「肥料のやり過ぎで地下水汚染が引き起こされている事実がある」と言う話を聞きますが、具体的な地名とか、調査結果のようなものを知るにはどうしたらいいでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

地下水汚染の概況については、

http://www.eic.or.jp/kisha/200012/69558.html
で硝酸性窒素や亜硝酸性窒素(ホウ素やフッ素も)の
国内での地下水環境基準超過状況を見ることができますが、具体的な地名までは書かれていません。
各自治体では、水質汚濁防止法で地下水の水質の汚濁の状況を常時監視することとなっており、毎年、環境庁に報告しています。自治体(県の環境部水質保全課のようなところ)に問い合わせるのが早道でしょう。ただし、自治体によって、県内の把握状況は違います。

また、硝酸性窒素や亜硝酸性窒素、ホウ素、フッ素は土壌環境基準が近い内に定められるのですが、
http://www.eic.or.jp/kisha/200012/69569.htmlを見ると何故、規制が必要なのか分かると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
話には聞いていたのですが、具体的な話は殆ど聞いた事がなかったので、
教えて頂く事が出来て助かりました。
地名はわからなくても、具体的な数字が解ったのは収穫でした。
改めてお礼を申し上げます。

お礼日時:2001/01/10 14:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q養液栽培肥料と一般肥料の組成の違いについて

トマトなど果菜類のNPKの吸収量は、K>N>Pの順で多いといれれています。おおざっぱに比率で表すとN:P:K=10:5:20くらいでしょうか。養液栽培の肥料では、おおよそ、このような比率で肥料の組成が決められていて、作物の吸収量にあわせた施肥設計になっているように見受けられます。一方で、農協やホームセンターで販売されている果菜類用の肥料はNPKの比率が同じであったり、養液栽培用の肥料とは大きくNKPの比率が異なります。栽培方法の違いはあれ、同じ作物を育てるために作られた肥料の組成に大きな違いがあるのはなぜでしょうか?

Aベストアンサー

溶液栽培の場合、肥料成分が溶け込んだ溶液が直接根に触れる事になるので、吸収率を考えての組成になっているのだと思います。

畑だと、もともとの土中の栄養分(畑によって異なる)や地域の土壌特性や肥料の効き方(緩効性・遅効性。即効性)を考えて施肥量を変化させます。
畑では「土」という大きな緩衝能力持ったものを介して水や養分のやり取りが行われているので、この能力を理解して施肥量を決定しています。 

Q化学肥料と有機肥料?

よく化学肥料はよくないと聞くのですが自分は2つの利点を生かしていくのが今の農業に必要だと思います。どうなのでしょうか?

Aベストアンサー

有機堆肥でこだわり野菜作りをしていますが、有機肥料は遅効性で化成肥料を少し混ぜたいなあと思う事が良くあります。あくまでも有機肥料が主体ですので、それぞれの肥料の長所を活かすという意味でも何ら問題はないと思います。
ただ、私の場合は有機肥料にこだわりがあり、有機肥料をさらに改善したい思いがありますので、化成肥料を肥料小屋に入れていません。入れておけば使ってしまうからです。そこでここぞという時、肥効を早めたい場合は水肥をもっぱら使っています。油粕+骨粉+魚粉+バイムフードの油粕系水肥とこれに青汁を加えた青汁系水肥です。持続性は全く期待できませんが、結構シャンとします。

Q「化成肥料」と「合成肥料」は同じものか?

synthetic fertilizer の訳語として英辞郎では「合成肥料」となっていますが、これは「化成肥料」と同じなのでしょうか?

Aベストアンサー

前回答にも書きましたが、化学合成してできる肥料(synthetic fertilizer)とは天然由来で肥料成分を持つ家畜の糞尿、植物体による堆肥に対する用語で、chemical fertilizer は化学工業が作り出す肥料を意味します。あなたが訳されている文章に前文があり、そこには天然の肥料資源が解説されており、その続きでこのsynthetic fertilizerが使われているのでしょう。

翻訳では、全体の流れを理解して日本語として変える作業が重要です。市販の翻訳ソフトが実用に耐えないのは、全体を見渡し、最善の用語が選択できないからです。実際、海外の方との交渉や講義で大変疲れるのは、思考過程に大きな違いが存在するために相互理解が大変だからです。
「化学肥料」と訳しても、おそらく違和感はないはずです。丁寧に訳すと「化学合成された肥料(化学肥料)」であれば満点でしょうが、しつこい訳になります。
このような説明で良いでしょうか?

Q【農学・海水を天然肥料にする】有料の魚エキスを天然肥料にしていたが、海水のミネラルが植物の栄養になる

【農学・海水を天然肥料にする】有料の魚エキスを天然肥料にしていたが、海水のミネラルが植物の栄養になると知りました。

海水は海に行けば汲めるのでタダで手に入ります。

で、重要なのは海水をそのまま撒くと植物は枯れるので適切な濃度に薄める必要があります。

海水を植物の肥料とするには何倍に真水で薄めると良いのか教えてください。

海水のミネラルを吸収して植物は元気に育つらしいです。

薄めすぎると効果はないし、濃すぎると枯れるので何倍の希釈が適切なのか教えてください。

Aベストアンサー

本当にそんな事やれるんですか?

わたしの営業範囲にも海洋深層水を使っていますと言う触れ込みで果樹を作っている方がいますが、海洋深層水と言っても、海水と言っても塩水ですよね。
塩水を農作物にかけたら、枯れてしまう気がしますが、薄めた程度で大丈夫なんでしょうか?
バリューアップの為に「海洋深層水使用」と言うなら、ペットボトル2Lの海洋深層水を1000Lのタンクに混ぜて畑にかけても海水使用畑、になりますよね。
それって消費者を馬鹿にしていませんか?
果樹の場合、毎年の作業になりますので、いくら薄めても塩害は出るのではないでしょうか。
野菜の場合、何処で出るか判りませんが、塩害、出ますよね。
その前に土を検査してもらえば、塩分過多で作付け不適格になりませんか?
軽量鉄骨でのハウスを作っている人は、毎年土壌検査をしますが、一番の心配は塩害だそうで、塩害が出たら、屋根を取って雨を当てて一年間塩抜きをしないといけないそうで、みんなピリピリしています。

海の近くは台風なんか来ると、海水が巻き上げられて数百メートル離れた畑にかかると、葉が焼けて全滅とも聞いていますので、かなりシビアに研究して下さい。
私の頭では判りませんが、良い研究結果を祈ります。

本当にそんな事やれるんですか?

わたしの営業範囲にも海洋深層水を使っていますと言う触れ込みで果樹を作っている方がいますが、海洋深層水と言っても、海水と言っても塩水ですよね。
塩水を農作物にかけたら、枯れてしまう気がしますが、薄めた程度で大丈夫なんでしょうか?
バリューアップの為に「海洋深層水使用」と言うなら、ペットボトル2Lの海洋深層水を1000Lのタンクに混ぜて畑にかけても海水使用畑、になりますよね。
それって消費者を馬鹿にしていませんか?
果樹の場合、毎年の作業になりますの...続きを読む

Q放射能入り肥料の安全性

http://www.geocities.co.jp/wallstreet/1795/datugenpatu/sesiumu_kaihiryou.htm
http://homepage2.nifty.com/hayashi-tekkoh/nounyuf.html
http://www.chuden.co.jp/energy/hamaoka/hama_kankyo/haikibutsu/index.html

セシウム入りの肥料が肥料取締法に抵触しないということで現在でも日本のどこかで使用され続けているようですが、人体への影響はないのでしょうか?
またこの肥料が使用されている農作物を購入することを回避する方法はないものでしょうか?

気づかないうちに自分や子供たちに放射能を摂取させていたことに気づき、泣きそうな気分です。

Aベストアンサー

「放射性物質セシウム137が検出された」とあるが、具体的にどの程度の数値なのかさっぱりわからん。

とりあえず、目に見えるような影響はない。ということ。

とりあえず、検出された数値が不明だが少なくとも土壌全体が汚染されている訳でない。
広い土壌に散布される事で、単位面積(体積)あたりの肥料の量はごく少量
その肥料からセシウムが作物に転移する比率は、高い作物でも1割、低い作物では数パーセントである。

収穫された作物は流通の過程で複数の農地からの作物と混じり拡散する。

つまり購入を避ける方法はないけど、万一購入して食べたとしても影響を受けるレベルに達することはあり得ない。

そんなレベルに一喜一憂するよりも、残留農薬とかそっちの方が現実的な影響度合いが高い。

食品以外に目を向ければ、タバコ、化学薬品、排気ガスなどか?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報