新生活を充実させるための「こだわり」を取材!!

こんにちは。
お世話になります。

試合中よく見かける光景ですが・・
ピッチャーマウンドに野手が集まり、激励、作戦指示等
の場面があります。野手だけの時もあればコーチがマウンド
に駆け寄るシーンなど・・・一試合に最低一度はある光景です。

その時に必ず審判もマウンド近くに寄り監視(?)のような
ことをしています。主に二塁審判が多いようです。

いったいなぜ近寄り監視(?)のような事をするのでしょう?

監視ならば不正行為を見張る事だと思われますが、その場合
は何が考えられるのでしょう?
ボールを交換したり傷を付ける事への監視ならば、野手が集まる
度にボール交換すれば済むはずです。
一試合に幾度もボール交換は行われていますし・・・

それとも時間測定?

いったいなぜ審判が近寄るのかおわかりの方、教えて頂けると
幸いです。

教えて!goo グレード

A 回答 (2件)

こんばんは。


主に、遅延行為の監視だと思います。
その試合に関係ない話をしたり、だらだら
長話をして、試合が長引かないように
監視したり、注意したりするためです。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

こんにちは。
回答ありがとうございます。

なるほど・・遅延行為の監視ですか・・・
納得致しました。

お礼日時:2002/05/07 13:00

キャッチャーがマウンドに行く際は主審が近寄ることもあります。


主に進行の促進をはかるためで、無駄な会話をさせない為です。
昔は高校野球でもピンチのたびに伝令が出ていましたが、現在では回数制限もあるようです。
私はピッチャーの交代もせいぜい1イニング1回位にして欲しいなと思います。あれは見ている方が非常にだれます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

こんにちは。
回答ありがとうございます。

遅延行為の監視なのですね。納得しました。

>私はピッチャーの交代もせいぜい1イニング1回位にして欲しいなと思います。
>あれは見ている 方が非常にだれます。

確かにそうですね。
長嶋監督はすぐ代えてましたね。

お礼日時:2002/05/07 13:03

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

教えて!goo グレード

人気Q&Aランキング