【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

海外での薬物の取り締まりなどはどうなっているのでしょうか?
アメリカなどで、有名人の人が堂々と麻薬をやっているなどと公言していますが
これは日本では考えられない事ですよね?
どうしてこのようなことができるのか不思議でたまりません。考え方の違いだけなのでしょうか?

また、薬物が違法にならない国などはありますか?
詳しくわかる方、是非教えて下さい。(法律のことはよくわからないのでそんなに難しくない程度にお願いします)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

対策 禁煙」に関するQ&A: ダイオキシン対策? 居酒屋も全面禁煙に

A 回答 (4件)

>海外での薬物の取り締まりなどはどうなっているのでしょうか?



アメリカの例が質問文にあるので、アメリカを例に説明します。
例えば「マリファナ」(大麻)は、州によって「合法」と「非合法」の州に分かれてます。

日本は「マリファナ」は麻薬取締の対象指定を受けてるので、当然有罪ですが、「アメリカの合法州」では『私は酒を飲みます。』と同様に『マリファナ』をやります。で問題無しです。
何故こういう状況になるか?は、各国の『嗜好物の有害性&中毒性=麻薬指定するか?』の専門家の見解の相違のみです。
アメリカでは「タバコ」は厳しくその「有害性」を規制しており、日本でも最近CMの放映時間の制限などがはじまりましたが、「タバコ」と「マリファナ」を入替えれば質問の回答にはならないでしょうか?

もっと言えば「タバコ喫煙者は日本中にいるので、大体<どんな物か>非喫煙者を含めおよその理解はされてると思います。それが文化的な経緯で「合法的」扱いのみならず「日本専売公社」(現JT)と国有化し、(民間人がタバコを育生は即違法)。有害性の指摘が進み「禁煙権」なる言葉が普及してますが、「いまだに『タバコ税』を徴収」して、よく国会で歳入不足対策に『タバコ税増税』の安直案が議題になります。
たまたま『あなたが疑問に思う薬物・麻薬が日本での薬物(=麻薬)取締の法律対象になってない』だけでしょう。
これが、『禁酒』国なら、毎晩アルコール摂取の家族がいる状況は『どうして堂々と表明してるの?』と疑問を抱くでしょう。
アメリカだって、禁酒法時代がありました。現在の日本でも「自家製アルコール製造」は国税庁の取り締まり対象です。アルコール摂取自体が、イスラム教国家では『厳密に違法な嗜好物質』ですし、これらは「歴史・政治・宗教の経緯&理由」で各国の文化の違いとそれに根ざす「法律=民間の常識観から」対応がバラバラだという事。

以上ですが、タバコは依存性の程度では「日本の麻薬取締対象」と同等、もしくはそれ以上の依存性があります。世界のどこかで現在も『ジャパンとは、タバコを平然と吸ってるとんでもない国だ!』と怒りや疑問を感じてる『別の文化&法律の国』があるでしょう。

P.S.麻薬のみならず「酒」「タバコ」も良い事はたいして無い。それ以上の違法物質は明らかに脳・神経を破壊する事。その記録フィルムなどでもっと国は有害性を強調しないとダメだ。(魔法のキノコを食べ?警察に駆け込んだ「伊藤英○」。後に「食中毒で」と事務所コメントありもアホラシ。)
自然中には、麻薬性の物質は無数にあります。(脳内麻薬って言葉聞くでしょう?)確実に「死」が明白で時間の問題の患者の「鎮痛剤」と処方される代表が『モルフィン』系です。某俳優は「死」を目前に控え、なおかつ「鎮痛剤」で痛み苦しみにもがいてる患者の現状とか知らない「子供」でしょう。「ただ、年齢が成年でもアタマは小学生以下。」「好奇心で済む問題では無い事を知らなかった」で済まないのが、日本です。(そんなにキノコでトリップしたいなら、合法かつ安く即効効果抜群のキノコを教えてやるのに。ただし、片道切符のトリップでよければ。1人減少で人口問題解決の一助と協力します)

質問者へ。豆腐を潰すと元に戻らないでしょう?薬物(麻薬)はあなたの脳(豆腐)を壊す過程で「トリップ」とか馬鹿な希望効果が出るだけです、潰れるまでの短時間の上映時間決まってる映画のように。有料前払いで上映後の「死」を覚悟してまで映画を観ますか?そう、しかも上映中に「止める事」禁止の完全入替制の映画館です。
    • good
    • 0

 現在では罰則は次の様になっています。


1.アヘンを吸った場合は懲役7年以下。
2.覚せい剤を使用したものは7年以下の懲役。
3.大麻(マリファナ)を使用したものは5年以下の懲役。
となっています。しかし、これらの罪はこの50年ぐらい前に決められたものです。それ以前は1,は懲役1年以下、その原料であるけしは観賞用の花として、一般家庭でも栽培されていました。また、けしの実は香味があるため、あんパンの真中につけられていました。2,は疲労回復の即効薬として、新聞に広告が出ていましたし、芸能人の間には盛んに用いられていました。中毒者の殺人事件が頻発したため、禁止されました。3.は、戦後アメリカ軍が日本を占領しているとき、大麻が自生しているのをみて、禁止していた米軍に広まるのを防止するために、規制しました。つまり、あへん以外は禁止されていませんでした。禁止されていないとしたら、昔の日本の様に好んで、これらに手を出す人が少ないのでしょう。しかし、吸う人がいなくても、違法にならないとしたら、不良外国人が集まることになりますのでこのために規制することも考えられます。
    • good
    • 0

マレーシアのように国籍を問わず一定量以上の麻薬を所持していると無条件で死刑(刑の執行は非常に速やかに行なわれます)というところもあります。


中国でも時折見せしめの公開処刑を行なっていますネ(こちらはマレーシアのように徹底していませんが)。
東南アジアの多くの国では大麻は野菜として八百屋さんで売られており,一般の方がスープの具として食べています。
トルコの場合,マリファナは構わないけれども,ハシシは所持しているだけで終身刑になってしまう場合もあるといった取締りですネ。
ヨーロッパでもベルギーなど一部の国ではマリファナは合法的に喫茶店などで売られています。
基本的にマリファナについては規制の甘い国が多く,その他の麻薬や覚醒剤については,どの国でも禁止されているということになります。
一応一般人としておきます。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

海外の有名人が堂々と麻薬をやっているなどと公言しているというのが
気になるのですが、これは法律の違いからなどでしょうか?

回答有難うございます。

お礼日時:2002/05/11 23:11

>>薬物が違法にならない国などはありますか・・・


ヨーロッパの某国などは有名です。
名前は伏せますが。日本では間違いなく懲役2年執行猶予3年級のものが
所持、使用が可能です。・・・これ以上は伏せます。 あしからず。

日本でも有名で環境と気候がとても良いと云われている某国もそうです。
・・・同様に伏せます。 すみません。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そういう国もあるんですね。
回答どうもありがとうございます。

お礼日時:2002/05/11 22:30

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング