昔から不思議でした。この世のものが全て原子からできているのなら、火もそうなのですか?でもなにかちがうような。教えてください。

A 回答 (4件)

基本的には火(炎)と言う物は地平線のような物です。


地平線と言う物体はないですよね?

まず、物が燃えると言うのはご存知と思いますが、燃料と酸素が
化学反応で結びつく事です。それで、ちょっと思い出してもらい
たいのは、ガスの火って空気とガスを程よく混ぜて完全燃焼して
いるはずなのにあまり明るくないですよね?一方、炭火は完全燃
焼している時は炎は上がらないのに明るく輝いています。
ところで、ガスの火も時として明るい事があります。それは空気
が足らなくて不完全燃焼している時。ガステーブルで黄色い炎が
出てしまう時、鍋の底がすすだらけになっちゃいますよね?さて、
そういえばさっき炭は燃えてる時明るく光ると言うのを思い出し
てもらいました。ガスが明るい炎を上げてる時もすすが出ていま
す。すすって炭素の微粒子です。ここで気づいたと思いますが、
炭素を含んだ物を燃やした時の黄色い炎の正体はものすごく小さ
い火の粉の集まりなのです。物体と言う事は当然原子の集まった
ものですよね?そして、最初に“地平線のようなもの”と言った
のは、見えている黄色い炎自身は燃料の化学反応そのものではな
く、そこから発生したエネルギーで輝いている火の粉を間接的に
見ているからです。

さて、こんな答で如何でしょうか?

この回答への補足

その小さな火の粉は何で出来ているのですか?

補足日時:2001/01/21 21:57
    • good
    • 0

自己引用


> ガスが明るい炎を上げてる時もすすが出ていま
> す。すすって炭素の微粒子です。ここで気づいたと思いますが、
> 炭素を含んだ物を燃やした時の黄色い炎の正体はものすごく小さ
> い火の粉の集まりなのです。

本文にちゃんと書いてあります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

どうもすみません。おかげで解決しました。どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/01/24 00:10

通常の燃焼という現象は、酸化反応の一種ですので炎の正体はまぎれもなく原子によって構成されています。

燃料が加熱されることにより、燃料から可燃性のガスが発生しガスが大気中の酸素と反応し光や熱を放出するのが炎です。火が燃えているというのは反応の過程を見ているに他なりません。火という物自体は物質というより物質が酸化反応したときに出るエネルギーのイメージのほうが強いのですが、火の内部では間違いなく原子で構成された分子が存在しますので、最終的な構成要因としては原子であるといって間違いないでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

長年の疑問が解決しました。どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/01/24 00:20

プラズマといわれる状態だそうです。



物質は、熱エネルギーを加えられると、一般的に、固体から液体、気体へと変化しますが、気体にさらにエネルギーを加えると、電子とイオンに分かれて、発行するそうで、オーロラや太陽のコロナなどと同様のプラズマ状態になる…とのことです。

参考URL:http://p-grp.nucleng.kyoto-u.ac.jp/plasma/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

プラズマという言葉を今までなんとなく幽霊と何か関係しているもの、程度にしか考えていませんでした。これについて知ることができてうれしいです。どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/01/24 00:17

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q数楽と数学会の読みは何ですか?

数楽と数学会の読みは何ですか?

最近、よく「数楽」という言葉を見かけますが、この言葉の読みは何でしょうか?。

普通に読めば「すうらく」だと思いますが、数楽舎という塾は、「すうらくしゃ」ではなく、「すうがくしゃ」と読むそうです。
どちらかが造語ですか?

また、数学会の読みは、「すうがっかい」ですか、「すうがくかい」ですか?

Aベストアンサー

私も、「すうがく」、「すうがっかい」でよいと思うが。

数楽というのは、数学者や数学愛好家が「数学とは楽しいものだ」ということを強調するために、わざと漢字を変えて使っているものである。
だから、数学と同じく、「すうがく」と読んで問題ない。

>どちらかが造語ですか?
「数楽」は造語、「数学会」は「数学」と「会」の合成語だろう。

余談だが、「楽」と言う字は、
・「楽園」「行楽」など、「たのしい」「のびのびする」という意味では「ラク」
・「音楽」「楽器」など、「うたう」「音をかなでる」という意味では「ガク」
と読むのが原則である。
「数楽」の場合は、上記のような理由で敢えて例外的に「ガク」と呼ぶのである。

Qこの世で唯一変わらないことは、この世の全ては変わり続けるということである。 と言うのは誰の言葉です

この世で唯一変わらないことは、この世の全ては変わり続けるということである。

と言うのは誰の言葉ですか?

Aベストアンサー

#1の方の仰る通り、ジョナサン・スウィフトの言葉です。
原文は、There is nothing in this world constant, but inconstancy.
Jonathan Swift と書きます。
それでは何故、この言葉が日本でも有名なのでしょうか?
それは、彼が、ガリバーと名乗って、日本に来日し、日本のことが記されていることからではないでしょうか?
これが「ガリバー旅行記」なのです。

それを詳しく解説している方がおられます。面白いですよ。
①ガリバー旅行記」と日本 - 愚筆雑感 - Yahoo!ブログ http://blogs.yahoo.co.jp/jjnsjp/46147234.html #ブログ #ホームページ #無題
②「ガリバー旅行記」と日本(2) - 愚筆雑感 - Yahoo!ブログ http://blogs.yahoo.co.jp/jjnsjp/46408691.html #ブログ #ホームページ #無題
⓷「ガリバー旅行記」と日本(3) - 愚筆雑感 - Yahoo!ブログ http://blogs.yahoo.co.jp/jjnsjp/46513563.html #ブログ #ホームページ #無題
④「ガリバー旅行記」と日本(4) - 愚筆雑感 - Yahoo!ブログ http://blogs.yahoo.co.jp/jjnsjp/46791698.html #ブログ #ホームページ #無題
⑤「ガリバー」と日本(5) - 愚筆雑感 - Yahoo!ブログ http://blogs.yahoo.co.jp/jjnsjp/47055690.html #ブログ #ホームページ #無題

#1の方の仰る通り、ジョナサン・スウィフトの言葉です。
原文は、There is nothing in this world constant, but inconstancy.
Jonathan Swift と書きます。
それでは何故、この言葉が日本でも有名なのでしょうか?
それは、彼が、ガリバーと名乗って、日本に来日し、日本のことが記されていることからではないでしょうか?
これが「ガリバー旅行記」なのです。

それを詳しく解説している方がおられます。面白いですよ。
①ガリバー旅行記」と日本 - 愚筆雑感 - Yahoo!ブログ http://blogs.yahoo.co.jp/jjnsjp/...続きを読む

Q読みは何でしょう

読みは何でしょう

Aベストアンサー

「網目」です。

写真から箱書きのように見えますが
網目模様の焼き物か塗り物でも入っているのでしょうか?

Qこの世の全ての知識

えぇ、世の中には欲望があります。
その中に知識欲なんてものがありますが、北欧神話のオーディンは、ミーミルの泉に左眼を差し出し、それと引き換えに知識を得たとされます。(うろ覚え)

さて、質問なのですが、これが現実にあったとして、全ての知識=この世の全てを補完できるだけの知識を得たとして、その人間はどうなるのでしょうか?

昔、この世のすべての知識を持ったら、脳がパンクして廃人になるみたいな話を聞いたことがあります。
えぇ、まぁ、もちろんエセ科学なんで、根拠も何もないですが。
人間は脳の30%しか使ってないというのも、エセ科学らしいですけど。

まぁ、SFちっくな質問ではありますけど、暇つぶしにでも答えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

興味深い質問ですね。
まず「全ての知識」というものが存在するかは置いておいて(竜騎士07に言わせれば悪魔の証明になると思いますが)、その存在を仮定して順を追って考えました。
科学的根拠はない妄想ですが。(笑)

まず、全ての知識をもつ者がどのような人間であるかについて。
僕は脳科学はさっぱりですが、仮に知識がデジタル的なデータで蓄えられるなら、パソコンのハードディスクに置き換えて考えられると思います。ということは知識な数だけスペース(脳細胞?)が必要なので、脳味噌は肥大化するはずです。ただし、頭が一定以上重いと歩けないので液体か何かに漬かっている状態で生命を維持する必要があるでしょう。また、人間が生まれるには産道を通る必要があるので、出産した後の人間を脳改造する必要があります。

さて、そのような「全ての知識」をもった人間ですが、
前の回答者と似た意見で、発狂するか、生きる希望を見失うか、あるいは殺害されるかのいずれかだと思います。
最初の、発狂すると思うのは、知識の膨大さに脳の考える力が追いつかないと考えるからです。ハードディスクの容量が少なく速度の遅いパソコンという感じでしょうか。パソコンならいずれフリーズしますね。
次に、生きる希望を見失うと考えるのは、自分自身の生きている意味が分からなくなるという全ての知識があるが故の欠乏があると思います。また、全ての知識があるということは、統計学上・もしくは知能があるならば計算上、殆どの未来の事象が有意に分かってしまう、ということだと思います。それは生きる上でとてもつまらないことと想像します。
最後に、殺害されると考えるのは、もし全ての知識をもった人間が発狂せずに、生きる希望を見失わずに存在できるのであれば、私の想像範囲内では極めて純粋な(もしくは自我をもたない)人間か、自分が全知全能(知能は一般人程度と仮定します)の神であると陶酔している人間のいずれかだと思います。
いずれの場合にせよ、賢い人間に利用されるか、存在が危険だと思われて殺害されるか、それを認識して俗世から離脱するかになります。そうなると、殺害される以外の道は生きる希望を見失うしかありません。

もし、全ての知識をもった人間が知識を利用できるほどの知能をもち、心が極大に広いならば、一般的に言われる「神」のような存在として他の人間を見守って陰ながら生きていくのかもしれませんね。

以上です。長文失礼しました。

興味深い質問ですね。
まず「全ての知識」というものが存在するかは置いておいて(竜騎士07に言わせれば悪魔の証明になると思いますが)、その存在を仮定して順を追って考えました。
科学的根拠はない妄想ですが。(笑)

まず、全ての知識をもつ者がどのような人間であるかについて。
僕は脳科学はさっぱりですが、仮に知識がデジタル的なデータで蓄えられるなら、パソコンのハードディスクに置き換えて考えられると思います。ということは知識な数だけスペース(脳細胞?)が必要なので、脳味噌は肥大化するはず...続きを読む

Q本を読み事で何が得られますか?

本を読み事で何が得られますか?

Aベストアンサー

楽しい時間。展開を想像すること。新たな知識、作者の思想。

Q原子力発電所の原子炉の能力は?

変な質問ですが、もし、仮に世界最大の原発である刈羽原発の原子炉全てが同時に爆発したら、その威力はどの程度のものなのでしょうか?
以前、何かで原発の破壊力が原爆の破壊力と比較されている情報を聞いた気がするのですが、調べてもさっぱり分かりません。
分かる方おりましたらお願いいたします。

Aベストアンサー

今晩は。
原子力発電の仕事をやっている者です。
質問者さん、原子力発電をもう少し勉強して下さい。
原爆=原子力発電所ではないですよ。
核兵器級プルトニウムと原子炉級プルトニウムとは質が違います。
北朝鮮が原爆実験で失敗と言われてのは、原子炉級プルトニウムを使用
したと言われています。
スリーマイル島の事故は、炉心の冷却水が失われ、炉心が溶融するとい
う事故が起き、原発からは放射性の希ガスとヨウ素が放射能の雲として
環境に放出された事故です。
チェルノブイリの事故は、水蒸気爆発とジルコニウム-水反応でできた
水素と空気の混合気体の爆発で火災を起こし、放射能を放出してしまっ
た事故です。
東海村核燃料工場の臨界事故は、事故を起こした(株)JCOが、アメ
リカから輸入した六フッ化ウランを、粉末の二酸化ウランに変換する工
程を行っていて、従来から効率を優先した「裏マニュアル」に従って作
業していた。
ふだんは軽水型炉のための3%ウラン235を扱っていたが、事故を起こ
したときはめったに需要がない高速増殖炉実験炉<常陽>用の18.8%ウ
ラン235を扱っていた。
そのため、通常の3%のウラン235では臨界に達しない量でも、18.8%
のウラン235では臨界に達し核反応が起きてしまった事故です。
要は、原子力発電所が爆発すると原爆みたいに周囲何十kmが吹っ飛ぶと
言う話しではありません、
飛散する放射能が怖いのです。

今晩は。
原子力発電の仕事をやっている者です。
質問者さん、原子力発電をもう少し勉強して下さい。
原爆=原子力発電所ではないですよ。
核兵器級プルトニウムと原子炉級プルトニウムとは質が違います。
北朝鮮が原爆実験で失敗と言われてのは、原子炉級プルトニウムを使用
したと言われています。
スリーマイル島の事故は、炉心の冷却水が失われ、炉心が溶融するとい
う事故が起き、原発からは放射性の希ガスとヨウ素が放射能の雲として
環境に放出された事故です。
チェルノブイリの事故は、水蒸気...続きを読む

Q「故れ」の読み方と意味は何ですか

「故れ」の読み方と意味は何ですか。

本居宣長の「古事記伝」に出てきます。
一応、自分の解釈は
読み方は「これ」
意味は「これによって」
と思うのですが、国語学的な根拠がないので、
自信がありません。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

例えば古事記傳七之卷神代五之卷の二段目「須佐之男命御啼伊佐知の段」の冒頭を見てください。「故各隨依賜之命所知看之中」に、「カレ オノモオノモ ヨサシタマヘル  ミコトノ マニマニ シロシメス ナカニ」と訓みが添えられています。

「かれ」は、「か・あれ」の縮まったもので、「か」は「あれ」「あそこ」と物を指し示す語、「あれ」は物が明瞭に見える意の「ある」の「已然形」で、「あるので」「あるのだが」というような意味。併せて、「そのようなことであるから」といったような意味に使われます。

「自分の解釈」と仰るのはとても良いことですね。国語学的な根拠など参考程度にすればよいでしょう。それこそ宣長の言う「おほらか」ということでしょう。

Q「全てのものは1から作り出され、全てのものは1へと帰って行く。すなわち1は全。1により全があり、1の

「全てのものは1から作り出され、全てのものは1へと帰って行く。すなわち1は全。1により全があり、1の中に全がある。1が全を含まなければ全は無なり」は誰の言葉ですか?

これの矛盾も指摘してください。

Aベストアンサー

エドワードエルリック。

Q「馬前」←1字の漢字です。読みと意味は何ですか?

「馬前」←1字の漢字です。読みと意味は何ですか?
人名のようなのですが、[馬前]原という記述がありました。
第2水準にも無い漢字のようですが、何と読むのでしょうか?
また意味は何ですか?

Aベストアンサー

漢字辞典で調べたらありました。人名については分かりません。

読み:「セン」古い中国の読み方だと「ゼン」の場合も
意味:蹄の白い馬
「[馬前]原」の読み:「きばはら」

参考…大修館「漢語新辞典」

Q人生の経験は全ての糧になる 全ては技術より経験である この文に矛盾、反論をしてください。

人生の経験は全ての糧になる
全ては技術より経験である

この文に矛盾、反論をしてください。

Aベストアンサー

全ては人から何でも始まっている


人気Q&Aランキング

おすすめ情報