見守り電球またはGPS端末が特価中!

おはようございます。

なんだか、朝からばかげてる質問だと思われるかもしれませんが・・・・

どうも、昔から適当に使ってきた  ”ず ” と ”づ ”
使い分けを、分かりやすく教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

No.5の方、No.6の方の繰り返しになりますが、『現代仮名遣い』の規定では、


「ぢ」「づ」を使うのは、同音の連呼によって生じた「ぢ・づ」(ちぢむ・つづく、等)と、
二語の連合によって生じた「ぢ・づ」(はなぢ・みかづき、等)の、二つのケースに限られます。

このうち、よく迷うのが、後者(二語の連合)の場合です。

例えば、「新妻」は「にいづま」で、「稲妻」は「いなずま」です。
同じ「妻」という漢字なのに、なぜ片方が「づ」で、片方が「ず」なのかという疑問が当然起こります。

これは、複合語の場合に「ジ・ズ」の音を生ずるその言葉が、現在生きて使われ、意味が明らかであるかどうかが、判断の規準になると考えられます。『現代仮名遣い』によると、現代語の意識では一般に二語に分解しにくいものは「じ」「ず」を用いて書く、となっていますが、要するに、複合語の下半分の言葉の意味が生きているかどうかで異なるわけです。

「新妻」は、分解すると「新しい妻」であり、「妻」という言葉が生きています。しかし、「稲妻」を分解すると「妻」の意味が明らかでありません。すなわち二語に分解しにくいわけです。
そこで、新妻は「にいづま」、稲妻は「いなずま」となるわけです。
    • good
    • 21

#5さんのおっしゃるとおりです。


かつて日本語の発音では、ぢとじ、づとずは、区別していたようです。
しかし、いつのまにか、同音となり混乱が生じていため、文部省が
表記を統一した。という経緯があるそうです。

余談ですが、司馬遼太郎さんの「街道を行く」に
「この改革によって、高知県の小学校が大混乱におちいった。
高知では、ずとづを区別して発音する。水は「みどゅ」であって断じて「みず」ではない。」
というような記載があったのを思い出しました。


#5さんの説明を、分かりやすく補足しますと、 
本来「つ、ち」という発音である言葉が連合、連呼によって濁音化
した場合のみ、づ、ぢと表記されるということです。

連合の例
折る+つる=おりづる のように本来の「つ」という発音が、他単語
と結合することによって、濁音化した場合「づ」と表記します。

連呼の例
他に、ふぶき、こごと など同音が続いたときに、後の音が濁音化することを言います。 
    • good
    • 7

”ず づ ” と ”じ ぢ ” の使い方は同じようなものです。

現代仮名遣いでは”ず づ ”と発音されるものは”ず ”、”じ ぢ ”と発音されるものは”じ ”と書くようになっています。しかし、例外として
 1.二つの言葉が連合して生じたもの。
 例、はなぢ、いれぢえ、--ぢから、--づくし
 2.同音の連呼と呼ばれているもの。
 例、ちぢむ、つづく、つづる など
 ただ、はなぢなどは鼻と血を意識していない場合が多くはなじでもいいことになっているようです。地震などは原則どおり、じしんです。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~lf4a-okjm/genkan61.htm
    • good
    • 6

例外は別の機会に探していただくとして。



ワープロ等を教える時は「ず」と「づ」の使い分けは
そのまま発音して違和感が無い時ほうに濁点をつける、と教えます。

気づく ⇒ きがつく なのでつにてんてん きづく
続く  ⇒ つづける なのでつにてんてん つづく 

どちらでも変換されてしまう例外として。
例外:基づく ⇒ 基づく、基ずく 
   少しずつ ⇒ 少しずつ、少しづつ

使い分けに困ったら、ばらして考えます。
    • good
    • 8

もともとを考えればよいと思います。



例えば「使いづらい」は「使うことがつらい」なので「づ」ですよね。

広辞苑に掲載されているようです。

参考URL:http://www.tomo.coo.net/memo/japanese.html
    • good
    • 2

濁点をとり、発音してみて通じる方の文字に濁点をつける。


と昔教わった記憶があります。
例外も存在するみたいなので、逆に例外として記憶します。

すこしづつ->すこしつつ
つづく->つつく

など。
    • good
    • 8

こんにちは。

maruru01です。

とりあえず、濁点のない単語の前に別の単語が付いて濁点が付加される場合は、元の文字に濁点です。

釣り(つり)→船釣り(ふなづり)
済み(すみ)→確認済み(かくにんずみ)

とりあえず、です。
では。
    • good
    • 7

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「ず」と「づ」の使い分けが分かりません。

文章を書いていて、「ず」と「づ」の使い分け方が分かりません。
例えば「気付く」の場合でも悩むのですが、少し考えて「気が付(つ)く」だから「きづく」だ。と分かるのですが、
やはりすぐに書けません。
他の文章でもたくさん「ず」や「づ」が出てくるのですが、判断が付かない場合が結構あります。
さすがに「お」と「を」は完璧に分かるのですが、
何か使い分けるコツとかあるのでしょうか?

いい年をして小学生レベルな質問ですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#7です

大人ほど子供のとき習った改定前のことを覚えているので、返って判断が困難だと思います。
「そんなの普通に書けるよ」といった人に難しいそうなところを選んで、テストして笑ってやってください。

Q「ず」と「づ」について・・・

お恥ずかしい話なのですが

「ず」と「づ」の使い方について
小学生の低学年にわかりやすく説明する手段がありましたら伝授いただきたいので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

基本的にズの音は「ず」で表記するが、例外があるということです。その例外とは、2の方のいわれるような場合と、もう一つは「ず」のまえの字に従うということです。「続く」は「つづく」で「つずく」はまちがい。「涼しい」は「すずしい」で「すづしい」はまちがい。つまり、「つ」に続くから「づ」、「す」に続くから「ず」です。

「じ」と「ぢ」も同様です。基本は「じ」。爺は「じい」で「ぢい」でない。蜆は「しじみ」で「しぢみ」でなく、縮むは「ちぢむ」で「ちじむ」でない理由は、もうおわかりですね。

Qぢ と じ の違い?

じぬし(地主)じしん(地震)等 ち(地)に濁点なのにじ
しかし鼻血は はなぢ 。
みぢか(身近)等 語中では ぢ になっております。
語尾 語中では ぢ で使用 語頭では じ を用いるのが正しいのでしょうか?

Aベストアンサー

私は、国語に関する原稿執筆を仕事としており、各サイトで何度か同じご質問に答えて参りました。今回はいい機会ですので、網羅的に説明させていただきたいと思います。部分的に、他の方のご回答と重なる点もございますが、ご了承ください。

まず、国が内閣告示・訓令で定めた「現代仮名遣い」(昭和61年 全文は文化庁のHP=下記URL内にあります。)では、「ぢ」「づ」を使うのは次の二つの場合(例外)に限り、それ以外は原則としてすべて「じ」「ず」を使うことになっています。

例外1)同音の連呼によって生じた「ぢ」「づ」
例 ちぢむ(縮む) つづく(続く) つづみ(鼓)
例外2)二語の連合によって生じた「ぢ」「づ」
例 はなぢ(鼻+血) そこぢから(底+ちから) たけづつ(竹+筒) みちづれ(道+連れ)

以上のことから結果的に(現象的に)、
「語頭には『ぢ』『づ』は来ない。」
ということになります。

なお、次のような語は「二語の連合」ではあるけれども、「現代語の意識では二語に分解しにくい(元々の言葉を想起しづらい)」という理由で、当初(昭和21年の内閣告示・訓令)は「じ」「ず」と書くことになっていました。
例「世界中(せかいじゅう)」「稲妻(いなずま)」
しかし、「現代語の意識では二語に分解しにくい」という理由が主観的すぎるなどの批判があってか、昭和61年の内閣告示・訓令では、上記のような語について、
「『じ』『ず』を用いて書くことを本則とし、『せかいぢゅう』『いなづま』のように『ぢ』『づ』を用いて書くこともできる」
と、規範が緩められました。

その規範の緩和がなければ(「中」を「ぢゅう」と読むことが許されなければ)、現象的に次のようなことがいえたのです。
「『ぢ』『づ』は、和語(訓読みの言葉・漢字)に限られ、漢語(音読みの言葉・漢字)には用いられない。」

さて、ご質問の「地震」の「じ」ですが、これは、上の二つの例外にあてはまりません。しかも、現象的な面(語頭には来ない・音読みである)から見ても、「ぢ」とは読めません。
つまり、もともと「地」には、「ち」「じ」という二つの音読みがあるのです。「省」に「せい」「しょう」という二つの音があるのと同じ事です。(ここらの経緯は、日本における漢字受容の歴史に関係しているのですが、煩雑になるのでここでは触れません。)
「地震」の「地(じ)」は「ち」が濁ったものではないのです。

ただ、ややこしいのは、「地震」をかつて(歴史的仮名遣いで)は「ぢしん」と書いていたということです。しかし、この「ぢ」も「ち」が濁ったことを表しているのではなく、かつては「じ」と「ぢ」の発音が実際に異なっていたことの名残なのです。
今では、全国的に「ぢ」「じ」、「づ」「ず」はそれぞれ同じ音で発音されますが、歴史的仮名遣いの定められた平安時代の共通語では、文字どおり異なった音で読んでいたのです。つまり、その当時「地」は「ぢ」という「じ」とは違った読み方をしていたのです。
しかし、江戸時代ごろまでには、ごく一部の地域(九州など)を除いて、「ぢ」「じ」、「づ」「ず」は、それぞれ同じ音で発音されるようになりました。つまり、「ぢ」「じ」は発音上区別されなくなったのです。

そのような表記と発音の不一致は、国民の言語教育にとって、大きな障害となります。そこで明治以来、仮名遣いの改革が論じられ続け、ついに戦後間もない昭和21年に、前記のごとく「内閣告示・訓令」が出されて今のような現代仮名遣いが行われるようになり、それが昭和61年に一部修正され、現在に至っているのです。

長くなりましたが、以上が「ぢ」「じ」にまつわる仮名遣いについてのあらましです。

「国語学辞典」(東京堂)「日本文法辞典」(有精堂)「日本文法大辞典」(明治書院)「日本語の歴史」(岩波新書)などを参考にしました。

参考URL:http://www.bunka.go.jp/kokugo/frame.asp?tm=20061109114640

私は、国語に関する原稿執筆を仕事としており、各サイトで何度か同じご質問に答えて参りました。今回はいい機会ですので、網羅的に説明させていただきたいと思います。部分的に、他の方のご回答と重なる点もございますが、ご了承ください。

まず、国が内閣告示・訓令で定めた「現代仮名遣い」(昭和61年 全文は文化庁のHP=下記URL内にあります。)では、「ぢ」「づ」を使うのは次の二つの場合(例外)に限り、それ以外は原則としてすべて「じ」「ず」を使うことになっています。

例外1)同音の連呼に...続きを読む

Q「づ」、「ず」の使い分け

「づ」、「ず」の使い分けについて、きまりてきなものは、あるのでしょうか? よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私は、国語に関する原稿執筆を仕事としており、各サイトで何度か同じご質問に答えて参りました。今回はいい機会ですので、網羅的に説明させていただきたいと思います。部分的に、他の方のご回答と重なる点もございますが、ご了承ください。

まず、国が内閣告示・訓令で定めた「現代仮名遣い」(昭和61年 全文は文化庁のHP=下記URL内にあります。)では、「ぢ」「づ」を使うのは次の二つの場合(例外)に限り、それ以外は原則としてすべて「じ」「ず」を使うことになっています。

例外1)同音の連呼によって生じた「ぢ」「づ」
例 ちぢむ(縮む) つづく(続く) つづみ(鼓)
例外2)二語の連合によって生じた「ぢ」「づ」
例 はなぢ(鼻+血) そこぢから(底+ちから) たけづつ(竹+筒) みちづれ(道+連れ)

以上のことから結果的に(現象的に)、
「語頭には『ぢ』『づ』は来ない。」
ということになります。

なお、次のような語は「二語の連合」ではあるけれども、「現代語の意識では二語に分解しにくい(元々の言葉を想起しづらい)」という理由で、当初(昭和21年の内閣告示・訓令)は「じ」「ず」と書くことになっていました。
例「世界中(せかいじゅう)」「稲妻(いなずま)」
しかし、「現代語の意識では二語に分解しにくい」という理由が主観的すぎるなどの批判があってか、昭和61年の内閣告示・訓令では、上記のような語について、
「『じ』『ず』を用いて書くことを本則とし、『せかいぢゅう』『いなづま』のように『ぢ』『づ』を用いて書くこともできる」
と、規範が緩められました。

その規範の緩和がなければ(「中」を「ぢゅう」と読むことが許されなければ)、現象的に次のようなことがいえたのです。
「『ぢ』『づ』は、和語(訓読みの言葉・漢字)に限られ、漢語(音読みの言葉・漢字)には用いられない。」

例えば「地震」の「じ」ですが、これは、上の二つの例外にあてはまりません。しかも、現象的な面(語頭には来ない・音読みである)から見ても、「ぢ」とは読めません。
つまり、もともと「地」には、「ち」「じ」という二つの音読みがあるのです。「省」に「せい」「しょう」という二つの音があるのと同じ事です。(ここらの経緯は、日本における漢字受容の歴史に関係しているのですが、煩雑になるのでここでは触れません。)
「地震」の「地(じ)」は「ち」が濁ったものではないのです。

ただ、ややこしいのは、「地震」をかつて(歴史的仮名遣いで)は「ぢしん」と書いていたということです。しかし、この「ぢ」も「ち」が濁ったことを表しているのではなく、かつては「じ」と「ぢ」の発音が実際に異なっていたことの名残なのです。
今では、全国的に「ぢ」「じ」、「づ」「ず」はそれぞれ同じ音で発音されますが、歴史的仮名遣いの定められた平安時代の共通語では、文字どおり異なった音で読んでいたのです。つまり、その当時「地」は「ぢ」という「じ」とは違った読み方をしていたのです。
しかし、江戸時代ごろまでには、ごく一部の地域(九州など)を除いて、「ぢ」「じ」、「づ」「ず」は、それぞれ同じ音で発音されるようになりました。つまり、「ぢ」「じ」は発音上区別されなくなったのです。

そのような表記と発音の不一致は、国民の言語教育にとって、大きな障害となります。そこで明治以来、仮名遣いの改革が論じられ続け、ついに戦後間もない昭和21年に、前記のごとく「内閣告示・訓令」が出されて今のような現代仮名遣いが行われるようになり、それが昭和61年に一部修正され、現在に至っているのです。

長くなりましたが、以上が「ぢ」「じ」にまつわる仮名遣いについてのあらましです。

「国語学辞典」(東京堂)「日本文法辞典」(有精堂)「日本文法大辞典」(明治書院)「日本語の歴史」(岩波新書)などを参考にしました。

参考URL:http://www.bunka.go.jp/kokugo/frame.asp?tm=20061123121603

私は、国語に関する原稿執筆を仕事としており、各サイトで何度か同じご質問に答えて参りました。今回はいい機会ですので、網羅的に説明させていただきたいと思います。部分的に、他の方のご回答と重なる点もございますが、ご了承ください。

まず、国が内閣告示・訓令で定めた「現代仮名遣い」(昭和61年 全文は文化庁のHP=下記URL内にあります。)では、「ぢ」「づ」を使うのは次の二つの場合(例外)に限り、それ以外は原則としてすべて「じ」「ず」を使うことになっています。

例外1)同音の連呼に...続きを読む

Q「わかりづらい」  と  「わかりずらい」

「わかりづらい」  と  「わかりずらい」
漢字にすると(判り辛い、解り辛い)なのかと思います。

「わかりづらい」が正しいとおもって使っていたのですが、
最近「わかりずらい」もよく目にします。

二者択一だったら皆様はどちらを使うべきですか?

アドバイスを頂きたいと思います。

Aベストアンサー

goo 辞書より

づら・い 【▽辛い】
(接尾)
〔形容詞型活用([文]ク づら・し)〕動詞の連用形に付いて、その動作をすることに困難を感ずる意を表す。…にくい。
「老眼で辞書が見―・い」「読み―・い本」「無愛想で話し―・い」
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%C5%A4%E9%A4%A4&jn.x=24&jn.y=14&kind=jn&mode=0

ずらい
検索結果に該当するものが見当たりません。
キーワードを変更して再度検索をしてみてください。
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%BA%A4%E9%A4%A4&jn.x=29&jn.y=11&kind=jn&mode=0

私は辛い(つらい)→づらい、と考えて「づらい」を使っています。

参考URL:http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%C5%A4%E9%A4%A4&jn.x=24&jn.y=14&kind=jn&mode=0

goo 辞書より

づら・い 【▽辛い】
(接尾)
〔形容詞型活用([文]ク づら・し)〕動詞の連用形に付いて、その動作をすることに困難を感ずる意を表す。…にくい。
「老眼で辞書が見―・い」「読み―・い本」「無愛想で話し―・い」
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%C5%A4%E9%A4%A4&jn.x=24&jn.y=14&kind=jn&mode=0

ずらい
検索結果に該当するものが見当たりません。
キーワードを変更して再度検索をしてみてください。
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%BA%A4%E9%A4%A4&jn...続きを読む

Q「づ」と「ず」の使い方

「づ」と「ず」の使い方、どんなときに「づ」でどんなときに「ず
」を使えばいいのでしょうか。詳しく教えてください。

Aベストアンサー

全部が全部ではないのですが、
「゛」をとった時の発音で私は判断する事があります。
例えば…
いきづまる?それとも、いきずまる?
で迷ったとします。

そしたら「゛」を取ってみるんです。

いきつまる。いきすまる。

『いきすまる』…息がすまる、変な言葉ですよね。
『いきつまる』…息が詰まる、でそれっぽいなと。

ってことで「いきづまる」だな、なんて。
これはほんとに迷った時にしか使えないですかね(笑)

Q「づつ」?「ずつ」?

今、ワードを使っていて壁にぶつかりました。
恥ずかしながら「~を一つずつ(づつ)あたえる」と入力したいのですが「づつ」と「ずつ」どちらが正解なのでしょうか?
あと「わかる」と言う漢字も、「分かる」「解る」「判る」と色々あってどちらを使って良い物か分からない場合が多いです・・・・社会人としてお恥ずかしい

Aベストアンサー

(1) 「ず」と「づ」は歴史的には発音が違っていましたが、現代では発音上の区別がありません。したがって、『現代仮名遣い』(昭和61年7月1日 内閣告示第1号)では、いくつかの例外を除いて、「づ」を用いないように定めています。ご質問のお答えは、「ずつ」が正解です。

(2) 「分かる」「解る」「判る」は、それぞれ意味が少し違います。
【解る】理解する。ことの筋道がはっきりする。
【判る】判明する。明らかになる。
【分かる】上二つの意味を併せたいい方。
『常用漢字音訓表』(昭和56年10月1日内閣告示)に、「分かる」はあるのですが、「解る」と「判る」は載っていません。「解」も「判」も常用漢字表には含まれていますが、「わかる」という読み方が載っていないのです。新聞やテレビなどのマスコミが「分かる」を優先的に使う理由はそこにあります。
質問者さんが公務員で、公文書を作成されるなら、「分かる」に統一する必要があります。民間の文書や私信なら、「分かる」「解る」「判る」を使い分けて、日本語の奥ゆかしさを味わいたいものです。

Q「いずれか」と「いづれか」どっちが正しい!?

教えて下さいっ!
”どちらか”と言う意味の「いずれか」のかな表記として
「いずれか」と「いづれか」のどちらが正しいのでしょう???

私は「いずれか」だと思うんですが、辞書に「いずれか・いづ--。」と書いてあり、???になってしまいました。
どちらでもいいってことでしょうか?

Aベストアンサー

「いずれか」が正しいです.
「いづれ」は「いずれ」の歴史的かな遣いですので,昔は「いづれ」が使われていましたが,現代では「いずれ」で統一することになっていますので,「いずれ」が正しいです.

Q『更迭』と『罷免』の意味

皆様、こんにちは。

最近何かとよく耳にする『更迭』と『罷免』ですが、意味が同じように思えてなりません。(他にも『解任』などもあったりして)

どちらも、『人を辞めさす』という意味で間違いないと思いますが。
gooの国語辞典で調べると、『罷免』は単に辞めさす事。
『更迭』は他の人に変える事とでてきます。
だとしたら、『更迭』の用法としては『○○を△△に更迭する』という形となると思うのですが、新聞やTVなどメディアでは『○○を更迭』と使っている気がします。
これは単にメディアがきちんとした使い方をしていないという事なのでしょうか?

なんだかうまくまとまりませんが、『更迭』と『罷免』について分かりやすい用法や明確な違いをご存知の方がいらっしゃれば是非教えて下さい。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

罷免--免職と同じで、辞めさせる事. **を罷免する。はやくいえば首
解任---任を解く  課長の任、地位を解く。**さんを解任するはその人の任(地位)を解くで、**さんを辞めさせるという事ではない。結果的には首もあるでしょう.
更迭---人を変える。**を更迭する。--に***を更迭でもいいし、**を更迭するでも、どこへ行こうが更迭をされる事実がわかれば、いいのだから、**を更迭でもかまわいと思います.地位を下げられる人もあり.

Q『う』と『お』の違い。

小学一年生の娘の質問に誰か答えてはいただけないでしょうか?
『お父さん』は『おとうさん』なのに、
何で、『氷』は『こおり』なの・・・

解っていただけたでしょうか??
同じ『お』と発音する物でも、
書き方は『お』や『う』がある。
同じように『じ』と『ぢ』、『ず』と『づ』・・・

なんでって聞かれたらどう答えたらいいのでしょう?
何か、法則でもあるのでしょうか?
バカバカしい質問ですが、
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 オ列長音の問題に関して、#5、#7、#8の回答が非常に正鵠を得ているのですが、一般の方にはわかりにくく、ましてや小学生にそのまま伝えてもちんぷんかんぷんですよねえ。
 以前に小学生を塾で教えていたときには、私は次のように言っていました。
(1)漢字の音読みに出てくる「オー」という音は「おう」と書く。
(2)漢字の訓読みに出てくる「オー」という音は「おお」と書く。
(3)「お父さん(おとうさん)」「扇(おうぎ)」「今日(きょう)」などは例外なので覚える。
 なぜそうなるかは、今はまだ難しいから、高校へ行って「歴史的仮名遣い」という昔の書き方を習ったときに、国語の先生に聞きなさい。


人気Q&Aランキング