申さば仏になる」(歎異抄)で端的に示されている。
(本願とは阿弥陀如来の四十八願)

往生は「如来の本願力」(他力)によるものであり、我々凡夫のはからい(自力)によるものではない、とする。
仏になる事は約束されているので、改めて修行する必要はない。
「阿弥陀様が救ってくれる」と信じることで往生する。
感謝として念仏を唱える。

Q四十九日法要、仏壇、中陰飾り(浄土真宗西本願寺)

義父が亡くなり、四十九日法要をする予定です。
今日、仏壇がきましたので
今は仏壇と中陰飾り(一段)があります。
はじめての事で常識がまったくわからず
色々なサイトを見ていたのですが
何が良くて何が悪いのか頭がぐちゃぐちゃになって
わからなくなってきました。
どうすれば良いのか教えて頂けますでしょうか。

(1)中陰飾りと仏壇の花は四十九日法要当日まで
色花(仏花)ではなく樒の方がいいのでしょうか。
(今は普通の色の入った仏花を供えています。)

(2)部屋の角にある仏間の横が幅70cmほどしかない
小さい床の間なので
幅60cm、高さ30cm程の中陰飾りを仏壇の横に置くと
ちょうどまともに床の間の前をさえぎる形となります。
角なので反対側にはおけません。
この小さい中陰飾りは仏壇の前においた方がいいでしょうか。
(中陰飾りに遺影もあります。)
その場合はまた、その中陰飾りの手前に経机を置くのでしょうか。
どうすればよいでしょうか。

(3)中陰飾りに今は遺影、位牌、お骨、仏花、仏飯、香炉、ろうそく立て
を置いていますが法要の時もこのままですか。
仏壇にも同じような仏具がありますので重なってしまいます。
中陰壇で何か省く物はありますか。

(4)葬儀屋さんで中陰飾りの左右に置く一対の大きな造花とちょうちんも頂いております。
これは飾っておくべきですか。中陰壇を前に置くと仏壇の左右に飾る事になりますが。
(葬儀屋さんのミスがあり少しトラブルがあったので聞けません。)

(5)法要の時、お寺様のために経机の上には本来何もおかないのですか。
線香立てや香炉などは仏壇の中に入れておく物!?

(6)法要時、りんは経机の右下に置いておく物でしょうか。

(7)順番に回す焼香セットはどこに置いておく物ですか。

(8)そんなに大きくない仏壇ですが三具足とよばれる物だけで
大丈夫でしょうか。
やはり法要は五具足用意するべきですか。

(9)当日はどんな物を仏壇にお供えすれば良いですか。
具体的に教えてください。

(7)身内兄弟の8人程の小さい法事ですが
帰りに何かお土産みたいな物は用意しておくのでしょうか。
その場合はどんな物!?

(8)仏壇の飾り方の一番わかりやすいサイトがあれば教えてください。
(図ではわかりにくいので写真の物がいいのですが。)
仏壇のサイズが大きくないのでサイトの説明の様にできず、
かといって小さすぎるサイズでもないのでよくわかりません。
なかなかわかりすいサイトが見つかりません。

長々とすみませんがわかる物があれば教えて下さい。
本当に無知ですみません。

義父が亡くなり、四十九日法要をする予定です。
今日、仏壇がきましたので
今は仏壇と中陰飾り(一段)があります。
はじめての事で常識がまったくわからず
色々なサイトを見ていたのですが
何が良くて何が悪いのか頭がぐちゃぐちゃになって
わからなくなってきました。
どうすれば良いのか教えて頂けますでしょうか。

(1)中陰飾りと仏壇の花は四十九日法要当日まで
色花(仏花)ではなく樒の方がいいのでしょうか。
(今は普通の色の入った仏花を供えています。)

(2)部屋の角にある仏間の横が幅...続きを読む

Aベストアンサー

坊さん@本願寺派(西本願寺)です。
(1)色花(仏花)で良いです。ただし、赤の花は避けます。樒は仏壇の華瓶には用いますが花瓶には用いませんし、中陰段には用いません。

(2)状況を見ないとわかりませんが、
>今日、仏壇がきました
ということは、ご本山からのご本尊は入っていますか?それにお紐ときもしていないでしょうし、入仏法要もまだでしょ。
仏壇の横に置くのは昔から仏壇がある場合の話で、入仏法要前なら仏壇との位置関係はさほど気にしなくて良いです。所属寺のご院家さんが来たときに相談して決めればよいです。
もちろん中陰段を仏壇の前においても良いですが、入仏法要のときにどかさなければになるので、仏壇が大きければ中陰段を使わないで遺骨を仏壇に安置でも良いですし、あくまで、まだ、中陰段だけのつもりでお給仕をする体制でもよいです。
経卓は仏壇とセットのものなら仏壇と一緒で、仏壇前です。

(3)中陰段は、それでよいです。しいて言えば、白木の位牌に名号が入っているか、別にご本尊が安置されていればなお良い。
ただ、多くは遺骨、遺影、白木位牌、仏花、香炉、蝋燭立てだけ、お仏飯器は中陰段セットには無いことが多い。

(4)造花は用いません。またちょうちんも用いません。捨ててよいです。

(5)法要時、仏壇前の経卓には何もおきません。線香立ては無くてよく(邪魔にならないように適当に置く程度)や香炉は仏壇の中。

(6)法要時、きんは経机の右下ですが、僧侶が自分で打ちやすいところに移動しますので、適当においておけば可。

(7)焼香用の香炉と香盒は、使うかどうかもそのときの状況ですが、使うならここにありますとご院家さん(住職または来た僧侶)に伝えればよいです。

(8)小さめの仏壇なら五具足は無理なので、三具足で良いです。良いというか仕方が無いので、物理上、普通は三具足。
大きい仏壇なら法要時は五具足、日常は三具足。

(9)当日はどんな物を仏壇にお供えすれば良いですか。
果物、米や穀物で出来た菓子類

(7)あまり気にしないでよいです。身内の参加者に用意するのなら、同じものを用意する方が多いです。あとは、施主ではなくご親族の方が郷里のものをお寺さん用に用意していることもあります(それこそ、いろいろなので特定のものではないので例示できません)。菓子類のこともあります。良く知っている檀家さんの場合にはうちの子供宛と思える洋菓子のこともありました(お子さんにと言われて)。

(8)自分のサイトを紹介すると削除対象になるので書けませんが、「浄土真宗の仏壇」で検索して、本願寺派のお寺さんが書いたサイトなら参考にして良いです。仏壇店のや各宗派のが記載されているサイトは間違っていることが多いので参考にしないでください。

坊さん@本願寺派(西本願寺)です。
(1)色花(仏花)で良いです。ただし、赤の花は避けます。樒は仏壇の華瓶には用いますが花瓶には用いませんし、中陰段には用いません。

(2)状況を見ないとわかりませんが、
>今日、仏壇がきました
ということは、ご本山からのご本尊は入っていますか?それにお紐ときもしていないでしょうし、入仏法要もまだでしょ。
仏壇の横に置くのは昔から仏壇がある場合の話で、入仏法要前なら仏壇との位置関係はさほど気にしなくて良いです。所属寺のご院家さんが来たときに相談...続きを読む

Q真言宗と浄土真宗の開祖って誰ですか? 何年のいつの時代の人ですか? 浄土宗と浄土真宗って全く違う宗派

真言宗と浄土真宗の開祖って誰ですか?

何年のいつの時代の人ですか?

浄土宗と浄土真宗って全く違う宗派ですか?

何が違うのですか?

Aベストアンサー

真言宗 :空海(弘法大師)774年〜822年  平安時代前期
浄土真宗:親鸞(見真大師)1173年〜1262年  平安時代後期

浄土宗:法然
修行による成仏は否定し、修行の価値は認めない。
成仏と往生は区別して考える。
念仏を唱えることで極楽往生する。
極楽往生の後、極楽浄土で修行し成仏すると考える。
本尊は船型光背のついた阿弥陀如来立像、右に観世音菩薩、左に勢至菩薩という弥陀三尊がお祀りの形。

浄土真宗:親鸞
師である法然の教えを継承・発展させたもの。
「浄土真宗」という名称を用いるようになったのは親鸞の死後。
人が求めなくても仏が救ってくれるという考え。
仏になる事は約束されているので、改めて修行する必要はない。
「阿弥陀様が救ってくれる」と信じることで往生する。
感謝として念仏を唱える。
僧侶は肉食妻帯が許される。
加持祈祷は行わない。
合理性を重んじ作法などが簡潔
本尊は阿弥陀如来立像のみ

Q浄土真宗西本願寺派、納骨について

去年、父親が亡くなりました。
骨壷が2つあり、
1つはお墓に納骨したのですが、
もう1つは本山(?)に納骨すると母親が言ってました。
しかし、その母親が脳梗塞で倒れ、重度の障害が残り、
現在は意志の疎通ができない状態なので、
その件についてどうして良いのかわかりません。

母親が言ってたことが正しいのかどうかもわからないのですが、
本山に納骨するというのは、
西本願寺に持っていくということでしょうか?
もしそうであれば、
納骨までの手順やどれぐらい費用がかかるのかなど、
ご存知の方がいらっしゃいましたら教えていただきたいのですが。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

本山に納骨とは,大谷本廟に納骨することです。
西本願寺や大谷本廟のホームページを参照していただければ,手順はおわかりになると思いますが,費用については存じません。
それから蛇足ながら,「浄土真宗西本願寺派」という宗派はございません。お西さんを本山とする宗派は「浄土真宗本願寺派」です。

参考URL:http://www.hongwanji.or.jp/honbyou/index.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報