今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

趣味でキックボクシングをしています。
出たことはありませんがアマチュアで試合ができるレベルです。
どうせならプロの資格をとろうか検討中です。

プロになりたい理由は自慢したいだけで、実際プロのリングには上がらないと思います。
健康上危険なものなので。
女の子にモテそうというのもあります。ww

プロになりたくない理由はもし、避けられない理由でケンカなどをしてしまった場合、プロはこぶしが凶器とみなされ裁判では不利とかいう話を聞いたからです。
実際ケンカとか大人になってしたことがないんですがもしものことを考えて自分の社会的な立場を脅かすのであればプロにならなくてこのまま趣味で続けようと思います。

実際、みなさんは上記のようなプロになりたくない理由でプロを目指すのは止めたほうが賢明だと思いますでしょうか??

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

「刑事」とは簡単に言うと、国家が犯罪に対して刑罰を与えるものです。


ひらったく言うと警察が逮捕し、裁判にかけられ懲役や罰金にすることです。
この場合、罰金というのは国家に対し払うお金です。

それに対し「民事」というのは、個人同士の争いごとを解決する裁判等です。
つまり民事で払う「損害賠償」は被害者自身に払うお金ですが、「刑事」の罰金とは国に払うお金です。

裁判であれ裁判にまで至らない示談などの手続きであれ、民事については相手がそれを求めることにより話しは始まります。

「怪我させたんだから損害賠償払え」って要求して、話し合いにより示談になったり、合意が成立しない時には「民事裁判」になったりするのです。つまり相手(被害者)の請求や告訴により話しは始まります。

それに対し刑事の場合は少し違います。
これは要は、警察が動いてその結果に基づき検察が刑事事件として起訴するかどうかで決まります。

傷害事件では法律上は、被害者の訴えがなくても事件は成立しますが、実務上は実際には被害者の「被害届」や「告訴」が求められるのが通常です。被害者が何もアクションしないような傷害事件は実際上は事件になりづらいです。
(被害者が動けない殺人・重体や被害者が子供などは別です)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
tewpiさんのおかげで随分考えが改まりました。
ケンカをしないように、巻き込まれないように気をつけたいと思います。
とても勉強になりました。
プロは目指すことにしました!
どうもありがとうございました。

お礼日時:2007/04/26 22:58

質問者さんのように体格が極端に豊かで、しかも格闘技に精通している方が、売られたケンカを買ってしまい、結果相手にそれなりの怪我をさせたら・・・



残念ながらほぼ間違いなく傷害罪で逮捕・送検&民事で結構な賠償金って結論になってしまうのではないでしょうか。
相手がナイフを出したならまだしも、ナックルくらいならブッチャケ格闘技を本格的にやってる人間にとっては、素人のナックルくらいあまり意味無いでしょ?
相手がナックルを手につけたからって、それを良いことにとことん叩きのめしたら、かなりヤバイんじゃないですかね?

刑事上の件については、行為の態様と結果で総合的に判断されます。
態様とは例えば以前に犯歴があるか、暴力団とのつながりがあるか、どのような理由で争いになったかなどなどです。
しかし実際には結果がどの程度の怪我を生じさせたかというのは大きな判断材料になります。

で、実際どんな場合にどのくらいの罪になるか(起訴猶予になるか、執行猶予か、実刑かなど)は、こればっかりはこの回答欄の範囲では一概には言えません。
まあ、素人の初犯なら結構ひどい怪我でも起訴猶予になったりしますね。

しかし民事上の損害賠償についてはかなりシビアだと思ってください。
相手がその気になって訴えてきたら、かなりの高額を覚悟したほうがいいです。

その意味でも知り合い同士とか、自分の地元とかでは「君子危うきに近寄らず」でいったほうが賢明かと。
_________________
一晩ブタ箱に入っただけで会社を首になるかは、残念ながら私には知る由はないです。
それぞれの会社によって違うのではないですか?

逮捕だけで「会社の信用を毀損する行為をした」と解雇する会社もあれば、逮捕から会社を欠勤することでクビになるところ、「おお、気にすんな。明日からまた頼むな」って会社。
それは会社によって色々だと思います

この回答への補足

回答ありがとうございます。
なるほど社会で生きるには法を遵守せねばと改めて実感します。
「君子危うきに近寄らず」ですね。
心得ました。
一般的に刑事事件になったらクビという話を聞きました。
まぁケンカなんてするもんじゃないですよね。

最後に聞きたいんですが、相手が訴えたらそれで刑事事件となるんですかね??
素人だもので民事事件と刑事事件の違いがよくわかりません、、、

補足日時:2007/04/23 08:18
    • good
    • 1

>人命にかかわらないが、やむをえない理由で相当な対応を取り、相手を怪我させてしまった場合」は、正当防衛は適用されず、傷害罪に問われてしまうんでしょうか??



え~と質問の趣旨がイマイチつかみづらいのですが・・・

>つまり、ケンカなどで過剰防衛ではなく、相当な対応を取り相手が怪我をして、自分は正当防衛と認められず傷害罪に問われてしまうものでしょうか、、、?

たぶん質問者さんは
「過剰防衛に当たらないと通常は思われるレベルの反撃をしたが、相手が怪我をしたら傷害罪になるのか」ということを聞きたいのでしょうか?
もっと普通の言葉に翻訳すると「普通の人がするみたいに殴り返しただけなのに、自分が攻撃力が強いため相手がけがしたら傷害罪になりますか」って聞きたいのでしょうか?

一応そういう前提でお答えします。
参考URLの「武道の段」の質問の二つの良回答だけをもう一度お読みになるだけでご理解頂けるかとも思うのですが・・・・

屋上屋を重ねるの観もありますが、老婆心ながらご説明します。
_________________________
正当防衛の成立にはいくつかの要件があり、そのどれ一つをとっても詳しく検討すると論文が書けるくらい厄介なんですが、今回の質問に絡むであろう点のみを出来るだけ平易な言葉で説明します。

他人から攻撃を受けた際にそれを防ごうと反撃に出た場合で、正当防衛が成立するか、それとも過剰防衛になる(=傷害罪が成立してしまうということ)かで一番問題になりそうなのは、その反撃が「相当かそれともやりすぎか」という点です。

これは正当防衛の場合には比較的ゆるやかに解釈されるというのが学者間の通説です。
しかし実務上はなかなかそうもいきません。

自分が自宅で寝ているところを強盗が押し入ったなんてケースならまだしも、街の「ケンカ」と判断されるような通常のイザコザでは正当防衛はなかなか成立すると解釈されづらいです。
ケンカの場合には比較的「ケンカ両成敗」的な処理をされる傾向が強いです。

問題はあなたのように、通常一般人よりも格闘能力の高い人間が相手を怪我させてしまった場合です。
このような場合にはどうしても、出発点が「怪我をさせた方=加害者。怪我をした方=被害者」となってしまうのです。

そしてその際、あなたが「いや、オレは相手が殴ってきたから正当防衛したんだ」と主張しても、「両成敗であるはずの同等のケンカから、一方が加害した傷害行為に変化した」と判断されやすいのです。
そしてそれを「正当防衛」と認定できるかどうかの判断材料が、先の二つの良回答にあるとおり「あらゆる事情を総合的に考慮して」なされるわけです。

ちょっと分かりやすく、警察での判断の流れを口語的に書いてみましょうか。
「なんだ?あの2人は何やりやがったんだ?なに?ケンカ?しょうがねえなあ、じゃあ取り調べすっか。なになに?2人は口論からケンカ?こりゃ両成敗で両方に一筆入れさえて、あとは身元引受人でも呼ぶか。」
「え?片一方は病院?で、相手は?今取り調べ室?なんだこりゃ傷害事件ってことになるか?え?相手は正当防衛だって主張してる?なに?怪我した方が先に殴ってきたから、蹴り倒した?」
「ふんふん、先に殴りかかられたからやむをえず蹴りで反撃したと。ふ~ん、そりゃ本当にやむを得なかったなら正当防衛かな?え?あいつはキックボクシングやってる?それもかなり本格的?じゃあ、なにも蹴り返さなくても軽くさばけば済んだんじゃないか?軽くサバクことも出来たのに蹴りを入れたんじゃ相当な防衛とは言えんだろう?」
「え?サバクだけじゃ足りないと思ったから蹴った?でもさ、やっこさんキックやってんだろ?相手は知り合いかい?高校時代からの知り合い?じゃあ相手が軽くサバケル程度の相手だって知ってんだろ?それなのに何も蹴る必要無いじゃねえか。ん?しかもプロの試合出てんのか?それじゃ簡単に押さえれるじゃねえか?え?しかも一発目は顔を殴ってその上顔面に蹴り入れてる?それじゃとても『やむを得ない』とも言えねえし、『相当な防衛』とも言えねえな。そりゃやり過ぎだよ。よし、こりゃ傷害で取り調べだな。とりあえず今日は一日ブタ箱で頭冷やさせるか」

こんな感じで「色々な要素を総合的に判断する」わけです。
一概に「プロだから傷害」とか「アマだから正当防衛」とか一律に判断するのでは無いのです。

どうでしょう?イメージ出来ましたでしょうか?

この回答への補足

回答ありがとうございます。
回答に気づかず返事が遅くなってしまい申し訳ございません。

>>「過剰防衛に当たらないと通常は思われるレベルの反撃をしたが、相手が怪我をしたら傷害罪になるのか」ということを聞きたいのでしょうか?
もっと普通の言葉に翻訳すると「普通の人がするみたいに殴り返しただけなのに、自分が攻撃力が強いため相手がけがしたら傷害罪になりますか」って聞きたいのでしょうか?

そうですそうです!
まさにその通りです!
自分は日本人だと一番大きい部類に入るので、ケンカとなれば有利かと思います。
性格的にケンカを売られたら買ってやり返してしまいそうなので、おそれています。
しかも、やるとなったら仕返しされないように少しやり過ぎなぐらいがいいと友人がいっていたので、自分の経験上からもその通りだなぁと思ってまして、一度ケンカを売られたら相手が恐怖心を持つぐらいやり返さなければだめかなぁと思ってました。
自分からはケンカしようとは全く思いませんが。
そうなったときに相手がケガしてしまったとき傷害罪になってしまうのか心配でした。

相当かやり過ぎかはケースバイケースということですよね??
もし、ケンカで相手がナックルなりナイフなり危険な武器を持っていたら気絶するぐらいまで殴らないとダメですよね、、、
しかし、お互い素手で自分がプロで相手がただの酔っ払いだった場合はちょっと突き飛ばして終わろうと思います。

自分も「色々な要素を総合的に判断する」で対応を考えようと思います。
でも、一般的に一晩プタ箱に入るとなったら会社とかクビになってしまうものなんでしょうか??
ちなみにIT系です。
何度も何度もすいません、、、

補足日時:2007/04/21 07:59
    • good
    • 0

ええ~


このカテだと通常私は自分が総合系の打撃の指導員を以前していたって自己紹介から書き出すのが通常なんです。
指導員なんて言っても、そこは所詮アマチュアですので肩身の狭い思いも多少あったのですが・・・・

初めて本職である法律系の回答をすることになりましたね

まずプロになるメリットですが。
これはなんてったって「ま、一応プロのライセンスは持ってるんだけどね」
な~んてかっこ良く言えることです。
それにつきます。

これは良いですよ~。
柔道や相撲と違って、どうも打撃系の身体って言うのは普段、特に服を着てたりすると強いかどうか外見では分かりづらいです。
ましてや自分がへんに優しい顔つきなんてしてると「へっ。あいつキックやってたなんて言ってるけど、ほんとに強いんか?」なんてナメられて、へたするとそれでケンカ売られて、、、なんて状況さえ有りかねません。

そこで「プロ」
この一言は素人には重みがあります。
高レベルの「アマチュア」はへたな「プロ」より強いのが沢山居るとか、下のレベルの「プロ」にはしょぼいのも結構居るなんて知りませんからね、素人は。

武道で言えば「黒帯」みたいな意味で、自分の研鑽のひとつの証としても、また単なる見栄でも自己満足でも別に良いと思います。

うちの団体の黒帯も結構取りづらい流派なため、私も黒帯を取るのがひとつの大きな目標でした。
_____________
さて問題のデメリットですが。
これは
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2511733.html
この質問に対する私の回答と、それに対する「お礼」欄にある、URLの二つを読んでいただければ、分かりやすいと思います。

結論から言うと、プロのライセンスの有無は正当防衛の成立についてひとつの判断材料に過ぎません。
プロであろうが無かろうが事情は一緒です。

例えばあなたがアマでありながらプロ並の実力があるとバレたら「おい!そんな腕があるなら相手のパンチを軽くよけて、あとは逃げればよかったじゃないか!」ってことになります。
また逆にいくらプロのライセンスがあっても、その時もう衰えていて反撃するのが精一杯だったと判断されれば正当防衛になるだけのことです。

ちなみに法律上「みなす」とは、簡単に言うと
「実はそうでは無かったとしても同じに扱う」ってことです。
それに対し「~と推定する」ってのは、一応そうじゃないかなって考えるが、実はそうじゃないって分かったら違うものと認めるってことです。

ですからプロのコブシを凶器と「みなす」ってのは正しくありませんね。

この回答への補足

回答ありがとうございます。
なるほど。かなり長いものでしたがURLの二つの文は全て読まさせて頂きました。ハァハァ

ひとつ気になるのが、「人命にかかわらないが、やむをえない理由で相当な対応を取り、相手を怪我させてしまった場合」は、正当防衛は適用されず、傷害罪に問われてしまうんでしょうか??
ここだけが気になりました。
つまり、ケンカなどで過剰防衛ではなく、相当な対応を取り相手が怪我をして、自分は正当防衛と認められず傷害罪に問われてしまうものでしょうか、、、?
まぁでもケンカも場合によっては人命に関わることもあるだろうし、正当防衛を主張できるかもしれませんがどうでしょう、、、

う~ん勉強になるが難しい、、、
もしよろしければ答えて頂ければ幸いです。

法律に明るくないのでみなすを安易に使ってしまいました。汗
失礼しました。

補足日時:2007/04/16 09:20
    • good
    • 0

No.2です。



これは余談ですが。

私ごとながら。
別ジャンルですが趣味でピアノをやったり、ITで飯食ったり。
いろいろ芸事やってますけど。

こういう世界のプロというか、すんごい人は。
ホントに自分よりはるかに「凄い」です。
クレイジーなレベルで凄いです。
やっている練習量も、技術というか技量も半端じゃないです。
おったまげます。(笑)

貴方の場合は、既存の見聞範囲で逆に力が余っているようです。

こういうときは、めっちゃ凄い人と会うべき状態だと思いますので
逆にプロを目指すととてもおもしろいと思います。
刺激があって、眼から鱗で、サイコーですよ!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
実際自分の周りのプロのレベルは届かないとも思わないし、負けるとも思わないんですよね。
大会を見に行ってもその思いは変わらず、、、
テレビのK-1MAXとかはそりゃすごいとか思いますが、プロになるだけならなれるんじゃないかな~と。
まぁ実際やってみると見えてくる景色が違うでしょうから自分の身の丈を思い知れればいいと思います。笑
どうもありがとうございました。

お礼日時:2007/04/14 23:38

プロっていうもののそもそもの意味は。


サービスをお客様へ提供(見せる、感じさせる、手に入れさせる)
することでお金を頂ける状態のことを言うと思います。

レーサーで○級ライセンスを取っても実はオートマに乗車
してるとか。陸サーファーとか。
弁護士資格取って、掃除のバイトしてるとか(笑)

チャレンジ対象としては面白い目標だとは思います。
が、「道具を持っていても使わない」ということはあんまり意味が
ないような気もします。

しかし、スポーツクラブとかで勤務しやすくなったり、
自分で道場開く元にはなるかもしれませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
そうですね。笑
一応こんなプロになりたい理由ですが強さは本気で追求してるので、
プロになるのは自分のやってきたことの証明にもなるしいいなぁと
単純に思います。
モテるというのも単純にいいことだと思いますしね。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2007/04/14 23:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qプロライセンスのみ取得したい(ボクシングorキックボクシング)

これまで空手(フルコン)とキックボクシングを計4年経験しております。

現在20代なのですが、30歳までに何か記念となる結果を残したいと思い、プロライセンスの取得ができないものか考えております。

そこで、プロボクシングジムなどは、
プロとして試合をしていく希望は無い人間でも、
プロライセンスの取得までのみの練習を許可していただけるものなのでしょうか?

どなたか実体験などでご存じの方がいらっしゃいましたら、
教えてください。

Aベストアンサー

タレントの片岡鶴太郎さんは、ボクシングに興味を持ちとても熱心にジムに通って練習をしていたので、特別扱いでプロテストを受けさせてもらい、合格したそうです。


ジムに対してkokoro69さんの熱意と努力をどれだけアピールできるかだと思います。

Qボクシングを始めて何年でプロデビューできますか?

ボクシングジムに通って最短だと何年ぐらいでプロデビューできるのでしょうか。
同じくプロデビューから「チャンピオンの座をかけた試合」ができるまでは最短で何年ほどかかりますか?
日本チャンピオンの場合と世界チャンピオンの場合と両方教えていただけると嬉しいです。
また、中学生でボクシングジムに通い始めたとしたら、そのプロセスはどのようなものになるのでしょうか
よろしければ天才「肌」と呼ばれるボクサーを教えてください。

質問が多くなってしまい申し訳ありません。
どれか1つでも構いませんので、お教えください。 

Aベストアンサー

デビュ-の前提にプロライセンスを取得せねばならないのですが、プロテスト受験も入門した

ジムの方針で変わってくるので一概にはいえません。それに入門した年齢、アマチュアキャリ

アの有無及びアマでの実績、体力や技術の習得度合などにより大きく異なってきます。中学から

スタ-トしたとしてプロデビュ-は早くて高2になります。

タイトルマッチをできる可能性となるとまず最低でもランカ-にならなければなりませんので

アマで全国大会の上位の成績をもっていても最低でも10戦以上は必要だと思います。期間として

3年から4年でしょうか。全日本新人王になればランカ-になれるのでうまくいけば1年でいけ

ます。最近デビュ-した村田、井上、井岡、過去にさかのぼって辰吉や大橋などは例外中の例外

です。ちなみに自分は入門後(もともとプロ志望ではなかった)、1年半でプロテスト受かりま

した。デビュ-戦はさらに1年後でした。

もしご自分でボクシングをと考えられるのであれば入門するジムはしっかり考えて決めたほうが

いいですよ。自分の場合、地元にプロのジムは一つしかないため選択肢はないですが首都圏では

たくさんのジムがあるのでもしそういったところにお住まいでしたら実際に自分の目でみて自分

に合いそうな雰囲気のところに入門してください。ただこればっかりは入門前にはわかりづらい

ですけど。教えてくれるトレ-ナ-との相性もありますしね。元チャンピオンの畑山氏も確か二つ目

のジムでプロになってるはずですよ。もう一つ加えるなら大きいジムのほうが圧倒的に有利です。

ボクシングは個人競技なので強ければ問題ないと思われがちですが小さいジムの選手で強すぎて

試合がなかなか決まらないとかしょっちゅうですから。それに大きいところのほうが基本をしっかり

教えている印象がありますし練習相手も豊富でスパ-リングにも困りません(小さいジムに比べ)。

最後に天才肌のボクサ-といえば個人的にボクサ-ファイタ-型でパンチ力のある選手だと思う

ので、ちょっと古くなりますが私の年代的には日本人ではデビュ-から世界タイトル奪取のころ

までの辰吉、外国人ならトリニダ-ドですかね。

とにかくやってみないとわからないので1度どこのジムでもいいので見学してみてはいかがでしょうか。

テレビや試合会場とはまた違った空気がありますのでそれを感じるのもいいですよ。

デビュ-の前提にプロライセンスを取得せねばならないのですが、プロテスト受験も入門した

ジムの方針で変わってくるので一概にはいえません。それに入門した年齢、アマチュアキャリ

アの有無及びアマでの実績、体力や技術の習得度合などにより大きく異なってきます。中学から

スタ-トしたとしてプロデビュ-は早くて高2になります。

タイトルマッチをできる可能性となるとまず最低でもランカ-にならなければなりませんので

アマで全国大会の上位の成績をもっていても最低でも10戦以上は必要だと思います...続きを読む

Qキックボクシングのプロテスト

ボクシングでは、試合には出るつもりはないがライセンスだけ取る、という人がいますよね。
キックボクシングにも、プロテストはあるのですか?

Aベストアンサー

大抵の団体はプロテストやってますよ。キックボクシングの場合、ボクシングと違い、団体が乱立してますから、プロといっても価値はほとんどないですね。

Qキックボクシングの自宅でできる練習法

キックボクシング道場に通い始めて2ヶ月になります。
先日スパーリングをさせてもらって、あまりの自分の弱さに情けなくなりました。
強くなりたいです、自宅でできる効果的な練習法はありますか?
今のところシャドー、ランニング、筋トレくらいはやってるんですが、我流的なところもありますので、注意点やアドバイスがあればお願いします。正しい筋トレメニュー等もありましたらお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは、どちらのジムに通われているのか分からないですが、スパーリングをさせるのが早いのでは?と感じました。スパーリングはある程度の攻撃防御のバランスがとれきた頃にします。質問者様の格闘技経験がもしほとんどない位だったら早すぎます。失礼かも知れませんが指導者の方は経験者ですよね?この点は今後のご自分の成長に関わるので注意したほうが良いです。 練習方法はまずはジャブです。ボクシングジムでは最初の1カ月はジャブだけというのが主流です。まずジムに行き準備運動(30分位)→縄跳び3R→シャドー(ジャブのみ3R) 物足りないですが地道な努力が人を強くします。2週間もすればジャブが早くなっているのが分かるはずです。注意点はジャブの打ち終わりにガードの所へ拳が戻っているかどうかです。これが最初は一番難しい。長年やって今でも出来てない人は多いですがそういう人達はあまり強くない。ジャブに慣れてきたら次はストレートです。打ち方は野球のバッティングをイメージしてください。手や腕の力だけで打っている人はいませんよね?腰を回転させて+腕力で打っています。このイメージでガードの位置からまっすぐ打ち当たる瞬間に力をこめる。(大事です)最初から力を入れすぎてたらものすごくスピードが遅くなります。リラックスして当たる瞬間を意識する。そしてすぐ戻す。もどしが遅いとフォームが変になります。ジムによっては戻しをすごく重視するところもありますが同感です。パンチは当ればいいから戻しより出すほうが大事だろうと一般的には思われているでしょう。ですが逆です。長く続ければわかります。  次に蹴りですがローキックは何種類かあります。これはジムによって教え方がありますが、個人的には”すりあげローキック”がよいと思います。ローキックもジャブと同じ要領で3Rします。
慣れてきたら自分でめにゅーを変えてみてください。

いっぺんにたくさん言っても混乱すると思うので技はこのくらいにしときます。  筋トレは週2~3回がベストです。筋肉は激しく疲れさせて休ませ超回復というのをします。 たとえば毎日腕立てしている人はある程度の筋肉は付きますが筋肉が疲れててあまり効果がないのです。なので2~3回がベストです。  あと食生活なども気を使ってみてはどうですか?今あるあるの納豆が問題になってますが納豆は体を作ります。牛乳や卵もです。プロテインなども効果的です。

他にもいろいろありますがまずは上記の事をしてみてください。
メンタル面 技術面など 質問がありましたら時間があればまた書き込みます。 
がんばってください。

こんにちは、どちらのジムに通われているのか分からないですが、スパーリングをさせるのが早いのでは?と感じました。スパーリングはある程度の攻撃防御のバランスがとれきた頃にします。質問者様の格闘技経験がもしほとんどない位だったら早すぎます。失礼かも知れませんが指導者の方は経験者ですよね?この点は今後のご自分の成長に関わるので注意したほうが良いです。 練習方法はまずはジャブです。ボクシングジムでは最初の1カ月はジャブだけというのが主流です。まずジムに行き準備運動(30分位)→縄跳び...続きを読む

Q走る以外のスタミナ強化法

ボクシングする予定なのですが、

ランニング以外でスタミナを強化する

トレーニングはあるのでしょうか??

ロープスキッピングとランニングは結構しています。

回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ボクシング経験者で、顔面パンチ有りの空手の元指導員です。
ボクシングには詳しいようなので、今さらのようにも感じるかもしれませんが回答します。

ボクシングは同じ打撃系の格闘技の中でも、空手やキックとは大きな違いをその特徴としています。
それはボクシングが非常に持久力を必須とする要素が大きいという性質です。

空手においては顔面パンチ有りの流派であろうと、顔面パンチ無しの流派であろうとに関わらず、一般的に一試合は3分程度です。
キックにおいても世界タイトルクラスの試合でも4ラウンド程度です。

ところがボクシングにおいては日本ランカー程度でも6R、8R。
かつては世界戦などは15ラウンドという「異常な」長さの時間での試合をしていました。

これにはボクシングとキック&空手がそこに蹴りという攻撃があるかどうかが、もちろん最大の理由になるのですが、それ以外にも空手においてはグローブを使用していないなども理由になります。
(パンチにグローブを使用するかどうかだけで、その違いを詳しく説明すると、この回答欄ひとつを字数越えしてしまいます)

ボクシングとキック&空手にはパンチの打ち方や、ディフェンスまで多くの違いが生まれるのですが、それにともない先ほど話した、持久力の必要度合いも大きな違いを生みます。

極端な言い方をすれば、キック&空手に比較し、ボクシングでは純粋なパンチ力やテクニックの優劣よりも、持久力の方がウエイトが大きいと言っても過言でない側面があると、私は思っています。

パンチ力よりも持久力のウエイトが高いというのは、例えば試合前半の早いラウンドでの勢いのあるパンチでは倒れない選手が、後半のお互いフラフラになった状態のパンチでKOを生むなんて状況をみても分かると思います。

さて前置きが長くなってしまいましたが、そのような性質を持つボクシングにおいては、持久力をつけるランニングという訓練が極めて大きな重要性を持っています。

ただ勘違いしてはいけないのは、あくまでもボクシングの選手が必要としているのは「ボクシングにおける持久力」であって、それが決して「長距離選手の持久力」とは同じでないということです。

これは当たり前に思えるかもしれませんが、意外に両者の違いをはっきりと認識している人は少なかったりします。

以前私は、トライアスロンのトップ選手が・・・・あの「持久力の専門家」とでもいえるトライアスロンの日本トップクラスの選手がです!・・・テレビの企画で小学生たちの剣道合宿に参加し、一緒に剣道の素振りや切り返し(止まった竹刀を打ち込む動作)をしているうちに、あっと言う間にヘトヘトになってしまうという現実を見て、改めて「専門性」というものに驚いたことがあります。

ボクシングも同じことです。
ランニングやロープって言うのは、あくまでも持久力養成の「補助種目」であって、ボクシングにおける体力のメイン養成種目ではないと認識すべきです。

ボクシングの世界チャンピオンは、マラソンの金メダルは取れないのです。
そしてもっと大事なのは、マラソンの金メダリストはサンドバッグを3ラウンドも打てばヘトヘトになるということです。

そこでボクシングのスタミナ作りには、ランニングはもちろんですが、それに加えサンドバッグへの打ち込みを多くこなすべきです。
この思い物体への打ち込みという訓練は、パンチが「腕とコブシ」という物体を相手にぶつけるという動作であり、その腕とコブシがその軽い質量から、単に速く相手に当たるだけでは充分な打撃力を生まないという性質からも求められる必須トレーニングです。
※注1.蹴りは重さも筋力も大きいことから、有る程度足がスムーズに上がるというだけで充分な破壊力を生みますが、パンチは速く打てるだけでは足りないのです。
※注2.ただし空手のように素手でなく、グローブを使用することから、グローブの質量が加わり、空手ほどには「打ち込む」という要素は求められません

また実際に試合でのスタミナでは、ランニングのように同じペースでダラダラと長く動くという要素よりも、坂道ダッシュや階段ダッシュのようなメリハリのある動きの方が必要とされていると思います。

特にラウンド後半のラッシュなどには、ある程度ヘバった状態でのラッシュ必要となります。
そこで通常のサンドバッグ練習の後半20秒程度にラッシュをかけるとか、ランニング後半でのスピード走、坂道走などは重要です。

追記1.ランニングに比較してのスピード走の生む効果。
主にその減量効果の高さや、最大酸素摂取量の増大については「フィットネス&ダイエット」のカテに詳しい回答者が居ます。

追記2.これは少々余計なことかもしれませんが、質問者さんは回答者に一言でもお礼コメントをしたほうがいいです。
と言うのは、実は私は今まで何度かあなたの質問に回答できると思ったのですが、あなたのプロフィールを見て全然「お礼」が無いことから、あなたが質問投げっぱなしのいい加減な人だと推測して回答しないできました。
今回あなたがきちんとポイント出して閉めていると分かって(=真剣な気持ちと推測して)、それで回答する気になりました。
先日の「打たれ強いボディの作り方」などお教えしたいことが沢山あったのですが。

ボクシング経験者で、顔面パンチ有りの空手の元指導員です。
ボクシングには詳しいようなので、今さらのようにも感じるかもしれませんが回答します。

ボクシングは同じ打撃系の格闘技の中でも、空手やキックとは大きな違いをその特徴としています。
それはボクシングが非常に持久力を必須とする要素が大きいという性質です。

空手においては顔面パンチ有りの流派であろうと、顔面パンチ無しの流派であろうとに関わらず、一般的に一試合は3分程度です。
キックにおいても世界タイトルクラスの試合でも4...続きを読む

Q筋肉痛がひくまでは練習しない方がよい?

こんにちは。キックボクシング初心者です。
30歳手前で始めて3ヶ月経つのですが、いつも練習後に筋肉痛が出ます。
(元々スポーツ経験自体がほとんど無く、筋力が少ないので仕方ないのですが・・・)

もっとジムに行きたいのですが、
筋肉痛が引く前にさらに筋肉を痛めると、筋肉が付かないと聞いたので、回復するまでは練習を控えています。


そこで質問なのですが、
・筋肉痛が回復するまでは、やはり練習しないほうが良いのでしょうか?
 (痛いこと自体は構わないのですが。。。)

・練習しない方が良さそうであれば、自宅でできる筋肉に負担をかけないトレーニングは無いでしょうか?
(柔軟くらいしか出来ないでしょうか?キックの練習でなくとも、運動能力自体の向上につながることでも、なんでもかまいません)


最初から張り切り過ぎない方が…と言われるかもしれませんが、練習が楽しくて仕方ないです。
格闘技でなくとも、他のスポーツ経験者の方でもかまいません。ご意見お待ちしています。

Aベストアンサー

練習のあと,温水プールで2時間,腕を水中のなかで軽く振ってみてください。
筋肉痛が起こりません。
筋肉痛を前提として質問されてますが,マラソンランナーから見ると,
練習後のケアが悪いので,筋肉痛を起こしているように見えます。

練習後のケア技術を勉強しましょう。
私は,フルマラソンの翌日にハーフマラソンを走ったこともありますし,
2日連続してハーフマラソンをほとんど同じタイムで走ったこともあります。

練習を継続するためには,そういった「修理技術」の習得が必要です。
本とか講習では教えてくれませんが。

Q20代からボクシングを始められた方で

自分に自信をつけるためにプロラインセンスの取得を目指している、または取った方々に教えていただきたいのですが、
週に何日ジムに通ってますか?
取得された方は、どれくらいの期間を要しましたか?
当方現在、28歳。年齢制限の30歳まであと1年7ヶ月あります。

Aベストアンサー

私と似たような感じですね。私も自分に自信をつけたくてボクシングを始めたので、そういうことであれば私の経験からアドバイスが出来ます。

私は20代からボクシングを始めてライセンスを取得するまで、丁度一年でした。(正確な年齢を言わずすみません)当時ライセンスを取るまでは、台風が来ない限り日曜、祝日以外は毎日通っていましたが、ボクシングが好きだったこともあり初めたことでしたので、毎日が楽しくて仕方がないといった感じでした。(あくまで当時はです)

ジムの先輩ボクサーの平均年齢は、当時も今も平均28~30歳位でしょうか?今までジムで練習してきたけど、30歳になる前にせっかくだからライセンスを取ろうという方も、何人も見てきました。そうしてライセンスを取得した方々は、せっかくだからと全員試合までこなしていましたが。

ボクサーにとっては高齢といえる人達で、プロボクサーを目指し、ライセンスを取得出来なかった方々を、私のいたジムに限らせていただければ見たことはありません。スポーツ経験もなく26歳でボクシングを初めて半年で取得した方。27歳からで約一年で取得した方。29歳でせっかくだからとプロテストを受けてライセンスを取得した方々なら何人も見てきました。

また、テストですから当然テストに落ちた方々も見てきました。その中の一人に、明らかにボクシングに向いておらず、才能はないのではないかな?という方がいましたが、二度試験に落ちたにも関わらず、諦めず練習を続け、三度目にして取得した方もいました。

ですので、もし今から本気でライセンスを取得する気であるならば、28歳という年齢は決して不可能ではないと私は思います。それに、私のいたジムで高校生以外でライセンスを取得した方々は、全員仕事帰りや仕事に行く前にジムで練習しています。仕事が忙しいからとジムを止めていく方もいますが、本気で取得する気であれば仕事は障害にはならないでしょう。

ですが、28歳であればジム選びは絶対重要だと私は思います。ジムによって当たり外れはあります。私はそういうことは何も知らず、家から一番近いジムを選びましたが、スパーリングにやってくる他のジムの人の話を聞くたびに、ジム選びは重要なんだなと認識させられました。ですので、必ずジムの会長に事情を話し、自分がこのジムなら大丈夫だと確信したジムに入門することを勧めます。(上記に記した26歳の方も他のジムから来た方です)

ライセンスを取得するに限れば、ボクシングの才能があまりない方でも、試合と違って可能だと思います。
ペーパーテスト対策も必要ないんじゃないのでしょうか?私のいたジムでは何故かテストを受ける練習生には答え入りの答案用紙を配ってくれました。私は今でも私が合格できたのは、解答用紙の最後にあった尊敬するボクサーという質問で、ファイティング原田と記入したおかげだと睨んでいます。(答案用紙を見た試験管が、君やるね!と肩を叩いてくれましたから)追記すれば、試験管と採点者は同じ人で、かつリングに設置された長机で強制的に受けさせられ、試験5分後に全員の合否が決定されました。地方だからでしょうか?

ジムに入門する際は、私は内向的な人間ですのでジムの扉を開けることすらかなりの勇気を必要としたのですが、入ってしまえば後は楽しい思い出ばかりでした。(当時はです)ジムの先輩ボクサーも、入ってきたばかりの人には見向きもしない方はいましたが、そんな方でも本気で練習している人には、親身になってくれました。

年齢がかなり近いことや、境遇が私と似ていたので長く綴ってしまいましたが、参考にはなったでしょうか?私は必ずしも、ボクシングを始めた方が良いとは思いません。本当に洒落じゃすまないくらい怪我はしますし、自信をつけるだけならば、他にも探せば沢山あると思います。苦労してライセンスを取得して、社会的に得られるメリットはあまりないと思います。ですが、ボクサー同士の繋がりを持ったり、会場やテレビで一緒に練習してきたボクサーが出場するのを見るのは、なかなか感慨深いものがあります。それに、例えば一度でもリングの上で試合をしてみるというのは、自分にとって良い経験になるのではないでしょうか。もし、私の経験が貴方の力になったのであれば幸いです。

最後に、私がボクシングで得た豆知識的な事を記します。病院代やボクシング用品を考慮しても、年間約20万円以上はかかったでしょうか。入会金と月謝、それに最初に買うボクシング用品だけでも結構かかりますよ。月謝だけでも年間10万円以上かかります。診察券は、軽く10枚を超えました。お世話になった病院は、耳鼻科、眼科、皮膚科、外科、整形外科、歯科、救急病院、タウンページは必需品です!差し歯にかかった金額は一本7万5千円。2本で15万円です!プロテストの為に必要なCTスキャンは高額なので、必ず病院に電話して値段を聞きましょう。試合前にスパーリングで肋骨を折られたときは泣けました……。それでは、貴方の健闘を祈ります!

私と似たような感じですね。私も自分に自信をつけたくてボクシングを始めたので、そういうことであれば私の経験からアドバイスが出来ます。

私は20代からボクシングを始めてライセンスを取得するまで、丁度一年でした。(正確な年齢を言わずすみません)当時ライセンスを取るまでは、台風が来ない限り日曜、祝日以外は毎日通っていましたが、ボクシングが好きだったこともあり初めたことでしたので、毎日が楽しくて仕方がないといった感じでした。(あくまで当時はです)

ジムの先輩ボクサーの平均年齢は、...続きを読む

Qスパーリングなしでボクシングは強くなれますか?

26歳の男です。
ボクシングを始めたくなりました。
甘いと思われるでしょうけど脳損傷や顔に傷がついたりボコボコになるのが嫌なのでスパーリングなしで強くなりたいです。
目標としては喧嘩はしませんが素人やヤンキーとどつきあいしても普通に勝てるレベルになりたいです。

いつもボクシングみてて不思議なんですが相手のパンチをヒョイヒョイよけたりするじゃないですか。
あれってどういう訓練で身につくんでしょうか?

スパーリングなしでも強くなれるのか
相手のパンチをよける技術はどうやったら身につくのかボクシング経験者の方ご意見お願いします。

Aベストアンサー

社会人で3年ほどボクシングジムに通いました。
スパーリングなしではよける技術は身につきま
せん。

でもスパーというにはお互いに殴り合いで
マスボクシングっていうのがあるんですよ。

A君が打つときはB君は防御、B君が打つときは
A君は防御と。はじめからスパーはさせてくれま
せん。
このマスボクシングだけでもけっこうよける練習
にはなります。

でもほんとよけるのは難しいですね。俺は3年間
通いましたがとてもプロなみにはよけられません。

それとパンチ力って体重によってほんと違うんで
すよ。同じ体重なら素人よりも経験者の方が明ら
かに上回りますが、相手が大柄だと素人のパンチ
でも重いと思います。

Qキックボクシングの試合のファイトマネーについて

先日、キックボクシングの試合を見てきました。
試合の前に司会の人からもらうものはなんですか?
また、ファイトマネーは1試合でるとどれくらいもらえるものなのでしょうか?選手の人たちは普段はお仕事をしているのですか?どれぐらいになればキックボクシングで暮らしができるようになるんですか?初めて見たのですが、すごくおもしろくて、疑問がたくさん出てきてしまいました。

Aベストアンサー

■試合前に司会(リングアナウンサー)から手渡されるのは「激励賞」と呼ばれるものですね。主催する団体・協会からのファイトマネーとは別に、個人的に応援している人・スポンサーから選手へ送られるものです。勝ち負けとは関係なく文字通り「頑張れ」の意味で送られます。多分のし袋を手渡されるのをご覧になったかと思いますが中身はもちろんお金です。

■ファイトマネーはピンキリですけど、後楽園や有明での興行であればおおまかに数千円~数万円と思ってください。キックボクサーの選手はほとんど全ての人がなんらかの別の仕事をしているのではないでしょうか。

・K-1に(常時)出場できるレベルになる
・ジムを経営する(またはインストラクターになる)
ぐらいしか「キックで暮らしていく」ことは難しいのでは。
現状、魔娑斗選手を筆頭に数人だと思います。

Qプロとアマの差はどれくらい

 よく野球やサッカーではプロとアマが親善試合をするケースなどがありますが、格闘技の世界ではほとんど聞きません。さらにテレビなどで見る格闘技は当然ですが、ほとんどプロの試合です。
 そこで今回は特に格闘技の世界でプロとアマが厳密に分けられているボクシングの世界では、プロとアマの力の差というのはどのくらいあるのか知りたいです。その差が分かるエピソードなどもあれば合わせて教えていただきたいです。

Aベストアンサー

ボクシングの世界ではプロとアマとでは雲泥の差があります。アマのTOPと言うとオリンピック金メダリストですよね。金メダリストでさえ、3年くらいかけて徐々に強い相手と対戦させて体を作り世界挑戦します。
過去の金メダリストモハメド・アリ、シュガー・レイ・レナードもそうです。オスカー・デラホーヤもメジャー団体の世界タイトルを取るまでは3年ほどかかっています。
何故時間がかかるかというと、体力面が全然ちがうからだと思います。アマチュアは5R?、プロの世界戦は12R。またプロは倒せばいいので、パンチ力が無いとわかると相手が中に入って撃ち合いを挑まれます。相手は相打ちでも良いつもりできますから。当てるだけのパンチだと持ち応えられません。(子供とじゃれている自分を想像してください。相手にパンチがないと全然怖くないですよね)
故にボクシングほどプロとアマの差があるスポーツも珍しいのではないかと思います。


人気Q&Aランキング