出産前後の痔にはご注意!

なんで、柔道は練習や試合で発声を多用し、大声をかけあうんですかね?
試合なんかでも、わざわざ「よーしこーい!!」、「やあー!!」とか「おりゃー!!」とか
仰々しく大きな声をはりあげたりして技をかけなくてもいいんじゃないかと思うんですが。
声がでかくても技がきれいに決まらなければ、ポイントはつかないですし。
ボクシングのように「シュッ!シュッ!シュッ!」とやや小声でも敏捷な発声をするほうがそのスピーディなリズムにのって技をかけるとリズムもいいと思います。

ふだんの練習でも、わざわざ「うおーい!」とかみんな言いながら練習しますよね?
もっと黙々と集中してやればいいんじゃないかと思うんですが。

どういうわけか柔道は気合・根性の精神論のイメージが強いのですが
大声で発声しながら練習しないといけないものだ というイメージが固定観念として定着してしまっている気がします。
みんなで大声を出しながらやっていないと、気分が盛り上がらない、ノリやテンションが下がるとかいうのは、単に気分的・感情的なものにすぎないと思います。
そんな感情論でワーワー声出しを言いながらやらないといけないのって変な気がします。

かくいう私は柔道経験者で2段をもっていますが、個人的な経験ですが、「弱い犬ほど・・」とまでは言いませんが、ギャーギャー吠えてうるさいやつより、わりと黙っている静かなやつのほうが強いやつが多かった印象です。
いつどこから仕掛けてくるか読めないからです。
またギャーギャーうるさいやつと当たるとたいてい周りで
そいつを応援してる仲間連中もさらにギャーギャーうるさいので
うっとおしかったです w

いまさらながら思ったんですが、柔道ってワーワーいいながらやることに合理的な理由があるんでしょうか?
大声出してやってるとそっちにエネルギー使ってしまいますし
もっと黙ってやってもいいんじゃないかと思うんですが。
先述のボクシングの「シュッ!シュッ!シュッ!」くらいで十分だという気がします。
練習や試合で、黙って静かにやってることがいけないことのようなイメージがおかしい気がします。

ご意見・感想をお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

 人間の動作には、普段は「理性」というリミッターがかかっています。

無理をしたら身体の方が壊れてしまいますから、限界よりもかなり手前で力を押さえてしまうのです。

 大声を出すというのはこのリミッターを外してしまう効果があります。「火事場の馬鹿力」を出せるようになるわけですね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

確かに、技をかけて思わず力がこもって、「おりゃ!」と
叫んでしまうこともあります。
ただ、それは技をかけている最中の力がこもるときの出来事であって
技をかけてもいない、あるいは技かける前に、吠えることに意味がないのではと思います。

お礼日時:2007/06/18 20:34

運動部は、どこでも多かれ少なかれ、低学年は特に、声だしさせられるでしょう。

バスケでもテニスでもサッカーでも……。日本体育会の伝統ですから……。声だしに、特に意味はないと思います。声出したって、技術は上がりません。ただ、団体競技の場合は、自分の位置を知らせるために、声、試合中も出しますけどね。柔道でそれが必要か?まあ、精神論的なものでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
わたしも野球、サッカー、などの団体競技は
声かけによる連携も非常に重要なので、その点は不可欠と思います。

ただ、柔道に試合中に、外野の場外にいる仲間が
「相手の釣り手をもっとよせろ!」とか一生懸命アドバイスしてくれてても、相手との取っ組み合いの競技で、一瞬の駆け引きだから
横から何を言われているのかぜんぜん聞こえていません

お礼日時:2007/06/18 20:30

 声を出せば当人の感情が高ぶり、結果動きも良くなります。

感情と肉体の動きは密接な関係にあります。大声を出す事で身体中の筋肉の力が程よく抜けるという効果等。あと、柔道の稽古は大きな稽古場で集団でやるものですよね?あれだと、皆が声を出せば活気が生まれて相乗効果も生まれます。野球部だって無意味な掛け声をやたらと発しているでしょう。
 人によっては静かな方が集中できるでしょうが、一人の集中とその他大勢の活気と、どちらが優先されるかは自明でしょう。オリンピックの金メダルが圧倒的に確実な選手なら優先されるかもしれませんが。

 ボクシングの話ですが、大声を出した瞬間ボディに打たれたらどうなるか、素人にも想像に難くないでしょう。格闘技と言えども全く違う性質のものを、同じように扱うべきではないと思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2007/06/18 20:25

>みんなで大声を出しながらやっていないと、気分が盛り上がらない、ノリやテンションが下がるとかいうのは、単に気分的・感情的なものにすぎないと思います。



気分的・感情的なものはずいぶんと結果に影響しますよ。別に声を出せと言われているわけではないのに、なぜシャラポワは奇声を発するのか、なぜ室伏広治をはじめとした砲丸投げの選手があれほどまでに声を張り上げるのかを考えてみれば、おのずと答えは出てきます。たぶん声を出すなと言われたら記録も落ちるでしょうね。
ただ本来は自らのペースとタイミングで自然と声が出ればいいのですが、声を張り上げるろと指導されているから出さなきゃいけない、と考えてしまいがちなのだと思います。
僕も二段まで柔道やりましたが、気合を入れる発声とアクションのタイミングをあわせられる様になると、その大事さが実感できることがありましたよ。

>どういうわけか柔道は気合・根性の精神論のイメージが強いのですが

どういうわけかというよりも、そもそも柔道、剣道、空手など日本の武道は勝ち負けよりも精神の鍛錬が目的ですよ。心技体ですね。その結果を見せるのが試合ってわけで、勝つのが目的のほかのスポーツとは違います。その意味では、教育の一環として「元気のよさ」を表現させられるのは当然かもしれません。
勝ち負けにおいても、不合理な日本の柔道と、合理的なエッセンスのみ伝わった欧米の柔道ではどちらが強いかというと、やはり古臭い日本の柔道が強いわけですよ。そのあたりからも、合理性はまだ心技体に勝てないんだなとも感じます。

声だしに限らず、合理性を考えたら、耳がぎょうざになって腰も痛めるような柔道なんてやる人いませんよ。もっと体に良くて将来のためにもなるスポーツはたくさんありそうですから。

ちなみに剣道は授業でちょっとやったぐらいですが、「めーん」、「どーう」と声を張り上げなければ一本取れないと教わりました。当たっても声が小さいと無効だそうです。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ありがとうございます。
たしかに剣道はきれいに決まってても、声が出てないければ
ポイントがつかないというのはしっています

お礼日時:2007/06/18 20:24

一言でいえば「気合を入れる為」でしょうか。

    • good
    • 0

柔道、剣道は大声で相手を威嚇します。



火事場で火が燃えてるところ見たこと有りますか?
頭から水をカブリ、大声を出します。
これも似たような事で自分を奮い立たせている。

声でまづ勝つのです。大声だけで勝てるわけでは
無いのです。理論整然、スマートもありです。

ばんからではないでしょうか。意味分かります。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2007/06/18 20:23

>>ギャーギャー吠えてうるさいやつより、わりと黙っている静かなやつのほうが強いやつが多かった印象です。


そうでしょうか?
僕の周りのひとは吼える人ほどものすごく強かったですが・・・
県チャンピオンにもなりましたし全国にも行きましたが。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2007/06/18 20:22

スポーツ全般ですけど、最近の流行ではないですか。


卓球も何となく黙々と打ち込む競技と思っていましたが、昨今は「サー」とか声を上げるのが流行のようですし、相撲も「どすこい」とぶつかる。
実を私も横捨て身やかにバサミが得意なんですけど、相手を一瞬びびらせる目的で、「おっしゃー」とか奇声を上げて足を止め、姿勢が崩れたところで技に転じることがあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2007/06/18 20:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q子どもが柔道を習い始めましたが…

小学校低学年の息子が、柔道をやってみたいと言い出し、数ヶ月前から、近所の道場に通い始めました。
先生3人に対し、習いに来ている子どもたちは50人近くいて、
生徒さんの親兄弟、その道場に通っていた中高生が指導してくださっています。
…というか、生徒さんのほとんどは、親か兄弟が柔道をされている方ばかりで、
親兄弟に柔道経験がないのは、うちくらいです。。。

子どもたちの指導を一緒にしているくらいですから、
うち以外のみなさんは、家族ぐるみで親しくされていて、
完全にボランティアで指導に来てくださっているので、仕方のないことですが、
稽古中、ご自身のお子さん(兄弟さん)や、親しいお子さんの指導に一生懸命で、
うちの子は、時々声をかけてもらえる程度で、熱心に指導してもらえることがほとんどありません。

入門して数ヶ月…週4回、2時間の練習には一度も休まず参加していますが、
初回に礼法や受け身を教わり、2回目に大腰を教わっただけで、
3回目以降は打ち込みや乱取りをするように言われ、当然、毎回やられっぱなしです。

また、練習試合をやる際も、うちの子の相手は、「頑張れ」「技かけろ」と声をかけれもらえますが、
うちの子は応援されることが一度もなく…開始数秒であっけなく投げられて終わりです。


息子には、投げられるのも練習の一つ、まずは受け身を覚えないと!と励まし、
最初の頃は、息子自身も、頑張って投げられ続けていましたが、
最近になって、負けてばかりで悔しい、強くなりたい、と、練習から帰ると1時間ほど泣き叫ぶようになりました。
(週4回なので、なぐさめたり、励ましたりするのも辛くなってきました。)

上級生の動きを見学して、打ち込み乱取りを続けていれば、
特に指導してもらわなくても上達するのであれば、励まして様子を見たいと思いますが、
柔道経験がなく、的確なアドバイスもできませんが、親として何かしてあげられることがあるなら、
家でも練習をさせたいと思っています。

柔道経験のある方、子どもの指導をされている方のご意見を聞かせていただけたら嬉しいです。

小学校低学年の息子が、柔道をやってみたいと言い出し、数ヶ月前から、近所の道場に通い始めました。
先生3人に対し、習いに来ている子どもたちは50人近くいて、
生徒さんの親兄弟、その道場に通っていた中高生が指導してくださっています。
…というか、生徒さんのほとんどは、親か兄弟が柔道をされている方ばかりで、
親兄弟に柔道経験がないのは、うちくらいです。。。

子どもたちの指導を一緒にしているくらいですから、
うち以外のみなさんは、家族ぐるみで親しくされていて、
完全にボランティアで指導に来...続きを読む

Aベストアンサー

柔道歴10年の中年です。

他の回答者も言うように、50人規模の柔道場というのはそうとう
大規模としか言えません。俺自身、警察で柔道を習っていましたが、
先生が5-6人、子供が各学年5-8人で総勢20-30人、中学生になると
時間帯をずらして稽古をさせていました。

で、本題ですが、3回目から打ち込みはともかく乱取り参加というのは、
乱暴という印象すら感じます。俺の中学時代は、基礎動作(エビとか)と
受け身で数ヶ月は費やしました。その危機管理ができているのかという疑問。

次に柔道に限らないですが、初心者が短期間で強くなるなんて漫画の
世界だけです。通常の社会人だって、できない事は5W1Hなどをしっかり
考えて対策を考えて行動します。子供にそれを求めるのは難しいかも
しれませんが、どんな世界にだって頭を使う事は求められるのです。
プロ野球の現役最年長である山本昌選手も同じ事を言っています。

https://www.youtube.com/watch?v=FYEUNzj3o5Q

20年ぐらい前の柔道漫画にだって、柔「道」っていうんだから長い。
完璧な技を持ってる者なんて無に等しい。5-6年の経験を持っていても
それはよちよち歩きを卒業したぐらいだ。みたいな言葉がありました。

個人的印象ですが、習って数ヶ月ですといくつかの技を教えてもらって
その中から得意技を1つか2つ、徹底的に練習して磨き上げ「始める」
時期なのです。全国大会にでる高校生だって、持ち技は驚くほど少ない。
但し、その一つ一つが武器なのです。

「学問に王道無し」と言いますが、柔道も同じです。
俺の親も師範も同じ事を言うでしょうが、俺も同じ言葉を贈ります。
「泣き叫ぶぐらいの時間があれば考えろ。泣き叫ぶだけで強くなる
ならばそうしろ。ありえないけどね」

現状だと、強豪選手の練習相手にしかなりません。サンドバッグですな。
慰めるだけではその繰り返しにしかならないので、その次を導いてあげましょう。
それは柔道未経験の方にでもできます。

最後に、強くなる時期なんて皆バラバラです。
打ち込み(適格な技の反復練習)の強化は継続ですな。立ち技で
勝てなければ寝技もあります。個人的には寝技の強い奴はむちゃくちゃ怖い。
怪我をする事なく楽しんでください。勝つ事のみを求めると歪みますので。

柔道歴10年の中年です。

他の回答者も言うように、50人規模の柔道場というのはそうとう
大規模としか言えません。俺自身、警察で柔道を習っていましたが、
先生が5-6人、子供が各学年5-8人で総勢20-30人、中学生になると
時間帯をずらして稽古をさせていました。

で、本題ですが、3回目から打ち込みはともかく乱取り参加というのは、
乱暴という印象すら感じます。俺の中学時代は、基礎動作(エビとか)と
受け身で数ヶ月は費やしました。その危機管理ができているのかという疑問。

次に柔道に限らないですが、...続きを読む

Q試合会場がうるさいスポーツ・静かなスポーツ

例えばサッカーワールドカップなんかはすごい応援ですよね。
応援によってアウェイの選手はプレッシャーを受けたりして
サポーターは12人目の選手とか言われますよね。

私は卓球やバドミントンをやっております。
これらのスポーツってプレー中はあまり声をかける事は無いんです。
先日、試合で相手選手の応援が、ひどい大きな叫び声で
こちらはイライラしてしまいました。

時には皮肉の様な事を言う時もあり、内容的にはいい試合だった
のですが、勝った後でも後味がすごく悪かったです。
私の方からもう少し声を小さくしてもらえるよう2回も応援席にお願いした
のですが直らず、結局審判にも注意してもらったのですが
応援席は「関係ねーべや」とか言って最後まで声が納まる事はありませんでした。

後から考えてサッカーや野球のように絶えず大声で応援を
される種目もあるし、応援する人の権利だっていわれれば
そうなのかなあ?注意した私が悪かったのかな?
なんて思いましたがどうなのでしょうか。

Aベストアンサー

サッカーや野球では、応援は、なくてはならないものになっています。応援がなかったら、何か物足りないかもしれません。しかし、あまり過激になってしまうと、問題が生じます。

韓国で行われたワールドカップサッカーの試合では、スタンド全体が、韓国のサポーターのユニフォームの色、一色で埋めつくされて、ちょっと異様な雰囲気を漂わせていました。相手チームのミスを喜んだり、相手チームのファインプレーにブーイングしたり、このような応援の仕方は、あまり感心できるものではありません。お互いに、相手に対する敬意を忘れてはいけないと思います。

また、日本代表が勝利した試合の後、川に飛び込んだり、木に登ったりして、大騒ぎするサポーターがテレビに映し出されていました。たまには、羽目を外すことも大事でしょうが、あまり加減を知らないようでは、少々問題があります。自分たちが楽しければいいという考えでは、周りの人は白けてしまいます。

Q社会人でも・・・柔道をやりたい。

私は30代男性です。仕事もしています。結婚はしていません。

題名にもありますが、柔道を本気でしたいのです。

仕事はしていますが、それを投げ打ってでも柔道がしたい。オリンピックに引かれたとか、そうなんじゃないんです。もともと柔道を30過ぎから思いきり練習しようと恥ずかしながら、こんな考え方を持って働いてきた者です。

いざ、30過ぎに計画通り貯めたお金で、よし柔道をやるぞと、柔道を出来る環境を考えると・・・、当たり前?ですが何処にもないんです・・・。
市役所の生涯学習課やら、色んな所へ電話しても何処にもないんです・・・。塾程度や、週3回程度30分間集まって、やれる場所とかありますが、私のイメージとは程遠いのです・・・。
私は仕事を辞めてでも柔道が本気でしたい・・・。
もちろんやれる環境があれば、柔道をしていれば怪我もするでしょうし、仕事をしてれば、少なからず怪我の影響は出るわけで、甘いです、甘いですが、このご時世の中、仕事は間違いなく辞めます、初志貫徹ではないですが、自分のあの当時の気持ちを貫きたい・・・。仕事をしてれば、柔道をする時間も少しは減るわけで、手を抜く事はしたくないんです。働きながら柔道をする事が手を抜く事では、ないです。が、しかし私は柔道へ時間であれ自分の力であれ、出来るだけ全てを捧げたいんです。本気です。柔道が好きで働いてきたと言っても過言では有りません。むしろ、柔道がありキツイ仕事も頑張って来れました。

それこそ年齢制限とかはないわけだし、もちろん無理でしょうけど、出来れば日本代表になりたい、位な気持ちで望みたいんです。もちろん成れるチャンスがあれば、成ります。
その位な所で、柔道がしたいんです・・・。

私は30代男性です。仕事もしています。結婚はしていません。

題名にもありますが、柔道を本気でしたいのです。

仕事はしていますが、それを投げ打ってでも柔道がしたい。オリンピックに引かれたとか、そうなんじゃないんです。もともと柔道を30過ぎから思いきり練習しようと恥ずかしながら、こんな考え方を持って働いてきた者です。

いざ、30過ぎに計画通り貯めたお金で、よし柔道をやるぞと、柔道を出来る環境を考えると・・・、当たり前?ですが何処にもないんです・・・。
市役所の生涯学習課...続きを読む

Aベストアンサー

段位と強さは必ずしもリンクしませんよ。
例えば一線級のオリンピック選手でも、日本だとせいぜい3~4段位です。なかには2段~初段なんちゅうのもあったりします。今回のようなオリンピックや世界大会のあとに、成績によっては特例という訳ではないけど昇段する場合もあるようですが、それでも乱取りなど一部が免除されるだけで、ほかにやることやっとかないといけません。今後、例えば現役を退いて指導者や教育者などになる場合には段位などは大きく関わってきますが・・・関係者の会合に出席する場合、段位で席次の上下が決まったりね。

なんでかっていうと、練習と試合に忙しくて昇段審査を受けている暇がないからです。昇段審査は乱取りの得点ももちろん大事ですが、基本は礼法や型なんですね。どんなに強くても、これができなきゃ話になんない。これを練習しているとぶっちゃけたはなし、試合にはとうてい勝てません。。。あとは経験と年齢、柔道への貢献など様々は要素が複雑に絡み合います。

強さ≠段位です。

んで、遠い?近くに道場がない? ふ~ん。
それ仕事や今の生活投げ打ってでも柔道がしたいのでしょ?
だったら東京にでてくるべきでしょう。
全て自分の都合のよいようにはできませんよ。
どっかで何かしらの犠牲をはらわなきゃ。
それが必ずしも正しい方法とは限らないけど、でもどっかで何かハードルを一つ二つは跳び越え、時には振り払い、押し倒すようなことがないとダメなんぢゃないですか?

これで悩む(躓く)ようなら、今はそういう時期ではないのでしょう。ある意味あなたがやるべきことではないのかもしれません。

段位と強さは必ずしもリンクしませんよ。
例えば一線級のオリンピック選手でも、日本だとせいぜい3~4段位です。なかには2段~初段なんちゅうのもあったりします。今回のようなオリンピックや世界大会のあとに、成績によっては特例という訳ではないけど昇段する場合もあるようですが、それでも乱取りなど一部が免除されるだけで、ほかにやることやっとかないといけません。今後、例えば現役を退いて指導者や教育者などになる場合には段位などは大きく関わってきますが・・・関係者の会合に出席する場合、段位...続きを読む


人気Q&Aランキング