母からどうしても詳しく調べて欲しいと頼まれ、イーハトーブについて検索しているのですが・・・
「宮沢賢治」「岩手県」「理想郷」というキーワードは出るのですがそれぞれの関連や元々の意味など詳しく知りたいと思っています。おばかな質問で申し訳ないのですがイーハトーブについてご存知の方、何でも結構ですので教えて頂けないでしょうか、よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

岩手は旧仮名使いで「イハテ」


その「テ」をエスペラント風に「ト」と、
さらにドイツ語で場所を表わす「ヴォ」をつけてイハトヴォ、
それが訛って「イーハトーブ」というのが由来だそうです。

自分の故郷花巻(岩手)を理想郷としてそう呼んだみたいですね。
昭和2年に「イーハトーブの氷霧」を発表以来ことあるごとに
イーハトーブを推していたみたいです。

ちなみに宮沢ゆかりの地、花巻市のオフィシャルサイトは
http://www.city.hanamaki.iwate.jp/index.html
です。

※下記参考URLにKAORINさんの知りたいことがあるかもしれませんよ。


P.S. 「カオリン」に「なっち」じゃ"モーニング娘。"ですがな・・・

参考URL:http://www.harimaya.com/harimaya/iwate/iwate.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なっちさんご回答ありがとうございました。
お礼が大変遅くなってしまい本当に申し訳ありませんでした。
母とは離れて住んでいますので教えて頂いたURLをプリントアウトして送りました。
実は母が花巻に旅行をした時からの疑問だったそうなのですが、今更知らないとも言えずにいたようでとても喜んでおりました。本当にありがとうございました。なのにお礼が遅くなりまして本当にごめんなさい。
OKのモー娘。ということでこれからも宜しくお願いしますぅ。

お礼日時:2001/05/09 04:55

宮沢賢治愛読者です。


名前の由来はNATCHIさんがご紹介してくださったので割愛しますが、
私が私なりに宮沢賢治を読んでいて、感じている「イーハトーブ」は
単なる「理想郷」、「彼の故郷」だけではないと思います。
彼は教師を辞めて農業を営みました(教師をしながらの時代もありますが)。
その際に地元の自然に彼の「イーハトーブ」を見たんだと思います。
自然と本当に共存し、生き物の1つとして人間が生きる世界が
彼の言う「イーハトーブ」だと思います。
ちょっと難しく、ちょっと自分の世界に入りましたが、理解戴ければ
幸いです。 KEIN
    • good
    • 0
この回答へのお礼

KEINさんご回答本当にありがとうございます。
なのにお礼がとんでもなく遅くなりまして申し訳ありませんでした。
頂いたアドバイスは母にプリントアウトして送りました。
母曰く、宮沢賢治に抱いていたイメージが変わってきたとのことでした。彼の見たイーハトーブをそのまま感じることは出来ませんが彼について勉強しなおし、色々と思いを巡らせているようです。良いヒントを頂いて本当にありがとうございました。自信なしなんておっしゃらずにとは母の弁です。
今更のお礼で本当に申し訳ありませんでした。

お礼日時:2001/05/09 05:02

どうやら宮沢賢治の世界観やら生活観やらが、色々組み合わさったものみたいで、良く分かりませんが、参考までに「宮沢賢治事典」をリンクします。



参考URL:http://www.g-search.or.jp/kenji/ihatov/ihatov.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

arai163さんご回答どうもありがとうございました。忘れた頃のお礼になってしまいまして本当に申し訳ありません。
教えて頂いたURLは母にプリントアウトして送りました。長年の疑問が解けて喜んでいました。
宮沢賢治事典を参考にもう少し宮沢賢治を勉強すると申しておりました。
せっかくご回答下さったのにお礼が遅くなりまして本当に申し訳ありませんでした。

お礼日時:2001/05/09 04:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q宮沢賢治の詩「隅田川」についての質問です。 http://www.ih

宮沢賢治の詩「隅田川」についての質問です。 http://www.ihatov.cc/bn_mi/741_d.htm このサイトにある 「泥洲」 この漢字はなんと読むのでしょうか? また 「酔はずさびしく」 この部分はどのように読むのですか?教えてください

Aベストアンサー

こんばんは。

「泥洲」は、「どろす」だと私も思います。
ただ、『宮沢賢治 文語詩の森 第二集』(柏書房)という本にこの詩の評釈が載っているのですが、その「語注」では、「でいす」という読みが示されています。(同書p.190)
しかし、「でいす」ではいわゆる「重箱読み」になってしまいますし、やはり私としては「どろす」読むのが自然だろうと考えています。

あと「酔はずさびしく」は、他の方もご指摘のとおり「よわずさびしく」でしょうね。

ところで、下のNO.1の回答の方が述べられているとおり、たしかにこの作品は、滝廉太郎の「花」を連想させるところがありますね。

Q宮沢賢治の童話

こんにちは。現在、文学部の日本文学で「宮沢賢治」研究をしています。

今回、賢治の内部的な童話執筆動機についての意見を聞きたく、投稿させていただきまいた。


今まで専攻論文などをいくつか読み、賢治が童話を書き始める外部的要因(1921年の高知尾智耀との出会いや小学校の恩師八木の影響)
については資料が集まったののですが、賢治の童話を書き始めた内部的要因(賢治の心境の変化など・・・
)について、よく理解できないでいます・・・。

なぜ、賢治は童話を書き始めたのでしょうか??
皆様の意見を聞かせてください。
お願いします!!
 

 

Aベストアンサー

なぜ宮沢賢治は童話を書き始めたか。
それは、彼の信じる仏教を皆に伝えるためにほかなりません。彼自身、はっきりとそういっています。彼は、童話を書いて、一軒一軒のうちのポストに入れたときもあります。

彼を理解するには、彼の信じる宗教から研究していった方がわかりやすいと思います。私自身、放送大学の研究論文で、「宮沢賢治の宗教観」と題して研究しました。そこで役にたった本は、北辰堂の『宮沢賢治の宗教世界』という本です。確か2万円ぐらいしたでしょうか。でも、大変役に立ちました。

賢治を研究するとき、忘れてならないのは、妹とし子の存在です。賢治はとし子を、妹として、また女性として愛していました。わたしは、賢治の女性観も研究しました。この論文を書いたことから、わたしは賢治により近づくことができました。賢治は、わたしにとって、ただの童話作家ではなく、わたしの魂の近いところにいます。弱肉強食の悲しみも、わたしの悲しみを代弁してくれているようで、これからも賢治を心に常において、生きていこうと思っています。

すみません、つい賢治のこととなると…。
がんばって、賢治を研究してくださいね。

なぜ宮沢賢治は童話を書き始めたか。
それは、彼の信じる仏教を皆に伝えるためにほかなりません。彼自身、はっきりとそういっています。彼は、童話を書いて、一軒一軒のうちのポストに入れたときもあります。

彼を理解するには、彼の信じる宗教から研究していった方がわかりやすいと思います。私自身、放送大学の研究論文で、「宮沢賢治の宗教観」と題して研究しました。そこで役にたった本は、北辰堂の『宮沢賢治の宗教世界』という本です。確か2万円ぐらいしたでしょうか。でも、大変役に立ちました。

...続きを読む

Q宮沢賢治さんの本

宮沢賢治さんの生涯だとか病歴だとかが書かれている本をご存知の方、ぜひ教えてください!!

Aベストアンサー

そういうのが書かれているのが 伝記ってのですね。
それで 組み合わせて検索するといろいろ出てきますよ。

参考URL:http://www.tk-telefilm.co.jp/kenji_1.html

Q宮沢賢治の「春と修羅」について

宮沢賢治の「春と修羅・序」の肉筆原稿が掲載されているサイトをご存知の方いらっしゃいましたら、教えてください。

Aベストアンサー

Googleで検索してみましたが、

盛岡白百合学園中学高等学校のHPに
宮沢賢治ワンダーランドというページがあり、
この中に”17 賢治の原稿”のページがありました。
いかがでしょうか。

参考URL:http://morioka-shirayuri.morioka.iwate.jp/07bulletin/kenji/kenji.html

Q宮沢賢治の「永訣の朝」について大至急お願いします!!

妹トシの死の直前の詩なのですが結局言いたい事がよく解りません(T_T)
口語訳とか、意味とか知ってる事があったら何でもいいので是非教えて下さい!!

Aベストアンサー

URLに口語訳が載ってます。

リンクしてもいいのかなー(^^;と思いましたが
宮澤賢治は既に著作権が切れてるようなので(死後50年経ったってことですね)
あっちこっちで利用されています。多分、大丈夫・・・。

もう少し補足すれば、宮澤賢治とこの妹は宗教感を同じくして
大変心の通じ合った兄弟だったようです。
一緒に載っている「松の針」「無声慟哭」もその妹の死に関しての詩のようです。
読んでみてください。

参考URL:http://member.nifty.ne.jp/walnut-home/page242.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報