ディーゼル車がガス欠になると給油をしても
なかなかエンジンがかからないと聞いたことが
あります。
本当でしょうか?
また、本当ならばどうすれば
エンジンをかけることが出来ますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

ジーゼル車がガス欠になると、配管に空気が入り、給油しても軽油が噴射されず、エンジンがかかりません、エンジンルームにある専用の空気抜

きレバーを手で操作して空気を抜きます
    • good
    • 29

ディーゼルエンジンではシリンダー内で圧縮された空気の中に高圧で燃料を噴射して点火しています。

そのために噴射ポンプという高圧ポンプを用いますが、このポンプはアクセルと連動していて燃料の計量と高圧で圧送するという二つの役割があります。基本的にディーゼルエンジンの出力調整は燃料の噴射量で制御されます。したがってディーゼルエンジンにはスロットルバルブ(吸入空気の量を加減するバルブ)がないものもあります。高い圧力で燃料を送らなければならないポンプや、その配管内部に空気が入ってしまうと、空気が圧縮されて縮むだけで肝心な燃料が噴射されなくなって、エンジンが掛からないといった状態になるわけです。そこで、ディーゼルエンジンを使用する車には殆ど例外なくハンドフィードポンプという手動のポンプが取り付けられており、これを動作させることによりポンプ内や、配管内部に燃料を送り込むことにより、空気を抜くことができます。ハンドフィードポンプで送られた燃料はまず噴射ポンプに入りデリバリーパイプ(各シリンダーに燃料を送るパイプ)をとおり、噴射ズルノに行き、フューエルリターンパイプをとおりタンクに戻りまので、この操作をすることによって、空気を抜くことができます。

ちなみに小型の乗用車やRVでは燃料フィルター上部の丸いノブを押して操作します。ノブを押していると次第に手ごたえが(重くなってくる)出てきますので、その後数回動作させればOKです。大型車などの列型ポンプを使用しているものでは、噴射ポンプ自体に取り付けられており、普段はノブがねじ込んであるのでそれを緩め、同様に動作させます。最近の乗用車やRVなどでは特にこの操作をしなくても長めにセルモーターを動作させれば噴射ポンプ内のフィードポンプ(手動ではなく自動の)の動作で掛かる場合が殆どです。ただ、セオリーにそっての処置であればそのような場合でもハンドフィードポンプを使用するのが本来の方法です。
    • good
    • 7

ディーゼルエンジンのなかでも、かかるものとかからないものとがありますので、かからないものの説明をします(^^


なぜかからなくなるかと言うと、燃料タンクがカラになることにより燃料タンクからインジェクションポンプまでの間の燃料パイプのライン内にエアーが吸いこまれてしまい、燃料をタンクに満タンに入れてもそのエアーが残留してしまうからです。
構造上、セルを延々と回しつづけていればそのうちかかることもあるかもしれませんが、そんなことをしていては、バッテリーがもたないし、もしかかったとしてもバッテリーの寿命を縮めることにもなりかねませんのでセルをまわす前にまず、エア抜きをします。
その方法は、インジェクションポンプの付近にフューエルフィードポンプという円筒形の手動ポンプがありますので、それの上部にある円盤状のハンドルを緩めます。
緩めると、スプリングの力でハンドルが3~4センチほど上がってきますので、そのハンドルを上下にUP、DOWNさせるとタンク側から燃料が吸いこまれてきます。
自転車の空気入れのような構造ですね。
そしてその動作を続けながら、フューエルフィルターのケースの上部にあるエア抜き用のボルトを緩めるとそこから燃料まじりのエアーが出てきますので、エアーが抜けて完全に燃料だけが吹きだすようになるまで続けます。
その際、溢れ出した燃料が熱くなったエンジンにかかると引火などの恐れがあり大変キケンなのでなにか受け皿のようなもので受けるようにします。
そして、ポンプで燃料を送り続けながらエア抜きのボルトをしっかり締め、ポンプのハンドルを元通りにもどして終了です。
また、そこまでやってもかからない場合もあってその時にはポンプで燃料を送りつつセルをまわすと大抵かかります。
ただこの場合もセルをまわしながらエンジンルーム内に手を突っ込んだ状態になりますので、回転部分に巻き込まれたりする危険があり、あまりおすすめできません。
また作業中、誰かが間違ってセルをまわしてしまうこともありえますので、キーは必ず抜いておこないます。
と、このように作業事態は単純ですが車種によっては結構危険をともなう場合がありますので、もし、この作業をやる必要がある事態(というほど大げさなものではないけれど・・・)になったら、このことは知識だけにとどめ、なるべく修理工場やスタンドなどから出張してもらうことをおすすめします。
ちょっと長くなった上に文章があまり得意じゃないので、解かりにくいかもしれませんが、こんなもんでどうでしょう?(^^
    • good
    • 9

ディーゼル車には、燃料噴射ポンプなるものがあり


エンジンの大きさや、型式によって変わってきますが
普通乗用車についているもので、あれば
大抵は、セルでエンジン始動できます。
完全にエアーが、かんでいれば無理かも・・・
大型のエンジンに多い、ポンプの形式では
始動が困難なので、エア抜きするようです。
    • good
    • 2

本当です。

実は、ガソリン車とディーゼル車ではエンジンへの燃料の供給方法の違いがあります。その関係から、ガス欠になると空気が入ってしまい(タンクが空になるので)、再給油してもその空気を抜かないと動かないということなんです。
では、ガス欠になってしまったら、ということですが、その場合、ガソリンスタンドで「ガス抜き」をしてもらえば大丈夫です。
    • good
    • 1

1990年頃までの乗用車やトラックはガス欠になると燃料の中にエアーが入りデコンプによってエア抜きをしないとエンジンがかかりませんでした。


エンジンルームの中の燃料系統を順に追っていきますとポンプのような物に出会います、それの下側のボルトをゆるめ、ポンプをシュコシュコ押しているうちに燃料が出てきますので、その後ボルトを締めてエンジンを回します。
しかし、最近の車はセルを回すとともにエア抜きをしてくれるように構造上なってきています。初期の頃は30秒ほどかかったと聞きますが、今は多少普段より何秒かセルを回す時間が長いということで、昔と違って問題になるような物ではないようです。
    • good
    • 3

私もガス欠したことが有りますがそのような


現象は有りませんでした。昔の車は
エア―を吸い込んでかかりにくいと聞いた
ことが有ります。
    • good
    • 2

以前のディーゼル車はガス欠すると、給油後エンジンルームを覗いて、デコンプというのをポンピング(シュコシュコ押す)しないと始動できませんでした。

見ればすぐ解る所に目立ってついてましたので見つけられない事はありませんでした。
最近の車はそういう作業は必要無くなってるって聞いてます。
なるほど、見てみるとそういう部品がみあたりませんです。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qジーゼルエンジンのガス欠時のエアー抜きの方法

車では無くトラクターなんですが、同じ様に出来ればと....。
中古で購入したので、マニアルが無くて困っています。宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

基本的には次のような手順になりますが、機種により操作部分がついている場所がさまざまなので参考になるかどうか・・・

1)燃料タンクに正規の燃料を補給します。

2)ハンドフィードポンプの位置を確認します。通常は燃料フィルター上部または燃料噴射ポンプ部にあります。噴射ポンプ部にある場合は樹脂製のカバーを被っているものがあります。

3)ハンドフィードポンプが燃料噴射ポンプ部にある場合は噴射ポンプから噴射ノズルにつながったパイプをノズル側で少し緩め、ハンドフィードポンプを気泡が出なくなるまで動作させた後にパイプを元のように締め付けます。もし、配管部にブリーダーボルトがある場合はそちらを緩めてエアの排出を行ってください。ブリーダーボルトのありかが不明な時は先の方法でOKです。

4)燃料フィルター部にハンドフィードポンプがある場合は、燃料フィルター取り付け部にあるブリーダーボルトを緩め、気泡が出なくなるまでハンドフィードポンプを動作させてから、ブリーダーボルトを元通り締め付けます。その後、十分な手ごたえが出るまでハンドフィードポンプを動作させて終了です。

5)いずれの場合もブリーダーや周辺にこぼれた燃料を綺麗に拭き取るか洗浄して作業終了です。

エンジン始動操作をしてエンジンを始動します。この際スターターに負担を掛けないように気を付け、始動が困難な場合は再度エア抜きの操作を繰り返してください。

事のついでにセジメンターの水抜作業も行ってしまうのが良いでしょう。セジメンターとは油水分離機のことで通常は燃料フィルターと兼用になっています。燃料フィルターの下部にドレーンコック(ボルト)があるので、緩めて水が出ないことを確認します。もし、水が出てくるようであれば全量排出します。この操作はエア抜き作業の前にやっておくことが重要です。

基本的には次のような手順になりますが、機種により操作部分がついている場所がさまざまなので参考になるかどうか・・・

1)燃料タンクに正規の燃料を補給します。

2)ハンドフィードポンプの位置を確認します。通常は燃料フィルター上部または燃料噴射ポンプ部にあります。噴射ポンプ部にある場合は樹脂製のカバーを被っているものがあります。

3)ハンドフィードポンプが燃料噴射ポンプ部にある場合は噴射ポンプから噴射ノズルにつながったパイプをノズル側で少し緩め、ハンドフィードポンプを気泡...続きを読む

Qジーゼルエンジンのエア抜きについて

ジーゼルエンジンは燃料にエアが混入した場合
プライミングポンプでエア抜きを行いますが
ガソリンエンジンやキャブ車はエア抜きの必要が無いのに
なぜジーゼルはエア抜きをしないとエンジンがかからないのでしょうか?

Aベストアンサー

 ガソリンエンジンでも一部のエンジンはエア抜きしないといけません
 ジーゼルエンジンはエンジン内に超高圧を掛けて内部に噴射します
 これが凄い気圧になります100気圧もの
 従って、この気圧に上げるのにエアがあるとエンジン内に燃料が噴射ができません
 したがってエア抜きをしないといけないのですね
 
 一部のガソリンエンジンとは直噴エンジンです、これもエンジン内に超高圧を掛けて内部に噴射します
 これもホンダで100気圧、トヨタ、日産、三菱では200気圧もの圧力を掛けて噴射してます

Qディーゼル車の燃料噴射ポンプのオーバーホール

 日産のディーゼル乗用車に乗っています。長年、ディーゼル車ばかり乗ってきましたが、こんな不調は初めてです。アイドリング回転数が安定せず、大きく波を打ちます。とりあえず通常走行はできます。

 それで、噴射ポンプのオーバーホールをしてくれる業者を捜しています。関西圏でご存じのところがあれば、名前だけでも教えていただけないでしょうか。お願いします。

Aベストアンサー

年式はいつ頃のものでしょうか?最近はディーゼルでも電子制御化されているものが多く、アイドル回転数などもこの範疇に入ります。もし電子制御化されたディーゼルエンジンを搭載している車種であれば、噴射ポンプそのものよりも制御系統に問題がある可能性が大きいと思われます。電子制御化されたディーゼルエンジンであれば制御用のコンピューターに自己診断機能が内蔵されているため、ディーラーなどでダイアグノーシスコードの読み出しを行うことで不良個所の特定ができる可能性がかなり高いので、ダイアグノーシスチェックを受けてみることをお勧めします。

アイドリングが大きく波打つような症状は列型(大型車やかなり古い車に使用されているタイプのポンプでシリンダーの数だけポンプのプランジャーがあるタイプ)の噴射ポンプを使用している場合は各プランジャーごとの噴射量の不均一によって引き起こされる場合が多く見受けられましたが、現在主流のボッシュ式(プランジャーは1本だけでフューエルディストリビューターという部分で各シリンダーに燃料を割り振る形式)ではあまり起こらない症状です。

できれば車種、年式など詳細をお知らせくだされば、もう少し具体的な対応策をお知らせできるかもしれません。

年式はいつ頃のものでしょうか?最近はディーゼルでも電子制御化されているものが多く、アイドル回転数などもこの範疇に入ります。もし電子制御化されたディーゼルエンジンを搭載している車種であれば、噴射ポンプそのものよりも制御系統に問題がある可能性が大きいと思われます。電子制御化されたディーゼルエンジンであれば制御用のコンピューターに自己診断機能が内蔵されているため、ディーラーなどでダイアグノーシスコードの読み出しを行うことで不良個所の特定ができる可能性がかなり高いので、ダイアグノ...続きを読む

Qディーゼル車 燃料フィルタ交換後のエア抜き

ニッサンテラノRR50(QD32エンジン)です。
先日燃料フィルタを初めて交換。
手動のポンプを押して何とかエンジンかかったが、
いまいちアイドリング安定しないし、
朝一発目はポンプ押さないとエンジンかからない・・・
(一回かかれば5、6時間後でも一発始動なんだが)

調べて「エア抜きプラグ」ってやつをはじめて知った。
今更お恥ずかしい・・

で、このエア抜きプラグってどこにあるんでしょう?
それとも朝一かからないのは他に原因があるんでしょうか?

フューエルフィルター交換に関わるトラブルと対処。
詳しい方がいらしたらどうぞ教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。
「エア抜きプラグ」は手動ポンプ付近のフィルターボディーに付いています。多分、8mmか10mmのスパナで緩めることができるボルト状のものが真横向きか斜め上方向きかであるはずです。(写真を捜したのですが無くてすみません)
朝一番、エンジン始動前に、このプラグを半回転~1回転くらい緩め、手動ポンプを押します。プラグからは燃料と共に泡が出るはずです。初めは軽いポンプが徐々に重くなります。ポンプが重くなって泡が出なくなったところを見計らってポンプを押し込んだ位置のときにプラグを締め付けします。フィルターのエア抜きはこれで完了となります。

ただ、毎朝ポンプを押さないと始動出来ないのなら、タンク~フィルター間でのエアの吸い込みも考えられます。フィルター交換時、Oリングに何等かの潤滑剤(燃料でもいいです)を塗って締め付けしましたか?また、締め付け力は十分でしたか?
その辺がちょっと心配です。エア抜き実施後も毎朝、朝一にポンプの押し込みが軽くエンジンが始動しないようでしたら、一度整備屋さんにみてもらったほうが良いでしょう。

Q古いディーゼル四駆のガス欠後のエア抜き

お世話になります。
30年前のランクル40にのっていますが、ガス欠してしまいエア抜きなる作業が必要だといわれました。。。

シュコシュコするところは見つけましたが、何処のナットを緩めてエアを抜けばよいのか分からず困っています。
 
誰か助けてください、よろしくお願いします!!

Aベストアンサー

VE(分配型)ポンプではなくて図の列型で良いのですね。
プライミングポンプは軽くても良いです。上下して燃料が送られれば構いません。更に上下するとエアーが抜けて少し硬くなると思います。十分に燃料が出るようになったらプライミングポンプをねじ込んで閉めてからエア抜きプラグ(ボルト)を閉めて下さい。走行中にプライミングポンプが緩むとエンストしますので確り閉めて下さい。(工具は使わないで手で閉める。)

Qディーゼル車にガソリンを入れたらどうなりますか?

ディーゼル車にガソリンを入れたらどうなりますか?

Aベストアンサー

ガソリンと軽油は燃料の特性が異なります。
他の人が言及している、潤滑性。燃料ポンプや燃料弁への潤滑がガソリンの場合は粘性が低く、期待できません→故障の原因になります。

もう一点、根本的な問題があります。ガソリンエンジンはプラグのスパークという火種があって着火します。気温がマイナスの環境でもエンジンの始動ができるように燃料の引火点が-30~-40度くらいです。
ガソリンが火種がない状態で自然着火する発火点は意外にも500度の高温です。→ガソリンはプラグのないディーゼルエンジンの燃料にはなりません。
一方、軽油はガソリンと反対の特性があって、引火点は40度程度・・・という事は、ガソリン車に軽油を入れた場合は寒冷地ではもちろん、本州でも起動不能でしょう(他の回答者様が動いていたという例はガソリンと軽油が混合した状態だと思われます)
気温程度の温度の軽油にマッチの火を突っ込んでも、着火せず消えてしまうのです。(ガソリンでそんな事をすると爆発に近い燃焼となります)

回答としては、起動不能・・という事になります

参考URL:http://www.isuzu.co.jp/semi/diesel_1/merit/05.html

ガソリンと軽油は燃料の特性が異なります。
他の人が言及している、潤滑性。燃料ポンプや燃料弁への潤滑がガソリンの場合は粘性が低く、期待できません→故障の原因になります。

もう一点、根本的な問題があります。ガソリンエンジンはプラグのスパークという火種があって着火します。気温がマイナスの環境でもエンジンの始動ができるように燃料の引火点が-30~-40度くらいです。
ガソリンが火種がない状態で自然着火する発火点は意外にも500度の高温です。→ガソリンはプラグのないディーゼルエンジンの...続きを読む

Qエンジンの焼きつきってどんな症状で気がつくんでしょうか?また自分で直せ

エンジンの焼きつきってどんな症状で気がつくんでしょうか?また自分で直せないものなのでしょうか?

エンジンが焼きついたまま走るとどのようになるのでしょうか?またそのためにエンジンが焼きついた時の症状を教えてください。

また私には無理でしょうが、バイク屋に修理を頼まなくても自分で修理できるものなんでしょうか?
できるのであれば方法が載っているサイト等も教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

焼き付きも症状が軽い場合抱きつきと表現する場合も有り、この場合エンジンが冷えれば取りあえず始動することが多いです、しかし、どのみちきちんと修理しないとエンジンは正常に無いために完全に焼き付く等の可能性が高く成ります。

又激しい焼き付きの症状であれば走行中でもエンジンがロックしてMTのバイクであれば転倒することも有ります、当然焼き付きをおこした状態ではクランキングも出来ません。

どちらの場合でもエンジンに寄りますがここで質問しているレベルだと修理は無理だと思います、まず原因を特定しないと修理しても短期間で再発するでしょうし、2ストなどクランクまでダメージが有ることも・・・

又4ストでも同じで時には修理よりもエンジン載せ替えを洗濯する方が安くなることも有ります(カブのエンジンで知人の場合そうなりました)なお、バイクのエンジンから車のエンジンまで色々と修理経験は私も有りますがオーバーヒートや焼き付きは非常に高価な修理に成ることも有ります(時にはヘッドの交換まで)この辺りまで来ると付け焼き刃で修理なんてしない方が良いと思います(返って高く付くかも)

もし質問者が勉強だと思い実施されるならそのエンジンに寄っては色々と特殊工具なども必要になりますからきちんとした工具からそろえることになり、それだけで修理費用を上回る可能性も有ります(エンジンにも寄りますが)カブなどの単気筒ならともかく4気筒などは敷居が高いですよ(私も今では他の仕事をしているため触りたくないくらい)

なお、現在は自分の大型バイクの修理は(外車)していますが今までそろえた工具では駄目なことも有り時には工具探しからすることも有ります(今のところ大きいトラブルはないけど)簡単に書きましたが焼き付きといってもその原因も複数、トラブルの箇所も見ないと全ては特定しきれませんから少しづつ簡単な事から勉強した方が良いです。

焼き付きも症状が軽い場合抱きつきと表現する場合も有り、この場合エンジンが冷えれば取りあえず始動することが多いです、しかし、どのみちきちんと修理しないとエンジンは正常に無いために完全に焼き付く等の可能性が高く成ります。

又激しい焼き付きの症状であれば走行中でもエンジンがロックしてMTのバイクであれば転倒することも有ります、当然焼き付きをおこした状態ではクランキングも出来ません。

どちらの場合でもエンジンに寄りますがここで質問しているレベルだと修理は無理だと思います、まず原因...続きを読む

Qディーゼルエンジンの始動について

こんにちは。
今ディーゼルエンジンの掛かりが悪くて困っています。マツダのボンゴフレンディーです。
症状は朝や長い時間エンジンを掛けずにいてセルを回すと中々エンジンが掛かりません。
アクセルを踏んで5回くらいキーを回さなければかかりません。
バッテリーが弱っているようにもないしセルは去年リビルト品と交換しました。
エンジンが掛かるとマフラーから物凄い白煙が出ます。
その後は別に何も問題なく白煙も出ず普通に動きます。
ディーゼルは燃料系のホースなどが早く劣化すると聞いた事があるのですがそこら辺が原因でしょうか?
わかる方がいらっしゃれば教えていただきたいです。
お願いします。

Aベストアンサー

始動不良と聞くと、一番にグロー・プラグと言われますが、経験ではエンジンオイルの交換で随分、改善されました。新品オイルの密閉作用が、圧縮を上げてくれた為、着火し易くなるだけなんですが・・・貴方のフレンディも圧縮不足が原因で着火不良ではないでしょうか?
(白煙の「臭いが」知りたいですが、軽油くさいのかな??)

簡単なテストとして、マフラーにきつく詰め物(ウエスでも詰めて)をして「圧縮逃げ」を防いでセルを回して診て下さい。「初爆」が早くなるようでしたら、もうシリンダー磨耗が進んでいるか、その他の原因も合わせて圧縮不足ですね! 

今日、20日ぶりにタイタン(18万km走行)を使いましたが、キーを挿して直ぐクランキング!1回転で目覚めました、グローなんて効いている間も無い訳ですから、ディーゼルエンジンは圧縮が良好でありさえすれば、気温0度位まであっさりと掛かるはずですよ。(確か、直噴じゃ無いはず?)
グローは余程、外気が低い時にしか始動自体には、関係して無いみたいです。(昔はよく焼いてから、なんてやってましたが)
着火後の安定の為に十数秒間、発熱してる感じです。

エンジン不調の原因には他にもFポンプの不良とか有りますが、掛かってしまえばOKと言う事なので、考え難いですね。Fフィルターの詰まりは、高回転(出力不足)に影響が出るだけで、水が溜まっていないか位かですョ?
 

始動不良と聞くと、一番にグロー・プラグと言われますが、経験ではエンジンオイルの交換で随分、改善されました。新品オイルの密閉作用が、圧縮を上げてくれた為、着火し易くなるだけなんですが・・・貴方のフレンディも圧縮不足が原因で着火不良ではないでしょうか?
(白煙の「臭いが」知りたいですが、軽油くさいのかな??)

簡単なテストとして、マフラーにきつく詰め物(ウエスでも詰めて)をして「圧縮逃げ」を防いでセルを回して診て下さい。「初爆」が早くなるようでしたら、もうシリンダー磨耗が進...続きを読む

Qディーゼル車のエンジンのかけかた

会社でディーゼル車をつかっているんですが、普通にエンジンをつけたら怒られてしまいました。
上司が言うには「ランプの黄色いバネみたいのが消えてからエンジンをつけろ」といわれました。
たぶん住んでるのは北海道で寒いのでエンジンを温かくしろといってるとおもうんですが
普通にかけたらダメらしくどうしたらいいかわかりません。

話しを聞いてもわからず困っています。
ディーゼル車は普通にエンジンかけちゃだめなんですか?
またかけかたをおしえてください。

Aベストアンサー

まず、キーを回してONの位置で止める。
すると、黄色いバネみたいなやつが点灯する。
(予熱表示灯、スピートメーターの周りかどこかにある)
その黄色いバネが消えたのを確認してキーをSTARTまで回す。

こんなことはないと思いますが、
キーを反対(手前)に回す。
バネそのものが赤くなる。
そしたら普通にエンジンをかける。

やっぱり最初のやつでお願いします。

Qディーゼルの黒煙、なぜ出るの?また防止策は?

ディーゼルエンジンの車に乗っています。

走行距離は12万キロになろうかと言う所ですが、メンテナンス(オイル交換・フィルター交換)は一度たりとも怠った事はありません。

しかし最近黒煙がひどくなってきました。昔は急加速した時だけだったのですが、最近はちょっと加速しただけでも出ます。後ろから付いてきた知人の車から『クサイ』と苦情が来るぐらいです。

何故、ディーゼルは黒煙が出るのでしょうか?どういった仕組みで出るのでしょうか?

また出なくするにはどうすればいいでしょうか?

Aベストアンサー

基本的にはノズルまたはポンプの経年劣化ということになると思います。

ディーゼルエンジンは前の方々が書かれているように、引火温度以上に熱せられた空気中に軽油を噴き込むことによって、自己着火により燃焼します。
このとき、軽油の粒径が大きいと、粒の中心まで燃えきる前に周囲の酸素が無くなってしまい、蒸し焼きの状態になってしまいます。これが黒煙の原因となるすすです。
十分な酸素がある状態で、粒径の小さい噴霧を形成できれば黒煙は発生しませんが、旧来のメカ制御のポンプでは、アクセルを踏み込んだときに、酸素量に比べ過剰な噴射量が発生することがありますし、ノズルの経年劣化による磨耗が原因で、噴霧の粒径が大きくなっているのかもしれません。

おまけ
コモンレールは高圧燃料を一時的にためておく蓄圧室のことで、燃焼室とは関係ありません。コモンレールを採用したエンジンは直接噴射式の燃焼室を持っています。
噴射圧力を上げると噴霧の径が小さくなるので、黒煙が出にくくなります(日デはユニットインジェクタにより、コモンレール以上の高圧噴射を実現しています)。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング